rakuten

楽天カードはこんな人におすすめ

楽天カードは国内で利用するなら最もお得なカードとして評価が高いクレジットカードです。

楽天カードを選ぶべき人はこんな人!
  • 楽天市場や楽天Edyを普段から利用している
  • 高速道路や公共料金の支払いでもポイントを貯めたい
  • ポイント還元率優先でカードを選びたい
  • レシートの撮影やアンケート回答などのポイ活でお買い物をせずにポイントを貯めたい

新規入会特典で5,000ポイントプレゼント

マクドナルドやガストなどの飲食はもちろん、ファミリーマートや東急ハンズ、UNITED ARROWSなど生活全般のあらゆるサービスの利用でポイントが付いたり、楽天スーパーセールなどのイベント期間で利用すると通常の44倍のポイントが貯まることも。生活にかかるほとんどの支払いで楽天ポイントを貯めることができます。

また、株式会社ZUUが2021年4月にクレジットカードの保有者500人に行った調査では、約半数の人が「楽天カード」を所有していることがわかりました。(実査機関:クロス・マーケティング)

アンケート結果

実査機関:クロス・マーケティング

調査結果からもわかるように、楽天カードは"持っていて当たり前"のカードになりつつあるのです。

楽天カードのメリットは、楽天ポイントが貯まりやすいこと!

楽天カードは還元率が高く、実際に還元率の高さを楽天カードのメリットと感じている人が多いようです。クレジットカードによってはポイント還元率が0.5%前後と低い場合もあるので、楽天カードは明らかにお得なカードといえるでしょう。

また楽天カードの最大のメリットはポイントが使いやすいという点です。インターネットショッピングサイトの「楽天市場」で1ポイント1円として使えるのはもちろんのこと、楽天Edyにチャージしてコンビニで利用したり、さらにはスマホ決済の楽天ペイでも楽天ポイントを電子マネーとして使えます。

これはつまり、楽天ポイントは街中のほとんどのお店で使える非常に便利なポイントなのです。

楽天カード画像
※引用:楽天カード

以下では楽天カードのメリットについて、より詳しく見ていきます。

楽天市場で楽天ポイントがたまりやすくなるので有利

楽天カードで買い物をすれば、還元率1%で楽天ポイントが貯まります。また楽天市場で買い物をする場合は、楽天ポイントがさらに貯まりやすくなります。楽天カードを使って楽天市場で購入すると、ポイントが最大3倍になるのでお得です。

提携する町のお店で楽天ポイントがたまる店がたくさんある

マクドナルド・吉野家・ファミリーマート・ツルハドラッグ・ビックカメラなど、楽天カードは多くのお店で使えます。楽天ポイントの利用可能店を普段からよく使う人にとっては、買い物をするときに楽天カードを使うことで日常的にポイントを貯められてお得です。

楽天ポイントを直接使える店も増加中

貯めた楽天ポイントは、普段の買い物で使うこともできます。飲食やガソリンスタンド、スーパーなど、幅広いジャンルのお店でポイントの利用が可能です。

最近は楽天ポイントを使えるお店が増えてきているので、今後ますます楽天ポイントを貯めたり使ったりしやすくなることが期待されます。

楽天ペイへのチャージをカードで行うと、200円で1ポイントが還元される

楽天Payのチャージ方法にはいくつかありますが、楽天カードでチャージすると200円につき1ポイントの楽天ポイントが還元されるのでお得です。貯めたポイントは買い物で使うことができ、チャージした金額は楽天カードの請求に合算されます。

楽天カード画像
※引用:楽天カード

楽天ETCカードは通行料金100円で1ポイントが還元される!

ETCカードを楽天で作れば通行料金100円で1ポイントが還元されます。普段ETCカードをよく使う人にとっては、メリットが大きいのでおすすめです。ただし楽天会員のランクがダイヤモンドやプラチナでなければ、税込550円の年会費がかかるので注意してください。

rakutenETC

楽天カードならSuicaへのチャージもできる

楽天カードでは、Suicaへのチャージにも対応。200円ごとに楽天ポイントが1ポイントが還元されます。公共交通機関を利用する機会が多い人は、Suicaへのチャージを楽天カードで行うようにするとポイントが貯めやすくなるので、楽天カードを作ると良いでしょう。

このように楽天カードは日常のさまざまなシーンで活躍してくれるクレジットカードになっています。特に、楽天の提供する他のサービスとの併用で真価を発揮するカードです。

13年連続人気No.1の楽天カードとは?

