目次

  1. そもそもPayPayとは?
  2. PayPayの使い方は?
  3. PayPayで使えるクレジットカード
  4. PayPayにチャージできるクレジットカードは1種類
  5. PayPayの登録におすすめカード
  6. PayPayでクレジットカード利用時の上限金額
  7. PayPay残高には4種類ある!
  8. PayPayでは支払い方法の併用はできない?
  9. 優遇される青いバッジ対象者とは?
  10. 特典が多いヤフーカードでPayPayを使いこなそう
  11. 実際にクレジットカードを作る
  12. 専門家コメント及びに記事の監修

そもそもPayPayとは?

PayPay(ペイペイ)とは、ヤフーとソフトバンクが設立したPayPay株式会社が運営する、スマホを使って簡単に支払いができるサービスです。PayPayの対応しているお店で、現金ではなく、スマホのアプリで支払いができるので、便利です。

PayPayは、銀行口座から入金して利用することもできますが、使い勝手とお得さを考えると、クレジットカードを登録するのがおすすめです。この記事では、PayPayにクレジットカードを登録して決済に利用する方法や、おすすめのクレジットカードなどについて解説します。

PayPayの使い方は?

PayPayは、コード読み取り式のスマートフォン決済方法です。PayPayの利用にあたっては、支払い方法の設定が必要です。支払い方法は、以下の2通りあります。

決済方法
  • QRコード
  • バーコード

QRコードを読み取る場合、以下の流れで手続きします。

QRコード決済の流れ
  1. お店のQRコードをスキャンする
  2. 金額を入力
  3. お店の人が確認して支払いを完了

一方、バーコードを使った支払いの場合は、以下のような手順になります。

バーコード決済の流れ
  1. スマートフォンでバーコードを表示
  2. リーダーで読み取ってもらう
  3. 支払いが完了

・PayPayの2つの決済方法

PayPayで決済するには、決済方法を登録する必要があります。以下の2つの決済方法を選ぶことができます。

決済方法の流れ
  • PayPay残高での決済
  • PayPayに登録したクレジットカードでの決済

デフォルトでは「PayPay残高」が設定されています。

キャンペーンなどで付与されたボーナスは「PayPay残高」に貯まっていき、通常のショッピングで優先して使用されます。PayPayボーナスには有効期限がないため、いくら貯め続けても無効にはなりません。

・PayPayの4つのチャージ方法

PayPay残高は、以下の5つの方法でチャージが可能です。

PayPayのチャージ方法
  1. 銀行口座
  2. Yahoo! JAPANカード
  3. セブン銀行ATMからの現金チャージ
  4. ソフトバンク・ワイモバイル料金のまとめて支払い

銀行口座の登録は、銀行によって必要な情報が異なりますが、キャッシュカード番号やワンタイムパスワード、暗証番号などが必要になることが多いです。

ヤフオク!やPayPayフリマの売上金からのチャージには、Yahoo! JAPAN IDとの紐付けが必要になるため、事前に手続きしておきましょう。

PayPayで使えるクレジットカード

PayPayに登録可能なクレジットカードの種類について解説していきます。

・3ブランドのクレジットカードしか登録できない

登録が可能なカードブランドは以下の3種類です。

登録可能な国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB(Yahoo! JAPANカードのみ対応)

PayPayにチャージできるクレジットカードは1種類

PayPayにチャージできるクレジットカードは1種類だけです。それも条件があります。

・本人認証サービス登録済みのヤフーカードのみ

チャージに利用できるクレジットカードは、Yahoo! JAPANカード(通称ヤフーカード)のみです。しかも、本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みでなければなりません。

Yahoo!カード
Yahoo!カード
カード評価
年会費 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
ポイント還元率 1.0%
貯まるポイント Tポイント
旅行保険 なし
ショッピング保険 ・ショッピングガード保険・プラチナ補償
月額費:月額539円(税込)
申し込み条件 ・18歳以上で安定した継続収入がある方(高校生は除く)
・Yahoo! JAPAN IDを持っている方

