ビットコイン, BTC, ビットコイン 取引所
(画像=NETMONEY編集部)

サトシ・ナカモトが発表した論文に基づいて、運用が始まったビットコイン(Bitcoin)。ブロックチェーン技術を実装したすべての仮想通貨の原型であり、今も他を圧倒する流通量を誇っている。

ビットコインであれば国内の多くの仮想通貨取引所でも購入できるが、その中でも仮想通貨取引をこれから始める人に最適な取引所を紹介する。

この記事に登場する専門家
※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら
 

ビットコイン(BTC)取引所おすすめランキング

各種手数料や取り扱う仮想通貨の種類は、業者によって異なる。初心者であれば、業者の信頼性や手数料が安い取引所を選びたいものだ。

以下に、取引所一覧表や各取引所の特徴などを紹介する。最初の仮想通貨取引所選びの参考にしてほしい。

もしランキングを読んで迷ってる方がいたら「Coincheck」をおすすめする。

Coincheckは、取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の銘柄数が国内最多で、スマホ用アプリの使いやすさ、操作性にも定評があり、初心者の方でも気軽にスマホでチャートを見ることが可能だ。

初めのうちは、チャートを見る機会を増やした方が取引に慣れていきやすい。

取引を本格にするにつれて、頻繁にチャートを見る必要があるのでアプリの使いやすさは重視すべきだと言える。

最低取引金額も500円程度と低く、少額から取引を始めやすいので、初心者の方におすすめの取引所だ。

\初心者におすすめCoincheck/

 

アプリダウンロード数 No.1!「Coincheck(コインチェック)」

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)
Coincheckの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量(BTC) 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

メリット

  • 取扱通貨数が国内最多
  • アプリが初心者に優しい作りになっている
  • 取引手数料が無料

デメリット

  • スプレッドが広い
  • レバレッジ取引ができない
  • 出金手数料が高い

Coincheckは、初心者向けの取引所として人気である。公式サイトによると、2019年のアプリダウンロード数がNo.1とされており、多くの人が注目していることがわかる。

coincheck

2021年10月に株式会社ZUUが行った暗号資産取引所のイメージ調査結果では、下記質問でCoincheckが1位となった。

Q.口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Coincheckは、取引手数料が一切かからないほか、日本円の入金も銀行からは無料。初めて仮想通貨を買う人でも、余分な出費がかからない。注文画面も見やすく、初めて仮想通貨を買う人にとってわかりやすいつくりとなっている。まずはCoincheckで仮想通貨取引の雰囲気に慣れるのもよいだろう。

出典:Coincheck

取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて14種類「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:6通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM)
レバレッジ:14通貨
(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTU,OMG,XTZ,ENJ)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(販売所)
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料(※)
入金手数料 無料(※)
出金手数料 無料(※)
レバレッジ取引 2倍
※BitMatch取引手数料を除く

メリット

  • アルトコインでレバレッジ取引できる
  • 入出金・送金・取引手数料が無料
  • 問い合わせが24時間365日LINEで対応している

デメリット

  • 定期メンテナンスがある
  • 出金に時間がかかる
  • 現物取引に対応している通貨が少ない

どの取引所でもビットコインは容易に買うことができるが、将来アルトコインを取引する可能性があるならば、取り扱う暗号資産の種類が多い取引所を選ぶといいだろう。

DMM Bitcoinならビットコインの他に、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ネムなどの計14種類のアルトコインを取り扱っている。取引銘柄の組み合わせも全21組と豊富だ。暗号資産を今後長く取引したい人や、ビットコインより割安なアルトコインを購入し、将来大幅なキャピタルゲインを狙いたい人には、第一の選択肢となる取引所だろう。

DMM Bitcoin

ビットコインをはじめとする取扱銘柄14種類と、取扱銘柄21組についてレバレッジ取引ができるのも魅力だ。レバレッジ倍率は2倍に設定されており、預ける証拠金が少額でも、2倍まで取引ができる。よって、資金が少ない暗号資産初心者でも無理なく始められるだろう。レバレッジ取引には一定基準のロスカットルールが適用されるため、大幅な損失を回避できる。 初めての暗号資産取引で必ず確認しておきたいのが、取引所のセキュリティ体制だ。DMM Bitcoinでは、顧客の暗号資産の保管場所が物理的に分離されており、コールドウォレット(オフライン)による保管と併せて、外部からの攻撃に対して厳重に備えている。不正アクセス対策として、詳細な設定による2段階認証を取り入れているのも心強い。

DMM Bitcoinでは、フォームとLINEによる問い合わせを、土日祝を含めて365日受け付けている。操作方法や取引に不慣れな暗号資産初心者にとっては、うれしいサービスだろう。

引用元:DMM Bitcoin

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

※キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分

取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

ビットフライヤー
(画像=ビットフライヤー公式HPより)
bitFlyerの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
送金手数料(BTC) 0.0004BTC
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220~770円
レバレッジ取引 2倍

メリット

  • メガバンクと提携して安心感がある
  • ビットコインFX取引ができる
  • サイトを経由してBTCが貰える

デメリット

  • 取引所形式に対応していない通貨がある
  • 入金手数料が高い
  • アプリが重いことがある

ビットコインなどの仮想通貨を売買する場合には、「販売所取引」と「取引所取引」という2つの取引方法がある。bitFlyerではこの両方の取引が可能だが、まずは簡単に2つの取引方法の違いを解説しよう。

取引所取引と販売所取引の違いとは?

取引所と販売所の違い

一般的にイメージしやすいのが「販売所取引」で、bitFlyerなどの仮想通貨取引所を相手に取引する方法だ。

一方「取引所取引」では、自分が取引する相手が仮想通貨取引所ではなく他の個人投資家という違いがある。

biyFlyer

販売所取引では注文が簡単で、注文したらすぐに売買できるが、取引所取引の方は他の投資家が自分と反対の注文をするのを待たなければいけない。だが、取引所取引では取引する相手が自分と同じ個人なので、販売所取引よりも手数料が安く済むというメリットがある。

bitFlyerでは、ここまでで述べた「販売所取引」と「取引所取引」の両方を利用することができるため、「仮想通貨に慣れるまでは販売所取引で、慣れたら取引所取引でより高度な取引を」というような使い方もできるのが魅力だ。

引用元:bitFlyer

高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 15通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM)
取扱通貨数(取引所) 9通貨
BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM(現物取引)、XLM(現物取引)、XYM(現物取引)、MONA(現物取引)
最低取引数量(BTC) 0.00001BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍

メリット

  • 東証1部上場のGMOが運営しているので安心できる
  • 入出金・送金・取引手数料が無料
  • 口座開設が早い

デメリット

  • スプレッドが広い
  • 追証がある
  • 取引規制(売り・買い)がある

GMOコインは東証一部・GMOインターネット <9449>のグループ会社である。インターネット時代の黎明期から培ってきたインターネット金融システムの構築・運用ノウハウを背景に、高度なセキュリティ対策を誇る取引所だ。

セキュリティ対策の基本として、法令に基づいて顧客資産を分別管理し、顧客資産と当社資産の日々の算定・照合を徹底している。

同社が誇るセキュリティ対策の要は、コールドウォレット(オフライン)管理とマルチシグ対応の強固なセキュリティだ。即時送付しない暗号資産は通常、コールドウォレットに保管されている。コールドウォレットから暗号資産を移動するには、複数部署で承認を受ける必要がある。同時に複数の秘密鍵を必要とするマルチシグ体制も採用しているため、秘密鍵をそれぞれ異なる場所に保管してリスクヘッジをしているのだ。

GMOコイン

GMOコインのホームページでは、「お客様アカウント乗っ取り」と「システムへの侵入」の2つの観点で、サイバー攻撃対策について明記されており、そこからもセキュリティ対策を重視する姿勢と自信がうかがえる。

2021年10月に株式会社ZUUが行った暗号資産取引所のイメージ調査では、メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所のランキングでコインチェックに僅差で勝ち、GMOコインが1位となった。

Q.メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

投資家の目的に合わせて、取引所の現物取引だけでなく、販売所としての利用や暗号資産FXなど、取引形態を自由に選ぶこともできる。最初に、投資目的を明確にしてから取引を開始するといいだろう。値上がりを期待して、ビットコインまたはアルトコインをいくらか保有しておきたい人にも使いやすい取引所だ。

引用元:GMOコイン

7通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード
(画像=SBI VCトレード公式HPより)
SBI VCトレードの概要
取扱通貨数 7通貨
(XRP,BTC,ETH,BCH,LTC,LINK,DOT)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行 : 無料
住信SBIネット銀行以外の金融機関:145円
レバレッジ取引 -

メリット

  • 運営者がSBIグループなので安心感がある
  • 取引手数料が無料
  • スプレッドが狭い

デメリット

  • 取扱通貨数が少ない
  • 流動性が低く約定しにくいことがある
  • 毎朝メンテナンスがある

SBI VCトレードは、メガバンクのSBIグループに属する仮想通貨取引所です。信頼性が高く、初心者でも安心して利用できるでしょう。

住信SBI銀行を使えば、日本円の入出金は無料です。取引手数料もかからないので、余分な出費によるプレッシャーを感じることなく、気軽に仮想通貨の取引ができるでしょう。

圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine
(画像=Liquid by Quoine公式HPより)
Liquid by Quoineの概要
取扱通貨数 5通貨
(BTC,ETH,BCH,QASH,XRP)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) -
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 700円
レバレッジ取引 最大2倍

メリット

  • 現物取引の通貨ペア数が多い
  • 円以外の法定通貨でも取引できる
  • 100%コールドウォレットで保管している

デメリット

  • 取扱通貨数が少ない
  • 出金手数料が高い
  • 入出金の反映に時間がかかることがある

Liquid by Quoine(通称:Liquid/リキッド)は、シンガポールと日本、ベトナムにオフィスを構えるアジアのグローバル金融サービス会社であるQUOINE(コイン)が運営する暗号資産取引プラットフォームだ。金融庁から「仮想通貨交換事業者」の第1号登録を受けている。

Liquid by Quoine

最高レベルのセキュリティをもとに、アジア最大の仮想通貨取引所としてのメリットを生かした圧倒的な流動性が魅力の取引所だ。背景にあるのは、QUOINEが開発したME(マッチング・エンジン)やSOR(スマート・オーダー・ルーティング)、CCCE(クロスカレンシー換算エンジン)といった、高い流動性を備えたネットワークだ。これまで流動性の低さから取引が成立しなかった通貨ペアでも、Liquidでなら成立しやすい。広く海外展開しているため、世界各国の通貨で入金することもできる。

取引できる通貨ペアの数は、30に上る。ビットコイン取引を皮切りに、今後、世界各国の通貨を利用して仮想通貨を取引したいと考える人におすすめできる取引所だ。LiquidのネイティブトークンであるQASH(キャッシュ)が取引できるのもここだけである。

引用元:Liquid by Quoine

情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―ビットポイント

ビットポイント
(画像=ビットポイント公式HPより)
ビットポイントの概要
取扱通貨数(販売所) 10通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX,ADA,JMY,DOT)
取扱通貨数(取引所) 7通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX)
最低取引数量(BTC) 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 最大2倍

メリット

  • TRX(トロン)の取扱いがある
  • ポートフォリオを閲覧できる
  • アルトコインでレバレッジ取引できる

デメリット

  • 取扱通貨数が少ない
  • スプレッドが広い
  • 問い合わせの返信が遅いことがある

ビットポイントも安全性が高いと謳っている取引所だ。同社は社内でのシステムの脆弱性テストや第三者によるシステム監査などによって、セキュリティ体制の強化を図ってきた。強固なセキュリティの裏付けとして、2018年10月11日付で情報セキュリティ格付会社のアイ・エス・レーティングから、「A(シングルエー)」の評価を得た。「A」格付は、金融・証券業のセキュリティとして求められる水準であり、安心して取引を行うことができると考えていいだろう

中でもホットウォレット(オンライン)による暗号資産の管理は、独自の管理システムで対応している。マルチシグ対応・不正な外部侵入に対する防御体制・SLL暗号化の採用と併せて、堅牢なセキュリティ体制の基盤となっている。

引用元:ビットポイント

日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

ビットバンク
(画像=ビットバンク公式HPより)
ビットバンクの概要
取扱通貨数 11通貨
(BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
(一部銘柄を除く)
取引手数料(販売所) メイカー: -0.02%
テイカー: 0.12%
(一部銘柄を除く)
送金手数料 0.0006BTC
入金手数料 無料
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
レバレッジ取引 -

