MasterCard Black Cardは、極めてステータスの高いクレジットカードです。「World Elite Mastercard」という最高ランクに位置づけされており、カードとしては珍しいメタル製です。

MasterCard Black Cardは話題の「ラグジュアリーカード」の1つであり、インビテーションは不要ながら、年会費は11万円(税込み)というハイクラスのカードになります。

この記事ではMasterCard Black Cardについて、特徴やメリット・デメリットを解説し、ユーザーの評判も紹介しますので、興味がある人は参考にしてください。

こんな人向け!

  • ハイクラスのステータスカードが持ちたい方!
  • 限度額を気にせずカード利用したい方!
  • ショッピング保険や海外・国内良好での保険を充実させたい方!
  1. 【MasterCard】Black Cardとはどのようなカードなのか
  2. ラグジュアリーカードの豪華な特典
  3. ラグジュアリーカードの特徴
  4. ラグジュアリーカードのデメリット
  5. ラグジュアリーカードの評判を紹介
  6. ラグジュアリーカードはどんな人におすすめなのか
  7. MasterCardの上位クラスのBlack Cardを保有して快適な生活を
  8. MasterCard Black Cardを作る際のよくあるお問い合わせ

【MasterCard】Black Cardとはどのようなカードなのか

MasterCard Black Cardは「ラグジュアリーカード」という呼び名が一般的なので、ここから先はそう呼称します。

国際ブランドとしてVisaに次いで第2位のMasterCardですが、その中でも最上位である「World Elite Mastercard」のランクに位置づけされているラグジュアリーカードは、まさしく富裕層向けのクレジットカードです。

カードオーナーの平均年収は、 アメリカでは約42万ドル(4000万円以上)といわれています。日本でのラグジュアリーカードの審査に関しても、一定の年収が資格条件に入っていると考えられるでしょう。

【MasterCard Black Cardの基本スペック】

カード評価 ★★★★☆
年会費 110,000円(税込)
還元率 1.25%
カードの限度額 100万~500万円
キャッシング機能 あり
付帯保険 海外旅行:最高1億2千万円
   国内旅行:最高1億円
    ショッピング:最大300万円

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 通常利用で1.25%のポイント還元
  • QuickPayや電子マネーのチャージでもポイント還元
  • 法人税、消費税など各種納税にもポイント還元

デメリット

  • nanaco・楽天Edyなど一部ポイント還元がない電子マネーがある。

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • カードにご満足いただけなければ初年度会費全額返金
  • 会員限定の充実した優待予約制度
  • ご指定の場所のリムジン送迎サービス

デメリット

  • 年間50万円以上の利用がないと返金不可

海外からやってきたメタル製のカードということもあり、一時期かなり話題となったラグジュアリーカード。その年会費は11万円(税込み)で、インビテーションは不要です。自営業や個人事業主におすすめの法人カードもあります。

24時間365日対応のコンシェルジュサービスが好評で、「まるで秘書のように活躍してくれる」といわれています。高級レストラン利用時には、自宅までリムジンの送迎があり、1人分のレストラン代金が無料になるサービスもあります。

そんなハイステータスを絵に描いたようなラグジュラリーカードの特徴を、以下で詳しくお伝えしていきましょう。

ラグジュアリーカードの豪華な特典

ここからは、ラグジュアリーカードの豪華な特典内容について解説をさせていただきます。ご自身がラグジュアリーカードを持つべきかを判断する際にぜひ以下の内容をご参考になさってください。

ラグジュアリーホテルで会員限定優待

ラグジュアリーカードの会員になると、マンダリン・オリエンタル・ホテル・グループ、ハイアット ホテルズ アンド リゾーツなど、世界3,000軒以上のホテル・旅館で極上の体験を楽しめます。対象カードはチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの全会員となります。

具体的な優待例として
  • ・会員限定価格や優先予約・ご予約
  • ・ルームアップグレード
  • ・ご滞在中毎朝朝食無料(2名様まで)
  • ・アーリーチェックイン、レイトチェックアウト
  • ・無料Wi-Fiサービス
  • ・ウェルカムギフトや施設内で使えるクレジットの付与
  • ・運転手付きの送迎サービスやレンタカー
  • ・チャーター機手配

などの優待が用意されております。ただし優待例は施設ごとに異なりますので、一度コンシェルジュまで問い合わせをすることが必須となるでしょう。

グローバルホテル優待

ザ・リッツ・カールトン、 ハイアット、 マンダリン オリエンタルをはじめ、 世界の3000を超える施設にて1滞在当たり5万5000円相当以上の旅行特典とサービスをご用意。

特典にはリゾートまたはスパのクレジット、 無料のご朝食やお飲み物のサービス、 客室のアップグレード、 ウェルカム特典などが含まれます。

引用元:LUXURY CARD公式サイト

リムジン送迎や映画チケットなどの特別優待

ラグジュアリーカードのブラックカードとゴールドカードには、対象レストランを予約すると、センチュリーやアルファードなどのハイヤーで無料送迎してもらえる「ラグジュアリーリムジン」という特典があります。

2ただし国内の手配ではブラックカードの場合往路のみ、ゴールドの場合は往路か復路かを選択することができます。2017年11月のサービスリニューアルに伴い海外でもこちらのサービスが利用できるようになりましたが、海外手配ではゴールドカードの往路のみの手配となっております。

また、ラグジュアリーカードには全国映画館優待の特典があります。日本各地にある大手映画館のTOHOシネマズにて、無料で映画を鑑賞することが可能です。毎月提供されるチケットに上限枚数はあるものの、映画好きの方からすれば大変利用価値の高いサービスといえるでしょう。

24時間対応のグローバルコンシェルジュ

ラグジュアリーカードは、24時間365日、自動音声なくすぐにつながるコンシェルジュサービスを展開しております。コンシェルジュを利用する際の本人確認も名前と生年月日のみとなっており、カードを手元に用意して番号を読み上げるといった手間は一切かかりません。

またおうち時間が増加するコロナ禍や、電車や新幹線など電話が難しい場所でも早く回答が欲しいといった会員のニーズに応えるため、ライブチャット機能を2021年4月以降にリリースすると発表しました

これによって会員は電話が難しい場所や移動中、仕事やプライベートの隙間時間などに効率的にコンシェルジュに相談ができるようになりました。
もちろんチャット機能でも、フライト予約やパートナーに向けたサプライズイベントの相談など、リアルタイムで瞬時に対応してくれます。

国内外の1,300カ所以上の空港ラウンジが利用可能

プライオリティ・パスに無料で登録できるので、世界1,300カ所以上の空港ラウンジで、本人会員は無料、同伴者は1人につき27ドルで自由に利用できます。

家族も家族カードを発行しプライオリティ・パスに無料登録すれば、無料で利用できます。なお、ほとんどのラウンジはデジタル会員証でも利用可能です。

ラグジュアリーカードの特徴

多くのビジネスパーソンが憧れるラグジュアリーカードですが、他のカードとは何が違うのでしょうか。ここからは、ハイステータスの象徴とも言われるラグジュアリーカードに関する特徴を、項目ごとに掘り下げて解説していきます。

高いポイント還元率も魅力

過去のラグジュアリーカードでは、ボーナスポイントやその他ポイントアップなど、利用者にとっては少々複雑な仕組みとなっており、還元率も決して高いものではありませんでした。

しかしラグジュアリーカードは、2019年4月からのポイントプログラムの改定により、

  • ポイント還元率がアップ(還元率1.25%)
  • 国内外のポイント還元率を共通化
  • ボーナスポイントの適用条件の廃止

こちらの3点が改善され、利用者にとって使い勝手が良く、大変お得なポイントプログラムとなりました。

またポイントの有効期限も2018年8月6日の新システムの移行に伴うタイミングで、一律で約5年間と分かりやすく改善がされております。高いポイント還元率だけでなく、ポイントの有効期限も5年間と長く、以前と比べると大変優秀なカードに進化を遂げたといえるでしょう。

 
ラグジュアリーブラックカード
ダイナースクラブ
JCBプラチナ
カード名 ブラックカード ダイナースクラブカード JCBプラチナ
年会費
110,000円(税込)

24,200円(税込)

27,500円(税込)
還元率
1.25%

0.40%~1.00%

0.50%~5.00%
申し込み条件 20歳以上 27歳以上 25歳以上&安定収入
優待 ・コンシェルジュサービス
・リムジンサービス
・グローバルホテル優待
・コンシェルジュサービス
・厳選コース料理1名無料
・会員限定お取り寄せ商品など
・コンシェルジュサービス
・USJ専用ラウンジ
・宿泊施設優待など
おすすめ利用シーン Apple PayやSuicaのチャージでポイントが貯まる どのような利用方法でも1.0%のポイント還元 ・スターバックスの利用で最大8%ポイント還元
キャンペーン 準備中 初年度年会費無料 新規入会&利用で10,000円キャッシュバック
申し込み
 
