三井住友カード(NL)と楽天カードはいずれもお得にポイントを貯められるカードですが、結局どちらを選べばいいのでしょうか。

この記事では、これらのカードをさまざまな観点から比較していきます。まずはそれぞれのカードの特徴を知ることからはじめましょう。

お得になるお店を見たい方

三井住友カード(NL)と楽天カードはどんな方におすすめ?

三井住友カード(NL)はセブン‐イレブンなどの対象のコンビニをよく利用する人、楽天カードは楽天市場など、楽天サービスをよく利用する人におすすめのクレジットカードです。それぞれのカードがおすすめな人は次のとおりです。

三井住友カードがおすすめな人

  • すぐにクレジットカードを発行したい人
  • セキュリティ重視で、安心してカードを使いたい人
  • コンビニやマクドナルドをよく利用する人

楽天カードがおすすめな人

  • 初めてのカードが欲しい学生の人
  • 楽天サービスを頻繁に利用する人
  • 基本還元率が高いカードでたくさんポイントを貯めたい人

各種カードのスペックは下記を確認してください。

各種カードのスペック表

カード名 三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
楽天カード
楽天カード
年会費 無料 無料
還元率 0.5~7%(※1) 1.0~15.5%
付帯保険 以下いずれかから1つ選べる
  • ・ゴルファー保険
  • ・弁護士保険
  • ・動産総合保険
  • ・個人賠償責任保険
  • ・入院保険(交通事故限定)
  • ・携行品損害保険
  • ・海外・国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • カード盗難保険
発行スピード 最短10秒(※2) 1週間~10日
貯まるポイント Vポイント 楽天ポイント
スマホ決済 Apple Pay / Google Pay Apple Pay / Google Pay /
楽天カードタッチ決済 /
QRコード決済
特徴 コンビニやマクドナルドなどで利用することが多い人向き Amazonでのショッピングが多い人向き
おすすめポイント セキュリティが非常に高いのがメリット 
ナンバーレスで安心安全
楽天市場では還元率3%以上
楽天のサービスを使う人は必須!
キャンペーン 新規入会&ご利用で最大6,000円相当プレゼント
※SBI証券の口座開設&クレカ積立で最大12,600円プレゼント
期間:2024/1/1~2024/4/21
新規入会&ご利用で最大5,000円相当プレゼント
申し込み 詳細はこちら 詳細はこちら
※参照
三井住友カード ナンバーレス(NL)|三井住友Visaカード
【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)|ポイント最大15.5倍
※1 Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※1 ・ iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。 ・商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。 ・一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。 ・通常のポイントを含みます。 ・ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります
※2 最短10秒発行受付時間:24時間
※2 即時発行ができない場合があります。
※3 期間内に1度でもポイントを獲得できれば期間は延長。

■普段使いでお得になるお店を徹底比較

カード名 三井住友カード
楽天カード
コンビニ セブン-イレブン:7%
ローソン:7%
※1
セブン-イレブン:1%
ローソン:1%
ファストフード店 マクドナルド:7%
モスバーガー:7%
サイゼリヤ:7%
ガスト:7%
※1
マクドナルド:1%
すき家:1%
サイゼリヤ:1%
モスバーガー:1% ガスト:1%
※1
カフェ ドトール:7%
エクセルシオール:7%
※1

ドトール:1%
エクセルシオール:1%
ネット
ショッピング
楽天市場:1% ※2 楽天市場:3%
公式サイト
※1 Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※1 ・ iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。 ・商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。 ・一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。 ・通常のポイントを含みます。 ・ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります
※2 通常のお支払いでは還元率がアップしませんが、「ココイコ!」や「ポイントUPモール」といった専用サイトを経由するとお得になります。
※2 2024年1月現在
※2 ポイント還元率は予告なく変更となる場合がございます。

■三井住友カード(NL)の口コミ:コンビニ・ファストフード店での利用が圧倒的にお得

口コミ

30代男性

5

作らないと損。
やはりタッチ決済にするだけで最大で7%還元が大きいですね。いつでも7%は魅力的かなと。
自分は家族親戚巻き込んで最大12%還元で、コンビニ、マック等で毎月平均20000円は使いますので2000ポイント戻るのはやはり大きいです。
申し込み手続きは簡単すぎます。なんだかちょっと不安になります。(男性)

