少額,融資,審査なし

お金を借りたい場合、大きな金額ではなく、数万円だけ融資を受けたいこともあるでしょう。少額融資の場合、審査はどうなるのでしょうか?この記事では、少額融資の審査についての疑問に答えます。

目次

  1. カードローンの少額融資は審査なし?
  2. 審査が通りやすいカードローンは存在する
  3. 審査を通りやすくする方法1:利用希望額を低くする
  4. 審査を通りやすくする方法2:Web完結
  5. 自動契約機でカード受け取り最短30分融資:アコム
  6. 早ければ25分後には現金を手に!:アイフル
  7. 土日祝対応、最短30分で融資!:プロミス
  8. 審査結果も最短15秒でわかる:レイクALSA
  9. 最速1時間で融資、土日祝も対応:SMBCモビット
  10. 銀行と消費者金融の審査はどちらが通りやすい?
    1. 銀行カードローンの審査が念入りな理由
    2. 消費者金融はなぜ審査が比較的通りやすいのか?
    3. カードローンの審査は何のため?
  11. ローン会社の特徴を見極めて審査を通りやすくしよう
  12. 少額融資に関するFAQ

カードローンの少額融資は審査なし?

カードローンの少額融資は審査なし?

貸金業法で定められている法律上の決まりで、カードローンの新規契約を審査なしで結ぶことはできません。

たとえ1万円だけの借り入れでも、カードローン会社の審査を通過する必要があります。そのため、審査に通るコツを学ぶことが大切です。

中には、審査通過率を公表している会社があるので参考にしましょう。

※審査通過率とは、新規申込者のうち、審査に通過した人の割合を示す数字です。

もし仮に審査なしで新規契約ができるローン会社があったとしても、それは違法業者です。後から法外な利息を請求されるなどのトラブルにつながる可能性があります。審査なしをうたう会社からは借り入れをしないことが賢明でしょう。

\3秒で借入診断可能!/

審査が通りやすいカードローンは存在する

審査が通りやすいカードローンは存在する

ローン会社によっては、カードローンの少額コースを設けていることがあります。少額コースは審査がよりシンプルになっており、結果も早く出るので速やかに融資が受けられます。

融資までの期間や各会社のメリットを総合的に評価した、WEB完結カードローン会社おすすめランキングがこちらです。
 

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

※ボタンを押してランキングを切り替えられます

審査を通りやすくする方法1:利用希望額を低くする

審査を通りやすくする方法1:利用希望額を低くする

カードローンを申し込む際には、利用希望額を自分で決めて申請します。利用希望額を高く設定すると、審査も厳しくなります。

まずは審査を通過する目的で低めの利用希望額で申請しましょう。返済実績を重ねていくことで、後の利用限度額増額の可能性も高まります。

審査を通りやすくする方法2:Web完結

審査を通りやすくする方法2:Web完結

カードローンのWeb完結申込を利用することで、さまざまな手続きを省略して、審査も最短30分など簡潔に済ませることが可能です。

Web完結申込は基本的に自宅への書類郵送がないことがメリットです。ローンカードがないタイプもあります。

以下の書類をスマートフォンで撮影し、画像を送信するだけで新規契約を完了できます。申し込みから借り入れまで最短1時間ほどで即日融資ができるローン会社が増えています。

申込に必要な書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • そのほか公的機関発行の身分証明書

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

 
おすすめランキング おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
3秒で借入れ診断可能
最大30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
最も早い融資スピード
最大30日間利息無料
最短
25分

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
実質年率17.8%
最大30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短60分融資も可能(※1)

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
勤務先への電話連絡をしないと公言 最短
即日(※3)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
→ランキングの根拠についてはこちら
※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

アコム最短3秒で借入れ可能かを診断することができるので、自分が借り入れできるかどうかをすぐ知りたい人におすすめです。また、アイフル最短25分で融資を受け取ることが可能なので、とにかく早くお金を借りたい人におすすめです。

自動契約機でカード受け取り最短30分融資:アコム

アコム
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 30分
融資スピード 最短30分
WEB申込

アコムでは24時間365日いつでも、スマートフォンやパソコンからWeb完結申込ができます。利用者全体で、スマートフォン経由の借り入れが実に9割を占めています。

金利は実質年率3.0%~18.0%で、限度額は800万円です。最短30分程度で融資可能で、郵送物も回避できます。30日間無利息サービスもあります。

相談をすれば書類による在籍確認を認めてもらえる可能性があります。在籍確認の電話も、時間帯だけでなく、電話をかける人の性別の相談にも応じてくれるなど、柔軟な対応をしてくれます。

アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。アコムの審査通過率は約42%と大手消費者金融の中で一番高い数値です。審査通過率とはカードローンの利用を申し込んだ人の中で、審査を通過した人の割合です。

\3秒で借入診断可能!/

実際の申し込み方法

ステップ1

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。表示に従って本人情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「家族情報」「勤務先情報」「他社借り入れ情報」「希望限度額」「暗証番号」です。

ステップ2

本人情報の入力をしたら次に同意事項を確認します。

ページ上部にある同意事項を確認し、「同意して入力内容を確認する」をクリックします。入力内容を確認し「申し込みを完了する」のボタンをクリックしたら申し込みが完了します。

アコムのメリット

初めての申し込みなら金利が30日間0円

アコムで初めて融資を申し込んで契約した人は、初めて借り入れしてから30日間は金利が0円で借り入れが可能です。給料日前などですぐに返済のメドがついていて、融資額もそれほど多額ではないという人なら30日以内に完済すれば金利がかからずに借り入れすることができます。例えば10万円の借り入れをして、30日以内に8万円返済出来たとすると金利がかかるのは残りの2万円からということになります。

\最短3秒のスピーディな審査!/

Web申し込みなら24時間申し込み可能

アコムの無人契約機「むじんくん」や店舗は全国に897ヶ所もあり、全国のどこからでも即日融資が申し込めます。

Webからの申し込みなら来店が不要で審査も最短30分で完了するので、急な出費に対応したいと言う人におすすめです。契約後はWebやアコムのATM、コンビニなどの提携ATMから24時間借り入れが可能になり、急な出費がかさむ際の強い味方になってくれます。

\最短3秒のスピーディな審査!/

クレジットカードも即日発行可能

アコムではカードローンだけでなく、カードローンの利用ができるクレジットカードの発行も即時にできます。

急な海外出張などでも利用できる国際ブランドのMastercardなので、世界のどこでも利用が可能です。クレジットカードを作っておけばネットや実店舗での支払いはクレジットカードで、現金が必要な場面ではカードローンでなど使い分けができるのも大きなメリットだと言えるでしょう。

\最短3秒のスピーディな審査!/

アコムのデメリット

長期的な返済には向いていない

アコムの貸付金利は3.0%~18.0%とプロミスの4.5%~17.8%と比べてやや高めとなっています。短期で返済できる場合は問題ないですが、長期にわたって返済が必要な場合は注意が必要となります。

ただしアコムはカードローンが使えるクレジットカードも合わせて作ることが出来るので、出費のシーンごとにクレジットカードとカードローンを使い分けることも可能です。

郵便物が届く可能性がある

アコムで借り入れを申し込むと契約書やローンカードなどの郵便物が届くことがあります。送り先の名義はアコムとわからないようにしてありますが、見られる事で借り入れが家族にバレてしまうというリスクが生じる可能性があり注意が必要です。

どうしても家族にバレたくないという場合は無人契約機でその場でカードを受け取ったりWebからの申込みでWeb明細にする事をおすすめします。

30日間無利息の期間が契約日の翌日から開始される

アコムには初めて契約した人には30日間の金利0円期間を設けていますが、これが適用されるのは契約した翌日以降で、契約日に即日借り入れしてしまうとタイミングによっては適応されない場合があるので、注意が必要です。

この問題を解消するには、融資が必要な日の前日に申し込みしておき、契約を先にしてから後日借り入れを申し込むとよいでしょう。

アコムが向いている人
  • 月々の返済額を安く済ませたい人

    月々の返済額が1000円~なので、非常に安く抑えることができます。

  • 借り入れ可能かどうかを、すぐに知りたい人

    最短3秒で借り入れ可能かどうか知ることができるため、今すぐお金の悩みを解決したい人にもおすすめです。

アコムが向いていない人
  • すぐに借り入れをする予定がない人

    初めての利用なら30日間金利0で利用できますが、金利0円サービスは「契約日の翌日」から適用されます。そのため、すぐに借り入れをする予定がない場合には注意が必要です。

アコムの評判ポイント

  • 初めての利用なら30日間金利0
  • 3秒で借り入れ診断が可能

\最短3秒のスピーディな審査!/

早ければ25分後には現金を手に!:アイフル

アイフル
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 25分
融資スピード 最短25分
WEB申込

