スマホ片手に投資デビュー!株アプリの選び方とおすすめアプリ6選
(画像=NETMONEY編集部)

スマホで投資ができる株アプリは、従来の対面型の証券会社と比較して、手軽に投資デビューが果たせるため、現在注目を集めています。機能的にも、どんどん進化を遂げており、PCで行うのと遜色ない取引ができることはもちろん、欲しい情報を迅速に収集できるツールとしても秀逸です。

とはいえ、株アプリの種類によって機能や使い勝手は違ってきます。この記事では、初心者でも株アプリが選びやすくなるように、選び方のポイントとおすすめのアプリを紹介していきましょう。

  1. おすすめの株アプリ6選
  2. 株アプリはどのように選ぶ?
    1. 取扱投資商品の豊富さ
    2. アプリの使いやすさ
    3. 情報収集のしやすさ
    4. 注文のしやすさ
  3. 証券会社おすすめランキング
  4. おすすめの株アプリ紹介
  5. 株アプリでトレードする上での注意点
    1. 単元未満株取引ができないことがある
    2. 通信環境の影響を受けてしまう
    3. 目的に合わせてぴったりの株アプリを選ぼう

おすすめの株アプリ6選

数ある株アプリの中で、おすすめは以下の6つです。

サービス名 特徴 マーケット情報 テクニカル指標 その他の機能
PayPay証券 日米株 PayPay証券 米国株や有名企業株に興味がある方におすすめ - - 予約注文・漫画での解説など
LINE証券LINE証券 LINEアプリから簡単に株取引ができる!取引コストは業界最安水準 - LINE Pay入金・LINEポイント利用可能など
楽天 iSPEED楽天 iSPEED チャート分析がとても便利!注文しやすく投資情報が充実 市況・為替レート・海外先物指数など 14種類 株アラート・エクスプレス注文・ウィジェット対応など
SBI証券 株アプリSBI証券 株アプリ 株価の注文・管理がいつでも手軽にできる! 国内指標・海外指標・REIT指数・為替など プッシュ通知・検索機能など
ネオモバ株アプリネオモバ株アプリ 初心者でも少額投資から始められる! - - 定期買付・Tポイント利用可能など
CONNECTCONNECT 株アプリ 少額で一株ずつ取引するのにも最適 - - 投資テーマ検索・NISA口座事前受付など

株アプリはどのように選ぶ?

株アプリとは、文字通り株取引を行うためのアプリです。少し前まではPCでの株取引が主流でしたが、もはやスマホ片手に簡単に取引ができる時代になりました。スマホさえあれば移動中であれ外出先であれ、チャンスを逃すことなく株取引を行えるのが魅力です。

操作方法はアプリによってさまざまですが、1タップで簡単に注文できるものや入出金手続きができるものもあります。そんな株アプリですが、選ぶときにはどういうポイントに気をつければよいでしょうか。ここでは、株アプリを選ぶポイントについて解説していきます。

株アプリを選ぶポイント

  • 取扱投資商品の豊富さ
  • アプリの使いやすさ
  • 情報収集のしやすさ
  • 注文のしやすさ

取扱投資商品の豊富さ

取扱の投資商品の豊富さについても口座開設前に確認しましょう。日本株や投資信託はもちろん次の商品の取扱があるのかもチェックしたい部分です。

外国株

代表的なものは、米国株ですが銘柄数は、証券会社によって異なるため、取扱銘柄数をチェックしましょう。また中国株や韓国株など米国以外の国の株式も取り扱っているのか、調べておくことをおすすめします。

単元未満株

なるべく安く株式を買いたい人は100株未満の単元未満株で株式が購入できるかを確認しましょう。単元未満株が取引できても銘柄数が限定されている証券会社もあるため、どの銘柄の取引ができるのかのチェックも忘れないでください。

\1株単位で取引!/

アプリの使いやすさ

株取引には株価のチャートを分析することも必要ですが、スマホ画面のサイズはPCに比べて非常に小さいです。UIが使いづらい場合や、チャートが見づらいなどの場合、大きなストレスになります。そのため、アプリ選びではUIやチャートの見やすさも重視すべきポイントです。

指でなぞればトレンドラインが引ける機能や、チャートを並べて見られる機能があると分析がしやすくなります。また、アプリによってテクニカル指標の種類は異なるので、よく使うテクニカル指標があれば、アプリにそれがあるかをチェックしておくことも大切です。

LINE証券

情報収集のしやすさ

情報収集は、株取引に欠かせません。アプリを選ぶときには、情報収集のしやすさも重要なポイントです。外出や移動が多い人なら、たとえばスマホで気になる銘柄をチェックする機能などがあると、移動中にアナリスト予想を確認できます。生活スタイルに合った機能を搭載しているものを選ぶといいでしょう。

アプリによって、企業の情報や分析情報にも差があります。ひとつのアプリだけにこだわらず、複数のアプリを利用するのもよいでしょう。

注文のしやすさ

注文のしやすさも、ポイントとなります。実際に取引するときの操作が面倒で、タイミングを逸してしまうようなことは避けたいものです。

中には、1回のタップだけで注文が完了するものもあります。また、アプリによってOCO注文や逆指数注文など注文の方法にも違いがありますので、よく使う注文方法が使えるかなども確認しておきましょう。

\1000円で大企業の株主に!/

証券会社おすすめランキング

スマホアプリの使いやすさと共に各証券会社のスペックを比較し、どの証券会社で口座開設をするか総合的に判断しましょう。

2021年9月13日現在
引用元:マネックス証券SBI証券楽天証券DMM株PayPay証券

おすすめの株アプリ紹介

おすすめの株アプリの詳細を紹介します。個別に詳しく見ていきましょう。

PayPay証券 日米株(旧:One Tap BUY 日米株)

PayPay証券
(引用元:PayPay証券公式HP)
PayPay証券アプリの概要
取引方法 相対取引
注文方法 成行
板注文 不可能
NISA口座での取引 不可能
主なテクニカル指標 -
注文できる金融商品 国内株式,米国株式,ETF,単元未満株式
アラート機能 なし

PayPay証券 日米株は、PayPay証券のアプリです。多くの投資初心者から人気を集めていたスマホ証券One Tap BUYは、2021年2月1日から電子決済サービス大手の「PayPay」と連携してPayPay証券になりました。

ポイント投資や100円から運用できる投信積立などでは損益額も小さいので、投資をしている実感が得られないと考えているユーザーもいることでしょう。そんな人におすすめしたいのがこのアプリです。

PayPay証券では、 1,000円から株式投資ができます。特に、任天堂やキーエンスなどの人気株や米国株は少額であっても投資の実感が得られるでしょう。

なぜ、有名株への投資がわずか1,000円からできるのかを疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。そういう少額取引ができる理由は、 「相対取引」(市場外取引)という方法をとっているからです。

これは通常のようなユーザーが証券会社の窓口経由で取引所から株を購入するのではなく、あらかじめ扱いたい人気株を買い集めておき、それをユーザーと取引します。だから1株未満での取引も可能になっているのです。

\1,000円で大企業の株主に!/

LINE証券

LINE証券
(引用元:LINE証券公式HP)
LINE証券アプリの概要
取引方法 現物取引,信用取引,相対取引
注文方法 成行
板注文 可能
NISA口座での取引 不可能
主なテクニカル指標 移動平均線
注文できる金融商品 国内株式,投資信託,単元未満株式
アラート機能 約定を通知

初めて株式投資にチャレンジする人や、 スマホで手軽に操作できるものがいいという人におすすめなのが、LINE証券です。LINEアプリからそのまま株取引が可能です。

スマホに特化した非対面式の証券サービスで、LINEユーザーを中心に始める人が増えています。スマホのLINEアプリのウォレットタブからアクセスして、すぐに投資を始められるという手軽さが魅力です。