メリット

  • チャートが見やすい
  • 取引所で取引できる通貨が多い
  • セキュリティが強固

デメリット

  • レバレッジ取引ができない
  • レンディングサービスの年率が低い
  • 出金手数料が高い

ビットバンクの最大のセールスポイントは、仮想通貨取引量が国内第1位であることだ。ビットコイン取引のリーディングカンパニーとして、シンプルで使いやすく、高機能なトレーディングプラットフォームを装備していることも、人気の理由の一つだろう。

ビットコインの他に、流通量の多いリップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインに加えて、日本発のアルトコインであるモナコインも取り扱っている。2018年11月5日には、ビットバンクのホームページで、ビットコインキャッシュ取引量の国内第1位達成が公表されている。

2018年10月に「ICORating」取引所セキュリティレポートで国内第1位の評価を受けており、信頼性も高い取引所だ。こうした評価の裏付けとなっているのが、コールドウォレットによる顧客資産管理と、ビットコインセキュリティ専門企業「BitGo」との提携によるホットウォレットの安全性確保など、最先端のセキュリティを備えた体制だろう。

引用元:ビットバンク

LINE BITMAX

line_bitmax.jpeg
(画像=LINE BITMAX公式HPより)
LINE BITMAXの概要
取扱通貨数(販売所) 6通貨
(LN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTC)
最低取引数量(BTC) 0.001 BTC(販売所)
- (取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) -
送金手数料 0.001 BTC, 0.005 ETH, 0.15 XRP, 0.001 BCH, 0.001 LTC
入金手数料 無料
出金手数料 LINEPayの場合:110円(税込)
銀行口座の場合:400円(税込)
レバレッジ取引 -

メリット

  • LINE Payと連携すると入金が簡単になる
  • LINEが運営しているので安心感がある
  • リンクのレンディング年率が高い

デメリット

  • 取扱通貨数が少ない
  • 販売所形式でしか取引ができない
  • レバレッジ取引に対応していない

LINE BITMAXはLINEが運営する暗号資産サービスである。特徴は「暗号資産貸出サービス」があることで、保有している仮想通貨をLINE BITMAXに貸し出すことで賃借料を受け取れるというものだ。

暗号資産貸出サービスは他にも対応している取引所はあるが、貸出期間中は売却したくなってもすぐに返却されることは難しい。しかし、LINE BITMAXの場合は希望日から最長でも7日以内に返却されるため、値動きによっては損失を免れたり大きなメリットになるだろう。

Huobi Japan

Huobi Japan
(画像=Huobi Japan公式HPより)
Huobi Japanの概要
取扱通貨数 14通貨
(BTC、BCH、BAT、XRP、ETH、LTC、ETC、MONA、XEM、XLM、HT、ONT、TRX、QTUM)
最低取引数量(BTC) 0.001 BTC(販売所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:0.008~0.100%
Taker:0.024~0.100%
送金手数料 0.0005 BTC
入金手数料 無料
出金手数料 330円(税込)
レバレッジ取引 2倍

メリット

  • 親会社が世界最大級の中国取引所
  • 独自トークンを保有すると手数料が割引される
  • 取引所の通貨ペアが多い

デメリット

  • 取引量が少ない
  • 定時メンテナンスがある
  • パスワード変更後24時間は出金できない

Huobiグループは世界中で仮想通貨事業を展開している取引所だ。中でも「Huobi Global」は取引高が世界トップ3に入るほどの人気を誇っている。

Huobiはフォビトークン(HT)という独自のトークンを持っており、これを保有していると取引手数料が安くなるなどのメリットがある。また、セキュリティ面でも2019年に第三者機関から世界最高水準のお墨付きを受けており、コールドウォレットやに段階認証などの技術が導入されているため、安心して取引できるだろう。

 

暗号資産(仮想通貨)取引でおすすめ取引所5選

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料
取引所:-
14種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
15種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC
(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料
取引所:-
14種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
15種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
2022年1月7日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC Trade

初めてのビットコイン・暗号資産、最初の取引所を選ぶならこの基準

初めてビットコインを購入する場合、貴重な資産を投資するからには、取引所の信頼性と安全性を第一に考えたい。ここでは、どのような基準で取引所を選んで行けばいいか、解説していく。

金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所

まず、おさえておきたいポイントは、金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所から選ぶことだ。国内で暗号資産(仮想通貨)と法定通貨との交換サービスを行うには、「暗号資産交換業」の登録が必要となった。

平成29年4月1日から、「暗号資産」に関する新しい制度が開始され、国内で暗号資産と法定通貨との交換サービスを行うには、暗号資産交換業の登録が必要となりました。

引用元:暗号資産の利用者のみなさまへ:金融庁

この暗号資産交換業の登録には、ヒアリングや書面審査などが行われているため、暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶうえで、最低限おさえておきたいポイントである。

暗号資産交換業者登録一覧は下記のリンクから確認ができるので、一度確認しておくとよいだろう。

関東財務局:暗号資産交換業者登録一覧

セキュリティ体制が整っているか

セキュリティ体制が堅牢である取引所であることは、重要な選択基準となる。取引所のホームページで、顧客資産と会社資産の分別管理の徹底や厳重なウォレット管理、出金時の2段階認証、仮想通貨送金時のマルチシグ対応など、不正侵入や内部犯に対して厳重な対策を行っていることを必ず確認しておきたい。

ツール・アプリの使いやすさで選ぶ

暗号資産取引所の多くには、専用の取引ツールが用意されている。パソコン用の取引ツールを用意している取引所やスマホアプリを用意しているところなどさまざまだが、それらを比較のポイントにするのは有効だろう。

例えばGMOコインが提供している「WebTrader」では世界的な高性能チャートツールである「TradingView」が採用されており、同ツールに慣れている人であればすぐに使いこなすことができる。また、DMM Bitcoinにはパソコン用のツールに加えてスマホアプリが用意されており、ボラティリティ(価格変動幅)が大きい暗号資産の取引チャンスを広げてくれる。

ハッキング時の補償で選ぶ

かつて国内大手取引所であるコインチェックで起きたNEMのハッキングは暗号資産業界だけでなく社会全体に大きなインパクトを与えた。その後同社は被害者への返金を完了しており全額が補償されたが、今後こうしたことが起きない保証はない。

そこでハッキング時に何らかの補償があるか、それにはどんな条件がついているのかも比較ポイントにしたい。セキュリティ向上のために二段階認証を導入している取引所は多いが、こうした取引所では二段階認証の設定が補償の条件になっているなど、全員が無条件に補償の対象になるわけではないところに注意が必要だ。