ヤフーカードのメリット

ヤフーカードは他のクレジットカードにはないメリットがあります。それは以下の3つです。

ヤフーカードのメリット
  • PayPayに直接チャージできる
  • 本人認証サービスが利用できる
  • Tポイントカード機能がついている

ヤフーカードは唯一PayPayに直接チャージできるクレジットカードです。本人認証を行うことで、直接チャージすることが可能になります。

しかも、残高が不足している場合、Yahoo! JAPANカードなら2種類の支払方法から選べます。クレジットカードで残高に直接チャージするかクレジットカード決済をするか選択できるのです。

さらに本人認証サービスが設定できるため、チャージの上限額が上がり、一回でまとめた金額をチャージすることができます。具体的には以下の通りです。

本人認証未設定 本人認証設定済み 本人認証設定済み+
青いバッジが表示されている
利用不可 2万円
(過去24時間)
25万円
(過去24時間)
5万円
(過去30日間)
25万円
(過去30日間)

また、本人認証サービスが利用できるため、決済方法をカード決済 or PayPay決済のどちらかで選択でき便利に使用することができることもメリットの一つです。

加えて、Tポイントカードの機能があることもヤフーカードのメリットです。PayPayでTポイントカードも登録しておくことでお得にTポイントを貯めることができるので、おすすめです。

PayPayの登録におすすめカード

このほか、PayPayの支払いに登録するのにおすすめのカードは、楽天カードです。

楽天カード
楽天カード
カード評価
ブランド
年会費 無料
還元率 100円につき1ポイント
利用可能枠 最大100万円
付帯保険 海外旅行/最大2,000万円
楽天Edy
ETCカード 550円(税込)
空港ラウンジ -

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 楽天市場利用で最大還元率3.0%
  • 楽天ペイのチャージ&利用で還元率が1.5%に
  • ポイントがたまる提携店はマクドナルドやファミマなどメジャーな店舗が多い

デメリット

  • 楽天グループ以外での利用で還元率が上がることが少ない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 新規入会し、カードを利用するだけで5,000ポイントがもらえる
  • ゴールドカードは新規入会&利用で10,000ポイントももらえる
  • 家族カードに入会すれば1,000ポイントもらえる

デメリット

  • ポイントが期間限定ポイントでの付与となる

楽天カードは普段の買い物でも楽天ポイントが貯まりますし、還元率も最大3%とかなりお得です。
貯まった楽天ポイントは、楽天市場でも使用することができますし、マクドナルドや吉野家でも使用することができるので、普段使いには欠かせないクレジットカードです。

 
楽天カード
auPAYカード
イオンカード
カード名 楽天カード au PAYカード イオンカード
年会費 無料 無料 無料
還元率 1.00%~3.00% 1.00%~2.50% 0.5%
ポイント種類 楽天ポイント Pontaポイント ときめきポイント
付帯保険 海外旅行 海外旅行/ショッピング ショッピング
追加カード ETCカード/家族カード ETCカード/家族カード ETCカード/家族カード
申し込み条件 18歳以上 18歳以上 18歳以上
申し込み

引用元:セゾンインターナショナルカード楽天カードdカードイオンカード

現在楽天カードは最大6,400ポイントプレゼントのキャンペーンを実施中です。この機会に是非、申し込んでみることをおすすめします。

・クレジットカードを登録する手順

クレジットカード登録の手順は、以下のとおりです。

クレジットカードの登録手順
  1. PayPayアプリホーム画面の[その他]を選択
  2. [カード追加]を選択
  3. クレジットカード情報をカメラで読み取る、あるいは[カード番号を直接入力する]を選択
  4. クレジットカード情報を入力し[追加する]を選択

これでカードの登録が完了します。

PayPayでクレジットカード利用時の上限金額

PayPayでは、不正利用防止の対策強化を目的として、クレジットカードの利用に一定の上限を設けています。上限は、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定状況により変わります。

PayPayでクレジットカード決済を利用した際の上限金額について、詳しく触れておきましょう。

・支払いでの上限金額

クレジットカード決済での上限金額は、以下の表のとおりです。

本人認証未設定 本人認証設定済み 本人認証設定済み+
青いバッジが表示されている
5000円
(過去24時間)
2万円
(過去24時間)
25万円
(過去24時間)
5000円
(過去30日間)
5万円
(過去30日間)
25万円
(過去30日間)

