バイナリーオプションおすすめ口座比較【2024年最新】
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションを始めるなら、取扱通貨ペア数が多くてオプションの種類が選べる口座が初心者に向いています。また、安全性の観点から金融庁からの認可を受けている国内FX業者が提供している口座を選ぶようにしましょう。

この記事では、国内FX業者のバイナリーオプションのおすすめ口座を徹底比較します。

  1. バイナリーオプションおすすめ口座比較
    1. GMO外貨「オプトレ!」
    2. GMOクリック証券「外為オプション」
    3. 楽天FX「らくオプ」
    4. 外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー」
    5. IG証券「バイナリーオプション」
  2. バイナリーオプション口座の選び方
    1. 通貨ペアの多い会社を選ぶ
    2. ツールが使いやすい会社を選ぶ
    3. レンジオプションの取扱もある会社を選ぶ
    4. 回号数が多い会社を選ぶ
  3. バイナリーオプションとは?わかりやすく解説!
    1. バイナリーオプションの取引時間
    2. これだけは覚えておきたい!バイナリーオプションの基本用語
    3. バイナリーオプションとFXの違い
  4. バイナリーオプションのメリット
    1. ルールがシンプル
    2. 少額から始められる
    3. 市場の変動が小さくても利益が狙える
    4. 損益をコントロールしやすい
  5. バイナリーオプションのデメリット
    1. 短期間で大きな利益は狙いにくい
    2. 取引できる回数が限られる
    3. ポジションを長期的に保有できない
    4. ギャンブル化してしまう可能性がある
  6. バイナリーオプションは本当に儲かる?
  7. 海外のバイナリーオプション業者には注意!
  8. 【初心者必見】バイナリーオプションの口座開設の手順をわかりやすく解説!
    1. 公式サイトにアクセスする
    2. 口座開設の申し込み用フォームに必要事項を記入する
    3. 本人確認書類を提出する
    4. 口座開設の審査完了後にログインする
    5. 知識確認テストを受けて取引を開始する
  9. FAQ
    1. もうけるならバイナリーオプションはおすすめなのか?
    2. バイナリーオプションは初心者に向いているのか?
    3. バイナリーオプションで勝つのに必要なことは?
    4. バイナリーオプションはスマホでも始められる?
    5. バイナリーオプションでデモトレードを行うことは可能?

バイナリーオプションおすすめ口座比較

ここでは各FX会社のバイナリーオプション口座の特徴を比較表でまとめています。

Pick Up!

GMO外貨
大人気ネット証券!

  • GMO外貨
    大人気ネット証券!

    GMO外貨キャンペーン
  • 商品数 取引ツール 口座開設
    業界No.1 初心者から
    大好評※2
    最短30分
    取引開始
GMO外貨開設方法

\大人気ネット証券!/

アイコン
上の表から、GMO外貨の「オプトレ!」が一番取引できる商品数が多いので、利用する通貨やオプションの種類が決まっていない初心者にもおすすめだにゃ!

GMO外貨はメジャー通貨である円やドル、ユーロはもちろん、豪ドル、ニュージランドドルといった国内FX業者の中では珍しい通貨も取り扱っています。

GMO外貨は、取引ツールが使いやすいのに加えてレンジオプションの取り扱いもあるので、特に初心者の方に向いています。

\バイナリーオプションデビューするならココ!/

GMO外貨「オプトレ!」

オプトレ!はGMO外貨が提供しているバイナリーオプションです。

オプトレ!おすすめポイント
画像=NET MONEY編集部

「オプトレ!」のメリット

  • 国内最多の8通貨ペア
  • 2種類のオプションを提供
  • 取引画面がシンプル

「オプトレ!」のデメリット

  • バイナリーオプション取引画面からテクニカル分析することができない
国内最多の8通貨ペア+2種類のオプション提供

オプトレ!は通貨ペアが8通貨ペアとなっており、国内のバイナリーオプションの会社で最も取り扱いが多い会社となっています。

また商品もラダーオプションとレンジオプションの2種類が提供されている、数少ない一社です。

ラダーオプションとレンジオプションの違い

レンジオプションはレンジ相場が続く場合に有利に働きます。クリスマスや年末年始など、相場があまり動かない期間に向いている取引手法です。

またワイドレンジ機能で目標レンジを広げることもできるため、低リスクで試してみたい方におすすめな口座です。

取引画面がシンプルで経済指標を確認しやすい

オプトレ!の取引画面は、左側に購入履歴や経済指標などの機能の一覧が集約されているため、初心者でも使いやすい設計になっています。

経済指標は重要度を星3つの範囲で確認することができます。国や重要度によって絞り込み検索をする機能も備わっています。

オプトレ!の経済指標の確認画面

バイナリーオプションのように短期的な取引の場合は、経済指標を追うことはとても大切なので、常に確認するようにしましょう。

判定レートはラダーは6種類、レンジは5種類提供されているため、ある程度広い範囲から2時間の値動きを予測することができるようになっています。

オプトレ!(レンジオプション)

レンジオプションの画面は、初心者でもどの範囲で設定するとどのくらいのリターンが見込めるのか想像しやすいでしょう。

テクニカル分析はオプトレ!画面上からはできない

オプトレ!のデメリットは「テクニカル分析の機能がないこと」です。

テクニカル分析を行う場合は、GMO外貨のFX取引用の画面に移動して行う必要があります。GMO外貨の取引用のツール「Exチャート」であれば、全36種類の豊富なテクニカル指標が利用できます。

また、最大6画面の分割が可能なので、異なる通貨ペアでチャート画面を複数表示して、同時に分析することができます。FX取引用の画面に移動する一手間が気にならない人は、積極的に利用してほしいツールです。

今開催中のキャンペーン

GMO外貨では、口座開設後の取引量に応じて最大55万円が受け取れるキャッシュバックキャンペーンを行なっています。
最低100万通貨でキャッシュバックが受け取れるため、初心者の方も比較的挑戦しやすいでしょう!