取扱通貨数の豊富さで選ぶ

暗号資産はすでに6,000種類以上存在しており、その数は今も増え続けている。その中には「草コイン」とも呼ばれる無価値同然のものも少なくないが、逆に取引価値のある暗号資産を多く取り扱っていることは投資機会の拡大につながる。

そこで、取引所選びのポイントには取り扱い通貨数の豊富さも追加したい。海外には膨大な取り扱い通貨数を誇る取引所もあるが、日本の法律が及ばず金融庁の認可も受けていないことから不安な点も多い。そこで国内の主要取引所の中から取り扱い通貨数の多い取引所、とりわけ自分が投資したいと思う通貨が含まれているかどうかを比較対象にするのがよいだろう。

低コストで取引ができるか

次に、仮想通貨初心者として心がけたいのは、低コストで取引できる取引所を選ぶことだ。仮想通貨取引を始めて間もないうちは大幅な利益は期待できない。コストを最小限に抑えてできる限り利益を確保するべきだ。

仮想通貨取引には本来、取引手数料・日本円の入出金手数料・銀行振込手数料・仮想通貨送受金手数料・建玉管理料・ロールオーバー手数料など、さまざまな手数料が発生する。こうした手数料の額は取引所ごとに異なる。各社の手数料を見積もり、必ず比較検討するべきだろう。取引手数料や日本円の入出金、仮想通貨送受金手数料などは、取引所側の負担で無料となる場合もある。

分かりやすく操作しやすい画面であることや、サポート体制が整っていることも投資初心者には重要であることも付け加えておきたい。

最初の取引所でビットコイン取引の感触をつかんだら、次のステップとして、保有するビットコインを元手に、取引所間の価格差を利用した「ビットコインアービトラージ」で利益を出すもよし、興味のあるアルトコインを購入してキャピタルゲインを狙うのもいいだろう。(ZUU online 編集部)

また、実際には下記理由から取引所を選んでいる人が多いことが独自調査で判明した。
(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産取引所のイメージ調査結果より)

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

やはり各種手数料について無視することはできないが、ビットコイン以外の取引も考えると、取扱銘柄(通貨)の多さを重視する意見が1位となった。さらに以下のアンケート結果も合わせると「少額」を「なるべく手数料をかけず」に「分散」して投資する、というのが大多数が共通する理想なのかもしれない。

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.暗号資産(仮想通貨)取引を始めた(始めようとしている)理由・目的は何ですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に暗号資産に投資している金額をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)
 

販売所と取引所の違い

取引所と販売所の違い

仮想通貨の現物を売買するには、2つの方法がある。1つは販売所で、もう1つは取引所だ。この両者は似ているようで取引形態が大きく異なるので、仮想通貨取引をする際には知っておきたい違いだ。特にコスト面での違いが大きいので、それも含めて解説しよう。

販売所形式とは

販売所(仮想通貨販売所)とは、bitFlyerやコインチェックといった仮想通貨交換業者が主体となって顧客と仮想通貨の取引をする方式のことだ。例えば顧客がbitFlyerの販売所でビットコインを購入したとしたら、そのビットコインはbitFlyerから購入したものだ。

DMM Bitcoin

販売所形式は取引所形式でよりも手数料などのコストが高くなりがちだが、提示された金額でいつでも仮想通貨を売買できる安心感がある。仮想通貨交換業者のなかには販売所形式のみに対応しているところもあるため、広く普及している取引形態でもある。

取引所形式とは

取引所形式は、仮想通貨の売買をしたい人同士の注文をマッチングさせるサービスのことだ。ある人がビットコインの買い注文を出したら、取引所はその反対取引であるビットコインの売り注文を探す。両者の価格が一致すれば売買成立となるが、双方の価格や数量が一致しなければ注文が成立しない。

GMOコイン

取引所形式は販売所形式よりもコストが安く、頻繁に取引をする人などにはおすすめだが、希望通りに注文が成立するとは限らず、時には注文が成立しても希望数量の一部しか売買できていない、といったことも起きるデメリットもある。

海外の仮想通貨取引所について

仮想通貨はネット空間でやり取りされるデジタル資産なので、国境を超えて全世界で広く取引されている。そのため仮想通貨取引所にも国内取引所と海外取引所が存在し、日本国内から同列にアクセスすることができる。

国内、海外ともに仮想通貨取引所としてのサービスは基本的に同じだが、その内容や位置付けには違いもあるので、投資家が知っておくべき違いについて解説しよう。

海外取引所の注意点

海外の取引所を利用するうえで必ず留意しておかなければならないのが、海外であるがゆえのリスクだ。海外の取引所は日本と比べると圧倒的に多くの仮想通貨を取り扱っており、銘柄によっては海外の取引所を利用しないと入手できないものもある。

それゆえに海外の取引所を利用したくなるところだが、どれだけ大手で安心感のある海外取引所であっても日本の金融庁に事業者登録をしているわけではなく、法的には無許可の状態だ。万が一経営破綻や不利益を被ったとしても救済は極めて難しく、自己責任のウェイトがとても高くなる。

Liquid by Quoine

また、国内の取引所に上場している仮想通貨は「ホワイトリスト」と呼ばれる比較的安心して取引ができる銘柄群だが海外の取引所にはホワイトリストに入っておらず信用度が未知数の銘柄も多い。取引所に落ち度がなかったとしても海外の取引所で購入した仮想通貨の銘柄によっては不利益を被ってしまう可能性もあるので注意が必要だ。

仮想通貨ビットコイン(BTC)とは

そもそも、ビットコインとはいったいどんな仮想通貨なのだろうか。すでに仮想通貨の代表格として広く浸透し、一時は日本円で700万円を超えるような高騰を見せることも耳目を集めているが、「ビットコインとは何か」というのは今さら聞けない素朴な疑問かもしれない。

そこでまず、「そもそもビットコインとは何か」という素朴な疑問にお答えしたい。

ビットコイン(BTC) とは

ビットコイン,チャート

ビットコインは仮想通貨の一種であり、すでに7,000種類あるとされる仮想通貨のなかでも時価総額で堂々の1位を誇り(2021年11月時点)、名実ともに仮想通貨を代表する存在だ。ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳への取引記録やそれを支えるマイニングなど、その後無数に誕生した仮想通貨のルーツとなるような仕組みを備えている。

coincheck

あくまでも仮想通貨のなかの1つの種類に過ぎない存在ではあるものの、ビットコインは仮想通貨のなかの基軸通貨としても機能しており、その圧倒的な存在感は今後も続くものと考えられる。

