最近では、コンビニやレストランでもdポイントが貯まる店舗が増えてきました。dカードのマスコットである黄色い鳥のキャラクター「ポインコ」をよく見かけるようになったと感じている人は多いのではないでしょうか。

株式会社ZUUが2021年4月にクレジットカード保有者500名を対象に行った調査では、dカードがイメージの良いカードであることがわかりました。(実査機関:クロス・マーケティング)

アンケート

実査機関:クロス・マーケティング

この記事では、dカードの特徴や評判、実際に使ってみた人の感想をまとめました。クレジットカードを選ぶときの参考にしてみてください。

dカードが向いている人

  • ドコモユーザーの方
  • 還元率が高いクレジットカードを求めている方
  • ポイントの利用先が多いクレジットカードが欲しい方

目次

  1. dカードとはどんなカードなのか
  2. dカードを利用した人の評判は?
  3. dカードの特徴やメリットを解説
  4. dカードはどんな人におすすめなのか
  5. dカードを賢く使って充実したdライフを

dカードとはどんなカードなのか

dカードは、株式会社NTTドコモの提供するクレジットカードです。その名のとおり、ドコモユーザーにとっては使いやすいカードですが、近年はドコモユーザー以外でも便利に使えるカードとして認識されてきています。

国際ブランドは、MastercardVISAの2種類です。電子マネーに対応しており、電子マネーマークのある店舗では、カードをカードリーダーにかざすだけで支払いができます。

カードの種類はdカード、dカードGOLD、チャージして利用するdカードプリペイド、ポイント利用のみ可能なdポイントカードの4種類で、家族カードやETCカードも追加できます

dカードを持つメリット

  • d曜日に買い物をするとポイント最大5倍
  • d倍の支払い設定にすればポイント3重どりが可能
  • dカードポイントUPモールを経由して買い物をするとポイント最大10.5倍
  • dカード特約店の利用で常にポイント2倍
  • dポイントは携帯料金の支払いにも使える
  • dポイントは公共料金の支払い

dカードを利用した人の評判は?

実際にdカードを利用した人の評判をまとめました。得をしたと感じる人もいれば、損をしたと感じている人もいるようです。

dカードで得をした人の感想とは

アイコン

女性/10代

評価/★★★★★

年会費無料で、基本的に100円の買い物で1ポイント貯まるの点、多くの特典がついてる点がありがたい。

アイコン

男性/20代

評価/★★★★★

ドコモユーザーは利用料金をdカードで支払わなくても、利用料金に応じて1000円で10ポイント付与されるお得な特典がついていて、携帯料金を支払うだけで多くのポイントがもらえた。dポイントはドコモの利用料金や機種変更の料金にあてることもできるので、ドコモユーザーには必要不可欠なカード

得をしたと感じる人の多くは、ポイント還元による恩恵を受けているところが大きいようです。

dカードで損をした人の感想とは

アイコン

女性/50代

評価/★★☆☆☆

カードを申し込んでから届くまでに時間がかかりすぎる。ポイントの充実成、特典は素晴らしいがサポート体制への不満がまだ不十分。

アイコン

男性/30代

評価/★★★☆☆

コールセンターになかなかつながらない。ポイントで損はしていなくても、コールセンターの対応の悪さに時間を無駄にした。カードの特典には満足しているものの、印象はあまり良くない。

レビューの中にはポイントが付与される仕組みがわからない、使い方が複雑という声もあがっており、特典のわかりにくさやポイントの使い方などは、コールセンターの対応と併せて改善ポイントと言えるでしょう。

dカードの基本情報

カード評価 ★★★★☆
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 初年度無料(前年度に1度でも使っていれば2年目以降も無料)
国際ブランド VISA、Mastercard
保険・補償 お買い物あんしん保険、dカードケータイ補償
ポイント dポイント
電子マネー iD
キャッシング
利用枠:5~90万円、利率(実質年率):18.00%
入会条件 年齢18歳以上(高校生を除く)

引用元:dカード公式サイト

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • dカード特約店は常にポイント2倍
  • d払いの支払い設定でポイント3重取り
  • d曜日に買い物をするとポイント最大5倍
  • ポイントアップサイトでためたdポイントを携帯料金の支払いに使う

