PayPay(ペイペイ)カードは年会費無料で最大2.5%還元!他のクレジットカードと比較しながら徹底解説

PayPayカードは、PayPayカード株式会社が発行する今話題のナンバーレスカードです。

この記事ではPayPayとPayPayカードとの連携でどんなメリットが得られるのか、他のクレジットカードとも比較しながら解説していきます。

目次

  1. PayPayカードとは?
  2. PayPayカードのメリット
  3. PayPayカードのデメリットはある?
  4. PayPayカードの評判・口コミ
  5. PayPayをもっとお得に!クレジットカードの使い方
  6. チャージにおすすめのクレジットカードは?
  7. PayPayと相性の良いクレジットカード
  8. PayPayカードにおすすめの国際ブランドは?

PayPayカードとは?

PayPayカードとは?

Paypayカードは唯一「PayPayに直接チャージが可能なクレジットカードです。さらに、PayPayポイントももらえます

通常還元率は1.0%と高還元率のため、普段のお買い物でも100円につき1円相当のPayPayポイントが付与され、メインカードとしての利用もおすすめです。

ペイペイを合わせた条件達成時の最大還元率はなんと2.5%になります。

カードの基本情報を確認

ここでカードのスペックとキャンペーンの情報を確認しておきましょう。期間限定の物が多く、対象期間のうちに申し込みを行うことをおすすめします。

PayPayカード
年会費 永年無料
 PayPay利用時 1.0%~2.5%
 ヤフーショッピング利用時 1.0%~3.0%
利用まで 最短7分
※本体は1週間程度で郵送
国際ブランド VISA/MasterCard
/JCB
家族カード 無料
家族カード 550円(税込)
付帯保険 -
申し込み 満18歳以上
発行元 PayPayカード株式会社
PayPayカードの特典
ー PayPayカードの申し込みまたはカード利用で対象に!
  • 新規入会で2,000円相当のPayPayポイントがもらえる
  • さらに3回利用で5,000円相当のPayPayポイントがもらえる

    ※申込月を含む2ヶ月目の末日までの利用

PayPayの特典
  • マツモトキヨシなどの対象店舗で花王商品を2,000円以上お買い上げで最大20%、5,000円以上お買い上げで最大40%戻ってくる

    ※付与上限:2,500円相当まで
    ※2022.6.1(水)~6.30(木)

開催予定の特典
  • イトーヨーカドー、西友など対象店舗で2000円以上をPayPay残高で支払うと抽選で支払い金額の50%、3%、1%戻ってくる

    ※付与上限:1万円相当/回および月
    ※2022/4/1(金)~2022/6/30(木)

\PayPay利用で3%還元/

PayPayでPayPayカードを使用するとどれほどお得になる?

PayPay決済の基本還元率は0.5%となっており、PayPayステップという条件をクリアすると最高で1.5%の還元率になります。そして、PayPayカードを登録して決済した場合は通常の還元率に+1%が還元されて最大2.5%のポイント還元になります

 

paypay

月に3万円分の利用があった場合、カードを利用しない場合と利用した場合では300ポイント(1%)も差がつくので、PayPayを使用するならPayPayカードは必須です。

\最大8,000相当もらえる!/

PayPayカードのメリット

PayPayカードのメリット

話題沸騰のPayPayカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは大きく5つのメリットを紹介します。

高評価のポイント

  • 年会費が永年無料
  • 基本還元率が1%
  • PayPayと組み合わせたときの最高還元率が2.5%
  • ヤフーショッピング・LOHACOで3%のボーナス還元
  • 最短7分でカード番号を利用開始できる

年会費が永年無料

PayPayカードの年会費は永年無料です。

PayPayカード,年会費無料

特に条件などもなく、コストを一切かけずにポイント還元でよりお得にショッピングをすることが可能です。
最近ではクレジットカードの複数枚持ちは当たり前になっているので、「一応持っておく」というのもありでしょう。

年会費がかからない

基本還元率が1%ある

PayPayカードは利用するサービスに関係なく、基本的な還元率が1%(100円につき1ポイント)となっています。

多くのクレジットカードの還元率は0.5%であることが多く、2倍のポイントがたまるのは大きなメリットと言えます。

買い物をさらにお得に

PayPayと組み合わせたときの最高還元率が2.5%

ペイペイカードで還元率アップ

PayPayカードの最大のメリットはPayPay利用時の還元率が最高で2.5%になることです。

還元率条件 PayPayポイント 最大還元率
PayPayの基本還元率 0.5% 合計:0.5%
PayPayカードを使用する +1.0% 合計:1.5%
300円以上の支払い30回以上&5万円達成 +0.5% 合計:2.0%
対象ヤフーサービス3つ利用+Yahoo!プレミアム会員登録+PayPayアカウントと Yahoo! JAPAN IDを連携 +0.5% 合計:2.5%

PayPayポイントとは?

