暗号資産(仮想通貨) ウォレット,ホットウォレット,コールドウォレット
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産(仮想通貨)のウォレットとは「暗号資産(仮想通貨)専用の財布」のことであり、暗号資産(仮想通貨)を保管する場所を意味する。日本円のお札や硬貨を保管する方法は、財布からタンス預金、金庫から伝統的な銀行、ネット銀行など様々だが、暗号資産にも多くの保管方法がある。

ウォレットは大きく分けて2種類

暗号資産(仮想通貨) ウォレット,ホットウォレット,コールドウォレット
(画像=ZUUonline)

インターネットに接続できる環境にあるウォレットはホットウォレットと呼ばれる。たとえばウェブウォレットやデスクトップウォレット・モバイルウォレットなどだ。これは少額の保管や送金には便利だが、その反面、ハッキングやウイルス感染のリスクとも隣り合わせだ。

ネットに接続していないものがコールドウォレット。たとえばペーパーウォレットとハードウェアウォレットなどだ。インターネット環境から遮断された状態で暗号資産(仮想通貨)の保管ができる。ハッキングや資産流出リスクが低いので安全性が高く、高額な暗号資産の保管などに適している。

コールドウォレットで暗号通貨(仮想通貨)
を管理している取引所一覧

インターネット接続されているウェブウォレット

ウェブ上の預け先としては、取引所と、事業者が提供しているオンラインウォレットがある。メリットはどちらもIDやパスワードなどを設定するだけで簡単に利用できることだ。ネット銀行やネット証券のように、どのパソコンやモバイル端末からもアクセスできるので、使い勝手も良い。

デメリットとしては、インターネット上に資産を保管するので、セキュリティ面において安全性が高いとは言えない点だ。ハッキングや取引所の倒産、管理事業者の不正といった事態に直面すれば、一瞬にして預けた暗号資産(仮想通貨)を全て失うリスクがある。

事業者が設置するサーバーが壊れると使用できなくなる、またはメンテナンス時間中は操作できないといったこともデメリットに挙げられる。

取引所への不正アクセスによって預けた資産が消失したり、サーバーダウンで機会を逸したりするのが心配であれば、購入した暗号資産(仮想通貨)を預けたままにするのは避けるべきだろう。

オンラインウォレットは取引所保管と違って、事業者の倒産や取引所都合による使用不能にはならない。取引所のような大規模サーバーを使用しないことから、暗号資産(仮想通貨)の大量盗難のような事件に巻き込まれるリスクも低くなる。利便性を求めるならば、少額に限りオンラインウォレットを使用するのもおすすめだ。

いつでもどこでも使えるモバイルウォレット

モバイルウォレットはホットウォレットの一種であり、デスクトップウォレットとともにクライアント型(ローカルウォレット)に分類される。スマホやタブレットにアプリケーションをダウンロードして使用する、いわばデスクトップウォレットのモバイル版だ。ウォレットによっては、同じソフトウェアやアプリケーションをインストールすることで、パソコンやモバイル端末など、どこからでも同様に使用できるものもある。

デスクトップウォレットと同じように、自分の秘密鍵やアドレスをダウンロードしたアプリケーション内で管理するタイプのウォレットだ。端末の故障や機種変更後に暗号資産(仮想通貨)を取り出すには秘密鍵が必要になる。自分自身で秘密鍵を別の場所に書き留めておくなど、秘密鍵を忘れないようにすることが重要だ。

スマホやタブレットに対応したウォレットなので、デスクトップウォレットのようにWi-Fi環境に縛られることなく、どこでも気楽に使用できる。

デメリットとしては、インターネット回線を利用するため、ハッキングやウイルス感染のリスクがある。使わないときはオフラインにすべきだろう。

代表的なモバイルウォレット

Ginco……App Storeからダウンロード無料、Google Playでも対応予定

スマホなどに専用のアプリをダウンロードすることで、暗号資産(仮想通貨)の保管や送金だけでなく、ICOへの投資や暗号資産(仮想通貨)のマイニングなどができる機能もある。日本語対応なので操作が楽なのも特徴だ。

Coinomi……App StoreまたはGoogle Playからダウンロード無料

70種類以上の暗号資産(仮想通貨)に対応できるのが最大の強み。スマホやタブレット専用モバイルウォレット。

JAXX……あらゆるプラットフォームからダウンロード無料

ジャックスは今後、50種類以上の暗号資産(仮想通貨)やゲームクレジットなどの通貨にも対応可能になる予定。パソコンでもモバイル端末でも同一のウォレットにアクセスできる。操作画面は英語表記だが簡単なので問題はない。

おすすめ取引所5選

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
13種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
12種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
14種類 販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 5種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC
(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
13種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
12種類 販売所:0.0001BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
14種類 販売所:0.00005 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 5種類 販売所:0.0001BTC
取引所:0.0001BTC
なし
※1.別途スプレッドあり
※2.BitMatch取引手数料を除く
2021年10月19日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC Trade

使いやすさと安全性のバランスが良いデスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、クライアント型(ローカルウォレット)に分類されており、専用のソフトウェアを自分のパソコンにダウンロードしてローカルで使用する。必要に応じてインターネットに接続されるため、ホットウォレットの一種に見なされる。デスクトップウォレット1個につき1種類の暗号資産(仮想通貨)にしか使用できない。

デスクトップウォレットには完全型と簡易型がある。完全型は全てのブロックチェーンをダウンロードするタイプであり、通貨によっては条件を満たすことでマイニングできるものもある。起動時間がかかる、または大量の容量を使用してしまうのが難点だ

一方、簡易型は必要に応じてネットワークに適宜アクセスするので、盗難やウイルス感染などのリスクがある。送金のためには時間がかからない簡易型が便利なので、少額に抑えて利用するならおすすめできる。

