仮想通貨取引所おすすめ10社比較ランキング!【初心者向け】
(画像=NETMONEY編集部)

ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)取引におすすめなのは、「万全なセキュリティ体制・豊富な取り扱い銘柄数・各種手数料の安さ・使いやすい取引ツール・アプリ」を提供する仮想通貨取引所(暗号資産取引所)だ。

この記事では、金融庁に登録されている日本の仮想通貨取引所の中から、おすすめの10社を比較し、ランキング形式で紹介する。
総合的なランキングに加えて、投資スタイル別におすすめの仮想通貨取引所も紹介する。

初心者は仮想通貨をどの取引所で買うべきか、失敗しない選び方から口座開設の方法まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

▶︎さらに情報を知りたい方はこちら(IFAサービスのご紹介

目次
  1. 初心者におすすめの仮想通貨取引所の選び方
    1. 金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所を選ぶ
    2. セキュリティ体制が整っている取引所を選ぶ
    3. ツール・アプリが使いやすい取引所を選ぶ
    4. 取扱通貨数が豊富な取引所を選ぶ
    5. 手数料の安い取引所を選ぶ
  2. 仮想通貨取引所おすすめ10社比較ランキング!【初心者向け】
    1. 第1位:Coincheck(コインチェック)
    2. 第2位:GMOコイン
    3. 第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
    4. 第4位:bitFlyer(ビットフライヤー)
    5. 第5位:LINE BITMAX(ライン ビットマックス)
    6. 第6位:Zaif(ザイフ)
    7. 第7位:SBI VCトレード
    8. 第8位:BitTrade(ビットトレード)
    9. 第9位:BITPOINT(ビットポイント)
    10. 第10位:bitbank(ビットバンク)
  3. 仮想通貨取引を始める前に知っておくべきこと
    1. 仮想通貨はスプレッドが安い取引所で売買するべき
    2. 仮想通貨は価格変動が激しいので変動リスクに備える
    3. 海外の仮想通貨取引所の利用はリスクが大きい
  4. 投資スタイル別おすすめ仮想通貨取引所ランキング
    1. 短期売買におすすめの仮想通貨取引所
    2. 長期保有におすすめの仮想通貨取引所
    3. つみたて投資におすすめの仮想通貨取引所
    4. 仮想通貨を無料で獲得するのにおすすめの仮想通貨取引所
  5. 実際にやってみた!仮想通貨取引所で口座開設をする方法
    1. STEP1:メールアドレスとパスワードの入力
    2. STEP2:届いたメールアドレスのURLをクリック
    3. STEP3:本人確認書類の提出
  6. 暗号資産(仮想通貨)に関するQ&A

初心者におすすめの仮想通貨取引所の選び方

初めてビットコインを購入する場合、貴重な資産を投資するからには、取引所の信頼性と安全性を第一に考えたい。ここでは、どのような基準で仮想通貨取引所を選べば良いかを解説する。

金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所を選ぶ

まず、おさえておきたいポイントは、金融庁から「暗号資産交換業」の登録を受けている取引所から選ぶことだ。この登録を受けていなければ、日本で暗号資産(仮想通貨)と法定通貨との交換サービスを行うことができなくなった。

平成29年4月1日から、「暗号資産」に関する新しい制度が開始され、国内で暗号資産と法定通貨との交換サービスを行うには、暗号資産交換業の登録が必要となりました。

引用元:暗号資産の利用者のみなさまへ:金融庁

金融庁によると日本において、居住者を対象に暗号資産取引などの金融商品取引業や暗号資産交換業を営む業者は、日本の法令に従い、登録を完了させる必要がある。無登録業者については、投資者保護の体制が適切に確保されているかを金融庁が確認できていない。出金を拒否されたり、連絡がとれなくなったりとトラブルが発生しているので、日本の居住者は金融庁から認可されているこの記事で紹介している取引所から選ぶのが良い。

この暗号資産交換業の登録には、ヒアリングや書面審査などが行われているため、取引所を選ぶうえで、最低限おさえておきたいポイントである。

登録番号 暗号資産交換業者名
※各社の会社概要ページに飛びます
関東財務局長
第00001号
株式会社マネーパートナーズ
関東財務局長
第00003号
株式会社bitFlyer
関東財務局長
第00004号
ビットバンク株式会社
関東財務局長
第00006号
GMOコイン株式会社
関東財務局長
第00007号
ビットトレード株式会社
関東財務局長
第00008号
BTCボックス株式会社
関東財務局長
第00009号
株式会社ビットポイントジャパン
関東財務局長
第00010号
株式会社DMM Bitcoin
関東財務局長
第00011号
SBI VCトレード株式会社
関東財務局長
第00012号
Coin Estate株式会社
関東財務局長
第00013号
COINHUB株式会社
関東財務局長
第00014号
コインチェック株式会社
関東財務局長
第00015号
楽天ウォレット株式会社
関東財務局長
第00017号
LINE Xenesis株式会社
近畿財務局長
第00001号
株式会社Zaif
令和5年12月31日時点
引用元:金融庁 暗号資産交換業者登録一覧

セキュリティ体制が整っている取引所を選ぶ

セキュリティ体制が堅牢であることは、重要な選択基準となる。ホームページで、顧客資産と会社資産の分別管理の徹底や厳重なウォレット管理(コールドウォレットの採用)、SSLの導入、出金時の2段階認証、仮想通貨送金時のマルチシグ対応、金融庁の登録を受けていることなど、不正侵入や内部犯に対して厳重な対策を行っていることを必ず確認しておきたい。

・セキュリティ体制の判断基準

用語 意味
コールドウォレット コールドウォレットとは、インターネットに接続していない状態で仮想通貨を保管する方法である
マルチシグ対応 マルチシグとは、複数の秘密鍵で署名することで取引を承認する方法である
SSL SSLとは、通信を暗号化して傍受を防ぐ技術である
二段階承認 二段階認証とは、IDとパスワードに加えて、SMSやアプリによる認証コードを入力することでログインする方法である
金融庁の登録 仮想通貨取引所は、金融庁の登録を受けている必要がある

次に、NET MONEY編集部でおすすめしている仮想通貨取引所10社が上記のセキュリティ体制の判断基準(コールドウォレット、マルチシグ対応、SSL、2段階認証、金融庁の登録を受けている)に対応しているかを確認する。

・仮想通貨取引所10社のセキュリティ基準対応表

  Coincheck bitFlyer DMM Bitcoin GMOコイン LINE BITMAX BITPOINT SBI VC Trade BitTrade bitbank Zaif
コールドウォレットの採用
マルチシグ対応
SSLの導入
二段階承認の対応 -
金融庁の登録
2024年2月時点

LINE BITMAX以外の9社では、全てのセキュリティ基準に対応している。一方で、LINE BITMAXは二段階承認にのみ対応していない。
これについてLINE BITMAXは、「現在ご利用のスマートフォンでのみお客さまのLINE BITMAXをご利用いただけることから、LINE BITMAXでは二段階認証を導入していません」と回答している。

LINE BITMAXは、LINEアカウントに紐づいているスマートフォンでのみご利用いただけるサービスです。
第三者がPC版LINEや他の端末から、お客さまのLINE BITMAXアカウントにログインすることはできません。

現在ご利用のスマートフォンでのみお客さまのLINE BITMAXをご利用いただけることから、LINE BITMAXでは二段階認証を導入していません。
※LINEアカウントの不正ログイン対策についてはこちらをご参照ください

また、入出金や出庫時は、LINE Payパスワードの認証を必須としています。
暗号資産売買時やLINE BITMAX起動時などに、パスワード認証が求められる設定を行うことも可能です。

引用元:LINE BITMAX公式サイト

LINE BITMAXは、利用中のスマートフォンアプリからのみログイン可能であり、入出金や出庫時はLINE Payパスワードの認証を必須としていることから他の仮想通貨取引所に劣らないセキュリティを有していると言える。

ツール・アプリが使いやすい取引所を選ぶ

仮想通貨取引所の多くには、専用の取引ツールが用意されている。パソコン用の取引ツールを用意しているところや、スマホアプリを用意しているところなどさまざまだが、それらを比較のポイントにするのは有効だろう。

例えば、GMOコインが提供しているWebTraderでは世界的な高性能チャートツールである「TradingView」が採用されており、同ツールに慣れている人であればすぐに使いこなすことができる。

一方、初心者にとってのツール・アプリの使いやすさを重視するならCoincheckがおすすめである。仮想通貨取引所アプリの中で最も使いやすいという評判が多く、ダウンロード数が国内1位になった実績もある。

\初めてでも安心して取引できる!/

取扱通貨数が豊富な取引所を選ぶ

草コインとは、アルトコインの中でも時価総額が小さく知名度も低い仮想通貨のこと

CoinMarketCapによると暗号資産はすでに23,000種類以上存在しており、その数は今も増え続けている。その中には「アルトコイン」や「草コイン」と呼ばれる時価総額が低い通貨も存在する。

時価総額が低いアルトコインは、時価総額が高いビットコインなどと比べて、価格変動が大きくなる傾向がある。そのため、大きなリターンを狙うことができる可能性がある。ただし、時価総額が低いアルトコインは、リスクが高いという特徴もある。価格変動が激しく、価値が急落する可能性もあるので、投資する際には少額に留めるのが良い。

そこで、仮想通貨取引所選びのポイントには取り扱い通貨数の豊富さも追加したい。海外には膨大な取り扱い通貨数を誇る取引所もあるが、日本の法律が及ばず金融庁の認可も受けていないことから不安な点も多い。そこで日本の主要取引所の中から取り扱い通貨数の多いところ、とりわけ自分が投資したいと思う通貨が含まれているかどうかを比較対象にするのがよいだろう。

実際にNET MONEY編集部が2021年10月に独自アンケートを実施したときは取扱通貨数の多さで取引所を選んでいる人が最も多かった。

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。
A.最も多かった回答:取扱銘柄(通貨)数の多さ(14.2%)

2011年10月アンケート結果|今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由
(画像=NETMONEY編集部)

