(画像:NET MONEY編集部)

100万円修行とは、1年間にクレジットカードを利用して100万円以上決済し、様々な特典を得ること言います。

この記事では、100万円修行ができるクレジットカードについて三井住友カード ゴールド(NL)を中心に、対象になる支払いなどについて詳しく解説します。

実際に修行達成した人の体験談も紹介しているので参考にしてみてください。

  1. 三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行するメリット
    1. 翌年以降の年会費が永年無料
    2. Oliveフレキシブルペイ ゴールドに切り替えても特典継続
    3. 年間100万円の利用で毎年10,000ポイントがプレゼント
  2. 三井住友カード(NL)の100万円修行を達成した人の利用状況
    1. 生活費などあらゆる支払いを1枚にまとめる
    2. 支払いを立て替えることでまとまった金額を支払う
  3. 三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成するおすすめの方法
    1. 家賃をクレカで支払う
    2. 固定費をカード決済にする
    3. 食費・日用品費をカードで支払う
    4. ネットショッピングの支払い方法に三井住友カード ゴールド(NL)を登録する
    5. Vポイントが貯まる保険支払いにあてる
    6. 税金も100万円修行の対象支払いになる
    7. ふるさと納税でクレジットカード決済でする
    8. 旅行・レジャーの費用をクレジットカードで支払う
    9. 家具・家電の買い替えで利用する
  4. 100万円修行で足りない!と思ったときの裏ワザ
    1. Amazonギフト券を購入し100円単位で調整する
    2. Kyashを利用する
    3. 楽天キャッシュのチャージを利用する
  5. 100万円修行の対象外になる支払い
  6. 100万円修行の達成状況を確認する方法
    1. 会員向けWebサービス「Vpass」
  7. 修行で翌年以降の年会費が無料になるクレジットカード4選
    1. 100万円修行ができるカード一覧
    2. SAISON GOLD Premium
    3. JCBゴールド ザ・プレミア
    4. 三菱UFJカード ゴールドプレステージ
    5. エポスゴールド
  8. 三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成しよう
  9. 100万円修行に関するよくある質問と回答
    1. 100万円修行の集計期間は?
    2. 家族カードは100万円修行に含まれる?
    3. 100万円修行達成したときの通知方法は?
    4. 100万円修行は何度でもチャレンジできる?
    5. 国際ブランドはVisaとMastercardのどちらがおすすめ?

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行するメリット

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行をするメリットは次のとおりです。

100万円修行
(画像:NET MONEY編集部)

クレジットカードを頻繁に利用する方に嬉しい年会費とポイント還元の特典が受けられ、使い勝手が良いカードです。さらにApple PayやGoogle Payの支払いも100万円修行の対象になり、効率的に利用金額を積み上げられます。

翌年以降の年会費が永年無料

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が5,500円(税込)かかるものの、年間100万円以上のカード決済をすると、翌年以降の年会費が永年無料となります。一度でも年間100万円以上の支払いを達成すれば、それ以降は一切年会費がかかりません。

100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になる対象期間は次のとおりです。

100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になる対象期間
初年度 カード加入日から11ヵ月後末日まで
翌年度以降 カード加入月の1日から11ヵ月後末日まで

例えば、加入日が2023年8月12日の場合は、初年度の対象期間が2023年8月12日~2024年7月31日、翌年度の対象期間が2024年8月1日~2025年7月31日で集計されます。

家族カードやETCカードの利用分も合算で計算されることから、毎月約9万円以上利用する方であれば、年間100万円以上のカード決済は難しくないでしょう。

さらに三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円以上を達成したときに限り、三井住友銀行のOliveフレキシブルペイ ゴールドに切り替えても年会費永年無料が継続します。2023年8月11日現在で、2023年3月1日~2024年2月29日までが対象期間です。

Oliveフレキシブルペイ ゴールドの年会費が永年無料になる条件は次の2つです。

■年会費が永年無料になる条件
  • 対象期間にOliveフレキシブルペイ ゴールドに入会し、クレジットモードが利用可能になっている
  • 三井住友カード ゴールド(NL)を年間100万円以上利用している

クレジットモードとは、毎月の利用金額を末日に締め切り、翌月10日頃に次回の支払い金額が確定し、翌月26日に指定口座からまとめて引き落とされる支払い方法のことです。

