プロミスで利用限度額を増額することは可能?増額できるポイントとは

手元にある資金が足りない、急な出費が重なって今月だけお財布がピンチだ、というとき助けになるのがキャッシング・カードローンサービスです。いくつか業者がありますが、SMBCグループという安心感や知名度も高いプロミスを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

プロミスでキャッシングした後、もう少しだけ借り入れしたいという場合もあるでしょう。プロミスで利用額を増額したい場合はどうすればよいのでしょうか。プロミスで増額したい場合の手続きや増額できる金額について紹介します。

  1. 追加の借り入れは利用限度額の範囲内であれば簡単
    1. スマートフォン・パソコンから申し込み
    2. 店舗やATMで申し込み
    3. 電話で問い合わせ
  2. 利用限度額を増額することは可能なのか?
  3. すぐに融資が必要な場合は他社借り入れのほうが早い場合も
  4. 利用限度額を増額することで金利が下がる
  5. 増額審査に通るには返済実績を作ること
  6. 返済実績を高める方法とは?
    1. 決済日に遅れず最低額以上を返済
    2. 借り入れを全額返済したことがある
    3. 返済実績が十分な場合はプロミス側から増額の提案が来ることも
  7. その他の増額審査のポイント
    1. 他社からの借り入れの返済状況
    2. 年収の向上
  8. 増額審査に落ちる人の特徴とは
    1. プロミスを利用している期間が短い
    2. 収入が減少している
    3. 生活環境が変化している
    4. 会社の勤続年数が短い
    5. 延滞した経験がある
    6. すでに借りている金額が高い
    7. 利用限度額を増額する理由が適切でない
  9. プロミスのキャッシング・カードローンとは?
    1. プロミスの評判ポイント
  10. プロミスで借り入れするメリット
    1. プロミスならスマホで申込みから借り入れまで出来るから便利
    2. 返済手数料は全て0円
    3. 女性専用のレディースキャッシングであんしん申込み
  11. プロミスで借り入れするデメリット
    1. 最高利用限度額が少し低めの設定
    2. プロミスATMは営業時間が決められている
    3. 3までしか借り入れできない

\24時間振込可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

追加の借り入れは利用限度額の範囲内であれば簡単

追加の借り入れは利用限度額の範囲内であれば簡単

一度プロミスで借り入れをしたのち、もう少し借り入れを増やしたい……。そんなとき、追加で借り入れをすることは可能なのでしょうか。

追加の借り入れは、利用限度額の範囲内であれば簡単に行えます。借入限度額はその人の信用情報によって異なりますが、借り入れ当初では10万円から30万円が一般的です。現在の借入金額がそれよりも少ない場合は、以下の方法を用いて追加で借り入れが可能です。

プロミス,増額方法

\24時間振込可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

スマートフォン・パソコンから申し込み

スマートフォンやパソコンでプロミスの会員サイトにログインすると「瞬フリ」というサービスが利用できます。こちらは申し込み手続きをWeb上で行うと、原則最短10秒で指定の口座に借り入れた金額が振り込まれるというものです。自宅や外出先で申し込みが完了できます。

まずは会員サイトのお申し込みの際に必要な手順をご紹介します。

ステップ1

ご本人さま情報を入力します。入力ミスがないようにしましょう。

プロミス申込画像1

\24時間振込可能!/

ステップ2

次に勤務先情報を入力します。こちらも審査に関わる重要な情報ですので、正しく入力しましょう。

プロミス申込画像2

\24時間振込可能!/

ステップ3

最後にご契約方法を入力します。
同意事項やプロミスカード会員規約を確認した後、「同意して入力内容を確認」をクリックします。

プロミス申込画像3

ステップ4

お客さま情報やご契約内容を確認し、申し込み完了となります。

プロミス申込画像4
プロミス申込画像5

スマートフォンから「少ない入力項目で最短15秒回答」のお申込みが9:00~21:00の間に可能です。 お申込みいただく場合、最短15秒で事前審査結果をご確認いただいた後、本審査が必要となります。 また、新規契約時点でのご融資上限は50万円までとなります。

引用元:プロミス公式サイト

店舗やATMで申し込み

プロミスの店頭窓口に行けば、返済プランなどについても説明を受けながら追加で借り入れが可能です。ATMはプロミスのものだけでなく、提携金融機関のATMも利用できます。プロミスや三井住友銀行のATMなら利用手数料がかからないのでおすすめです。

電話で問い合わせ

24時間通話料無料で利用できるプロミスコールからでも借り入れが可能です。振込先口座を登録していなくても、オペレーターが対応して振込キャッシングが可能となっています。プロミスコールは0120-24-0365、女性専用ダイヤルレディースコールは0120-86-2634です。

プロミスコール
レディースコール

\24時間振込可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

利用限度額を増額することは可能なのか?