また、単に取扱通貨数だけでなく、売買したい通貨に対応しているか・販売所と取引所のどちらで対応しているかを確認することが重要である。

以下の表で、仮想通貨取引所10社が販売所・取引所のそれぞれで売買可能な通貨数と通貨の名称について一覧で紹介する。

・取扱通貨数と通貨の名称一覧

仮想通貨
取引所
販売所 取引所
通貨数 通貨 通貨数 通貨
Coincheck 26 BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、
XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、
QTUM、BAT、IOST、ENJ、SAND、
DOT、CHZ、LINK、MKR、MATIC、
IMX、APE、AXS、WBTC、SHIB、
AVAX
8 BTC、ETC、LSK、MONA、PLT、
FNCT、DAI、WBTC
bitFlyer 22 BTC、ETH、ETC、LTC、BCH、
MONA、LSK、XRP、BAT、XEM、
XLM、XTZ、DOT、LINK、XYM、
MATIC、MKR、ZPG、FLR、SHIB、
PLT、SAND
6 BTC、ETH、BCH、MONA、XRP、
XLM
DMM Bitcoin 28 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、
NIDT、ALGO、APE、AVAX、AXS、
BAT、CHZ、ENJ、ETC、FCR、
FLR、HBAR、LINK、MATIC、MKR、
MONA、OAS、OMG、SAND、SHIB、
TRX、XLK、ZPG
28 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、
NIDT、ALGO、APE、AVAX、AXS、
BAT、CHZ、ENJ、ETC、FCR、
FLR、HBAR、LINK、MATIC、MKR、
MONA、OAS、OMG、SAND、SHIB、
TRX、XLK、ZPG
GMOコイン 21 BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、
XLM、BAT、XTZ、QTUM、ENJ、
DOT、ATOM、ADA、MKR、DAI、
LINK、DOGE、SOL、FIL、SAND、
CHZ
23 BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、
XEM、XLM、BAT、XTZ、QTUM、
ENJ、DOT、ATOM、XYM、MONA、
ADA、MKR、DAI、LINK、FCR、
DOGE、SOL、ASTR
LINE BITMAX 7 BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、
XLM、FNSA
1 FNSA
BITPOINT 21 BTC、BCH、ETH、LTC、XRP、
BAT、TRX、ADA、JMY、DOT、
LNK、DEP、IOST、KLAY、SHIB、
MATIC、FLR、GXE、ATOM、TON、
TSUGT
11 BTC、BCH、ETH、LTC、XRP、
BAT、TRX、ADA、IOST、DEP、
SHIB
SBI VC Trade 23 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、
DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、
XTZ、SOL、AVAX、MATIC、FLR、
OAS、XDC、SHIB、DAI、ATOM、APT、HBAR、ZPG
7 BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、
DOT、LINK
BitTrade 37 BTC、ETH、XRP、DOGE、SHIB、
MATIC、DAI、MKR、AXS、SAND、
BSV、EOS、DEP、ASTR、ATOM、
COT、JASMY、LTC、FLR、HT、
ADA、ETC、DOT、ENJ、IOST、
XYM、BCH、TRX、XTZ、QTUM、
OMG、BOBA、BAT、XLM、XEM、
LSK、ONT
28 BTC、ETH、XRP、BSV、ASTR、
DEP、COT、EOS、PLT、JASMY、
LTC、HT、BCH、ENJ、IOST、
XLM、XEM、DOT、ADA、TRX、
XTZ、QTUM、OMG、BAT、ONT、
LSK、XYM、MONA
bitbank 38 BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、
BCC、XLM、QTUM、BAT、OMG、
XYM、LINK、MKR、BOBA、ENJ、
MATIC、DOT、DOGE、ASTR、ADA、
AVAX、AXS、FLR、SAND、APE、
GALA、CHZ、OAS、MANA、GRT、
RNDR、BNB、ARB、OP、DAI、
KLAY、IMX、MASK
38 BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、
BCC、XLM、QTUM、BAT、OMG、
XYM、LINK、MKR、BOBA、ENJ、
MATIC、DOT、DOGE、ASTR、ADA、
AVAX、AXS、FLR、SAND、APE、
GALA、CHZ、OAS、MANA、GRT、
RNDR、BNB、ARB、OP、DAI、
KLAY、IMX、MASK
Zaif 17 BTC、MBX、FSCC、CICC、NCXC、
ETH、XYM、XEM、MONA、KLAY、
DEP、MV、ROND、MATIC、TRX、
DOT、COT
22 BTC、XEM、MONA、ZAIF、XCP、
FSCC、CICC、NCXC、BCH、ETH、
ERC20.CMS、MOSAIC.CMS、XYM、
COT、DOT、TRX、MATIC、
POLYGON.MV、POLYGON.ROND、
DEP、KLAY、MBX
2024年2月時点
※DMM BitcoinはBitMatch注文を取引所取引として集計しました。

メジャーな通貨であれば売買可能な仮想通貨取引所は多いが、マイナーな通貨を売買したい場合は限られる。

bitbankは、取引所で取引可能な通貨数が38通貨と最も多い。販売所に比べ安い手数料で、多くの通貨が売買可能なためおすすめできる。

\アルトコイン投資で急な値上がり益を狙いたい人におすすめ/

手数料の安い取引所を選ぶ

次に、仮想通貨初心者として心がけたいのは、手数料の安い取引所を選ぶことだ。取引を始めて間もないうちは大幅な利益は期待できない。コスト(手数料)を最小限に抑えてできる限り利益を確保するべきだ。

仮想通貨取引には本来、取引手数料・日本円の入出金手数料・銀行振込手数料・送受金手数料・建玉管理料・ロールオーバー手数料など、さまざまな手数料が発生する。こうした手数料の額は取引所ごとに異なる。各社の手数料を見積もり、必ず比較検討するべきだろう。取引手数料や日本円の入出金、送受金手数料などは、取引所側の負担で無料となる場合もある。

仮想通貨を取引する際のコストを低くするのであれば、入金・出金手数料などの各種手数料が無料となる、DMM Bitcoinがおすすめだ。

\今なら新規口座開設で1000円もらえる!/

仮想通貨取引所おすすめ10社比較ランキング!【初心者向け】

今回は多くの仮想通貨取引所の中から厳選しておすすめランキングを作成したので、ぜひ参考にしてほしい。

※当サイトのランキングは、弊社が独自に行なった仮想通貨取引所のイメージ調査の結果と、対象となる仮想通貨取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら

総合的な仮想通貨取引所のおすすめランキング第1位は、Coincheckである。

Coincheckがおすすめランキング第1位の理由-5年連続アプリダウンロード数No.1/取扱通貨数が国内トップクラスの29通貨/「Coincheckつみたて」はリスクを抑えた分散投資が可能で初心者でも安心
(画像=NETMONEY編集部)

仮想通貨取引所アプリでダウンロード数が5年連続No.1の実績があり、暗号資産取引の未経験者にも使いやすいUI/UXと評判である。
加えて、取り扱い通貨数が29通貨と豊富であり、各種手数料などを総合して考えると非常に優れた取引所と言える。

また、「Coincheckつみたて」という定期的に自動で仮想通貨を購入するサービスを提供している。
BTCやETHといった主要な通貨はもちろん、全部で26通貨つみたて投資の対象通貨である。時間分散によるリスクを抑えた投資が可能なため、初心者に仮想通貨の積立はおすすめである。

\初めての仮想通貨取引ならCoincheck!/

以下で、ランキングの10社について、それぞれ概要やメリット・デメリットを詳しく解説する。

第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckの概要
取扱通貨数(販売所) 26通貨
BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, MONA, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, SAND, DOT, CHZ, FINSCHIA, MKR, MATIC, IMX, APE, AXS, WBTC, AVAX, SHIB
取扱通貨数(取引所) 8通貨
BTC, ETC, LSK, MONA, PLT, FNCT, DAI, WBTC
最低取引数量(BTC) 販売所:500円相当額
取引所:500円相当額
取引手数料
(販売所)
無料
※スプレッドあり
取引手数料
(取引所)
0.000%~0.100%
※通貨によって異なる
送金手数料(BTC) 0.001 BTC
※コインチェックユーザー間は無料
送金手数料(ETH) 0.005 ETH
※コインチェックユーザー間は無料
入金手数料(銀行振込) 無料
入金手数料(コンビニ入金) 3万円未満:770円
3万円以上30万円以下:1018円
入金手数料(クイック入金) 3万円未満:770円
3万円以上30万円以下:1018円
50万円以上:入金金額×0.11%+495円
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -
スマホアプリ Coincheck
(ios/Android)
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産
積み立て暗号資産
2024年2月時点
出典:Coincheck

Coincheckのメリット

  • ◎ 取扱通貨数が29通貨と豊富
  • ◎ アプリが初心者に優しい作りになっている
  • ◎ 取引手数料が無料

Coincheckのデメリット

  • △ スプレッドが広い
  • △ レバレッジ取引ができない
  • △ 出金手数料が高い

ビットコインはCoincheckで買うのがおすすめだ。スマホ用アプリの使いやすさ・操作性に定評があり、2019年から2023年の5年連続でアプリダウンロード数がNo.1に輝き、累計で600万ダウンロードを突破した。初心者の方でも簡単に仮想通貨取引を始めることができる

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)の提供する「Coincheckアプリ」が、国内の暗号資産取引アプリにおける2023年の年間ダウンロード数「国内No.1(※)」を記録したこと、および累計のアプリダウンロード数が600万ダウンロードを突破したことをお知らせいたします。「Coincheckアプリ」がダウンロード数「国内No.1」を獲得するのは、2019年から5年連続です。 ※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

引用元:Coincheck プレスリリース

初めはチャートを見る機会を増やした方が取引に慣れていきやすく、Coincheckは最低取引金額も500円程度と少額から取引を始められる。とりあえずビットコインを買ってみたい人、取引操作に不安がある暗号資産取引の未経験者は、Coincheckを選ぶと良い

\初めての仮想通貨ならCoincheck!/

2021年10月に株式会社ZUUが行った仮想通貨取引所のイメージ調査結果では、下記質問でCoincheckが1位となった。

Q. 口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。
A. 最も多かった回答:Coincheck(14.8%)

2011年10月アンケート結果|口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所
(画像=NETMONEY編集部)

Q. 実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。
A. 最も多かった回答:Coincheck(15.2%)

2011年10月アンケート結果|実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所
(画像=NETMONEY編集部)

Coincheckは、取引手数料が一切かからないほか、日本円の入金も銀行からは無料。初めて仮想通貨を買う人でも、余分な出費がかからない。注文画面も見やすく、初めて仮想通貨を買う人にとってわかりやすいつくりとなっている。まずはCoincheckで仮想通貨取引の雰囲気に慣れるのもよいだろう。

出典:Coincheck

コインチェックが向いている人・向いていない人

コインチェックが向いている人:初めての仮想通貨投資に挑戦する人/スマホアプリで手軽に仮想通貨を売買したい人/「Coincheckつみたて」で積立投資したい人。コインチェックが向いていない人:レバレッジ取引をしたい人/出金する頻度が高い人
(画像=NETMONEY編集部)

コインチェックが向いている人初めて仮想通貨投資に挑戦する人だ。
スマホアプリが使いやすいため、暗号資産取引未経験者でも問題なく売買できる。また、「Coincheckつみたて」という自動で仮想通貨に積立投資できるサービスを利用すれば、ほったらかし投資が可能になる。

一方、コインチェックが向いていない人もいる。それは、レバレッジ取引をしたい人・出金頻度が高い人だ。
コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していない。また、出金手数料が一律で407円かかるので注意が必要だ。

\初めての仮想通貨取引ならCoincheck!/

Coincheck(コインチェック)の評価ポイント

① 豊富な29通貨を扱っている
29通貨の取り扱いは国内でもトップクラスであり、Coincheckは順次取り扱い通貨数を増やしている。

② 手数料が安い
まず、仮想通貨取引所口座への入金手数料が銀行振り込みからは無料になる。
さらに、ビットコインを取引所で売買する際の手数料は無料となっていて、お得にビットコイン取引ができるのでおすすめだ。

③ 初心者にも使いやすい作りのアプリ
Coincheckアプリは初心者にも使いやすいシンプルな作りとなっている。2019年から2023年の5年連続で仮想通貨アプリのダウンロード数No.1を獲得した。

\未経験者でも安心して取引できる!/

Coincheckの評判・口コミ

アイコン

評価

5

取引きできる通貨が非常に多く通貨の管理もしやすくサイトが使いやすいのでとても重宝する!!サイトデザインも素晴らしくとてもおしゃれなつくりで好感が持てるのが良い!!手数料も安く取引がたくさん行えるため気軽に稼ぐことができ非常に満足している!!
数あるサイトの中でも一番使いやすいと思ったので皆さんにお勧めしたいです

アイコン

評価

5

暗号通貨取引のサイトは何社か登録しましたが、結局使っているのはコインチェックです。スマホアプリもパソコンサイトも、投資素人が扱いやすい設計になっていると思います。チャット機能もあります。取り扱っている通貨も多いです。
過去にトラブルを起こした会社ですが、今はセキュリティなどもしっかりして、ビギナーが始めるにはベストな取引所だと思います。

アイコン

評価

4

手数料が無料なので気にせず何度でも取引が出来ます。最低取引価格も500円から始めることが出来、取引通貨数も18通貨から選ぶことが出来きるのと親会社は国内証券会社も運営するマネックスグループ上場会社なので、仮想通貨初心者でも投資を始めやすい環境が整っていると言える。買いたいときにいつでも買えるのでアプリが便利。

アイコン

評価

3

アプリは、ほかの販売所や取引所より見やすいかと思いますが、何より手数料が高すぎます。他のところより飛び抜けて高いです。買いたい銘柄がコインチェックにしかない場合は、仕方なくコインチェックで購入してますが、他でも取り扱いのある銘柄なら、コインチェックではまず購入しません。
あと、価格が、高騰しているときや、暴落時はネットワークが繋がらなくなるときが多く、購入や売却がタイムリーにできない場合が結構ありとても不便です。

アイコン

評価

2

悪いところですが、審査の精度が悪く時間がかかることが挙げられます。私は本人確認書類の確認に何回か落ちています。最終的に審査に通過しましたが、2、3週間ほどかかりました。

アイコン

評価

5

仮想通貨取引所の中で1番わかりやすくて初心者向けなのは、コインチェックです。確かに過去にはハッキング事件がありましたが、もともとチャートの見やすさだったり、チャット機能で意見交換をしたりと人気があります。また、わたし個人的にはマクロミルと連携していて、マクロミルポイントを仮想通貨に交換できる点なども、少額から始めたい、リスクをあまり好まない人にもおすすめです。

 

アイコン

評価

5

とても使いやすいです。初めてなので不安もありましたが、触っていく内に覚えていく感じですかね?しいて言えば、税金の申告が簡単に出来る機能があればいいな~と思います。アメリカのスタートアップで仮想通貨の確定申告専用のアプリが開発されたみたいですね。

引用元:GooglePlay Store

 

アイコン

評価

4

まず、チャートの見方と取引画面については全く不満はありません 。わりと初心者のほうですが、問題ないです 。送金速度や機能にも問題ないです 。短期売買の方には、どちらかというと不向きかもしれませんが 。ほぼ、放置型でしてる人には使いやすいと思います。

引用元:App Store

 

NET MONEY編集部がCoincheckの口座開設をやってみました!

口座開設の方法が分からない人向けに始め方を解説しています。

\初めての仮想通貨ならCoincheck!/

第2位:GMOコイン

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 21通貨
(BTC, ETH, BCH, LTC, XRP, XLM.BAT, XTZ, QTUM, ENJ, DOT, ATOM, ADA, MKR, DAI, LINK, DOGE, SOL, FIL, SAND, CHZ)
取扱通貨数(取引所) 23通貨
(BTC, ETH, BCH, LTC, XRP, XEM, XLM, BAT, XTZ, QTUM, ENJ, DOT, ATOM, XYM, MONA, ADA, LINK, DOGE, SOL, MKR, DAI, FCR, ASTR)
最低取引数量(BTC) 0.00001BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) BTC,ETH,XRP,DAIがMaker:-0.01%Taker:0.05%
その他がMaker:-0.03%,Taker:0.09%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
スマホアプリ GMOコイン 暗号資産ウォレット(ios/Android)
取引ツール(PC) WEB TRADER
貸暗号資産
積み立て暗号資産
2024年2月時点
出典:GMOコイン

GMOコインのメリット

  • ◎ 東証1部上場のGMOが運営しているので安心できる
  • ◎ 入出金・送金・取引手数料が無料
  • ◎ 口座開設が早い

GMOコインのデメリット

  • △ スプレッドが広い
  • △ 追証がある
  • △ 取引規制(売り・買い)がある

GMOコインは東証一部・GMOインターネット <9449>のグループ会社である。インターネット時代の黎明期から培ってきたインターネット金融システムの構築・運用ノウハウを背景に、高度なセキュリティ対策を誇る仮想通貨取引所だ。

セキュリティ対策の基本として、法令に基づいて顧客資産を分別管理し、顧客資産と当社資産の日々の算定・照合を徹底している。

同社が誇るセキュリティ対策の要は、コールドウォレット(オフライン)管理とマルチシグ対応の強固なセキュリティだ。即時送付しない暗号資産は通常、コールドウォレットに保管されている。コールドウォレットから暗号資産を移動するには、複数部署で承認を受ける必要がある。同時に複数の秘密鍵を必要とするマルチシグ体制も採用しているため、秘密鍵をそれぞれ異なる場所に保管してリスクヘッジをしているのだ。

GMOコインのホームページでは、「お客様アカウント乗っ取り」と「システムへの侵入」の2つの観点で、サイバー攻撃対策について明記されており、そこからもセキュリティ対策を重視する姿勢と自信がうかがえる。

2021年10月に株式会社ZUUが行った仮想通貨取引所のイメージ調査では、メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所のランキングでコインチェックに僅差で勝ち、GMOコインが1位となった。

Q.メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。
A.最も多かった回答:GMOコイン(14.9%)

2011年10月アンケート結果|メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所
(画像=NETMONEY編集部)

投資家の目的に合わせて、取引所の現物取引だけでなく、販売所としての利用や暗号資産FXなど、取引形態を自由に選ぶこともできる。最初に、投資目的を明確にしてから取引を開始するといいだろう。値上がりを期待して、ビットコインまたはアルトコインをいくらか保有しておきたい人にも使いやすい仮想通貨取引所だ。

GMOコインが向いている人

GMOコインが向いている人は、すぐに取引を始めたい人

GMOコインが向いている人はすぐに取引を始めたい人だ。口座開設には時間がかかる取引所も多いが、GMOコインでは最短10分で取引を開始することができる。

GMOコインが向いていない人

GMOコインが向いていない人は、販売所形式で取引したい人

GMOコインが向いていない人は主に販売所形式で取引したい人だ。取引手数料は無料となっているが、実際にはレバレッジとして手数料が発生しており、広めに設定されている。

GMOコインの評価ポイント

①イーサリアム含め23通貨を扱っている

②積み立てが可能

GMOコインでは、「つみたて暗号資産」のサービスを利用できる。最小500円から設定でき、GMOコインの口座にある日本円残高から毎月自動的に購入可能だ。

③大手GMOグループの高いセキュリティ

GMOコインでは2段階認証や24時間の監視、定期的な脆弱性診断や資産の分別管理など、厳重なサイバー攻撃対策が取られているため、安心して取引できる。

A. 「誰もが犠牲にならない社会」をミッションに掲げ、国内最大規模のホワイトハッカーを組織するサイバーセキュリティのプロフェッショナルカンパニーです。Webアプリケーションやスマホアプリ、企業の基幹システムなどに対するサイバー攻撃に対する高度なセキュリティ対策を提供し、持続可能な事業継続をサポートしています。国内各業界に対する技術支援をより加速すべく、2022年4月には銀行向けのサイバーセキュリティ総合対策パッケージ「GMOサイバーセキュリティ for 銀行」(URL:https://gmo-cybersecurity.com/lp/for-bank/)の提供を開始するなど、業界特化型の技術支援の取組も強化しています。
引用元:Q. 世界トップクラスの情報セキュリティ専門家が集う日本最大級のセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2022」にトップスポンサーとして協賛|時事通信

GMOコインの評判・口コミ

アイコン

評価

5

2年ほど利用していますが、日本円を即入金することができ、出金に関しても数日で対応可能です。またスプレッド幅が他の日本の取引所に比べると小さいため、購入後ほかの取引所やWolletに送金する際に重宝しています。アプリ内で取引することは少ないため、アプリの使いやすさに不満を感じたことはないです。ただ即入金が失敗してしまうことがあり、そうなった場合は翌営業日まで待たないと利用できないです。

アイコン

評価

5

画面や操作、項目がとてもシンプルな造りになっていますので、初心者でもとても扱いやすいところが魅力です。どれを選んで良いのかや、ごちゃごちゃしているサイトがある中で、操作ボタンがシンプルであり、注文もしやすいので慣れないときにもよく使っていました。もっとレバレッジが効く部分もあるといいですが、初心者がやるならこの口座はとてもいいと思います。

アイコン

評価

3

投資に興味があって、仮想通貨でできるものをさがしていて見つけました。良かったのは、他のサイトは職場の連絡先などを書かなければいけなかったけど、GMOは、描く欄がなかった。職場に連絡があったら嫌だったのでそこが決め手でした。悪かった点は、運用方法がよくわからなかった。初心者には向かないかもしれません。見よう見まねで買ってみたけど、増えているのかよくわからなかった。今自分のコイン・お金がどうなってるのかもう少し初心者にもわかるようにしてほしい。結局意味が分からずやめましたが、全体的に問題はないです。

アイコン

評価

4

他の国内取引所と違って、トレンド、オシレーター表示があるので便利です。この厳選されたオシレーターは、レバレッジ取引の経験値が上がる気がします。。。願わくば、ワンタッチで3つの画面設定を切り替えられるようにしてほしい。各分足も。横画面の表示も改善求む!!指の運びが上に行ったり、右下に行ったりも忙しい!