なお、Olive入会時点で三井住友カード ゴールド(NL)年間100万円以上を達成していない場合でも、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの初年度の利⽤対象期間終了までに条件を達成すれば、年会費は永年無料となります。

年間100万円の利用で毎年10,000ポイントがもらえて実質還元率は8%になる

三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円以上のカード決済をすると年会費が永年無料になるだけではなく、10,000ポイントが獲得可能です。10,000ポイントは100万円以上を達成するたびに、毎年Vポイントがプレゼントされます。

100万円ちょうど利用したとき、ボーナスの10,000ポイントを加味すると実質還元率は+1%上がります。通常還元率は1.5%、コンビニでの利用では8%となりお得です。

三井住友カード ゴールド(NL),100万円修行
(画像:NET MONEY編集部)

100万円以上の利用で10,000ポイントが獲得できる対象期間は次のとおりです。

■100万円以上の利用で10,000ポイントが獲得できる対象期間
初年度 カード加入日から11ヵ月後末日まで
翌年度以降 カード加入月の1日から11ヵ月後末日まで

例えば、加入日が2023年8月11日の場合は、初年度の対象期間が2023年8月11日~2024年7月31日、翌年度の対象期間が2024年8月1日~2025年7月31日で集計されます。

なお、還元された10,000ポイントは、店舗やネットショッピングでの買い物に利用したり、景品交換・他社ポイント移行をしたりなど、あらゆる活用方法があります。

三井住友カード(NL)の100万円修行を達成した人の利用状況

三井住友カード ゴールド(NL)の100万円修行は、以下の方法でスムーズに達成できます。

例えば、FさんやMさんは以下の方法で、1年とかからず、三井住友カード ゴールド(NL)の100万円修行を達成できました。

二人の利用内訳
  • Fさん:8ヵ月で達成

    食費:50,000円

    光熱費:30,000円

    携帯料金:12,000円

    ネットショッピング代:33,000円

    合計:125,000円(/月)

  • Mさん:9ヵ月で達成

    食費:20,000円

    旅費の立て替え:40,000円

    飲み会代金:50,000円

    合計:110,000円(/月)

体験者の声をもとに、修行達成の方法やコツをお伝えします。

生活費などあらゆる支払いを1枚にまとめる

食費や趣味にかかる費用など、あらゆる支払いを三井住友カード ゴールド(NL)1枚にまとめることで、月84,000円は案外簡単に達成できます。

Fさんは、食費や携帯料金のほか、趣味の旅行にかかる費用をカード払いにすることで8ヵ月で達成できました。カード利用料金の月平均額は125,000円です。

アイコン

家賃や光熱費、普段の食費、交通費などあらゆる支払いを三井住友カード ゴールド(NL)に一点集中させたところ4ヶ月ほどで達成することができました。多い月は30万円ほどですが、使わない月は10万円を切ることもありました。

月により支出に差がありますが、東京で1人暮らしするFさんにとって、月84,000円という金額はハードルが低いようです。

実際に、東京での一人暮らしにかかる生活費平均額は13万8,000円であることがわかっています(※)。

例えば家賃など、大きな金額をカードで支払わなくとも、普段の生活で三井住友カード ゴールド(NL)をメインカードとして使えば、100万円修行は達成できるわけです。

クレコ

家賃がカード払いできるかどうかは不動産屋さんに確認が必要です!

※参照:家計調査 家計収支編 単身世帯用途分類

支払いを立て替えることでまとまった金額を支払う

支払いを立て替えることで、実際の支出を抑えながら100万円修行の足しにできます。

100万円修行達成に必要な月平均額は84,000円です。しかし、食費や生活費で8万を超えることはない、という方も中にはいるでしょう。

そんな人はMさんのように、友人などの支払いを立て替えることで達成できます。

アイコン

食費と旅行代がほとんどで、ある月は食費だけで12万円も使っていました!飲み会や大勢での旅行でのホテル代などを積極的に立て替えていたのですぐに100万円達成することができました。それに立て替えであれば、他の人の代金はあとから戻ってきます。実際100万使ってなくても、修行を達成できるんです。

例えばMさんは「10人程度の飲み会でも、まとめて自分が支払うようにしていた」とのことです。会計時に三井住友カード ゴールド(NL)を使えば、1人5,000円、10名で50,000円を100万円修行にあてることができます。