アイフルでは24時間365日いつでもWebからカードローンの申し込みができます。審査は最短30分で、Webでの申し込みから融資金を手にするまで、最短25分で終えることが可能です。

シンプルかつスピーディーに融資が受けられるところが魅力でしょう。

\初めてのお借入は30日間利息0円!/

金利は実質年率3.0%~18.0%で、限度額は800万円です。最短審査時間は約25分で、融資までは最短約60分です。学生の利用も可能で、無利息期間が30日間設定されています。

2大消費者金融のアコムとプロミスに次ぐ大手消費者金融のアイフルですが、コンビニATMなどで利用すると手数料がかかるので注意しましょう。

\初めてのお借入は30日間利息0円!/

実際の申し込み方法

ステップ1

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、まず1秒審査が始まります。簡単な本人情報を入力するだけで借り入れ可能かどうかがわかります。

表示に従って本人情報を入力します。入力内容は「氏名」「生年月日」「電話番号」「郵便番号」「年収」「希望限度額」です。入力が完了したら「審査を始める」をクリックします。

ステップ2

審査が完了したら引き続き詳細情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「勤務先情報」です。

全て入力したら入力内容を確認し「入力内容を送信する」のボタンをクリックしたら申し込みが完了します。

アイフルのメリット

Web完結で身内バレしにくい

アイフルのカードローンは申し込みから審査・契約までの手続きを全てWeb上で完結する事が出来るので、借り入れしたことを身内にバレたくないという人におすすめです。

アイフルから郵便物が届く場合も「アイフル」の社名の記載がない封筒で届くようになっています。Web明細で設定すると利用明細がWeb上で確認でき、郵便物で送られて来ることもないのでおすすめです。

\初めてのお借入は30日間利息0円/

融資可能か1秒で診断出来る

アイフルには1秒診断という借り入れが可能かどうかを簡単な質問で事前診断出来るシステムがあります。これにより、自分が借り入れが可能かどうか不安がある人も1秒診断を使ってすぐに判断できます。

収入額に自信のない人や確実に即日融資出来るカードローンに申し込みたい人にとってはすぐに借り入れ可能か診断できるツールがあるのは大きなメリットと言えるでしょう。

\初めてのお借入は30日間利息0円/

手数料無料ATMが全国に多数ある

アイフルは即日借り入れが可能で手数料無料のアイフルATMの他にも、セブン銀行・ローソン銀行といったコンビニATMとも提携しており全国どこにいても即日借り入れできるのは大きなメリットと言えます。

即日融資出来る提携ATMの数は全国で7万台もあるので、最寄りのコンビニに行けば簡単に借り入れでき、急な出費があった場合も24時間365日融資が可能なのもうれしいポイントです。

\初めてのお借入は30日間利息0円/

アイフルのデメリット

銀行系列ではないので独自の審査があり限度額を減らされることがある

アイフルはアコムやプロミスといった他のカードローン会社と違って銀行傘下ではない消費者金融のカードローン会社です。返済能力の有無を審査する基準が独自にあって、他社からの借り入れ状況や収入額の条件が審査基準に満たない場合は希望する限度額よりも低い額にされてしまう可能性があります。

とは言えアイフルの審査は全体的に甘い傾向にあるので、よほどの事がない限り問題ないでしょう。

消費者金融なので貸付金利は高め

アイフルの貸付金利は3.0%~18.0%。銀行系のカードローンに比べると貸付金利は高めになっているのもデメリットの1つです。

短期的な借り入れなら金利も少くて済みますが融資額が大きい場合や、長期的に返済したい場合の融資先には向いていないと言えるでしょう。その分審査は甘くすぐに利用できるので、このデメリットを理解して少額を借り入れるさきとしてはもってこいだと言えます。

返済が滞ると信用情報への登録や郵送での通知が来るので注意

アイフルの最大のメリットはすべてがWebで完結するという点ですが、返済が滞ると郵送での督促が来ることもあるので注意が必要です。

また、信用情報機関にも信用情報として記載されてしまい、今後ローンを利用した大きな買い物をするときに不利になるので、返済は滞りなく出来る範囲での借り入れを心掛けることをおすすめします。

アイフルが向いている人
  • とにかく早くお金を借りたい人

    大手消費者金融の中でも最も早い融資スピードが特徴的で、最短25分で融資を受けることが可能です。

  • 収入証明書を用意するのが難しい人

    50万円以下なら収入証明書は原則不要のため、収入証明書を用意するのが難しい場合は、アイフルを利用すると良いでしょう。

アイフルが向いていない人
  • 月々の返済額を安く済ませたい人

    月々の返済額が4000円~と、他の大手消費者金融と比較すると高く設定されています。そのため、月々の返済額を安く済ませたい人は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

