少額,融資
(画像=PIXTA)

普段どれだけ出費に気を使っていても、結婚式や旅行など、急な出費で給料日を目前にしてお金が足りない、なんてことはありませんか?

「いきなり大きい金額を借りるのは気が引ける」という人や、「できれば誰にも知られずに少しだけ借りたい」という人でも、融資が受けられる便利な少額融資があります。

この記事では、少額融資サービスを簡単な特徴とともに紹介します。

  1. 少額融資はこんな人におすすめ
    1. 夢のために頑張りたい
    2. 急な出費に対応したい
  2. 少額で融資を受ける方法はある?
    1. 信頼性の高い銀行の少額融資
    2. 手軽にできるアプリの少額融資
  3. 少額融資を選ぶときのポイントは?
    1. 借りられる単位が細かい
    2. 借りられる上限金額が低い
  4. 【銀行】みずほ銀行「わたし応援ローン」
    1. 1円単位で借りられる
    2. みずほ銀行のカードがあればスムーズ
  5. 【銀行】三菱UFJ銀行「マイカードプラス」
    1. 足りないときに自動で引き落とししてくれる
    2. 三菱UFJ銀行のカードがあるとスムーズ
  6. 【銀行】三井住友銀行「フリーローン」
    1. 無担保型でローリスク
    2. 目的は自由!自分のために使える
  7. 【銀行】PayPay銀行「カードローン」
    1. 10万円単位の借り入れも可能
    2. 返済日をメールでお知らせ
  8. 【銀行】イオン銀行「カードローン」
    1. 口座開設不要、Webで申し込みが完了できる
    2. 24時間365日手数料は無料
  9. 【アプリ】20~30代が利用「LINE Pocket Money」
    1. LINEアカウントがあれば手軽に借りられる
    2. 返済も「LINE Pay」で完結
  10. 【アプリ】モバイルクレジット「CREZIT」
    1. デジタルネイティブ向けの少額融資
    2. 返済するほど借り入れ可能金額が増える
  11. 【アプリ】auユーザー以外も融資可能「au PAY スマートローン」
    1. auユーザー以外でも利用可能
    2. au PAYにチャージ可能
  12. 自分に合った少額融資を見つけよう

少額融資はこんな人におすすめ

まずは少額融資を必要としている人の理由をまとめてみました。

cardloan-8service.png
※初めてなら初回契約翌日から無利息 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。 ※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。 ※契約額1万円~200万円まで

・夢のために頑張りたい

留学や資格勉強など、自分の夢をかなえるために必要な学習には何かとお金がかかります。学習にお金をかけたいけれど、今の貯金や収入では少し厳しいという人が、将来の自分に対する投資として少額融資を受けることが多いようです。

・急な出費に対応したい

まったく予期していなかったイベントごとや、思ったよりお金を使いすぎて今月だけどうしてもピンチという人にとって、少額融資はとても便利な融資方法です。大きい金額は審査にも時間がかかります。どうしても今月少しだけお金が欲しいという場合には、返済のしやすい少額融資は便利でしょう。

少額融資もできるカードローン会社

 
少額融資おすすめランキング 少額融資おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold 1位
王冠_gold 1位
土日祝も申込可
実質年率17.8%
30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
※3 Webで最短
60分融資も可能

申込はこちら

申込はこちら

3位
SMBCモビット,モビット
3位
10秒簡易審査
実質年率18.0%
最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
審査回答最短30分
実質年率18.0%
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
5位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル
専門家のコメント

少額で融資を受ける方法はある?

少額で融資を受ける方法は、大きく分けて2つあります。

・信頼性の高い銀行の少額融資

銀行融資の中にも、少額で受けられるタイプが多数あります。十分な審査のうえで融資を受けられるのはもちろん、現金を引き出すときの手数料が無料になったり、引き出せる場所を選べたりするのも銀行の少額融資の特徴です。信頼性の高さで選ぶなら銀行がよいでしょう。

・手軽にできるアプリの少額融資

銀行の融資を受けるほどではないけど、手軽に借りたいということであれば、アプリを使った少額融資もおすすめです。

最近では、キャッシュレス化の促進によってスマートフォンと銀行口座を連携させていることも多く、アプリで融資されたお金を連携させることもできます。電子マネー決済に対応できるものもあるので、アプリを使えば融資から支払い、返済までスマートフォンで完結することもできるでしょう。

少額融資を選ぶときのポイントは?