Mさんは友人との年3回の旅行費用も立て替えていました。ホテル代が1名40,000円、4名で16万円、3回分で48万円となります。こちらもカードでまとめて支払えば、達成に大きく近づきます。

このように、実際に100万円使うことがなくても立て替えを引き受けることで、100万円修行を達成する、というテクニックもあります。

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成するおすすめの方法

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成する方法を、裏技も含めてご紹介します。

100万円修行を達成するのに最も効果的な方法は、日常生活の支払いにクレジット決済を取り入れることです。

年間100万円を達成するハードルは高いように思えますが、月間84,000円利用すれば達成できる数字です。

例えば、固定費や定期的にかかる支払いに三井住友カード ゴールド(NL)でコツコツ決済をすると、目標の数字に到達します。

また、特別支出を活用するとより効率的に進められます。

例えば、旅行費用や家具・家電の買い替えでクレジット決済を利用すれば高額決済になるため、達成確率を引き上げられます。

家賃をクレカで支払う

家賃の支払いをクレジットカードで行える場合、100万円修行達成できる可能性があります。

家賃は大きな金額で毎月発生するものなので、これで修行達成を目指すのが一番の近道です。

ただし、家賃をクレジットカードで支払える不動産会社は少ないので、確認する必要があります。

今は対応していなくても、キャッシュレス化の流れで今後対応する不動産会社が増える可能性もあるでしょう。

クレコ

家賃85,00円の家に住んでいるのでチャンス!と思ったけど、家賃の支払いはクレカ決済に対応していませんでした...

固定費をカード決済にする

毎月必ず発生する固定費を三井住友カード ゴールド(NL)で支払うと、年間100万円以上を達成する近道になります。

固定費に該当する主な支払いは次のとおりです。

固定費に該当する主な支払い
  • 水道光熱費
  • 携帯電話料金
  • インターネット回線
  • サブスクリプションサービス

水道光熱費・携帯電話料金・インターネット回線・サブスクリプションサービスはクレジット決済に対応している場合が多いことから、積極的に利用しましょう。

例えば水道光熱費は、総務省統計局の調査によると、総世帯全国平均は、1万7,939円/月とまとまった金額になります。

ただし、住んでいる地域によってはクレジット決済に対応していないことがあるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

食費・日用品費をカードで支払う

日々の生活の中で三井住友カード ゴールド(NL)を利用する機会が多いのは、食費や日用品費です。

食費や日用品費をクレジット決済できる店舗の一例は次のとおりです。

食費や日用品費をクレジット決済できる店舗の一例
  • コンビニ
  • 飲食店
  • スーパーマーケット
  • 百貨店
  • ドラックストア
  • ホームセンター

自宅や職場の近くにコンビニがある方は、ちょっとした買い物であってもクレジット決済をすると、年間100万円以上達成に近づきます。ランチやディナーでレストランや居酒屋を利用するときでも、クレジット決済ができる場合がほとんどです。

さらに食品や日用品などをスーパーマーケットやドラックストアで購入する際にクレジット決済すれば、効率良くカード利用金額が積み上がります。例えば、スーパーマーケットで月間3万円、ドラックストアで月間1万円利用すると、合計で年間48万円になることから、年間100万円に近づけるでしょう。

ネットショッピングの支払い方法に三井住友カード ゴールド(NL)を登録する

店舗での買い物だけではなく、パソコンやスマートフォンを利用したネットショッピングを利用するときでも、三井住友カード ゴールド(NL)でクレジット決済をしましょう。近年では、店舗に出向かなくても食料品・日用品・衣類・書籍などが気軽に購入可能です。そのため、ネットショッピングではクレジット決済に対応しているときが多く、年間100万円以上決済への近道となります。

三井住友カード ゴールド(NL)でのクレジット決済であれば、ポイント優待サイト「ポイントUPモール」を経由しての買い物がおすすめです。

ポイントUPモールに掲載されているネットショップの一例は次のとおりです。

ポイントUPモールに掲載のあるネットショップ
  • 楽天市場
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • ニッセンオンライン
  • セブンネットショッピング

