プロミスとアコム、お金を借りるならどちらを選ぶ?

「急にお金がいることになった」という理由で資金調達を希望する場合、どのような方法を選びますか。

例えば家族や知人に借りたり、銀行のフリーローンを利用したりする方法がありますが、申し込みから融資までのスピードを考えると消費者金融も選択肢の一つです。

この記事では、消費者金融の大手「プロミス」と「アコム」について徹底比較していきます。どちらがお得なのか、そして審査のスピードなどについてもチェックしてみましょう他のカードローンも気になる方はおすすめのカードローンをチェックしてみてください。

プロミスとアコムはどちらがお得?

プロミスとアコムは、どちらを選べばお得なのでしょうか。さまざまな視点がありますが「金利」「返済方法」「上限金額」「無利息期間」を中心に見ていきます。

プロミスとアコム:金利で比較

プロミスの金利は、年4.5~17.8%(実質年利)です。アコムの金利は、以下のとおりです。

融資極度額 501万~800万円 301万~500万円 100万~300万円 1万~99万円
金利(実質年率) 3.0~4.7% 4.7~7.7% 7.7~15.0% 7.7~18.0%

アコムのほうが年3.0%~と低いように見えますが、最高金利はアコムが年0.2%高くなっています。初回の借り入れや極度額が低い場合は、高い金利が採用される可能性が高いため気を付けたい部分です。

カードローンの「借りられる上限金額」を「契約極度額」といいます。 借入限度額、利用限度額、利用枠といった用語が用いられることもありますが、いずれも基本的には同じ意味です。

引用元:LOAN my ac| アコム

プロミスとアコム:返済方法は?

返済が簡単にできるかどうかも事前に確認しておきたいところです。プロミスとアコムの返済方法も紹介します。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は、以下のとおりです。返済方法によって「土日返済ができるか」「手数料がかかるか」など違う部分もあるため、よく確認しておきましょう。

  インターネット返済 口座振替 店頭窓口 プロミスATM コンビニ
(マルチメディア端末)
Web手続き可      
土日返済可    
来店不要      
手数料0円
24時間返済可      

プロミスの返済は、コンビニのマルチメディア端末からもできます。買い物のついでに24時間いつでも返済手続きができる点はメリットと言えるでしょう。そのほか、提携ATMからの返済や銀行振込での返済も可能です。またプロミスATMや三井住友銀行ATMからの場合は、手数料がかかりません。なお返済期日は5日、15日、25日、末日の中から選択できます。

アコムの返済方法

アコムの返済方法は、以下のとおりです。

  インターネット返済 口座振替 店頭窓口 プロミスATM コンビニ
(マルチメディア端末)
Web手続き可      
土日返済可    
来店不要      
手数料0円
24時間返済可      

口座振替での返済は、毎月6日(金融機関休業日の場合は翌営業日)です。口座振替の際は、以下の名称が通帳に記載されます。

・ゆうちょ銀行:ACサービス自払
・ゆうちょ銀行以外:SMBC(ACサービス)

振込返済など自分で返済手続きをする人のために、「返済期日3日前」「返済期日当日」「返済期日経過後」にお知らせメールが届きます。返済期限を忘れそうな人のサポート体制も万全です。

プロミスとアコム:50万円借りた場合のシミュレーション

プロミスとアコムで50万円を借りた場合の返済は、どうなるでしょうか。シミュレーションを見てみましょう。※金利は各社の上限で計算、返済回数はアコムの50万円借入時の返済上限回数46回で計算

 
  金利(実質年率) 毎月の返済額 総返済額
プロミス 17.8% 1万5,073円 69万3,378円
アコム 18.0% 1万5,125円 69万5,756円

金利の上限額が違うため、毎月の返済額、総返済額が両社で異なります。上限金利が適用される場合は、プロミスのほうがお得と言えるでしょう。

プロミスとアコム:借りられる上限金額は?

プロミスとアコムの融資上限額は、以下のとおりです。

・プロミス:500万円
・アコム:800万円

融資の上限額は、アコムのほうが300万円多くなっています。ただし消費者金融など貸金業者が行う貸付については「総量規制」があり、すべての貸金業者からの借り入れの合計は年収の3分の1までです。例えば年収400万円の人なら、約133万円までとなります。総量規制があるため、融資上限額が高くてもそこまで借りられる人は、あまりいないと言えるでしょう。

この点から融資上限額の高さは、あまり関係ないと言えるかもしれません。どこでお金を借りるかを検討する際は、上限額よりも使い勝手などを重視したほうがいいでしょう。

プロミスとアコム:無利息期間は?

プロミスとアコムには、無利息期間はあるのでしょうか。

・プロミス:初回利用の翌日から30日間無利息
     ※プロミスを初めて利用する人で、メールアドレスを登録し、Web明細を利用する場合に適用
・アコム:契約日の翌日から30日間

どちらも「30日間無利息期間」が設定されていますが、プロミスの「初回利用の翌日から」に対して、アコムは「契約日の翌日から」です。契約後しばらく日数が経ってから借り入れをしたい場合は、プロミスのほうがお得と言えます。ただしプロミスの無利息期間適用は、メールアドレスの登録やWeb利用が条件です。条件を満たしていないと無利息期間は利用できないため、気を付けておきましょう。

プロミスとアコム:他人にバレない?