\公式サイトで詳細をチェック/

GMO外貨「オプトレ!」の口コミ

男性 | 30代 | FX歴半年~1年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

シンプルな取引画面と仕組みであったため、慣れれば取引しやすいと感じました。画面をタップするとすぐに注文ができる点もスピード感あって良いと感じました。

男性 | 50代 | FX歴5年以上

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  5.0

商品数の充実度  5.0

利用している理由は、やはりスマホからの取引がスムーズにできるからです。また、締切時間の1分前まで取引が可能なところもおすすめのポイントです。

男性 | 30代 | FX歴半年~1年

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  3.0

初心者でもとてもやりやすいと思います。ギリギリまで買うか捨てるか選択出来ますし、通貨ペアもとても多いです。取引ツールもワイドレンジもあるので初心者の自分でも使いやすかったです。

男性 | 50代 | FX歴2年~3年

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

スプレッドと取引手数料の合計が他の業者よりも低く設定されています。少ない資金で効率的に取引をしたい初心者の方には向いています。

GMO外貨「オプトレ!」の基本情報
サービス名 オプトレ!
取引手数料 無料
オプション種類 ラダー / レンジ
取り扱い通貨ペア数 8通貨ペア
取引額 1口:40円~
ペイアウト額 1口:1,000円(固定)
取引時間 月~金曜日の7:25~翌午前5:25
1日の回号数 11回
デモ口座 あり
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭 原則固定
口座開設日数 最短当日
参照 オプトレ!公式サイト

GMOクリック証券「外為オプション」

外為オプションはGMOクリック証券が提供しているバイナリーオプションです。GMOクリック証券は総口座数が100万口座を突破した(2023年8月2日)人気の証券会社です。

外為オプションおすすめポイント
画像=NET MONEY編集部

\最大55万円キャッシュバック/

「外為オプション」のメリット

  • スマホで分析も取引も可能
  • 取引ツールが見やすい
  • プラチナチャートにワンクリックで飛べる

「外為オプション」のデメリット

  • レンジオプションの取扱は無し
  • 取扱通貨は5銘柄のみ
スマホで分析も取引も可能

外為オプションはスマホでもワンクリックでテクニカル指標の表示が可能です。

先に紹介したGMO外貨のオプトレ!はスマホでのテクニカル指標の表示ができないため、スマホで分析・取引を行う機会が多い方は外為オプションを選ぶのが良いでしょう。

取引ツールが見やすい

外為オプションの取引ツールは色味やUIがわかりやすく、初心者の方でも操作しやすい設計となっています。

実際にNET MONEY編集部が行ったアンケートでは、「シンプルで初心者も直感的に操作できる」「ストレスなく取引できる」といった口コミが多数集まりました。

プラチナチャートにワンクリックで飛べる

テクニカル分析を取引画面から行うことはできませんが、GMOクリック証券が提供している「プラチナチャート」というテクニカル分析用のツールにワンクリックで飛べるようになっています。

7種類のトレンド系指標と6種類のオシレーター系指標が使用できるため、本格的な分析にも有用です。

ファンタメンタルズとテクニカルの両面で分析したい人に向いている口座と言えるでしょう。

レンジオプションの取扱は無し

外為オプションではレンジオプションの取り扱いはありません。

レンジオプションは、相場があまり動かない傾向にある年末年始などに有効な取引方法です。値動きが少ない相場にも対応したい人は、レンジオプションの取り扱いがあるオプトレ!を検討しましょう。

取扱通貨は5銘柄のみ

外為オプションでは5種類の通貨ペアを取り扱っています。他社と比較して多いとは言えませんが、マイナーな通貨ペアにこだわりがない限りは特に気にする必要はありません。

初心者はドル/円やユーロ/円などのメジャーな通貨ペアの取引から始め、マイナーな通貨ペアに興味がある方はオプトレ!も視野に入れると良いでしょう。

現在の特典

GMOクリック証券では、口座開設後の取引量に応じてキャッシュバック特典を行なっています。
55万円を獲得するには少々ハードルが高めに設定されていますが、最低500万通貨以上の取引で条件達成となるため、口座開設して損はありません!

\公式サイトで詳細をチェック/

GMOクリック証券「外為オプション」の口コミ

男性 | 30代 | FX歴1~3ヶ月

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  5.0

商品数の充実度  5.0

取引ツールが直感的に使いやすく、初心者でも安心して利用することができます。取引銘柄が豊富なため、幅広い投資戦略を立てられるのも特徴です。

男性 | 40代 | FX歴1年~2年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

分かりやすい操作方法でストレスのない取引ができるため、初心者の方にも向いています。

男性 | 30代 | FX歴1年~2年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  5.0

手数料の安さ  5.0

商品数の充実度  2.0

取引手数料が無料なので利用しやすいのと、GMOクリック証券らしく取引ツールがシンプルで直感的なので、バイナリーオプション初心者の方でも利用しやすいと思います。

男性 | 30代 | FX歴半年~1年

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  5.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

取引画面が非常に見やすく、スマホでも使いやすいため、初心者でもほとんど迷うことはないと思います。サポート対応も充実していたり、万が一に備えた信託保全も備えているため、安心さを求めたい方にもぴったりです

GMOクリック証券「外為オプション」の基本情報
サービス名 はじめての外為オプション
取引手数料 無料
オプション種類 ラダー
取り扱い通貨ペア数 5通貨ペア
取引額 1枚:50円~
ペイアウト額 1枚:1,000円(固定)
取引時間 月~金曜日の8:00~翌午前5:00
1日の回号数 10回
デモ口座 あり
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭原則固定
口座開設日数 最短当日
参照 外為オプション公式サイト

楽天FX「らくオプ」

らくオプは楽天証券が提供しているバイナリーオプションです。

らくオプおすすめポイント
画像=NET MONEY編集部

「らくオプ」のメリット

  • 楽天ポイントが利用可能
  • 投資情報を豊富に配信している
  • カスタマーサービスが高評価

「らくオプ」のデメリット

  • 期間限定ポイントは利用不可
  • 取引で楽天ポイントは貯まらない
  • テクニカル分析ができない
デモ取引でお試し可能!

らくオプはデモ口座で取引をお試しすることができます。

らくオプは通貨ペアが5通貨と他社とほぼ同様の通貨ペア数で、1日の回号数は10回、提供されている商品はラダーオプションのみです。

実際の取引画面は以下のように色分けされていて、見やすい画面となっています。

らくオプ取引画面
引用:らくオプ

こちらのページからデモ取引ができるので、自分にとって利用しやすいかどうか見極められます。

楽天ポイントを利用して取引できる

楽天証券のらくオプの特徴としては最初に楽天ポイントを利用して取引を行うことができるという点があります。

アイコン
楽天ポイントをそのままトレードに利用して、リターンが出た場合は日本円で返還されるから楽天ポイントで資産運用できるんだにゃ!
楽天ポイントを利用して取引できる

またらくオプは楽天証券によって提供されているため、マーケットレポート等情報に関して他社と比較して豊富な点もメリットの1つと言えるでしょう。

「トウシル」という楽天証券の独自の投資情報絵ディアが閲覧でき、バイナリーオプションに限らずさまざまな投資の情報を収集できます。

また日経テレコンの楽天証券版も利用できるので、情報を集めて学びながら投資したい初心者の方にはおすすめです。

アイコン
専用のアプリは無いけど、スマホのブラウザから取引ができるから、外出時にも便利だにゃ。
テクニカル分析ができない

らくオプのデメリットとしてはテクニカル分析ができる機能がないという点があります。

テクニカル分析自体はバイナリーオプションを始めるにあたって必須ではありませんが、自分で分析を行って投資をしたい方には物足りないでしょう。

バイナリーオプション用のチャート分析やテクニカル分析を行いたい方は、別の口座と楽天証券の口座を併用しても良いでしょう。

実施中のプログラム

楽天証券では現在FX口座の開設で200ポイント、加えて取引量によって最大111万円がもらえるキャッシュバックを実施中です。
口座開設月の翌々月までに30万通貨以上取引するとキャッシュバックを受け取れるので、バイナリーオプションだけでなくFX取引も興味ある方は活用してみましょう。