ポイントUPモールで普段からよく利用するネットショッピングで買い物をするだけで、年間100万円以上に近づけます。さらにポイントが+0.5%~9.5%還元されることから、お得にVポイントを貯められます。

Vポイントが貯まる保険支払いにあてる

毎月支払う必要のある保険料の支払いにも、三井住友カード ゴールド(NL)で決済できます。保険に加入していない方や加入している保険にプラスして補償を手厚くしたい方は、三井住友カード会員向けに提供されている「Vポイントが貯まる保険」がおすすめです。Vポイントが貯まる保険とは、一部の保険でカード利用して貯まるVポイントに加えて、+1.0%分のVポイントが貯まる保険です。月額最低140円から加入できるため、無理のない範囲内で利用できます。

+1.0%分のVポイントが貯まる保険の一覧は次のとおりです。

■+1.0%分のVポイントが貯まる保険の一覧
  • ケガ安心
  • 自転車安心
  • ゴルフ安心
  • アウトドア安心
  • スキー・スノボ安心
  • 持ち物安心
  • 日常生活賠償安心
  • 自動車保険

これらの保険の他にも、多くの保険がラインナップされていることから、ライフスタイルに合った保険に加入できます。申込みは、Vpassログイン後の「保険サービス」から簡単に手続き可能です。

税金も100万円修行の対象支払いになる

公共料金などの固定費と同様に定期的に支払う必要があるものとして、税金があります。

固定資産税や自動車税などの支払いはクレジット決済に対応しているため、100万円修行達成にに役立ちます。固定費・食費・日用品ほど頻度の高いものではないとはいえ、支払う額によっては大きく貢献してくれる項目です。

クレジット決済ができる税金の一例は次のとおりです。

■クレジット決済ができる税金の一例
  • 所得税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 自動車税

ただし、税金をクレジット決済にする際には、手数料が発生する場合があります。手数料が発生したとしてもポイント還元率の対象になるときが多いです。そのため、多少手数料がかかったとしても、税金の支払いをクレジット決済することをおすすめします。

ふるさと納税でクレジットカード決済でする

人によっては頻繁に利用するサービスではないものの、ふるさと納税をする際にクレジット決済をするのも1つの手段です。

ふるさと納税とは、自治体に寄附を行ったときに寄附金のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度のことです。

三井住友カード ゴールド(NL)でも支払えるうえに、Vポイントが寄付金額に応じて貯まります。ふるさと納税をするには、「さとふる」や「ふるなび」などの専用サイトがありますが、ポイント優待サイト「ポイントUPモール」からも利用可能です。

ポイントUPモールに掲載されているふるさと納税サイトは次のとおりです。

ポイントUPモールに掲載されているふるさと納税サイト
  • さとふる
  • ふるさとプレミアム
  • ふるさとチョイス
  • ふるなび
  • au PAYふるなび納税
  • ふるさと納税【楽天市場】
  • ふるさと本舗
  • マイナビふるさと納税
  • ANAのふるさと納税

多くのふるさと納税サイトが掲載されているのに加えてVポイントも貯められることから、お得に利用できます。

旅行・レジャーの費用をクレジットカードで支払う

旅行の際に利用する移動や宿泊、レジャー施設でクレジット決済することでも、高額決済ができる可能性が高いです。例えば、旅行では、飛行機・新幹線・ホテル・旅館・旅行先での飲食店・お土産・ETCカードなど、さまざまなシーンで利用できます。三井住友カード ゴールド(NL)は、国内主要空港とハワイにあるダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが利用可能です。さらに海外・国内旅行傷害保険が付帯されているため、安心して旅行を楽しめます。

クレジット決済ができるレジャー施設の一例は次のとおりです。

■クレジット決済ができるレジャー施設の一例
  • リゾート施設
  • 映画館
  • カラオケ
  • 日帰り温泉
  • テーマパーク
  • フィットネスクラブ

三井住友カードが提供している「ココイコ」でも、レジャー施設が掲載されていて事前にエントリーをしてクレジット決済をすると、ポイント増量やキャッシュバックの特典が受けられます。

家具・家電の買い替えで利用する

家具や家電を買い替える予定があるときは、100万円修行を効率的に達成するチャンスです。家具や家電は他の買い物よりも高額になる場合が多く、一気に100万円以上の決済に近づける可能性があります。