・自分で利用可能額を登録するには

バージョン2.43.0以降のPayPayアプリでは、PayPayが設定している利用上限金額とは違う金額を自分で設定できます。

利用可能額の設定方法は、以下の手順です。

利用可能額の設定方法
  1. PayPayアプリ右下の[アカウント]をタップ
  2. [プライバシーとセキュリティ]をタップ
  3. [利用可能額の設定]をタップ
  4. [支払い]、[友だちに送る]、[チャージ]のいずれかで設定した金額を選択する
  5. SMS認証コードを確認のうえ入力する

解除あるいは設定を変更する際には、その都度SMS認証が必要です。

1日の利用可能額は毎日0時にリセットされ、0:00から23:59までの合計額となります。1ヵ月の利用可能額は毎月1日にリセットされ、1日から末日までの合計額です。支払いの利用可能額は、クレジットカードとPayPay残高、あと払い(一括のみ)の合計になります。

PayPay残高には4種類ある!

PayPayには4種類の残高があり、それによって使える機能も異なります。本人確認が済んでいれば、PayPayマネーは出金も可能です。

ジャパンネット銀行の口座なら、出金に関して手数料はかかりません。そのほかの金融機関で出金する際は、100円の手数料がかかります。

PayPay残高 特徴 有効期限 出金
PayPayマネー 本人確認済みでチャージした残高
わりかん機能・送る機能・支払い
無期限
PayPayマネーライト チャージした残高
わりかん機能・送る機能・支払い
無期限 ×
PayPayボーナス キャンペーンなどでPayPay残高に進呈された残高
わりかん機能・送る機能は不可で支払いのみ
無期限 ×
PayPayボーナスライト キャンペーンなどでPayPay残高に進呈された残高で期限付きのもの
わりかん機能・送る機能は不可で支払いのみ
60日以内 ×

PayPayでは支払い方法の併用はできない?

PayPayでは、PayPay残高とクレジットカードの併用はできません。

例えば、8000円のショッピングをする場合、PayPay残高が5000円しかなければ3000円が不足することになります。このような場合は、自動的に全額がクレジットカード決済になります。つまり、残高で全額が支払えない場合、PayPay残高払いは決済に使用されないのです。

この例では、PayPay残高は一切使われずに、クレジットカードで8000円を支払うことになります。これを知らないと、思わぬクレジットカードの利用となるので覚えておきましょう。

優遇される青いバッジ対象者とは?

PayPayでは2019年2月12日以降、ある一定の信用性が高い顧客を「青いバッジ対象者」として、以下のような優遇措置をとっています。

青いバッジ対象者の優遇
  • 過去24時間の利用上限について最大25万円
  • 過去30日間の利用上限について最大25万円

ユーザー名の横に小さな青いマークが表示されているのが「青いバッジ対象者」です。限度額が5倍も引き上げられることになるので、認定基準が気になるところです。しかし、残念ながら基準は公開されておらず、どのように認定されるのかは明らかになっていません。

特典が多いヤフーカードでPayPayを使いこなそう

キャッシュレス決済サービスのPayPayについて、クレジットカードを登録したり、決済で使ったりする方法や、登録におすすめのクレジットカードなどを紹介しました。

「青いバッジ対象者」などの優遇措置もあるので、楽しみにしながら利用できるでしょう。PayPay未体験の人は、Yahoo! JAPANカードを作って登録し、PayPayでのショッピングを楽しんではいかがでしょうか?

実際にクレジットカードを作る

ポイントが常に2倍!Amazonを利用する方なら持っておきたいカード!

コンビニやマクドナルドの利用で5%ポイント還元!年会費無料!

ドコモユーザーなら必ず持っておきたい一枚!スタバやマツモトキヨシでお得にお買い物!

楽天市場を利用するならこのカード!いつでもどこでも楽天ポイントが貯められる!

自動でキャッシュバックしてくれる唯一のカード!

常に1.2%以上のポイント還元率!ホットペーパービューティーやじゃらんなどリクルート系サービスを使う人におすすめ

auユーザーならお得にポイントが貯まる!

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較