  • PayPayポイントとは、PayPay決済やPayPayカードの支払いで付与されるポイントサービスの名称です。

PayPayの支払い先をPayPayカードに設定するだけで還元率が1.5%になるなので非常に簡単です。
ただし、支払いの際にデスクトップのQRコードで支払ってしまうとPayPay残高払いの扱いになるので注意しましょう。

PayPayなら3%還元に!

ヤフーショッピング・LOHACOで3%のボーナス還元

ヤフーショッピング・LOHACOで3%還元

ポイントがお得に貯められるのはPayPayの利用だけではありません。ヤフーショッピング及びにLOHACOではなんといつでも3%のポイント還元になります。

注意が必要なのは3%の全てがPayPayポイントでの付与になるわけではない点です。
3月31日まで、ポイントは2%相当がPayPayポイント、1%相当がTポイント(ストアポイント・LOHACOポイント)として付与されます。

しかし、ヤフーショッピングなどでのTポイントサービス変更に伴い、4月1日からは3%全てがPayPayポイントで付与されることになります。
PayPayポイントにポイントを一つにまとめて貯めることができるので、ヤフーショッピングやLOHACOをよく利用する人はさらにお買い物が便利になるでしょう。

ネットショッピングもお得!

最短7分でカード番号を利用開始できる

最短7分で発行

PayPayカードのカード番号は最短7分で発行され、すぐにPayPayとネットショッピングで利用を開始できます。

申し込み情報の入力を5分で行った後、クレジットカードの審査が最短で2分で完了します。
この記事を読んだ後、すぐに買い物へ行こうとしている人でもPayPayの還元率アップが可能です。

最短7分で利用開始!

PayPayカードのデメリットはある?

PayPayカードのデメリット

一見メリットしかないPayPayカードですがデメリットもあります。

amazonや楽天などのネットショッピングでは還元率が上がらない

それはネットショッピングでポイント還元率がアップするのがヤフーショッピング・LOHACOのみである点です。
多くの人はamazonや楽天市場を利用する機会が多いのではないでしょうか?

PayPayカードをamazonや楽天市場で利用した場合の還元率は1%ですが、それぞれのサイトで1%以上の還元率を得られるクレジットカードがあります。よりお得にポイントをためるのであれば、複数枚持ちも検討してみましょう。

amazon 楽天市場 ヤフーショッピング LOHACO
1% 1% 最大3% 最大3

しかしながら、PayPayカードの年会費は無料なので、ヤフーショッピング以外で買い物をしてからといって損をすることはありません。

\最大8,000相当もらえる!/

海外旅行保険が付帯されていない

PayPayカードには海外旅行保険が付帯されていません。そのため、PayPayカード旅行代金を支払っても、トラブルに巻き込まれた際の補償がされません。

海外旅行によく行く方で、保険を重視したい方は少し物足りないかもしれません。

もし、海外旅行にいく機会があり、旅行保険が付帯したクレジットカードを持っておきたい人はエポスカードがおすすめです。

エポスカード

年会費は永年無料で、最高500万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(特定の条件なく保険が適用)します。

\最大8,000相当もらえる!/

カード番号の確認が面倒

ナンバーレス
引用:PayPayカード

PayPayカードはカード番号が券面に記載されていないナンバーレスカードです。ナンバーレスカードの特徴として、カード番号の盗み見がされず、セキュリティ面が安全というメリットもありますが、カード番号をアプリ等で確認しなければならないという煩わしさもあります。