家具や家電をネットショッピングで購入するときは、「ポイントUPモール」を経由すれば、100万円達成に近づくうえにVポイントを効率的に貯められます。一方で、店舗で確認しながら購入したい方は、「ココイコ」で事前エントリーしたうえで、買い物をするとお得にVポイントを獲得可能です。

100万円修行で足りない!と思ったときの裏ワザ

日常生活と特別支出での支払いを併せても年間100万円に届かないときは、 無駄遣いをすることなく、目標達成に近づける方法があります。例えば、店舗やネットショッピングだけではなく、 ギフト券の購入や電子マネーのチャージなども含まれます。

100万円に届かないと思ったときの裏ワザは次のとおりです。

裏ワザ
(画像:NET MONEY編集部)
■100万円に届かないと思ったときの裏ワザ

Amazonギフト券を購入し100円単位で調整する

Amazonギフト券の購入で100円単位で調整しましょう

100万円修行をしている際に「購入したいものがない」「100万円に届かないかも」と感じたときは、Amazonギフト券へのチャージが有効です。Amazonギフト券は10年間の有効期限が設定されているものの、あらゆる商品購入に利用できることから、欲しくない商品を買う必要がありません。

100万円修行が終了した後でも、必要になったタイミングで商品が購入できます。チャージ金額が100円単位から指定できる点も使い勝手の良いギフト券です。

Amazonギフト券をクレジット決済で購入できるのはAmazonウェブサイトのみで、コンビニなどで購入できるギフト券は現金払いになることに注意しましょう。Amazonギフト券はデジタルタイプと配送タイプの2通りから選べます。

Kyashを利用する

日頃からSuicaを使う方は、Kyashを利用して100万円修行の達成に近づく方法もあります。

Kyashとは、決済・送金アプリで、アプリからVisaプリペイドカードを発行でき、クレジットカードなどからKyash残高にチャージできるサービスです。三井住友カード ゴールド(NL)からKyashにチャージし、モバイルSuicaを登録すると、Kyashからチャージができます。

1回100円からチャージが可能です。

モバイルSuicaにチャージするまでの手順をわかりやすくすると、次のとおりです。

■モバイルSuicaにチャージするまでの手順
  1. 三井住友カード ゴールド(NL)
  2. Kyash
  3. モバイルSuica

Kyashにチャージ後は有効期限がないうえに残高で買い物をしたときでも、0.2%のポイントが還元されます。ただし、KyashからモバイルSuicaにチャージする際には、ポイント還元がないことに注意が必要です。

楽天キャッシュのチャージを利用する

普段から楽天サービスをよく利用する方は、楽天キャッシュへのチャージをおすすめします。楽天キャッシュとは、楽天市場・楽天トラベル・楽天ラクマなどのインターネットサービスや楽天ペイアプリ加盟店などで支払えるオンライン上の電子マネーのことです。

楽天キャッシュへのチャージは1,000円以上であれば1円単位でチャージが可能です。

楽天キャッシュにチャージすることで、売上金を楽天ペイで使えるようになります。楽天キャッシュへのチャージには手数料はかからず、1円単位で任意の額をチャージできます。引用元:楽天ペイのチャージ方法は6つ!初心者が簡単に設定して支払うまで

100万円ピッタリの利用を狙いたい方は、楽天キャッシュで1円単位で調整するのがおすすめです。

楽天キャッシュ残高にチャージするまでの手順は次のとおりです。

楽天キャッシュ残高にチャージするまでの手順
  1. 三井住友カード ゴールド(NL)でau PAYにチャージ
  2. au PAYプリペイドカードをApple Payに設定
  3. Apple PayでモバイルWAONまたはnanacoにチャージ
  4. コンビニで楽天ギフトカードを購入
  5. 楽天ギフトカードを楽天キャッシュにチャージ

楽天証券が提供するつみたてNISAでも楽天キャッシュが利用できるため、積み立てをしながら効率的に100万円修行を楽しめます。

三井住友カード ゴールド(NL)の100万円修行で対象外になる支払い

三井住友カード ゴールド(NL)による決済は、すべてが100万円修行の対象になるわけではありません。事前に対象外になる商品やサービスを把握していないと、不要な支払いまでしてしまうリスクがあります。