IDとパスワードは自分のパソコン内で保管してサーバーに渡さない。そのため、秘密鍵を自分で管理でき、大量盗難やハッキングの被害に遭う危険性はないと言えるだろう。デスクトップウォレットのサービス提供業者が倒産しても、秘密鍵があれば他のウォレットに暗号資産(仮想通貨)を移管できる点も安心できる。

注意点としては、自分のパソコンがウイルス感染すると、勝手に暗号資産が送金されてしまうリスクがあることだ。パソコンの故障や買い替えの際には、バックアップキー(復元フレーズ)でパソコンとデスクトップウォレットを紐付けないと使用できないので、バックアップキーを忘れない工夫も必要だ。

代表的なデスクトップウォレット

Copay……あらゆるプラットフォームからダウンロード無料

ビットコイン専用のデスクトップウォレット。複数の利用者が同一のウォレットを管理できるほか、一つのアプリで複数のウォレットを管理することもできる。

Bitpay……あらゆるプラットフォームからダウンロード無料

デビットカード機能が追加されたウォレット

Bitcoin.com……あらゆるプラットフォームからダウンロード無料

ビットコイン、ビットコインキャッシュの両方に対応したウォレット。開発元が同じなので、Bitpayと同じように使用できる。

紙に秘密鍵を書き留めるペーパーウォレット

オンライン上ではなく、紙面に暗号資産(仮想通貨)の秘密鍵を書き留める方法。ネットワークにつながっていないペーパーウォレットはコールドウォレットの一種だ。

このウォレットはウイルスによる暗号資産(仮想通貨)の喪失やハッキングによる盗難を完全に防ぐことができる。ウェブウォレットやデスクトップウォレット、モバイルウォレットに比べると、安心して使うことができるだろう。

ただし、ぺーパーウォレット本体が紙なので、火事で焼失したり、文字が擦れて読めなくなったりするリスクがあるので保管には注意を払ってほしい。

オンラインから切り離された暗号資産(仮想通貨)保管専用ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはコールドウォレットの一種であり、ウイルスやハッキングの危険性があるネットワークから暗号資産(仮想通貨)の秘密鍵を切り離して、物理的なデバイスに保管する仕組みだ。パソコンに専用のアプリケーションをインストールしてからハードウェアウォレットを接続して送金や受取操作をする。専用のアプリケーションが入っていれば、どのパソコンからでも管理できるので使い勝手がよく、小さいので持ち運びも楽だ

ハードウェアウォレットは使い方に注意しないと、暗号資産が盗まれたり、喪失したりするリスクがある。PINコードが入っていて初期設定を自分でする必要がない場合、悪意のある第三者が保管されている暗号資産(仮想通貨)を盗む危険性がある。安全性を重視するなら、初期設定は自分で行うべきだ。

ハードウェアウォレット自体の破損や故障で暗号資産を取り出せなくなった場合は、リカバリーフレーズ(秘密キー)を使って新しいデバイスから暗号資産を取り出すことができる。逆に、リカバリーキーを忘れてしまうと永久に暗号資産を取り出せなくなるので、リカバリーキーを記憶しておくか、書き留めておく必要がある。

代表的なハードウェアウォレット

Ledger Nano X 日本正規販売代理店価格 1万7,380円(税込)

フランスのレジャー社によるハードウェアウォレット。ビットコイン(BTC)だけでなく、イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)など、数多くの新しい通貨に対応している。ウェブウォレットに接続して対応通貨を拡張させることができるのが特徴。対応通貨は現在1100種類以上。高度な暗号式を採用しておりセキュリティは堅牢。

TREZOR Model T 日本正規販売代理店価格 2万4,800円(税込)

チェコ共和国のSatoshilabs社製。トレザーはレジャーと並んで日本で人気があるハードウェアウォレットだ。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ダッシュ(DASH)、イーサリアムクラッシック(ETC)など人気の暗号資産(仮想通貨)だけでなく、デスクトップウォレットのマイイーサと同期させれば、ERC20トークンも保管できる。日本で人気のあるネム(XEM)とモナコイン(MONA)、リップル、エイダコインを保管できるのも特徴だ。

Keepkey 公式サイト販売価格 49ドル

大きくて読みやすい画面のアメリカ製ハードウェアウォレット。40種類以上の暗号資産(仮想通貨)に対応している。日本語に対応した公式サイトがないことがデメリットだ。

どの製品を選ぶにせよ、高い安全性を誇るハードウェアウォレットの性能を生かすには、日本の正規販売代理店や公式サイトから購入すると安心だ

暗号資産(仮想通貨)のウォレットに関するQ&A

 

Q. ホットウォレットはWi-Fi環境がなくても使えるか?

A:Wi-Fi環境でなくても、インターネット接続環境があれば使える

 

Q. モバイルウォレットは誰でも入手できるか?

A:誰でも入手できる

 

Q. モバイルウォレットはどのように入手するか?

A:「App Store」「Google Play」からダウンロードすることで入手できる。
非公式な闇サイトから入手するのは危険なのでやめるべきだ

 

Q. ウォレットにより、扱える暗号資産(仮想通貨)は異なるか?

A:ウォレットにより異なるため、取引きする暗号資産に対応したものを選ぶ必要がある

 

Q. 1つのウォレットに、複数種類の暗号資産(仮想通貨)を保管できるか?

A:ウォレットの機能によるが、複数の暗号資産を取り扱えるものもある

実際に暗号資産(仮想通貨)投資を始めてみる

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

暗号資産(仮想通貨)アルトコインの投資なら
>>bitbankの口座開設はこちら

堅牢なセキュリティはもちろん、52種類の通貨ペアを提供している
>>Liquid by Quoineの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料な(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら