仮想通貨 取扱通貨数
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産(仮想通貨)といえば、ビットコインが有名ですが、他にもたくさんの暗号資産(仮想通貨)があります。これから投資するなら、ビットコイン以外のまだ価格の低い通貨を狙うのも一つの戦略でしょう

この記事では、取扱通貨数が多い暗号資産(仮想通貨)取引所と、具体的な取扱通貨を紹介します。取扱通貨数は、投資の成果とも深く関連しています。暗号資産(仮想通貨)投資を始める人は、ぜひ参考にしてください。

※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら
  1. 取扱通貨の多い暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめランキング
  2. 取り扱っている銘柄数が多いとどんなメリットがある?
    1. チャンスを逃さず投資できる
    2. リスクを分散できる
  3. 取扱通貨の銘柄数が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を紹介
    1. コインチェック
    2. ビットフライヤー
    3. GMOコイン
    4. DMMビットコイン
    5. SBI VCトレード
  4. おすすめの仮想通貨取引所5選
  5. 最適な銘柄を選んで暗号資産(仮想通貨)取引を行うために
  6. 暗号資産取引所のイメージ調査結果
    1. 暗号資産(仮想通貨)について
    2. 暗号資産取引所について
    3. 暗号資産取引所のイメージ調査の概要
    4. イメージ調査の結果
  7. 金融庁登録済の暗号資産交換業社一覧
  8. 暗号資産(仮想通貨)取引所の選び方に関するQ&A
    1. Q. 暗号資産(仮想通貨)の取引所を選ぶポイントは何か?
    2. Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、取扱暗号資産の種類は異なるか?
    3. Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、最小取引数量は異なるか?
    4. Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、各種手数料は異なるか?
  9. 実際に暗号資産投資を始めてみる

取扱通貨の多い暗号資産(仮想通貨)取引所 おすすめランキング

暗号資産(仮想通貨)投資を始めるには、まず取引所で口座開設する必要があります。このときに押さえておきたいポイントが、取引所によって取扱通貨の銘柄が異なることです。「どの取引所で口座開設しても同じだろう」と考えるのではなく、取扱通貨の数を調べて取引所を選ぶようにすべきでしょう。

コインのロゴ一覧

取り扱っている銘柄数が多いとどんなメリットがある?

取扱通貨が多いと、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

チャンスを逃さず投資できる

まず、チャンスを逃さずに投資できるというメリットがあります。

ニュースを見て気になった通貨を購入しようとアプリを開いても、自分が口座開設した取引所で取扱がなければ、タイムリーに投資することができません。口座開設にはいくつかのステップがあり、手続きをしているうちにあっという間に値上がりしてしまった、といったことも起こり得ます。

取扱通貨の種類が多ければ、気になった通貨を適切なタイミングで購入できるでしょう。

リスクを分散できる

投資において、リスク分散は非常に重要です。有名な投資の格言に、「卵を1つのカゴに盛るな」という言葉があります。

リスクが分散できる理由

1つの銘柄にすべての資産を投資していた場合、その銘柄が値下がりしたとき、資産全体が大きく目減りしてしまうことになります。しかし、複数の銘柄に資産を分散して投資していた場合、1つの銘柄の値下がりを、別の銘柄の値上がりがカバーしてくれる可能性があります

複数の銘柄に分散投資することで、リスクを抑えて投資することが可能となります。投資初心者にとって、特に分散投資は重要です。取扱通貨の多い取引所なら、自然と投資先の選択肢が増えます。複数の通貨に分散投資することで、リスクを抑えて暗号資産(仮想通貨)投資ができるでしょう。

取扱通貨の銘柄数が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を紹介

2021年10月現在、取扱通貨の種類が多い暗号資産(仮想通貨)取引所を順番に紹介します。

コインチェック

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)

コインチェックは、取扱通貨の種類が最も多い取引所です。2021年10月現在、コインチェックは17種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。コインチェックの取扱通貨は次のとおり。

コインチェックの取扱通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

コインチェックには、販売所と取引所があります。販売所では、コインチェックを相手に取引するため、注文後すぐに売買が成立します。取引のタイムラグがなく、初心者にとっても安心です。最小注文数量がどの通貨も500円(相当額)となっており、日本円表示なのでわかりやすいでしょう

コインチェックには、「Coincheckつみたて」という積立サービスもあります。「Coincheckつみたて」では、毎月1万円から暗号資産(仮想通貨)を積み立てることが可能で、月1回積み立てる方法と、毎日積み立てる方法を選択できます。

coincheck

暗号資産(仮想通貨)投資を始めたいと考えても、値動きが激しすぎて、どのタイミングで投資すればいいかわからない人もいるでしょう。一定額を購入する積立購入なら、値上がりしているタイミングでは少なく、値下がりしているタイミングでは多く購入できるため、スタートのタイミングで悩むこともないでしょう。