100万円修行の対象外となる支払いには次のようなものがあります。

■100万円修行の対象外となる支払い
  • クレジットカードやETCカードなどの年会費
  • キャッシングリボや海外キャッシングサービスの利用分
  • リボ払い・分割払い・マイレージ移行などの手数料
  • 国民年金保険料などの保険料
  • 三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
  • PiTaPa利用分
  • モバイルSuica・モバイルPASMO・SMART ICOCAへのチャージ
  • 楽天Edy・WAON・nanacoへののチャージ
  • 三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージ
  • ANA Payへのチャージ

なお、Google PayでのモバイルSuicaへのチャージおよび定期券類購入分やSMART ICOCAで定期券類購入は、100万円修行の対象となります。

100万円修行の達成状況を確認する方法

100万円修行の達成状況を自らの手で計算をして、管理することに煩わしさを感じる方がほとんどではないでしょうか。クレジット決済をした項目を1つずつ管理するのは非常に面倒な作業です。

ただし、三井住友カードが提供するWebサービスを利用すれば、1つずつ記帳しなくても簡単に確認できます。100万円修行の達成状況を確認する方法を見ていきましょう。

会員向けWebサービス「Vpass」

100万円修行の達成状況は、会員向けWebサービス「Vpass」から簡単に確認可能です。まずは、Vpassアプリのホーム画面に表示される「あなたのサービスご利用状況」をタップします。

引用元:三井住友カード

「あなたのサービスご利用状況」をタップした後に、「特典達成状況」の項目で現在の累計金額がチェック可能です。

引用元:三井住友カード

100万円修行の達成状況がいつでも確認できることから、後どれくらいで達成できるのかが一目でわかります。100万円修行を達成すると「年会費永年無料達成済」と表示され、翌年以降の年会費が永年無料です。

なお、Vpassでは三井住友カード ゴールド(NL)の特典達成状況だけが確認でき、Oliveフレキシブルペイ ゴールドの達成状況は見られない点に注意しましょう。

修行で翌年以降の年会費が無料になるクレジットカード4選

100万円修行をするのに最適なのは三井住友カード ゴールド(NL)であるとはいえ、他にも100万円修行ができるクレジットカードがあります。例えば、100万円修行だけではなく、エポスゴールドを選択すれば50万円で翌年以降の年会費が無料です。

修行で翌年以降の年会費が無料になるクレジットカードは次のとおりです。

100万円修行ができるカード一覧

100万円修行ができるクレジットカードはそれほど多くはありませんが、提供しているクレジット会社があります。100万円修行ができるクレジットカードは次のとおりです。

■100万円修行ができるクレジットカード

エポスゴールドカードが年間50万円以上の利用で年会費が無料になるのを除いて、他のカードは年間100万円以上のクレジット決済で年会費が無料になります。

いずれのカードも還元率は低めに設定されているものの、海外旅行傷害保険などの付帯保険があることが特徴です。

その中でもゴールドカードにもかかわらず、従来の年会費が安く設定されているうえに、年間100万円以上の支払いで無料になる三井住友カード ゴールド(NL)がおすすめです。

SAISON GOLD Premium

SAISON GOLD Premiumは本会員の年会費が11,000円(税込)ではあるものの、年間100万円以上の利用で翌年以降永久無料です。家族カードを発行したときの年会費は1,100円(税込)ですが、本会員が永久無料の場合は、永久無料となります。永久無料に設定されているため、今後も年会費が有料になることはありません。

通常還元率は0.5%に設定されていますが、年間50万円以上利用すると還元率が最大1.0%に引き上げ可能です。その後も50万円を達成するごとにボーナスポイントが進呈されます。さらに年間100万円の利用で10,000円相当のポイントが獲得可能です。

コンビニ・カフェであれば、最大5.0%が還元され日々の支払いでお得に永久不滅ポイントを貯められます。

対象店舗は次のとおりです。

■対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • スターバックスコーヒー
  • カフェ・ド・クリエ
  • 珈琲館
  • カフェ・ベローチェ

年間の利用金額に応じてレベルが決められ、30万円以上60万円未満の場合がレベル2の翌年ポイント還元率4.0%、60万円以上の場合がレベルMaxの翌年ポイント還元率5.0%でスタートします。そのため、決済をするほど多くのポイントが効率的に貯められます。