引用元:GooglePlay Store
アイコン

評価

4.5

基本的に入金がすぐに行えますので、すぐに買いたいときには非常に便利なところがとても良いです。手数料も無料だったのでその点も良かったです。スプレッドもそこまで大きくないので、取引のしやすさも良いですし、色々な仮想通貨の取扱業者の中でも使いやすさはトップレベルだと思います。初心者ならここをオススメするほどです。

アイコン

評価

4

手数料が、業界でも安い方だと思うので、その点は満足しています。あと、入金と出金の両方で手数料がかからないので。気軽に出し入れがしやすいので。手軽に始められて、いつでも辞めることができるので。小額から始めたい初心者にとっては、ありがたいサービスかなと思います。多機能ではないと思いますが。使い勝手の良いところが気にいっています。

アイコン

評価

4

注文の際、板に付いていないメイカーで注文すると、手数料がマイナス手数料で利用者側に支払われる仕組みであるのが良い。また注文にあたって注文額が板に付いているかどうかの確認を、現在の価格から幅広い範囲で一覧化されているのを確認することが出来るので、誤ってテイカーで注文してしまうことの抑止効果があるのも良いです。加えて最近は、取り扱い通貨が次々に多くなっているのも、選択の幅が広がって良いです。

アイコン

評価

4.5

余り大きなレバレッジをかけるのには向いてないと思います。2倍までですので、流動性のある資産だからその方が良いのかもしれないですが、出来たらもうちょっと欲しかったかなと思います。仮想通貨の種類も多くない方だと思いますので、もっと色々なのが見たいという時には別の講座を選んでみた方が良いのだろうと思います。

第3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin|新規口座開設でもれなく1000円即時プレゼント|最短1時間で取引スタート
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:28通貨
(BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, XLM, ETC, OMG, ENJ, BAT, MONA, TRX, ZPG, CHZ, AVAX, FINSCHIA, MKR, MATIC, FLR, NIDT, ALGO, SAND, AXS,APE,FCR,HBAR,OAS,SHIB)
レバレッジ:34通貨
(BTC, ETH, XEM, XRP, ETC, LTC, BCH, XLM, MONA, BAT, QTUM, OMG, XTZ, ENJ, XYM, TRX, ADA, DOT, IOST, ZPG, CHZ, AVAX, FINSCHIA, MKR, MATIC, ALGO, SAND, AXS, DOGE, SOL, ATOM,APE,HBAR,SHIB)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(販売所)
取引手数料(販売所) 無料(※)
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ DMMビットコイン(ios/Android)
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 -
積み立て暗号資産 -
※BitMatch取引手数料を除く
2024年2月時点
出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのメリット

  • ◎ アルトコインでレバレッジ取引できる
  • ◎ 入出金・送金・取引手数料が無料
  • ◎ LINEで問い合わせ可能

DMM Bitcoinのデメリット

  • △ 定期メンテナンスがある
  • △ 出金に時間がかかる

どの仮想通貨取引所でもビットコインは容易に買うことができるが、将来アルトコインを取引する可能性があるならば、取り扱う暗号資産の種類が多いところを選ぶといいだろう。

DMM Bitcoinならビットコインの他に、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックネムなどの計32種類のアルトコインを取り扱っている。取引銘柄の組み合わせも全39組と豊富だ

暗号資産を今後長く取引したい人や、ビットコインより割安なアルトコインを購入し、将来大幅なキャピタルゲインを狙いたい人には、第一の選択肢となる取引所だろう。

ビットコインをはじめとする取扱銘柄31種類と、取扱銘柄39組についてレバレッジ取引ができるのも魅力だ。レバレッジ倍率は2倍に設定されており、預ける証拠金が少額でも、2倍まで取引ができる。

よって、資金が少ない暗号資産初心者でも無理なく始められるだろう。

レバレッジ取引には一定基準のロスカットルールが適用されるため、大幅な損失を回避できる。 初めての暗号資産取引で必ず確認しておきたいのが、取引所のセキュリティ体制だ。

DMM Bitcoinでは、顧客の暗号資産の保管場所が物理的に分離されており、コールドウォレット(オフライン)による保管と併せて、外部からの攻撃に対して厳重に備えている

不正アクセス対策として、詳細な設定による2段階認証を取り入れているのも心強い。

DMM Bitcoinでは、フォームとLINEによる問い合わせを、土日祝を含めて365日受け付けている。操作方法や取引に不慣れな暗号資産初心者にとっては、うれしいサービスだろう。

なおDMM Bitcoinは、コインチェックに次ぐ大手の暗号資産取引所として有名であるため、安心して利用することができる。

A. ビットフライヤーはコインチェックに並ぶ大手の暗号資産取引所と捉えられがちだが、実は営業利益の大きさは3番目で、DMM Bitcoinが2番目に大きい。また、DMM Bitcoinは営業収益でもビットフライヤーに並ぶ水準となっており、この成長率が続くとすると、来年には勢力図が入れ替わる可能性がある。
引用元:Q. 国内の暗号資産取引所、営業利益でコインチェックに次ぐ第2位はどこ?|検索Yahoo!ニュース

\新規申し込みで1,000円プレゼント/

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bitcoinが向いている人は、アルトコインでレバレッジ取引をしたい人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。全33種類中31種類の通貨でレバレッジ取引が可能になっている。さらに通貨ペア全41種類中39種類でレバレッジ取引が可能になっている

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は、取引所形式で取引したい人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ

出金するのに多少時間がかかるようです。ただし、それはお客様の資産を保全するための厳重なセキュリティ体制を とっているため、出金申請されたアドレスが不正利用等に使用されていないかなど確認をとっているからです。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料
入金はクイック入金が5,000円から、銀行振込は下限なしでともに手数料無料。また、仮想通貨を他の取引所へ送金する場合の手数料も無料だ。

②豊富なレバレッジ可能通貨数

③LINEでの問い合わせが可能
使い方がわからない場合やトラブルが起きた際、DMM Bitcoinでは24時間365日LINEでの問い合わせを受け付けている。

DMM Bitcoinの評判・口コミ

アイコン

評価

5

国内の仮想通貨の口座の中では、かなりサービスの質が良いと思います。入金、送金の手数料が無料に加え、取扱い通貨に関しても25銘柄と多い方だと言えます。
レバレッジにも対応しており、現物で仕掛けないような取引所ではないので、最もウケを得たいという方にもお勧めできます。細かいサポートも充実しており、電話対応の人も丁寧な対応をしてくれましたので、とても満足しています。

アイコン

評価

5

基本的なノウハウがFXなどを管理している経験があるため、かなりそろっているところがいいです。それなので、ユーザーの使いやすさもかなり重視ている会社であると言えるでしょう。
初心者でも安心できるものであり、業務改善命令が出雨量な事も一度もないので、セキュリティー面でもかなり良いところだと言えます。口座開設キャンペーンもありますので、気軽でなおかつ簡単に利用するのであれば、ここを利用してみるといいでしょう。

アイコン

評価

3

アプリを立ち上げれば、基本はすべてアプリで取引が完了できるので、便利だと思います。ただ、しょっちゅうアプリのメンテナンスが入るので、日々取引する方は注意が必要だと思います。しいていえば、クイック入金をする際は、アプリ上では完結できずに、ブラウザ等からする必要があるので、すべてアプリで完結させることは出来ません。

アイコン

評価

5

DMM Bitcoinを選定した理由としましては、とにかく取引手数料が安いと言う点でありました。DMMである大手が運営されていることもありますので、手数料がとにかく安くカスタマーサービスが365日対応でラインでも気軽に質問できる点が魅力的でした。

 

アイコン

評価

5

初めて使うアプリですが、私との相性が良い事も有るのか、まるで長年 使い込んだか の様な馴染み具合でチャートを見て取引に もスムーズに繋げられ満足してます。 引き続き、取引を無理の無い範囲で、 楽しんでみます。ありがとうございます。

引用元:GooglePlay Store

 

アイコン

評価

3

他の人も書いてるように毎週メンテナンスが長時間あるので、使いやすいがスキャ専用になってしまって、大きなトレードは無理 スイングはバイビット 後、メンテナンス中のグラフが飛ぶのも致命的! ライン引いても意味がない。 穴が空いてるので、合わない!

