リップル,買える,取引所
(画像=NETMONEY編集部)

仮想通貨の中でも、人気の高いリップルを安い手数料で取引したいと考える人も多いでしょう。仮想通貨の投資では、さまざまな手数料が発生するケースがあるため、できる限り手数料の安い取引所を選ぶ必要があります。

この記事ではリップルを購入する際に、おすすめの取引所を10社ピックアップします。手数料などの注意点も紹介するので、リップルを購入する際の参考にしてください。

※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら

リップルが購入できるおすすめの取引所

リップルを買える取引所はCoincheckやbitFlyerなど、国内だけでもさまざま取引所があります。以下で取引所別の特徴を比較、解説していきます。

1位 ビットコイン取引量国内 No.1!(※)「bitFlyer(ビットフライヤー)」

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
ビットフライヤー
(画像=ビットフライヤー公式HPより)
ビットフライヤーの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドあり
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
最低取引単位(XRP) 0.000001XRP(販売所)
0.1 XRP(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:住信SBIネット銀行は無料
住信SBIネット銀行以外は330円
出金手数料 三井住友銀行の場合
3万円未満:220円
3万円以上:440円
三井住友銀行以外
3万円未満:550円
3万円以上:770円
送金手数料(XRP) 無料
出典:bitFlyer

bitFlyerは、日本国内でもトップクラスの人気を誇る仮想通貨取引所です。

そのバックグラウンドの充実ぶりは見逃せません。出資企業にSMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループなどメガバンクを抱える組織・グループが多数そろっているからです。

biyFlyer

設立は2014年1月9日で、仮想通貨取引所として歴史が長いと言えますが、これまでハッキング被害を受けたことはなく、妥協のないセキュリティ体制で信頼できるでしょう。

また、わずかな数量でもリップルを注文できるなど、サービス内容も柔軟です。初めて仮想通貨を買う人にも使いやすいでしょう。

2位 アプリダウンロード数 No.1!「Coincheck(コインチェック)」

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)
コインチェックの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
最低取引単位(XRP) 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
送金手数料(XRP) Coincheckユーザー間は無料
(ユーザー以外への送金は0.15XRP)
出典:Coincheck

Coincheckは初心者向けの使いやすさが特徴です。証券会社として知られるマネックスグループの傘下で、セキュリティ体制は申し分ありません。2018年1月に大規模なハッキング被害を受けましたが、現在のグループに入って体制が大幅に見直されています。

coincheck

Coincheckの強みは、画面のわかりやすさです。注文画面がスッキリしているだけでなく、スマートフォンアプリも見やすいといわれています。初めてリップルを買う人でも使いやすいでしょう。

3位 コストの安さが魅力の取引所「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin
(画像=DMM bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:6通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM)
レバレッジ:14通貨
(BTC,ETH,XRP,OMG,BAT,QTUM,XLM,MONA,XEM,LTC,ETC,BCH,XTZ,ENJ)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所)
最低取引単位(XRP) 1XRP(販売所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(XRP) 無料
出典 : DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、EC大手のDMMグループが展開する仮想通貨取引所です。国内トップクラスの手数料の安さが魅力的で、日本円の入出金から取引まであらゆるシチュエーションで手数料が無料です。

DMM Bitcoin

カスタマーサポートの対応も素早く、仮想通貨の取引に慣れていない人でも安心です。仮想通貨の知識がない人に優しい環境と言えるでしょう。余分なコストがかからないことやサポートの充実性など、幅広いメリットがあるのがDMM Bitcoinの特徴です。

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

4位 取引手数料無料でアプリの評判も上々の「GMOコイン」

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 15通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM)
取扱通貨数(取引所) 9通貨
BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM(現物取引)、XLM(現物取引)、XYM(現物取引)、MONA(現物取引)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
最低取引単位(XRP) 2XRP(販売所)
1XRP(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(XRP) 無料
出典 : GMOコイン

GMOコインは取引手数料が無料の暗号資産販売所です。日本円の入出金手数料が無料なので、準備に余分なコストがかかりません。他の取引所で手数料に悩んでいる人も、GMOコインに切り替えれば、悩みから解放されます。

配信しているアプリもFXや株取引などに近いチャートで、使い勝手が良いと評判です。

GMOコイン

特筆すべきは取引手数料です。取引所で希望価格を決める指値注文を行うと、手数料がマイナス(約定金額に応じた金額の日本円を受け取る)になる場合があります。破格の取引手数料をはじめ、こうした優れたサービス内容がGMOコインの特徴と言えます。

5位 7通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード
(画像=SBI VCトレード公式HPより)
SBI VCトレードの概要
取扱通貨数 7通貨
(XRP,BTC,ETH,BCH,LTC,LINK,DOT)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
最低取引単位(XRP) 販売所:10 XRP
取引所:1 XRP
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外の金融機関:145円
送金手数料(XRP) 無料

SBI VCトレードは、メガバンクのSBIグループに属する仮想通貨取引所です。信頼性が高く、初心者でも安心して利用できると思います

住信SBI銀行を使えば、日本円の入出金は無料です。取引手数料もかからないので、余分な出費によるプレッシャーを感じることなく、気軽に仮想通貨の取引ができることもSBI VCトレードの特徴です。

6位 チャートが見やすい・初心者にもおすすめ!「BITPoint(ビットポイント)」

ビットポイント
(画像=ビットポイント公式HPより)
ビットポイントの概要
取扱通貨数(販売所) 10通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX,ADA,JMY,DOT)
取扱通貨数 7通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
最低取引数量(BTC) 0.000001 XRP(販売所)
0.01 XRP(取引所)
レバレッジ取引 最大2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料

ビットポイントの取引画面はシンプルなデザインを採用しているため、初心者でも取引しやすいことが特徴です。スマートフォンアプリも用意されており、スマホから気軽にリップルを取引できます。もちろんWeb版の取引ツールも利用することが可能で、通常のチャートだけではなくTradingViewによる表示や分析もできます。そのため初心者が取引に慣れてより詳細なレベルで取引したい場合でも、長く利用できる取引所と言えるでしょう。

口座を開設する際にはスマートフォンのカメラで本人確認を実施できるので、仮想通貨の取引が初心者の方でも簡単に申し込めることもおすすめするポイントです。

7位 独自の技術で流動性の高さを提供する「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine
(画像=Liquid by Quoine公式HPより)
Liquid by Quoineの概要
取扱通貨数 5通貨
(BTC,ETH,BCH,QASH,XRP)
取引手数料(販売所)
取引手数料(取引所) ノンベース通貨ペア(アルトコイン含む)約定金額の0.1%
最低取引単位(XRP) 1 XRP(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 700円
送金手数料(XRP) 無料

Liquid by Quoineでは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「キャッシュ(QASH)」の現物取引が可能。さらに、「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」でレバレッジ取引にもチャレンジできます。

Liquid by Quoine

「キャッシュ(QASH)」はLiquid by Quoineでしか取引できない通貨です。Liquidのサービス内で利用できるトークンとなる。 さまざまな暗号資産取引に対応しているため、初心者から上級者まで利用しやすい取引所と言えるはずです。

LINE BITMAX

line,bitmax
(画像=LINE BITMAX公式HPより)
LINE BITMAXの概要
取扱通貨数 6通貨
(LN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTC)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) -
最低取引単位(XRP) 0.001XRP(販売所)
-(取引所)
レバレッジ取引 -
入金手数料 無料
出金手数料 LINEPayの場合:110円(税込)
銀行口座の場合:400円(税込)
送金手数料 0.15 XRP
出典 : LINE BITMAX

LINE BITMAXはLINEが運営する暗号資産取引のサービスで、運営元のLINEが発行する仮想通貨であるリンクコインを含む6種類の通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)をトレードすることができます。

LINE BITMAXでは暗号資産貸出サービスを提供しています。保有している仮想通貨をLINE BITMAXに貸し出すことができ、貸出期間中は賃借料を受け取ることができます。仮想通貨をトレードする予定が無い場合、このサービスを利用して利益を上げることがおすすめです。

LINE BITMAXの場合、最短で希望した日に、長くても7日以内に変換してもらえるので、価格が変動したときも想定のタイミングで決済できる可能性が高いです。

9位 ブロックチェーン技術の普及に邁進する「bitbank(ビットバンク)」

ビットバンク
(画像=ビットバンク公式HPより)
bitbankの概要
取扱通貨数 11通貨
(BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM)
取引手数料(販売所) 無料
(一部銘柄を除く)
取引手数料(取引所) Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
最低取引単位(XRP) 0.000001 XRP(販売所)
0.0001 XRP(取引所)
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 無料
出金手数料 500円~770円
送金手数料(XRP) 0.15 XRP

bitbankは、安定したクオリティの仮想通貨取引所です。24時間365日いつでも日本円を入金できるので、好きなときに取引を始めることができます。専用のスマートフォンアプリも使いやすく、外出時のスキマ時間にも取引を楽しめるでしょう。

取引できる仮想通貨は11種類と少なめですが、リップルやビットコインをはじめ、人気の仮想通貨が揃っているのがポイントです。仮想通貨取引の雰囲気に慣れることができるので、bitbankは仮想通貨の入門的な存在とも言えるでしょう。

10位 スマホで現物・レバレッジ取引が可能!「TAOTAO(タオタオ)」

taotao
(画像=TAOTAO公式HPより)
TAOTAOの概要
取扱通貨数 5通貨
BTC,ETH,XRP,LTC,BCH
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) -
最低取引単位(XRP) 現物:1 XRP(販売所)
レバレッジ:100 XRP(販売所)
レバレッジ取引(XRP) 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(XRP) 無料
出典:TAOTAO

TAOTAOでは仮想通貨のレバレッジ取引ができます。2倍のレバレッジをかけられるため、通常の取引よりも大きな利益を狙えることが魅力です。リップルのレバレッジ取引にも対応しており、約5,500円(100XRP)の少額から仮想通貨のレバレッジ取引を始められます。

さらに、スマートフォンアプリがAndroid版・iOS版それぞれ用意されているため、スマートフォンから簡単に仮想通貨の現物・レバレッジ取引をできることも魅力。初心者の方でもスマートに取引できるように設計されています。初心者だけではなく上級者の方でもストレスなく仮想通貨を取引できるはずです。口座開設、口座維持手数料などの各種手数料はすべて無料なので、まずは口座を開設するだけでもよいでしょう。

11位 ステーキングやレンディング(セービング)で簡単に運用可能!「バイナンス(BINANCE)」

binance
(画像=BINANCE公式HPより)

ステーキングとは、自身の取引した仮想通貨を保有し続けることでブロックチェーンネットワークの運用をサポートし、報酬として仮想通貨を受け取れるサービスのことです。バイナンスでは「バイナンスアーニング」から「定期ステーキング」を利用できます。

さらに、レンディングとは取引所に仮想通貨を貸し出し、他のユーザーに貸し付けることで、その利益を得られるサービスのこと。バイナンスでは「バイナンスアーニング」から「定期セービング」を利用するとレンディングを開始できます。

どちらのサービスも通常の取引以外で利益を得られるため、仮想通貨の取引に慣れてきた方や投資スタイルが長期保有の方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そもそもリップルとはどんな仮想通貨か?

リップル, 仮想通貨

「リップル」には3つの意味があるといわれています。1つ目は、新しい国際送金システムとしてのリップルです。2つ目は、送金システムで活動する仮想通貨としてのリップル。3つ目は、アメリカで送金システムや専用通貨を開発する「Ripple Inc.」です。

この記事では2つ目の「仮想通貨のリップル」を中心に解説します。略称は「XRP」で、少ない手数料で時間をかけずに国際送金ができる通貨として開発されました。発行上限枚数は1000億枚ですべて発行済みであり、ビットコインの2100万枚よりはるかに多いと言えます。

仮想通貨というと、安く買って高く売るといった投資対象として見る人が多いでしょう。しかしリップルは投資対象にとどまらず、世界の金融システムを変える将来性も期待されているのです。

リップル(XRP)を取引所で購入する方法

リップルを購入する取引所を選び、口座を開設した後、取引所に日本円を入金することでリップルを買う準備が整います。ただし、暗号資産取引所では現物取引とレバレッジ取引の2種類の取引方法が存在し、それぞれの取引方法には違いが存在します。

そこで、ここからはリップルを購入するための2つの取引方法について紹介していきます。

リップル(XRP)を現物取引で購入

暗号資産取引所でリップルを購入する方法には現物取引があります。現物取引とは、用意した資金で直接リップルを買うシンプルな取引方法です。例えば、リップルの価格が1XRP=100円である場合、10,000円の資金を用意すると現物取引では、100XRPを購入できます。

その後、リップルの価格が上昇した時に売れば価格上昇分だけの利益を得ることが可能です。そして、取引所のウォレットで日本円から購入したリップルを保有し続けられます。

シンプルな取引であるため、初心者の方には現物取引でのリップルを購入することがおすすめです。

biyFlyer

リップル(XRP)をレバレッジ取引で購入

暗号資産取引所では、レバレッジ取引でリップルを購入できます。現在、国内の暗号資産取引所では最大2倍のレバレッジに対応しており、用意した資金を最大2倍に増やしてリップルを買うことが可能です。

例えば、リップルの価格が1XRPである場合、10,000円の資金を用意するとレバレッジで20,000円に増やせて、200XRPを購入できます。レバレッジで資金が増えている分、現物取引と比べると2倍の利益、もしくは損失が発生するリスクがある取引です。レバレッジ取引では現物のリップルを購入しているわけではなく、価格変動分の差額を求める取引です。そのためレバレッジ取引でリップルを購入したとしても、実際にリップルを入手できません。

その点に注意しながら、現物取引に慣れてきたタイミングでチャレンジすることがおすすめです。

リップルの購入にかかる「手数料」とは

リップルの購入には手数料がかかる場合があります。取引時だけでなく、日本円を専用の口座に入れるだけでも手数料がかかる取引所もあるので、注意が必要です。仮想通貨取引所に関連する手数料の仕組みを理解しておきましょう。

リップル,手数料

売買手数料

売買手数料は、仮想通貨の取引にかかる手数料です。取引所によっては無料のところもありますが、有料だとリップルを売買するたびに手数料が発生します。取引手数料は、購入額とセットで支払う必要があり、売るときは売却益から差し引かれます。取引を繰り返すたびに、発生する余分な出費ということもできます。

しかし、DMM BitcoinやBITPointのように、売買手数料が無料のところを選べば、余分な出費を回避できるでしょう。

dmmbitcoin

スワップ手数料

スワップ手数料は、注文した通貨と支払いに使った通貨の金利の違いから生じる手数料です。通貨を交換することで生まれる金利差を手数料で埋めるシステムで、FX取引でなじみのある人もいるでしょう。支払った通貨より注文した通貨の金利が高ければ、プラススワップとして毎日少しずつ臨時の利益が入ります。その逆はマイナススワップになり、毎日少しずつ損失につながる仕組みです。

仮想通貨取引におけるスワップは、預けたお金の何倍分も売買できる「レバレッジ取引」で発生します。CoincheckやbitBankなど、通常の取引しか扱わない場所ではスワップは発生しません。取引所を選ぶときは、仮想通貨にスワップがあるかどうかを事前に確かめるとよいでしょう。

biyFlyer

入出金手数料

入出金手数料は、仮想通貨取引所の口座に入金するときに発生します。銀行口座や財布から出したお金を専用口座に入れるだけで手数料が発生すると、手痛いのではないでしょうか。

