【目次】
①️リベロIPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(近日中に追加予定)

会社名
株式会社リベロ
コード
9245
市場
マザーズ
業種
サービス業
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 鹿島 秀俊 / 1978年生
会社住所
東京都港区虎ノ門三丁目8番8号 NTT虎ノ門ビル3F
設立年
2009年
社員数
96人(2021年7月31日現在)
事業内容
新生活サービスプラットフォームの構築と提供による部屋探し、引越し、電気・ガス等のライフラインの手配、クラウド賃貸契約サービスの提供等
URL
https://www.livero.co.jp/
資本金
86,000,000円 (2021年8月23日現在)
上場時発行済み株数
5,258,000株
公開株数
478,000株
連結会社
1社
スケジュール
仮条件決定:2021/09/08
ブックビルディング期間:2021/09/09 - 09/15
公開価格決定:2021/09/16→1,400円に決定
申込期間:2021/09/17 - 09/24
上場日:2021/09/28
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:SMBC日興証券 (SMBC日興証券の詳細記事はこちら)
引受証券:野村證券
引受証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:いちよし証券
引受証券:みずほ証券
引受証券:三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受証券:楽天証券 (楽天証券の詳細記事はこちら)
引受証券:東海東京証券
引受証券:あかつき証券
大株主
鹿島秀俊 46.66%
横川尚佳 26.55%
(株)ベネフィット・ワン 8.13%
(株)東京ユナイテッド 6.62%
(株)ベクトル 2.23%
堀主知ロバート 0.80%
楠武史 0.64%
(株)三好不動産 0.54%
岡本泰彦 0.45%
中島謙一郎 (株)ONPA JAPAN (株)イナミコーポレーション (株)エム・ジェイホーム 0.45%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2018/12 単体実績 
3,402,662 154,450 109,993 480,304
2019/12 連結実績 
1,900,082 221,758 143,431 607,172
2020/12 連結実績 
2,136,583 318,256 225,244 928,513
2021/06 第2四半期連結実績 
1,456,399 452,917 299,294 1,227,808
ロックアップ情報
指定された株主は上場後90日目の2021年12月26日まで
または、上場後180日目の2022年3月26日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
調達額(公開株数×公開価格)
8億304万0000円(478,000株×1,680円)
潜在株数(ストックオプション)
813,250株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、新生活を始める人向けのサービスを提供している。具体的なサービスは、部屋探し、引っ越し、新電力、ガス小売り事業者が販売するガス、インターネット回線などのライフラインの手配、また法人においては社宅管理などをワンストップで提供し一元管理し、不動産業者や引っ越し業者、ライフライン提供業者など新生活にかかわるサービス提供者から成果報酬型の手数料を受け取る事業を展開している。

上場市場は東証マザーズ。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額は76億円、2021年12月期の業績予想ベースのPERは33.46倍となっている。上場当日の株価動向は、資金吸収額がわずか8億円弱と小さく需給は非常にタイトになることが予想されるので、初値は後場まで持ち越されると考えられる。セカンダリー市場において、当社の売上には季節性が高いことに注意が必要となる。

新生活をスタートさせるきっかけは、就職、入学、転勤であることから、3月、4月に売上が集中しているので、上半期の売上と利益が下半期よりも多い傾向はこの先も続くはずだ。よって、通期の業績予想に対して上半期の実績の進捗状況が良くても、業績の上方修正があると考えてはいけない。但し、ここ1年半はコロナで転勤が少なくなっているはずなので、来期以降は転勤重要が増えて行く可能性も高く、来期の業績に関しては強気で臨んでも良いかもしれない。