LINEという馴染み深いアプリのUIで利用することができる上、銘柄選択や購入数の確定、入金などすべて数回のタップで完結します。すべてにおいてシンプルで、LINEというサービスの延長上に投資を位置づけられた「手軽さ」を享受できるのです。

また、株式は1株単位の数百円から少額投資が可能で、投資信託は 100円から1円単位での投資ができます。単元株未満の場合も、持ち株数に応じて配当もきちんと受けられるので、少額でも配当を狙った投資が可能です。また、株式の信用取引を行うこともできます。

さらに、LINE Payで入金ができ、LINEポイントを1ポイント=1円として投資を開始することもできるので、現金で投資デビューするのが不安なユーザーにもおすすめです。 無料で利用できるビギナー向けのサポートも充実していて、何かわからないことがあればAIチャットでのやりとりもできます。もちろん、問い合わせフォームからの問い合わせも可能です。

LINE Payを使えば、入出金が便利で簡単。手数料はもちろん無料です。LINEポイントも使える。

引用元:LINE証券 | スマホで投資するならLINE証券。(株・ETF/REIT・投資信託)

\圧倒的な使いやすさ!/

楽天証券 iSPEED

楽天証券 iSPEEDの概要
取引方法 現物取引,信用取引
注文方法 成行,指値,逆指値,OCO
板注文 可能
NISA口座での取引 可能
主なテクニカル指標 移動平均線,ボリンジャーバンド,多重移動平均線,指数平滑移動平均線,価格帯別出来高,一目均衡表,VWAP
注文できる金融商品 国内株式,米国株式,ETF
アラート機能 株価を通知,約定を通知

iSPEEDは、楽天証券が提供する株アプリです。投資情報が充実しているので、 情報収集のしやすさを重視する人におすすめできます。チャート分析もわかりやすく、注文もしやすいアプリです。

とりわけマイページは株関連のニュースや市況、気になる銘柄のチャートなど、自由にパーツを組み合わせて画面をカスタマイズできます。 あなたの投資スタイルに合わせて、もっとも使いやすい画面が作れるのです。

約1,000銘柄という、豊富な銘柄数も魅力です。エクスプレス注文を利用すれば、株価をタップするだけで即発注できます。口座を設けていないユーザーは機能を制限されますが、お気に入りとマーケットは利用できるので、興味がある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

現物取引と信用取引のエクスプレス注文をすることができます。

引用元:エクスプレス注文 / 使い方 / iSPEED for iPhone/Android

\投資情報が充実!/

SBI証券

SBI証券 株アプリ
SBI証券 株アプリの概要
取引方法 現物取引,信用取引
注文方法 成行,指値,逆指値,OCO,IFD,IFDOCO
板注文 可能
NISA口座での取引 可能
主なテクニカル指標 移動平均線,MACD,ボリンジャーバンド,パラボリック,RSI,ストキャスティクス,サイコロジカルライン,RCI,移動平均乖離率,多重移動平均線,DMI/ADX,標準偏差,モメンタム一目均衡表
注文できる金融商品 国内株式(米国株は別アプリで注文可能),ETF
アラート機能 株価を通知,約定を通知

SBI証券の株アプリは、 銘柄検索のしやすさや銘柄数の多さが特徴です。銘柄は財務情報やテクニカル指標を使った検索やキーワード検索が可能で、結果を一括で登録することもできます。

横向きの画面にも対応したチャートは見やすく、トレンドライン機能も利用可能です。サブチャートが2つ表示できる比較チャートも分析に役立ちます。

株価に変動があれば知らせてくれるプッシュ通知機能があるので、売買チャンスを逃しません。取引スタイルに合わせて使いこなせるアプリで、スピード注文などの項目設定があるのも魅力です。

