【目次】
①️ROBOT PAYMENT IPOの基礎情報
②ビジネスモデル解説(近日中に追加予定)
③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(近日中に追加予定)

会社名
株式会社ROBOT PAYMENT
コード
4374
市場
マザーズ
業種
情報・通信業
売買単位
100株
代表者名
代表取締役 清久 健也 / 1970年生
会社住所
東京都渋谷区神宮前六丁目19番20号
設立年
2000年
社員数
75人(2021年7月31日現在)
事業内容
インターネット決済代行サービス及び請求関連業務の自動化・効率化クラウドサービス(請求管理ロボ)の提供
URL
https://www.robotpayment.co.jp/
資本金
100,000,000円 (2021年8月24日現在)
上場時発行済み株数
3,728,566株
公開株数
220,000株
連結会社
なし
スケジュール
仮条件決定:2021/09/07
ブックビルディング期間:2021/09/09 - 09/15
公開価格決定:2021/09/16→1,860円に決定
申込期間:2021/09/17 - 09/24
上場日:2021/09/28
シンジケート ※会社名をクリックすると外部サイトへ飛びます
主幹事証券:SBI証券 (SBI証券の詳細記事はこちら)
引受証券:野村證券
引受証券:大和証券
引受証券:松井証券 (松井証券の詳細記事はこちら)
引受証券:楽天証券 (楽天証券の詳細記事はこちら)
引受証券:岩井コスモ証券
引受証券:東海東京証券
引受証券:極東証券
引受証券:東洋証券
引受証券:あかつき証券
大株主
清久健也 42.81%
KKキャピタル(株) 9.97%
GMCM Venture Capital Partners I Inc 8.06%
(株)ベクトル 4.15%
BSP第4号投資事業有限責任組合 2.75%
(株)Orchestra Investment 2.66%
小野進一 2.18%
(株)エアトリ 2.08%
100キャピタル1号投資事業有限責任組合 1.83%
菅下清廣 1.51%
業績動向(単位:1千円)
売上高 経常利益 当期利益 純資産
2018/12 単体実績 
1,597,179 66,189 67,890 129,469
2019/12 単体実績 
910,770 27,664 -153,630 122
2020/12 単体実績 
1,078,123 79,555 109,534 267,742
2021/06 第2四半期単体実績 
657,115 111,058 89,175 323,355
ロックアップ情報
指定された株主は上場後90日目の2021年12月26日まで
または、上場後180日目の2022年3月26日までは普通株式の売却ができず(例外あり)
調達額(公開株数×公開価格)
3億8720万0000円(220,000株×1,760円)
潜在株数(ストックオプション)
352,566株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
近日中に追加予定
IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント
当社は、インターネット決済代行サービス及び請求関連業務の自動化・効率化クラウドサービス(請求管理ロボ)の提供サービス事業を展開している。上場市場は東証マザーズ。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が69億円、2021年12月期の業績予想ベースのPERは68倍となっている。

上場当日の株価動向は、資金吸収額が5億円弱なので、需給はかなり強いと考えられる上に、ロックアップの水準が公開価格の2倍となっており、初値は後場の遅い時間帯まで持ち越されると見る。上場前の発行済株式のうち VCが16.84%保有していることから、いったん初値が付いた後、ロックアップ水準をクリアしていると、VCの売りが出る可能性があるが、同日上場の4銘柄の中では最も強いと個人的には考えるので、VCの持株程度なら、初日の売買で吸収されるのではないだろうか。

セカンダリー市場においては、当社のビジネスモデルはサブスクリプションモデルと言えるので、課金業者数と顧客単価が増え続ける限りにおいては、企業の成長は持続できるので、PERは高水準を維持するのではないだろうか。大きく株価が動くタイミングがあるとすると、来年2月の決算発表で開示される来期予想の数字が大きく増収増益で出てきたときだろう。上場直後のラリーから調整したタイミングで少しづつ仕込むことで来年の2月を待ちたい銘柄である。