ビットコインに投資するメリット

  • 国際間の送金が安く速くできる
  • 値動きが大きいのでハイリターンを狙うことができる
  • 世界中で使用できる
  • 改ざんが不可能でセキュリティが高い

ビットコインに投資するデメリット

  • 通貨としては変動が激しく投機性が高い
  • 保管の仕方によってはハッキングのリスクがある
  • 利益が雑所得になり、税金が高い
  • オフラインでは利用できない

ビットコインとアルトコイン

ビットコイン,アルトコイン

仮想通貨はビットコインか「それ以外」かに大きく分類されている。ビットコインとアルトコインだ。ビットコイン以外の仮想通貨は7,000種類以上存在し、そのなかにはイーサリアムやライトコインなど有力な銘柄も含まれている。それでもビットコインが唯一無二の存在として扱われているのは、ビットコインが仮想通貨の基軸通貨であり、あらゆる仮想通貨のベンチマークのように見なされているからだ。

仮想通貨と法定通貨

ビットコインなどの仮想通貨に対し、日本円や米ドルといった「普通のお金」は法定通貨と呼ばれている。法定通貨はそれぞれの通貨を発行している国の政府が発行主体となり、発行量や流通量などを管理しているが、仮想通貨には原則としてそれがない。

biyFlyer

中央集権的な管理を排して分散型ネットワークの上に暗号化されたデータとして存在し、改ざんや偽造が困難な仕組みを確立することで通貨の価値を持たせたのが仮想通貨なので、法定通貨のような管理主体がなく、法定通貨のように紙幣やコインもない

そのためネット上での買い物や国際間の送金や決済に仮想通貨はとても使いやすく、迅速かつ低コストでお金のやり取りができることが期待されている。

暗号資産(暗号資産)アルトコインのおすすめ銘柄

ビットコイン

ビットコイン以外の暗号資産のことを総称してアルトコインという。すでに6,000種類以上存在する暗号資産の中ではアルトコインの方が圧倒的に種類が多く、その中には使用目的や人気度などにおいて主要なアルトコインも存在する。

主要なアルトコインの中には今後大きく値上がりする可能性を秘めているものが多く、ビットコイン以外の暗号資産にも注目しておくべきだろう。ここでは主要なアルトコインの中から、代表的なものを3つ紹介する。

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次ぐ時価総額を誇り、アルトコインの中では代表格ともいえるのがイーサリアムだ。スマートコントラクトという機能を有し、暗号資産を介したさまざまな取引を自動化できることが大きな特徴である。

すでにこのスマートコントラクトをいかした金融サービスなども登場しており、そこでの基軸通貨としての役割を果たしていることから価格面での上昇余地は大きいといわれている。ちなみに、厳密にはイーサリアムというのは暗号資産の名称ではなくブロックチェーンを用いたプラットフォームの名称であり、そこで流通しているのがイーサ(ETH)という位置づけだ。

リップル

国際間の送金をより手軽に、スピーディにすることを目的に開発されたのがリップルだ。他の大半の暗号資産がブロックチェーンによる分散型のネットワークを採用しているのに対して、リップルはそうではないところに特徴がある。

中央集権的な運営会社やサーバーがない分散型ネットワークの暗号資産が多い中、リップルはリップル社が運営会社となる中央集権的な暗号資産である。他の暗号資産とは異なる特性があることから固定ファンが多く、「リップラー」と呼ばれる愛好家から絶大な支持を集めている。

エンジンコイン

エンジンと呼ばれるプラットフォームで基軸通貨として機能しているのが、エンジンコインだ。エンジンプラットフォームではオンラインゲームが稼働しており、そのオンラインゲーム間でアイテムなどをデジタル資産として持ち込んだり、売買することができる。

その際に用いられるのが基軸通貨であるエンジンコインという位置づけだ。エンジンプラットフォーム上のオンラインゲームで稼いだゲーム内のお金やアイテムをエンジンコインの形で資産化できるため、それを目的としたユーザーからも高い支持を得ている。

Q.最も期待している暗号資産(仮想通貨)を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産取引所のイメージ調査結果より)

ビットコイン(BTC)を購入できる暗号資産交換業者

2021年11月22日現在で、金融庁からの登録を受けた暗号資産交換業者31社のうち、以下の24社がビットコイン(BTC)を購入できる。登録された業者ならば、顧客の資産は自社の資産と分けて保管している(分別管理)ため、信頼できる暗号資産交換業者といえるだろう。

会社 販売所 取引所
株式会社bitFlyer
コインチェック株式会社
株式会社DMM Bitcoin
GMOコイン株式会社
SBI VCトレード株式会社
QUOINE株式会社 (Liquid by Quoine運営)
ビットバンク株式会社
ビットポイントジャパン株式会社
フォビジャパン株式会社
BTCボックス株式会社
TaoTao株式会社
楽天ウォレット株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社
オーケーコイン・ジャパン株式会社
Payward Asia株式会社
CoinBest株式会社
株式会社マーキュリー (CoinTrade運営)
株式会社coinbook
株式会社Zaif
株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
FXcoin株式会社
Bitgate株式会社
Coinbase株式会社
関東財務局近畿財務局
2021年11月11日現在
専門家のコメント

暗号資産取引所のイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 手数料 スプレッド 取扱通貨数 セキュリティ サポート ツール アプリ 総合評価
Coincheck

bitFlyer

DMM Bitcoin

GMOコイン

SBI VCトレード

Liquid by Quoine

bitbank

BITPOINT

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のアプリに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の総合的なイメージ調査結果
 