\最大111万円キャッシュバック/

楽天FX「らくオプ」の口コミ

男性 | 40代 | FX歴1~3ヶ月

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

モバイルに対応したユーザーエクスペリエンス、商品の多さと、楽天の信頼ブランドで総合的に満足しています。手数料も低いため、取引コストを抑えることができます。

男性 | 30代 | FX歴3年~4年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  5.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

普段の買い物でポイントが貯まり、そのポイントで取引が出来るのは現金を使わないでトレードが出来るので、とても良いなと感じました。ラダーオプションのみ、かつ取引画面も見やすいので初心者には良い口座だと思います。

女性 | 50代 | FX歴1年~2年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  5.0

手数料の安さ  5.0

商品数の充実度  3.0

らくオプはトータルで非常に満足しています。理由としては、とにかくシンプルで初心者向きだからです。余計な機能がなく、取引画面が見やすく、投資しやすいというのが良いです。さらに楽天ポイントのみで投資をできることも満足感が高いポイントです。

男性 | 40代 | FX歴5年以上

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  3.0

取引を始めるのに必要な手続きはYesNoフローチャートに従って進めば、難しい専門用語などわからなくても始められました。入門講座を読んで、デモ画面で練習できるので、十分に練習することもできます。

楽天証券「らくオプ」の基本情報
サービス名 らくオプ
取引手数料 無料
オプション種類 ラダー
取り扱い通貨ペア数 5通貨ペア
取引額 1枚:50円~999円
ペイアウト額 1枚:1,000円(固定)
取引時間 月~金曜日の 午前8:20~翌午前4:20
1日の回号数 10回
デモ口座 あり
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
口座開設日数 最短翌営業日
参照 らくオプ公式サイト

外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー」

外貨ネクストバイナリーは、外為どっとコムが提供しているバイナリーオプションサービスです。

外貨ネクスtバイナリーおすすめポイント
画像=NET MONEY編集部

\最大100万円キャッシュバック/

「外為どっとコム」のメリット

  • 目標レートが7つと多め
  • ぴたんこテクニカルで簡単に分析
  • 情報配信が充実している

「外為どっとコム」のデメリット

  • レンジオプションの取扱は無し
  • 取扱通貨は5銘柄のみ
  • テクニカル分析はFX用のものだけ
目標レートが7つと多め

外貨ネクストバイナリーの目標レートは7つあり、他社と比べて比較的多めです。

外貨ネクストバイナリーの取引画面
取引画面から引用

目標レートが多い分、自分の予想するレートにより近い数字で取引でき、細かく予想したい方に向いています。

ぴたんこテクニカルで簡単に分析

外為どっとコムではFXの口座に「ぴたんこテクニカル」というチャート分析ツールがあり、バイナリーオプションの取引に役立てることができます。

ぴたんこテクニカルには、大きく分けて2種類の機能があります。

まずは、複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示する「お天気シグナル」です。

外貨ネクストバイナリーのお天気シグナル
取引画面から引用

売り買いを判断しやすいよう「総合判断」が天気予報のような形で表示されています。チャートを細かく分析しなくても天気マークを見れば状況を把握できるので、テクニカル分析の知識面に不安があっても使いやすいでしょう。

次に、過去のチャートから現在のチャートと類似した形を見つけ出し、未来のチャートがどのように動くかを予測する「みらい予測チャート」です。

外貨ネクストバイナリーの未来予測チャート
取引画面から引用

みらい予測チャートは、過去のチャートの形状から可能性として考えられる今後の値動きを、AIが3つのパターンに分けて表示してくれます。

さらに、右側に表示される「ランキング」のタブで、通貨ペア別の売買傾向をランキング形式で表示してくれるので、トレーダーは各通貨ペアの総合的な売買傾向をひと目で確認することができます。

初心者の人がトレンドや今後の値動きを予想するのは中々難しいため、ぴたんこテクニカルを判断の参考にすると良いでしょう。ただし、みらい予測チャートの一致率は、あくまでも過去のチャートとの一致率であり、未来を完全に予測してくれるものではありません。

加えて、最新ニュースなどのファンダメンタルズ的な要素も考慮されていませんので、「一致率が98%だから必ず勝てる」といった勘違いはしないように注意しましょう。

情報配信が充実している

外為どっとコムは情報配信が充実しているFX会社です。公式サイトには「平日毎日ライブ配信」や「マネ育FXスクール」などのコンテンツがあります。

無料で参加できるため、分析方法などを学びたい初心者は参加してみましょう。

また「速報メールサービス」では、口座開設後に設定を行うと為替に関する速報ニュースをリアルタイムで受け取ることができます。

テクニカル分析はFX用のものだけ

外貨ネクストバイナリーのテクニカル分析ツールはバイナリーオプション専用ではなく、FX取引用に作られたものなので、バイナリーオプションの画面から直接は遷移できない仕様となっている点に注意してください。とはいえ、パソコンでの取引が主な場合は別画面で見比べればそこまで不便には感じないでしょう。

今開催中のキャンペーン

外為どっとコムでは新規口座開設とキャンペーンにエントリーした方に向けてキャッシュバックキャンペーンを行なっています。
1万通貨以上の注文で2,000円という低めのハードルから、取引量に応じて追加で最大100万円もの報酬を受け取ることができます。

\公式サイトで詳細をチェック/

外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー」の口コミ

女性 | 30代 | FX歴1年~2年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  5.0

手数料の安さ  5.0

商品数の充実度  4.0

スマホでもPCでも取引ツールが操作しやすくて見やすいところが一番良いと思います。目標レートも複数表示されていても間違わないほどわかりやすく、自分がどのような取引をすればどの程度の利益が出るのかもすぐにわかります。圧倒的に使いやすいので満足です。

男性 | 40代 | FX歴3年~4年

アイコン

満足度

5

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  3.0

取引ツールが使いやすく、手数料が安いです。またサポート対応も電話やメール、チャットでいつでも相談できるので初心者の方でも安心して取引できると思います。

男性 | 30代 | FX歴1年~2年

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

外貨ネクストバイナリーは、取引ツールの使いやすさや手数料の安さ、商品数の充実度など、すべての面で優れていると思う。サポートも丁寧で、問題があったときにすぐに対応してくれる為、信頼できる業者だと感じます。教育コンテンツやセミナーも充実していて、初心者の方のスキルアップにも役立つと思います。