口コミ

30代男性

5

セイコーマート、ポプラ、マクドナルド、サイゼリヤ、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオール カフェ、かっぱ寿司 が新たに7%還元対象になりました。
コンビニではあまり使わないという方も上記のファミレスで使うようであればご一考していただけるのではないかと。
即時発行の審査の早さは驚くものです。洗濯物を干している間に入会の審査が終わるとは思っていませんでした。

引用:価格.com

\新規入会&利用で最大18,000円相当もらえる/

■楽天カードの口コミ:楽天サービスを使うなら楽天カード!

女性1

30代女性

4

クレジットカードの基本とも言えるカードの一つ。 とりあえず迷っていたらコレを申し込んでおけばOKかと思います。
専用サイトはスマホで確認できて便利です。 サイト内の情報も解りやすいです。

女性1

30代女性

4

楽天モバイル、トラベル、銀行、証券などいわゆる楽天経済圏にどっぷりつかる方には、使い心地の良いカードだと思う。
ただ、楽天のサービスをフル活用しないとその恩恵は限定的です。

引用:価格.com

\新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント/

三井住友カード(NL)と楽天カードを徹底比較

三井住友カード(NL)と楽天カードを、ポイント還元率や付帯保険のほか、デザイン、審査難度、国際ブランドなどあらゆる面で徹底比較しました。

ポイント還元率や年会費で比較

通常のポイント還元率は三井住友カード(NL)が0.5%、楽天カードは1.0%となっており、楽天カードのほうが高いです。

  三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
楽天カード
楽天カード
ポイント還元率 0.5~7%(※) 1.0~15.5%
ポイントの特典 ・対象のコンビニ(セブン‐イレブン、ローソンなど)、マクドナルドでスマホタッチ決済すれば最大7%のポイント還元(※) ・楽天市場で常時ポイント3倍還元率3%以上
・毎月5と0のつく日、楽天市場でポイント5倍
・SPU(スーパーポイントアッププログラム)利用で15.5倍
・楽天Edyや楽天Payへのチャージでポイントが貯まる
申し込み
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

楽天カードの特徴は、楽天市場など、楽天サービスでポイントが貯まりやすいことです。

条件達成によりポイントが最大15.5倍になるSPU(スーパーポイントアッププログラム)など、ポイントアップのキャンペーンやサービスが頻繁に実施されています。

楽天サービスを利用する機会が多い人や、エントリーが手間でない人は、楽天カードを選びましょう。

一方三井住友カード(NL)は、手続きしなくとも、対象のコンビニなど、日常の買い物で高還元を受けられます。

セブン‐イレブンなど対象店舗を良く利用する人は三井住友カード(NL)を選んでください。 なお、どちらのカードも年会費は、永年無料です。

付帯保険の充実度で比較

付帯保険を比較すると、三井住友カード(NL)は楽天カードより選べる保険の種類が豊富です。

一方で楽天カードには、海外旅行傷害保険と、盗難・紛失などで不正使用の被害にあったときに被害金額が補償される「カード盗難保険」、2つの保険が付帯します。

幅広いプランからライフスタイルにあう保険を選びたい人は三井住友カード(NL)を、カードの不正利用に備えたい方は楽天カードを選びましょう。

三井住友カード(NL)と楽天カードの付帯保険
  • 三井住友カード(NL):
    ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)、
    弁護士安心プラン(弁護士保険)、
    スマホ安心プラン(動産総合保険)、
    日常生活安心プラン(個人賠償責任保険)、
    ケガ安心プラン(入院保険(交通事故限定)、
    持ち物安心プラン(携行品損害保険)、
    旅行安心プラン(海外・国内旅行傷害保険)のいずれか一つ
  • 楽天カード:最高2,000万円の海外旅行傷害保険、カード盗難保険

デザインで比較

楽天カードデザイン

三井住友カード(NL)と楽天カードでは、カードの券面のデザインにも違いがあります。

三井住友カード(NL)は、スタイリッシュかつシンプルなデザインが特徴です。

また券面はカード番号の記載がないナンバーレスなので、セキュリティ面でも安心して利用できます。

一方楽天カードは、キャラクターものや他企業とのコラボなど、豊富なデザインが楽しめます。

例えばディズニーキャラクターや楽天の公式キャラクター楽天パンダ、楽天イーグルスやヴィッセル神戸とのコラボなどです。 ただし、国際ブランドごとに選べるデザインが異なるので事前に確認しましょう。