ちょっとした用事ですぐ確認したい時に多少ストレスを感じる人もいるかもしれません。

\最大8,000相当もらえる!/

PayPayカードの評判・口コミ

PayPayカードの評判・口コミ

ここからはPayPayカードに関する良い評判と悪い評判の両方を紹介していきます。

PayPayカードの良い評判

PayPayカードは、概ね良いの評判が目立つカードです。良い評判の中には、ポイントが貯まりやすいことPayPayとの相性の良さ特典がお得であることなどがメリットとして挙げられることが多いようです。

face-01

40代 | 女性

ペイペイカードの良い点は、スマホ決済アプリのペイペイにカードでチャージができる点です。アプリのペイペイでチャージをするには銀行口座を登録する方法しかなく、本人確認をするのにもとても時間が掛かります。ほかのクレジットカードではチャージができないのですが、ペイペイカードのみは対応していて利用しています。通常のクレジットカードの使用に関しても、利用額の2.5%が還元されるのでお得に買い物ができています。

face-01

20代 | 男性

年会費が永年無料なので、維持費がかからずありがたいです。また、ポイントの還元率が1%なので買い物がお得になります。券面のデザインがシンプルなので財布に忍ばせていても目立たないので気に入っています。さらに、ナンバーレスのカードなので店舗で使用しても、カード番号が盗み見られるリスクがないので安心して使えます。

face-01

20代 | 女性

私は元々ドコモユーザーだったため、dカードゴールドを使用していましたが、ワイモバイルへと乗り換えました。ドコモユーザーであればdポイントが貯まったり還元率も多くなりますが、PayPayカードも同じような仕組みであることを教えてもらいました。PayPayカードは年会費も不要で今は最大1万円分のポイントを貰えてお得でした。また、使用すると還元率も大きくなるのでとても良いと思いました。

\最大8,000相当もらえる!/

PayPayカードの悪い評判

反対に、PayPayカードの悪い評判としては付帯が保険していないことカスタマーセンターに電話がつながりにくいことをデメリットとして挙げる声が目立ちました。

また、ナンバーレスカードはカード番号が券面に印字されていないため、毎回スマホで番号を確認することに煩わしさを感じるという意見も中には散見されました。

face-03

30代 | 女性

悪い点を挙げるとすれば、それはショッピングガード保険が無い点です。その他の付帯サービスもないので、海外で使用するには少し不安を覚えてしまうと思います。年会費無料・高還元率のカードであるため、付帯サービスを除いた分をこの2つに持ってきたといえます。できればオプションでも良いので、ショッピングガード保険を用意してもらえると有難いです。

face-03

30代 | 男性

基本的には普通に楽天カードと同様で使いやすいカードだと思われますが、paypayカードには海外旅行の保険がついてなかったり、一度連絡してみたことがありますが、お客様コールセンターがつながらなかったりとそれなりにまだまだ改善する点はあると思います。それ以外は特にないので日本で使う分にはいいカードだと思っております。

face-09

50代 | 男性

悪いと感じたのはペイペイカードは券面です。どういうことかといいますと、券面にクレジット番号等が記載されていません。なので見た目はクレジットカードに見えないぐらい。スタイリッシュでいいんですけど、問題はネット支払いにペイペイカードを利用したい時ペイペイカードをみても、クレジットカード番号がわからないので登録出来ません。いちいちクレジットカード番号を調べないといけないので面倒です。

\最大8,000相当もらえる!/

アプリに関する評判・クチコミ

CMでもお馴染みのPayPayアプリは、キャッシュレスが注目されている昨今でよく利用されています。コロナ禍という影響もあり、非接触の決済である安心や、煩わしい小銭がいらないというPayPayのシステム自体に評価が高いようです。

face-01

アプリについて、システムとしてのPayPayはよくできていると思う。小銭の手間がないのは快適だし決済も早いし割り勘で送金しあえるのも画期的に便利だ。ただアプリの起動が遅いことや演出がうるさいことなど、運用面を見直して欲しい。
(引用元:App Store

face-03

アプリについて、個人商店でも導入している店舗は多く、通常は便利に使っています。コロナ禍で非接触の決済ツールということで安心感もあります。ただ、マクドナルドのモバイルオーダーとの相性が不安定なのが困りました。
(引用元:App Store

