マネックス証券の評判はやばい?リアルな口コミや最新の情報を紹介!
画像=NETMONEY編集部

マネックス証券は、日本最大級のネット証券であり、初心者から上級者まで幅広い層のユーザーに利用されています。しかし、初めてマネックス証券を利用しようと考えている方にとって、その評判や口コミは気になるところでしょう。

そこで本記事では、マネックス証券のリアルな評判を、プロの目線から解説します。初心者の方でもわかりやすいように、具体的なメリットやデメリット、利用者の声などを紹介します。

この記事を読むことで、マネックス証券の評判や口コミをしっかりと理解し、自分に合った証券会社を選ぶための判断材料として役立てることができます。

マネックス証券の最新ニュース!

【NISAデビュー応援】最大4,000円!

マネックス証券は期間中に条件を達成するとdポイント4,000円相当がもらえるキャンペーンを発表しました。

NISAデビュー応援キャンペーン
  1. マネックス証券の口コミ・評判一覧
    1. マネックス証券の良い口コミ・評判
    2. マネックス証券の悪い口コミ・評判
  2. マネックス証券のおすすめポイントと口コミ
    1. 取り扱い銘柄が多い
    2. 投資情報が豊富
    3. IPOに強い
  3. 口コミでわかるマネックス証券のメリット
    1. アナリストによるレポートが充実している
    2. 米国株の取扱銘柄数5,000超
    3. 株取引に便利なツールが豊富
  4. 口コミでわかるマネックス証券のデメリット
    1. 外国株の取り扱いが少ない
    2. 日本株の売買手数料が少し高い
    3. マネックスポイントでの対象投資商品が少ない
  5. こんな人にマネックス証券をおすすめ
  6. マネックス証券の会社詳細
    1. マネックス証券の評価表
    2. マネックス証券のアプリ・ツール
    3. マネックス証券の現物・信用手数料
  7. マネックス証券は危ない?やばいと言われる理由
  8. マネックス証券で口座開設する流れ
    1. メールを登録する
    2. 申し込みフォームを入力する
    3. 本人確認をする
    4. 特定口座の選択をする
  9. マネックス証券に関するよくある質問
    1. マネックス証券のメリットは?
    2. マネックス証券のデメリットは?
    3. マネックス証券はどんな人におすすめ?
    4. マネックス証券は申し込みから取引開始までどのくらいかかる?
    5. マネックス証券では単元未満株の購入は可能?

マネックス証券の口コミ・評判一覧

マネックス証券と言えば外国株投資!と言えるくらい外国株に強い証券会社です。

今回は基本情報を含めて、実際にマネックス証券を使用しているユーザーからの口コミも紹介します。

マネックス証券の良い口コミ・評判

名もなき投資家さん

★★★★☆

タイトルにも述べたように少額で投資を行うなら手数料が余り気にならないので有りだと思います。高額で頻繁に取引を行う方は他の証券会社が無難だと思います。口座開設でアマゾン券やペイペイボーナスプレゼントのキャンペーンをよくやっている印象で自分はペイペイボーナスが貰える時に口座開設をしました。自分は少額での投資なのであまり気になりませんが高額取引になってくると他の証券会社を考えなければならないと思います。

さん

★★★★☆

証券会社としては歴史が古く、有名。それだけで信頼性は高く、新規で申し込む際には安心感がります。 サイトデザインは最近の新しい証券会社に比べると華やかさはなく落ち着いていて、悪く言えば地味。若い人には受けが悪いかもしれません。 主に日本株取引を行っていますが、情報面に強く、ツールは細かくカスタマイズ出来て大変扱いやすい。ただ、フル板が有料である点は残念。

ここなさん

★★★★☆

マネックスでNISA枠で株の取引をしています。優待が目当ての普通の主婦ですが、画面は見やすく取引し易いです。 一番最初は証券口座とNISA口座が分かれている感覚が理解できなかったのですが、それはマネックスに限った事ではないかなと思います。 証券口座の中に猛一か所ログインしてNISA口座があると分かると初心者にも使い易いサイトです。