女性 | 30代 | FX歴4年~5年

アイコン

満足度

4

ツールの使いやすさ  4.0

手数料の安さ  4.0

商品数の充実度  4.0

手数料も無料で利用することができて、スマホアプリも使い勝手が良く画面も見やすいしデモトレードにも対応しているなど、初心者から慣れている人までいろんな人が使いやすく満足度も高いし安心して利用できて良いです。

外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー」の基本情報
サービス名 外貨ネクストバイナリー
取引手数料 無料
オプション種類 ラダー
取り扱い通貨ペア数 6通貨ペア
取引額 1口:40円~
ペイアウト額 1枚:1,000円(固定)
取引時間 月~金曜日の 午前8:20~翌午前4:20
1日の回号数 10回
デモ口座 あり
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
口座開設日数 最短当日
参照 外貨ネクストバイナリー公式サイト

IG証券「バイナリーオプション」

IG証券はイギリスに本社を置くIG Group Holdingsの日本法人であり、オンライン取引を専門としている証券会社です。

IG証券おすすめポイント
画像=NET MONEY編集部

\最大5万円キャッシュバック/

「IG証券」のメリット

  • 株価指数やコモディティも取引可能
  • 通貨ペアが豊富
  • 取引画面からテクニカル分析も行える

「IG証券」のデメリット

  • 取引画面が初心者ではわかりにくい
  • 口座開設に時間がかかることが多い

通貨ペア数は7通貨ペアとなっており、他社と比較して通貨ペア数の数は多いです。

取引時間は2時間と24時間の2種類が用意されているので、相場に合わせて使い分けることができます。

取引はブラウザのみの対応となっており、スマホアプリでは対応できていないという点はデメリットの1つです。

アイコン
モバイル・ウェブアプリというものが用意されているから、スマホからでも取引自体は可能だにゃ!

デモ口座も準備されているため、試しに利用してみると良いでしょう。

IG証券の取引画面は、日本国内の会社と比較して少し玄人向けなイメージを受ける仕様になっていますが、判定レートの選択肢がとても広く、他社とは比べ物にならないほど多いため、バイナリーオプションに慣れているトレーダーは重宝できるでしょう。

IG証券バイナリーオプションの取引画面
引用:IG証券

判定レートに応じて、ペイアウトレシオが異なっており、表記も他の国内FX業者のものとは異なっています。

アイコン
慣れるまではデモ口座でロット数と損益の動きをマスターする必要があるにゃ。
IG証券バイナリーオプションのテクニカル分析画面
引用:IG証券

取引画面からテクニカル分析も行えるようになっており、メジャーなテクニカル指標から、マイナーなテクニカル指標まで用意されているのはIG証券のメリットの1つと言えそうです。

また、IG証券はFX以外にも株価指数やコモディティのバイナリーオプションを取り扱っています。

IG証券で取引できるバイナリーオプション
  • 株価指数バイナリー(日本225など)
  • エネルギーバイナリー(WTI原油先物)
  • 貴金属バイナリー(NY金先物、NY銀先物)

原油やゴールドなど、FX以外の商品も取引したいトレーダーにとって、IG証券が提供するトレード機会の幅広さは大きなメリットになります。

IG証券バイナリーオプションFX以外
引用:IG証券
アイコン
判定レートの選択肢も取引できる商品の幅も広いから、バイナリーオプションに慣れている方には特に向いているにゃ!
今開催中のキャンペーン

IG証券では、口座開設+入金&取引条件クリアで各種先着600名に最大5万円のキャッシュバックを実施しています。
条件達成後、初回取引を行うだけでも5,000円受け取れるためお得です!

\公式サイトで詳細をチェック/

IG証券「バイナリーオプション取引」の基本情報
サービス名 バイナリーオプション取引
取引手数料 無料
オプション種類 ラダー
取り扱い通貨ペア数 7通貨ペア
取引額 1ロット:1,000円
ペイアウト額 0.1ロット:10,000円
取引時間 冬時間:月曜日~土曜日のの 午前9:00~翌午前5:00
夏時間:月曜日~土曜日の午前8:00~翌午前4:00
1日の回号数 5回
デモ口座 あり
スプレッド
(米ドル/円)
0.2銭
口座開設日数 最短翌営業日
参照 IG証券公式サイト

バイナリーオプション口座の選び方

チェックすべき取引条件
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプション口座を選ぶ際には、以下の4点に注目しましょう。

通貨ペアの多い会社を選ぶ

バイナリーオプションにおいては、チャンスを広げるため取引可能な通貨ペアが多い会社を選びましょう。通貨ペアが多ければ多いほど、エントリーのチャンスが増え、リスク分散にもつながるからです。

テクニカル分析を用いた取引では、通貨ペアごとに異なるチャートの形状やタイミングからサインが発生し、それを捉えてエントリーすることが重要です。

サインが出るかでないかはそれぞれの通貨ペアのチャートの形状やタイミングがあるため、通貨ペアは複数あった方が取引のチャンスが広がります

また対ドルの通貨ペアを取り扱っているかも重要な観点です。日本のバイナリーオプションではクロス円(USDJPY EURJPY等日本円との通貨ペア)と呼ばれる通貨ペアをメインに扱っており、ドルストレートと呼ばれる対ドルでの通貨ペアが少ないFX会社も多いです。

しかし、バイナリーオプション取引に慣れてくれば、リスク分散やエントリーのチャンスの拡大のために、対ドルの通貨ペアを取引することも十分に考えられるため、口座選びの1つの基準にすると良いでしょう。

ツールが使いやすい会社を選ぶ

バイナリーオプションの口座を選ぶ際にはツールが使いやすい(見やすい)会社を選ぶのも重要です。初心者の方は特にどこに何があるのか一目で見て理解しやすい画面の会社が良いでしょう。

試しに下のバイナリーオプション業者2社の画面を見てみてください。

IG証券の取引画面

最初はIG証券のバイナリーオプション取引画面です。右側の画面上でトレードができるようになっていますが、見ていただくとわかる通り、レートが複数あるため、初心者には少々分かりづらいです。

次に楽天証券の「らくオプ」の画面を見てみましょう。画面見てすぐに、どのレートを購入するといくら必要なのか一目で分かります。

楽天証券の取引画面

この画像では、109.32の円安を634円で購入して、109.32以上のレートになれば1,000円リターンとして返ってくるということです。

チケットを何枚買うかも画面下部で確認しやすく、分かりやすい画面といえるでしょう。

IG証券は取引画面でテクニカル分析が行えるという魅力もありますが、バイナリーオプション初心者の方は分かりやすい画面で人気の「オプトレ!」や「外為オプション」、「らくオプ」で練習すると良いでしょう。