\最大8,000相当もらえる!/

Yahoo経済圏に関する評判・クチコミ

他にも、Yahoo!ショッピングなどのYahoo!が提供するサービスを使うのであればお得だという意見も多くありました。また、Yahoo!のサービスとの相性が良い点をメリットとして挙げるクチコミがある一方で、その他のサービスではお得感が少ないことを不満に思うクチコミもありました

face-01

30代 | 男性

楽天カード同様paypayカードは1%還元率があるんで悪くはないと思います。特にヤフーショッピングで買い物する人は3%つくので、YAHOO経済圏で生きる人にはいいかもしれません。基本的にカード払いでまとめておくと、じゃんじゃんポイント貯まるんでおすすめしたいですね。ペイペイカード新規特典ポイントとかもつくんで、新規の方にもオススメしたいです。

face-03

30代 | 男性

個人的にはそこまで機能を知らないですが、Yahooショッピングを使用しないので楽天やアマゾンだと使いづらくて、カードが増えていってしまうことがやだと思いました。ペイペイカードの他の悪いところはそんなによく分からないというのが正直なところですが、他の会社とくらべて特別なにかいいという印象がないのでスマホに紐付けたものをよく使用してしまう。

Yahoo!のサービスを利用する機会が少ない方は、PayPayと相性の良いカードの中からよく利用するサービスでお得になるカードを選ぶと良いでしょう。あるいは楽天カードやJCB CARD Wなどのカードと2枚持ちすることで日常の決済はPayPayカードで、ネットショッピングは別のカードを使い分けるともっとお得にポイントを貯めることができておすすめです。

\最大8,000相当もらえる!/

日常の決済はPayPayカードで、ネットショッピングは別のカードを使い分けるのがおすすめ

PayPayカードの評判・口コミ

ペイペイカードの魅力を最大限に生かしつつ、日常生活でお得にポイントをためるならクレジットカードの使い分けがおすすめです。

コンビニやスーパーなどはPayPayで、ネットショッピングの際は別のクレジットカードを使う方法です。

\最大8,000相当もらえる!/

使い分け

PayPayカードはヤフーショッピングで3%還元ですが、ヤフーショッピング以外のサイトを利用する人は1%のポイント還元です。

例えばamazonを利用するならJCBカードを、楽天市場を利用するなら楽天カードを利用したほうがお得にポイントが貯まるでしょう。

使い分け

\最大8,000相当もらえる!/

楽天市場ユーザーなら楽天カードと使い分ける

楽天カード

楽天市場を利用する機会が多い人であれば楽天カードと使い分けましょう。

楽天サービスを利用することが多い人であれば、SPUでポイントが常時4.5倍などになっているためペイペイカードよりもお得にポイントがたまります。

amazonユーザーならJCB CARD Wと使い分ける

amazonを利用する機会が多いユーザーであればJCB CARD Wがおすすめです。

amazonでの買い物では常にポイントが2%相当還元され、たまるポイントは1ポイント=3.5円分としてamazonで利用することができます。

JCB CARDW
カード評価 ★★★★★
 年会費 無料
 基本還元率 1%
 amazon利用時 2%~
 貯まるポイント OkiDokiポイント
 付帯保険 海外旅行(※条件あり)
 スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
電子マネー QUICPay

PayPayをもっとお得に!クレジットカードの使い方

PayPayをもっとお得に!クレジットカードの使い方

PayPayカードをお得に使うには、以下の2ステップを踏みます。

  1. PayPayに登録できるカードに申し込む
  2. 手に入れたカードとPayPayを紐付ける

PayPayに登録できるクレジットカードは?

まずはPayPayに登録できるカードを選びましょう。おすすめはPayPayカードか楽天カードです。

 
PayPayカード
楽天カード
年会費 無料 無料
還元率 1%~2.5%
※特典期間は3%
1%~
PayPay利用時 +1% -
Yahoo!ショッピング
/LOHACO
3% 1%
楽天市場 1% 3%
付与ポイント PayPayポイント 楽天ポイント
最短発行時間 7分
※カード番号
約1週間

注意しないといけないのは、PayPayに登録可能なカードは国際ブランドがVISAかMasterCardのクレジットカードだけということです。ただし、PayPayカードだけはJCBブランドも登録可能です。