取引所 暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果
かなり安いと思う 安いと思う 普通だと思う 高いと思う かなり高いと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.6% 13.6% 36.6% 7.0% 3.0% 34.2%
GMOコイン 8.2% 17.4% 32.8% 5.4% 1.2% 35.0%
bitFlyer 3.4% 14.4% 39.4% 7.4% 2.6% 32.8%
DMM Bitcoin 4.0% 13.0% 35.0% 5.6% 1.8% 40.6%
bitbank 3.4% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
BITPOINT 3.0% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
Liquid by Quoine 2.6% 7.6% 31.2% 5.2% 1.2% 52.2%
TAOTAO 2.4% 8.6% 30.0% 5.4% 2.0% 51.6%
FXcoin 2.0% 7.2% 33.0% 4.6% 1.4% 51.8%
SBI VCトレード 3.2% 8.8% 34.4% 5.0% 1.0% 47.6%
ディーカレット 2.6% 7.4% 34.0% 4.2% 1.0% 50.8%
LINE BITMAX 2.8% 9.0% 32.4% 5.0% 1.2% 49.6%
取引所 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果
かなり使いやすい思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う 使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 6.8% 17.6% 36.0% 3.2% 1.8% 34.6%
GMOコイン 6.6% 20.2% 30.2% 3.2% 1.8% 38.0%
bitFlyer 4.4% 18.0% 35.4% 5.2% 2.8% 34.2%
DMM Bitcoin 3.6% 16.4% 30.6% 3.6% 2.0% 43.8%
bitbank 3.6% 14.8% 31.4% 3.0% 1.6% 45.6%
BITPOINT 3.8% 10.8% 28.0% 5.2% 1.6% 45.6%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 30.0% 3.8% 2.2% 53.0%
TAOTAO 2.4% 9.0% 28.8% 4.4% 2.0% 53.4%
FXcoin 3.0% 6.8% 30.4% 4.0% 1.6% 54.2%
SBI VCトレード 4.6% 11.2% 29.6% 4.0% 1.6% 48.6%
ディーカレット 2.8% 9.0% 29.6% 2.6% 2.0% 54.0%
LINE BITMAX 3.2% 9.2% 29.0% 4.0% 1.6% 53.0%
取引所 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果
かなり充実していると思う 充実していると思う 普通だと思う 少ないと思う かなり少ないと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
GMOコイン 7.6% 21.4% 31.4% 4.0% 1.2% 34.4%
bitFlyer 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
DMM Bitcoin 3.8% 18.2% 30.8% 5.6% 1.6% 40.0%
bitbank 4.0% 12.6% 33.0% 3.6% 1.6% 45.2%
BITPOINT 2.8% 11.0% 29.4% 5.0% 2.8% 49.0%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 29.8% 4.4% 2.8% 52.0%
TAOTAO 3.2% 9.0% 29.4% 3.8% 2.6% 52.0%
FXcoin 3.2% 8.2% 29.8% 4.6% 2.2% 53.0%
SBI VCトレード 3.4% 10.6% 29.8% 6.0% 3.2% 47.0%
ディーカレット 3.0% 9.2% 29.8% 4.6% 2.2% 51.2%
LINE BITMAX 2.4% 10.2% 30.4% 4.4% 1.6% 51.0%
取引所 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果
かなり強いと思う 強いと思う 普通だと思う 弱いと思う かなり弱いと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 18.8% 35.6% 6.8% 3.0% 28.8%
GMOコイン 7.6% 18.4% 34.8% 4.2% 1.6% 33.4%
bitFlyer 6.6% 17.4% 38.2% 5.8% 1.6% 30.4%
DMM Bitcoin 4.6% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
bitbank 4.2% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
BITPOINT 4.6% 10.8% 29.6% 5.2% 1.8% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 8.2% 30.4% 4.8% 2.6% 50.6%
TAOTAO 3.0% 10.0% 29.0% 4.2% 3.2% 50.6%
FXcoin 3.8% 8.4% 29.0% 5.6% 2.0% 51.2%
SBI VCトレード 5.6% 10.4% 30.4% 5.8% 1.6% 46.2%
ディーカレット 3.8% 7.8% 30.2% 5.6% 2.0% 50.6%
LINE BITMAX 4.0% 8.6% 30.4% 4.8% 2.2% 50.0%
取引所 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果
かなり手厚いと思う 手厚いと思う 普通だと思う 手厚くないと思う かなり手厚くないと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.8% 15.0% 37.2% 7.4% 2.2% 32.4%
GMOコイン 5.6% 16.4% 35.6% 4.8% 1.2% 36.4%
bitFlyer 5.2% 14.4% 39.2% 6.2% 2.6% 32.4%
DMM Bitcoin 4.2% 13.0% 34.2% 5.2% 2.0% 41.4%
bitbank 3.6% 10.6% 35.0% 5.2% 2.0% 41.4
BITPOINT 3.4% 8.8% 32.2% 4.8% 1.6% 44.4%
Liquid by Quoine 3.8% 6.8% 30.2% 6.2% 1.4% 51.6%
TAOTAO 3.0% 7.2% 31.6% 5.0% 2.2% 51.0%
FXcoin 3.6% 8.6% 29.2% 5.2% 1.4% 52.0%
SBI VCトレード 4.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
ディーカレット 3.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
LINE BITMAX 3.4% 6.8% 33.0% 4.4% 1.2% 51.2%
取引所 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
GMOコイン 6.6% 18.4% 32.4% 5.4% 1.6% 35.6%
bitFlyer 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
DMM Bitcoin 3.8% 14.6% 33.2% 4.2% 1.6% 42.6%
bitbank 4.4% 11.2% 33.8% 4.2% 1.6% 44.8%
BITPOINT 4.0% 9.0% 31.0% 4.6% 1.6% 44.8%
Liquid by Quoine 2.8% 6.8% 32.2% 4.2% 1.8% 52.2%
TAOTAO 3.4% 7.2% 30.2% 4.2% 2.6% 52.4%
FXcoin 3.4% 8.8% 29.4% 3.8% 1.8% 52.8%
SBI VCトレード 4.2% 10.8% 31.2% 3.0% 2.4% 48.4%
ディーカレット 3.2% 7.4% 30.6% 4.2% 1.6% 53.0%
LINE BITMAX 4.0% 8.0% 31.4% 3.6% 1.4% 51.6%
取引所 暗号資産取引所のスマホアプリに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.0% 18.2% 31.0% 4.8% 1.8% 36.2%
GMOコイン 6.8% 16.0% 30.8% 3.8% 1.8% 40.8%
bitFlyer 5.2% 19.0% 32.0% 3.8% 1.8% 40.8%
DMM Bitcoin 3.8% 13.6% 30.6% 4.6% 2.0% 45.4%
bitbank 4.0% 10.4% 31.4% 4.8% 1.8% 47.6%
BITPOINT 3.0% 9.6% 29.4% 4.6% 1.8% 47.6%
Liquid by Quoine 3.4% 6.8% 27.6% 4.6% 3.6% 54.0%
TAOTAO 3.2% 7.0% 28.6% 4.0% 3.6% 54.0%
FXcoin 3.8% 6.4% 30.4% 3.6% 1.2% 54.6%
SBI VCトレード 4.4% 10.0% 27.0% 4.6% 1.8% 52.2%
ディーカレット 3.6% 8.0% 27.8% 4.0% 1.6% 55.0%
LINE BITMAX 2.6% 9.0% 29.4% 3.2% 2.2% 53.6%
取引所 暗号資産取引所の総合的なイメージ
かなり良いと思う 良いと思う 普通だと思う 悪いと思う かなり悪い思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 21.0% 37.6% 4.0% 2.4% 28.0%
GMOコイン 6.6% 21.2% 33.6% 4.2% 1.4% 33.0%
bitFlyer 6.6% 22.0% 38.6% 4.2% 1.0% 27.6%
DMM Bitcoin 4.2% 16.6% 34.6% 4.6% 1.0% 39.0%
bitbank 4.4% 12.2% 35.2% 5.0% 1.2% 42.0%
BITPOINT 3.6% 11.2% 32.4% 3.2% 1.6% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 7.8% 32.2% 4.2% 1.0% 51.4%
TAOTAO 3.4% 7.6% 32.0% 3.8% 1.4% 51.8%
FXcoin 3.6% 6.0% 32.4% 3.4% 2.4% 52.2%
SBI VCトレード 3.8% 12.0% 31.4% 3.8% 1.6% 47.4%
ディーカレット 3.2% 7.6% 33.2% 3.6% 1.4% 51.0%
LINE BITMAX 3.6% 8.8% 32.2% 3.6% 1.8% 50.0%