楽天カードとは、楽天グループが発行しているクレジットカードです。楽天関連のサービスを多く利用している方にはポイントのたまりやすいおすすめのカードです。

キャッシュレス化が進む今日、その流れに乗り2020年6月に会員数が遂に2000万人を超えた楽天カード。今や日本人の6人に1人が持っているという、凄まじい人気を誇る楽天カードについてメリットやデメリット、お得なポイントなどを紹介します。

また、楽天関連のサービスはあまり利用しない」という方もいらっしゃると思いますが、楽天カードを作れば必然的に楽天関連のサービスを利用するようになるので、「楽天は利用していない...」という方にもおすすめのクレジットカードです。
それを証明するかの様にJCSI(日本版顧客満足度指数)調査におけるクレジットカード部門において、楽天カードは13年連続でNo1に選ばれています。

順位 クレジットカード スコア
1位 楽天カード 76.0
2位 VIEWカード 73.6
3位 アメリカン・エキスプレス® 72.6
4位 JALカード 72.2
5位 dカード 70.8
6位 JCBカード 70.3
7位 Yahoo!JAPANカード 69.8
8位 三井住友カード 69.7

出典:2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第3回調査結果

楽天カードの基本的な情報をご紹介します。

楽天カードはさまざまな種類があります。

楽天カード一覧
  • 楽天カード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ピンクカード

このように楽天カードにはいくつか種類がありますが、今回は通常の「楽天カード」、ワンランク上のステータスを持つ「楽天ゴールドカード」、女性向けのサービスが充実した「楽天PINKカード」の三種類をご紹介します。まずはそれぞれの項目を比較していきましょう。

通常の楽天カードの年会費は無料です。国際ブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」「AmericanExpress」の4つのブランドから選べます。ポイントの還元率に関しては、通常のお買い物などでは100円につき1ポイント、楽天市場など楽天関連のサービスで使用した場合は100円につき最大で3%ものポイントが還元されるお得なカードです。

おすすめの楽天カードは?

  楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天PINKカード
カード名 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天PINKカード
カードの評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★
ブランド
年会費 無料 2,200円(税込) 無料
還元率 100円につき1ポイント 100円につき1ポイント 100円につき1ポイント
特徴 楽天市場の利用で常時ポイント3倍 ・利用可能額が最大200万円に
・ETCカードが無料
女性のライフスタイルに合わせたサービスを利用できる
利用可能枠 最大100万円 最大200万円 最大100万円
付帯保険 海外旅行/最大2,000万円 海外旅行/最大2,000万円 海外旅行/最大2,000万円
楽天Edy
ETCカード 550円(税込) 無料 550円(税込)
空港ラウンジ × 年2回利用可能 ×
その他 利用明細の
郵送が無料
女性限定の
優待特典
申し込み

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 楽天市場利用で最大還元率3.0%
  • 楽天ペイのチャージ&利用で還元率が1.5%に
  • ポイントがたまる提携店はマクドナルドやファミマなどメジャーな店舗が多い

デメリット

  • 楽天グループ以外での利用で還元率が上がることが少ない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 新規入会し、カードを利用するだけで5,000ポイントがもらえる
  • ゴールドカードは新規入会&利用で10,000ポイントももらえる
  • 家族カードに入会すれば1,000ポイントもらえる

デメリット

  • ポイントが期間限定ポイントでの付与となる

3つのカードを比較しましたが、あまり違いがわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、これらの3種類のカードがどのような人におすすめなのかを完結にまとめてみました。

どのカードを選べばいいの?
  • 楽天経済圏でおトクに支払いを
    完結したいなら楽天カード
  • 100万円では足りない。100万円以上
    利用するなら楽天ゴールドカード
  • 女性なら習い事・育児サービス等11,000以上の
    多彩な割引の利用ができる楽天PINKカード
これらのカードは上記に加え、公共料金のお支払いでも100円につき1ポイント、さらには最近流行りのふるさと納税でも楽天カードを利用することができ、こちらも100円の寄付につき1ポイントが還元されます。Apple Payにも対応しているので、普段からApple Payを使っている人であれば楽天カードを作って決済時に使ってポイントを貯めても良いでしょう。