BITPointやDMM Bitcoinのように入出金手数料が無料のところもありますが、Coincheckのように、銀行振込は無料でコンビニ入金は有料というケースもあるので要注意です。取引所によって、入出金方法に応じてお金がかかる仕組みが異なっています。

coincheck

送金手数料

送金手数料は、仮想通貨を別の取引所や口座に移すときに発生します。例えば、Coincheckで買ったリップルを友人の口座へ送る場合、送金手数料は0.15XRPです。

リップルを買った取引所よりも、別のところが高く売れると判断し、そこへ送金する人もいるでしょう。しかし手数料が余分な出費となるため、結果的に利益を失う可能性もあります。送金手数料がなるべく安い取引所を選びたいところです。

リップルの手数料の注意点

リップルを購入した後の保管方法は?

リップルは購入後、取引所の口座か専用ウォレットに保管します。セキュリティの観点から考えると、専用ウォレットを使うほうがよいでしょう。

専用ウォレットがあることで、自己管理がいき届きやすいと言えます。オンライン型が主流ですが、オフライン型はハッキング被害のリスクを抑えられるのでおすすめです。ハードウェアやペーパー型のようなものがオフライン型なので、ぜひチェックしてください。

リップルを買ったら、専用ウォレットに保管して大切に管理しましょう。

取引所名 セキュリティ 公式サイト
bitFlyer SSL通信、マルチシグ、社内環境防御用のファイアウォールなど 申し込み
Coincheck 顧客資産の分別管理、二段階認証、SSL暗号など 申し込み
DMM Bitcoin 顧客資産のコールドウォレットによる分別管理、信託保全、二段階認証など 申し込み
ビットポイント 不正アクセスのメール通知、顧客資産の分別管理など 申し込み
bitbank 二段階認証、コールドウォレット、セキュリティの抜け穴をユーザーが報告できるシステムなど 申し込み
取引所名 セキュリティ
bitFlyer SSL通信、マルチシグ、社内環境防御用のファイアウォールなど
Coincheck 顧客資産の分別管理、二段階認証、SSL暗号など
DMM Bitcoin 顧客資産のコールドウォレットによる分別管理、信託保全、二段階認証など
ビットポイント 不正アクセスのメール通知、顧客資産の分別管理など
bitbank 二段階認証、コールドウォレット、セキュリティの抜け穴をユーザーが報告できるシステムなど

リップルを買うなら取引所と販売所どっちがいい?

仮想通貨取引所, 仮想通貨販売所
(画像=NETMONEY編集部)

仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」の2つの形式がありますが、投資する際は取引所がおすすめです。買値と売値の差である「スプレッド」がつきにくいためです。

スプレッドが大きいと、買った仮想通貨を高く売りづらいと言えます。取引所はユーザー自身が価格を決めて売買します。買ったリップルをすぐに高値で売れる可能性もあるでしょう。リップルの売買は、取引所のほうが得だと言えます。

まずは口座開設して取引を始める

リップルを買いたいと思ったら、まずは仮想通貨取引所にアクセスし、専用口座を開設しましょう。 氏名や住所などの個人情報、本人確認書類の写真などをアップロードすれば、開設手続きが完了します。

今回はおすすめの取引所としてbitFlyerやCoincheckなど、5つを紹介しました。リップルを買える取引所は場所によって環境が違います。特に手数料がかかるところとかからないところがある点に注目です。条件の違いを比べながら、理想の場所を決めましょう。

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.000001XRP
取引所:0.1 XRP
2倍
2位 2位 Coincheck 無料 17種類 円建てで500円相当額 なし
3位 3位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
15種類 販売所:1XRP
取引所:1XRP
2倍
4位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
14種類 販売所:1XRP
取引所:-
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:10XRP
取引所:1XRP
なし
<
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位1位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.000001XRP
取引所:0.1 XRP
2倍
2位 2位 Coincheck 無料 17種類 円建てで500円相当額 なし
3位 3位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
15種類 販売所:1XRP
取引所:1XRP
2倍
4位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
14種類 販売所:1XRP
取引所:-
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:10XRP
取引所:1XRP
なし
※1.別途スプレッドあり ※2.BitMatch取引手数料を除く
2022年1月13日現在
引用元:bitFlyerCoincheckGMOコインDMM BitcoinSBI VC Trade

暗号資産取引所のイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 手数料 スプレッド 取扱通貨数 セキュリティ サポート ツール アプリ 総合評価
Coincheck

bitFlyer

GMOコイン

DMM Bitcoin

SBI VCトレード

bitbank

Liquid by Quoine

暗号資産(仮想通貨)について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.暗号資産(仮想通貨)取引を始めた(始めようとしている)理由・目的は何ですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.最も期待している暗号資産(仮想通貨)を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に暗号資産に投資している金額をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のアプリに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の総合的なイメージ調査結果
取引所 暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果
かなり安いと思う 安いと思う 普通だと思う 高いと思う かなり高いと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.6% 13.6% 36.6% 7.0% 3.0% 34.2%
GMOコイン 8.2% 17.4% 32.8% 5.4% 1.2% 35.0%
bitFlyer 3.4% 14.4% 39.4% 7.4% 2.6% 32.8%
DMM Bitcoin 4.0% 13.0% 35.0% 5.6% 1.8% 40.6%
bitbank 3.4% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
BITPOINT 3.0% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
Liquid by Quoine 2.6% 7.6% 31.2% 5.2% 1.2% 52.2%
TAOTAO 2.4% 8.6% 30.0% 5.4% 2.0% 51.6%
FXcoin 2.0% 7.2% 33.0% 4.6% 1.4% 51.8%
SBI VCトレード 3.2% 8.8% 34.4% 5.0% 1.0% 47.6%
ディーカレット 2.6% 7.4% 34.0% 4.2% 1.0% 50.8%
LINE BITMAX 2.8% 9.0% 32.4% 5.0% 1.2% 49.6%
取引所 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果
かなり使いやすい思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う 使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 6.8% 17.6% 36.0% 3.2% 1.8% 34.6%
GMOコイン 6.6% 20.2% 30.2% 3.2% 1.8% 38.0%
bitFlyer 4.4% 18.0% 35.4% 5.2% 2.8% 34.2%
DMM Bitcoin 3.6% 16.4% 30.6% 3.6% 2.0% 43.8%
bitbank 3.6% 14.8% 31.4% 3.0% 1.6% 45.6%
BITPOINT 3.8% 10.8% 28.0% 5.2% 1.6% 45.6%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 30.0% 3.8% 2.2% 53.0%
TAOTAO 2.4% 9.0% 28.8% 4.4% 2.0% 53.4%
FXcoin 3.0% 6.8% 30.4% 4.0% 1.6% 54.2%
SBI VCトレード 4.6% 11.2% 29.6% 4.0% 1.6% 48.6%
ディーカレット 2.8% 9.0% 29.6% 2.6% 2.0% 54.0%
LINE BITMAX 3.2% 9.2% 29.0% 4.0% 1.6% 53.0%
取引所 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果
かなり充実していると思う 充実していると思う 普通だと思う 少ないと思う かなり少ないと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
GMOコイン 7.6% 21.4% 31.4% 4.0% 1.2% 34.4%
bitFlyer 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
DMM Bitcoin 3.8% 18.2% 30.8% 5.6% 1.6% 40.0%
bitbank 4.0% 12.6% 33.0% 3.6% 1.6% 45.2%
BITPOINT 2.8% 11.0% 29.4% 5.0% 2.8% 49.0%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 29.8% 4.4% 2.8% 52.0%
TAOTAO 3.2% 9.0% 29.4% 3.8% 2.6% 52.0%
FXcoin 3.2% 8.2% 29.8% 4.6% 2.2% 53.0%
SBI VCトレード 3.4% 10.6% 29.8% 6.0% 3.2% 47.0%
ディーカレット 3.0% 9.2% 29.8% 4.6% 2.2% 51.2%
LINE BITMAX 2.4% 10.2% 30.4% 4.4% 1.6% 51.0%
取引所 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果
かなり強いと思う 強いと思う 普通だと思う 弱いと思う かなり弱いと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 18.8% 35.6% 6.8% 3.0% 28.8%
GMOコイン 7.6% 18.4% 34.8% 4.2% 1.6% 33.4%
bitFlyer 6.6% 17.4% 38.2% 5.8% 1.6% 30.4%
DMM Bitcoin 4.6% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
bitbank 4.2% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
BITPOINT 4.6% 10.8% 29.6% 5.2% 1.8% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 8.2% 30.4% 4.8% 2.6% 50.6%
TAOTAO 3.0% 10.0% 29.0% 4.2% 3.2% 50.6%
FXcoin 3.8% 8.4% 29.0% 5.6% 2.0% 51.2%
SBI VCトレード 5.6% 10.4% 30.4% 5.8% 1.6% 46.2%
ディーカレット 3.8% 7.8% 30.2% 5.6% 2.0% 50.6%
LINE BITMAX 4.0% 8.6% 30.4% 4.8% 2.2% 50.0%
取引所 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果
かなり手厚いと思う 手厚いと思う 普通だと思う 手厚くないと思う かなり手厚くないと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.8% 15.0% 37.2% 7.4% 2.2% 32.4%
GMOコイン 5.6% 16.4% 35.6% 4.8% 1.2% 36.4%
bitFlyer 5.2% 14.4% 39.2% 6.2% 2.6% 32.4%
DMM Bitcoin 4.2% 13.0% 34.2% 5.2% 2.0% 41.4%
bitbank 3.6% 10.6% 35.0% 5.2% 2.0% 41.4
BITPOINT 3.4% 8.8% 32.2% 4.8% 1.6% 44.4%
Liquid by Quoine 3.8% 6.8% 30.2% 6.2% 1.4% 51.6%
TAOTAO 3.0% 7.2% 31.6% 5.0% 2.2% 51.0%
FXcoin 3.6% 8.6% 29.2% 5.2% 1.4% 52.0%
SBI VCトレード 4.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
ディーカレット 3.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
LINE BITMAX 3.4% 6.8% 33.0% 4.4% 1.2% 51.2%
取引所 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
GMOコイン 6.6% 18.4% 32.4% 5.4% 1.6% 35.6%
bitFlyer 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
DMM Bitcoin 3.8% 14.6% 33.2% 4.2% 1.6% 42.6%
bitbank 4.4% 11.2% 33.8% 4.2% 1.6% 44.8%
BITPOINT 4.0% 9.0% 31.0% 4.6% 1.6% 44.8%
Liquid by Quoine 2.8% 6.8% 32.2% 4.2% 1.8% 52.2%
TAOTAO 3.4% 7.2% 30.2% 4.2% 2.6% 52.4%
FXcoin 3.4% 8.8% 29.4% 3.8% 1.8% 52.8%
SBI VCトレード 4.2% 10.8% 31.2% 3.0% 2.4% 48.4%
ディーカレット 3.2% 7.4% 30.6% 4.2% 1.6% 53.0%
LINE BITMAX 4.0% 8.0% 31.4% 3.6% 1.4% 51.6%
取引所 暗号資産取引所のスマホアプリに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.0% 18.2% 31.0% 4.8% 1.8% 36.2%
GMOコイン 6.8% 16.0% 30.8% 3.8% 1.8% 40.8%
bitFlyer 5.2% 19.0% 32.0% 3.8% 1.8% 40.8%
DMM Bitcoin 3.8% 13.6% 30.6% 4.6% 2.0% 45.4%
bitbank 4.0% 10.4% 31.4% 4.8% 1.8% 47.6%
BITPOINT 3.0% 9.6% 29.4% 4.6% 1.8% 47.6%
Liquid by Quoine 3.4% 6.8% 27.6% 4.6% 3.6% 54.0%
TAOTAO 3.2% 7.0% 28.6% 4.0% 3.6% 54.0%
FXcoin 3.8% 6.4% 30.4% 3.6% 1.2% 54.6%
SBI VCトレード 4.4% 10.0% 27.0% 4.6% 1.8% 52.2%
ディーカレット 3.6% 8.0% 27.8% 4.0% 1.6% 55.0%
LINE BITMAX 2.6% 9.0% 29.4% 3.2% 2.2% 53.6%
取引所 暗号資産取引所の総合的なイメージ
かなり良いと思う 良いと思う 普通だと思う 悪いと思う かなり悪い思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 21.0% 37.6% 4.0% 2.4% 28.0%
GMOコイン 6.6% 21.2% 33.6% 4.2% 1.4% 33.0%
bitFlyer 6.6% 22.0% 38.6% 4.2% 1.0% 27.6%
DMM Bitcoin 4.2% 16.6% 34.6% 4.6% 1.0% 39.0%
bitbank 4.4% 12.2% 35.2% 5.0% 1.2% 42.0%
BITPOINT 3.6% 11.2% 32.4% 3.2% 1.6% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 7.8% 32.2% 4.2% 1.0% 51.4%
TAOTAO 3.4% 7.6% 32.0% 3.8% 1.4% 51.8%
FXcoin 3.6% 6.0% 32.4% 3.4% 2.4% 52.2%
SBI VCトレード 3.8% 12.0% 31.4% 3.8% 1.6% 47.4%
ディーカレット 3.2% 7.6% 33.2% 3.6% 1.4% 51.0%
LINE BITMAX 3.6% 8.8% 32.2% 3.6% 1.8% 50.0%

リップル、暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料に関するQ&A

Q. リップル(XRP)とは何か?

暗号資産(仮想通貨)の1つで、国際送金市場での使用を目的としている。
管理主体(リップル社)が存在するのが、ビットコイン(BTC)と大きく異なる点です。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料にはどのようなものがあるか?

取引手数料や送金手数料、入金手数料、出金手数料などがあります。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引きにおける、スワップ手数料とは何か?

スワップ手数料はレバレッジ取引を行う際に発生する手数料で、”発注した暗号資産”と”支払いに使用した暗号資産”の金利差から生じます。スワップ手数料を仕組みとして設け、暗号資産を交換する際に発生する金利差を埋めています。

Q. どの暗号資産(仮想通貨)販売所や取引所でも、リップルは取り扱っているか?

暗号資産(仮想通貨)販売所や取引所により取扱い暗号資産の種類は異なるが、リップルを取り扱っているところは多いです。

リップル(XRP)はいくらから購入することができるか?

いくらでリップルを購入できるのかは、取引する取引所によって異なる。1XRPであれば、買うタイミングによるリップルの価格で購入することが可能で、最低価格は取引所が取り扱う最低取引単位(XRP)によって決まります。取引所によっては0.000001XRPと細かい単位で取り扱う取引所もあるため、少額からリップルを購入することも可能です。

リップル(XRP)を購入するには何が必要か?

リップルを購入するためには暗号資産取引所で口座を開設して、リップルを買うための日本円を入金する必要があります。日本円を入金後、リップルと日本円の取引ができる取引所で購入できます。取引所によっては日本円以外、つまり他の仮想通貨とリップルによる取引で購入をすることも可能です。

リップル(XRP)を購入したら税金がかかるか?

リップルをはじめとする暗号資産を購入するだけでは、税金は発生しません。リップルを売却して日本円で利益が出た時には税金が発生します。暗号資産の利益は雑所得となるため、約20万円以上の利益が発生すると確定申告を実施する必要があります。また、課税額は総合課税となるため、本業の収入と合算した金額を納付しなければならないため、株式やFXとは発生する税金の金額が異なります。

監修者

実際に暗号資産投資を始めてみる

※「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。