おびさん

★★★★☆

マネックス証券は日本株だけでなくアメリカ株や中国株にも投資ができます。外国株は取引銘柄も豊富で取引手数料も安いです。しかし、日本株の手数料は他の証券会社と比較してもそれほど安くなく残念です。マネックス証券では銘柄スカウターを利用することができます。長期の業績を調べたり、企業のバランスシートを調べることが出来るのでとても便利です。

さん

★★★★☆

別の証券会社も利用していますが、米国株を買うことが出来ないのが不満でした。そこで米国株の取り扱いがあるマネックス証券を利用するようになりました。初回はキャッシュバックなどの特典があってお得でした。また買付時だけですが、米国株為替手数料が無料なのも嬉しいです。

GADAさん

★★★★☆

口座開設がとても楽で良かったと思います。紙で書類を出したり印鑑を準備することなく、全てオンライン、スマホであればその場で写真を撮って提出することができます。メインページもシンプルで、投資信託をしたのですがかんたんに購入することもでき、初めての人にはおすすめだと思います。

kenさん

★★★☆☆

複数のネット証券会社で口座を持っていますが、マーケットボードは「マネックス証券」のものしか見ません。他社のものよりも圧倒的に見やすいからです。表示方法や情報量に加え色合い、文字の大きさなどの細かい点でも他社より勝っています。サクッと素早い決断をするならマネックス証券のマーケットボードがオススメです。

シンジさん

★★★★☆

まず、取引ツールについては高機能だったので安心することができました。また、米国株の取り扱いに関しても豊富だったのでとても嬉しかったです。そして、マネックス債についても購入可能だったので本当に良かったです。また、貸株サービスがしっかりとあるところが最大のメリットだと思いました。ただ、国内株式手数料に関しては高かったので少し残念でした。

きたさん

★★★★★

退職金の運用を考えて国内株式の取引をするためマネックスを選びました。使ってみると、ネット証券ということもあり国内株式の取引手数料はかなり安価です。特にNISAの株売買を行うと、もちろん税金はかかりませんが、それに加えて売買の取引手数料が無料なので、売り買いの利益や配当がそのまま自分の利益となります。

すぬおさん

★★★☆☆

1株から株式を購入できる為、始めやすい証券会社です。 また、投資することでもらえるマネックスポイントをTポイントなどに交換できるので、 お得に投資することが可能です。 そして、投資信託も100円から購入でき、知識のない方はロボアドバイザーを利用すると良いですが運用コストが安いです。

ヒューさん

★★★★☆

IPO申し込みのため、証券会社の口座は10個ほど持っています。そのうちのひとつがこのマネックス証券ですが、他の証券会社と比較しても抜群にサイトが見やすく使いやすいです。 また、IPOの取り扱い件数も多いため、IPO目的の人は必ず開設すべき口座のひとつだと思います。

さん

★★★★★

ネット証券で有名なマネックス証券は取り扱い商品が豊富なため、様々な選択肢から選べるのが魅力です。取引によってマネックスポイントがたまったり、人気のIPO投資が取引実績に関係なく平等に抽選されるのも多くの支持を得ている理由のひとつです。投信積立が100円の少額からも可能なので初心者の方にも挑戦しやすいです。

飛鳥さん

★★★★☆

友人からのオススメで活用を始めましたが、特徴は少額から取引ができる点だと思います。私は他の会社の証券口座も開設していたのである意味初心者ではないかもしれませんが、特に初めての方にとってオススメです。また専用のツールがとても分かりやすいのでツールだけを活用しているときもあります。

マネオさん

★★★★★

「マネックス証券」を利用する最大のメリットは、米国株の取扱がとにかく多いことです。米国株を取引するならば「マネックス証券」だと思っています。それは「マネックス証券」では中小型銘柄も含めると3600銘柄以上の米国株を売買することが可能なので、米国株の取引をするならば最高の取引環境となります。さらに金投資もできて1000円から取引できるのも良いです。

じぇーむすさん

★★★★☆

まずは、証券サイトが使いやすいです。株の購入を中心に使っていますが、何をすべきかわかりやすいです。 それから、企業研究も一つの画面から、あらゆる視点の情報を得られるのが良いです。 また、社長の毎日のブログからのメッセージと、月間の広木さんマーケットの話がとても有益で楽しみにしています。

おこめさん

★★★★☆

試しに少し利用してみて、良かったのは取り扱っている株の商品が多いことですね。この株の金融商品を使ってみたい時などに選択肢がいくつか選べるので 投資家としてやる人には良いポイントだと思います。 一方で不満な点は日本株の手数料が少し高いので金額が多いほど取引する際は気を付けた方が良いかもしれません。

ぽきーるさん

★★★★☆

イデコの口座を開設しております。解説まではスムーズに手続き進めてくださいました、ネット証券初めての方でも安心して開設できると思います。 投資信託の種類も豊富でネット証券ならではの手数料の安さで安心して積み立て投資できそうです。米国株やIPOの取引もできるので幅広い投資ができるのではないでしょうか

ミヤッチさん

★★★★☆

現在自分はマネックス証券以外にも複数社口座を持ち合わせていますが、こちらの証券会社ではマネックスアドバイザーというシステムを使用してリスクを計算し、資産運営をしてくれる画期的なシステムがあります。僕もこのアドバイザーの指示通り、投信、国内株式(現物)、車載などを購入しリスクオンしない形での投資運営を確立しています。投資にはリスクもつきものという観点を減らし、堅実な資産構築をすることが可能です。

taiki78さん

★★★★★

マネックス証券は国内でTOP10に入る規模で、ネット証券では比較的大きい規模の証券会社です。米国株に強い証券会社と言われており、米国株への投資にはおすすめの証券会社となります。国内のIPO(新規公開株式)の案件も多く、IPO投資をする方にはおすすめする証券会社です。比較的使い易い投資アプリがありスクリーニング等もし易いです。

まおさん

★★★★☆

昔は口座を作るのには結構手間がかかったものです。パンフレットが欲しいと言ったら、すぐ送ってきてくれました。1円抜けを主にやっていますが、手数料も安くて助かります。弱小なもので手数料が安いというのと、口座を作るのにかなり楽だったというのは大変助かりました。マネーボードも無料で利用できる。素晴らしいと思います

ももさん

★★★★☆

ここでしか株を買ってないので他社との比較ができないのですが、取り扱い銘柄も多いと思うし、海外株も買えるので、良いと思います。 私の場合、株価をあまり気にせず(予算だけ決めて)配当と優待目当てで買っているので、頻繁に売り買いをする人にとっての使い勝手はよくわかりません。 メニューやホームページの仕様は親切だと思います。

Snowさん

★★★★☆

米国株投資に利用しています。メリットは、残高さえあれば、米国株のリアルタイム株価が見られる点。SBIは有料。楽天は月1回取引が必要です。なので、マネックスの取引ツール「トレードステーション」で株価を見ながら、SBIで買い付けたりもしています。デメリットとしていは、サイト全体について、継ぎ足して作った感があり、わかりにくい部分もあります。そろそろフルリニューアルしたほうがいいと思います。

マネックス証券の悪い口コミ・評判

T.Sさん

★★★☆☆

可もなく不可もなくといったところです。 3社のものを利用したことがあるが、それぞれ一長一短。 マネックス証券さんは手数料は安いので取引上は良い面がある。 しかし、個人差はもちろんあるとは思うが、他社と比べると操作性が少し使いにくさを感じる。 ただ新規公開株についてはどんな人でもチャンスがあるので、悪くない。

さん

★★★☆☆

マネックス証券のメリットはIPOの抽選が完全平等をうたっているところだと思います。多くの証券会社ではIPOは平等抽選ではなく様々な制約の中でIPOの配分が行われている中でここは平等なのでIPOに応募するときにはここに単元株だけの現金だけ入金してIPOの抽選に参加すればいいので気分よくIPOに参加できます。デメリットはネット証券の中では株式売買手数料が安くはないところです。