さらに、楽天カードは「楽天ペイ」と組み合わせて使うことによりポイントの2重取りが可能となっており、その還元率は100円につき1.5%になります。

専門家のコメント

■年会費■

楽天カードの年会費は無料です。その年に1度も使わないと翌年は年会費が発生するといったクレジットカードもありますが、楽天カードにはそういった心配はありません。家族カードについても同様に年会費は無料です。

■保険■

楽天カードには海外旅行保険が付帯しており、出国前に楽天カードを使って旅行代金を決済していることで保険が適用されます。また、ご家族については家族カードを持っている方のみが保険の対象になります。

 
楽天カード
dカード
イオンカード
カード名 楽天カード dカード イオンカード
年会費 無料 無料 無料
還元率 1.00%~3.00% 1.00%~4.00% 0.5%
ポイント種類 楽天ポイント dポイント ときめきポイント
付帯保険 海外旅行 ショッピング ショッピング
追加カード ETCカード/家族カード ETCカード/家族カード ETCカード/家族カード
申し込み条件 18歳以上 18歳以上 18歳以上
おすすめ利用シーン 楽天市場利用でポイント3倍や楽天ペイ利用で還元率1.5%などネットでもリアルでも使える! 提携店だけでなく、月々のドコモの携帯料金の支払いでポイントがたまる! 感謝デーなど多彩な割引でお得にポイントをためる
申し込み

引用元:楽天カードdカードイオンカード

■ETCカード■

ETCカードは年会費550円で発行できます。なお、楽天ゴールドカードの場合や楽天会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナの方は年会費が無料になります。ETCカードでも通行料金100円につき1ポイントが還元されます。

■家族カード■

家族カードは年会費無料で発行できます。楽天ゴールドカードの場合は年会費550円が別途かかります。家族カードも本カードと同様100円につき1ポイントが還元されます。また、50ポイント以上から1ポイント単位で、ご家族の使用している家族カードへ手数料無料でポイントを移行することが可能です。

■楽天PINKカードの他にはない優待特典■

楽天PINKカードには月額330円で女性のライフスタイルに合わせたオプションを付帯できます。任意なので付帯しないという選択肢もありますが、利用の仕方によっては月額支払うよりもグッとお得な内容となっています。それでは特典内容を紹介します。

楽天PINKカード限定特典
・楽天グループ優待サービス

「楽天市場でのお買い物が500円OFF」「楽天Koboで電子書籍が10%OFF」と行った楽天グループのサービスで様々な割引特典を受けることができます。

・RAKUTEN PINKY LIFE
ヒューマックスシネマの映画観賞券1,900円→1,300円へ割引、カラオケの室料が最大30%OFFをはじめとした、映画や飲食店、習い事・育児サービス等11,000以上の多彩な割引、優待の利用ができます。
・楽天PINKサポート

女性のライフスタイルに合わせた多彩な保険を、楽天PINKカード限定の保証プランで利用することができます。(※こちらの保険は2021年4月中旬まで募集を停止しております。)

カードデザインも豊富

楽天カードは、デザインの種類も豊富です。自分が好きなデザインの楽天カードを選びましょう。
  • 楽天カード通常デザイン
  • 楽天カードお買い物パンダデザイン
  • 楽天カードFCバルセロナエンブレムデザイン
  • 楽天カードFCバルセロナプライヤーデザイン
  • 楽天カードミッキーマウスデザイン
  • 楽天カードミニーマウスデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • 楽天カードYOSHIKIデザイン
  • 楽天カードヴィッセル神戸デザイン
  • 楽天カードイニエスタデザイン
楽天カード画像
楽天カード画像
楽天カード画像
※引用:楽天カード

楽天カードはキャンペーンがお得

楽天カードはお得なキャンペーンを随時行っています。

楽天カードのキャンペーン
  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!
  • 楽天VISAカードを5万円以上利用で20,000ポイントあたる!
  • 楽天カードアカデミー入会&条件達成で5,555ポイントプレゼント!
  • 楽天プレミアムカード新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!
楽天カード画像
※引用:楽天カード

楽天カードの申し込み方法

楽天カードの申し込みの際、まずは以下のものを準備します。 

・楽天ID
・本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど)
・引落先として使う預金口座

楽天カードクレジットカードの審査基準は会社ごとに異なりますが、ネット上の評判を見る限り楽天カードは比較的審査が早くて通りやすい部類に入るといえるでしょう。実際に楽天カードを作る場合の申し込みはパソコンやスマホからできて、オンラインで完結するので簡単です。お申し込み後、入会審査が行われ、問題なく審査を通過すれば通常1週間から10日ほどでカードが発行されて手元に届きます。

カードの受け取りの際には、本人確認資料の提示が求められます。運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなど、本人確認資料として使える書類を準備してください。

楽天カードのユーザーの口コミを紹介します

楽天市場や楽天トラベルなどの関連サービスを利用するとポイントが溜まりやすい

アイコン

男性/20代

評価/★★★★

楽天カードは街での買い物で楽天ポイントが100円につき1ポイント溜まり、楽天市場や楽天トラベルなどの関連サービスを利用すると、よりポイントが溜まりやすくなる、とてもお得なカードです。使用目的に合わせて複数種類の楽天カードを所持できますし、そのほとんどが年会費が永年無料なので、1枚は持っておくと便利です。

年会費無料のクレジットカードの中で楽天カードはコスパ最強

アイコン

男性/40代

評価/★★★★★

年会費無料のクレジットカードの中で楽天カードはコスパ最強であると言えます。通常時のポイント還元率が1%でありますので、年会費無料のクレジットカードには通常時のポイント還元率が0.5%が多い中でこのクレジットカードは1%となっています。それに楽天市場で楽天カードを使用すればさらにポイント還元率がアップする仕組みになっているので、楽天市場と楽天カードの相性は抜群に良いです。

街中のお店でもポイントがたまる店舗が多い

アイコン

女性/50代

評価/★★★★★

初回申し込みの特典ポイントが最高にいいカードです。作るだけでもお得感を感じます。年会費無料だし、街中のお店でもポイントがたまる店舗が多いし、ネットショッピングやアンケード回答、ネット検索を5回/日以上するだけでもポイントがつくのでポイントがたまりやすいと思います。新しく楽天内のサービスを利用すると1000ポイント付与してくれるサービスもありとってもお得なカードだと思います。

年会費無料のクレジットカードの中で楽天カードはコスパ最強であると言えます。他社のクレジットカードは通常0.5%
のポイント還元率が主流ですが、楽天カードでは通常1%となっています。それに楽天市場で楽天カードを使用すればさらにポイント還元率がアップする仕組みになっているので、楽天市場と楽天カードの相性は抜群に良いと言えます。

その他44名の楽天カードユーザーの評判・口コミを見る

楽天カードを作る際のよくあるお問い合わせ

ここでは楽天カードを作る前によくある質問をQ&Aにしましたので、ご参考にしてみてください。

Q1.楽天カードは何歳から申し込みができますか?
18歳以上の方(高校生の方は除く)であれば申し込み可能です。また、5年制一貫高校に在籍の方でも申し込みが可能となっていおります。家族カードについては18歳(高校生含む)を迎えた方は申し込み可能です。

なお、未成年の方の場合は親御様へ連絡が行きますので、事前に親御様にご相談してください。親御様の許可がない場合は申し込みができません。

Q2.主婦・パート・アルバイトの場合でも、カードを申し込みはできますか?
主婦・パート・アルバイトの場合でもお申し込みは可能です。専業主婦の方は「配偶者の税込収入額」を申告する必要があります。
Q3.締め日と支払い日はいつですか?
楽天カードの締め日は毎月末日、支払い日は翌月の27日です。支払日が土日祝の場合、翌営業日になります。なお、楽天市場で買い物をした分の請求に関しての締め日は末日ではなく「25日締め」なので注意しましょう。