利用限度額を増額することは可能なのか?

追加で融資を受けられるのは、先ほど紹介したように利用限度額の上限までです。すでに利用限度額いっぱいまで借り入れしている場合は、追加融資を受けることはできません。

さらに融資を受けたい場合は、利用限度額の上限を増額しなくてはなりません。追加融資は利用限度額の上限までしか受けられませんが、利用限度額の上限を増額することは可能なのでしょうか。

初回契約時の利用限度額は30万円が目安になります。 プロミスで初めて契約したときの利用限度額は、10万円から30万円が一般的です。年収が高く他社での借り入れがない場合などは50万円にまで引き上げられることもありますが、基本的には30万円までと考えておくとよいでしょう。

借入額がすでに30万円に近い場合などは、それ以上プロミスから借り入れをすることはできません。そこで行うのが利用限度額の上限を上げることです。

\24時間振込可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

利用限度額を上げるにはプロミスへ利用限度額変更申し込みを行います。申し込みはインターネットの会員ページにログインすれば可能です。利用限度額が50万円を超える場合、もしくは希望限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書類を提出しなければならないので注意しましょう。

収入証明書は以下の書類のうち、いずれかを提出すればOKです。

収入証明証書の種類

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの/収入額と所得額の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2ヵ月分)+賞与明細書(直近1年分)

必要書類を提出して申し込むと審査が行われます。審査に通れば上限額が増額され、追加で借り入れが受けられます。

\24時間振込可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

すぐに融資が必要な場合は他社借り入れのほうが早い場合も

すぐに融資が必要な場合は他社借り入れのほうが早い場合も

増額の場合、信用情報のチェックや年収を証明する書類を提出するなどの手間もかかりますし、審査にも時間がかかります。すぐに融資を受けて手元に資金が欲しい場合は、借入上限を増額するのではなく、プロミス以外で借り入れを行ったほうが早い場合もあるでしょう。他のおすすめのカードローンと比較してみましょう。

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

※ボタンを押してランキングを切り替えられます

実際に、アコム3秒で借入れ診断が可能なカードローンとなっており、審査通過率も高いため、すぐに借り入れを行える可能性が高いです。また、融資スピードが25分アイフルもすぐに融資を受けたい人にはおすすめです。

しかし他社で借り入れする場合、金利は最大となることがほとんどです。アコムなど他の消費者金融は上限金利が18%とプロミスよりも高くなっています。

複数のカードローンを利用すると返済の手間なども増えますし、上限額を上げることで金利が下がるというメリットも受けられません。できればプロミスで返済実績を上げて借入上限を引き上げてもらい、金利を下げたうえで追加借り入れしたほうが、返済総額を減らすことができるのでおすすめです。

そのためには計画的に返済し、返済実績を上げることが最も大切です。カードローンを計画的に利用し、上手に活用してみてください。

他社での低金利の借り入れや借り換えを検討したい方には以下の記事を参考にするといいでしょう。

借り換え可能なカードローンとは?特徴や審査内容も紹介
カードローンおすすめランキング

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

利用限度額を増額することで金利が下がる

利用限度額を増額することで金利が下がる

利用限度額の上限を上げることのメリットは借入金額を増やすだけでなく、金利が下がるというメリットもあります。

プロミスの金利は4.5%から17.8%となっており、金利は利用実績などに応じて変わるとされています。初回の借り入れの場合、ほとんどは金利上限の17.8%が適応されますが、借入上限を上げることで金利が下がることがあるのです。

例えば上限額を100万円にした場合、金利が15%になることもあります。実際に借り入れしたのは10万円であっても、限度額を増額することで金利が下がるため、同じ額を借り入れするなら上限を引き上げたほうが得になる場合もあるのです。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

専門家のコメント

増額審査に通るには返済実績を作ること

増額審査に通るには返済実績を作ること

利用限度額変更申し込みを行ったとしても、必ず審査に通るわけではありません。増額審査に通って追加で借り入れを受けるには、返済実績を作ることが大切です。

初回の借り入れでは、収入に対して上限は低めに抑えられています。借り入れを行ったとしても利息も含めてきちんと返済されるかどうかが不明だからです。万が一、返済されない事態に陥ることも考えて、初回の上限は低めに抑えられてしまいます。

増額審査では、初回の借り入れからの返済実績がチェックされます。期日に遅れずきちんと返済を続けることで、信用度が高まり、増額しても返済してもらえるとして審査に通る可能性が高まります。

まずは期日を守って返済し、信用度を上げていくようにしましょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

返済実績を高める方法とは?