PayPayで利用できる国際ブランド

クレジットカードに申し込む

登録するカードが決まったら、カードに申し込みましょう。PayPayカードならカード番号が最短7分で発行されます。家にカードが届く前にクレジットカード番号や有効期限が確認できるので、すぐにPayPayにカード登録して使い始めることできます

PayPayの申し込み方

\最大8,000相当もらえる!/

もしも楽天カードを選ぶ場合は1週間ほどでカードが届きます。楽天カードは家にカードが届くまではPayPayに登録できないので、カードが到着してからPayPayと紐付けましょう

楽天カードの申し込み方

\最大5,000ポイントもらえる!/

PayPayとカードを紐づける

審査に通過してカード番号が確認できたら、実際にPayPayアプリを開いて実際に登録していきましょう。もしも、まだPayPayアプリを利用したことがない場合は、App StoreGoogle Playからアプリをダウンロードして以下の手続きを踏みます。

PayPayアプリの使い方

PayPayのアカウントを開けたら、ホーム画面に移動してカード番号を入力していきます。

PayPayにクレジットカードを登録する方法

あとは、支払い画面から「支払方法」を申し込んだカードに設定すれば完了です

チャージにおすすめのクレジットカードは?

チャージにおすすめのクレジットカードは?

前提として、PayPayの支払い方法は2つに分けられます。

PayPayにチャージするクレジットカードの登録方法

そして、以下の図の通りPayPay残高にチャージできるクレジットカードはPayPayカードのみです。

PayPayにチャージするクレジットカードの登録方法

そのため、もしもチャージ払いを利用したい場合はPayPayカードを選びましょう。チャージ払いにこだわりがなければ、PayPayと相性の良いクレジットカードを比較検討しましょう。

ちなみに、PayPayカードの場合でも、本人認証サービス(3Dセキュア)に登録をしないとチャージ機能は使用できません。

各クレジットカード会社が推奨している本人認証のためのサービスです。
事前にカード会社に登録したパスワードなどを入力いただくことで本人認証を行い、他人による「なりすまし」などの不正利用を防ぐ仕組みです。詳しくはPayPayからのお知らせをご確認ください。ご登録は無料です。

引用元:PayPay公式サイト

PayPayと相性の良いクレジットカードを比較

PayPayと相性の良いクレジットカードを比較

VISAかMastercardの国際ブランドを選択できるクレジットカードならPayPay登録できます。ここでは、そんなクレジットカードの中でもPayPayと相性の良いものを比較していきます。

  1 1 2 3 4 5
 
PayPayカード
楽天カード
三井住友カード(NL)
au Payカード
ライフカード
イオンカード
カード名 PayPayカード 楽天カード 三井住友カード (NL) au PAY カード ライフカード イオンカード
PayPay
に登録
PayPay
にチャージ
- - - - -
国際
ブランド
VISA/Mastercard/JCB VISA/Mastercard/JCB/
American Express
VISA/Mastercard VISA/Mastercard VISA/Mastercard VISA/Mastercard
/JCB
年会費 無料 無料 無料 無料 無料 無料
ポイント
還元率
1.0%~3.0% 1.0%~3.0% 0.5%~5.0% 1.0%~2.5% 0.3%~3.3% 0.5%~1.33%
ポイント種類 PayPayポイント 楽天ポイント Vポイント Pontaポイント LIFEサンクスポイント ときめきポイント
付帯
保険
- 海外旅行 海外旅行/
ショッピング
海外旅行/
ショッピング
- ショッピング
申込
条件
18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上
ここでお得
こんな人にお得
Yahoo!ショッピング
/LOHACO
楽天サービス
(楽天市場など)
コンビニ/マック auユーザー 審査が不安な人 イオン系列店
おすすめ
利用
シーン
PayPayで
最大2.5%還元
楽天市場利用で
ポイント3倍
コンビニや
マクドナルドで
最大5%還元
スマホ分割払いで
最大5%還元
誕生月は
ポイント3倍
イオン系列店で
ポイント2倍
申し
込み

各カードのイメージ調査と公式サイトの情報に基づき編集部が独自にランク付けしています
ランキングの根拠についてはこちら

楽天カードがPayPayと相性が良い理由

楽天カードはPayPayカードと同様に年会費が永年無料で還元率が1%あるクレジットカードです。そして楽天カードならPayPayだけでなく楽天ペイにも登録することができます。楽天カードで楽天ペイにチャージして利用した時の還元率は最大2.5%。さらに、楽天市場、楽天トラベル、楽天ビューティ、楽天モバイルなど楽天グループが展開するさまざまなサービスでポイント還元率がアップするカードです。

他にも楽天カードのおすすめポイントとして、楽天市場で買い物をする時にPayPayで支払うと、期間に関係なく楽天ポイントが3倍になる点も魅力です。さらには「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を利用すると、楽天以外の店舗でもポイントがアップします。また楽天カードは、Edy搭載のカードを使えば、PayPayのように対応店舗でスマホをかざすだけで決済が可能です。両方使いたいなら、店舗によってカードを変えるなどするとより便利に使うことができるでしょう。

楽天カードは申し込みの審査も軽めで、基準は満18歳以上であること(高校生は除外)で、仕事の内容は問われません。そのためパートや、アルバイト、主婦、高校生上の学生でも作ることができます。審査基準もハードルも低いといわれているクレジットカードなのでPayPayと連携することで、より簡単に決済サービスが利用できます。

注意点として、楽天カードでPayPayに登録できるのはVISAかMastercardを選択した場合のみなので、間違えてAmerican ExpressやJCBに申し込まないようにしてください。

\最大5,000ポイントプレゼント/

専門家のコメント

\最大5,000ポイントプレゼント/

PayPayカードにおすすめの国際ブランドは?

PayPayカードにおすすめの国際ブランドは?

PayPayカードで選べるブランドはVISA、Mastercard、JCBの3種類です。PayPayに登録できるカードのブランドは本来、VISAかMastercardのみですが、PayPayカードのみJCBブランドでも登録が可能です。ここでは、それぞれのブランドをメリット・デメリットと共に、どのブランドがおすすめなのかを解説します。

VISAは世界で最も利用可能な店舗数が多い

海外でカードを利用する機会の多い方はVISAを選ぶのがおすすめです。VISAの加盟店は世界200カ国以上に存在しており、その数は実に5000万店以上。VISAを選んでおけば、国内でも海外でも不便に感じることはないでしょう。一方で、MasterCardやJCBのブランドのように特に目立った特典はないので、最も無難なブランドとも言えるでしょう。

VISAの特徴

  • VISAのタッチ決済
  • 国内有名ゴルフコース約1,400ヶ所での割引クーポン5,000円
  • Booking.comで海外・国内宿泊施設を予約すると6%~10%ポイントバック

\VISAブランドでお申し込み/

MasterCardなら限定特典がついてくる

PayPayカードで最もおすすめの国際ブランドはMasterCardです。MasterCardは、VISAと同等の加盟店数を誇りながら、VISAにはない限定特典も用意されているからです。この特典には、例えばMastercardで一人分の料理を無料で楽しめる「お食事一名様分無料プログラム」などが含まれます。海外で使っても不自由がないのはもちろん、日本国内でも多くのお店で使えます。また、Mastecardはコストコで唯一利用できるクレジットカードのブランドでもあります。

Mastercardの特徴

  • Mastercardのコンタクトレス決済
  • コストコで唯一使える

\MasterCardブランドでお申し込み/

JCBは国内でお得な特典満載

JCBブランドは優待や特典が豊富で、例えばJCB会員限定で東京ディズニーランドを完全貸切するイベントである「JCBマジカル」の抽選に毎年応募することができます。一方で、海外では加盟店が少ないため、旅行をする機会が多い人などにはおすすめできません。海外でクレジットカードを使う予定のない方なら、JCBブランドを選ぶと良いでしょう。

JCBの特徴

  • 海外レンタカーの割引
  • 空港免税店割引サービス
  • 海外サービス窓口のJCB PLAZAが利用可能

\JCBブランドでお申し込み/

銀行からチャージすることも可能

銀行からチャージすることも可能

PayPay残高にチャージするには、クレジットカードの他に「銀行からチャージ」する方法や「セブン銀行から現金でチャージ」「ヤフオクの売上金からチャージ」などの方法もあります。

銀行からチャージする場合は、取り扱いのある銀行として、PayPay銀行やゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行などがあり、チャージ金額の上限も高めに設定されています。