マーケットページの表示内容やトップ画面を、あなたの使いやすいようにカスタマイズできます。 登録可能数が1万件と、他社アプリに比較して非常に多いのも高評です。株主優待情報検索もできます。取引履歴などを自動で記録して、集計やグラフ表示などが可能な投資管理サービス「myTrade」もPCとアプリ間で連携が可能です。

\豊富な機能が充実!/

ネオモバ株アプリ

ネオモバ株アプリの概要
取引方法 相対取引
注文方法 成行,指値
板注文 不可能
NISA口座での取引 不可能
主なテクニカル指標 -
注文できる金融商品 国内株式,単元未満株
アラート機能 なし

ネオモバ株アプリは少額から株取引を始められるので、初心者にぴったりのアプリです。 1株単位で株を売買できるのが特徴で、現金での売買だけでなく、Tポイントが投資に使えます。

最初はリスクを抑えてポイントだけで投資デビューを果たし、慣れてきたら少しずつ現金も足しながら、確実に増やしていければよいでしょう。

月間の国内株式約定代金の合計が50万円以下の場合、サービス利用料は月額220円(税込)となります。ただし、毎月期間固定Tポイントが200ポイントもらえるので、50万円までの取引なら実質的に20円の手数料しかかかりません。

\Tポイントが投資に使える!/

CONNECT

CONNECT
CONNECTの概要
取引方法 現物取引,信用取引
注文方法 成行,指値,
板注文 可能
NISA口座での取引 可能
主なテクニカル指標 -
注文できる金融商品 国内株式,投資信託,単元未満株,米国株
アラート機能 なし

大和証券グループのCONNECTは、株の初心者でも悩まずに取引ができるよう、 シンプルな使いやすさに注力したアプリです。国内株式や1株から買えるひな株、IPOも扱い、NISA口座の受付もできます。

毎日100円から気軽に積立可能な「まいにち投信」などは、少額で地道に取引をしたい人におすすめです。また、少ない資金で大きな投資効果をねらう信用取引もできます。

手数料もシンプルで国内株式(委託取引)は約定代金の0.033%(税込)です。200万円以上の場合は一律で660円(税込)となります。毎月手数料無料クーポンももらえます。

\取引手数料が業界最安水準!/

株アプリでトレードする上での注意点

株アプリを使って取引をする場合の注意点を2つ紹介します。

株アプリの注意点

  • 単元未満株取引ができないことがある
  • 通信環境の影響を受けてしまう

単元未満株取引ができないことがある

1万円以下など低い金額から投資が始められる単元未満株投資が人気を集めています。しかし株アプリの中には、単元未満株の注文ができないものもあるため、注意が必要です。株アプリからの注文ができない場合は、パソコンから注文画面を開いて売買を行うことになります。日ごろからパソコンで株の売買をしない人やパソコンの操作自体に慣れていない人は特に気を付けてください。

証券会の口座を開く際は、株アプリで単元未満株取引ができるかまで確認することをおすすめします。

通信環境の影響を受けてしまう

株アプリを利用する際は、通信環境にも気を配ることが必要です。少なくとも取引をしたいときにスマホの通信障害が起こった場合などの対処方法は、考えておいたほうがよいでしょう。さらにアップデートやメンテナンスなど証券会社側の都合で株アプリが一時的に使えなくなる可能性もゼロではありません。これらは、緊急メンテナンス時以外は事前に通知があります。

証券会社のお知らせを見逃がさないようにしてください。

監修者

目的に合わせてぴったりの株アプリを選ぼう

初心者のみなさんが株アプリを選びやすくなるように、選び方とおすすめアプリを比較しつつ紹介しました。 それぞれに魅力があるアプリを、目的に合わせて選ぶのが一番です。

興味を持ったみなさんは、ここでの情報も参考にして使いやすい株アプリを選び、最初はリスクを抑えながら気軽に投資デビューをしてみてはいかがでしょうか。