デメリット

  • d払いの支払い設定をdカードにする必要がある

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 新規入会するだけで1,000ポイントゲット
  • 条件を満たせば最大で8,000ポイントが付与

デメリット

  • ポイントは期間限定ポイントで付与
専門家のコメント

dカードとdカードゴールドの比較

 
dカード
dカードゴールド
カード名 dカード dカードゴールド
年会費 無料 11,000円(税込)
還元率 1.00%~4.00% 1.00%~4.50%
電子マネー id id
旅行保険 - 海外旅行:最大1億円
国内旅行:最大5,000万円  
ショッピング保険 年間100万円まで 年間300万円まで  
キャンペーン 新規入会で最大8,000ポイントプレゼント 新規入会で最大11,000ポイントプレゼント
申し込み

通常のショッピング利用でもポイントが貯まり、dポイント加盟店で利用すれば加盟店のポイントも加算されてお得にポイントを貯めることができます。また、ドコモユーザーはドコモの利用料金をdカードで決済しなくても1000円ごとにポイントが加算されるので、ドコモユーザーに扱いやすいカードと言えるでしょう。

dカードGOLDは年会費が11,000円必要になりますが、ドコモのケータイ・ドコモ光などの利用料金1,000円に対して10%のdポイントを貯められます。通常の買い物でも100円ごとに1ポイント貯まります。

さらにd払いでは支払いをdカードGOLDにすることで最大2%のポイントを獲得できます。他にも空港ラウンジを無料で利用できるなどメリットは多いでしょう。      

dカードを他のカードと比較

 
dカード
楽天カード
JCBW
カード名 dカード 楽天カード JCBカードW
年会費
無料

無料

無料
還元率
1.00%~4.00%

1.00%~3.00%

1.00%~10.0%
ポイント種類 dポイント 楽天ポイント OkiDokiポイント
電子マネー id 楽天edy ApplePay・GooglePay
おすすめ利用シーン スタバやマツキヨなど提携店利用でポイント最大4倍 楽天市場利用でポイント3倍 スタバ利用でポイント10倍
キャンペーン 新規入会で最大8000ポイントプレゼント 新規入会で最大5,000ポイントプレゼント お友達紹介でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で30%キャッシュバック
申し込み

dカードの特徴やメリットを解説

ここでは、dカードの特徴やメリットを紹介します。メリットは主に以下の6点となっています。

dカードの特徴
  • 1. 年会費が無料で基本還元率が1.0%
  • 2. 条件を満たせばポイント還元率最大10.5倍
  • 3. たまったdポイントはさまざまな場所で使える
  • 4. idでの支払いに対応
  • 5. ケータイの特典・補償が充実
  • 6. VJデスクを利用できる

メリットを見てもわかるようにdカードは非常に魅力的なカードであると言えます。

基本的な還元率は1%&年会費は永年無料

dカードは100円の利用で1ポイント貯まる点と、年会費が永年無料である点が大きな特徴と言えます。dポイントの加盟店でなくてもショッピングの利用でポイントが貯まるので、ポイントは貯めやすいでしょう。

dカード画像
※引用:dカード

「dカードポイントUPモール」&「d曜日」の利用でさらにポイントアップ!

ネットショップなどを利用するときはdカードポイントUPモールを経由すれば、1.5~10.5倍のポイントを貯めることができます

毎月お得にポイントを貯められる「d曜日」のサービスも活用しましょう。毎月d曜日にエントリーすると、金曜・土曜に対象サイトで買い物したときにプラス2%のポイント還元が得られます。さらに、3サイト以上の店舗で買い回りすれば、ポイントがプラス5%還元されます。買い物のタイミングを週末に絞れば、よりお得にポイントを貯められるというわけです。

・貯まったポイントはdポイント加盟店で利用可能!

貯まったポイントは、dポイント加盟店で利用できます。加盟店にAmazonやローソン、マクドナルドといった日常的に使いやすい店舗が含まれているのは大きなメリットです。ポイントを貯めたり、使ったりできるのはd払いのみに対応しており、ドコモユーザーのみが利用できるドコモ払いは非対応です。d払いはドコモユーザーでなくてもdポイントを貯めたり使ったりと、お得な使い方をすることができます。

dカード画像
※引用:dカード

電子マネー「iD」と一体化!支払いがスマートに!