コインチェックアプリは、投資初心者でも直感的に操作できるように作られています。16種類の通貨のチャートを確認でき、通貨ごとのチャット画面では、他のトレーダーの書き込みをリアルタイムで読むこともできます。現在の資産総額や通貨の構成を円グラフで視覚的に確認できるのもうれしいポイントです。

出典:Coincheck

ビットフライヤー

ビットフライヤー
(画像=ビットフライヤー公式HPより)

2022年1月現在、ビットフライヤーは14種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。ビットフライヤーの取扱通貨は次のとおり。

ビットフライヤーの取引通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)

ビットフライヤーにも販売所と取引所があります。最小注文数量は通貨ごとに定められており、販売所でビットコインを購入する場合、0.00000001BTCから購入できます。取引所でビットコインを購入する場合は、0.001 BTCからです。

biyFlyer

ビットフライヤーにも「かんたん積立」という積立サービスがあります。1円から設定でき、積立頻度も「毎日」「毎週」「月2回」「月1回」の4つから選ぶことができます。

ビットフライヤーは、アメリカやヨーロッパにも進出しており、国内でも圧倒的な取引量を誇ります。2020年には顧客数が250万人を突破。ビットフライヤーのセキュリティは、世界的に高い評価を獲得しており、今後も海外進出を推し進めていくと予想されています。

出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)

2021年10月現在、GMOコインは15種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。GMOコインの取扱通貨は次のとおり。

GMOコインの取引通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • テゾス(XTZ)
  • オーエムジー(OMG)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)

GMOコインにも販売所と取引所があります。最小注文数量は通貨ごとに定められています。ビットコインは最小注文数量が販売所では0.00001 BTC、取引所では0.0001 BTCですが、イーサリアムやリップルなど他の通貨は、販売所より取引所のほうが、最小注文数量が大きく設定されています。

dmmbitcoin

GMOコインにも、「つみたて暗号資産」という積立サービスがあります。頻度は月に1回で最低1000円からです。

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットグループで培った技術を応用した強固なセキュリティ体制が特徴で、2020年のオリコン顧客満足度調査で高い評価を獲得しています。

出典 : GMOコイン

DMMビットコイン

GMOコイン
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)

2022年1月現在、DMMビットコインは現物取引で6種類、レバレッジ取引で14種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています

レバレッジ取引とは、証拠金を担保にして、元手の何倍もの金額で取引する方法です。ハイリスク・ハイリターンな投資方法と言えます。レバレッジ取引に挑戦するのは、ある程度投資経験を積み、暗号資産(仮想通貨)投資に慣れてからのほうがいいでしょう。

DMMビットコインの現物取引の取扱通貨は次のとおり。

現物取引の通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラ・ルーメン(XLM)

また、DMMビットコインのレバレッジ取引の取扱通貨は次のとおり。

レバレッジ取引の通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラッシク(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)

DMMビットコインの特徴は、「BitMatch注文」という仕組みです。

dmmbitcoin

DMMビットコインでは、現物取引かレバレッジ取引か、「BitMatch注文」かといった条件によって、細かく最小注文数量が設定されている。

レバレッジ取引や「BitMatch注文」といった仕組みは魅力的だが、DMMビットコインは投資経験者向きの取引所に分類されるでしょう。

出典 : DMM bitcoin

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

SBI VCトレード

SBI VCトレード
(画像=SBI VCトレード公式HPより)

2021年10月現在、SBI VCトレードは7種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。SBI VCトレードの取扱通貨は次のとおり。

SBI VCトレードの取引通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)

現物取引のみで、500円から投資できます。

SBI VCトレードの母体はSBIグループなので、大手ならではの安心感があります。取引ツールもシンプルだが、取扱通貨の数は多くありません。

注意したいのが、毎日午前6時から7時までメンテナンスが行われることです。セキュリティ体制が整っているという点では安心ですが、通勤時間などに取引したい人にとっては、使いにくいケースもあるでしょう。値下がりのニュースを見てタイムリーに投資しようと思ったとき、メンテナンスが実施されていると、チャンスを逃してしまう可能性もあります。

おすすめの仮想通貨取引所5選

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料
取引所:-
14種類 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
15種類 販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001 BTC
取引所:0.0001 BTC
なし
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位 1位 Coincheck 無料 17種類 販売所:500円相当
取引所:0.005 BTC
(500円相当)
なし
2位 2位 bitFlyer 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
2倍
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料
取引所:-
14種類 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
15種類 販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001 BTC
取引所:0.0001 BTC
なし
2022年1月12日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC Trade

最適な銘柄を選んで暗号資産(仮想通貨)取引を行うために

取扱通貨の種類や数は、取引所によって大きく異なります。せっかく暗号資産(仮想通貨)投資をするなら、投資先の選択肢が多い取引所を選ぶようにするとよいでしょう

投資先の選択肢が増えることで、その時々で最適な銘柄を選んで投資し、着実に資産形成をすることができます。また、複数の通貨に分散投資することで、リスクを抑えて投資を続けることが可能となります。