ゆめびとさん

★★★☆☆

マネックス証券の利点は他の証券会社と比較して米国株や中国株の取り扱い種類が豊富であることやツールが使いやすい点です。 しかし、他のネット証券と比較すると、手数料が少し高いため、株取引における手数料は重要となってくるので、購入したい株の取り扱いがマネックス証券のみの場合はおすすめであると思います。

tomosouさん

★★★☆☆

メリットは株価の表示が見やすく慣れたら非常に使い易いです。ツールが豊富で、トレードするには良い環境が整ってると思います。デメリットは売買手数料が他の安いネット証券と比べて高い点です。あとシステム的な不具合がチョロチョロ発生する事があり、そこも難点です。トータル的にはトレードするには良い証券会社だと思います。

\米国株とIPOの取引で大人気!/

口コミでわかるマネックス証券のメリット

アナリストによるレポートが充実している

たとえば、国内株では、テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」のコメンテーターを務めるチーフ・ストラテジストの広木隆氏が実践的な株式投資戦略を発信する「ストラテジーレポート」や、シニア・マーケット・アナリスト金山敏之氏が銘柄選びの参考となるニュースを発信する「投資のヒント」が人気です。 米国株では、「米国株マスター」と知られる岡元兵八郎氏による、「岡元兵八郎の米国株マスターへの道」を読むことができます。

銘柄選びに迷っている人や投資判断の裏付けがほしい人にとって、プロの情報発信は非常に役に立つでしょう。

マネックス証券は人気アナリストによるレポートやコラムが充実しています。

30代男性

30代男性投資歴:3年以上

4

マネックス証券は専門家のレポートがあり、役立つ情報ばかりである。

株取引に便利なツールが豊富

マネックス証券は、株取引に便利なツールが豊富に用意されています。特に株の銘柄分析に使えるツール「銘柄スカウター」は便利だと好評です。

銘柄スカウターは、過去10年分の業績推移やアナリストによる業績予想や目標株価のコンセンサス、PER、PBR、配当利回りの過去推移などがひと目でわかる銘柄分析ツールです。企業の業績をエクセルなどに一つ一つ入力して分析している人は、作業時間を大幅に短縮することができるでしょう。

銘柄スカウターは、画面もシンプルで見やすくなっています。そのため、気になる銘柄の業績実績がひと目で把握することができます。また、アナリストによる利益予想やレーティングデータもあるため、細かい数値分析がまだ苦手な初心者にも重宝するツールです。

マネックス証券には銘柄スカウター以外に、保有銘柄や注目している企業の株価をリアルタイムで確認できる「マーケットボード」や、SNS型投資アプリ「ferci」などさまざまなツールが用意されています。ツールを活用して効率的に投資したい人に最適な証券会社と言えるでしょう。

ツール名称 料金 デバイス 内容
銘柄スカウター 無料 スマホ
パソコン
過去の業績実績、プロのアナリストの業績予想など
さまざまな情報を確認できる
マーケットボード 無料 スマホ
パソコン
保有している銘柄や気になる銘柄を一覧で表示し
株価情報をリアルタイムで確認できる
SNS型投資アプリferci 無料 スマホ
パソコン
投資について語れるコミュニティと
1株から日本株が買える機能が一つになったサービス
マネックストレーダー 無料 スマホ(アプリのみ)
パソコン
発注スピード重視の注文機能や、マルチチャートビューアなどを搭載した
高機能のリアルタイム・トレーディングツール

\米国株のラインナップが豊富!/

取り扱い銘柄が多い

証券会社 米国株銘柄数 中国株銘柄数
マネックス証券のロゴ 4,583銘柄 2,000銘柄以上
SBI証券のロゴ 4,484銘柄 1,326銘柄
楽天証券のロゴ 3,991銘柄 1,074銘柄

マネックス証券は取扱銘柄数が多く、なかでも米国株や中国株が充実しており、特に米国株の取扱数が4,500以上と豊富なことが特徴です。さらに手数料がトップクラスの安さで設定されています。1ドル=100円の場合、約定代金が1万円であれば取引手数料は約定代金の税込:0.495%となり、49円(税込)です。よって、米国株式、中国株式の取引コストをおさえたい方におすすめの証券会社と言えるでしょう。

米国株は充実の4,500銘柄超!(個別銘柄・ETF・ADR含)

引用元:外国株(米国株・中国株) | マネックス証券
解説するねこ

マネックス証券は米国株投資をしたい人にはもってこいの証券会社だにゃ。

\米国株のラインナップが豊富!/

投資情報が豊富

投資初心者であれば、投資に関する情報を集めることはハードルが高いでしょう。マネックス証券では投資情報が充実していることも嬉しいポイントです。マネックス証券の口座を開設していれば、日本の上場企業に関する情報や株価データなどが掲載されている「会社四季報」や、NY市場・東京市場の相場見通しをまとめたマーケットメールを無料で閲覧できます。さらに、投資の専門家によるオリジナルレポートやマネックス証券が独自に開発したマーケット情報も利用可能です。

個人投資家のバイブルとして知られる「会社四季報」もご覧いただけます。

朝・夕のマーケットメールをはじめ、各種アラートメールが充実。投資機会を逃しません。

引用元:マネックス証券の投資情報 | マネックス証券
解説するねこ

マネックス証券は投資情報が豊富で正確なマーケット情報がわかる証券会社だにゃ。

IPOに強い

証券口座名 IPO
実績
IPO抽選方法
IPOおすすめネット証券1位  1位
SBI証券のロゴ

詳細はこちら
89社 完全抽選
70%
チャレンジP 30%
店頭配分あり
IPOおすすめネット証券2位  2位
楽天証券のロゴ

詳細はこちら
65社 100%完全平等抽選
IPOおすすめネット証券3位  3位
マネックス証券のロゴ

詳細はこちら
61社 100%完全平等抽選
松井証券のロゴ
詳細はこちら
55社 配分予定数量の70%以上が完全平等抽選
SMBC日興証券のロゴ
詳細はこちら
47社 店頭90%
ネット10%
完全平等抽選(※)
※SMBC日興証券はネットで非当選の場合、最大5%を目処とした優遇抽選を適用

マネックス証券は、IPOの取り扱い数が多く、IPOにチャレンジしたい方にも適した証券会社です。マネックス証券の2023年におけるIPO取り扱い数は61社で、2023年全体のIPOは96社であったため、半数以上はマネックス証券から申し込みが可能です。また、IPOの抽選方法は完全平等を採用しています。申し込み株式数に関係なく、1人あたりに1単位の抽選権利が与えられます。資金が少ない個人投資家でも平等に抽選される権利を得られるため、大きなメリットと言えるでしょう。

解説するねこ

マネックス証券は勝率が高いIPO取り扱いも幅広いので、高い利益をあげたいチャレンジャーにおすすめだにゃ

\誰でも平等にIPO申し込みができる!/

口コミでわかるマネックス証券のデメリット

外国株の取り扱いが少ない

マネックス証券は、多彩な金融商品を取りそろえており通常の取引では他の証券会社と比較して遜色がないです。ただ外国株式については、米国株と中国株のみです。例えばSBI証券では米国や中国以外にも韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9ヵ国を取り扱っています。

そのため海外投資を幅広く試してみたい場合は、マネックス証券は少し物足りなく感じるでしょう。

国内と国外、あるいは先進国と新興国のように、異なる国・地域の資産・通貨を組み合わせて投資を行うことで、例えばある地域の経済状況の変化等によって、保有している特定の資産・銘柄が値下がりした場合には、他の資産や銘柄の値上がりでカバーする、といったように、保有している資産・銘柄の間で生じる価格変動のリスク等を軽減することができます。

引用元:リスク|投資の基本|金融庁

日本株の売買手数料が少し高い

日本株の売買手数料を比較した場合、マネックス証券は他の証券企業よりもやや高めに設定されています。例として人気の高いSBI証券・楽天証券と比較してみましょう。

取引金額 マネックス証券 SBI証券 楽天証券
1約定制10万円 99円 99円 99円
1約定制50万円 275円 275円 275円
1約定制100万円 535円 535円 535円
1日定額制10万円 550円 0円 0円
1日定額制50万円 550円 0円 0円
1日定額制100万円 550円 0円 0円

