2020年、「住信SBIネット銀行の住宅ローン」は取扱額6兆5,000億円を突破。圧倒的な利用者数を誇る住信SBIネット銀行の住宅ローンは変動金利0.410%~、団信だけでなく全疾病保障も無料といったお得さで、2021年には民間の住宅ローン人気ランキング1位となりました。

大人気の住信SBIネット銀行で住宅ローンを組みたいけれど、大きな買い物であるため、本当に自分に合うか、実際のサービスはどうなのか気になる方もいるでしょう。

そこで今回は、住信SBIネット銀行住宅ローンを実際に利用した方の声を集めました。良い評判だけでなく悪い評判もお伝えしますので、住信SBIネット銀行の住宅ローンが本当に自分にあうのかわかるはずです。また、他社と比較した住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴について、アネシスプランニング株式会社代表取締役・住宅ローンアドバイザーの寺岡孝さんの見解をお伝えしましょう。

\金利業界最低水準!全疾病保障も無料/

  1. 住信SBIネット銀行住宅ローンはこんな人におすすめ
  2. 住信SBIネット銀行の評価表
  3. 住信SBIネット銀行の口コミ・評判一覧
  4. 住宅ローンの審査は複数申し込みが当たり前
    1. 住宅ローンを複数申し込むメリット
  5. 住宅ローン
    変動金利ランキング
  6. 住信SBIネット銀行の住宅ローンにはどんな特徴がある?
    1. 住信SBIネット銀行のメリット
    2. 手続きは全てネットで完結
    3. 一部繰り上げ返済の手数料が0円
    4. 変動金利は業界でも最安レベルの低金利
    5. 住信SBIネット銀行の手厚い保険を解説
  7. 住信SBIネット銀行の住宅ローンとは
  8. 住信SBIネット銀行の住宅ローンで借り入れた場合のシミュレーション
  9. 住信SBIネット銀行のデメリット
    1. 住信SBIネット銀行のデメリット
    2. 窓口相談が出来ない
    3. 個人信用情報には非常に厳しい
  10. 住信SBIネット銀行の住宅ローンの評判は?
  11. 住信SBIネット銀行の住宅ローンはどんな方におすすめ?
  12. 住信SBIネット銀行の住宅ローンを申し込む流れ
  13. マイホームを買うなら住信SBIネット銀行の住宅ローンを活用しよう
  14. 住信SBIネット銀行の住宅ローンに関するよくある質問
  15. 専門家コメントの詳細
  16. 調査概要

住信SBIネット銀行住宅ローン最新ニュース

★ニュース
住信SBIネット銀行の住宅ローンでは、2022年4月7日より、SDGsの達成に向けた住宅の省エネ化・脱炭素化への取り組みの一環として、環境配慮型住宅(ZEH等)への住宅ローン特別優遇金利の取扱いを開始
★業界トップ水準の低金利が魅力
住信SBIネット銀行の住宅ローンでは、2022年4月7日より、SDGsの達成に向けた住宅の省エネ化・脱炭素化への取り組みの一環として、環境配慮型住宅(ZEH等)への住宅ローン特別優遇金利の取扱いを開始
★全疾病保障
がんを含むすべての病気・ケガを保障
★審査スピード
申し込みから借り入れ開始まで2週間程度

\金利業界最低水準!全疾病保障も無料/

住信SBIネット銀行の評判・口コミ

住信SBIネット銀行の住宅ローンを実際に利用した方からの評判を見ていきましょう。ここではSNSの口コミから、住信SBIネット銀行の良い評判と悪い評判をご紹介します。

住信SBIネット銀行の良い評判

<えくさわ@IT×投資 さん>

住信SBIネット銀行への住宅ローンの借り換えで金利がかなり低くなり、約100万円得しました。仮審査の結果を持って今の住宅ローンを組んでいる銀行と交渉することも考えましたが、住信SBIネット銀行は団信の保障内容も魅力的で、借り換えを決めました。

口コミを詳しく見る

<えくさわ@IT×投資 さん>

住宅ローンを組むために初めて住信SBIネット銀行のアプリを使い始めたのですが、とても使いやすくて驚きました。ATMと振込手数料が無料になる回数も多いし、口座を複数持てるのも嬉しいです。

