丸井グループの株式会社エポスカードが発行する「エポスカード」は、さまざまなライフスタイルに合わせてお得に利用できるカードです。

通常のエポスカードだけでなく、駿河屋やビッグエコーなどと提携した幅広いラインナップがあるので、見かける機会も多いのではないでしょうか。

この記事では、エポスカードの評判やメリットなどについて解説します。エポスカードに入会するか悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

エポスカードとは

(画像=PIXTA)

エポスカードとは、ショッピングセンターマルイなどを営む丸井グループの関連企業エポスカードが発行するクレジットカードです。2021年4月にカードデザインが刷新され、表面が縦型のスタイリッシュなイメージになりました。

エポスカードは世界中のVISA加盟店で使用でき、200円で1ポイントのエポスポイントが貯まります。貯まったポイントはショッピング割引に利用したり、商品券やマイルに交換したりできます。

エポスカードは、入会金も年会費もかかりません。「エポスETCカード」や「エポスVISAプリペイドカード」の入会金、年会費も無料です。

貯まったエポスポイントを移行してプリペイドで使用できる「エポスVISAプリペイドカード」もあり、表面デザインを70種類以上の中から選ぶことができます。

デザインは風景のようにシンプルなものから動物やトランプなどユニークな柄まで豊富です。銀魂やワンピースなど人気アニメのキャラクターが描かれたタイプもあるので、毎日の買い物がますます楽しくなること間違いなしです。

なお、通常の還元率は0.5%と高くはありませんが、対象のネット通販サイトで買い物すれば2~30倍のポイントを貯めることができます。

エポスカードの特徴を以下にまとめました。(2021年7月13日時点)

エポスカード
エポスカード
年会費  無料
ブランド  VISA
ポイント還元率  0.5%
貯まるポイント  エポスポイント
家族カード  なし
付帯電子マネー  なし
ETC  年会費・発行手数料無料
付帯保険  海外旅行保険
スマホ決済  モバイルSuica、楽天Edy、Apple Pay、 EPOS PAY、PayPay、d払い、楽天ペイ
タッチ決済  VISAタッチ
主な特徴 ・一部ネットショッピングでポイント2~30倍
・居酒屋、カフェなど1万店舗で優待あり
・利用通知をメールで受け取ることも可能
・入会特典として、2,000円分のエポスポイントもしくはクーポンをプレゼント

エポスカードを利用するメリット

全国の飲食店や遊園地、カラオケなどでエポスカードを利用すると、割引やサービスが受けられるメリットがあります。また、エポスカードと提携している商業施設で買い物すると、ボーナスポイントを貯めることもできます。

さらに、エポスカードを持っているだけで、無料の海外旅行傷害保険が付保される点もメリットです。事前手続きは不要で、海外旅行時にエポスカードを携帯しているだけで、海外での緊急入院時やカメラを壊してしまった場合などに補償を受けることができます。

お得なだけでなく、利便性が高い点もエポスカードを利用するメリットです。モバイルSuicaや楽天ペイ、PayPayなどさまざまなスマホ決済に対応しているため、スマートフォンひとつでスピーディーにショッピングや食事を楽しむことができます。

カード利用通知サービスを設定できるので、クレジットカードの不正利用に不安を感じている人も安心です。このサービスを利用すると、クレジットカードを使用するたびに利用日や金額がメールで通知されるため、不正利用があればすぐにチェックすることができます。

「ついついクレジットカードを使いすぎてしまう」という人は、お支払予定額通知サービスを設定すれば、設定額を超えた翌日に通知が届くので安心でしょう。

エポスカードの評判は?

エポスカードについては、以下のような評判が聞かれます。

・デザインがリニューアルされたタイミングで入会。表面に個人情報が記載されておらず、裏面に署名も不要な点がうれしい。

・エポスポイントは1ポイントから利用できるのが魅力的。前に利用していたクレジットカードは利用ポイントに下限が設定されていた。

・エポスバーチャルカードが無料で利用できるので安心。聞いたことのない会社でネットショッピングをする際は、バーチャルカードを利用するようにしている。

・年会費無料で海外旅行保険が付くので入会した。海外旅行の機会が多いので、大変ありがたいサービス。

特に、海外旅行傷害保険に魅力を感じている人が多いようです。無料なうえに保険内容が傷害死亡・後遺障害で最高500万円、傷害治療費用200万円、疾病治療費用270万円と充実していることが利用者から好評を得ている理由なのでしょう。

また、エポスバーチャルカードに満足しているという声も聞かれました。エポスバーチャルカードとは、ネットショッピング専用のカードです。発行済みのプラスチックカードとは異なる番号がWeb上で発行されるので、海外サイトなど相手に自分のクレジットカード番号を知られたくないときでも安心です。