レンジオプションの取扱もある会社を選ぶ

国内で提供されているバイナリーオプションでは取引種類が「ラダーオプション」と「レンジオプション」という2種類があります。

ラダーオプションは定められた時間までにあらかじめ判定の基準とされる為替レートよりも上回るのか下回るのかを予測して取引を行うものです。

ラダーオプション

目標レートを1つだけ設定すれば良いのでルールとしてはとてもシンプルで、初心者でもわかりやすいと言えるでしょう。

レンジオプションは定められた時間までに為替レートが一定の範囲内に収まるのかどうかを判断するものです。

レンジオプション

目標レートを2つの間で設定する必要がある分、少し難易度が上がります。また、リスク管理のためには通貨ペアのボラティリティも把握しておく必要もあります。

値動きが大きく出ない場合はレンジオプション、大きく相場が動きそうな時はラダーオプションでトレードを行うことでうまく使い分けられます。そのため、初心者の方はどちらも取り扱っている会社でまずはシンプルなラダーオプションから始めてみるのが良いでしょう。

回号数が多い会社を選ぶ

回号数とは
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションの回号数とは、1日のうちに取引できる回数のことです。日本のバイナリーオプションは商品性として時間が定められており、その間に取引を行う必要があります。

1日9回号の場合は9回チャンスがあるということになり、11回号となっている場合は11回取引が可能になるということです。

1日に何度も取引して利益を上げたい場合は回号数の多さを重視しましょう。また、仕事の忙しくて夜中に集中して何度も取引を行いたい人にも回合数の多い業者は向いています。一方で、1回ずつじっくりと取引して利益を上げたい場合は、回号数を重視する必要はそこまでありません。

バイナリーオプションとは?仕組みをわかりやすく解説!

バイナリーオプションとは
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションとは為替レートや株価指数などを対象として、一定期間経過後のレートが、事前に設定したレートを上回るか下回るかを予測する取引です。バイナリーは「二者択一」を、オプションは「選択権」を意味します。

価格が予測通りに動いていれば利益を獲得することができ、予測に反した値動きをした場合は損失となります。

ここからは、バイナリーオプションの取引時間や覚えておきたい基本用語、FXとの違いについて解説します。

バイナリーオプションの取引時間

バイナリーオプションは平日ほぼ24時間取引できるのが魅力です。日本の市場が閉まっている時間でも、世界のどこかの為替市場がオープンしているため、為替レートは常に動き続けています。

各市場の一般的な取引時間は以下の通りです。

市場 取引時間
オセアニア 6:00~8:00
(冬時間は7:00~9:00)
東京 8:00~17:00
ロンドン 16:00~翌2:00
(冬時間は17:00~翌3:00)
ニューヨーク 21:00~翌6:00
(冬時間は22:00~翌7:00)

ただし、FX会社によって取引時間や回号数(1日の取引回数)などの時間設定は異なるため、確認が必要です。

基本的に市場参加者が少ないとされる早朝は取引できないケースが多く、夏時間は冬時間よりも1時間ほど取引時間が前倒しになるケースもあります。

これだけは覚えておきたい!バイナリーオプションの基本用語

ここではバイナリーオプションの取引を始めるにあたって、最低限覚えておきたい用語を解説します。

バイナリーオプションの基本用語

ペイアウト(倍率)

ペイアウトとは
引用元:楽天証券

ペイアウトとは、バイナリーオプションで予測が的中したときに支払われるお金のことです。国内のバイナリーオプションでは、多くの業者でペイアウト額は1,000円で固定されています。

ペイアウト額は、チケット購入価格とペイアウト倍率によって計算されます。

ペイアウト倍率とは、ペイアウト額をチケット購入価格で割った値です。たとえば、ペイアウト額が1,000円でチケット購入価格が500円の場合、ペイアウト倍率は2倍となります。

バイナリーオプションの業者によって、ペイアウト倍率は異なります。一般的には、1.8倍~2.5倍程度の倍率が設定されています。

たとえば、チケット購入価格が500円でペイアウト倍率が2倍の場合、ペイアウト額は以下のように計算されます。

ペイアウト額 = チケット購入価格 × ペイアウト倍率
= 500円 × 2倍
= 1,000円

チケット

チケットとは

バイナリーオプションの取引を始める際に購入するもので、「枚」や「ロット」などの単位を用いて数えられます。

チケットとは1枚あたり50円~950円程度で購入でき、価格は判定時刻が近づくにつれて安くなるのが一般的です。

権利行使価格

権利行使価格とは

権利行使価格とはペイアウトを受け取る基準となる価格のことです。バイナリーオプションは、この価格を上回るか、下回るかを予測する取引です。

権利行使価格は、複数の選択肢から選べるようになっているのが一般的です。

たとえば、米ドル/円を取引するとして、権利行使価格が110円と112円の2つの選択肢があった場合、110円を選んだ場合、為替レートが110円を上回ればペイアウトを受け取ることができ、110円を下回ればペイアウトを受け取ることができません。

回号

回号とは
NET MONEY編集部作成

回号とは、チケットの購入開始から判定時刻までの一連の取引の総称のことです。例えば1日に10回取引が開催される場合は「10回号」と表します。

1回号あたりの期間は証券会社によって若干の差はあるものの、法令によって最低2時間の間隔を設けなければならないとされています。回号数が多いと、1日に取引する機会が増えるというメリットがありますが、その分、各回号の取引時間は短くなるというデメリットもあります。

また、回号数が少ないと、各回号の取引時間は長くなりますが、1日に取引する機会が減るというデメリットもあります。

判定時刻

判定時刻とは
引用元:楽天証券

判定時刻とは、レートが予想どおりに推移したかどうかを判定する時間のことです。バイナリーオプションでは、判定時刻のレートが権利行使価格より上か下かによって、損益が確定するようになっています。

判定時刻が短いと、短期間で結果がわかるため、チャンスを逃さずに取引することができます。一方、判定時刻が長いと、より慎重な分析に基づいた取引が可能になります。

判定時刻を選ぶ際には、自分の取引スタイルや目的に合わせて、適切な判定時刻を選ぶことが大切です。

バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXはどちらも為替相場の値動きを予測する取引ですが、以下のように多くの違いがあります。

  バイナリー
オプション
FX
必要資金 50円程度~ 5円程度~
取引時間 ほぼ24時間取引可能 ほぼ24時間取引可能
取引回数 制限あり 制限なし
利益と損失 判定時刻に損益が自動で確定する 決済タイミング次第で損益が拡大する
レバレッジ なし あり
スワップ
ポイント
なし あり
値動きに
よる影響
値動きが小さくても稼げる可能性がある 値動きが小さいと稼ぎにくい
自動売買 不可能 可能
通貨ペア数 少ない 多い
手数料 無料 スプレッドが発生する
※2023年2月2日現在

