還元率の高さが評判のリクルートカード。しかし、カードの作成にあたっては、還元率以外のメリットについても理解しておくべきでしょう。

株式会社ZUUが2021年4月にクレジットカード保有者500名を対象に行った調査では、リクルートカードに好意的なイメージを持つ人が多いがわかりました。(実査機関:クロス・マーケティング)

アンケート

実査機関:クロス・マーケティング

この記事では、リクルートカードの評判や、どのような人におすすめなのかをわかりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートカードを選ぶべき人はこんな人!

  • Pontaポイントをお得に貯めたい方!
  • ホットペッパービューティーなどのリクルート系列のサービスをよく利用する方!
  • ローソンやケンタッキー・フライド・チキンをよく利用する方!

リクルートカードはなんでも1.2%の高還元が強力な魅力

リクルートカード

リクルートカードは常時1.2%の高還元率が最大のメリットですが、そのほかにもさまざまな魅力があります。ここでは、還元率をはじめとしたリクルートカードの概要を解説していきます。

リクルートホールディングスのクレジットカード

リクルートカードは、2013年5月にリクルートホールディングスがJCB・三菱UFJニコスと提携して発行したクレジットカードです。リクルートホールディングスは、不動産紹介のスーモや人材派遣のindeedなどを展開している大企業。リクルートカードでは、豊富な資金力を武器にさまざまなメリットを実現しています。

会費は無料。高還元率。家族カードも無料。海外旅行保険・ショッピング保険が付帯し、ETCカードも無料。

リクルートカード
カードの評価 ★★★★☆
年会費 永年無料
還元率 1.2%~4.2%
家族カード 無料
ETCカード 無料
付帯保険 国内旅行、海外旅行、ショッピング
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 還元率は常に1.2%
  • 最大還元率はクレジットカードの中でも最高水準
  • じゃらんやホットペッパーなどリクルート系サービス利用で還元率が最大4.2%に

デメリット

  • リクルート系サービス以外のポイントアップ対象が少ない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 最大6,000円分のポイントが得られる
  • 新規入会するだけで1,000円分のポイントがもらえる

デメリット

  • 4,000円分をもらうには携帯料金の支払いをする必要がある

リクルートカードの一番の魅力は1.2%の高い還元率です。例えば、1,000円の買い物をすると12ポイントの還元が受けられます。また、1.2%の還元は加盟店だけでなく、どのお店でも同じ還元率です。そのため、メインカードとしての活躍が期待できます。

他社のクレジットカードを見てみると、加盟店以外は還元率が下がってしまうことも少なくありません。リクルートカードは普段使いの利用でも他社のクレジットカードと比べて高水準だといえます。また、リクルートカードの年会費は無料で、家族カードやETCカードも無料で作成できます。

ここで実際に他のカードと比較してみましょう。

 
リクルートカード
JCBW
三井住友カード
カード名 リクルートカード JCB W 三井住友カード NL
年会費
無料

無料

無料
還元率
1.20%~4.20%

1.00%~10.0%

0.30%~5.00%
ポイント種類 リクルートポイント OkiDokiポイント Vポイント
おすすめ利用シーン じゃらんやホットペッパービューティー利用で最大3.2%ポイント還元 Amazon・楽天市場利用で最大10%ポイント還元 コンビニの支払いで最大5%ポイント還元
キャンペーン 最大6,000ポイントプレゼント お友達紹介でJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で30%キャッシュバック
最大11,000円相当プレゼント
申し込み

一見他のカードの方が還元率が高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、このリクルートカードの最大の魅力は常時1.2%ポイント還元ということです。

リクルートカードはいつどこで利用しても最低1.2%ものポイント還元を得ることができます。普段使いを考えている方であれば、他のカードの通常還元率1.0%との0.2%のポイント還元の差は大きいでしょう。

リクルートカードのよい評判

ここでは、リクルートカードの評判をまとめました。実際に使っている人の意見を聞くのは非常に参考になります。まずは、よい評判から見てみましょう。

リクルートカードの評判
  • 還元率が1.2%とかなり高い
  • auの携帯であればPontaポイントで携帯料金の支払いができる
  • リクルートポイント→Pontaポイント→au Payチャージをすると、用途の多い使い道ができる
  • ホットペッパービューティーでリクルートポイントが使えるので便利
  • リクルートポイントが使える実店舗も多く、1ポイントから使える