一方で、以下のようにマイナス面を指摘する声もありました。

・還元率が0.5%であまり高くない。もっと還元率の高いカードへの入会を検討中。

・あまりお得なカードではないと思う。ポイントが割増になるショッピングサイトも利用する機会がない。

通常ショッピングでも還元率が1%以上のクレジットカードも多いため、0.5%という数字を物足りなく感じる人もいるようです。対象のネットショッピングなどで高還元率を狙うこともできますが、普段利用するサイトや店舗が対象になっていなければ意味がありません。

エポスカードはどんな人におすすめなのか

旅行のたびに海外旅行傷害保険に加入する手間や費用がかからなくなるため、海外旅行に行く機会が多い人にはおすすめです。また、エポスバーチャルカードで安心して買い物ができるので、ネットショッピングを頻繁にする人にもぴったりのカードと言えるでしょう。

利用通知メールを設定しておけば、使った金額も簡単に確認できます。ついつい使いすぎてしまわないか心配というクレジットカード初心者の人にもエポスカードはぴったりです。

また、さまざまなスマホ決済アプリに、エポスカードを登録できる点もポイントでしょう。クレジットカードを持ち歩かなくても、スマートフォンひとつで買い物を楽しめるので、身軽にスマートなショッピングを楽しみたい人にもおすすめです。

劇場チケットの割引が豊富な点もエポスカードの魅力です。ミュージカルの鑑賞機会が多い人もエポスカードを検討してみてはいかがでしょうか。

一方で、通常還元率は0.5%と高くありません。楽天やYahoo!ショッピングなどの対象サイトをあまり利用しない人は、海外旅行傷害保険用のサブカードとして持つことを検討したほうが良いでしょう。

また、エポスポイントの利用有効期限は2年間と決して長くはないので、うっかりポイントを失効させてしまうことが多い人にはあまりおすすめできません。

エポスカードの入手方法や審査基準

エポスカードへの入会を決めたら、以下の方法でエポスカードを入手することができます。

1. Web上で申し込み

エポスカードへの入会を決めたら、以下の方法でエポスカードを入手することができます。

1. Web上で申し込み

公式サイトから申し込めます。申し込みの際は、規約に同意したうえで3種類の中からカードデザインを選択し、個人情報や受取場所などを入力します。口座振替手続きもこの段階で同時に進めることが可能です。

2. 入会審査

申し込み後、すぐに審査結果がメールで届きます。

3. エポスカードの受け取り

カードの受取場所は、マルイ店頭か自宅です。店頭では最短で当日に受け取ることができますが、自宅への郵送の場合は約1週間かかります。

自宅受け取りの場合、入会特典はエポスポイント2,000ポイントです。カードが届いた段階で特典分のポイントが付与されています。一方、マルイ店頭受け取りの場合はエポスポイントではなく、2,000円分のクーポンがプレゼントされます。

できるだけ早くエポスカードを入手したいときは、マルイのエポスカードセンターで直接申し込めば最短30分でカードを発行できます。申し込みの際は、運転免許証などの本人確認書類や引き落とし口座のキャッシュカードを持参しましょう。

エポスカードの審査基準は公表されていないため、審査に通る年収水準や属性ははっきりしていません。ただし、専業主婦やフリーターが入会できたという口コミもあるので、特別厳しい審査基準ではないのではないでしょうか。

エポスカードに限らず、クレジットカードの入会は多重債務を抱える人や個人信用情報に傷がある場合は厳しい可能性が高いので、エポスカード以外の決済手段をあらかじめ検討しておいたほうが良いでしょう。

なお、高校生を除く満18歳以上の人しかエポスカードを申し込むことはできません。未成年者の場合は申し込み時に親権者の同意が必要です。

エポスカードでエンタメを遊びつくそう

丸井グループの企業が発行するエポスカードは、シンプルな縦型デザインで個人情報を知られにくいカードです。タッチ決済やスマホ決済にも対応しているので、スピーディーな決済が可能。海外旅行傷害保険も充実しており、旅行好きの人なら持っておきたい一枚です。

一方、ポイント還元率は0.5%と決して高くはありませんが、ネットショッピング利用時の高還元率、舞台やイベント、遊園地などでの優待を考慮すると十分お得と言えるのではないでしょうか。

入会特典としてエポスポイント2,000ポイントの付与もあるので、劇場やカラオケ、ショッピングなどエンタメを楽しむ機会が多い人はぜひエポスカードの入会を検討してみてください。