口コミを詳しく見る

住信SBIネット銀行の口コミは良い評判が非常に多く、数ある住宅ローンの中でも特に低金利な点や、保障内容の手厚さ、アプリの使いやすさなどが高く評価されています。

他社の住宅ローンからの借り換えで得したという声も多く、こうした評判を参考に、これから借り換えを検討する方もいるようです。

住信SBIネット銀行の悪い評判

<じいじ@ Bitcoin🚀AI🚀Quant🚀Space🚀 さん>

住信SBIネット銀行の住宅ローンは低金利で八大疾病保障も無料付帯するけれど、保険金が下りる適用条件が他社と違って厳しいので注意が必要です。

口コミを詳しく見る

<Ri_@Dinksfufu_money さん>

低金利で住宅ローンを組める住信SBIネット銀行だけれど、疾病保障で残高0円になる条件が八大疾病なのかその他の病気やケガなのかで異なります。「就業不能」の定義をよく確認すべきだと思います。

口コミを詳しく見る

住信SBIネット銀行の評判の中には、保障の適用条件についてよく確認すべきという声も見られました。

低金利かつ保障内容が充実している一方で、適用条件は他社と異なる部分もあるため、条件の部分も比較して選ぶことをおすすめします。

住信SBIネット銀行の住宅ローン 金利

住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利は対面型が年0.390%~、ネット専用ローンが年0.410%~と、業界トップクラスの低金利となっています。

実際に住信SBIネット銀行の住宅ローンに借り換えた場合の例を見ると、借り換え前の金利が年1.500%(固定金利)だったのに対して、借り換え後は年0.500%(変動金利)となり、月々の返済額が16,200円お得になることがわかります。

「住信SBIネット銀行の良い評判」でもご紹介したように、低金利の住信SBIネット銀行に借り換えることで、借入残高や残りの返済期間によっては返済総額を100万円以上抑えられる可能性もあるでしょう。

\金利業界最低水準!全疾病保障も無料/

住信SBIネット銀行住宅ローンを他社と徹底比較!

低金利で保障内容も充実していると評判の住信SBIネット銀行の住宅ローンですが、他社の住宅ローンと比べてどれくらいお得なのでしょうか。

ここでは住信SBIネット銀行を含む4社の住宅ローンについて、金利、保障内容、審査スピードをそれぞれ徹底比較します。

■住信SBIネット銀行・三菱UFJ銀行・新生銀行・三井住友銀行の住宅ローン比較表
  金利(変動金利) 保障内容 審査スピード
住信SBIネット銀行 0.390%~ ・一般団信保険が無料付帯
・全疾病保障が無料付帯
・がん診断給付金特約(女性限定)が無料付帯
・仮審査結果は申込み当日から3営業日以内に通知
・本審査結果は必要書類到着後(不備がある場合は不備完了後)通常1週間から10日程度で通知
三菱UFJ銀行 0.475%~ ・一般団信保険が無料付帯 ・仮審査結果は最短翌日に通知
新生銀行 0.450%~ ・一般団信保険が無料付帯 ・審査期間は申込み内容により異なる
三井住友銀行 0.475%~ ・一般団信保険が無料付帯[初見5] -

住信SBIネット銀行VS三菱UFJ銀行

住信SBIネット銀行と三菱UFJ銀行を比較していきましょう。

<金利>
住信SBIネット銀行の対面型の住宅ローンの金利が0.390%~であるのに対して、三菱UFJ銀行は0.475%~と、最低金利に0.085%の差があります。また、住信SBIネット銀行は来店不要で借入れできる「ネット専用住宅ローン」も最低金利が0.410%となっており、対面とネットいずれの場合も三菱UFJ銀行と比べて低金利です。
<保障内容>
住信SBIネット銀行は、一般団信保険、全疾病保障、がん診断給付金特約(女性限定)がすべて無料付帯となります。一方、三菱UFJ銀行はがん保険と三大疾病保険が有料付帯となるため、保障を付ける場合はさらに費用がかかる点に注意が必要です。
<審査スピード>
住信SBIネット銀行の住宅ローンの仮審査は、申込み当日から3営業日以内に結果が通知されます。一方、三菱UFJ銀行の仮審査は最短翌日に結果が出ます。申込み当日に結果が出る住信SBIネット銀行のほうが、スピーディーに仮審査の結果を確認できる可能性があります。

住信SBIネット銀行VS新生銀行

続いて、住信SBIネット銀行と新生銀行の住宅ローンを比較していきます。

<金利>
住信SBIネット銀行の対面型住宅ローンの金利が0.390%~であるのに対して、新生銀行は0.450%~と、最低金利に0.06%の差があります。また、住信SBIネット銀行は「ネット専用住宅ローン」も最低金利が0.410%~と、こちらも新生銀行よりも低金利となっています。
<保障内容>
住信SBIネット銀行は、一般団信保険、全疾病保障、がん診断給付金特約(女性限定)がすべて無料付帯となります。一方、新生銀行はがん保険と三大疾病保険の取り扱いがないため、保障内容は住信SBIネット銀行のほうが充実しているといえるでしょう。
<審査スピード>
住信SBIネット銀行の住宅ローンの仮審査結果は、申込み当日から3営業日以内に通知されます。一方、新生銀行の審査期間は申込み内容により異なるため、実際に審査結果を受け取るまでどれくらいの日数がかかるのかはわかりません。住信SBIネット銀行なら最短で申込み当日に結果を確認できるため、より早く仮審査に通れるかどうか知りたい場合におすすめです。

住信SBIネット銀行VS三井住友銀行

住信SBIネット銀行と三井住友銀行の住宅ローンを比較していきましょう。

<金利>
住信SBIネット銀行の対面型住宅ローンの最低金利が0.390%であるのに対して、三井住友銀行の最低金利は0.475%です。対面型とネット専用のいずれの場合も、住信SBIネット銀行のほうが低金利となっています。
<保障内容>
住信SBIネット銀行には一般団信保険、全疾病保障、がん診断給付金特約(女性限定)が無料で付帯されます。一方、三井住友銀行はがん保険、三大疾病保険、自然災害保証団信が有料付帯となるため、費用を抑えたい方には住信SBIネット銀行がおすすめです。
<審査スピード>
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、仮審査結果が申込みの当日から3営業日以内に通知されます。一方、三井住友銀行は、実際に審査結果を受け取るまでどれくらい時間がかかるのかは申込み内容によって異なります。最短で申込み当日に結果がわかる住信SBIネット銀行のほうが、早く仮審査に通過でき、手続きをスムーズに進められる可能性があります。

住宅ローンの審査は複数申し込みが当たり前

住宅ローンは大きな買い物。後悔がないように最適な商品を選びたい・・・とはいえ忙しくて時間がないので、とりあえず「低金利」をうたっているものや人気のものであればいいだろうと安易に決めてしまう方が実に多いです。

住宅ローンを選ぶときは最新金利に基づく実際の返済額と、保障内容を比較することが最重要であることをご存知でしょうか。

「忙しい、けれど1番お得で最適な住宅ローンを見つけたい」そんな方におすすめなのが「モゲチェック」です。

モゲチェックなら複数の住宅ローンを最新金利で一括比較できます。返済額・借り換えメリットシミュレーションで効率的に、人生で1番の住宅ローンを探しましょう。

\一度に複数の住宅ローンに申し込みできる!/

住信SBIネット銀行住宅ローンはこんな人におすすめ

住信SBIネット銀行「ネット専用住宅ローン」は最もお得な住宅ローンとして評価が高いです。

住信SBIネット銀行はこんな人におすすめ!
  • 無料で全疾病保障を利用したい
  • 金利を安くして住宅ローンを借りたい
  • ネットで全ての手続を完了したい
  • 住宅ローンを早く借りたい

住信SBIネット銀行は団信だけでなく、全疾病保障も保険料無料で基本付帯
精神障がい等一部を除いて、すべての病気・ケガをカバーできます。

また金利が安い点も魅力です。変動金利の相場が年0.770~であるため、住信SBIネット銀行の変動金利の年0.410~は非常に低金利だと言えます。

住信SBIネット銀行の評価表

住信SBIネット銀行住宅ローンの評価
口コミ評価 ★★★★★
金利
(各金利タイプ)
変動型金利 年0.410%~
3年固定型金利 年1.160%~
10年固定型金利 年0.930%~
[借り換え]変動型金利 年0.380%~
団体信用
生命保険料
無料
繰り上げ手数料 一部繰り上げ返済手数料無料
※全額繰上げ返済で固定金利特約期間中の場合のみ33,000円(税込)
審査情報 ネットで全て完結。
最短10分で申込可能
特徴 団信だけでなく全疾病保障も無料
  1. ※表示金利は「金利引き下げプラン」の引下げ幅最大の適用金利です。審査結果によっては、掲載金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
 

住信SBIネット銀行の口コミ・評判一覧

まるこさん

★★★★★

全失保険が無料付帯で金利も低い

すべての病気をカバーしている全失保険が無料付帯で、金利がここまで低い銀行は住信SBIネット銀行だけだと思います。最初は聞いたことがない銀行で心配でしたが、アフターケアもよく、ここにして正解でした。

かにかまさん

★★★★

ネットで完結できる

メガバンク、地銀、ネット銀行の中でもダントツで金利が低かったです。またネットで簡単に申請できて、しかもネットで手続きが全て完結でき、非常に使い勝手が良かったです。

ペコペコさん

★★★★★

審査結果が10分で来た。

年収が400万円以上無いと仮審査すらして貰えないネット銀行もある中で、こちらのネット銀行さんは仮審査は数分で結果が届きました。 低金利でここまで保険が手厚い住宅ローンはここだけだと思います。

れおさん

★★★★★

手数料が無料

住信SBIネット銀行の住宅ローンを組んで良かったと感じている点は、全国のコンビニエンスストアなどに設置されたATMの利用が「月最大15回の手数料が無料」という点です。金利も低い目に設定されているので、毎月の返済額も少なくなったのも良かったです。

ogm33さん

★★★★★

審査結果が早い!

こちらの住宅ローン仮審査を受けて思ったのは結果が出るのが早いと思いました。まあ、ここの金利が低いと感じたのも良かったと思いました。最初は住信SBIネット銀行はネット銀行とゆうこともあり、不安があったのですが、実際に利用すると低金利でとても良かったです。

せいやさん

★★★★★

金利が安い!

住信SBIネット銀行の住宅ローン仮審査は、本当に簡単に審査をしてくれ、そして金利がとにかく安かったです。公共料金などの支払いの設定をしないと安くならないとかもなかったので良いと感じました。全てネットで完結するのが良かったです。

かいさん

★★★★★

自動で振り込まれるので簡単

利用していて便利な点として、定額自動振り込みサービスがあります。住宅ローンの毎月の支払い時に、引き落し日までに、引き落とされる他行口座に入金さえしておけば、自動的にSBI口座へ振り込まれるので、毎月の住宅ローン返済の手間が簡略化できると思います。

住信SBIネット銀行住宅ローンの専門家のコメント

>>住宅ローン おすすめランキングはこちらから

住信SBIネット銀行の住宅ローンにはどんな特徴がある?

住信SBIネット銀行のメリット

メリット

  • 手続きは全てネットで完結
  • 繰上げ返済の手数料無料
  • 最安レベルの低金利
  • 全失保険の無料付帯

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、ネットで手続きをするだけで審査に入れるのがポイントです。他にも一部繰り上げ返済の手数料が無料であることや、業界トップクラスの低金利などのメリットがあります。

ここでは住信SBIネット銀行のメリットを4つにまとめました。

手続きは全てネットで完結

住信SBIネット銀行の審査は、ネットの手続きで完結します。パソコンやスマートフォン、タブレットから公式サイトにアクセスし、オンラインの申し込みフォームで必要事項を入力するだけで審査に移行できるのです。

住信SBIネット銀行の申し込みは最短10分で完結するため、手軽に申し込みを行える点も特徴です。

一部繰り上げ返済の手数料が0円

住信SBIネット銀行では、一部繰り上げ返済は何度でも手数料無料です。

毎月の返済も「定額自動入金サービス」を利用すれば他行口座から住信SBIネット銀行へ毎月自動で資金移動できます。手数料は無料です。

変動金利は業界でも最安レベルの低金利

住信SBIネット銀行は金利の低さが魅力。特に変動金利が業界最安レベルとして注目を受けています。

変動金利の相場が年0.770~であるため、住信SBIネット銀行の変動金利の年0.410~は非常に低金利だと言えます。

住信SBIネット銀行の手厚い保険を解説

住信SBIネット銀行,住宅ローン,評判

ガン(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8大疾病と、8大疾病以外の病気やケガを保障。(※1 精神障がい等を除きます。)

住信SBIネット銀行,住宅ローン,評判

保障開始日以降に、精神障がいを除く病気・ケガで就業不能状態になりローン返済日を迎えた場合、保険金により月々の返済額が支払われます。なお、8大疾病以外の病気またはケガの場合、1ヵ月の免責期間があります。

住信SBIネット銀行,住宅ローン,評判

8大疾病あるいはその他の病気やケガで12ヵ月間働けない状態※3が続いた場合、その時点でのローン債務残高相当額が保険金として支払われ、債務の返済に充当されます。

住信SBIネット銀行の住宅ローンとは

住信SBIネット銀行は、2007年に設立された銀行です。2020年には「NEOBANK」構想を掲げ、従来の銀行の概念にとらわれない幅広い活動を展開しています。

住宅ローンサービスも充実しており、団信の全疾病保障は無料でついてきますし、金利も業界トップクラスのお得感です。こうした充実性により、口コミでも良い評判が集まっています。

ネットバンキングなので、パソコンやスマートフォン、タブレットといった機器があれば、自宅でも外出先でも自由に手続きが可能。いずれにしても、銀行を直接訪れないで手続きから契約まで進められるのがポイントです。

住信SBIは、ネット銀行らしい革新的なサービスや、初めて住宅ローンを組む人でも安心できる雰囲気が特徴といえるでしょう。

>>出典:住信SBIネット銀行 公式サイト

住信SBIネット銀行の住宅ローンで借り入れた場合のシミュレーション

住信SBIネット銀行の公式サイトでは、住宅ローンのシミュレーションができます。毎月の返済額と借入残高という2つのポイントから、理想の返済計画を確かめられるのです。

シミュレーションでは借入額、期間などの必要事項を入れるだけで、想定すべき月々の返済額が分かる仕組みです。一例として、35年ローンによる年収別の借入可能額および、毎月の返済額を示します。

 年収  借入可能額  月々の返済額
 250万円  1300万円  3万3260円
 300万円  1560万円  3万9912円
 350万円  1820万円  4万6564円
 400万円  2920万円  7万4707円
 450万円  3290万円  8万4173円
 500万円  3650万円  9万3833円
 550万円  4020万円  10万2850円
 600万円  4380万円  11万2060円
 650万円  4750万円  12万1527円
 700万円  5110万円  13万0737円
 750万円  5480万円  14万0203円
 800万円  5840万円  14万9414円

(参考:住信SBIネット銀行 公式

他に借り入れがない限りは、このように希望する借入金額に合わせた月々の返済額を想定できます。住宅ローンを組む前は、住信SBIネット銀行のシミュレーションを使ってみてください。

住信SBIネット銀行のデメリット

住信SBIネット銀行のデメリット

デメリット

  • 窓口で相談ができない
  • 個人信用情報の判断基準が高い

窓口相談が出来ない

一般的な銀行では住宅ローンの担当さんがつきますが、住信SBIネット銀行はすべてコールセンターでの対応です。
正式審査・住宅ローンの契約は書類を郵送でやりとりしますが、連絡はすべてメールです。そのため対面で審査を希望する場合は向いてない銀行だと言えます

 

個人信用情報には非常に厳しい

住信SBIネット銀行は個人信用情報に厳しいというデメリットがあります。具体的には過去に金融機関から借りたお金を期限までに返せなかったことがあると、信用情報に傷がつきます。

銀行側はこうした悪いポイントを厳しくチェックしていて、一度でも信用情報を傷つけたことがあると、審査通過の可能性が低くなるでしょう。

住宅ローンの申請時に他社から借り入れが残っているときも要注意です。たとえば消費者金融からお金を借りている最中だと、銀行側にとっては印象が悪く、審査に通りづらいでしょう。

住信SBIネット銀行は、SBIグループの一企業なので社会的影響が大きく、信用情報から申請者の支払い能力を厳しく査定します。そのため信用情報にひとつでも傷があると、住宅ローンを組める可能性は下がるでしょう。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの評判は?

住信SBIネット銀行の住宅ローンの評判を見てみましょう。良い方と悪い方のコメントを両方チェックし、総合的に判断してください。

まずは良い方です。

アイコン

男性/20代

評価/★★★★

「金利がとにかく安いこと。8大疾病は条件付きでも魅力的である」

アイコン

男性/20代

評価/★★★★

「住信SBIネット銀行を選んだのはネット上でほぼ全ての手続きが完了して、実店舗に行く煩わしさが全くなかった事、そしてネット上での口コミがとても良かった事がその理由です」

続いて悪い方です。

アイコン

女性/50代

評価/★★☆☆

「新規借入のため分からないことだらけの状態だったが、あまり細かい説明がなく、あとから自分で調べ直した」

アイコン

男性/20代

評価/★★☆☆

「最初の事務手数料が他社よりも高い」

良い評判では、団信で幅広い疾病に対応していることや、ネット上で手続きができることなどが前向きに評価されています。一方で、担当者の説明が分かりづらかったり、事務手数料が高かったりという不便もあるようです。

このように住信SBIネット銀行には良い口コミもあれば悪い口コミもあるので、住宅ローン選びの参考としましょう。

>>出典:住信SBIネット銀行の評判はこちらから

住信SBIネット銀行の住宅ローンはどんな方におすすめ?

住信SBIネット銀行の住宅ローンがおすすめなのは、変動金利にこだわっている人です。全期間固定金利よりも低くなることがあるので、少しでも返済を有利に進めたい人にはお得でしょう。

返済が終わらないうちに金利が増えるリスクには要注意ですが、最初のうちだけでも有利な条件でローンを返したい人には有用です。

専門家のコメント

住信SBIネット銀行の住宅ローンを申し込む流れ

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、最初に仮審査に通過しなければなりません。次に正式審査に入り、クリアすれば契約手続きが済んでローンを借り入れられます。

メリットは、仮審査から借り入れまで、すべてネット完結でできることです。しかし仮審査の結果は申し込みから3営業日以内にメールで届き、正式審査の申込書類はそこからさらに2営業日後です。一つひとつのプロセスをクリアするのに時間がかかる点に注意しましょう。

住信SBIネット銀行は、申請から借り入れまで時間はかかりますが、手続きの流れ自体はシンプルにまとまっています。

マイホームを買うなら住信SBIネット銀行の住宅ローンを活用しよう

マイホームを買うために住宅ローンを組む人が多いでしょう。しかし住信SBIネット銀行を利用すれば、ネット完結で手続きができ、有利な条件でローンを組めます。

住宅ローン探しに迷っているなら、手続きの簡単さと金利条件などの優位性で、住信SBIネット銀行を選択肢にいれるとよいでしょう。

住信SBIネット銀行の住宅ローンに関するよくある質問

ここでは住信SBIネット銀行の住宅ローンに関するよくある質問をQ&Aにしましたので、ご参考にしてみてください。

Q1.住信SBIネット銀行では、全疾病保障が無料付帯って本当ですか?
住信SBIネット銀行では「全疾病保障」を基本付帯しています。お客さまの追加負担はありません。
>>おすすめの住宅ローン比較表を見る
Q2.住宅ローンを申し込む際に、来店する必要はありますか?
すべて郵送でお手続きしますので、ご来店いただく必要はございません。
>>おすすめの住宅ローン比較表を見る
Q3.住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査が終わったら連絡はきますか。
仮審査・正式審査終了のお知らせはEメールでご連絡します。
既に口座をお持ちのお客さまは、当社WEBサイトログイン後のメッセージボックスでも確認できます。
>>おすすめの住宅ローン比較表を見る

専門家コメントの詳細

寺岡孝
コメントいただいた専門家
寺岡孝

アネシスプランニング株式会社代表取締役

1960年東京都生まれ。アネシスプランニング株式会社代表取締役・ 住宅ローンアドバイザー
大手ハウスメーカーに勤務した後、2006年にアネシスプランニング株式会社を設立。
住宅の建築や不動産購入・売却などのあらゆる場面において、お客様を主体とする中立的なアドバイスおよびサポートを行い、これまでに2000件以上の相談を受けている。
東洋経済オンライン、ZUU online、スマイスター、楽待などのWEBメディアに住宅、ローン、不動産投資についてのコラム等を多数寄稿。著書に『不動産投資は出口戦略が9割』『学校では教えてくれない! 一生役立つ「お金と住まい」の話』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

公式サイト:https://www.anesisplan.co.jp/

■所有資格
地盤インスペクター地盤安心住宅整備支援機構)
モーゲージプランナー日本MP協会認定:M10-102-000730)
ライフ・コンサルタント生命保険協会認定)
損害保険募集人(日本損害保険協会)
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
相続診断士((相談診断協会)
 
新井智美
コメントいただいた専門家
新井智美

トータルマネーコンサルタント

個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

公式サイト:https://marron-financial.com/

■保有資格 : CFP®資格認定者
一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)日本FP協会)
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)
・証券外務員。

調査概要

 調査目的  住宅ローンのご利用経験のある方への満足度に関する調査
 調査対象  住宅ローンの利用経験者
 調査方法  クロス・マーケティング
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  住宅ローン利用経験者、20歳~69歳の男女500名