暗号資産(仮想通貨)に関するQ&A

Q. 「暗号資産」と「仮想通貨」の違いは何か?

同じ意味である。元々は「仮想通貨」と呼ばれていたが、現在は法改正により「暗号資産」との呼称となった。

Q. コールドウォレットとは何か?ホットウォレットとの違いは何か?

暗号通貨(仮想通貨)を保管する仮想の財布である「ウォレット」のうち、インターネットと切り離された環境に作られたウォレットが「コールドウォレット」だ。コールドウォレットの主な目的は保管用であり、ハッキングなどの不正アクセス被害を防ぐのに高い効果を発揮する。一方、オフライン環境下での管理であるため、暗号資産の管理において即時性に乏しい。通常の運用には、オンラインで管理する「ホットウォレット」を併用することが多い。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引きにおける、レバレッジ取引とは何か?

手元の資産を担保にし、元手の数倍規模の取引をする方法のこと。資金が少ない状態でも大きな取引きを行えるのが最大の魅力だ。レバレッジが2倍の場合、手元に10万円あれば、20万円分の取引ができる。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所の取扱通貨数は多い方がいいのか?

自分が今取引したい暗号資産以外も取り扱っていると、将来的に投資先として追加する際に便利だ。特に「草コイン」と呼ばれる知名度と流通量が少ない種類を取り扱っていると、投資の幅が広がる。

Q. 暗号資産(仮想通貨)投資におけるスプレッドとは何か?

暗号資産(仮想通貨)の取引所や販売所での売買時における、買値と売値の差額のこと。購入価格が10万円、売却価格が11万円だとすれば、スプレッドは1万円だ。つまり、スプレッドが大きければ大きいほど、価格の上昇を待たなければ損をしてしまう。そのため、スプレッドは小さい方がいいが、スプレッドは変動性であり時間帯によって異なるため取引の際は確認が必要だ。

Q. 初心者がビットコイン取引で気をつけることは?

1、余剰資金で投資をする
暗号資産(仮想通貨)は価格の変動が激しいため、多少減っても生活に影響を与えない余剰資金で投資をしよう。損しても自分が納得できるくらいの金額から挑戦するのがおすすめだ。

2、基本的な知識をつけてから始める
知識がない状態で投資するのは危険。暗号資産(仮想通貨)に関する基礎的な知識は押さえておこう。自分が投資したい暗号資産について調べ、特徴や将来性を把握しておくことも大切だ。

3、レバレッジ取引で大きく稼ごうとしない
レバレッジ取引とは、元手の数倍の金額で取引すること。レバレッジ取引は、少ない元手で大きなリターンを狙えるが、その分損失も大きくなる可能性がある。レバレッジ取引を始めても、最初は小さなレバレッジからスタートしよう。

Q. ビットコインのメリットは?

1、直接送金ができる
一般的な通貨で送金する時は銀行やATMに行くことが多いと思いますが、ビットコインなら個人間で直接支払いをすることができる。

2、手数料が無料または安い
仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要があらない。ビットコインは、直接送金のしくみのおかげで、お得な決済を実現するのだ。

3、ブロックチェーンの信頼性
なぜ仲介役もいないシステム内で安心して取引できるのかというと、ブロックチェーンという技術が使われているからだ。ビットコインに物理的な通貨はなく、すべて電子データ上の取引履歴で管理されている。一定時間に発生した取引履歴を1つの「ブロック」として記録し、ある条件が満たされたところでコンピュータが情報を処理し鍵をかけることによって、ビットコインの正当な持ち主を証明しているのだ。そのためビットコイン自体が偽造される可能性は低く、システム自体の安全性は高いと言われている。「時価総額1位」であることもその信頼性を担保するポイントになるだろう。

4、日常の決済に使える
ビッグカメラ、DMM.com、メガネスーパーなどの有名チェーン店や個人店など、日本国内でも決済に使用できる店舗は増えている。ビットコインなら、海外に行っても通貨の両替する必要も為替レートに影響されることもないので、決済に使えるということはメリットだ。しかし、利用可能なお店はまだまだ多くはありませんし、ビットコインのボラティリティの高さから、相場の変化が激しいため、買い物には利用しづらさがあることも把握しておこう。

Q. ビットコインのデメリットは?

1、変動幅が大きい
ビットコインに限らず、暗号資産(仮想通貨)は価格変動が大きく、価値が安定しない。そのため、大きな利益を得る事もあれば、大きな損失の可能性もあることも考えておかなければならない。

2、取引所のリスク
金融機関なら破たんした場合でも利用者を守るための仕組みが国によって整備されている。しかし、ビットコインは、国や地域からの価値の保証も救済もないので、万が一取引所がハッキングなどを受けて破たんした場合でも補償が受けられないことがある。メリットで述べたようにビットコイン自体の安全性は高くても、取引所でのトラブルに関しては、利用者保護の仕組みが発展の途上にある。

3、チャージが取り消せない
ビットコインは取引が承認されると、チャージバック(取引キャンセル)ができない。不正アクセスで暗号資産が流出した場合や、間違えて送付してしまった場合でも、補償してくれる仕組みがあらない。