リクルートカードはやはり還元率に関する評価が高いようです。普段の買い物の量が多い人にとってはメリットを感じやすいのでしょう。ポイントについては後述しますが、リクルートカードはポイントの獲得率も好評のようです。nanacoカードを持っていなくても、普段からセブンイレブンやマクドナルドをよく利用する人は、利用を検討すると良いでしょう。

専門家のコメント

リクルートカードのメリット

上記した評判を見ると、リクルートやPontaの加盟店をよく利用する人からは高い評価を得ているようです。なので、加盟店をよく利用する方に向いているカードといって良いでしょう。

それでは、実際のところリクルートカードのメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

リクルート提携のショッピング・ストア利用なら有利

リクルートカード

リクルートと提携しているお店やサービスならば、ポイントの還元率が増加します。リクルート提携店と還元率の例を挙げると次のようになっています。

  • じゃらん:3.2%
  • ポンパレモール:4.2%

これらのリクルート系列のサービスでは、最大で4.2%ものポイント還元を受けることができます。これらのお店をよく利用される人にはリクルートカードがピッタリでしょう。

また、携帯料金や公共料金、定期カードなどの支払いにリクルートカードを使用すると、1.2%のポイント還元が受けられます。今まで公共料金などの支払いを現金で行っていた人は、リクルートカードでの支払いに切り替えてみてはいかかでしょうか。

カード利用でたまるポイントは、Pontaカードのポイントに等価交換できる

リクルートポイントのままでも十分に使えますが、カード利用で貯まったポイントはPontaカードのポイントに変換できるため、幅広い店舗やサービスでポイント利用ができます。Pontaポイントの使える店は以下のとおりです。

Pontaポイント提携店
  • ローソン
  • ケンタッキー・フライド・チキン
  • GEO
  • シェル

これらの店舗をよく利用される方は、Pontaポイントに変換できるリクルートカードを持っておくとお得なお買い物ができるでしょう。

ETCカードも年会費無料。通行料金100円で1.2ポイントが貯まる!

リクルートカードでは、ETCカードも年会費無料です。こちらも通行料金100円ごとに1.2%の高還元率です。また、ETCによる料金の支払いに応じてマイレージが貯まります(貯まるポイントの小数点は切り捨て)。貯まったマイレージは、専用サイトから無料交通分として還元可能です。

よく旅行や出張などで高速道路を利用される人は、このETCカードもセットで作ることをおすすめします。ただし、国際ブランドの選択には注意が必要です。VISAとMasterCardを選択した場合には1,000円の新規発行手数料がかかってしまうため、特にこだわりがなければJCBをおすすめします。

電子マネーへのチャージも1.2倍

電子マネー

nanacoやモバイルsuica、楽天edyなどの電子マネーにチャージすることでポイントが1.2%還元されます。ただし、還元が受けられるのは毎月30,000円までであることには注意が必要です。毎月のチャージで30,000円を1円でも超えてしまうと、超えた分はポイント付与の対象外となります。

ただし、カードブランドによってポイント対象になる電子マネーが違うので注意が必要です。以下の図にて、対象になる電子マネーをご確認ください。

 カードブランド  電子マネー
 MasterCard、Visa  楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
 JCB  モバイルSuica

旅行によく行く人、旅行先でのトラブルが不安な人はリクルートカードがあれば安心です。ただし、旅行代金をリクルートカードで支払うことが必要です。現金やそのほかのクレジットカードで支払ってしまった場合には対象外となるため注意しましょう。

何にでも1. 2%であるが最高の率ではない。

リクルートカードの最大の魅力は1.2%の還元率だといえます。しかし、1.2%という数字は高水準ではあるものの、最高の数字ではありません。例えば、リクルートカードはSuicaチャージで1.5%の還元率ですが、還元率1.5%のViewcardのようにリクルートカードよりも還元率が上回っているカードも存在します。

また、楽天市場を利用するならば、楽天カードで買い物をするほうが高いポイント還元を得られます。そのため、普段利用する店によってカードを使い分けるのがお得でしょう。リクルートカードはどの店でも1.2%の還元率なので、いろいろな使い分けが面倒な方には向いているといえます。

 
リクルートカード
JCBW
三井住友カード
カード名 リクルートカード JCB W 三井住友カード NL
年会費
無料

無料

無料
還元率
1.20%~4.20%

1.00%~10.0%

0.30%~5.00%
ポイント種類 リクルートポイント OkiDokiポイント Vポイント
おすすめ利用シーン じゃらんやホットペッパービューティー利用で最大3.2%ポイント還元 Amazon・楽天市場利用で最大10%ポイント還元 コンビニの支払いで最大5%ポイント還元
キャンペーン 最大6,000ポイントプレゼント お友達紹介キャンペーンJCBギフトカード最大4,000円分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で30%キャッシュバック
最大11,000円相当プレゼント
申し込み