ここでは、バイナリーオプションとFXの注目すべき大きな違いを4つ取り上げて紹介します

取引の仕組みと流れ

バイナリーオプションはFXと比べると取引の流れがシンプルなので、初心者でも比較的取り組みやすいでしょう。

バイナリーオプションでは、はじめに相場を予測した上で対応するチケットを購入します。取引の締め切り時間になると自動で損益が確定し、ペイアウトを受け取る、またはチケットの購入金額相当額を失うことになります。つまり為替レートが上がるか下がるかを予想したら、あとは結果が出るまで待つだけでよいのです。

一方、FXでは自分の好きなタイミングでエントリーや決済ができます。その代わり、どこまで利益を伸ばすか、損失をどのタイミングで確定させるかは自分で決めなければなりません。相場を予測するだけではなく、売買のタイミングも考慮しなければならない点で、取引に慣れていない場合は難しさを感じるかもしれません。

利益と損失

バイナリーオプションはFXと比べると、ローリスク・ローリターンとなる傾向があります。

バイナリーオプションは、エントリーした時点で予想が的中したときに受け取れる金額が決まります。さらに損失額がチケットの購入価格の範囲内に限定されるのも特徴です。例えばペイアウトが1,000円のチケットを500円で1枚購入した場合、予想が的中すれば1,000円が受け取れ(利益は500円)、予想が外れると500円の損失となります。損益の見通しが立てやすく、ある程度リスクをコントロールできる仕組みになっているのがバイナリーオプションです。

一方、FXは、エントリー後に決済するタイミングによって損益が大きく変わります。相場の動きに柔軟に対応できれば、大きな利益を得ることも不可能ではありません。反対に、予想外の値動きをした場合には、損失が大きくなるリスクもあります。実際に決済するまでは損益が確定しないので、取引の経験が少ない場合、リスクをコントロールしにくくなるでしょう。とくにレバレッジを大きくかけているときは、少しの値動きで大きく損益が変わるリスクがあるため、注意が必要です。

損切り

損切りとは
NET MONEY編集部作成

FXと違い、バイナリーオプションは損切りをしなくても損失が拡大することはありません。

損切りとは、自身が予測した方向とは反対の値動きをした際に、保有するポジションを見切って損失を確定させることです。早い段階で損失を受け入れることで、必要以上に損失が拡大し資金が減るのを防ぐ役割があります。

基本的に、FXでは自ら決済しない限り損益は確定しません。そのため、相場の予想が外れているのに損切りせずポジションを放置していると、損失はどんどん膨らんでしまいます。

損切りが大切な理由
(画像=NET MONEY編集部)

一方、バイナリーオプションでの最大損失額はチケットの購入金額です。例えば500円でチケットを購入した場合、予想が外れても損失額が500円を超えることはありません。

損切りは損することを覚悟の上で決済する行為なので、経験のあるトレーダーでも適切に行うのは難しいものです。「もう少し待てば相場の流れが変わるかも」と考え、なかなか損切りできないケースは珍しくありません。バイナリーオプションには、高いスキルが要求される損切りをしなくて済むメリットがあります

値動きによる影響

バイナリーオプションは値動きによる影響を受けづらい
NET MONEY編集部作成

FXと違い、バイナリーオプションは値動きが少ない場面でも利益を狙えます

FXは、エントリー時と決済時の価格差が利益(損失)になる取引です。そのため、相場が大きく動くほど、利益(損失)は大きくなります。反対に、相場にあまり動きが見られないタイミングでは大きな利益を得るのは難しく、稼ぎにくくなります。

バイナリーオプションは、予想が当たるかどうかに対して支払いがされる取引です。予想が当たりさえすれば、1円の値動きでも10銭の値動きでも、受け取れる金額は変わりません。そのため、値動きが少ないタイミングでも利益を積み重ねられるのが特徴です。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションには様々なメリットがあり、それが忙しいサラリーマンや主婦の方などに人気がある理由になっています。

ルールがシンプル

バイナリーオプションはルールがシンプルであり、非常に分かりやすい投資です。基本となる「ラダーオプション」では、決められた時刻に通貨ペアのレートが目標レートより上か下かを予想するだけで取引ができます。

バイナリーオプションはレートの上昇や下落を予測するのに対し、FXは上昇や下落に加えて値幅まで予測する必要があります。値幅について考えずに済む分、FXよりはシンプルで分かりやすいと言えるでしょう。

さらに、バイナリーオプションでは判定時間が決められていることから、取引時間の終わりが明確なことも分かりやすさにつながっています。FXの場合はレートの値動きに左右されることから、どうしても取引時間が想定より長くなってしまうことがあります。

シンプルな取引を行いたい方や、時間を拘束されたくない方に、バイナリーオプションは非常に向いている投資といえます。

少額から始められる

バイナリーオプションは少額から始められる

バイナリーオプションは、1,000円以下の少額から取引することができます。「投資には大金が必要」というイメージも根強いですが、バイナリーオプションには当てはまりません。

例えば、GMO外貨(旧外貨ex byGMO)の「オプトレ!」では、チケットを40円から購入することができます。失敗するリスクが高い初心者でも、少額であれば安心して知識や経験を積み上げていくことが可能です。

また、毎月のお小遣いの範囲で気軽に始められるため、勝ち方を身に付けるまでじっくりと継続することもできます。加えて、予測しやすいチャートパターンが出現した際に、資金が足りず取引できないといったことも起きづらいです。

大きなリスクを取らずに取引を始められるバイナリーオプションは、投資にあまり慣れていない方でも挑戦可能な投資です。もちろん慣れてきたら徐々に投資額を増やすことで、利益を増やすことを狙ってもよいでしょう。

市場の変動が小さくても利益が狙える

市場の変動が小さくても利益が狙える
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションでは、市場の変動が小さくても利益が狙えます。なぜなら、判断基準が目標レートでペイアウトは固定だからです。

FXのように大きな値動きは必要なく、判定時間に目標レートより上なのか下なのかを予測できればペイアウトを受け取ることができます。市場の変動が1円でも50銭でも、予測が当たった時に受け取るペイアウト額は同じです。

例えば、2時間で相場が1銭しか動かなかった場合、ドル円を1万通貨(1ドル=140円の場合140万円分)運用しても100円の利益にしかなりません。しかし、バイナリーオプションであれば、予想が当たればチケット1枚あたりのペイアウトは1,000円になります。

FXは値動きが小さいと値幅をとりにくく、利益を出しにくい傾向がありますが、バイナリーオプションはどんなに値動きが小さくても勝ったときの利益が変わらないことから、相場の状況に関係なく取引をすることが可能です。

損益をコントロールしやすい

損益をコントロールしやすい
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションは、損益をコントロールしやすいことも大きなメリットと言えます。チケット1枚あたりのペイアウトが1,000円に固定されており、損失もチケットの購入金額までとなっているからです。

最大の損失額がチケットの購入金額までになっており、途中売却をすれば損失をさらに抑えることもできるため、初心者の方でも安心して取引できます。例えば、チケットを1枚500円で購入して取引するのであれば、最大の損失額は購入したチケット代の500円です。

FXや株などのレートによって損失が変動する投資では、損切りをしないと損失がどんどん膨らんでいく可能性がありますが、バイナリーオプションではチケットの購入金額までという限度があります。

予測を外しても購入金額以上の損失にはならず、途中売却をすれば損失を抑えることもできるバイナリーオプションは、予測不可能な損失の発生が無くリスクをコントロールしやすい投資です。

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションは取引の仕組みがシンプルで初心者にも取り組みやすいですが、以下の4つのデメリットもあります。

短期間で大きな利益は狙いにくい

バイナリーオプションのデメリットの一つは、短期間で大きな利益を狙いにくいということです。

バイナリーオプションでは、ペイアウト額が取引開始時に決定されています。つまり、相場変動の大きさに関わらず、利益は固定されてしまいます。

外為オプションの注文・約定一覧
外為オプションの取引画面を引用

取引できる回数が限られる

バイナリーオプションは、取引できる回数(回号数)が業者によって定められているため、利益を出せるチャンスが限定されてしまいます。

例えば、1日に10回しか取引できない場合、その中で利益を出せるチャンスは10回のみとなります。

例えば、GMO外貨「オプトレ」では1日の回号数が11回と定められているため、利益を出せるチャンスも11回となります。

回号 権利行使価格決定時間 取引可能時間 判定時間
1 7:25 午前 7:25 ~ 午前 9:24 9:25
2 9:25 午前 9:25 ~ 午前 11:24 11:25
3 11:25 午前 11:25 ~ 午後 1:24 13:25
4 13:25 午後 1:25 ~ 午後 3:24 15:25
5 15:25 午後 3:25 ~ 午後 5:24 17:25
6 17:25 午後 5:25 ~ 午後 7:24 19:25
7 19:25 午後 7:25 ~ 午後 9:24 21:25
8 21:25 午後 9:25 ~ 午後 11:24 23:25
9 23:25 午後 11:25 ~ 午前 1:24 1:25
10 1:25 午前 1:25 ~ 午前 3:24 3:25
11 3:25 午前 3:25 ~ 午前 5:24 5:25

一方、FXでは、原則24時間いつでも取引できるため、チャンスを逃すことなく取引することができます。

ポジションを長期的に保有できない

バイナリーオプション取引はポジションを長期的に保有できない
外為オプションの取引画面を引用

バイナリーオプションは、判定時刻になると、取引が終了し利益が確定する仕組みのため、ポジションを長期的に保有できません。そのため、長期的な視点で投資を行うことができません。

一方、自分が「買い」と予想した通貨を「売り」と予想する時まで、ポジションを持ち続けることができるFXなどは長期的な視点で投資することができます。

ギャンブル化してしまう可能性がある

バイナリーオプションは、取引の仕組みがシンプルであるため、根拠を持たずにギャンブルのように取引を行ってしまう可能性があります。

これは、投資の知識や経験が不足している初心者にとって特に危険です。なぜなら、バイナリーオプションは、ただ単に「上がるか下がるか」を予想するだけでなく、様々な要素を考慮して取引する必要があるからです。

バイナリーオプションは、投資ではなくギャンブルとして考えて取引を行うようにしましょう。

バイナリーオプションは本当に儲かる?

バイナリーオプションは、やり方を工夫すれば儲けられる可能性がある投資です。

よく「リスクが高い」「勝てない」といわれることもありますが、全員が損失を出しているわけではありません。一般社団法人金融先物取引業協会の「個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引における顧客損益状況」によると、取引口座全体に対する損失発生の割合はおおよそ7~8割となっています。つまり、2~3割程度のトレーダーはバイナリーオプションで実際に利益を得ているのです。

ただし、ギャンブル感覚で取引を繰り返している限り、利益を得るのは難しいです。この理由はバイナリーオプションの還元率にあります。

還元率とは競馬やカジノなどのギャンブルで用いられる言葉で、プレイヤーがかけた金額のうち何%が手元に返ってくるかを表したものです。

以下の表を見れば一目瞭然で、バイナリーオプションでは、投資家にある程度収益が還元されていることがわかります。

■バイナリーオプションとギャンブルの還元率比較

バイナリーオプション 94.9%(※)
公営競技
(競馬・競艇・競輪・オートレース)
74.8%
サッカーくじ 49.6%
宝くじ 45.7%
※GMOクリック証券の2023年6月「顧客損益率」を参照

しかし、還元率は100%以上になることではじめて元本を維持できる仕組みです。100%を切っている場合、取引回数を重ねるたびに徐々に資金が減っていくことになります。例えば100万円を元手に毎回10万円ずつ、還元率90%の取引をしたとしましょう。その場合10回の取引した場合の期待値は、90万円となり、100回取引をすると0円となります。つまり、バイナリーオプションは、何も考えずに取引を重ねていくと最終的に負けてしまう可能性が高い取引なのです。

どんなに運がよくても、勘だけに頼って勝ち続けるのは難しいでしょう。二者択一だとしても、10回連続で予測が的中する確率はわずか0.1%です。

儲けるためには、バイナリーオプションをギャンブルではなく「投資」として捉える必要があります。すなわち、戦略を立て根拠のあるトレードを繰り返すことが儲けるコツとなるのです。

ちなみにGMOクリック証券のメディアサイトである「トレードアイランド」ではバイナリーオプションを含む金融商品取引のトレーダーの実績を確認することができます。

ここで10月12日のバイナリーオプション取引をした方の収益を確認してみると、取引参加者101名に対し、1円でも収益を上げたのはなんと半分以上の52名でした。

ここからも分かるように、バイナリーオプションは決してギャンブルではなく、根拠を持って取引することで儲かるチャンスはあることがわかります。

\高還元率と高性能なプラチナチャートが魅力!/

海外のバイナリーオプション業者には注意!

海外・個人のバイナリーオプション業者には注意!
NET MONEY編集部作成

海外のバイナリーオプション業者の中には詐欺を行っている業者もおり、日本のユーザーとの間でもトラブルが続出しているため十分注意してください。

例えば、独立行政法人国民生活センターは「海外に所在するとしている業者が、金融商品取引法に基づく登録を受けずに国内の消費者に対して勧誘を行い、トラブルになっているケース」について注意を呼びかけています。さらに、金融庁も日本で登録を受けていない無登録業者との取引はしないように注意喚起を行っています。もし詐欺業者のバイナリーオプション口座を利用してしまった場合、出金できなくなるリスクがあります。

加えて、「必ず稼げる」「勝率90%」「3ヵ月で資金が10倍に」といった煽り文句にも注意してください。そういった甘言を用いて高額なツールを売りつける悪徳な詐欺が存在するためです。

特に初心者の方は金融庁からの認可を受けている国内FX会社が提供する安全性の高い環境で、バイナリーオプションを始めることを推奨します。

主な公的機関による無許可のバイナリーオプション業者への注意喚起

【初心者必見】バイナリーオプションの口座開設の手順をわかりやすく解説!

