asiro
 

【目次】
①️アシロIPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(近日中に追加予定)

会社名
株式会社アシロ
コード
7378
市場
マザーズ
業種
サービス業
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 中山 博登 / 1983年生
会社住所
東京都新宿区西新宿七丁目7番6号
設立年
2016年
社員数
39人(2021年5月31日現在)
事業内容
弁護士業界とITを結びつけたリーガルメディアサイトの運営等
URL
https://asiro.co.jp/
資本金
100,000,000円 (2021年6月16日現在)
上場時発行済み株数
6,829,000株
公開株数
4,203,200株
連結会社
1社
スケジュール
仮条件決定:2021/06/30→1,120~1,160円に決定
ブックビルディング期間:2021/07/02 - 07/08
公開価格決定:2021/07/09
申込期間:2021/07/12 - 07/15
上場日:2021/07/20
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:野村證券
引受証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:楽天証券 (楽天証券の詳細記事はこちら)
引受証券:マネックス証券 (マネックス証券の詳細記事はこちら)
引受証券:松井証券 (松井証券の詳細記事はこちら)
引受証券:岡三証券 (岡三証券の詳細記事はこちら)
引受証券:いちよし証券
大株主
J-STAR二号投資事業有限責任組合 39.25%
中山博登 26.15%
MIDWEST MINATO, L.P. 14.67%
Pacific Minato Ⅱ, L.P. 13.60%
川村悟士 2.35%
河原雄太 1.28%
宮﨑淳平 0.85%
竹田津惇 0.43%
丸田泰広 0.43%
増山雄大 0.43%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2018/10 単体実績 
831,693 1,592 -55,540 732,545
2019/10 連結実績 
1,156,730 246,175 156,496 897,099
2020/10 連結実績 
1,478,705 323,408 207,982 1,120,153
2021/04 第2四半期連結実績 
385,526 106,872 70,437 1,238,499
ロックアップ情報
J-STAR二号投資事業有限責任組合、MIDWEST MINATO, L.P.、Pacific Minato II, L.P.、中山博登、河原雄太は上場後90日目の2021年10月17日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
川村悟士、竹田津惇は2022年7月19日までは新株予約権の行使等できず(例外あり)
調達額(公開株数×仮条件上限)
48億7571万2000円(4,203,200株×1,160円)
潜在株数(ストックオプション)
1,020,000株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、弁護士業界とIT(情報技術)を結びつけたリーガルメディアサイトの運営事業を展開している。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が79億円、2021年10月期の業績予想ベースのPERは35.7倍となっている。

上場当日の株価動向は、資金吸収額が56億円と大きいことに加えて、VCが売出し後も発行済株式の20%も保有していることから、需給は弱く、初値はロックアップ解除水準の公開価格の1.5倍前後で付くと推測する。セカンダリーマーケットにおいては、ビジネスモデルの類似する、弁護士ドットコムの株価が意識される可能性もあるが、根本的に株価が評価されているビジネスが異なるため、PERで言えば50倍程度が関の山ではないだろうか。

事業成長のKPIとして、掲載枠数、掲載数、サイト訪問者数、問合せ数、サイト訪問者数の数字は開示されるはずなので、この数字の伸びがそのまま業績に反映されることになるためIR情報で確認したほうがよいだろう。但し、弁護士のニーズは、お手頃価格で相談できることから増える可能性もあるが、労働集約ビジネスなので、アシロとしては、サイトに掲載する単価を上げることは厳しいので、売上が劇的に伸びるとは考えにくい。