アイフルの評判ポイント

  • 最も早い融資スピード(25分)
  • 50万円以下なら収入証明書は原則不要

\初めてのお借入は30日間利息0円!/

土日祝対応、最短30分で融資!:プロミス

プロミス
金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 30分
融資スピード 最短30分
WEB申込

プロミスは、大手消費者金融のカードローンの中でも最も低い借入金利である実質年率17.8%の上限を設定しています。

具体的には、金利は実質年率4.5%~17.8%で、限度額500万円です。スマートフォンを使えば最短15秒で事前審査が完了し、申し込みの可否や借り入れ可能金額が分かるようになっています(※)。

\オリコン顧客満足度第一位!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

土日祝日対応で24時間振り込みにも対応しており、初回30日間無利息の特典もあります。郵送物と来店なしで契約できるので、家族に借り入れを知られたくない人にもおすすめです。

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

Q. お借入れの上限金利は?
利用者の皆さまの金利負担の軽減を図るため、法律が改正され2010年6月に上限金利が引き下げられました。お借入れの上限金利は、借入金額に応じて年15%~20%となっています。

引用元:貸金業法について |日本賃金業協会

\オリコン顧客満足度第一位!/

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

実際の申し込み方法

ステップ1

まず、公式サイトの申し込みボタンをクリックします。

申し込みボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。表示に従って本人情報を入力します。

入力内容は「個人情報」「住所情報」「勤務先情報」「契約方法」です。

ステップ2

本人情報の入力をしたら入力内容を確認します。

内容が正しいことを確認したら「この内容で申し込む」をクリックし、申し込みが完了します。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

プロミスのメリット

最短1時間で融資が可能

プロミスはWebからの申し込みだと最短1時間で融資が可能なのが特徴で、即日でお金が借りられます。最短15秒で事前に審査結果を知ることができて、ここで審査に通れば安心して本審査に申し込みができるため、本審査の前に融資してもらえるか心配だという人にWeb上で事前審査をすることをおすすめします。

すべての審査の申し込みをWeb上でできるのもプロミスの大きなメリットだと言えます。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

Webからの申し込みは24時間365日対応

プロミスはWebからの申し込みは24時間365日対応しているので、お金が必要になったときにいつでも申し込みが可能です。初回の申し込みは審査が必要ですが、審査をパスして一度契約してしまえば必要な時にWebからの申し込みなら最短10秒で指定の口座に融資額が振り込まれ、振込手数料も無料なので急な出費にも対応できます。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

50万円以内の借入なら収入証明は必要なし

プロミスは18歳以上で月々の安定した収入のある方の場合、希望融資額が50万円以下の場合は年収証明などの収入に関する証明書を提出する必要がありません。申し込みに必要なのは運転免許証か、免許証がない場合はパスポートまたは保険証と住民票などの自分が実際に住んでいることが確認できる住所を証明できる書類(発行日から6ヶ月以内)となっています。

\土日祝日も即日融資が嬉しい!/

プロミスのデメリット

消費者金融なので利子は最高で17.8%と高め

プロミスは消費者金融のカードローンなので、貸し付け利子が4.5%~17.8%と高めの利率になっています。初めての借り入れ契約の場合は30日間の無利子期間があり、給料日前に急な出費があって融資が必要な場合などすぐに返済のメドがつく場合は無利子期間に返済すれば返済額が小さくて済みますが、融資額が大きい場合や長期にわたって返済が必要な場合は利率に注意が必要です。

申し込みの時間帯によっては融資までに時間がかかることも

プロミスで「少ない質問事項で最短15秒の事前審査」を申し込める時間帯は9:00~21:00となっていて、これ以外の時間帯は利用できません。申し込み自体はWebから24時間申し込む事が可能ですが、審査が行われる時間帯もこれに準ずるため申し込みのタイミングや借り入れ額によっては審査結果がでるのが翌日にずれ込むこともあるので注意が必要です。逆にこの時間帯なら即日融資も可能だと言えます。

融資額が50万以上だと即日融資が難しい場合も

プロミスで即日融資を受けたい場合は、融資希望額を50万円以下にしておかないと厳しい場合があります。融資希望額が50万円以上になると、本人確認書類の他にも収入証明のできるものが必要になりそれだけ審査に時間もかかるからです。