バイナリーオプションの口座開設の手順は「公式サイトにアクセスする」「口座開設の申し込み用フォームに必要事項を記入する」「本人確認書類を提出する」「口座開設の審査完了後にログインする」「知識確認テストを受けて取引を開始する」の5ステップです。

バイナリーオプションの口座開設には条件がある

基本的に、国内のバイナリーオプション業者で口座開設するには条件があります。条件は業者によって若干異なる場合があるのでご注意ください。例えば「オプトレ!」を提供するGMO外貨は基準を以下のように定めています。

  • ご自身の判断と責任により外国為替証拠金取引を行えること。
  • 当社からの電子メールまたは電話で常時連絡を取ることができること。
  • ご自身専用の電子メールアドレスをお持ちであること。
  • 契約締結前の書面、契約締結時の書面、取引残高報告書、保証金の受領にかかる書面 その他金融商品取引法上交付すべき書面を電磁的方法により提供することを、書面または電磁的方法によりご承諾いただけること。
  • 日本国内に居住する成年以上の行為能力を有した80歳未満の個人であること。
  • 本約款に定めるお客さまの義務に違反していないこと。
  • マネーロンダリング等の公序に反する取引その他不法または不正の疑いのある取引に利用するために本取引を行わないこと、または反社会的勢力(法令その他の事情を鑑み、当社が反社会的勢力と認めたものを含む。以下同じ。)の一員でないこと。
  • お客さまが当社より払い戻す金銭の受取口座(振込先銀行口座)は、国内に存する金融機関の中から当社が指定する金融機関に開設することにご同意いただけること。
  • 外国為替証拠金取引業者に勤務していないこと。
  • その他当社所定の基準を満たしていること。

公式サイトにアクセスする

まずはFX会社の公式サイトにアクセスします。

当記事では、GMO外貨のオプトレ!を例に、バイナリーオプションの口座開設の流れを解説していきます。

口座開設の申し込み用フォームに必要事項を記入する

メールアドレスを登録すると、口座開設の申し込み用フォームのURLが送られるので、それに従い必要事項の記入を行います。

口座開設の申し込み用フォーム
引用:GMO外貨

口座開設に必要な記入事項は主に以下の通りです。

口座開設に必要な記入事項
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業
  • 年収
  • 金融資産
  • 資産運用の経験
  • 投資方針・投資目的

本人確認書類を提出する

必要事項の記入が完了したら、本人確認書類を提出します。

口座開設の本人確認書類として使用できるもの
引用:GMO外貨

本人確認書類として使えるものは以下の通りです。
本人確認書類として使用できるもの
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証共済組合員証
  • 在留カード(日本国籍以外の方)
  • 特別永住者証明書(日本国籍以外の方)
口座開設に必要なマイナンバー書類
引用:GMO外貨

またマイナンバー書類(マイナンバー記載の住民票や通知カードも含む)のアップロードは必ず行う必要があるので、口座開設の申し込みの前に準備をしておきましょう。

本人確認書類を提出すると、申し込みは完了です!

オプトレ!の申し込み完了画面
引用:GMO外貨

口座開設の審査完了後にログインする

口座開設の審査が完了すると、口座のログインIDが登録したメールアドレスに送付されるので、パスワードを設定してログインします。

オプトレ!のパスワード発行申請画面
引用:GMO外貨

画面に従ってパスワードを設定するとログインすることができるようになりました!

オプトレのパスワード設定完了画面
引用:GMO外貨

知識確認テストを受けて取引を開始する

オプトレ!で実際に取引を始めるには、最後にバイナリーオプション取引に関する知識確認テストを行う必要があります。

オプトレ!の知識確認テスト画面
引用:GMO外貨

テストと聞くと不安になりますが、ヒントもあるので冷静に解いていけば問題はないでしょう。

テストで合格点を取得して、資産に関する設定を行うとオプトレで取引を開始することができるようになります!

オプトレ!のパスワード発行申請画面
引用:GMO外貨

FAQ

もうけるならバイナリーオプションはおすすめなのか?
バイナリーオプションはハイリスクハイリターンの商品でもあるため、リターンの大きさから魅力的に映る人もいるでしょう。
しかしバイナリーオプションはリスク管理が通常のFXと比較しても難しい商品です。
そのためまずはFXで外国為替市場の動きや癖、またテクニカル分析を学んでから行うことがベターと言えます。
FXでリスク管理ができないと、いきなりバイナリーオプションに挑戦してもリターンを出すことが難しいでしょう。
バイナリーオプションは初心者に向いているのか?
バイナリーオプションは初心者向きではなく中上級者向きと言えます。
リスク管理の難しさ、オプションによる判定時間が定められており、1銭レートが異なるだけで大きく損益が変化すること等、自身でコントロールできないリスクというのがあります。
また2時間や3時間という短期的なトレードになることが多いため、短期的なトレードでは為替レートのブレも生じやすいことから、この点も初心者向きではない点と言えるでしょう。
バイナリーオプションで勝つのに必要なことは?
バイナリーオプションで勝つためには、まずテクニカル分析を身に付けましょう。なぜなら、テクニカル分析を身に付ければ勝率アップが期待できるからです。
運や勘では長い目で見て着実に稼いでいくことは難しいため、テクニカル分析を使って根拠を持った取引をするようにしてください。
また、各FX会社の公式サイトで開示されている「還元率」に注目しましょう。還元率とは、「支払総額に対する受取総額の割合」のことであり、ユーザーの支払額に対してどれくらいの割合で払い戻されているかを示します。
そのため、還元率が高いほどユーザーが利益を出しやすい環境であると言えるのです。
バイナリーオプションはスマホでも始められる?
FX会社のバイナリーオプションはスマホに対応しているため、ネット環境さえあれば仕事の合間でも旅行中でも場所を選ばず取引することができます。また、バイナリーオプションの取引時間は限定されており、判定時刻まで待たずに途中売却することも可能です。
したがって、FXに比べて拘束時間が比較的少なく、スマホを使ってスキマ時間に取引しやすいと言えるでしょう。
バイナリーオプションでデモトレードを行うことは可能?
FXと同じく、バイナリーオプションでもデモトレードを行うことは可能です。ただし、たとえデモトレードを利用する場合も土日は世界の為替市場が閉まっている関係で取引ができないことにご注意ください。
著者のプロフィール
編集者のプロフィール
監修者のプロフィール

本記事で参考にしたサイト一覧

  1. GMOクリック証券
  2. GMO外貨
  3. 楽天証券
  4. IG証券
  5. 外為どっとコム