売買の回数が増えるごとに手数料が発生し、重なれば金額も大きくなります。こまめに取引を行いたい人は、手数料に注意する必要があるでしょう。

20代女性

20代女性投資歴:半年

2

手数料が少し高いため、コストを気にする人にはあまりおすすめではない。

マネックスポイントでの対象投資商品が少ない

マネックスポイントは売買手数料や購入代金に使用することが可能です。ただし、売買手数料として使用できるのは国内株のみ、購入代金として使用できるのは暗号資産のみとなっています。

ポイント制度がある他のネット証券と比較してもポイント使用が可能な商品が限られているためデメリットと言えるでしょう。

\IPOに挑戦するならここ!/

こんな人にマネックス証券をおすすめ

マネックス証券がおすすめの人
  1. 米国株投資を積極的にしたい人
  2. IPO投資を考えている人
  3. 投資情報をしっかりと集めたい人

マネックス証券は米国株投資に強く投資情報も豊富です。しかし手数料が他の証券会社より少し高めなため、二つ目の口座として活用する人が多いと考えられます。

30代女性

30代女性投資歴:1年

5

投資初心者だった私は、マネックス証券の豊富な投資情報がとてもありがたかった。米国株投資専用口座として活用しており、IPO情報も充実しているので、狙っている企業のIPO時には必ず確認している。

\経験者でも二個目の口座として人気!/

マネックス証券の会社詳細

ここではマネックス証券の会社としてのスペックをまとめています。スマートフォンアプリや手数料についても紹介するので、詳しくみてみましょう。

マネックス証券の評価表

マネックス証券の評価
口コミ評価 ★★★★
現物手数料
(1日定額制)
10万円 550円
50万円 550円
100万円 550円
NISA・積立NISA
投資信託数 1,241本
ミニ株
口座開設数 約216万口座
総合ランキング 4位

\米国株、IPOデビューはここ!/

マネックス証券のアプリ・ツール

マネックス証券での取引を便利に行えるアプリ・ツールを紹介します。

■マネックストレーダー

マネックストレーダーは、マネックス証券の主力となる取引ツールです。初心者からトレーディング上級者まで便利に使える豊富な機能を搭載しています。株式取引以外だけでなく先物・オプション取引に対応し、リアルタイムでスピーディーに注文が可能です。指定銘柄の板情報やチャート、ニュースなど多彩な情報を一画面に表示できるTrading Oneなどもおすすめです。

先物取引
ある商品を、将来の一定期日に取り決めた値段で取引することを約束する契約のこと。

引用元:用語集|投資の基礎知識|金融庁

またワンクリックでの操作に対応する「スピード注文」やコンパクトな画面でよりスピーディーな取引が可能な「2WAY注文」などトレーダーのニーズを満たす機能が満載です。他にも以下のような機能が利用できます。

マネックストレーダーの機能

  • マルチチャートビューア&マルチ気配ビューア:注目している銘柄のチャートと気配をまとめてチェックできる
  • リアルタイムランキング&株式市況アラーム:幅広く現在の値動きを確認する際に便利

マネックストレーダー一つで取引に必要なあらゆる情報が網羅できます。

■マネックストレーダー株式 スマートフォン

いつでもどこでも取引や情報取得ができるスマートフォンアプリでアプリ単体でも株式注文ができます。他にも以下のような機能を利用することができます。

マネックストレーダー株式の機能

  • 注文照会
  • 残高照会
  • 銘柄登録機能
  • 個別銘柄情報
  • 各種指標
  • ランキング
  • ニュース

iOS、Android搭載端末のいずれにも対応しているため、どのユーザーでも利用できます。

■SNS型投資アプリ「ferci(フェルシー)」

「ferci(フェルシー)」は、投資に特化したSNSと初心者向けに1株から投資可能な機能が一つに搭載されたアプリです。SNSを通じて他の投資家と交流ができ株取引について学んだり情報収集をしたりすることができます。投資のヒントが得られたら簡単な操作ですぐに取引することが可能です。「投資に興味があるけれどハードルが高い」と感じている人におすすめのアプリです。