 チャージ方法  チャージ上限額
 200万円(30日あたり)
 銀行からチャージ  50万円(24時間あたり)
 セブン銀行ATMからチャージ
 ヤフオクの売上からチャージ
 PayPayカードでチャージ 2万円(24時間あたり)
 5万円(30日あたり)
 ※本人認証が必要
 ソフトバンク&ワイモバイル 最大で10万円
 ※毎月1日から末日まで

スマホのホーム画面から「チャージ」を選択→「チャージ方法」を選択→金額を入力後「チャージする」を選択→チャージ完了となります。

先にお支払方法を設定しておけば、チャージ自体は簡単操作なので、まず限度額やチャージ方法などを確認してから使うようにしてください。クレジットカードと同じなので、限度額の確認はしておくべきでしょう。

※4月1日からポイントの名称が「PayPayボーナス」から「PayPayポイント」に

ポイントの名称が「PayPayポイント」から「PayPayポイント」に

2022年4月1日から、PayPayやPayPayカードを利用することで貯まるポイントの名称が「PayPayボーナス」から「PayPayポイント」に変更されます。

  変更前 変更後
ポイント名称 PayPay
ボーナス
PayPay
ポイント
ポイント価値 1ポイント
=1円相当
1ポイント
=1円相当
その他変更点 特になし

ポイントの名称が変わるだけで、その他の機能等は変わりません。

ヤフーカードからの切替でさらにお得に

現在、PayPayカードの登場によりヤフーカードは発行停止となり、カードの切替が行われます。

ヤフーは2022年3月31日をもってTポイントの利用・付与サービスを終了しており、ヤフーカードを利用するメリットはあまりありません

ヤフーカードからPayPayカードの違いは下記の通りです。

 
PayPayカード
ヤフーカード
年会費 無料 無料
還元率 1%~2.5%
※特典期間は3%
1%~
PayPay利用時 +1% -
Yahoo!ショッピング
/LOHACO
3% 3%
付与ポイント PayPayポイント Tポイント
最短発行時間 7分
※カード番号
1週間
タッチ決済 対応 -
ETCカード - 発行可能
家族カード - 発行可能

\最大8,000相当もらえる!/

ヤフーカードをPayPay利用に特化したクレジットカードになっていることがわかると思います。PayPayを利用するのであればPayPayカードの方が断然お得といえます。

すでにヤフーカードを持っていた人は自動的に切り替えが行われ、登録住所にペイペイカードが送付されます。また、ペイペイのアプリに登録していたヤフーカードも自動的に切り替わるようになっています。

\最大8,000相当もらえる!/

PayPayとは?

PayPayとは

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する支払いサービスです。加盟店も多く、2022年1月時点での登録ユーザー数は4,500万人を突破しています。

正式名称(会社名) PayPay株式会社
所在地 〒105-6921
東京都港区虎ノ門 4-1-1 神谷町トラストタワー WeWork内
代表者 中山 一郎(代表取締役、社長執行役員、CEO)
電話番号 0120-990-634(カスタマーサポート窓口)
加盟店数 355万ヵ所以上(※2021年12月時点)

PayPayは、PayPayマークがあるお店で、PayPayアプリを使ってお店のQRコードをスキャンするか、お店の人にアプリのバーコード画面を提示して支払います。ネットショッピングやネット書籍、ゲームやタクシーの配車などさまざまな場面で利用できます。

また、使用用途は他にもあり、全国1,143地方公共団体の税金や、水道光熱費などを含む各種公共料金の支払いにも対応しています。

PayPayとクレジットカードの効果でお買い物をもっとお得に

PayPayとクレジットカードの効果でお買い物をもっとお得に

PayPayにクレジットカードを登録しておけば、お得にポイントがたまり、経費などの管理も楽になります。以下に、決済手順やスマホの操作方法についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

PayPayの決済サービスには「QRコード」と「バーコード」があり、どちらを使うかは店舗によります。

PayPayでの支払い方法

もしQRコードで支払う時には、まず店のQRコードをスマホで読み取り、金額を入力したら、店側が確認することで決済終了とスピーディに買い物が終わります

スマホ側の処理としては、まず「支払い」ボタンをタップ→「スキャン支払い」をタップ→「QRコードを読み取り」→「金額を入力」→店が確認→「支払う」ボタンをタップで完了です。