また、申し込みの時間も余裕をもって21:00よりも2~3時間は早めに見ておかないと即日融資してもらえない可能性があるので注意が必要です。

プロミスが向いている人
  • 金利上限を安く抑えたい人

    金利が4.5%~17.8%と上限が低く設定されているのが強みです。

  • 借り入れで失敗したくない人

    融資時間、金利、無利息期間のバランスが良く、顧客満足度も高いため、借入に不安のある人はプロミスを利用すると良いでしょう。

プロミスが向いていない人
  • 500万円以上の借入をしたい人

    借入限度額が500万円までしかないため、もし500万円以上の借入をしたい場合は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

プロミスの評判ポイント

  • オリコン顧客満足度1位
  • 融資時間、金利、無利息期間のバランスが取れている

\オリコン顧客満足度第一位!/

審査結果も最短15秒でわかる:レイクALSA

レイクALSA
金利
(実質年率)
4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査期間 60分
融資スピード 最短60分
WEB申込

24時間申し込みを受け付けており、審査結果も最短15秒でわかるというスピードの速さが魅力です。審査結果をできるだけ早く知りたい方におすすめのカードローンといえるでしょう。

また、初めて利用する方に限りますが、無利息期間が「60日間無利息(Web申込み限定)」「お借入れ額5万円まで180日間無利息」「30日間無利息」と、無利息サービスが選べるため、非常に使いやすいといえます。

併用はできませんので、自分に一番合った無利息期間サービスを利用するようにしましょう。

\最短15秒で審査結果がわかる!/

レイクALSAが向いている人
  • 初めての借入れで利息を抑えたい人

    他社と比べて無利息期間が長いため、初めての借入れで利息を抑えたい人にとっておすすめです。

  • オンラインで申し込みから融資までを完結させたい人

    オンラインで申し込みから融資までを完結させることができるので、わざわざ店頭にまで足を運ぶ必要がありません。

レイクALSAが向いていない人
  • とにかく早くお金を借りたい人

    融資スピードが最短で60分なので、今すぐにお金を借りたい場合は他の大手消費者金融を利用するのが良いでしょう。

  • 500万円以上の借入をしたい人

    借入限度額が500万円までしかないため、もし500万円以上の借入をしたい場合は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

レイクALSAの評判ポイント

  • Webで申込むと60日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息
  • オンラインで借入まで可能

\最短15秒で審査結果がわかる!/

最速1時間で融資、土日祝も対応:SMBCモビット

SMBCモビット
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 30分
融資スピード 最短即日(※)
WEB申込
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットでは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている場合、健康保険証の写真をスマートフォンで撮影して送るだけでWEB完結の申し込みができます。

このWEB完結なら電話連絡なしで申し込みすることができます。できるだけ早く融資を受けたい人におすすめのカードローンです。

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%~18.0%で、限度額は800万円です。最短1時間ほどで融資が受けられ、郵送物回避サービスも行っています。

WEB完結の場合、カードレスなのでローンカードなしでの手続きが可能です。ローンカードが他人に見つかる心配もありません。

SMBCモビットが向いている人
  • 周囲にバレずにお金を借りたい人

    勤務先への電話連絡や、郵送連絡が基本的にないため、周囲にバレずにお金を借りることが可能です。 また、電話連絡がどうしても必要な場合は事前に相談があるため、前もって電話連絡の有無を知ることができます。

SMBCモビットが向いていない人
  • とにかく早くお金を借りたい人

    融資スピードが最短で即日なので、大手消費者金融の中でも融資スピードは比較的遅いと言えます。 今すぐにお金を借りたい場合は他の大手消費者金融を利用するのが良いでしょう。

アコムの評判ポイント

  • 唯一電話確認、郵送連絡をしないと公言

\Web完結申込で職場への直接連絡を避けられる!/

専門家のコメント

銀行と消費者金融の審査はどちらが通りやすい?

銀行と消費者金融の審査はどちらが通りやすい?

カードローンには大きく分けて2系統あります。1つは銀行カードローンで、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローン、三菱UFJ銀行バンクイックなどがあります。もう1つは消費者金融カードローンで、アコムやプロミス、SMBCモビットなどがあります。

銀行カードローンの審査が念入りな理由

一般的に銀行カードローンの審査は念入りだといわれています。

理由の一つに、金利の低さがあります。銀行カードローンは消費者金融に比べ、金利がかなり低く設定されています。貸し倒れリスクを減らすために、厳しい審査基準で判断していると言えるでしょう。

消費者金融はなぜ審査が比較的通りやすいのか?

消費者金融カードローンの審査は、銀行カードローンよりも比較的緩いといわれています。理由の一つは金利が高めなので、貸し倒れリスクをある程度吸収できるからです。

また、新規顧客数を増やすために借り入れの敷居を低くして、在籍確認の電話連絡なしや郵送なしといったサービスもアピールしています。

カードローンの審査は何のため?

カードローンを利用する際には、他のローンと同じく返済能力を確認するために審査が行われます。新規申し込みに対する明確な審査基準は公表されていませんが、一般的には以下の内容が審査されます。

審査される内容

  • 収入:借入限度額に影響
  • 雇用形態:雇用の安定度が見られる
  • 他社からの借入件数や総額:総量規制の範囲内かどうか
  • 借入状況:短期間で複数社からの借り入れは審査で不利に
  • 信用情報:過去の取引履歴に信用損失にかかわる要素はないか

審査は継続的な収入がどれくらいあるかという点をメインに、融資の可否や融資限度額をジャッジするためのものと言えるでしょう。

Q. 信用情報機関に登録される利用記録とは?
ご本人を識別するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等

利用した事実に関する情報
利用日、利用目的、利用会社名等

引用元:CICが保有する信用情報

※お申込時の年齢が19歳以下の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。

※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

 
おすすめランキング おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
3秒で借入れ診断可能
最大30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
最も早い融資スピード
最大30日間利息無料
最短
25分

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
実質年率17.8%
最大30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短60分融資も可能(※1)

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
勤務先への電話連絡をしないと公言 最短
即日(※3)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
→ランキングの根拠についてはこちら
※1 Webでの申込に限る。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※2 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※3 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

ローン会社の特徴を見極めて審査を通りやすくしよう

ローン会社の特徴を見極めて審査を通りやすくしよう

少額融資をスムーズに受けるためにできるだけ審査を通貨しやすくするためのポイントと、融資までの時間が短いカードローン会社を紹介しました。

審査を通過しやすくするポイントは、すべてのローン会社に共通ですが、おすすめのカードローン5社は特徴が少しずつ異なります。

カードローンを早めに利用したい人は、自分の属性などを客観的に見たうえで、自分にもっとも適したローン会社に申し込んでみましょう。

 

少額融資に関するFAQ

少額融資に関するFAQ

少額融資をする際によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

Q1. 無審査で借りられるカードローンはありますか?
いいえ、ございません。お金を借りる際は、所定の審査を通過しなければ融資してもらえません。仮に「無審査」などと宣伝するアプリは、違法業者のサービスであると考え、絶対に利用しないでください。
Q2. カードローンの選び方は?
はじめて利用を検討している場合は「最高金利」を比較し、できるだけ低い金利から選ぶことがおすすめです。
Q3. 土日に審査を行うことは可能でしょうか?
大手消費者金融の場合、基本的に土日祝祭日なども営業しております。平日忙しくなかなかタイミングが取れない方でも土日審査に対応しているため利便性が高く利用できます。

専門家コメント及びに記事の監修

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:
CFP資格(日本FP協会)・住宅ローンアドバイザー・損保マスタ・TLC損害保険トータルプランナー

■専門分野:
保険 生命保険 損害保険 資産運用 iDeCo NISA ローン カードローン 住宅ローン 介護 相続 ライフプラン

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611
金子賢司の関連記事一覧

大森隆一郎
コメントいただいた専門家
大森隆一郎

みずほ銀行執行役員
J.Score代表取締役社長CEO

大阪大学法学部卒業後、旧富士銀行入行。みずほ銀行の個人部門にて、金融マーケティングやコンサルティングビジネス、チャネル開発を中心に行う。2012年から4年間ローン業務開発部長をつとめ、2015年みずほ銀行執行役員に就任
2016年、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するFintech事業である「株式会社J.Score」代表取締役社長CEOに就任。日本初のAIスコアサービスをローンチ、「情報銀行」参入を整備するなど創業期としての事業基盤を構築し、2020年3月退任。
その後、株式会社みずほプライベートウエルスマネジメントの取締役副社長に就任。
2020年9月より株式会社ZUUに参画し、新たなスコアビジネスの立ち上げを推進。
新井智美
コメントいただいた専門家
新井智美

トータルマネーコンサルタント

個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

公式サイト:https://marron-financial.com/

■保有資格 : CFP®資格認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)日本FP協会)・DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)・証券外務員。
新井智美の関連記事一覧