マネックス証券の現物・信用手数料

約低金額 現物 信用 一日定額
~10万円以下 90円
(税込:99円)
90円
(税込:99円)
500円
(税込:550円)
10万円~20万円以下 105円
(税込:115円)
135円
(税込:148円)
20万円~30万円以下 250円
(税込:275円)
180円
(税込:198円)
30万円~40万円以下 250円
(税込:275円)
40万円~50万円以下 250円
(税込:275円)
50万円~100万円以下 487円
(税込:535円)
350円
(税込:385円)
100万円~150万円以下

・3,000万円以下
921円
(税込:1,013円)

・3,000万円超
973円
(税込:1,070円)

100万円超
約低金額300万円ごとに
2,500円
(税込:2,750円)
150万円~200万円以下
200万円~

\米国株、IPOならここ!/

マネックス証券は危ない?やばいと言われる理由

マネックス証券は1999年に設立された証券会社で、NTTドコモの子会社にもなったことから、危ない会社ではありません。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、マネックスグループ株式会社(以下、マネックスグループ)およびマネックスグループの子会社であるマネックス証券株式会社(以下、マネックス証券)と、お客さまの資産形成サービスを中心とした新たな金融サービスモデルの構築をめざした資本業務提携契約(以下、本契約)を2023年10月4日(水曜)に締結いたしました。

引用元:NTT docomo|報道発表資料

ではなぜ「マネックス証券は危ない」「やばい」と言われるのでしょうか。編集部が集めた口コミによると、アプリが使いにくい・手数料が高いといった評価が理由で「やばい」と言われることが多いとわかりました。

アイコン

なはなはさん男性40代

4

実際に使用してみて現状ではデメリットは感じない。今後はニュースでもやっているが、楽天やSBI証券は手数料無料を打ち出していたが、残念ながらマネックス証券はそれに追従しないとのこと。そのため、今後考えを変えない場合は手数料が掛かる点がデメリットになってしまうものと思う。(現在は様子を見ているだけで今後対応する可能性があるように思うが)

アイコン

ネイさん男性30代

3

若干意味がないのでは?と思える情報表示機能があり、総資産さえ表示していればいくらお金を引き出したかという情報を表示する必要性はアプリからはあまりないのでは?と思える点です。ほかにも気になる点としては、スマートフォンのアップデート後にログインが解除されているなどのほか、動作の安定性が低下するというのも気になるデメリットに思えます。

しかしこれらの口コミはマネックスと他の証券会社を比較した際のデメリットを挙げているだけであり、実際には「危ない」「やばい」といったことはありません。

マネックス証券で口座開設する流れ

ここからはマネックス証券の口座開設の方法を解説します。口座開設は、最短で申込みの翌営業日に開設完了する「オンライン口座開設」がおすすめです。

マネックス証券のオンライン口座開設の流れ
  1. メールを登録する
  2. 申し込みフォームを入力する
  3. 本人確認をする
  4. 特定口座の選択をする

メールを登録する

まず、「オンライン口座開設」申込みフォーム上で、オンラインお申込み対象の条件の確認と、規定および重要事項の確認をしましょう。未成年ではないことや外国籍ではないこと、個人番号カード、または運転免許証+マイナンバー通知カードが手元にあることが条件となります。

続いて、メールアドレスを入力しましょう。「メールを送信する」をクリックすると、入力したメールアドレスにマネックス証券からメールが届きます。もしメールが見当たらない場合は、迷惑メールフォルダに入れられていないかを確認しましょう。

申し込みフォームを入力する

送られてきたメールから、申し込みフォーム上で「お客様情報」を入力します。口座開設に必要な入力項目は、以下のとおりです。

口座開設に必要な入力項目
  1. 氏名、性別、生年月日
  2. 住所(都道府県のみ)
  3. 電話番号

必須の入力項目は少ないため、申し込みフォームへの入力はすぐに完了します。ただし、未成年(18歳未満)の方の場合は、口座開設手続きに「法定代理人の届出」と「法定代理人と口座開設される方とのご関係を確認できる公的書類の添付」が必要になってくるので注意が必要です。

\最短2営業日でトレード開始!/

本人確認をする

お客様情報入力後は、本人確認が必要です。オンライン口座開設に利用できる本人確認書類は、以下の2パターンから選べます。

本人確認書類
  1. 個人番号カード(マイナンバーカード)
  2. 運転免許証+通知カード

本人確認書類の書類を撮影したら、「セルフィー(スマートフォンで自身の顔を撮影)」もしくは三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを利用している方は「三菱UFJダイレクトにログイン」による本人認証をします。三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを利用していない方は、セルフィーを選択しましょう。

本人認証の手続き完了後、口座情報の入力画面となります。取引口座への「振込入金」に利用する銀行口座を選択しましょう。口座はマネックス証券が用意してくれるため、希望する銀行を選ぶだけです。

特定口座の選択をする

続いて特定口座の開設をするかどうかを選択しましょう。

特定口座とは

  • 上場株式等の譲渡益課税における個人投資家の申告・納税手続きを簡素化するために導入された制度。ひとつの証券会社などにつき1口座のみ開設が可能。

ここで「特定口座を開設しない」を選択した場合は一般口座を利用することになりますが、初心者の場合は特定口座を開設しましょう。証券会社が1年間の売買損益を計算してくれるので、確定申告をする際に自分で計算する必要がありません。

「開設する」にチェック後、以下の3つのうちいずれかを選択しましょう。

口座の種類
  1. 源泉徴収あり・配当金受入あり
  2. 源泉徴収あり・配当金受入なし
  3. 源泉徴収なし

年間の取引額が少なく、譲渡益が20万円以下となりそうな場合は「源泉徴収なし」を選択することで所得税の確定申告が不要となるメリットがあります。

それ以外の場合は「源泉徴収あり・配当金受入あり」の選択がおすすめです。確定申告が不要で、マネックス証券が面倒な税金の手続きなどを行ってくれます。

NISA口座の開設をしたい人は、「NISAを申し込む」もチェックしましょう。NISAは、NISA口座で購入した金融商品(株式や投資信託など)の売却益や配当・分配金が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

なお、特定口座は1人で複数の金融機関に口座を持つことができますが、NISA口座は1つの証券会社に1口座しか開設できないため注意が必要です。

マネックス証券のNISA口座について詳しく知りたい方は、下記の記事を確認しましょう。

続いて勤務先情報などを入力します。その後、「お申し込みを完了する」をタップしたら口座開設手続きは完了です。

「オンライン口座開設」では最短で翌日にメールが送られてきます。完了メールを確認し、初期設定をして、取引を開始しましょう。

\最短2営業日でトレード開始!/

マネックス証券に関するよくある質問

マネックス証券のメリットは?
マネックス証券の強みは、取り扱い銘柄の多さです。特に米国株や中国株が充実しており、2021年7月時点で米国株、中国株合わせた取り扱い銘柄数は6,000を超えます。
マネックス証券のデメリットは?
日本株の取引手数料が高いことが挙げられます。SBI証券や楽天証券と比較した場合、少し高めに設定されているのでたくさんトレードを行いたい人は1日定額のサービスの活用や同時に複数口座を開設するなど対策を講じる必要があります。
マネックス証券はどんな人におすすめ?
マネックス証券は米国株投資を考えている人におすすめの証券会社です。米国株の取り扱い銘柄数が業界トップクラスであるほか、取引手数料も約定代金の0.45%(税込0.495%)とリーズナブルに設定されています。
マネックス証券は申し込みから取引開始までどのくらいかかる?
最短で2営業日で取引可能です。オンライン口座開設を行うと最短翌営業日にメールが届き、各金融機関のATM、店頭、インターネットバンキングからお客様専用の入金用銀行口座に振込することで、証券総合取引口座に反映されます。また、入金から残高反映まで30分~2時間程度かかります。
マネックス証券では単元未満株の購入は可能?
マネックス証券ではワン株(単元未満株)というサービスを提供しており、まとまった資金がなくても1株から取引ができます。
監修者