【目次】
①️ブレインズテクノロジーIPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント

会社名
ブレインズテクノロジー株式会社
コード
4075
市場
マザーズ
業種
情報・通信業
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 齋藤 佐和子 / 1973年生
会社住所
東京都港区高輪三丁目23番17号
設立年
2008年
社員数
46人(2021年5月31日現在)
事業内容
エンタープライズAIソフトウェア事業(データ検索製品の開発・提供、データ分析製品の開発・提供)
URL
https://www.brains-tech.co.jp/
資本金
72,500,000円 (2021年6月22日現在)
上場時発行済み株数
5,370,000株
公開株数
820,000株
連結会社
なし
スケジュール
仮条件決定:2021/07/08→1,630~1,780円に決定
ブックビルディング期間:2021/07/09 - 07/15
公開価格決定:2021/07/16
申込期間:2021/07/19 - 07/26
上場日:2021/07/28
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:SMBC日興証券 (SMBC日興証券の詳細記事はこちら)
引受証券:野村證券
引受証券:みずほ証券
引受証券:いちよし証券
引受証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:楽天証券 (楽天証券の詳細記事はこちら)
引受証券:松井証券 (松井証券の詳細記事はこちら)
大株主
齋藤佐和子 54.17%
中澤宣貴 12.64%
NVCC7号投資事業有限責任組合 5.42%
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 5.42%
河田哲 4.51%
今野勝之 4.51%
三生6号投資事業有限責任組合 2.71%
林琢磨 2.53%
榎並利晃 2.35%
田中幸一 0.81%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2018/07 単体実績 
282,340 17,413 17,417 -38,262
2019/07 単体実績 
432,740 11,744 39,937 1,674
2020/07 単体実績 
631,597 65,142 78,874 80,549
2021/04 第3四半期単体実績 
646,310 130,869 86,796 167,346
ロックアップ情報
指定された株主は上場後90日目の2021年10月25日まで
または、上場後180日目の2022年1月23日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
調達額(公開株数×仮条件上限)
14億5960万0000円(820,000株×1,780円)
潜在株数(ストックオプション)
788,000株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、エンタープライズ AI ソフトウェア事業(データ検索製品の開発・提供、データ分析製品の開発・提供)を展開している。サービスとしては、異常検知ソリューション「Impulse」と、企業内検索エンジン「Neuron Enterprise Search」の2つをクラウド型とオンプレミス型にて提供・販売している。上場市場は東証マザーズ。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が96億円、2021年7月期の業績予想ベースのPERは91.9倍となっている。

上場当日の株価動向は、資金吸収額は17億円とさほど大きくなく、AI関連サービスということもあって、個人投資家の人気も高くなりそうで、初値は後場まで持ち越されると推測する。初値が付いた後も、VCの売りがでなければ、公開株を手に入れた個人投資家の売りをこなした後に買い直されてストップ高の水準までいくかもしれない。

セカンダリ-市場においては、売上は昨対比での伸び率は落ちるかもしれないが、ビジネスモデルを見ると、利益率は高まると考えられるので、9月中旬に開示される来期の業績予想には期待したいところだが、利益成長率が2倍未満のとなると失望売りに繋がる可能性もあるので、決算発表前後はボラティリティが高まる可能性があると考えておいた方が良いだろう。