ラグジュアリーブラックカード
ダイナースクラブ
JCBプラチナ
カード名 ブラックカード ダイナースクラブカード JCBプラチナ
年会費
110,000円(税込)

24,200円(税込)

27,500円(税込)
還元率
1.25%

0.40%~1.00%

0.50%~5.00%
申し込み条件 20歳以上 27歳以上 25歳以上&安定収入
優待 ・コンシェルジュサービス
・リムジンサービス
・グローバルホテル優待
・コンシェルジュサービス
・厳選コース料理1名無料
・会員限定お取り寄せ商品など
・コンシェルジュサービス
・USJ専用ラウンジ
・宿泊施設優待など
おすすめ利用シーン Apple PayやSuicaの
チャージでポイントが貯まる
どのような利用方法でも
1.0%のポイント還元
・スターバックスの利用で
最大8%ポイント還元
キャンペーン 準備中 初年度年会費無料 新規入会&利用で
10,000円キャッシュバック
申し込み

初年度年会費返金保証

現在も実施されているラグジュアリーカードの初年度年会費返金補償の内容は以下の通りです。

初年度年会費補償の内容:入会日より半年以内に11万円(税込)の年会費を含む50万円以上(税込)を支払った方で、満足できずに退会する場合、支払った年会費全額(初年度分)を返金。
※こちらは現在も実施中ですが、予告なく終了する可能性もありますので、申し込み時に必ずご自身で確認することが必要です。

他にも注意点として、
・入会申し込みの段階から、特定の申し込みページから申し込みを行うこと
・個人用と法人決済用で申し込みページのリンクが異なること
・期限は入会日より半年後の前日までであること
(例:2021年2月5日が入会日の場合は、2021年8月4日まで)

年会費も11万円(税込)と非常に高価なため、こうした保証があるのは大変ありがたいといえるでしょう。

金属製で抜群の高級感

クレジットカードのほとんどはプラスチックが主流ですが、、ラグジュアリーカードは金属製となっており他のカードとは一線を画します。単なる支払いのためのアイテムというより、ブランド品に近いイメージかもしれません。

ラグジュアリーカードの券面はマット加工が施され、職人の手で1枚ずつロゴと名前が削り出される手の込みようで、極めて高級感があります。ブランドのこだわりをクラフトマンシップと技術によって、カードという形に集約した芸術品とも言えるでしょう。特許技術を57項目も駆使して制作されたカードは、最新鋭の超小型ICチップを搭載しており、セキュリティ面も万全を期しています。

家族カードなどの追加カードも、すべて同じ仕様です。手にするたび、ステータスを感じられ、ショップでスタッフに渡すたびに驚きと羨望が感じられるカードとなっています。

ラグジュアリーカードのデメリット

メリットがすさまじいラグジュアリーカードですが、もちろんデメリットもあります。詳しく紹介しましょう。

年会費が高くハイクラス向けである

このラグジュアリーカードは持つ人を選ぶカードです。年会費が11万円(税込み)と高額なので、サービスを使いこなさなければ、コストパフォーマンスが悪くなるおそれがあります。

そもそもサービスを使いこなすこと自体にもコストが発生するので、自然とライフスタイルに溶け込んでいるハイクラスの人でなければ、無理が生じるでしょう。

また、特典が首都圏や関西、愛知や福岡などの大都市中心となっています。その他のエリアに住んでいると、うまく特典を利用できないというデメリットもあるでしょう。

初年度年会費「全額返金保証」

本ページを通じてラグジュアリーカードにご入会いただき、入会日より半年以内(以下、「期限」といいます。)に年会費を含む50万円(税込)*以上お支払いいただいた方がサービスにご満足いただけず退会される場合、お支払いいただいた年会費全額をご登録口座へ返金いたします。

*ただし、各種納税でのご利用分は集計対象外となります。

引用元:LUXURY CARD公式サイト

QRコード決済はApple Payのみ

ラグジュアリーカードは、登録しておけばApple Payを使って買い物ができます

他のカードでは、Apple Pay以外のサービスにも対応しているものがありますが、ラグジュアリーカードのQRコード決済はApple Payのみで、選択肢はありません。