少額融資も需要が高まり、さまざまな種類があるので選ぶのに迷ってしまうかもしれません。そのようなときは、以下の2点に着目して選んでみてください。

・借りられる単位が細かい

少額融資というからには、細かい金額で借りたいというニーズに応えてくれるものがよいでしょう。5万円くらいでいいのに10万円単位でしか借りられないとなると、必要以上に使ってしまって返済に困ることになるかもしれません。プランによっては1円単位で借りることもできるので、活用してみましょう。

・借りられる上限金額が低い

通常のカードローンなどは、上限が数百万円単位になっていることが少なくありません。借りれば借りるほど利息がつき、返済に時間がかかることもあります。少額で借りてすぐに返済してスッキリさせたいのであれば、借りられる上限金額が低いものを選びましょう。

 
少額融資おすすめランキング 少額融資おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold 1位
王冠_gold 1位
土日祝も申込可
実質年率17.8%
30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
※3 Webで最短
60分融資も可能

申込はこちら

申込はこちら

3位
SMBCモビット,モビット
3位
10秒簡易審査
実質年率18.0%
最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
審査回答最短30分
実質年率18.0%
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
5位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル
専門家のコメント

少額融資を即日で受けるためには?

少額のお金をその日のうちに工面する必要がある場合、一番に考えられるのは消費者金融系のカードローンでしょう。銀行でもカードローンのサービスを提供していますが、銀行が取り扱うカードローンは原則として即日発行はできません。したがって、選ぶなら消費者金融系のカードローンということになります。ただ、消費者金融系のカードローン会社も多数存在することから、審査時間が短く、かつ借り入れ方法が豊富に用意されているカードローンを選ぶことがポイントとなります。

少額融資には消費者金融がおすすめの理由

消費者金融系のカードローンの特徴は何といっても即日融資に対応していることです。それ以外にも無利息期間があるなど、各社によって独自のサービスを提供しており選択肢の幅が拡がるというメリットもあります。

おすすめの理由

  • 5万円程度の少額融資なら審査に通りやすい
  • コンビニで5万円借りられる
  • 無利息期間が適用される
  • 電話連絡なしで借り入れできる
  • 即日で少額融資を受けることができる

5万円程度の少額融資なら審査に通りやすい

カードローンを申し込む際には必ず審査を受ける必要があります。この審査を省略することはできません。審査においては、貸したお金をきちんと返してくれるかという「返済能力」が重視されますが、少額の借入れであれば、多少年収が低くても審査に通りやすい傾向があります。逆に数十万円ほどの額になると、審査もそれなりに厳しくなるといえるでしょう。

コンビニで5万円借りられる

カードローンの審査に通り、契約まで完了するとその時点から借入れを行うことができます。その方法はカードローン会社によって異なります。こちらが指定した銀行口座に振り込まれる場合や、店舗もしくは無人契約機で借りることも可能です。一番便利な方法は提携しているコンビニATMを利用して借入れを行うことでしょう。最近ではローンカードが無くても、スマホアプリを利用してコンビニATMから借入れを行うこともできます。使い方も非常に簡単なので、ぜひそのようなサービスを提供しているカードローン会社を選ぶようにしてください。

無利息期間が適用される

消費者金融系のカードローンでは、初めて利用する方に対して無利息期間を設けている会社も多く見られます。無利息となる期間や、その利用内容はカードローン会社によって異なりますが、初めて利用する際には是非利用したいサービスといえます。

電話連絡なしで借り入れできる

審査では、在籍確認が必須となっているカードローン会社がほとんどです。在籍確認は基本的に電話で行われることから、勤務先に電話がかかってくることをできるだけ避けたいと思われる方も多いでしょう。カードローン会社の中には申し込みの際に条件を満たすことで電話での在籍確認をなしとしてくれる会社もあります。もしも自分がその条件を満たすのであれば、そのような会社を積極的に利用するようにしましょう。

即日で少額融資を受けることができる

が消費者金融系のカードローンの強みといえます。銀行系のカードローンは審査に時間がかかることから、基本的に即日融資には対応していません。即日借入れたいのであれば、迷わず消費者金融系のカードローンを選ぶようにしてください。

少額融資におすすめの消費者金融系カードローン

プロミス

プロミスは申し込む際「WEB完結」を利用することで郵送物なしで借入を行うことが可能です。さらにローンカードを利用せず、スマホアプリを利用することで、カードレスで借入れや返済が行えるようなっている点は非常に使いやすいといえます。30日間無利息サービスも用意されていますので、初めてプロミスを利用する方は忘れずに利用しましょう。