4、処理に時間がかかる
ビットコインの取引をする人が増えた結果、処理が追いつかなくなり、承認を得るまで時間がかかるようになってきたという問題が浮上している。早く送金するために追加で手数料を支払わなければならないこともある。

Q. 草コインとは?

草コインとは、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)の総称であるアルトコインの中でもさらに時価総額が小さく、知名度も低い暗号資産(仮想通貨)のこと。

Q. ビットコインの通貨単位は?

暗号資産(仮想通貨)にはそれぞれ通貨単位がある。日本円でいう「円」のようなものだ。例えば、ビットコインの通貨単位は、BTC(ビー・ティー・シー)である。

Q. 他通貨はどんな通貨単位?

単位は通貨名のアルファベット表記と同じことが多いが、ネム(NEM)の単位がXEMなように異なるケースもある。それでは主な暗号資産の通貨単位は以下の通りだ。
・ETH イーサリアム
・XEM ネム
・XRP リップル
・ETC イーサリアムクラシック
・LTC ライトコイン
・MONA モナコイン
・FCT ファクトム
・LSK リスク
・XLM ステラルーメン
・QTUM クアンタム
・BAT ベーシックアテンショントークン

Q. 暗号資産(仮想通貨)は何時まで取引できる?

暗号資産(仮想通貨)取引所にもよるが、土日祝日問わず 24 時間 365 日取引可能な取引所が多い。

Q. 暗号資産(仮想通貨)で詐欺にあわない?

暗号資産(仮想通貨)で儲けられるとうたった詐欺は実際に起きている。そのために暗号資産そのものに不信感がある人も多いと思うが、現金であろうと詐欺事件は発生する。自分が詐欺にあわないために下記のような誘い文句には気をつけよう。
・業者から電話やメール、セミナーなどで強く購入を勧められる。
・「絶対に儲かる」や「金融庁推薦」などと言われる。
・情報が不明確かつ非現実的(1,000兆円など)である。
・最低購入価格が高額に設定されている。

Q. もしも、暗号資産(仮想通貨)取引所が破綻してしまったら?

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所は、資金決済法により利用者の暗号資産返還請求権に対する優先弁済権が定められている。これにより暗号資産交換業者は、仮に倒産してお金を返還する場合には利用者に優先的に返還しなければならないとされている。しかし、全額受け取れないリスクはあるため、各自でリスク管理を行うことも必要だ。

Q. 暗号資産(仮想通貨)のリスク管理にはどのような方法がある?

最低限やっておいた方がいい暗号資産のリスク管理の方法は以下の通りだ。
1、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所で取引を行なう。
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所は「暗号資産交換業者」として登録をしなければならない。この登録にはヒアリングや書面審査などが行われているため、リスク管理のの一つとして金融庁から認可された日本の暗号資産(仮想通貨)取引所を利用するのが望ましい。

2、複数の暗号資産(仮想通貨)取引所で取引を行ない分散させる。
複数の暗号資産取引所に資産を分散することで、破綻やハッキングなどのリスクを制限できる。また、各取引所がトラブルや障害、経営破綻の際にどういった補償を行うのかについて利用規約等を十分確認することも必要だ。

3、コールドウォレットを利用する。
ここでいうウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)専用の財布のことであり、暗号資産を保管するためのものである。コールドウォレットはインターネットに接続していないウォレットであり、安全性が高い。コールドウォレットを活用し、インターネットにつながらないオフライン環境下で仮想通貨を保管するが望ましい。

4、二段階認証を行なう。
二段階認証は、IDとパスワードの入力のほかに、指紋やSMSなどもう一度認証が必要となる。IDやパスワードが流出したとしても二段階認証を行なうことで不正ログインを防ぐことができる。また、ID・パスワードを使い回ししないことなども徹底しておきたい。

5、余剰資金で投資をする。
万が一、暗号資産(仮想通貨)取引所などで、トラブルが起きても生活に支障のない余剰資金で投資をすることもリスク管理の一つだ。また、大きな金額を一度にかけないことも大切だ。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設には何が必要?

・暗号資産を購入するための現金
・取引する時に必要なPCかスマートフォン
・本人確認書類

下記いずれかの書類から、現住所が記載されているもの「2種類」を用意。
・運転免許証
・運転経歴証明書
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住民基本台帳カード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
※「在留カード」と「特別永住者証明書」は、外国籍の方のみ提出が必要。

また、提出した書類に、現住所が記載されていないまたは相違がある場合は、下記を補完書類として提出する必要がある。
・住民票
・社会保険証
・国民健康保険証
・公共料金領収書
・公共料金の口座振替通知書
・印鑑登録書
・納税証明書
・社会保険料領収書

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設手順は?

Step① - 取引所の新規登録フォームからメールアドレスを登録する
Step② - メールから本登録する
Step③ - 本登録にて個人情報や本人確認書類を提出する
Step④ - 住所確認のハガキを受け取る
Step⑤ - 取引所の口座開設完了

口座を開設したら早速入金して始めてみましょう!入金方法は銀行入金、クイック入金(アプリなどで)、コンビニ入金などが可能。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所の選び方のポイントは?

ポイント① - 取扱通貨数
同じ取引所で複数の通貨を持つことができ、何度も口座開設しなくていいので楽だ。複数の特徴をもった銘柄をバランスよく持った方が、利益とリスク対策どちらも追い求めることができるのでおすすめだ。

ポイント② - 取引手数料
できるだけ手数料等のコストは安い方がいい。取引所や銘柄によって異なるので、手数料ランキングなどで比較して選んでみよう。

ポイント③ - 最低取引金額
初心者にとって、最初から大金を叩いて暗号資産を購入するのは不安だ。取引所によって最低取引金額は異なるので、具体的にいくらから買えるのか知るには、暗号資産交換業者が暗号資産ごとに設定している「最少発注数量」をチェックしよう。

Q. 初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)は?

初心者なら、ビットコイン、イーサリアム、リップルから始めるのがおすすめだ。金融庁のホワイトリストに入っている通貨の中で信頼性、流動性、時価総額、将来性の観点から、3つセレクトした。

実際に仮想通貨投資を始めてみる

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

仮想通貨アルトコインの投資なら
>>ビットバンクの口座開設はこちら

堅牢なセキュリティはもちろん、52種類の通貨ペアを提供している
>>Liquid by Quoineの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら

コメントしている専門家
監修者
※「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。