一方バーコードで支払う時には、まずスマホでバーコードを表示させ、店のリーダーで読み取ってもらうだけで支払いと買い物が終わります。また、バーコードの場合のスマホの処理は、まず「支払い」ボタンをタップ→「バーコード」を店員に読み取ってもらうと支払いと買い物が終わります。

どちらも現金ではなくスマホで決済が完了するため、おつりの準備なども必要ないのでスピーディに支払えますし、お店側も釣銭を用意するなどの手間がいりません。現金が手元になくても大丈夫ですし、履歴を確認できるので管理も楽になるでしょう。

PayPayとクレジットカードを連携させることをおすすめする理由は、メリットが多いからです。具体的には、「チャージの必要なく決済ができる点」や「複数のカードを登録して使い分けられる」などがあります。

紐づけるメリット

PayPayへの現金でのチャージも便利ですが、チャージの金額や日数の上限があり、もしかしたら残高不足になる可能性もあります。そんな時にクレジットカードを登録しておけば、残高が不足していてもクレジットカードから引き落とされるので、引き落とし日まで支払いの猶予が生まれます

またクレジットカードを複数枚持ち歩くことには防犯上の懸念がありますが、PayPayは複数枚のカードに登録ができるので、その心配からも解放されます。PayPayのボーナスや特典が受け取れないカードもありますが、PayPayカードだけは特典が受けられます。

PayPayカードをスマホから発行する方法

PayPayカードは、スマホから登録することも可能です。以下ではその手順を紹介していきます。

ステップ1:申込ボタンをクリック

公式サイトから申込ボタンをクリックしましょう。

ステップ2:本人情報の入力

指示の通りに本人情報を入力しましょう。
必須項目を全て埋めなければ申込ができません。特に審査に収入や勤め先情報などはカードの審査に関わるので正しい情報を準備しておきましょう。

PayPayカード,公式サイトキャプチャー画像

必要事項を全て入力した後に内容確認画面にうつります。
入力した情報が間違っていないか確認し、問題がなければ「次へ進む」を押します。特に、住所が違うと発行されたカードを受け取ることができないので注意をしましょう。

ステップ3:会員規約確認

最後に会員規約に同意します。
「同意して申し込む」にチェックをいれて「確認画面へ進む」をクリックし、指示に従ってスマホ上のお手続きを完了させましょう。

PayPayカード,公式サイトキャプチャー画像

PayPayに関するよくあるお問い合わせ

ここでは、PayPayに関するよくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

PayPayアプリの登録は無料ですか?
PayPayアプリのダウンロード及び登録は無料です。スマートフォンのApp StoreまたはGoogle Playからダウンロードすることができます。
ただし、PayPayアプリを利用する際にパケット通信料金が発生するのでご注意ください。
>>PayPayへの登録におすすめのクレジットカードを見る
PayPayでの支払い方法は?
スマートフォンにPayPayアプリをダウンロードし、登録します。
お店で決済する際には次の2通りの方法で決済します。
アプリでバーコードを提示しお店側の端末で読み取ってもらう
QRコードをアプリで読み取って決済する
PayPayの登録にはどれくらい時間がかかりますか?
登録は最短1分で完了します。 スマートフォンにPayPayアプリをダウンロードし、簡単な操作で登録完了できます。
>>PayPayへの登録におすすめのクレジットカードを見る

まとめ

paypay

PayPayと相性のいいクレジットカードは何種類かありますが、もしポイントを高くしたいなら、クレジットカードの選び方も考えてみましょう。PayPayならカードを持ち歩くこともなく、セキュリティ面も安心です。現金がなくても決済ができるのは便利ですが、チャージの際には限度額に注意してください。

もし毎回の決済が不便と感じているなら、PayPayに登録してポイントをためつつ、簡単に決済できるサービスを利用してみるとよいでしょう。

PayPayカードの概要

カード発行会社 PayPayカード株式会社(PayPay Card Corporation)
所在地 ■本社
〒102-8422
東京都千代田区紀尾井町1番3号東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
設立 2014年7月8日
事業内容 クレジットカード事業、カードローン事業、信用保証事業
会社概要 https://www.paypay-card.co.jp/company/profile/

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。
公式サイト:https://marron-financial.com/
新井智美の関連記事一覧

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較