審査の難易度や審査の難易度や限度額で比較

審査の難易度を比較すると、流通系の楽天カードのほうが銀行系の三井住友カード(NL)より、通りやすいといえます。

専門家のコメント

そのため初めてクレジットカードを作る方や審査に通るか不安な方は、楽天カードを選びましょう。

なお、限度額はいずれも100万円で違いはありません。

  三井住友カード(NL) 三井住友カード(NL) 楽天カード 楽天カード
カードの系統 銀行系 流通系
審査の難易度 - 通りやすい
利用可能枠 ~100万 ~100万

国際ブランドで比較

国際ブランドで比較すると、三井住友カード(NL)よりも楽天カードの方が取り扱いが豊富で、幅広いブランドの中から選ぶことができます。

それぞれのカードで選べる国際ブランドは下記です。

三井住友カード(NL)と楽天カードの比較ポイント
  • 三井住友カード(NL):Visa、Mastercard
  • 楽天カード:Visa、JCB、Mastercard、American Express

とはいえ、国際ブランドのシェア率において、Visaは1位、Mastercardは2位となっており、いずれかのブランドであれば不便はないでしょう。

特に、プロパーカードにこだわる人はJCBを、ステータス性にこだわる人はAmerican Expressを選べる楽天カードを検討してください。

楽天カードの基本情報

楽天カードの基本情報から紹介していきましょう。

楽天カードの概要

楽天カードの基本的なスペックは以下のとおりです。

 
年会費 無料
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、アメックス
ポイントの種類 楽天ポイント
ポイントの還元率 1.0%
ポイントの有効期限 1年間

楽天カードは入会費・年会費が無料なので、だれでも気軽にもてるというメリットがあります。取り扱っている国際ブランドも4種類と、比較的多いラインナップになっています。

注目すべきなのが、楽天カードを使って買い物をするたび、購入金額の1.0%の楽天ポイントが貯まる点です。このポイント還元率は他社のカードと比較しても大きいものです。

ポイントの有効期限は1年間ですが、期間内に楽天ポイントを獲得すると、有効期限がその都度延長されます。例外的なポイントもあるので、注意してください。

\年会費無料&還元率1%/

楽天カードの主な特徴

楽天カードの主な特徴は、非常にポイントが貯めやすいところです。その要因は多岐にわたりますが、まず注目すべきなのが1.0%という高いポイント還元率です。キャンペーンがなくても、常にこの水準を保っていることはメリットでしょう。

また楽天が運営しているサービスを利用することで、さらにお得に楽天ポイントを貯められます。特に楽天市場で楽天カードを使って買い物をすると、ポイントが3倍になります。ネットショッピングを頻繁に利用する人にとっては、ありがたいシステムでしょう。

楽天カードの特典一覧

楽天カードには、以下のようなお得な特典が充実しています。

・入会特典
楽天カードに新規入会すると、2000ポイントが進呈されます。このポイントは楽天e-NAVIに登録することで、Web経由で受け取りが可能です。また、楽天カードアプリをスマートフォンにダウンロードして、アプリからポイントをゲットすることもできます。

・家族カードの入会特典
楽天カードをすでにもっている人も、家族カードに入会すると1000ポイント獲得できます。家族カード利用分も本カード会員と同じように、ポイントが貯まります。こうして貯まったポイントは、家族カードをもつ者同士で移行が可能です。

・紹介特典
楽天カードを家族や友達に紹介すると、紹介した人に2000ポイント、紹介された人に1000ポイントが進呈されます。ただしこれらの期間限定ポイントを受け取るには、条件があるため注意が必要です。