電子マネー「iD」が一体となっているのも便利なポイントの一つです。近年ではキャッシュレス化が加速し、QRコードやバーコードでスマートに決済できるデバイスも増えてきました。そうした中でクレジットカードは通常、カードをカードリーダーに読み込んだり、サインを書いたりと何かと手間がかかります。

dカード画像
※引用:dカード

dカードはiDと一体化しているため、電子マネーを利用するときのようにワンタッチで決済が可能です。iD対応の店であればスマートな会計ができます。iDだけでなくVISAのタッチ決済にも対応しているので、こちらを希望するときは申し込みの時点で確認してみるといいでしょう。

ケータイの特典・補償も充実!

ドコモのケータイ料金をdカードで支払わなくても、ケータイ料金に応じたポイントが付与されます。加えてケータイ補償サービスも提供しており、ドコモショップでdカードを利用して購入した機種に関して、一定期間内の盗難・紛失・故障のトラブルを補償してくれます。端末の購入金額、頭金および事務手数料のうち最大1万円を負担してくれるというものです。

補償という点では、一般ユーザーでも、「お買いものあんしん保険」「カードの紛失・盗難補償」があります。「お買いものあんしん保険」はdカードで購入した商品に盗難や破損、損害が生じた際、最大100万円まで補償するというものです。カードを紛失した場合や不正利用された場合も、届け出た日からさかのぼって90日以内の損害を補償してくれます。

海外旅行時でも安心!日本語でサポートしてくれる「VJデスク!」

上記の補償が充実している分、dカードに国内旅行や海外旅行の保険は付帯していません。その代わり、海外旅行を日本語でサポートしてくれる「VJデスク(旅のサポート)」や海外のレンタカーを割引価格でレンタルできる海外レンタカーサービスが充実してくれます。もちろん、海外でのカードの盗難や紛失にも緊急対応する体制を整えています。

dカードはどんな人におすすめなのか

dカードは、特にドコモを利用している人はもちろん、ショッピングが好きな人におすすめのカードと言えます。

ドコモのケータイ料金に応じたポイントが付与される点や、ドコモショップでdカードを利用して購入した端末に対し、購入後1年以内であれば端末トラブルの補償をしてくれる点は、ドコモユーザーだからこそ得られる特典です。

買い物でポイントが貯まったり、買い物した商品に対する保険が整っていたりする点で、ショッピングが好きな人、特にネットショッピングをよくする人にはおすすめです。3つのサイトを利用することでポイントがプラス5%還元されるd曜日のキャンペーンや、dカードポイントUPモールを通じたショッピングでポイントを貯めやすくなる点は魅力に感じられるでしょう。

ネットで購入するからこそ、商品の破損や未着などのトラブルはつきものです。それに対する補償がついていれば、ネットショッピングも安心して楽しめます。

また、ゴールドカードにグレードアップすることもできます。1万円(税抜き)の年会費がかかりますが、旅行の保険が付帯されます。国内旅行は最大5000万円、海外旅行は最大1億円まで補償してくれます。空港ラウンジが無料で使えるようにもなるので、旅行好きなドコモユーザーはアップグレードして損はないでしょう。

dカードを賢く使って充実したdライフを

dカードの評判や特徴、メリットについてまとめました。総合してみるとポイントの貯まりやすさや還元率には定評があり、ショッピングを楽しむ人やドコモユーザーにとっては、お得な特典も満載です。

ポイントを貯めて使って、とポイントの恩恵を受けている人もいる一方、還元率にあまり魅力を感じられなかったり、サポート体制に不満を抱いたりしている人も多く、そうした人たちはほかのカードと併用しているケースも見られました。

とはいえ、年会費無料でポイント利用がしやすいのがdカードの魅力です。試しに使ってみてはいかがでしょうか。

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。
公式サイト:https://marron-financial.com/

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  クレジットカード保有者への満足度に関する調査
 調査対象  クレジットカードの利用または保持している方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  クレジットカードの利用または保持している、20歳~69歳の男女500名