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミアは、年間100万円以上のショッピング利用で年会費5,500円(税込)が無料です。ただし、JCBゴールドの年会費である11,000円(税込)は年間100万円以上の決済があっても、支払う必要があることに注意しましょう。家族会員の年会費は1枚目が無料、2人目から1枚につき1,100円に設定されています。

一般の申し込みを受け付けておらず招待制カードになっていることから、JCBゴールドを保有している必要があります。

招待を受けられる条件は次のとおりです。

■招待を受けられる条件
  • JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドのショッピング利用合計額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上の方
  • 本会員が会員専用WEBサービス「MyJCB」に受信可能なメールアドレスを登録していること(毎年1月31日まで)

毎年、本会員宛にメールで案内を受け取れ、2023年8月11日現在で次回の招待は2024年2月下旬~3月上旬を予定しています。

メールにて招待が届いた後の申し込み方法は次のとおりです。

■招待が届いた後の申し込み方法
  1. 毎年2月下旬~3月上旬に招待条件を満たした本会員宛に招待メールを配信
  2. 招待メールに記載の専用URLからMyJCBにログインのうえ、毎年2月下旬~4月中旬までに申し込み
  3. JCBゴールド ザ・プレミアを受け取る

なお、本会員のMyJCBID以外からは申し込めず、申込期間を過ぎると一切申し込めないことに注意が必要です。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ

引用元:三菱UFJカード ゴールドプレステージ

三菱UFJカード ゴールドプレステージはオンライン入会申込みをすると、初年度年会費が無料になるうえに、年間100万円以上の利用で11,000円相当のグローバルポイントが獲得可能です。本会員の年会費は翌年度以降11,000円(税込)になるものの、家族会員は何枚発行しても年会費永年無料と家族が多い方に優しいカードです。国際ブランドはMastercard・Visa・JCB・American Express®の4種類で多くの選択肢があります。

オンライン入会での申込みからカード受け取りまでの流れは次のとおりです。

■オンライン入会での申込みからカード受け取りまでの流れ
  1. 会員規約などに同意
  2. 必要事項の入力
  3. 申込み完了
  4. 審査・カード発行
  5. カード受け取り

なお、オンライン入会での申込み完了時間が9時までの場合、Mastercard・Visaが最短翌営業日、JCBが最短2営業日、American Express®が最短3営業日です。そのため、いずれの国際ブランドを選んだとしても、短期間でカードを受け取れます。

エポスゴールド

エポスゴールドは招待や紹介による入会以外では年会費が5,500円(税込)かかるものの、年間50万円以上の利用で永年無料となります。他社クレジットカードでは年間100万円以上の利用で年会費が無料になるのに比べると、達成のハードルが低いです。例えば、日常生活や特別支出の支払いで月間45,000円ほど利用すれば、年会費永年無料が達成できます。

クレジット決済で貯まるエポスポイントは通常のエポスカードでは有効期限が2年間であるのに対して、エポスゴールドでは有効期限なしで貯められます。そのため、有効期限を気にすることなく、好きなタイミングでポイント利用が可能です。

通常のポイントに加えて、年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえます。

■年間の利用金額に応じたボーナスポイント
決済金額 獲得ポイント
年間50万円以上 2,500エポスポイント
年間100万円以上 10,000エポスポイント

固定費・旅行費用・ネットショッピングなどでクレジット決済をする機会が多いほど、効率的にポイントが貯められます。1ポイント=1円として活用できるため、少しでも利用金額を節約したいときにも役立つでしょう。

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成しよう

引用元:三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)で100万円修行を達成しましょう。

家族カードやETCカードが発行できるのに加えて、どちらの利用分も100万円修行の対象で達成しやすい環境が整っています。生計をともにしている配偶者・高校生を除く満18歳以上の子ども・両親がいる方や、自動車を頻繁に利用する方におすすめのカードです。

三井住友カード ゴールド(NL)は最短5分でカード番号が表示されるうえに、すぐに店舗やネットショッピングで利用可能です。さらにカード決済をした利用金額に応じて、三井住友カードが提供しているVポイントを貯められます。

カード番号・有効期限・セキュリティコードがカード券面に印字されていないナンバーレスであるため、不正利用や盗み見をされる危険性もありません。カード情報はスマートフォンから「Vpassアプリ」をダウンロードすれば、簡単に確認可能です。