\新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント/

三井住友カード(NL)の基本情報

次に、三井住友カード(NL)の基本情報を解説していきましょう。

三井住友カード(NL)の概要

三井住友カード(NL)の基本的なスペックは以下のとおりです。

年会費 永年無料
国際ブランド Visa/Mastercard
ポイントの種類 Vポイント
ポイントの還元率 0.5%
ポイントの有効期限 獲得から2年間

三井住友カード(NL)の年会費は、楽天カードと同様に無料です。気軽にもてるカードと言えるでしょう。ただし国際ブランドがVisaとMastercardの2種類のみという点に注意が必要です。ポイント還元率は0.5%、有効期限は2年間です。

\コンビニやマックで最大7%ポイント還元※/

三井住友カード(NL)の主な特徴

三井住友カード(NL)のポイント還元率は0.5%と、決して高くはありません。しかし全国のマクドナルドや対象のコンビニエンスストアなどで、スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済を行った際はポイント還元率が最大7%(※)になります。また「ココイコ!」や「ポイントアップモール」を経由して買い物をした際もポイントがアップします。

三井住友カード(NL)の特典一覧

三井住友カード(NL)には、さまざまな特典が用意されています。代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

期間:2024/1/1~2024/4/21
新規入会&ご利用で最大6,000円相当プレゼント
(新規入会で1,000円相当のVポイント+ご利用の10%最大5,000円相当のVポイント)

・ポイントアップする対象店舗がある
対象の店舗でカードでのVisaのタッチ決済とMastercard®タッチ決済でお支払いなら最大5%、さらにスマホのタッチ決済で+2%のポイント最大7%還元されます。

※Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

\新規入会&ご利用で最大6,000円相当プレゼント/
\2024/1/1~2024/4/21/

楽天カードのおすすめポイント

具体的な楽天カードのおすすめポイントには、どのようなものがあるのでしょうか。以下で見ていきましょう。

楽天カードおすすめポイント
  • 楽天市場で還元率が大幅アップ
  • 付帯の楽天ポイントカード・楽天Edyもお得
  • 楽天カード×楽天ペイもお得

楽天市場で還元率が大幅アップ

楽天カードをおすすめする理由のひとつに、楽天市場を利用した際に付与されるポイントが3倍になるという点が挙げられます。日ごろからネットショッピングを頻繁に利用する人にとっては、ありがたいサービスです。さらに楽天市場以外でも楽天銀行や楽天モバイルなど、楽天グループの提供するサービスをお得に利用できます。

付帯の楽天ポイントカード・楽天Edyもお得

楽天カードをもっていると、楽天Edyでもポイントが貯まります。楽天Edyとは楽天グループが提供している電子マネーです。楽天カードから楽天Edyへ電子マネーをチャージすると、200円につき1ポイント貯まります。チャージしたポイントで買い物をすると、さらに200円につき1ポイントが進呈されます。

楽天カード×楽天ペイもお得

楽天ペイは、楽天グループが運営している、バーコード決済サービスです。楽天ペイに楽天カードから電子マネーをチャージすると、200円につき1ポイントが貯まります。さらに楽天Payで買い物をすると、その都度200円につき2ポイントが還元されます。

\新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント/

三井住友カード(NL)のおすすめポイント

一方、三井住友カード(NL)にはどのようなポイントがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

三井住友カード(NL)おすすめポイント
  • 年会費永年無料、最短10秒で即時発行(※1)
  • 対象のコンビニ・飲食店でスマホのタッチ決済で最大7%ポイント還元(※2)

年会費永年無料、最短10秒で即時発行(※1)

三井住友カード(NL)は年会費が永年無料なので、気軽にもてるカードと言えるでしょう。また最短10秒(※1)でカードを発行できるなど、今すぐクレジットカードをもちたい人にとってはありがたい特徴があります。カードを作るうえでコストがかからないので、作るカードを迷っている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

※1 最短10秒発行受付時間:24時間
※1 即時発行ができない場合があります。

Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済でポイントが最大5%貯まる(※2)

三井住友カード(NL)は、タッチ決済に対応しています。通常のポイント還元率は0.5%ですが、対象店舗でスマホ決済で支払うと、ポイント還元率が5%にアップします。

※2 Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※2 iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※2 通常のポイントを含みます。
※2 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

楽天カードと三井住友カード(NL)はどっちがお得?