最初に誕生した暗号資産(仮想通貨)で、現在も代表格ともいえるビットコインは2021年4月、一時「1ビットコイン=約700万円」まで値上がりした。他の暗号資産(仮想通貨)が、今後同じように大化けする可能性も十分あります。

「1IOST=約8円」「1XLM=約55円」「1ENJ=約250円」など、1通貨当たり数円から数百円という暗号資産(仮想通貨)もたくさんあります。通貨ごとの特徴や関連する技術を調べ、気になった通貨に投資してみるのも面白いでしょう。

暗号資産取引所のイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 取扱通貨数に関するイメージ
Coincheck

bitFlyer

DMM Bitcoin

GMOコイン

SBI VCトレード

Liquid by Quoine

bitbank

暗号資産(仮想通貨)について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.暗号資産(仮想通貨)取引を始めた(始めようとしている)理由・目的は何ですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.最も期待している暗号資産(仮想通貨)を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に暗号資産に投資している金額をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果
(画像=ZUUonline編集部)
取引所 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果
かなり充実していると思う 充実していると思う 普通 少ないと思う かなり少ないと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
GMOコイン 7.6% 21.4% 31.4% 4.0% 1.2% 34.4%
bitFlyer 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
DMM Bitcoin 3.8% 18.2% 30.8% 5.6% 1.6% 40.0%
bitbank 4.0% 12.6% 33.0% 3.6% 1.6% 45.2%
BITPOINT 2.8% 11.0% 29.4% 5.0% 2.8% 49.0%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 29.8% 4.4% 2.8% 52.0%
TAOTAO 3.2% 9.0% 29.4% 3.8% 2.6% 52.0%
FXcoin 3.2% 8.2% 29.8% 4.6% 2.2% 53.0%
SBI VCトレード 3.4% 10.6% 29.8% 6.0% 3.2% 47.0%
ディーカレット 3.0% 9.2% 29.8% 4.6% 2.2% 51.2%
LINE BITMAX 2.4% 10.2% 30.4% 4.4% 1.6% 51.0%

金融庁登録済の暗号資産交換業社一覧

会社 販売所 取引所
株式会社bitFlyer
コインチェック株式会社
株式会社DMM Bitcoin
GMOコイン株式会社
SBI VCトレード株式会社
QUOINE株式会社 (Liquid by Quoine運営)
ビットバンク株式会社
ビットポイントジャパン株式会社
フォビジャパン株式会社
BTCボックス株式会社
TaoTao株式会社
楽天ウォレット株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社
オーケーコイン・ジャパン株式会社
Payward Asia株式会社
CoinBest株式会社
株式会社マーキュリー (CoinTrade運営)
株式会社coinbook
株式会社Zaif
株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
FXcoin株式会社
Bitgate株式会社
Coinbase株式会社
関東財務局近畿財務局
2021年11月16日現在

暗号資産(仮想通貨)取引所の選び方に関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)の取引所を選ぶポイントは何か?

A:取り扱っている暗号資産の種類数、各種手数料、セキュリティの堅牢性、取引方法など比較点は多数だ。
各種手数料は安い方が、セキュリティの堅牢性は高い方が、取引方法は豊富な方がいいのは当然だ。
特に注目すべきは取扱い銘柄数で、取り扱っている暗号資産の種類が少ないと、時世を意識した投資をする際に”希望する暗号資産が取り扱われていない”可能性もある。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、取扱暗号資産の種類は異なるか?

A:取り扱っている暗号資産の種類は取引所により異なる。
どこの取引所でもビットコインはほぼ間違いなく取り扱われているが、ビットコイン以外(アルトコイン)は取扱種類の確認が必要だ。
アルトコインでもイーサリアム、リップルなど知名度が高い暗号資産は取り扱われていることが多い。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、最小取引数量は異なるか?

A:最小取引数量は暗号資産(仮想通貨)取引所によって異なり、暗号資産の種類でも異なる。
例えば、「DMMビットコイン」でビットコインを取引きする際の最低取引単位は0.001BTCだが、「GMOコイン」では0.00005BTCだ。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって、各種手数料は異なるか?

A:各種手数料は暗号資産(仮想通貨)取引所によって異なる。
手数料の中でも項目によって差別化され、キャンペーンや一定条件による変動が設けられていることも多い。

監修者

実際に暗号資産投資を始めてみる

国内仮想通貨取引アプリダウンロード数 No.1
>>コインチェックの口座開設はこちら

ビットコイン取引量国内 No.1!(※)国内最大級の仮想通貨取引所
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む) 
>>bitFlyerの口座開設はこちら

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら