プロミスVisaカードの審査は甘い?メリット・デメリットを含め解説

プロミスVisaカードは消費者金融のプロミスと三井住友カードが提供するカードローン一体型のクレジットカードです。一般的に、消費者金融系のクレジットカードは審査が甘いと言われています。

本記事では、プロミスVisaカードのメリットやデメリットなどを詳しく解説します。申し込み方法やプロミスVisaカード特有の審査基準まで説明するので、ぜひ最後までチェックしてください。

本記事にコメントいただいた専門家

プロミスVisaカードの基本情報 

プロミスVisaカードの基本情報はつぎの通りです。

■プロミスvisaカードの基本情報

国際ブランド Visa
年会費 永年無料
ポイント還元率 0.5%~7%
貯まるポイント Vポイント
申し込み条件 18~74歳で安定した収入がある
発行スピード 約7~10日
付帯保険 下記から選択可能

・旅行損害保険:最高2,000万円
・個人賠償責任保険:最高20万円
・入院保険(交通事故限定):1,000円/日、一時金1万円
・携行品損害保険:最高5万円
スマホ決済 iD、Apple Pay、Google Pay
融資額 500万円まで
金利(実質年率) 4.5%~17.8%※新規契約の方が対象
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日のいずれかから選択可能
返済期間 最長6年9ヵ月
返済回数 1~80回払い
遅延利率(実質年率) 20.0%

\本日中の審査まであと!/

プロミスVisaカードはタッチ決済で最大7%還元

プロミスVisaカードは、対象の飲食店やコンビニでタッチ決済を使うと最大7%のポイント還元を受けられます。ポイント還元の仕組みは以下のとおりです。

■プロミスVisaカードのポイント還元率

基本還元率 クレジット払い スマホでタッチ決済
(Apple Pay/Google Pay ™)
0.5%
(200円につき1ポイント)
+2.0% +6.5%

2023年7月からはスマホを使ったタッチ決済の還元率が最大7%になりました。たとえば、スマホを使ったタッチ決済で1万円を支払った場合、基本還元率の0.5%にスマホ決済分の6.5%が加わり、700円分が還元されます。Apple PayやGoogle Pay™︎にカードを登録して利用するのが最もお得です。

還元率アップの対象店舗は以下のとおりです。

還元率アップの対象店舗
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • マクドナルド
  • サイゼリヤ
  • ガスト
  • バーミヤン
  • しゃぶ葉
  • ジョナサン
  • 夢庵
  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオール カフェ
  • かっぱ寿司

年会費無料ながら高還元を実現できるため、ポイントを貯めやすくお得に利用できます。

プロミスVisaカードの融資額と金利について

プロミスVisaカードの融資額は、他社のカードローン付きクレジットカードと比べると決して高くはありません

■カードローン付きクレジットカードの融資額一覧

プロミスVisaカード Tカード プラス(SMBCモビット next)
500万円 800万円

借入の頻度や金額が高い場合は、プロミスVisaカード以外のカードの申し込みも視野に入れましょう。

一方、プロミスVisaカードの金利は、以下のように他社カードと比べて上限が低めに設定されています。

■カードローン付きクレジットカードの融資額一覧

プロミスVisaカード Tカード プラス(SMBCモビット next)
4.5~17.8% 3.0~18.0%

カード会社の借入時の利率は、利息制限法の上限金利に基づき定められています。上限金利は以下のとおりで、借入額が少ないほど金利は高く設定されています。

上限金利
  • 10万円未満:年20.0%
  • 10~100万円未満:年18.0%
  • 100万円以上:年15.0%

プロミスVisaカードの金利は17.8%と他社カードに比べて0.2%低いため、少額の借入頻度が高い人ほど利用しやすいでしょう。特に、上限金利が18.0%である100万円未満までの借入であれば、他社よりお得にお金を借りられます。

プロミスVisaカードの4つのメリット

プロミスVisaカードのメリットは、次の通りです。

プロミスVisaカードを申し込むべきメリットを、それぞれ説明します。

借入と買い物が一枚のカードでできる

プロミスVisaカードは借入と買い物が1枚でできるため、支出の管理が楽になります。カードローンで聞き馴染みがあるプロミスと三井住友カードが、共同作成したクレジットカードのため、両社の機能が使えるのです。

プロミスVisaカードは国際ブランドのVisaと提携しており、日本はもちろん海外でも多くの店舗で利用できます。また、プロミスのカードローンとしても利用でき、インターネットやコンビニATMなどでいつでも借入ができます。

普段からカードローンとクレジットカードを使う人にとっては、借入と買い物のカードをプロミスVisaカード1枚にすっきりまとめられて使い勝手がよいでしょう。

ナンバーレスでセキュリティ面が安心

プロミスVisaカードは、ナンバーレス形式のためセキュリティが高いです。

出典:プロミス

ナンバーレスとは、クレジットカードの券面にカード番号や有効期限などの情報が記載されていない形式を指します。万が一、クレジットカードの紛失・盗難の際にも、カード番号の記載がないため他人に知られることがなく、高いセキュリティが実現できます。カード番号はVpassという専用のアプリで確認できます。

さらに、プロミスVisaカードには署名欄がありません。そのため他人に、名前を知られるリスクがありません。

このように、プロミスVisaカードはセキュリティを高める工夫がなされたクレジットカードだといえます。

Vポイントがたまる

プロミスVisaカードは支払い額に対して0.5%~5.0%のVポイントが貯まります。

Vポイントは三井住友銀行のサービスや三井住友カードなどを利用すると得られるポイントです。1ポイント1円でクレジットカードの支払金額に充当したり、ネットショッピングやコンビニなどの店頭で1ポイント1円から使うことができます。

このほか、三井住友銀行での振込手数料の割引に利用したり、SBI証券の投資信託の買付にも1ポイント1円で利用でき、家電や商品券などの景品と交換することもできます。

Vポイントのポイント還元率は通常0.5%ですが、対象店舗でスマホのタッチ決済をすると最大6.5%まで増加する仕組みです。

条件 ポイント還元率
通常 0.5%
対象店舗でタッチ決済 最大+6.5%
対象店舗
  • セイコーマート
  • セブン-イレブン
  • ポプラ
  • ローソン
  • マクドナルド
  • サイゼリヤ
  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオールカフェ
  • かっぱ寿司

上記の店舗をよく利用する人は、ポイント還元率が最高5.0%となって非常にお得になります。

カードの付帯保険が自由に選べる

プロミスVisaカードでは付帯保険を自由に選べるので、自分に必要な保険を利用できます。一般的にクレジットカードの付帯保険はあらかじめ決められているため、プロミスVisaカードならではのメリットです。

選べる付帯保険は下記があります。

付帯保険 保険内容 保険金額
海外旅行保険 海外旅行時の死亡やケガなどに対する保険 最高2,000万円
個人賠償責任保険 日常生活で他人にケガをさせたり、他人のモノを壊したりして発生した損害賠償に対する保険 最高20万円
入院保険(交通事故限定) 交通事故のケガによる入院に対する保険 入院補償:1,000円/日
入院一時金:1万円
携行品損害保険 持ち物が盗難や破損、火災などで被害にあった時に対する保険 最高5万円

申し込み時は海外旅行保険に設定されています。海外旅行にはほとんど行かない場合、個人賠償責任保険や携行品損害保険に変更するのがよいでしょう。

付帯保険の変更は、VpassのWebページもしくはアプリから手続きできます。Webページの場合は、ログイン後にTOPページ中段にある『選べる無料保険』のバナーから手続きしてください。アプリの場合は右下にあるメニューから『Myページ』へ進んで手続きしましょう。

毎月20日までに変更手続きをしたら、翌月1日の午前0時から変更後の補償が開始します。変更後の保険の補償期間は1年間です。補償期間が終了しない限り、別の保険へ変更できません。また、補償期間が終了する前月20日までに変更手続きをしないと、継続になってしまうので注意してください。

プロミスVisaカードの4つのデメリット

プロミスVisaカードのデメリットは、次の通りです。

プロミスVisaカードを申し込んでから後悔しないために、それぞれ説明します。

審査はプロミスと三井住友カードの両方で行われる

プロミスVisaカードでは、申し込み後に審査がプロミス側と三井住友カード側の両方で行われます。そのため審査に時間がかかる可能性もある点がデメリットです。

クレジットカードに加えて、カードローンも一度に使えるように手続きするための審査だと理解しましょう。

即日発行できない

申し込み後にプロミスで審査をしてから三井住友カード側の審査もあるため即日発行ができません。

プロミスVisaカード以外の三井住友カードでは、最短5分で発行できるものがあります。早急にクレジットカードが欲しい場合は、即日発行に対応している別の三井住友カードを検討しましょう。

おすすめ三井住友カード徹底比較

国内旅行に対する傷害保険がない

プロミスVisaカードには、国内旅行に対する傷害保険はありません。もし国内旅行で保険をかけたい場合は別途契約する必要があります。

なお、プロミスVisaカードの付帯保険はつぎの通りです。

プロミスVisaカードの付帯保険(下記から選択)
・海外旅行損害保険:最高2,000万円
・個人賠償責任保険:最高20万円
・入院保険(交通事故限定):1,000円/日、一時金1万円
・携行品損害保険:最高5万円

国際ブランドがVisaのみ

プロミスVisaカードで提供している国際ブランドはVisaのみです。Master CardやJCB、American Expressなどは選べません。

しかし、Visaは世界各国で利用できる代表的な国際ブランドなので、国内外でのショッピングで不便を感じるケースはほとんどないでしょう。

プロミスVisaカードに申し込める人

プロミスVisaカードに申し込める人は、18~74歳で安定した収入がある人です。主婦や学生でも、アルバイトやパートなどで安定収入があれば問題なく申し込めます。

ただし、高校生や年金収入のみの人は申し込めないので注意してください。

プロミスVisaカードの申し込み方法と必要書類

プロミスVisaカードは、Webやプロミスのアプリから申し込めます。ただし、アプリはすでにプロミスの利用者でないと使えません。プロミスを利用していない人はWebから申し込みましょう。また、プロミスの店舗や、電話での申し込みはできません。

Webでの申し込みの際は、まず申し込み者の名前や生年月日、家族構成などの基本情報を記載します。

出典:プロミス

次に勤務先の情報や入社年月、年収などを入力します。

出典:プロミス

最後に契約方法や借入希望額などを入力して完了です。

出典:プロミス

ここからは申し込み前に必要な書類や在籍確認の有無について、解説します。

必要書類

プロミスVisaカードの発行にあたって、下記が必要です。

本人確認書類 下記のいずれか
・運転免許証
・パスポート(※2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているもの)
・健康保険証
・マイナンバーカード(※通知カード不可)
・在留カード
・特別永住者証明書
収入証明書類 下記のいずれか
・確定申告書
・青色申告決算書または収支内訳書
(※証明年度は前年度のもの。ただし、ご提出日が1月1日から3月31日の場合は、前々年度のものも受付可能)
銀行口座 -

銀行口座は、クレジットカードの支払い口座として利用します。申し込み手続き前に、必要な書類は必ず準備しておきましょう。

プロミスVisaカードの在籍確認は原則なし

プロミスVisaカードの審査では、勤務先への在籍確認は原則ありません。

ただし、審査結果によっては、在籍確認をする場合があります。その場合プロミスと分からないような配慮があるため、安心してください。プロミスVisaカードの公式サイトでは以下の記載があります。

原則、お勤めされていることの確認はお電話では行いません。ただし、審査の結果によりお電話による確認が必要となる場合がございます。 (ご連絡の際は担当者の個人名もしくは三井住友カード名義でおかけし、プロミス名はお伝えいたしませんのでご安心ください。)

引用:プロミス|プロミスVisaカード

プロミスVisaカードの審査について

プロミスVisaカードを申し込む際に必ずクリアしなければならないのが審査です。プロミスVisaカードはプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とVisaブランドを発行する三井住友カード株式会社の2社が審査を行います。ここでは、審査難易度や審査の流れについて解説します。

プロミスVisaカードの審査の難易度

プロミスVisaカードは消費者金融系のクレジットカードであり、銀行系や信販系のカードと比べて審査が通りやすい傾向にあります。

申し込み要件も厳しくなく、銀行系カードの代表である三井住友カードなどと比べると、審査は厳しくありません。

◼️専門家のコメント

岩田昭男

プロミスは消費者金融業者としては業界のリーダー的存在でもありますが、最近増えてきたショッピング中心のクレジットカードは専門外であり、あまり得意とはいえません。そこで同じグループの三井住友カードの力を借りながら、現在「訓練」を行っているところです。審査で厳しくふるい落とすより、より多くの人にカードを持ってもらうことに重点を置いているため、審査は通りやすくなっています。(消費生活ジャーナリスト 岩田昭男さん)

また、大手消費者金融のなかではプロミスはカードローンの審査通過率も比較的高く、過去に重大な金融事故などがなければ通過できるでしょう。プロミス・アコム・アイフルのカードローン審査通過率は以下のとおりです。

◼️プロミス・アコム・アイフルのカードローン審査通過率(2023年4月時点)

プロミス アコム アイフル
42.3% 40.7% 29.7%

ただし、カードローンとクレジットカードの両方に対して審査が必要なため、時間はかかりやすくなります。

過去にプロミスを使ったことがある方は、三井住友カードの審査通過が必要です。一方、すでに三井住友カードを持っている方の場合は、プロミスのカードローン審査に通る必要があります。クレジットカードの審査は割賦販売法、カードローンの審査は貸金業法に基づいて審査が行われるため、どちらの審査が難易度が高いかは一概にはいえません。

プロミスVisaカードの審査フローと届くまでの時間

プロミスVisaカードでは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社と三井住友カード株式会社の両方で審査をします。審査の流れは以下のとおりです。

プロミスVisaカードの審査フロー
  1. プロミスで借入の申し込み
  2. プロミスで借入の審査
  3. プロミスVisaカードへの申し込み
  4. 三井住友カードで審査し発行
  5. 審査結果の通知

プロミスVisaカードの会員要件には「プロミス会員であること」が明記されています。申し込む際は初めにプロミスを申し込みましょう。プロミスの審査に通らなかった場合は、プロミスVisaカードの申し込みはできません。

また、審査にかかる時間はそれぞれ以下のとおりです。

◼️プロミスおよび三井住友カードの最短審査時間

プロミス 三井住友カード株式会社
最短20分 最短5営業日

プロミスでは、最短20分で審査が終わり、カードローン機能はWebやアプリからすぐに利用可能です。カードがなくても使えるため、最短即日で融資を受けられます。

一方、クレジット機能はカードが届くまでは使えません。プロミスVisaカードは即日発行できないため、カードを使うには現物を受け取るまで待つ必要があります。カードは最短5営業日後に発送されるため、手元に届くのは1週間程度かかるとみておきましょう。

プロミスVisaカードはこんな人におすすめ

プロミスVisaカードのメリットやデメリットをまとめると、下記のような人におすすめできるクレジットカードです。

  • これからカードローンとクレジットカードを利用する人
  • すでにプロミスを利用していてさらにクレジットカードと一緒に利用したい人

今後カードローンとクレジットカードを利用したい場合、プロミスVisaカードをおすすめします。

また、すでにプロミスを利用している人であれは、プロミスVisaカードに申し込んでクレジットカードの機能を付帯させれば、1枚のカードで管理できます。

カードローンとクレジットカードの両方を日常的に使う人は、プロミスVisaカードを検討してみください。

プロミスVisaカードに関するFAQ

プロミスVisaカードの申し込みにあたって、よくある疑問をFAQ形式でまとめました。気になるものがあれば、ぜひ参考にしてください。

プロミスVisaカードの申し込み条件は?
プロミスVisaカードの申し込み条件は、18~74歳で安定した収入がある人です。高校生や年金収入のみの人は申し込めません。

主婦や学生でも、アルバイトやパートなどで安定収入があれば問題なく申し込めます。
プロミスVisaカードの申し込みに必要な書類は?
プロミスVisaカードに必要な書類は、下記の通りです。

・本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカード(※通知カード不可)、在留カード、特別永住者証明書 のいずれか
・収入証明書類:確定申告書、、青色申告決算書または収支内訳書 のいずれか

加えて、クレジットカードの支払いに使う銀行口座も必要なので、申し込み前に用意しておきましょう。
プロミスVisaカードの審査時に在籍確認はありますか?
原則、勤務先への在籍確認はありません。

ただし、審査結果によっては、在籍確認をする場合があります。その際はプロミスからの在籍確認と分からないように配慮してくれるので、安心してください。
プロミスVisaカードのキャッシングとクレジットカードの支払い日の違いはありますか?
キャッシングとクレジットカードの支払い日はどちらも違い、自由に選べます。具体的な支払いは、下記を参考にしてください。

・キャッシング:5日、15日、25日、末日 のいずれか。
・クレジットカード:15日締め翌月10日払い、月末締め翌月26日払い のいずれか

ただし、キャッシングの支払い日について、次の銀行口座以外から口座振替で返済する場合は、返済期日が毎月5日になるので注意してください。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・PayPay銀行

支払い日に遅れてしまうと、遅延損害金を請求されたり、信用情報に傷がついたりするので必ず支払いましょう。