返済実績を高める方法とは?

返済実績を高めて信用度を上げるためには、ただ返済しているだけでは足りない場合があります。特に利用限度額をなるべく大きくしたい場合は、より信用度を上げられるように注意しましょう。信用度を上げるには、以下のような点を心がけるとよいでしょう。

決済日に遅れず最低額以上を返済

まずは決済日までにきちんと最低額以上を返済することです。毎月返済する金額はプロミスの場合、借入残高に応じて決められます。

借入残高が30万円以下の場合

  • 残高に3.61%を掛けた金額を算出し、1000円未満を切り上げた額が最低返済金額となります。
    例えば借入残高が10万円の場合、3.61%を掛けた3610円を切り上げ、4000円が最低返済金額です。

返済するごとに最低返済金額は変わりますが、会員サービスページで金額が確認できます。プロミスの公式サイトにも一覧表があるのでチェックしてみるとよいでしょう。

返済する場合は、最低額以上の金額を入金することで、より返済実績を上げることができます。できる限り最低額にプラスした金額を返済するようにしましょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

借り入れを全額返済したことがある

返済実績が上がるポイントとしてもう一つ挙げられるのが、借り入れを全額返済することです。一度借り入れした後、それを全額返済終了することで返済能力があると認められます。

返済期限に余裕があっても、全額返済を終了することを目指しましょう。

返済実績が十分な場合はプロミス側から増額の提案が来ることも

返済実績を作ると、借り手側の信頼度が高まります。返済実績が十分な場合は、プロミス側から増額の提案が来ることもあります。増額案内は電話で来ることが多く、条件が良い人におすすめされるようです。

ただし、増額案内の電話がかかってきたからといって、必ず増額審査に通る訳ではなく、その後の信用情報調査のチェックで増額が不可となる場合もあるため注意しましょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

その他の増額審査のポイント

その他の増額審査のポイント

増額審査でチェックされるのは、プロミスからの借り入れや返済状況だけではありません。増額審査が通りやすくなるその他のポイントについても解説します。

他社からの借り入れの返済状況

まず重要なのがプロミス以外の会社からの借り入れ状況です。

借入額は、貸金業法により個人に対する貸付金に上限が設けられています。これを総量規制といい、個人の場合消費者金融などから無担保で借り入れする場合「年収の3分の1まで」しか借り入れできないことになっています。

この借入額はプロミスだけでなく、他社からの借り入れも合わせて年収の3分の1までです。そのため、増額審査にはプロミス以外からの借り入れ状況が厳しくチェックされます。他社からの借入額が多い場合は、増額審査に通らない場合がありますので注意しましょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

年収の向上

増額審査に通るためにチェックされるのが年収です。追加融資を申し込む場合など、年収を証明するものの提出が求められることがあります。これは、年収が高ければ高いほど、借り入れしても返済できる可能性が高いからです。

先ほど紹介した総量規制でも「年収の3分の1まで」が上限となっています。年収300万円であれば上限は100万円ですが、年収が倍の600万円であれば200万円が上限となるように、年収が高ければ借り入れできる金額は増えます。

年収をアップすることで、増額できる可能性も高まるのです。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

増額審査に落ちる人の特徴とは

増額審査に落ちる人の特徴とは

返済実績を高めた場合でも、増額審査に落ちる可能性があります。特に利用者が多いプロミスの場合、利用限度額の増額を希望する方が多いため、審査に落ちる可能性が高くなることも。

ここでは増額審査に落ちる人の特徴を紹介します。下記の特徴に当てはまっていないかを確認し、増額申請を検討してみてください。

プロミスを利用している期間が短い

プロミスの増額審査では利用実績が重要です。特にプロミスに申し込んで新規契約を行ってからの期間が半年以内の場合、増額審査には通過できません。最低でも1年間の利用期間が必要です。

そして、「プロミスのカードローンを利用している頻度が高い」「返済に遅れていない」「繰り上げ返済を行っている」などの返済実績が必要です。

このような返済実績があり、さらにプロミスを長く利用しなければ、増額審査に通過することは難しいはずです。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

収入が減少している

プロミスでは収入状況を参考にして、限度額を設定しています。そのため、増額の申し込み前よりも収入が減っている場合、増額審査に通過できない可能性が高まります。転職や会社の業績悪化により収入が大幅に減少していると、減額になる可能性もあるので注意が必要です。

生活環境が変化している

生活環境の変化が増額申請に落ちる原因にもなる可能性があります。

例えば、プロミスとの初回契約をした際には家族と同居中で、増額申請したタイミングでは1人暮らしを始めたとします。この場合、家賃や光熱費などの支出が増えてしまうため、返済能力が下がるとみなされることも。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

会社の勤続年数が短い

限度額を増額する審査では収入だけでなく、その会社に勤めている期間も関係してきます。特に勤続年数が短い場合、転職回数が多いとみられて収入が途絶える可能性が指摘されるかもしれません。

このように、勤続年数が短いと返済能力が低いと判断されて増額審査に落ちる可能性が高くなることもあるはずです。

延滞した経験がある

年収などの返済能力に問題がない場合でも、返済日に返済できていない記録がある、つまり、延滞した経験があると信頼度が低くなります。この場合、増額審査には通過できない可能性が高いでしょう。

また、他の消費者金融で61日以上の長期間延滞をした経験がある場合、個人信用情報に異動情報として記録されてしまうことも。他にも、債務整理、自己破産の経験があるなども対象です。

この記録は自己破産を除いて5年間継続されます。この期間は増額審査には通過できる可能性は低いと考えられるでしょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

すでに借りている金額が高い

利用限度額の増額審査は返済能力が間違いなくある場合に、通過します。そのため、増額審査で総量規制に近くなる、すなわち年収の3分の1近く借りていれば、返済できない可能性があると判断されて、増額審査に通過できる見込みが低くなるはずです。

この総量規制の対象となるのは「消費者金融カードローン」「クレジットカードのキャッシング」です。例えば、年収が300万円と仮定します。この場合、借り入れ可能な金額は100万円までとなり、100万円を超える増額はできません。

またプロミス以外の消費者金融から高額を借りている場合でも、個人信用情報に他社借入状況が記録されています。この場合も可能性は低いでしょう。

利用限度額を増額する理由が適切でない

プロミスで利用限度額の増額を申請した場合、審査前には増額の理由が必要になります。

この際に「他社に返済するために増額したい」など、返済能力を疑われるような回答をすると、まず増額審査には通過できないはずです。

反対に上記の特徴に当てはまらない方は、プロミスの増額審査に通過しやすいと言えます。プロミスの利用期間が長く、延滞経験もない方は増額審査を行ってみるとよいでしょう。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスのキャッシング・カードローンとは?

プロミスのキャッシング・カードローンとは?

プロミスは、キャッシング・カードローンを行う大手消費者金融です。2012年に三井住友ファイナンスグループの子会社となり、社名をSMBCコンシューマーファイナンスに改めました。

オンライン化、ATMや提携CDのネットワーク化、自動契約機の導入などサービス拡充を積極的に進めることで業績を順調に伸ばし、1993年には消費者金融業界初となる株式店頭公開を実現しています。

2019年3月決算期の資料によれば、営業貸付金残高は1兆1571億円、顧客数は241万人となっており、新規顧客数も増加しています。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスを利用できるのは、20歳から69歳までの安定した収入のある人です。借入金額が50万円までなら、収入証明書類や印鑑、保証人、担保は不要で本人確認書類で申し込みが可能です。

利息は、実質年率4.5%から17.8%となっており、大手消費者金融の中でも上限金利が低く設定されていることが魅力です。

プロミスのサービス概要
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短30分
融資スピード 即日融資可能
WEB完結可否 可能
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類
担保・保証人の
要不要
不要

また、プロミスは馴染みのあるカードローン会社として認知をされています。
プロミス

実査機関:クロス・マーケティング

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスが向いている人
  • 金利上限を安く抑えたい人

    金利が4.5%~17.8%と上限が低く設定されているのが強みです。

  • 借り入れで失敗したくない人

    融資時間、金利、無利息期間のバランスが良く、顧客満足度も高いため、借入に不安のある人はプロミスを利用すると良いでしょう。

プロミスが向いていない人
  • 500万円以上の借入をしたい人

    借入限度額が500万円までしかないため、もし500万円以上の借入をしたい場合は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

プロミスの評判ポイント

プロミス,評判

プロミスの評判ポイントは「オリコン顧客満足度1位」「融資時間、金利、無利息期間のバランスが取れている」です。プロミスは2020年2021年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得するなど、とても高い評価を受けています。 また、最短1時間で融資が可能なだけでなく、消費者金融の中でも上限金利が低く、無利息期間もあるなど、非常にバランスが取れているのが特徴です。

\最短30分融資も可能 /

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスで借り入れするメリット

プロミスで借り入れするメリット

プロミスならスマホで申込みから借り入れまで出来るから便利

アプリローンを使ってスマホから申込めるので、普段仕事で忙しい方やパソコンを持っていない方でも、店舗に行かなくても借り入れができることがメリットです。24時間申し込みに対応しているので、夜中しか申し込めない方でも便利でしょう。

\スマホで完結可能!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

返済手数料は全て0円

プロミスでは、インターネット返済、口座振替、お客様サービスプラザ(店頭返済)、プロミスATM、コンビニから自身に合わせた方法で返済できます。さらに、毎月の返済を忘れたくない場合には、口座振替が便利です。また、近くのコンビニからでも返済ができるので安心。プロミスであれば、すべての返済方法で手数料は0円に設定されているため、無駄な費用が掛からないことも嬉しいポイントです。

\ 返済手数料0円!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

女性専用のレディースキャッシングであんしん申込み

女性だとカードローンを利用すること自体に、不安を感じる場合もあるかもしれません。

しかし、プロミスなら女性専用ダイヤルで申し込める「レディースキャッシング」が用意されています。対応は全て女性オペレーターであり、主婦や学生でも収入がある場合には申し込み可能です。わからないことがあった場合でも、気軽に女性オペレーターへ相談できます。

プロミスへお電話でのお問い合わせ(平日9:00 - 18:00)

  • プロミスコール:0120-24-0365
  • レディースコール:0120-86-2634

\女性も安心!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

プロミスで借り入れするデメリット

プロミスで借り入れするデメリット

最高利用限度額が少し低めの設定

プロミスは申し込みを行った方の収入状況に応じて、利用限度額が設定されます。しかし、最高利用限度額が500万円と少し他社よりも低めに設定されており、高額の借入を検討している方とってはデメリットとなる場合もあるので覚えておきましょう。

会社名 利用限度額
プロミス 500万円
アコム 800万円
レイクALSA 500万円
SMBCモビット 800万円

プロミスATMは営業時間が決められている

プロミスは原則、24時間借り入れ・返済が行えるため非常に便利です。しかし、すぐ手元に現金が必要な場合は、ATMで引き出す必要があります。プロミスが自社で設置しているATMの営業時間は「7:00~24:00」となっており、0:00~7:00の間は利用することができません。(※場所によって異なります。)

会社名 ATM 営業時間
プロミス プロミスATM 7:00~24:00
アコム アコムのATM 24時間

プロミスATMは営業時間が決められていますが、24時間営業の三井住友銀行ATMや提携のコンビニATMが利用可能なので、お近くの利用可能なATMで引き出しを行うといいでしょう。

年収の1/3までしか借り入れできない

一般的に、消費者金融系のカードローンサービスは、総量規制の対象であり、借り入れは年収3分の1までとなっています。

過剰な借入を防いでくれる制度ではありますが、大口の借り入れをしたい方は、プロミスをはじめとした消費者金融系カードローンではなく、銀行カードローンを利用するといいでしょう。

調査概要

当ページは、株式会社ZUUによるカードローン利用者のユーザー満足度アンケート調査を元に、客観的なデータを算出しております。

 実査機関  株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  カート゛ローンのご利用経験がある方への満足度に関する調査
 調査対象  カート゛ローンのこ゛利用経験か゛ある方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  カート゛ローンのご利用経験がある、20歳~69歳の男女500名

プロミス

社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
社名(英文名) -
URL http://cyber.promise.co.jp/Pcmain
設立 1962年
資本金 140,737,000千円
主要株主 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
事業内容 消費者金融業
登録番号 関東財務局長(13)第00615号
加盟団体 日本貸金業協会
(社)日本クレジット産業協会
日本消費者金融協会(JCFA)
(社)日本経済団体連合会 ほか
個人信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー
全国銀行個人信用情報センター
お問い合わせ先 【フリーコール】
プロミスコール 0120-24-0365

プロミスに関するQ&A

利用限度額を引き上げるように催促されることはあるのか?
増額可能である旨が送られてきます。「引上げ承認の通知」は、あくまでも審査結果の通知にとどめ、実際の引上げは利用者の要請に基づくものとすべきと金融庁が回答しています。

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

新井智美
コメントいただいた専門家
新井智美

トータルマネーコンサルタント

個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

公式サイト:https://marron-financial.com/

■保有資格 : CFP®資格認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)日本FP協会)・DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)・証券外務員。
新井智美の関連記事一覧