三井住友カード ゴールド(NL)の基本情報は次のとおりです。

発行スピード 最短5分
申込可能年齢 原則として、満20歳以上で、本人に安定継続収入のある方
年会費 通常 5,500円(税込)
※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
※年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。
ポイント還元率 年0.5%~
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
追加カード ・家族カード
・ETCカード
電子マネー ・三井住友カードiD
・Apple Pay
・Google Pay
・三井住友カードWAON
・PiTaPaカード
付帯保険 最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険
※選べる無料保険に変更可能
利用可能枠 総利用枠
~200万円

カード利用枠(カードショッピング)
~200万円

リボ払い・分割払い利用枠
0~200万円

キャッシング利用枠
総利用枠の範囲内でキャッシング利用枠を設定
ポイント種類 Vポイント
支払方法 ・1回払い
・2回払い
・ボーナス一括払い
・リボ払い
・分割払い
支払日 ・15日締め翌月10日払い
・月末締め翌月26日払い
※どちらかを選択

100万円修行に関するよくある質問と回答

最後に100万円修行に関するよくある質問と回答をまとめました。

100万円修行を開始する前に知識を深めておきましょう。

100万円修行の集計期間は?
本会員カード加入月の11ヵ月後末までを利用対象期間として、100万円利用することで翌年以降の年会費が永年無料となります。

100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になる対象期間は次のとおりです。
年会費が永年無料になる対象期間
初年度 カード加入日から11ヵ月後末日まで
翌年度以降 カード加入月の1日から11ヵ月後末日まで
審査完了日が対象期間の開始日になるため、カードが発行され次第、無理のない範囲内で100万円修行を始めましょう。なお、年会費・リボ払い・分割手数料など、対象外になる支払いがあることに注意が必要です。
家族カードは100万円修行に含まれる?
本会員カードだけではなく、家族カードの決済分も100万円修行の対象として集計されます。家族カードは、配偶者・高校生を除く満18歳以上の子ども・両親が発行可能です。さらに本会員カードと同様のサービスが受けられるうえに、家計管理がしやすいです。家族で協力してクレジット決済を行えば、100万円達成への近道となります。

また、家族カードのみならず子カードと呼ばれるETCカードやiD専用カードなどを組み合わせると、100万円達成へのスピードが加速することが期待できます。
100万円修行達成したときの通知方法は?
100万円修行中は、「【三井住友カード】年会費永年無料&継続特典の達成状況のお知らせ」というメールが毎月届きます。メールには、「現在のカード利用金額」や「利用集計期日」が記載されています。そのため、いつまでに100万円修行を達成する必要があるのかを確認可能です。

すぐにでも100万円修行の達成状況を確認したいときは、三井住友カード会員向けWebサービス「Vpass」からいつでもチェックできます。Vpassでも「現在の累計金額」が確認できる体制が整っています。
100万円修行は何度でもチャレンジできる?
100万円修行に失敗したとしても、何度でもチャレンジ可能です。万が一、クレジット決済金額が少なく達成できなくても、翌年に年間100万円以上を決済すれば、年会費が永年無料となります。

ただし、1度失敗をしてしまうと翌年の1年間で再度100万円修行に臨む必要があるため、できる限り1回で達成することをおすすめします。「利用集計期日」の後半になり、少額のクレジット決済で達成できそうなときは、Amazonギフト券の購入や楽天キャッシュのチャージなどで補いましょう。
国際ブランドはVisaとMastercardのどちらがおすすめ?
国際ブランドは、利用したいサービス内容によって異なります。

Visaの特徴は次のとおりです。
■Visaの特徴
  • 利用できる国や地域が豊富
  • 加盟店数が国際ブランドの中でトップ
  • アメリカ方面に強い
Mastercardの特徴は次のとおりです。
■Mastercardの特徴
  • ヨーロッパ方面に強い
  • プライスレス・シティを利用できる
  • コストコで利用できる
日本における国際ブランドのシェア率はVisaが50.8%、Mastercardが17.8%とVisaに軍配が上がっています。

ただし、VisaとMastercardともに独自の強みがあることから、あらゆる場面に備えて2枚持ちをすることも1つの手段です。