プロミスとアコムの利用は、他人にバレることはないのでしょうか。消費者金融では、申込書に記載された勤務先に本当に在籍しているのかを確認するため、電話確認をする場合があります。電話での在籍確認の有無を中心に確認していきましょう。

プロミスの利用はバレる可能性がある?

プロミスでは、在籍確認の電話を行っています。ただしプライバシーに配慮して、担当者個人名で連絡がきます。会社名を名乗ることはないので、勤務先の人にバレることはないでしょう。また利用中、以下の場合に自宅もしくは勤務先に書類が送られることがあります。

書類が送られるケース

  • 提携ATMで利用・返済を行った場合
  • 返済の遅れがあり、連絡が取れない場合
  • 振込キャッシングを利用した場合
  • 利用者が書類送付を希望した場合

来店などでの契約では、ローンカードが発行されます。カードを財布に入れていると、家族に利用がバレる可能性もゼロではありません。カードを発行してほしくない場合は、Web契約を選択しましょう。プロミスの契約や利用をなるべく知られないようにするには、以下の点に気を付けましょう。

・契約はWebで行い、ローンカードを発行しない
・延滞を起こさない
・ATMでの利用・返済を避ける
・書類送付を希望しない

アコムの利用はバレる可能性がある?

アコムもプロミスと同様に申込時に電話で在籍確認があります。こちらも企業名は名乗らず、担当者の個人名で行われるため、周囲にバレる心配はさほどありません。またアコムでは、在籍確認の担当者の性別にも配慮してくれます。相談窓口もあるので、心配な人は事前に相談するとよいでしょう。

アコムでは、ローンカードの発行がありますが、契約方法によって受取方法が異なります。利用を知られたくない人は「即時発行」や「店頭での受け取り」を選択しましょう。契約方法ごとのカード受取方法は、以下のとおりです。

 
契約方法 受取方法
自動契約機・店頭窓口 即時発行
インターネット 来店・郵送
郵送 郵送

※郵送物は「ACサービスセンター」名義で送られます。

延滞時は、電話で連絡が来ることがありますが、この際も担当者の個人名でかかってきます。

プロミスとアコム:審査のスピードは

「早く資金調達したい」という場合は、審査にかかる時間も気になるのではないでしょうか。プロミスとアコムの審査スピードもチェックしましょう。

プロミスの審査スピード

プロミスの公式サイトを確認すると、審査スピードについては言及されていません。「即日融資可能」となっていますが、これはWeb契約の場合です。郵送でのやり取りがなく、本人確認書類をアプリ上から提出できるWeb契約が最もスピードが速いと言えるでしょう。プロミスで急いで契約してお金を借り入れたい場合は、Web契約を選択してください。

アコムの審査スピード

アコムは、審査について「最短30分」で審査回答を行うとしています。融資についても即日融資が可能です。こちらも急ぎの場合は、Webからの申し込み、そしてWeb契約をすすめています。また店頭や自動契約機での申し込み・契約でも即日融資は可能なようです。

急いでいる場合は、フリーコールで借入可能かどうかを即時回答してもらえます。取り急ぎ借りられるかを知りたい場合は、利用してみてはいかがでしょうか。

アコムの口コミから見るメリットは?

アコムの口コミを確認すると、以下のような評判が聞かれました。

・手続きがスムーズで即日審査、融資が助かる
・スマートフォンから申し込みできて便利
・金利は高いが、契約後の金利ゼロ期間があるのが良かった
・利便性が高いことは評価できるが、金利は高い
・サイトが分かりやすい

「手続きが簡単にできる」「即日審査や融資ができる」という点をメリットに挙げる人が多い傾向です。反対に「金利が高い」という点が気になるという声も聞かれました。

プロミスの口コミから見るメリットは?

プロミスの口コミは、どのようになっているでしょうか。評判を確認してみました。

・審査がかなり早い
・手続きがスムーズに進む
・対応が丁寧
・限度額引き上げの勧誘がよく来る
・金利が高め

プロミスの「審査が早い」「手続きがスムーズ」という点を気に入っている人が多い傾向です。ただし「限度額引き上げの勧誘がある」「金利が高い」という点はあまり評判が良くないようです。

プロミスとアコム、特徴を見てどちらを選ぶか考えよう!

プロミスは、アコムに比べ年金利の上限が0.2%低くなっています。これだけ見るとプロミスのほうが良さそうに見えますが、アコムの最低金利は年3%でプロミスの年4.5%よりも低いです。単純に金利を見るだけでは、どちらがいいのかは分かりません。両社の申し込み・契約方法、借り入れ・返済方法などを見比べたうえで、自分に合ったほうを選択することが大切です。

どちらも大手消費者金融で安心して利用できる会社です。優先部分は利用者によって異なるため、金利以外にどこを重視するかを考えて利用する会社を決めましょう。