楽天カードのデメリット

続いて楽天カードのデメリットについて紹介します。そもそも楽天カードはそれほど大きなデメリットがないクレジットカードです。しかし利用者が多いという反面、よくない評判も散見されていますので楽天カードを作る際のご参考にしてください。

ポイントの中には期間限定ポイントがある

楽天ポイントは還元率が高くてポイントを貯められる点がメリットではありますが、ポイントによっては期間限定ポイントになっています。また有効期限が1ヶ月程と短いものがあるので注意が必要です。期限の迫った楽天ポイントは楽天ペイに対応しているネットショップや、楽天ペイのアプリを利用してコンビニで使い切りましょう。

ETCカードの発行に年会費が550円(税込)かかる

ETCカードに関しては、楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナでない人が作ると年会費がかかります。楽天ゴールドカードの場合はETCカードの年会費はかかりません。

コールセンターにつながりにくい

楽天カードのコールセンターは電話がつながりにくいということがしばしば起こります。紛失や盗難など早急に連絡を取りたい場合には困る可能性があります。この場合は時間をずらしかけ直すしかありません。楽天ではコンタクトセンターの混雑状況をリアルタイムで確認できるサービスを開始し現状の改善に努めているようです。

次に楽天カードを持つ際に注意する点をご紹介します。これを知っているだけで安心して楽天カードを利用することができます。

楽天カードを発行する前の注意点

明細書を郵送で受け取る場合に手数料がかかる

通常の楽天カードでの場合クレジットカードの利用明細書の郵送を希望する場合、1回につき84円の手数料がかかります。楽天ゴールドカードの場合は郵送の手数量は発生しません。WEB明細サービスを利用することで費用をかけずに明細を確認することが可能です。また、web明細を紙として保管しておきたい場合はプリントアウトすることができるので、無理に郵送にする必要はありません。

旅行保険が「利用付帯」

クレジットカードのに付帯する保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2パターンがあります。「自動付帯」とはクレジットカードを持っているだけで自動的に保険が付帯され、一方「利用付帯」とはクレジットカードを持っているだけでなく、旅行の際の交通費などをクレジットカードで支払った場合に保険が付帯されるというものです。

楽天カードは後者の「利用付帯」となるため、海外旅行に行く際は飛行機代やツアー代金を楽天カードで支払う必要があります。また、空港までの電車賃やタクシー代は保険の適用条件になりませんので注意して下さい。

3Dセキュアには必ず登録

近年、キャシュレス化によりクレジットカードの不正利用問題が取り沙汰されています。3Dセキュアではクレジットカードに記載された情報に加え、本人しか知らないパスワードを組み合わせて認証をするシステムです。楽天カードもこの3Dセキュアを導入することにより「なりすまし」といったような不正利用などを未然に防ぎます

この3Dセキュアの設定は自動で設定されている訳ではなく、楽天カードの持ち主本人で設定する必要があるのでご注意ください。設定は「楽天e-NAVI」から簡単に行うことができます。

まとめ:楽天関連サービスのユーザー以外でもどんどんポイントがたまる最強のカード

楽天ポイントが貯まる楽天カードは、年会費が無料で家族カードも無料で作れます。審査はそれほど厳しくなく、楽天ユーザーであればメリットが大きいのでぜひとも作っておきたいカードです。

ポイント還元率が1%と高い点が魅力で、楽天カードを使って楽天市場で買い物をすればポイントが最大3倍になります。楽天ペイと組み合わせることで還元率も常時1.5%と非常に魅力的です。また、楽天カードはポイントが貯まりやすいだけではなく、非常にポイントが使いやすいというところも強みです。

デメリットとして期間限定のポイントを多くの方が指摘していますが、インターネットショッピングだけでなく街中でも幅広く使えるので上手に使うことによりそのデメリットはほぼ気にならなくなると思います。

海外旅行の保険、有料のETCカードや明細ご利用明細など注意点はありますが、メリットとデメリットをしっかり確認して使用すれば初めてクレジットカードを持つ方や、2枚目3枚目に持つ方それぞれにおすすめできるクレジットカードです。

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  クレジットカード保有者への満足度に関する調査
 調査対象  クレジットカードの利用または保持している方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  クレジットカードの利用または保持している、20歳~69歳の男女500名