結局のところ、楽天カードと三井住友カード(NL)はどちらがお得なのでしょうか。具体的に比較しながら、それぞれの利点を解説していきましょう。

楽天カードがお得な観点

  • ポイントの還元率が高く、楽天サービス利用者は特に貯めやすい
  • 楽天e-NAVIから充実した保険に申し込める
  • ブランド数も多く、海外のATMで現地の通貨を手軽に引き出せる

三井住友カード(NL)がお得な観点

  • 付帯保険が充実
  • セキュリティ面で優れ、24時間365日問い合わせサービスを利用できる
  • コンビニやタッチ決済の利用者、電子マネーをよく使う人にオススメ

基本スペックを比較

まずは、基本スペックから比べてみましょう。

  楽天カード 三井住友カード(NL)
年会費 無料 永年無料
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、アメックス Visa、Mastercard
ポイントの種類 楽天ポイント Vポイント
ポイントの還元率 1.0% 0.5%
ポイントの有効期限 1年間 獲得から2年間

次の項目からは、基本スペックに加え、実際の使い勝手の違いに着目して比較していきます。

マイル・ポイント還元率で比較

楽天カードと三井住友カード(NL)のポイント還元率は、どのように違うのでしょうか。楽天カードのポイント還元率が1.0%なのに対して、三井住友カード(NL)のポイント還元率は0.5%です。

このことから楽天カードのほうが、よりポイントを貯めやすいことがわかります。いずれのカードも入会特典や利用特典などのポイントが付与されることもあるので、どちらが自分の生活スタイルに合っているかを、しっかりと考える必要があります。

\新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント/

付帯保険で比較

次に付帯保険の違いを見ていきましょう。楽天カード会員は、楽天e-NAVIから保険を申し込めます。保険の種類は、楽天カードで購入した商品が破損した際の補償を行う「お買い物プラン」や、旅行に関するけがやトラブルに対応してくれる「旅行プラン」など、多岐にわたります。これらの保険のなかで、自分が必要とする保険に入れます。

\新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント/

一方、三井住友カード(NL)は「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」「お買物安心保険」「航空遅延保険」「【学生限定】ライフ&スポーツ賠償自転車保険」の、5つの保険が用意されています。

\新規入会&ご利用で最大6,000円相当プレゼント/
\2024/1/1~2024/4/21/

いずれのカードも、商品に関する保険や旅行に関する保険など、基本的な保険は一通りそろっています。ただし保険が適用される際にはさまざまな条件があります。詳しいことはカードの公式サイトを確認してください。

日常での使い勝手で比較

次に日常での使い勝手を比較します。楽天カードは、楽天市場をはじめとする楽天が運営しているサービスを頻繁に利用する人におすすめのカードです。また基本的なポイント還元が1.0%と高いことから、手っ取り早くポイントを貯められる点もうれしいところでしょう。

\楽天サービスを使うなら絶対コレ!/

一方、三井住友カード(NL)は、日ごろから対象コンビニを利用する人に特におすすめです。Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済ができる点もスピード感があります。また三井住友カード(NL)はその名前のとおり、カードの表面にカード番号が記載されていません。カード番号を他人に盗み見られる危険性が低いため、セキュリティ面で優れていると言えるでしょう。

\ナンバーレスで安心して使える!/

旅行での使い勝手で比較

旅行先で利用するには、どちらのカードが優れているのでしょうか。いずれのカードも国内・海外旅行に対応した付帯保険をつけられるため、万が一のときの補償に関しては安心できると言えます。加えて楽天カードは海外のATMで現地の通貨を手軽に引き出せるという特徴があります。また三井住友カード(NL)は、24時間365日問い合わせサービスを利用できるので、旅行での急なトラブルにも対応できるでしょう。

まとめ

この記事では、楽天カードと三井住友カード(NL)をさまざまな視点から比較しました。

総合的に考えると、ポイントを貯めやすいのは、楽天カードであると言えるでしょう。ただし利用する店舗によって違いがあります。いずれのカードも年会費が無料なので、思い切ってカードを2枚もつという選択肢もあります。それぞれのカードの長所を生かし、賢く買い物をしましょう

※2022年度日本版顧客満足度指数調査 クレジットカード業種

\14年連続人気No.1/

\新規入会&ご利用で最大6,000円相当プレゼント/
\2024/1/1~2024/4/21/