レイクALSA

24時間申し込みを受け付けており、審査結果も最短15秒でわかるというスピードの速さが魅力となっています。審査結果をできるだけ早く知りたいという方にはおすすめのカードローンといえるでしょう。また、無利息期間についても「60日間無利息(Web申込み限定)」「5万円まで180日間無利息」「30日間無利息」と3種類から選ぶことができる点も非常に使いやすいといえます。併用はできませんので、自分に一番合った無利息期間サービスを利用するようにしましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットのメリットは「Web完結」で申し込むことで、電話での在籍確認をなしにできることです。「Web完結」を利用するには条件がありますので、誰もが利用できるわけではありませんが、もし条件を満たすのであれば、ぜひ「Web完結」を利用することをおすすめします。もちろん、SMBCモビットも即日融資に対応しています。

アイフル

アイフルはスマートフォンで、自宅や外出先からでも簡単に申し込みすることができ、審査時間も早いことから好評を得ています。30日間無利息サービスも用意されていますので、合わせて利用するとよいでしょう。また、女性の方で少額の借り入れを希望するのであれば、レディースローンである「スラリ」も候補に入れてみましょう。

アコム

契約完了後、すぐにでも借入れを行いたい方で、楽天銀行の口座を持っている方におすすめです。アコムでは楽天銀行に口座を持っている方に対して、24時間受付最短1分で借入が行えるサービスを行っています。もちろん、30日間無利息期間サービスも用意されていますので、合わせて利用するようにしてください。

J.score

J.score,カードローン
(画像=J.score)

J.scoreは基本的にインターネット上で申し込み、借入、返済を行います。金利は、0.8%~15.0%となっており、大手消費者金融の中ではかなり低くされている点も特徴といえるでしょう。審査は、AIスコアと呼ばれる独自の基準によって行われます。そしてその診断結果によって、適用される金利や契約極度額が決まる仕組みとなっています。スコアを上げるには多くの質問に答えていく必要がありますが、日々の生活改善への取り組みなどもスコアアップに繋がることから、新しいカードローンの形態として捉え、上手に活用してみましょう。

メルペイ スマートマネー

フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決算サービス「メルペイ」において提供が開始された少額融資サービスです。提供開始が2021年8月3日とかなり新しいサービスですが、実際の限度額や適用金利については、メルカリの利用実績などを基に決定されるほか、借り入れの際はメルペイ口座に残高として付与され、連携している銀行口座で手数料なしで引き出すことができます。ただし、利用するには以下の条件を満たす必要がある点に注意してください。

・引き落とし用の銀行口座を登録済みである

・本人確認(eKYC)済みである

・「メルペイスマートマネー」の審査に通過している

銀行カードローンでは、ネット銀行が少額融資におすすめ

銀行カードローンは融資までのスピードについては消費者金融系のカードローンより劣るものの、金利の低さや、運営元がメガバンクの場合には安心感を得られるといった特徴があります。特に少額融資で即日融資にこだわらないのであれば、銀行カードローンの利用も考えてみましょう。

【銀行】みずほ銀行「わたし応援ローン」

みずほ銀行,わたし応援ローン
(画像=みずほ銀行)

「わたし応援ローン」はみずほ銀行が提供している少額融資です。事業用資金として使うことはできませんが、自分のキャリアアップのために学んだり、スクールに通ったりする人にはうれしい少額融資です。

・1円単位で借りられる

「わたし応援ローン」のうれしいポイントは、「1円単位」で借りることができる点です。必要な金額だけ引き出せるので、無駄遣いをする心配もありません。返済のシミュレーションもできるので、返済計画を立てやすくなっています。

・みずほ銀行のカードがあればスムーズ

みずほ銀行の口座を持っていなくても申し込みはできますが、結果的に口座をつくる必要があります。すでにみずほ銀行の口座があるならば、選んでみてもよいでしょう。

引用元:みずほ銀行

【銀行】三菱UFJ銀行「マイカードプラス」

三菱UFJ銀行,マイカードプラス
(画像=三菱UFJ銀行)

三菱UFJ銀行の提供する少額融資「マイカードプラス」は、公共料金などの支払いであと少しだけ足りないときに便利です。

・足りないときに自動で引き落とししてくれる

マイカードプラスはATMなどでの引き落としも可能ですが、公共料金などの引き落としで残高が不足したときに自動で立て替え、引き落とししてくれます。立て替えが発生したときはメールで知らせてくれるので、立て替え分としていくら借りたのかが分かりやすくなっています。返済に使えるATMが豊富なのはもちろん、インターネットバンキングからも返済できます。

・三菱UFJ銀行のカードがあるとスムーズ

三菱UFJ銀行のカードがあれば、そのまま借り入れ機能をつけることができるので、スムーズに借り入れを始められます。

引用元:三菱UFJ銀行

【銀行】三井住友銀行「フリーローン」

三井住友銀行,マイカードプラス
(画像=三井住友銀行)

三井住友銀行が提供する無担保型ローン「フリーローン」も、少額融資が可能なサービスです。

監修者のコメント

・無担保型でローリスク

無担保型なので、借りる側が提供するのは信用情報のみという点ではローリスクでの借り入れが可能です。高額の融資を希望する場合は有担保型もありますが、上限金額を抑えたいなら無担保型で十分でしょう。

・目的は自由!自分のために使える

基本的に使用目的は自由なのがフリーローンです。ただし契約するときにどんな目的で使うのかを申請する必要があります。事業用資金には使えません。

引用元:三井住友銀行

【銀行】PayPay銀行「カードローン」

PayPay銀行,カードローン
(画像=PayPay銀行)

PayPay銀行のカードローンは、細かい用途にも使いやすいのが特徴です。

・10万円単位の借り入れも可能

少額での借り入れが可能なので、10万円単位で借りたいという人はもちろん、1円や1000円といった細かい金額でも借り入れできます。ネットショッピングなどの引き落としで数百円足りないときなど、自動で引き落とししてくれます。

・返済日をメールでお知らせ

PayPay銀行のカードローンは、返済日を事前にメールで知らせてくれます。返済を忘れるのを防いでくれるので、安心して使えるでしょう。

引用元:PayPay銀行

【銀行】イオン銀行「カードローン」

イオン銀行,カードローン
(画像=イオン銀行)

イオン銀行のカードローンは、年会費入会金が0円、コンビニのATM利用手数料も無料のカードローンです。

・口座開設不要、Webで申し込みが完了できる

イオン銀行の口座を持っていれば、返済するときの引き落としに使うことができます。しかし、口座がなくても申し込みは可能で、Web上で申し込みを完了できます

・24時間365日手数料は無料

イオン銀行のATMはもちろんですが、イーネットのATM、ローソンATMをはじめ、ほとんどのATMで手数料が無料です。本当に必要な金額だけを手軽に借りたいという人にはピッタリです。

引用元:イオン銀行

【銀行】楽天銀行「カードローン」

最短翌日融資可能で、金利優遇のキャンペーンなどを行っていることから、利用しやすいカードローンです。楽天のIDを持っていれば入力がスムーズに行えるほか、コンビニATMで借り入れができる点もメリットといえます。また、楽天銀行口座なら24時間365日即時で振り込まれることから、楽天銀行の口座を持っているのであれば、利用する価値はあるといえます。コンビニでのATM利用手数料が0円になるほか、楽天ポイントが貯まる点もメリットといえるでしょう。生活経済圏で楽天を主に利用している方なら、是非利用してみましょう。

【銀行】セブン銀行「カードローン」

申し込みから融資まで最短2営業日と、銀行カードローンの中では対応が早く、アプリですぐに借入れができる点が使いやすいといえます。原則24時間365日回数の制限なく借入れができる点もメリットといえるでしょう。適用利率も5万円(50万円以下)であれば15%と消費者金融系のカードローンと比べて低く設定されていることから、少額の利用にはおすすめです。ただし、利用の際にはセブン銀行の口座が必要なことから、事前にセブン銀行の口座開設を行っておくことを忘れないようにしてください。

クレジットカードのキャッシング

既にクレジットカードを保有しているのであれば、そのクレジットカードのキャッシング機能を利用するという案もあります。

ACマスターカード

ACマスターカードは、大手消費者金融会社のアコムが発行するリボ払い専用のクレジットカードで、一般的なクレジットカードと同じようにキャッシング機能が付帯しています。カードの支払い方法がリボ払いのみとなる点には注意しておきたいところですが、クレジット機能とキャッシング機能を備えていることから、買い物とキャッシング両方で利用することが可能です。

また、利用金額の0.25%がキャッシュバックされるサービスも特徴といえるでしょう。ちなみにACマスターカードのキャッシングを利用した場合、適用される利率は18.0%です。ただし、初めて利用する場合のみ契約日の翌日から30日間無利息でキャッシングを利用できる「30日間金利0円サービス」が設けられています。無利息期間中は、キャッシングの限度額内であれば、何度利用しても無利息で借入れが可能となることから、少額の利用ですぐに返済できるのであれば、利用を考えてもいいかもしれません。

キャッシングについては、アコムATM以外にもコンビニなどに設置されている提携ATMで利用することができます。さらに、海外キャッシングにも対応していますので、海外で急にお金が必要になった際でも安心です。

エポスカード

エポスカードも初めてのキャッシング利用であれば、30日間無利息で利用できるサービスが用意されています。キャッシング利用方法はATMを利用する方法以外にネットから申し込む方法や電話で申し込む方法などが用意されており、海外でのキャッシングにも対応しています。また、返済方法も1回払いとリボ払いから選択できるようになっていますので、自分の返済しやすい方法を選ぶことができます。返済はコンビニのATMを利用するほか、バーコード返済を利用してコンビニのレジで返済することもできます。

また、インターネット返済(ペイジー)にも対応していることから、返済のしやすさという面でもおすすめです。金利は18.0%となりますが、増額払いにも対応していますので、そのようなサービスをうまく活用してお得に利用するようにしてください。

【アプリ】20~30代が利用「LINE Pocket Money」

LINE,LINE Pocket Money
(画像=LINE Pocket Money)

アプリでできる少額融資の中でも、メジャーなものが「LINE Pocket Money」です。その使いやすさから、20~30代に多く使われているようです。

・LINEアカウントがあれば手軽に借りられる

今や日本人の大半が持っているLINEアカウントさえあれば、少額融資を始められます。与信審査に基づく「スコアリングサービス」によって、その人に合わせた借り入れ上限金額を決めてくれるので、身の丈にあった融資を受けられるでしょう。

・返済も「LINE Pay」で完結

LINE Pocket Moneyの返済は、LINE Payを使うこともできます。申し込みから利用、返済までをスマートフォンで手軽に済ませたいという人におすすめです。

引用元:LINE Pocket Money

※初めてなら初回契約翌日から無利息

※無利息期間経過後は通常金利適用。

※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。

※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。

※契約額1万円~200万円まで

≪貸付条件≫

融資限度額 1万円~500万円

貸付利率 4.5%~18.0%

ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方

遅延損害金(年率) 20.0%

ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング

ご返済期間・回数 最長8年、最大96回

必要書類 "運転免許証

※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)

担保・保証人 不要

※商号:新生フィナンシャル株式会社

※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

【アプリ】モバイルクレジット「CREZIT」

CREZIT,モバイルクレジット
(画像=CREZIT)

キャッシュレス化が促進されて注目を浴びるようになったのが「CREZIT(クレジット)」です。こちらもスマートフォンだけで完結できる手軽さから、20~30代が多く利用しています。

・デジタルネイティブ向けの少額融資

CREZITは、デジタルネイティブ世代の「あと少しお金があれば」を解消するべく生まれたサービスです。スキルアップのための学びやちょっとした旅行など、「あと少し」の金額をサポートすることで、若い世代が新鮮な体験を得られることが目的です。

・返済するほど借り入れ可能金額が増える

スコアに合わせてパーソナライズ化されたサービスの提供に加え、返済するほど借り入れ可能金額が増えるというシステムを導入しています。申込者本人の信用を向上させることに焦点を当てたサービスです。

引用元:Crezit

【アプリ】auユーザー以外も融資可能「au PAY スマートローン」

au PAY,スマートローン
(画像=auファイナンシャルサービス)

KDDIが提供する少額融資は、金融サービスを身近に感じられるように意識した「スマートマネー構想」の一環としてスタートしたサービスです。

・auユーザー以外でも利用可能

名前はauとなっていますが、auユーザーでなくとも融資を受けることができます。au IDがあれば個人情報を自動で入力できるため、申し込みの手順が簡単になります。もちろん、auユーザー以外でもスマートフォンから簡単に申し込みできます。

・au PAYにチャージ可能

借入金額はau PAYにチャージできるので、キャッシュレスにau PAYを利用していると使いやすいでしょう。au PAYを利用するとPontaポイントも貯まるのでお得です。

引用元:auフィナンシャルサービス

自分に合った少額融資を見つけよう

この記事では、少額融資ができるサービスを紹介しました。1円単位で借り入れや返済が可能で扱いやすいものがほとんどです。アプリならスマートフォンだけで完結するスマートな少額融資も可能です。

この機会に、用途に合わせた少額融資を検討してみてはいかがでしょうか。

 
少額融資おすすめランキング 少額融資おすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold 1位
王冠_gold 1位
土日祝も申込可
実質年率17.8%
30日間利息無料
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
※3 Webで最短
60分融資も可能

申込はこちら

申込はこちら

3位
SMBCモビット,モビット
3位
10秒簡易審査
実質年率18.0%
最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
審査回答最短30分
実質年率18.0%
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
5位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

公的融資制度を利用する

少額融資を受けたいならば、無利息もしくは低金利でお金を借りることができる公的融資制度の利用も検討したいところです。そのためには、そのどのような制度があり、利用の際の条件などをきちんと把握しておく必要があります。ここでは代表的な以下の3つの制度について紹介します。

《生活福祉資金貸付制度》

各自治体が主体となって行っている制度で、以下の資金を借りることができます

資金一覧

  • 生業を営むために必要な経費
  • 技能習得に必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 住宅の増改築、補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
  • 福祉用具等の購入に必要な経費
  • 障害者用の自動車の購入に必要な経費
  • 中国残留邦人等に係る国民年金保険料の追納に必要な経費
  • 負傷又は疾病の療養に必要な経費及びその療養期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 介護サービス、障害者サービス等を受けるのに必要な経費及びその期間中の生計を維持するために必要な経費
  • 災害を受けたことにより臨時に必要となる経費
  • 冠婚葬祭に必要な経費
  • 住居の移転等、給排水設備等の設置に必要な経費
  • 就職、技能習得等の支度に必要な経費
  • その他日常生活上一時的に必要な経費

利用限度額は550万円以内となっており、資金の使い道によって上限額が設定されています。連帯保証人が原則必要となりますが、連帯保証人が無くても借りることは可能です。ただ、連帯保証人が要る場合は無利子で借りることができ、それ以外の場合は年1.5%の利息となります。また、生活福祉資金には、さまざまな種類に分かれており、今回紹介した「福祉資金」以外にも、「教育支援基金」や「不動産担保型生活資金」も用意されています。

《求職者支援資金融資制度》

「求職者支援資金融資」は、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度です。職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足する場合に融資を受けることができます。貸付額上限は月額5万円もしくは10万円となっており、受講予定訓練月数分借りることが可能です。この制度を利用するには、以下の要件両方を満たした方となります。

・職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方

・ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方

利用するには、ハローワークで貸付要件の確認などを行い、その後、ハローワークが指定する金融機関(労働金庫)で借り入れの手続きを行う必要があります。労働金庫では、金融機関としての審査を行うことから、審査の結果によっては貸付を受けられないこともある点に注意が必要です。

《緊急小口資金貸付》

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に少額の費用を借りることができる制度です。貸付限度額は10万円、連帯保証人も不要で無利子で借りることが可能です。また、現在では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて生活が苦しくなった方向けに、倍の20万円を貸付てくれる制度もあります。世帯員が4名以上いることなどに該当する必要がありますが、休業等による収入の減少などで生活費用の貸付が必要なときに利用できる制度となっていますので、当てはまる方は利用を考えてみてもいいでしょう。

これらの制度は、制度ごとに地域の福祉協議会であったり、ハローワークであったりと相談窓口が異なりますので、申し込む際には相談窓口がどこになるのかもあわせて確認しておきましょう。

また、ここで挙げたもの以外にも、個人向けの公的融資制度には「住宅支援給付」「遠近担保貸付」、さらには「母子福祉資金貸付」などもあります。それぞれによって使う用途が決められていますので、自分の必要としている用途に一番近いものを選び、活用するようにしてください。

スマホでお金が稼げる

お金を借りることだけでなく、短期間でお金を稼ぐことも考えてみましょう。最近ではスマホアプリを利用することで、家にあるものを現金化することができます。

メルカリ

スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。家の中に「まだ使えるけどもう不要だな」と思えるものがあるのであれば、メルカリで出品し、現金化することも考えましょう。出品方法は至って簡単で、商品の写真を撮り、商品の価格を設定、その後商品の状態など詳細を記載してサイトにアップするだけです。

購入されれば、決済が完了した後に商品を相手に送付し、相手が商品を受け取って評価を行った後に現金が指定した口座に振り込まれます。また、売れたお金はメルペイにチャージしておくことで、全国のコンビニエンスストア・飲食店・ドラッグストアなど、さまざまなお店で利用できます。

CASH

買い取りサービスのアプリですが、売りたいものの写真を送るだけで査定金額がわかります。その査定金額に納得したら、「キャッシュにする」を選択することで、アプリ内のウォレットにキャッシュが貯まります。そして2週間以内に商品を送ると、正式な査定価格が通知されるため、その金額に納得し、「選択したアイテムをキャッシュにする」を選ぶことで、ウォレット内の買い取り予想金額が変更され、「引き出し可能キャッシュ」に金額が反映される仕組みとなっています。

引き出し可能キャッシュが300円以上になったら、「キャッシュを引き出す」より、キャッシュの引き出しを行うことができます。引出し方法は銀行振込となり、250円の手数料がかかる点に注意が必要です。

ヤフオク

ヤフオクは、不要な品物を出品して、オークション形式で売ることができるサービスです。スタート価格を設定した後は、オークションによって販売価格が決まるので、実際にオークションが終了するまでいくらで売れるのか分からない特徴があります。また、商品によってはオークションの間1回の入札もなく流れてしまうケースもあります。

取引完了後の入金スピードが早い点がヤフオクのメリットではありますが、そのためには受け取った方が「受け取り連絡」を行う必要があります。人によっては商品を受け取っているにもかかわらず、なかなか「受け取り連絡」をしてくれない場合もありますので、そのようなときは入金が遅くなる点には注意しておく必要があります。とはいえ、受け取り連絡がなくても、2週間経過した場合は、自動的に入金されるシステムになっていますので、現金が必要な時間から逆算し、余裕をもって出品することが大切です。

後払いができるサービスを利用する

後払いができる方法として一番に頭に浮かぶのはクレジットカードですが、その人の属性や信用情報によってはクレジットカードが作れないという方もいるでしょう。その際に活躍するのが以下の方法です。

バンドルカード

バンドルカード度は、Visaが提供しているプリペイドカードです。バンドルカードには、クレジットカードのような審査や年齢制限がありません。そのため、クレジットカードが作れない学生や無職の方でも利用することができます。アプリをダウンロードし、電話番号などを入力するだけで、すぐにVisaカードを発行することができる点も特徴となっています。

バンドルカードは、プリペイドカードなので、基本的にはあらかじめ使いたいお金をチャージしておく必要がありますが、「ポチっとチャージ」機能を使えば、チャージしたお金を後払いにすることができます。そして後払いにしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどで支払えば大丈夫です。

paidy

Paidy(ペイディ)とは、事前登録やクレジットカードは必要なく、メールアドレスと携帯電話番号だけで支払える後払い(BNPL)サービスです。メールアドレスと携帯番号だけで決済が可能なことから、ネットショッピングでの利用で有効です。利用できるネットショッピングサイトにはAmazonやラクマなど大手ショッピングサイトがあり、加盟店数は約3,000万にも上っています。1ヶ月分の利用金額は、翌月1日に確定し、10日までに支払う仕組みとなっています。支払い方法は「口座振替」、「コンビニ払い」、「銀行振込」の3つが用意されており、自分の好きな方法で支払うことができます。

ただし、コンビニ払いや銀行振込の場合は手数料が発生することから、毎月利用するのであれば口座振替を選ぶ方がお得といえるでしょう。また、分割で返済する方法も用意されていますが、手数料がかかりますので、できれば1回で支払えるように、月々の利用額を抑えておきましょう。

atone

atoneとは株式会社ネットプロテクションズが提供する後払い決済サービスのことです。クレジットカードを持っていなくても支払いを翌月にでき、インターネットショッピングはもちろん、スマホアプリを利用して実店舗での支払いにも使用可能です。上で紹介したバンドルカードと似ていますが、atoneの場合はポイントが貯まり、そのポイントを利用して買い物ができる点がメリットといえます。また、手数料が99円(税込)と低く設定されている点も使いやすいと言えるのではないでしょうか。支払い方法は「コンビニ払い」、「Loppi/Famiポート払い」、そして「口座引き落とし」の3つが用意されており、「コンビニ払い」と「Loppi/Famiポート払い」の場合は翌日20日までに支払う必要があります。

口座引き落としの場合は翌日27日に指定した口座から引き落とされますので、それまでに口座にお金を忘れずに用意しておきましょう。まだ利用できる加盟店が少ないことから、あまり知られていませんが、今後加盟店が増えることも予想されることから、一度チェックしてくことをおすすめします。

それ以外の方法で少額のお金が必要な人

ここまで紹介した方法以外で少額のお金を借りたい場合には、以下の方法もあります。

質屋

家にある不用品を現金化する方法としてフリマサイトの利用などを紹介しましたが、出品してから現金化するまで数日間はかかります。できればその日に現金が欲しいというのであれば、質屋の利用も検討してみましょう。質屋では、持ち込んだ商品を担保として、その担保に見合う金額をその場で貸してくれます。そして、質屋で借りたお金を無事に返済すると、担保として持ち込んだ品が手元に戻る仕組みとなっています。

ただし期限までに返済できない場合、その品物は「質流れ」という状態になり、質屋の所有物として売りに出されてしまいます。借りることができる金額は質屋によって異なりますが、買い取り価格の8割程度に設定しているケースが多いようです。一流ブランドのバッグや腕時計、アクセサリーなど、ある程度お金になりそうな品物が家にある場合は、そのような方法でお金を借りることもできます。

したがって、質屋を利用するのであれば、ある程度価値のある品物でないと思ったほどの金額が借りられないという点には気をつけておきましょう。また、質屋を利用できるのは原則20歳以上となっており、借りたお金には当然利息をつけて返さなければなりません。ただ、本人確認書類だけでその日に借りることができることから、必要に応じて利用を考えてみてもいいかもしれません。

家族や友人に借りる

どうしても自分の力でお金を工面することが難しいのであれば、家族や友人に頼むという方法もあります。その際には、理由をきちんと説明し、いつまでに返すのかも約束しておきましょう。できれば後々のトラブルを避けるためにも、家族や友人といえどもきちんと「借用書」を交わしておくことをおすすめします。そして、返済期日は必ず守るようにしましょう。

家族や友人という近い関係であればあるほど、貸した側は催促しにくいものです。借りた側は借りたことを忘れているというケースも考えられますが、貸した側は覚えているものです。そのようなことが1度でもあると、人間関係が悪くなりますし、また親戚や友人など、貸してくれた人の周りにそのような噂が広まると、貸してくれる人も少なくなるでしょう。「親しき中にも礼儀あり」という言葉を忘れずに、親しい中だからこそ、お金の貸し借りはきちんと行うようにする心がけが大切です。

生命保険の契約者貸付

契約者貸付とは、保険会社が加入者に提供しているサービスの1つで、解約返戻金を担保に保険会社が契約者にお金を融資してくれる制度です。ただし、解約返戻金を担保にするという特質上、利用できる保険は「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」などに限られる点に注意が必要です。医療保険やがん保険などは掛け捨てのものが主流となっており、そのような保険については、契約者貸付の対象とはなりません。

基本的には解約返戻金の80~90%程度の金額が借入上限となっており、3%程度の利率で借りることができます。審査なしで借り入れができる点が生命保険の契約者貸付の最大のメリットですが、借り入れを行って返済が完了していないうちにその保険契約を解約することになった場合は、その解約返戻金から未返済額が差し引かれる点に注意が必要です。

また、申請から借り入れまでの期間が短いことや、上限額までであれば何度も借入れができる点も魅力といえるでしょう。ただし、上で述べたように、全ての借り入れにおいて利率が3%程度であるとは限りません。契約者貸付の利率は、その保険契約時に決まっています。したがって、お宝保険といわれる数十年前の金利が高い時に契約した保険などでは、貸付の際の利率も高く設定されている可能性がありますので、利用の際には、貸付利率がいくらなのかを事前に必ず確認しておきましょう。

契約者貸付は特に返済期限が決められていないことから、返済を後回しにしてしまいがちですが、返済を後にすればするほど、利息分を含めた返済額が大きくなってしまいます。お金を借りる場合全てにいえることですが、借りるのであれば、いつまでに返済するのかということまできちんと考えて借りることが大切です。また、合わせて返せるだけの額を借りるということも忘れないようにしてください。

専門家コメント及びに記事の監修

大泉稔
監修者・大泉稔氏

貸金業取扱主任者
株式会社fpANSWER代表

明星大学日本文化学部卒業。市原刑務所法務教官、京王電鉄グループ京王タクシー交通事故係、社会保険庁ねんきん電話相談員、独立系FP会社取締役、保険代理店取締役を経て、現在に至る。

■保有資格:
貸金業取扱主任者
1級FP技能士
1種証券外務員
1種衛生管理者

■専門分野: 賃金業 保険 生命保険 損害保険 資産運用 証券 衛生管理

公式サイト:https://www.fp-answer.com/

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:
CFP資格(日本FP協会)・住宅ローンアドバイザー・損保マスタ・TLC損害保険トータルプランナー

■専門分野:
保険 生命保険 損害保険 資産運用 iDeCo NISA ローン カードローン 住宅ローン 介護 相続 ライフプラン

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611
金子賢司の関連記事一覧

大森隆一郎
コメントいただいた専門家
大森隆一郎

みずほ銀行執行役員
J.Score代表取締役社長CEO

大阪大学法学部卒業後、旧富士銀行入行。みずほ銀行の個人部門にて、金融マーケティングやコンサルティングビジネス、チャネル開発を中心に行う。2012年から4年間ローン業務開発部長をつとめ、2015年みずほ銀行執行役員に就任
2016年、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するFintech事業である「株式会社J.Score」代表取締役社長CEOに就任。日本初のAIスコアサービスをローンチ、「情報銀行」参入を整備するなど創業期としての事業基盤を構築し、2020年3月退任。
その後、株式会社みずほプライベートウエルスマネジメントの取締役副社長に就任。
2020年9月より株式会社ZUUに参画し、新たなスコアビジネスの立ち上げを推進。
新井智美
コメントいただいた専門家
新井智美

トータルマネーコンサルタント

個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。

公式サイト:https://marron-financial.com/

■保有資格 : CFP®資格認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)日本FP協会)・DC(確定拠出年金)プランナー住宅ローンアドバイザー住宅金融普及協会金融検定協会認定)・証券外務員。