審査が厳しいのでステータスが求められる

ラグジュアリーカードの審査に関しては、難易度がクレジットカード全体の中でもかなり高いほうです。いわゆるプラチナカードと同様の厳しい審査となっています。

年収や過去の金融履歴などを、より厳しくチェックされることは間違いありません。ちなみにラグジュアリーカードの日本での入会申込書の記入例は、年収欄が2000万円だったようです。

専門家のコメント

ラグジュアリーカードの評判を紹介

ラグジュアリーカードを実際に利用しているユーザーの、ネット上で見られる生の声を紹介しておきます。やはり特典について書いている人が多いようです。

アイコン

女性/30代

評価/★★★★★

ラグジュアリー感満載のデザインと素材で、優越感が得られます。海外旅行によく行くために24時間コンシェルジュサービスが利用できるのは良いと思いました。レストランの予約などコンシェルジュがいつも丁寧かつスピーディーに対応してくれますのでとても助かっています。

アイコン

男性/30代

評価/★★★★★

コンシェルジュは24時間体制で、いつでも対応してくれます。 世界最大級のネットワークを保有しており、世界の拠点数は飛び抜けており、その国に一番近いデスクと連携した提案が可能で現地の生の情報が手に入ります。 日本の美味しいお店はやはりニューヨークのデスクに居るアメリカ人オペレーターよりも、日本に住んでいる日本人の方が詳しいです。 その逆のようなイメージで世界中の質の高い提案・情報が得られます。

アイコン

男性/40代

評価/★★★★★

普通のクレカとは次元が違う上質な素材がまず心を奪われます。ラグジュアリーポイントで貯めたポイントは高級ワイン業者(フィラデス)からお得に購入できて更にお得です。ワイン好きな方はもちろんお酒が好きな方も納得頂けるサービス内容となっております。またマイル付与率も高いのが特徴です。

アイコン

男性/30代

評価/★★

コンシェルジュで旅館の予約をしましたが後日415円の請求が来ました。年会費20万円も取りラグジュアリーと言ってはいるが、ダイナースのブラック、アメックスのプラチナ共に手数料なんて取りません。 対応のコンシェルジュも人によって大きな差があり教育がなってない感じです。 がっかりしました。サービスの意味がわかってない会社ですね。 コンシェルジュサービスではなくコンシェルジュ商売です。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは、やはり特別なようです。さすがにステータスが高いカードだけあって、口コミにもステータス感が漂います。

ラグジュアリーカードはどんな人におすすめなのか

ラグジュアリーカードは一定の収入があり、ハイステータスであることを実感したい人に、おすすめできるカードです。

会員限定サービスを利用すれば、普通では味わえないさまざまな体験ができます。高額な年会費を無駄にしないためにもサービスを積極的に利用して、ハイステータスライフを楽しむ人には価値があるでしょう。

MasterCardの上位クラスのBlack Cardを保有して快適な生活を

ラグジュアリーカードは「World Elite Mastercard」というMasterCardにおける最上位クラスにランク付けされている、世界的にもハイクラスなクレジットカードです。

審査の難易度や年会費の高さから見て誰でも簡単に所有できるカードではありませんが、所有できれば、まさにラグジュアリーで快適なライフスタイルが実現するでしょう。

MasterCard Black Cardを作る際のよくあるお問い合わせ

ここではMasterCard Black Cardを作る前によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

Q1. MasterCard Black Cardは誰でも申込みは可能ですか?
ラグジュアリーカードという位置づけですが、インビテーション制ではないので申込み資格はどなたでもあります。ただし、申込者の年収等を加味して審査がありますので、どなたでも入会できるわけではございません。
Q2. MasterCard Black Cardのキャッシュバック還元率と最大商品還元率ってどれくらいですか?
キャッシュバック還元率は1.25%で最大商品還元率は2.75%です。毎月のご利用金額に対して1.25%相当のポイントが付与され、月間請求合計金額1,000円につき2ポイントに加えて、ご利用明細2,000円毎に1ポイント付与されます。なお1ポイントは5円に相当します。
Q3. MasterCard Black Cardの期間限定の優待とはどのようなものがありますか?
会員専用アプリにて不定期で特別にご案内している優待がラグジュアリーカードにはあります。例えば、リムジンでの送迎サービスや、ご旅行の際には世界中の3000を超える施設にて1滞在あたり55,000円相当以上の特典やサービスや空港ラウンジへのアクセスなど、様々な恩恵を受けられます。

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
福岡大学法学部法律学科を卒業し、1995年4月情報通信会社入社。2006年11月にファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得しその後2017年10月に独立。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

■保有資格

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較