引用元:App Store

 

\新規申し込みで1,000円プレゼント/

第4位:bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー|ビットコイン取引量6年連続No.1
(画像=ビットフライヤー公式HPより)
bitFlyerの概要
取扱通貨数(販売所) 22通貨
(BTC, ETH, ETC, LTC, BCH, MONA, LSK, XRP, BAT, XEM, XLM, XTZ, DOT, LINK, XYM, MATIC, MKR, ZPG, FLR, SHIB, PLT, SAND)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC, ETH, BCH, MONA, XRP, XLM)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドがあります
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
送金手数料(BTC) 0.0004BTC
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220~770円
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ bitFlyer(ios/Android)
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 △(現在一時停止中)
積み立て暗号資産
2024年2月時点
出典:BitFlyer

bitFlyerのメリット

  • ◎ メガバンクと提携して安心感がある
  • ◎ ビットコインFX取引ができる
  • ◎ サイトを経由してBTCが貰える

bitFlyerのデメリット

  • △ 取引所形式に対応していない通貨がある
  • △ 入金手数料が高い
  • △ アプリが重いことがある

ビットコインなどの仮想通貨を売買する場合には、「販売所取引」と「取引所取引」という2つの取引方法がある。bitFlyerではこの両方の取引が可能だが、まずは簡単に2つの取引方法の違いを解説しよう。

取引所と販売所の違い

一般的にイメージしやすいのが「販売所取引」で、bitFlyerなどの仮想通貨取引所を相手に取引する方法だ。

一方「取引所取引」では、自分が取引する相手が他の個人投資家という違いがある。

販売所取引では注文が簡単で、注文したらすぐに売買できるが、取引所取引の方は他の投資家が自分と反対の注文をするのを待たなければいけない。だが、取引所取引では取引する相手が自分と同じ個人なので、販売所取引よりも手数料が安く済むというメリットがある。

bitFlyerでは、ここまでで述べた「販売所取引」と「取引所取引」の両方を利用することができるため、「仮想通貨に慣れるまでは販売所取引で、慣れたら取引所取引でより高度な取引を」というような使い方もできるのが魅力だ。

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人

bitFlyerが向いている人は、初めて口座開設をする人

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人は初めて口座開設をする人だ。取扱通貨数は19種類あり、レバレッジ取引ができるなど口座を開設しておけば幅広い投資ができる。

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人

bitFlyerが向いていない人は出金手数料が気になる人

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人は出金手数料が気になる人だ。出金手数料は220円~770円と幅があるが、最高手数料は他社に比べると高めになっている。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価ポイント

①イーサリアム含め19通貨を扱っている

②レバレッジ取引が可能

ビットフライヤーは最大2倍のレバレッジ取引が可能だ。例えば5万円を担保として10万円の取引ができ、通常よりも多くの投資の利益を得ることができる。

③入金手数料が無料

ビットフライヤーは銀行振り込みの手数料が無料である。さらに24時間365日いつでも入金ができる「クイック入金」も住信SBIネット銀行であれば手数料が無料(他社は330円)だ。

またビットフライヤーには、ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」があるため、普段クレジットカードを利用する人にもおすすめできる仮想通貨取引所になっている。

ビットコイン取引量6年連続国内No.1(※1)の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:関 正明、以下「bitFlyer」)と新生銀行グループの株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長:清水 哲朗、以下「アプラス」)は、本日より、日本初(注2)となるビットコインが貯まる(注3)「bitFlyer クレカ」の提供を開始します。
引用元:日本初!ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」の提供を開始 期間中還元率が最大2.5 %になる入会キャンペーンも展開|PRTIMES

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

bitFlyerの評判・口コミ

アイコン

評価

5

ビットフライヤーを2年ほど利用しております。ビットコイン等の取引だけでなく、無料でビットコインがもらえる点も満足できます。具体的には、Yahooや楽天での買い物をビットフライヤーを経由するだけで、数パーセント分ですが、後日ビットコインが付与されるので、毎日使っております。今後もアルトコインの取引も含めて使用させていただきます。

アイコン

評価

5

口座開設がとても簡単でした。アプリをダウンロードした後、必要な事項を入力した後に、本人確認書類をダウンロード、顔認証をして完了。これだけですぐに口座開設が出来るので、とても簡単に口座開設が出来るので、すぐに始められます。
セキュリティーも万全になっているので、国内でも安心して使える取引所の最大手だと思います。使いやすさもありますので、初心者にも優しいところです。

アイコン

評価

3

主にビットコイン取引に使っていたのだが、使っている時には気にしていなかったが取引手数料が無料の取引所もあり、手数料を節約したい人は他の取引所も選択肢に入れてもいいかもしれません。アプリで簡単に取引できるメリットが大きいのでそこは割り切って使っていました。ただ出金手数料が高い!三井住友銀行以外だと最低でも1回550円かかる。頻繁な出金をする人には向かないかもしれません。

アイコン

評価

1

取引銘柄に関しては特に多いというわけではなく国内取引所で見かける一般的な銘柄が揃っています。手数料が高くても国内では珍しいアルトコインを取引できるなら魅力がありますがそうではないので意味がありません。むしろアルトコインのスプレッドが重いのでアルトコインを扱いたいならなおさら他の取引所を検討するべきだと思います。

アイコン

評価

5

bitFlyerは、日本・米国・ヨーロッパにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得している仮想通貨交換業者です。それぞれの国では仮想通貨交換業のライセンス制度が導入されており、セキュリティ基準や経営体制などの整備が審査要件となっています。 仮想通貨に対する規制が厳密になる中、グローバル基準のサービスを受けることができる仮想通貨取引所です

 

アイコン

評価

5

とても使いやすいし、見やすいと思いますが、銘柄を任意に順番を変えられたら便利と思いました。例えばイーサを1番上に、2番目をクラシックにしたり自由に出来たらいいと思いました。上昇率で揃えて降順で一覧出来たりもしたらいいと思います。

引用元:GooglePlay Store

 

アイコン

評価

2

買いたい時に買えないことがあることが分かった。 販売所で買おうとしたがまる2日買えずにタイミングを逃した。 取引不成立とだけ表示されるからなぜ買えないのか分からない。 現物以上にタイミングを気にしてるから結局買うのをやめた。 買いたい時に買えないとなると、アルトコインは他の証券口座をメインにしようと思う。

引用元:App Store

 

\初心者から上級者までおすすめのbitFlyer/

第5位:LINE BITMAX(ライン ビットマックス)

LINE BITMAX|1円からスタートできる|初心者にもおすすめ
LINE BITMAXの概要
取扱通貨数(販売所) 7通貨
( FNSA, BTC, ETH, XRP, BCH, LTC, XLM)
最低取引数量(BTC) 1円相当額(販売所)
1円相当額 フィンシア( FNSA)のみ (取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) フィンシア( FNSA)のみ
メイカー手数料:-0.01%
テイカー手数料:0.05%
送金手数料 0.001 BTC、 0.005 ETH、 0.15 XRP、 0.001 BCH、 0.001 LTC
入金手数料 無料
出金手数料 LINEPayの場合:110円(税込)
銀行口座の場合:400円(税込)
レバレッジ取引 2倍*(売りのみ)
スマホアプリ LINEアプリ
取引ツール(PC) -
貸暗号資産
(最大利率8%)
積み立て暗号資産 -
2024年2月時点
出典:LINE BITMAX

LINE BITMAXのメリット

  • ◎ 独自仮想通貨「フィンシア( FNSA)」を扱っている
  • ◎ LINEアプリから取引できる
  • ◎ 暗号資産貸出サービス(レンディング)がお得

LINE BITMAXのデメリット

  • △ 取扱通貨数が少ない
  • △ 取引所はフィンシア( FNSA)のみ

LINE BITMAXは、LINE Xenesis株式会社、LINEグループが運営する暗号資産サービスである。特徴は「暗号資産貸出サービス」があることで、保有している仮想通貨をLINE BITMAXに貸し出すことで賃借料を受け取れるというものだ。

暗号資産貸出サービスは他にも対応している取引所はあるが、貸出期間中は売却したくなってもすぐに返却されることは難しい。しかし、LINE BITMAXの場合は希望日から最長でも7日以内に返却されるため、値動きによっては損失を免れたり大きなメリットになるだろう。しかも、最大利率は8%と国内取引所の中では最高水準である。

LINE BITMAXが向いている人

LINE BITMAXが向いている人は、LINEを普段から利用している人

LINE BITMAXが向いている人はLINEを普段から利用している人だ。LINE Payと連携すると本人確認にかかる時間を短縮できたり、入金がスムーズに行える。

LINE BITMAXが向いていない人

LINE BITMAXが向いていない人は、複数の通貨を売買したい人

LINE BITMAXが向いていない人は複数の通貨を売買したい人だ。独自のトークン FNSA(フィンシア)を含め、7種類の銘柄しか取り扱っていない。

LINE BITMAX(ラインビットマックス)の評価ポイント

①独自トークン「フィンシア」を扱っている

国内で唯一独自トークン「フィンシア(FNSA)」の取り扱いがある。フィンシアは2020年に公開されてから、1,300円前後の高推移をキープするほど期待されているトークンである。

②LINE Payとの連携でより便利になる

LINE Payと連携することで、LINE Payからの入金手数料が無料になる。出金手数料も安く、110円でスムーズに行えるなどのメリットがある。

③レンディングの利率が高い

LINE BITMAX の貸出期間は最小1日から可能と柔軟性が高く、FINSCHIA(フィンシア)の場合はプランによっては最大利率8%の貸借料を受け取ることができる。

LINE BITMAXの評判・口コミ

アイコン

評価

5

余計な専用アプリを利用しなくても、既にLINEを使っているのであれば、そこから取引できるのが楽です。面倒なログイン操作を必要とせず、時間や手間がかからないので、扱いやすさが断然と言ったところです。取り扱い通貨は若干少ないですが、画面も見やすく扱いやすさはトップクラスだと思います。

アイコン

評価

4

普段使っているLINEで仮想通貨を取引できると聞き、利用を始めました。LINEPAYも普段から利用していて、資金の入出金がスマホで簡単に行えます。取り扱える仮想通貨の数がそれほど多くないので取引の幅は広くできませんが、ビットコインをメインにしているのでそれほど不満は感じていません。

アイコン

評価

3

Bitcoin取引のために手軽に始められるLine bitmaxを利用しました。同系列のLine証券わ利用していれば登録作業は同じで、非常に簡単に登録する事ができます。入金に関してもとても簡単で、無料なのですが、儲けた分を出金するのに手数料が高いのが難点です

アイコン

評価

5

私が、LINE BITMAXでアプリで良かった内容としましては、便利な日本円での入出金機能があることと、かんたんな暗号資産売買ができることでありました。それに加えまして、安全でスピーディーな暗号資産の入庫、出庫があることや、スマホで簡単な本人認証が最高でした。通常本人認証は、免許証等を写真撮影して送付しないといけないのですが、それをしなくても良い利便性に魅了されました。

アイコン

評価

4

SNS最大手のLINEからの暗号資産売買ツールなのでセキュリティ等安心して使えるのが特徴です。取引通貨も厳選されビットコインは元よりイーサリアム等有名どころを取引できるなど初心者には受け入れやすいアプリだと感じております。またLINKという通貨に関しては他の大手取引所では扱っていないところが多いので、そういうところもねらい目かなと思っています。

アイコン

評価

5

LINE BITMAXなら、普段使っているLINEアプリから取引できます。また、LINE Payを利用することで入出金が簡単にできて、手数料も抑えられるため、LINEサービスを普段から使っている人に向いています。ただし、取扱通貨数が6種類と少ないのがネック。ビットコインやイーサリアムなどメジャーな通貨は取引できるため、メジャー通貨しか取引しないなら問題ありません。

アイコン

評価

4

LINEのアカウントを所持していれば簡単にログインをすることが可能で、比較的すぐに始めることができたのは良かったと思います。LINEを開いてからウォレットを選択すればすぐに始められますし、おすすめです。また、初心者にも優しいようになっており、少額からの取り引きが可能になっているのも素晴らしいと思いました。

\ ウェルカムミッション達成で、FNSA(フィンシア)をプレゼント!/

第6位:Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)
Zaifの概要
取扱通貨数 22通貨
(BTC, XEM, MONA, ZAIF, XCP, FSCC, CICC, NCXC, BCH, ETH, ERC20.CMS, MOSAIC.CMS, XYM, COT, DOT, TRX, MATIC, POLYGON.MV, POLYGON.ROND, DEP, KLAY, MBX)
最低取引数量(BTC) 0.001 BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) maker0%
taker0.1~0.3%
送金手数料(BTC) 0.0001~0.01 BTC
入金手数料 0円~605円
出金手数料 385円~770円
レバレッジ取引 -
貸暗号資産 -
積み立て暗号資産
2024年2月時点
出典:Zaif

Zaifのメリット

  • ◎ 取引手数料が安い
  • ◎ 独自の通貨を購入できる
  • ◎ TradingViewが利用できる

Zaifのデメリット

  • △ ユーザー数が少ない
  • △ 過去にハッキング被害を受けた事例がある
  • △ スプレッドが広い

Zaif(ザイフ)は株式会社カイカエクスチェンジが運営する日本の仮想通貨取引所の1つである。22種類という幅広い通貨で取引が可能です。

ビットコインやイーサリアムなどの有名な銘柄から、カウンターパーティやザイフなどの独自通貨も取り扱っているのが特徴です。

また取引手数料も安くなっており、世界的に有名なチャート提供サービスであるTradingViewが利用できます。

通常TradingViewで全機能を利用するには、有料サービスに申し込む必要があるのですが、Zaifで無料にて利用できるためお得となっています。

デメリットとしては、コインチェックやbitFlyerなどの大手仮想通貨取引所と比較すると、ユーザー数がまだまだ少ない点があるため、取引所で取引を始めたい方にはあまり向いていないといえるでしょう。

第7位:SBI VCトレード

SBI VCトレード|暗号資産もSBI|取り扱い通貨全20銘柄
(画像=SBI VCトレード公式HPより)
SBI VCトレードの概要
取扱通貨数 23通貨
(BTC, ETH, XRP, LTC, BCH, DOT, FINSCHIA, AD, DOGE, XLM, XTZ, SOL, AVAX, MATIC, FLR, OAS, XDC, SHIB, DAI, ATOM,APT,HBAR,ZPG)
最低取引数量(BTC) 販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker -0.01%,
Taker 0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ VCTRADE mobile
取引ツール(PC) VCTRADE web
貸暗号資産
積み立て暗号資産
2024年2月時点
出典:SBI VCトレード

SBIのメリット

  • ◎ 運営者がSBIグループなので安心感がある
  • ◎ 取引手数料が無料
  • ◎ スプレッドが狭い

SBIのデメリット

  • △ 取扱通貨数が少ない
  • △ 流動性が低く約定しにくいことがある
  • △ 定期メンテナンスがある

SBI VCトレードは、メガバンクのSBIグループに属する仮想通貨取引所です。信頼性が高く、初心者でも安心して利用できるでしょう。

日本円の入出金は無料で取引手数料もかからないので、余分な出費によるプレッシャーを感じることなく、気軽に仮想通貨の取引ができるでしょう。

SBI VCトレードが向いている人

SBI VCトレードが向いている人は、販売所での取引をメインにしたい人

SBI VCトレードが向いている人は販売所での取引をメインにしたい人だ。取引所で発生するスプレッドが狭く、業界最狭水準となっている。

SBI VCトレードが向いていない人

SBI VCトレードが向いていない人は、24時間取引可能な取引所が良い人

SBI VCトレードが向いていない人は24時間取引可能な取引所が良い人だ。毎週水曜日の午前12時~午後1時に定期メンテナンスがあるため、その時間は取引をすることができない。

SBI VCトレードの評価ポイント

①各種手数料が安い

入金・出金手数料が0円で、余計な費用を抑えることができる。

②少額投資が可能

現物取引は販売所形式、取引所形式どちらも約100円から投資が可能。レバレッジ取引も約100円から開始できる。

③スプレッドが狭い

販売所形式で取引する際、実質的な取引手数料であるスプレッドが業界最狭水準になっている。

SBI VCトレードの評判・口コミ

はらさんさん

5

暗号資産(仮想通貨)の取引で利益をあげたとしても出金時に無駄な手数料で余分に取られたく無いです。下の表を見て分かるように、往信SBIネット銀行を使用して出金した場合出金額に関わらず50円だけで済みます!また、取引手数料や入金手数料などは無料とお得になっています。

はじめさん

3

手数料の負担が少ないという面ではメリットがあると思います。取引手数料や入金手数料は全て無料ですし、出勤の際もSBIグループの銀行を利用していれば50円で済むということで、ほとんど負担がありません。しかし、取引通貨の種類はわずか3種類しかなく、他の種類の通貨を取引してみたいという方にはおすすめできません。

なる巻きさん

5

同社サービスの最も大きな特徴としましては100倍までの高レバレッジをかけられますので一攫千金を狙った高リスクな取引が可能です。また、クレジットカードでの入金も可能となりますので実質的にはクレカの与信枠を投資に回すことが可能です。メンテナンスは不定期で実行されますがその際にも普段と変わらず売買はできますのでご安心下さい。唯一の欠点といたしましては基本的にfx取引に向いた取引所です。

ムラスターZさん

5

チャート分析用のツールや使い方動画なども公開されており初心者でも不安なく売買が可能です。また、売買スプレッドも大変安く、スワップポイントも業界最高水準のため継続して利用するつもりです。数多くの仮想通貨を取り扱いがあり今年3月からは計12種類の仮想通貨が現物、FXの両方で取り扱いが可能です。前者の場合は単なるキャピタルゲインに限らず保有し貸しコインとして貸し出しを行う場合には金利が別途つくのが良い。

ストロベリーさん

5

通常は米ドル円で1通貨あたり0.2銭という廉価な売買スプレッドですが現在ではキャンペーンレートを適応されており0.1銭までスプレッドが短縮されております。全15通貨ペアに対して実施されておりますので大変お得に売買が可能です。その他スワップポイントにつきましても業界の中でもかなり高水準となっておりメキシカンペソ円、トルコリラ円などを取引しておりますが不満はありません。本当に満足しておりまして継続利用

ナカシマさん

3

PCでの取引は特に問題はないけどAndroidアプリでは正直言って使えない、水平線やトレンドラインを引いてもアプリを閉じるだけですべての線が消えてしまっている。さらに、15分に1回程度の頻度でアプリに問題が発生して落ちます。sbiで取引するとなればスマホ取引はおすすめしないです。

30代/女性 正社員

4

もともとSBIの口座をもっていたので、即座入金ができるのがよくてこちらでお取引することに決めました。取り扱い通過が少ないので、最初は少し不便を感じていたのですが、初心者ならこれで十分かなと思いました。いつもはスマホアプリでやっているのですが、そちらもとても使いやすく便利だと感じています。最低500円からお取り引きできるので、初心者でもこれなら安心ですね。

30代/男性 個人事業主

4.5

私が、SBI VCトレードを使わせて頂く中で非常に良かった内容としましては、暗号資産におけるフルラインナップサービスを提供して頂けると言う内容でありました。まずは、各種取引手数料が無料であること、現物取引、レバレッジ取引が可能であると言うこと、安心安全なセキュリティの中でできることが素晴らしいと思えました。

40代/女性 契約社員

4

仮想通貨を貸し出して利用料を得られる、貸暗号資産サービスのVCTRADELDがあるので口座を開設してみました。 VCTRADELDのサービスを利用することで、利益がマイナスの時も放置しているだけでお金が増えるので精神的に苦しくありません。大手証券会社であるSBI証券の展開する取引所なのでセキュリティが高く安全です。住信SBIネット銀行との連携により口座への入金もスムーズで、とても気に入っています。

40代/男性 個人事業主

4

暗号通貨という先進的な題材を取り扱うからでしょうか、サイトのデザインがなかなかクールで先進的です。取引手数料と入金手数料が無料なのは良いですね。ログイン時のパスワードセキュリティもあり、大手が運営しているという安心感もあります。一部の暗号資産の移管がまだ対応されていないようなので早急な対応を期待したいです。

第8位:BitTrade(ビットトレード)

Bittrade|取り扱い銘柄数ランキングNo.1
(画像=BitTrade公式HPより)
BitTradeの概要
取扱通貨数 39通貨
(BTC, ETH, XRP, BSV, DEP, ASTR, ATOM, COT, JASMY, LTC, FLR, HT, ADA, ETC, DOT, ENJ, IOST, XYM, BCH, TRX, XTZ, QTUM, OMG, BOBA, BAT, XLM, XEM, LSK, ONT, EOS, DOGE, SHIB, SAND, AXS, MKR, DAI, MATIC, PLT(取引所のみ), MONA(取引所のみ))
最低取引数量(BTC) 販売所:0.0005 BTC
取引所:0.00001 BTC
取引手数料(販売所) (BTC)Maker 0.00・Taker 0.00%
取引手数料(取引所) Maker:0.000~0.200%
Taker:0.000~0.200%
※コインにより違います
送金手数料 0.0005 BTC
入金手数料 無料
出金手数料 330円(税込)
レバレッジ取引 2倍
スマホアプリ 暗号資産(仮想通貨)取引ならBitTrade
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 あり
積み立て暗号資産 あり
2024年2月時点
出典:BitTrade

BitTradeのメリット

  • ◎ 親会社が世界最大級の中国取引所
  • ◎ 独自トークンを保有すると手数料が割引される
  • ◎ 取引所の通貨ペアが多い

BitTradeのデメリット

  • △ 取引量が少ない
  • △ 定時メンテナンスがある
  • △ パスワード変更後24時間は出金できない

Huobiグループは世界中で仮想通貨事業を展開している取引所だ。中でも「Huobi Global」は取引高が世界トップ3に入るほどの人気を誇っている。

Huobiはフォビトークン(HT)という独自のトークンを持っており、これを保有していると取引手数料が安くなるなどのメリットがある。また、セキュリティ面でも2019年に第三者機関から世界最高水準のお墨付きを受けており、コールドウォレットやに段階認証などの技術が導入されているため、安心して取引できるだろう。

BitTradeが向いている人

BitTradeが向いている人は、さまざまな銘柄の組み合わせで取引したい人

BitTradeが向いている人はさまざまな銘柄の組み合わせで取引したい人だ。取扱い銘柄数は39種類と国内最多を誇っている。

BitTradeが向いていない人

BitTradeが向いていない人は活発に板取引をしたい人だ。取引高が少ないため、約定しにくいことがあります。

BitTrade(ビットトレード)の評価ポイント

①取扱通貨の種類の多さ

親会社にあたるHuobi Globalは400種類以上の仮想通貨を取り扱っており、日本法人であるBitTradeも国内取扱通貨数は全部で39銘柄と種類が多い。

②セキュリティ面も充実

Huobiは世界中に展開している大手であり、多くの取引所で採用されている「コールドウォレット管理」を採用するなどセキュリティ面で世界トップクラスの定評がある。

③スマホアプリで手軽に取引できる

使いやすいスマホアプリがあり、パソコンを使わず手軽に取引を完結することができる。また高機能なチャート分析機能などの機能のアップデートも多い。

BitTradeの評判・口コミ

アイコン

評価

4

仮想通貨をアプリで取引したい方におすすめです。ビットコインやイーサリアムの投資を2円から開始できるので、初めて仮想通貨を取り扱う方でも安心です。リアルタイムのチャートが使えるため、タイムリーな相場チェックをスマートフォンからいつでも行えます。ビットコインをメインに取引していますが、何ら不自由なく売買できています。

アイコン

評価

3

まだ素人使用ですが、海外の人に示されて今は途中で止めている。 しかし、使いやすいイメージがありました。

引用元:GooglePlay Store

 

第9位:BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイント|出来高ランキング3つの暗号資産の部門でNo.1|最短営業日には取引をスタート
(画像=ビットポイント公式HPより)
ビットポイントの概要
取扱通貨数(販売所) 21通貨
(BTC, GXE, SHIB, MATIC, KLAY, DEP, JMY, ADA, ETH, TRX, XRP, IOST, DOT, FNSA, BCH, BAT, LTC, FLR, ATOM, TON, TSUGT)
取扱通貨数(取引所) 11通貨
(BTC, ADA, ETH, TRX, XRP, LTC, BCH, BAT, IOST, DEP, SHIB)
最低取引数量(BTC) 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 最大2倍
スマホアプリ BITPOINT(ios/Android)
取引ツール(PC) WEB取引ツール・BITPOINT PRO
貸暗号資産
積み立て暗号資産 -
2024年2月時点
出典:BITPOINT

ビットポイントのメリット

  • ◎ TRX(トロン)の取扱いがある
  • ◎ ポートフォリオを閲覧できる
  • ◎ アルトコインでレバレッジ取引できる

ビットポイントのデメリット

  • △ 取扱通貨数が少ない
  • △ スプレッドが広い
  • △ 問い合わせの返信が遅いことがある

ビットポイントも安全性が高いと謳っている仮想通貨取引所だ。同社は社内でのシステムの脆弱性テストや第三者によるシステム監査などによって、セキュリティ体制の強化を図ってきた。強固なセキュリティの裏付けとして、2018年10月11日付で情報セキュリティ格付会社のアイ・エス・レーティングから、「A(シングルエー)」の評価を得た。「A」格付は、金融・証券業のセキュリティとして求められる水準であり、安心して取引を行うことができると考えていいだろう

中でもホットウォレット(オンライン)による暗号資産の管理は、独自の管理システムで対応している。マルチシグ対応・不正な外部侵入に対する防御体制・SLL暗号化の採用と併せて、堅牢なセキュリティ体制の基盤となっている。

BITPOINTが向いている人

BITPOINTが向いている人は、保有している通貨をアプリで管理したい人

BITPOINTが向いている人は保有している通貨をアプリで管理したい人だ。BITPOINTアプリでは自分の保有している通貨の状況をポートフォリオとして、簡単に確認することができる。

BITPOINTが向いていない人

BITPOINTが向いていない人は、素早いサポートを求めている人

BITPOINTが向いていない人は素早いサポートを求めている人だ。公式のフォームから問い合わせることができるが、返信に時間がかかることがある。

BITPOINT(ビットポイント)の評価ポイント

①トロン(TRX)の取扱いがある

トロンは創業者がジャスティン・サンという業界を盛り上げる著名人のため、2017年末にリリースされた際から注目を集めている通貨だ。2021年3月にBITPOINTが初めて国内で取引を開始した。

②各種手数料が無料

入出金手数料、取引手数料ともに無料。即時入金では24時間すぐに取引をすることができる。

③貸して増やすサービスがある

保有している仮想通貨を取引所へ貸し出すことで賃貸料を受け取れるサービスがある。全部で11種類の通貨が対応している。

BITPOINTの評判・口コミ

アイコン

評価

5

取引きできる通貨が非常に多く手数料も安いためとても使いやすく便利!!サイト自体も非常に見やすく使いやすいつくりになっていてとても親切極まりない!!お金の管理がしやすく一目で何がどうなったかわかるので取引きしやすくとても重宝する!!これからもずっと使っていきたい

アイコン

評価

4

仮想通貨取引を初めて1年ほどですが、いくつかの取引所に口座を作りましたがビットポイントが一番使い安いです。チャートも見やすいし、入出金などの操作も分かりやすいです。ただ、アプリから円を即時入金すると、入金完了の画面で突然文字化けして入金したお金が反映されなくて翌営業日の午後まで待つしかない状態に何回かなったことがあります。パソコンでやると即時入金できるのですが。円の入金手続きはアプリではしないほうがいいかもしれません。

アイコン

評価

3

アプリケーションの場合ですと、ブラウザで使えるような機能が使えなかったのがちょっと残念だったかなと思います。bitpoint proであるのなら、注文方法も豊富にあり、損益の具体的な数値も里合うタイムで見れるのですが、アプリだとそのあたりがわからないと言ったところが多々あります。
手数料や値幅の狭さと言ったところは大きな魅力があるだけに、ちょっともったいないなという感じです。

アイコン

評価

4

アプリが重いのがネック。 板取引もアプリからはできません。 気づかず高いスプレッドを払い続けている人も多いのではないのでしょうか? ただその点を抜いて考えると送金無料なのはとてもすばらしいし、開設だけでも3000円分配布があったりと仮想通貨に投資を始めるには良いと思う。

引用元:GooglePlay Store

 

第10位:bitbank(ビットバンク)

ビットバンク|ワンタップでビットコインが買える取引所
(画像=ビットバンク公式HPより)
ビットバンクの概要
取扱通貨数 38通貨
(BTC, XRP, LTC, ETH, MONA, BCC, XLM, QTUM, BAT, OMG, XYM, LINK, MKR, BOBA, ENJ, MATIC, DOT, DOGE, ASTR, ADA, AVAX, AXS, FLR, SAND, APE, GALA, CHZ, OAS, MANA, GRT, RNDR, BNB, ARB, OP, DAI, KLAY, IMX、MASK)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
(一部銘柄を除く)
取引手数料(販売所) メイカー: -0.02%
テイカー: 0.12%
(一部銘柄を除く)
送金手数料 0.0006BTC
入金手数料 無料
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
レバレッジ取引 -
スマホアプリ 仮想通貨 bitbank ビットコイン・リップル 取引所(ios/Android)
取引ツール(PC) ブラウザ上で使えるツールあり
貸暗号資産 -
積み立て暗号資産 -
2024年2月時点
出典:bitbank

ビットバンクのメリット

  • ◎ チャートが見やすい
  • ◎ 取引所で取引できる通貨が多い
  • ◎ セキュリティが強固

ビットバンクのデメリット

  • △ レバレッジ取引ができない
  • △ レンディングサービスの年率が低い
  • △ 出金手数料が高い

ビットバンクの最大のセールスポイントは、仮想通貨取引量が国内第1位であることだ。ビットコイン取引のリーディングカンパニーとして、シンプルで使いやすく、高機能なトレーディングプラットフォームを装備していることも、人気の理由の一つだろう。

ビットコインの他に、流通量の多いリップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインに加えて、日本発のアルトコインであるモナコインも取り扱っている。2018年11月5日には、ビットバンクのホームページで、ビットコインキャッシュ取引量の国内第1位達成が公表されている。

2018年10月に「ICORating」取引所セキュリティレポートで国内第1位の評価を受けており、信頼性も高い取引所だ。こうした評価の裏付けとなっているのが、コールドウォレットによる顧客資産管理と、ビットコインセキュリティ専門企業「BitGo」との提携によるホットウォレットの安全性確保など、最先端のセキュリティを備えた体制だろう。

仮想通貨交換所「bitbank」を運営するビットバンク株式会社は10月10日、ICOの分析研究を行う独立した評価機関であるICORatingの取引所セキュリティレポートにて国内No.1の評価を受けたことを発表した。また11日、仮想通貨交換所「BITPOINT」を運営する株式会社ビットポイントジャパンが情報セキュリティ格付を行う株式会社アイ・エス・レーティングの情報セキュリティ格付けにより「A」(シングルエー)の格付けを取得したことを発表。
引用元:仮想通貨交換所「bitbank」「BITPOINT」が第三者機関によるセキュリティ評価で高評価|仮想通貨Watch

引用元:ビットバンク

bitbankが向いている人

bitbankが向いている人は、強固なセキュリティを求める人

bitbankが向いている人は強固なセキュリティを求める人だ。「ICORating」の取引所セキュリティレポートで高評価をされるなど、最先端のセキュリティを備えている。

bitbankが向いていない人

bitbankが向いていない人は、短期レンディングで稼ぎたい人

bitbankが向いていない人は短期レンディングで稼ぎたい人だ。満期が1年となっており中途解約には手数料が発生するため、短期で増やすことは難しい。

bitbank(ビットバンク)の評価ポイント

①最先端のセキュリティ体制

ICORatingという第三者機関が実施する取引所セキュリティレポートで、2018年10月に国内No.1のセキュリティの高さを評価された。オフラインコールドウォレットやマルチシグ機能によって対策を行っている。

②チャートが見やすい

見やすく安定したチャートは24時間リアルタイムで稼働。最新価格をもちろん、指定範囲の最高値・最安値などの確認もできる。

③取引所で取引できる通貨ペアが多い

取引所形式で取引できる通貨は32種類で、販売所でも32種類取引ができる。

bitbankの評判・口コミ

アイコン

評価

5

仮想通貨元年と言われた頃からのつきあいです。世界中でICOが盛んにおこなわれ、日本ではまだ仮想通貨を購入したり保管したりできる会社(ウォレット)はほとんどありませんでした。当時の口座開設の目的は、海外の取引所へのビットコインとイーサリアムの送金目的でしたが。今では送金も売買もせず、定期預金口座みたいになっています。

アイコン

評価

5

ビットバンクを利用する上で最高だと思えた内容の一つとしましては、まずは、セキュリティが固くて堅牢であると言うことでありましたワンタップでビットバンクが貯めれる場所でありながらも、セキュリティの頑丈さについては、国内でナンバーワンを獲得しておりますので、安心してオンライン上で取引をすることができる点が優れているポイントの一つです。他にも取引量が多くて安定していることや、アルトコインについて板取引できること、リアルタイムに入金できる等でした。

アイコン

評価

3

初心者には少しだけ見づらく難しく感じる面もあるかも。初心者・中級者・上級者…と自分に向いてるレイアウトに変えられたりしたら更に良いかもね。重さとかは感じないし、そういった点では素晴らしく使いやすい。

引用元:GooglePlay Store

 

仮想通貨取引を始める前に知っておくべきこと

選ぶ際に見るべき基準とは別に、仮想通貨取引を始める前に知っておくべきことを3つ紹介する。

仮想通貨はスプレッドが安い取引所で売買するべき

仮想通貨取引には販売所取引と取引所取引の二種類があるが、スプレッドが安い取引所で売買するべきである。理由は、販売所よりも取引所の方が手数料が安いからだ。

まず、販売所と取引所の違いについて説明する。

  販売所 取引所
特徴 仮想通貨取引所とユーザー間で取引をする ユーザー同士で取引をする
メリット ・取引が簡単
・注文がその場で成立する
取引手数料が安い
デメリット 取引手数料が高い ・成行や指値で注文する必要があり、やや複雑
・指値の場合は注文が成立しない場合もある
手数料の種類 販売所取引手数料+スプレッド 取引所取引手数料

販売所は、CoincheckやGMOコインといった暗号資産交換業者とユーザーが取引を行う。一方、取引所はユーザー同士が取引をするという違いがある。

また、販売所での取引にかかる手数料は販売所取引手数料とスプレッドだが、取引所での取引にかかる手数料は取引所取引手数料のみという違いがある。スプレッドとは、売値と買値の差額のことで、実質的な手数料として捉えられている。

例えば、各暗号資産交換業者におけるビットコインの販売所手数料、スプレッド、取引所手数料を比較してみる。
スプレッドは、NET MONEY編集部が2023年11月23日から11月30日の間に実施した5回の調査の平均を紹介する。

・ビットコインの販売所手数料、スプレッド、取引所手数料の比較

  販売所手数料 スプレッド
(5回調査の平均)
取引所手数料
Coincheck 無料 5.8% Maker:0.000%
Taker:0.000%
DMM Bitcoin(※) 無料 3.9% ¥73/0.001 BTC
(BitMatch注文)
bitFlyer 無料 5.8% 約定数量×0.01~0.15%
GMOコイン 無料 4.8% Maker:-0.01%
Taker:0.05%
LINE BITMAX 無料 2.8% -
BITPOINT 無料 5.7% 無料
SBI VC Trade 無料 4.4% Maker:-0.01%
Taker:0.05%
BitTrade 無料 4.5% Maker:0.000%~0.000%
Taker:0.000%~0.000%
bitbank 無料 4.8% Maker:-0.02%
Taker: 0.12%
Zaif 無料 5.9% Maker: 0%
Taker : 0.1%
(※)DMM Bitcoinは取引所が無いため、BitMatch注文の手数料を紹介しています。
2024年5月時点
引用元:CoincheckDMM BitcoinbitFlyerGMOコインSBI VC TradeBITPOINTLINEBITMAXビットバンクBitTradeZaif
  販売所手数料 スプレッド
(5回調査の平均)
取引所手数料
Coincheck 無料 5.8% Maker:0.000%
Taker:0.000%
DMM Bitcoin(※) 無料 3.9% ¥73/0.001 BTC
(BitMatch注文)
bitFlyer 無料 5.8% 約定数量×0.01~0.15%
GMOコイン 無料 4.8% Maker:-0.01%
Taker:0.05%
LINE BITMAX 無料 2.8% -
BITPOINT 無料 5.7% 無料
SBI VC Trade 無料 4.4% Maker:-0.01%
Taker:0.05%
BitTrade 無料 4.5% Maker:0.000%~0.000%
Taker:0.000%~0.000%
bitbank 無料 4.8% Maker:-0.02%
Taker: 0.12%
Zaif 無料 5.9% Maker: 0%
Taker : 0.1%
(※)DMM Bitcoinは取引所が無いため、BitMatch注文の手数料を紹介しています。
2024年5月時点
引用元:CoincheckDMM BitcoinbitFlyerGMOコインSBI VC TradeBITPOINTLINEBITMAXビットバンクBitTradeZaif

各暗号資産交換業者で販売手数料は無料となっている。スプレッドの平均は2.8%~5.9%取引所手数料は-0.02%~0.15%となっている。

このように、取引所での取引の方が、販売所での取引に比べて手数料が安いことが分かる。

手数料の差は長期投資において大きな影響を及ぼすため、より低い手数料の取引所での取引が推奨される。投資効率を高めるためにも、手数料の低い取引所を選択するべきである。

\取引所のBTC取引手数料が無料!/

仮想通貨は価格変動が激しいので変動リスクに備える

仮想通貨は価格変動が激しいため、大きなリターンを期待できる一方で、資産が大きく減少するリスクも伴う。そのため、初心者はこの価格の変動リスクに備える必要がある

タイミングによっては、価格が大きく下がる場合もある。例えば、ビットコインは2024年4月12日から4月14日の2日間で最大約13%価格が下落している。

ビットコインチャート、4月12日から4月14日の間に13%の下落
(出典:CoinMarketCap

このような10%以上の日々の価格変動は珍しくない。

こうした変動リスクへの備え方は「余剰資金で投資する」、「少額投資から始める」、「レバレッジ取引をしない」の3つだ。

備え方1:必ず余剰資金で投資する

仮想通貨投資には、日常生活や短期的に必要な資金を使わず、余剰資金のみを使用しよう。生活費を投資して大きく損をすると、生活を維持できなくなるからである。

備え方2:少額投資から始める

仮想通貨投資は、少額取引から始めよう。少額から始めることで、リスクを抑えながら仮想通貨取引に慣れることができるからである。

例えば、一度にまとまった資金を投資すると、高値での一括投資による損失リスクが大きくなる。しかし、定期的に均等な金額を投資することで、仮想通貨の平均購入価格を抑え、リスクを避けることができる

少額ずつ、時間をかけて分散投資を行うことで、仮想通貨の価格変動が大きいというリスクに対処しよう。

備え方3:レバレッジ取引を避ける

初心者は、レバレッジ取引をしない方が安全である。レバレッジを利用すると、小さな市場の変動が大きな損失につながるリスクがあるからだ。

仮想通貨市場は予測が難しく、経験豊富な投資家であっても予期せぬ損失を被ることがある。したがって、初心者はレバレッジを避け、市場の動きに慣れることから始めるべきである。

まずは、余剰資金で現物取引を経験し、仮想通貨の相場や取引の仕組みをしっかりと理解してから、レバレッジ取引を行うようにしよう。

\Coincheckで毎月自動積立!/

海外の仮想通貨取引所の利用はリスクが大きい

海外の仮想通貨取引所の利用はリスクが大きいことを知っておくべきである。

海外の仮想通貨取引所を利用することリスクが大きい理由は、それらが金融庁の認可を受けていないことにある。
日本における金融庁の認可は、取引所の信頼性と安全性を保証する重要な指標である。認可されていない取引所では、投資家保護の観点から見て、リスクが高まる。

特に、資金の安全性や取引の透明性に関する懸念が生じる。万が一経営破綻や不利益を被ったとしても救済は極めて難しく、自己責任となる。

そもそも、日本で金融商品取引業や暗号資産交換業を行うことは法律違反に該当し、金融庁は登録を受けていない業者に対して以下のような説明をしている。

日本の居住者を相手に、株取引やFX取引、暗号資産取引などの金融商品取引業・暗号資産交換業を行う者は、日本の法令に基づき、登録を受ける必要があります。
登録にあたっては、虚偽表示や誇大広告の禁止や投資者等から預かった資産の分別管理、トラブル時の対応窓口の設置、システムの安全稼働のための管理など、投資者等の保護のための態勢を整備することが求められます。
登録を受けていない「無登録業者」は、投資者等の保護のための態勢が確保されているか当局では確認できず、登録を受けている業者と同等の態勢が整っていない可能性が高いと考えられます。
また、預けた資金を出金しようとしたときに、これまで出金ができていたにもかかわらず、出金の拒否や法外な出金手数料を請求されたりするほか、これまで連絡が取れていたのに急に連絡が取れなくなるなどといったトラブルに遭ったという声が多く寄せられています。

引用元:金融庁

日本では取引できない通貨が海外の取引所で取引できることにメリットを感じて利用するケースがあるが、利用の前にはリスクがあることを十分に知っておくべきである。

投資スタイル別おすすめ仮想通貨取引所ランキング

ここからは、投資スタイル別のおすすめ仮想通貨取引所ランキングを紹介する。

投資スタイルによって、仮想通貨取引所で重視すべき点が異なる。例えば、短期売買を行う場合は、取引所の取扱通貨数や取引手数料が重要である。一方、長期保有を考えている場合は、貸暗号資産やステーキングサービスの有無がポイントになる。

自分の投資スタイルに合った仮想通貨取引所を選ぶことで、手数料を節約したり、運用利回りを得たりすることが可能である。さらに、投資スタイルに応じて複数の仮想通貨取引所を使い分けることを推奨する。

短期売買におすすめの仮想通貨取引所

短期売買におすすめの仮想通貨取引所は、取引所の手数料と取扱通貨数の2つのポイントで比較する。

短期売買とは、一般的に数分から数週間の間に頻繁に売買を行う投資方法である。仮想通貨の価格変動の大きさを利用して、チャート分析に基づき、安値で購入して高値で売ることで利益を得る可能性がある。

短期売買では、取引手数料の低い取引所で取引することが前提となる。そのため、取引手数料が低い取引所を選ぶことで有利になる。また、価格変動の機会を逃さないためには、取引所が取り扱う通貨の数も重要となる。