リクルートポイントのままでは使い道が限られているのでPontaポイントに交換して使おう。

リクルートカード

前述したとおり、リクルートポイントはPontaポイントに変換することができます。Pontaポイントは、ローソンなど使える加盟店が多くて便利です。一方、リクルートポイントは以下の店で使うことができます。

  • ポンパレモール
  • ホットペッパーグルメ
  • じゃらん
リクルートカード

Pontaポイントで使える店と比較すると物足りなさを感じるかもしれません。そのため、リクルートポイントよりもPontaポイントに変換して利用することをおすすめします。

引用元:Pontaカード

JCB、Visa、Ma sterCard3つの国際ブランド、どれがおすすめ?

国際ブランドとは、世界中の国で利用できるクレジットカードのブランドのことです。 例えば、JCBを選んだ場合、世界中のJCB加盟店でクレジットカード決済を行えます。リクルートカードでは、JCB、Visa、MasterCardの3種類から選択可能です。どのような場所で利用することが多いかによって、おすすめの国際ブランドは変わってきます。リクルートカードで選択できる3種類の国際ブランドには、それぞれどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

JCB

JCBは日本発の国際ブランドで、日本国内には多くの加盟店が存在します。国内旅行では、JCBブランドのカードさえ持っていれば困ることはないでしょう。また、海外旅行に対するサポートも厚く、ハワイや韓国など日本人に人気の観光地でも力を発揮します。

Visa

Visaは、3種類の国際ブランドの中で最も加盟店数が多いブランドです。海外旅行によく行かれる方にはこのVisaブランドをおすすめします。クレジットカードを初めて作る方は、Visaを選ぶことが多いようです。日本国内でもJCBに次ぐ加盟店数の多さを誇っています。

MasterCard

MasterCardは、Visaに次いで加盟店数の多いブランドです。特にヨーロッパに加盟店が多いので、よくヨーロッパ旅行をされる方にはおすすめといえるでしょう。日本国内でもVisaと同じくらいの加盟店があり、このブランドを選択しても困ることは少ないでしょう。

リクルート カードはPontaカードをよく使う方におすすめ

リクルートカードは、Pontaポイントの加盟店をよく利用する人におすすめです。リクルートポイントは使える店が限られており、Pontaポイントに等価交換して使う人が多数を占めているようです。

なお、Pontaが最近auPayと提携したため、使える幅が広がってきています。今後のPontaポイントの動向にも注目しましょう。

リクルートカードの悪い評判

リクルートカードにはよい評判だけでなく悪い評判もありました。具体的には以下のような声です。

悪い評判
  • 年間で100万円程度利用したとしても、単純計算で1%のカードと比較すると2000円の差しかないのでメリットを感じない
  • ポンパレモールはアマゾンと違って、商品単位ではなく店舗単位で表示されるので買い物しづらい
  • 入会ボーナスは1カ月の期間限定ポイントで、Pontaポイントに変えられない
  • ポイントを使える店舗が少なく、魅力が感じられない

悪い評判には、普段利用する店舗ではリクルートカードの強みを活かすことができないといった意見が多い印象です。リクルートポイントやPontaポイントの加盟店を見て、自分がよく行く店舗があるのであれば、リクルートカードを持っておいても良いでしょう。

リクルートカードの デメリット

リクルートカードのメリットを4つ紹介しました。最後にリクルートカードのデメリットを解説していきます。

旅行付帯 保険・ショッピング保険が無料だが、旅行代金の支払いが必要

リクルートカードは旅行付帯保険、ショッピング保険などが無料です。旅行の際に事故や盗難などの予期せぬ事態が起こってしまったときには、この保険が適用されます。

 保険名  MasterCard/Visa  JCB
 国内旅行損害保険  最高1,000万円(利用付帯)  最高1,000万円(利用付帯)
 海外旅行損害保険  最高2,000万円(利用付帯)  最高2,000万円(利用付帯)
 ショッピング保険  年間200万円  年間200万円
新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  クレジットカード保有者への満足度に関する調査
 調査対象  クレジットカードの利用または保持している方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  クレジットカードの利用または保持している、20歳~69歳の男女500名