FXブロードネット,口座開設
(画像=PIXTA)

FXのトレードを始めるには、取引をする会社を決めて、口座を開設しなければなりません。2021年現在では、多くのFX会社が存在し、それぞれが独自のサービスやツールを展開しています。

その中でもここ数年で急激に人気を集めているのが「FXブロードネット」です。独自の自動売買システムの利便性や低スプレッド取引のコストメリットなど、多くの点でユーザーから評価されています。

この記事ではFXブロードネットの評判や特徴、口座開設方法や取引を開始するまでの流れ、注意点を徹底解説していきます。口座開設自体は無料で手続きも簡単なので、FX初心者にもおすすめの会社です。

※当サイトの口コミ評価は弊社が独自に行なったFX会社のイメージ調査の結果と対象となるFX会社の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、評価をしています。
ランキングの根拠についてはこちら
松井証券FX

FXブロードネットはどんな会社?

FXブロードネットは、その名のとおり、外国為替証拠金取引(FX取引)を行う会社です。1993年設立の実績ある会社で、東京都千代田区に本社があります。外国為替市場に関するサービスを数多く提供しており、最大の特徴は独自のシステムとその満足度の高さでしょう。

安全性やスプレッド、通貨ペアのいずれも業界でトップクラス。「革新的なFXサービスの創造」を目標として、外国為替市場の急速な変化に対応している、数少ない会社です。

FXブロードネットの人気の理由

数あるFX会社の中で高い人気を誇るFXブロードネット。その人気の理由をいくつかご紹介します。

・顧客のニーズを捉えたサービスを展開

FXブロードネットは顧客のニーズをつかみ、ユーザー目線のサービスを展開しています。その代表的なサービスが「トラッキングトレード」と呼ばれる独自システムです。トラッキングトレードとは発注型の戦略システムで、注文する際に指定した範囲内で自動的に注文を繰り返します。下記にトラッキングトレードの詳細も掲載していますので、ぜひご覧ください。

少額から取引可能で初心者でも安心して利用できる

FXブロードネットは初心者でも安心して始められることも人気の理由です。約4000円から取引を開始できるので、初心者やリスクを抑えたい人にもおすすめです。

また1000通貨から取引できるので、細かなポジション管理が可能です。なるべく少額からFXを始めたい人はFXブロードネットを選択肢の一つに加えるとよいでしょう。

現役FXトレーダーのコメント

FXブロードネットの特徴を解説!

FXブロードネットにはトレーダーにとっておすすめな特徴が多くあります。その特徴を紹介いたしますので、FXブロードネットでFXを始めようと思っている方は参考にしてみてください。

業界大手と同水準のスプレッド

FXブロードネットではFX取引において主要で扱われている通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準で提供しています。スプレッドとは通貨の買値と売値の差のことを指します。FXで利益を出すためにはスプレッドが小さければ小さいほど良いとされています。

業界最狭水準のスプレッドを提供しているため、一日に何回も取引を行いたい積極的なトレーダーに向いてるといえるでしょう。

FX会社 スプレッド
(取引コスト)
取引単位 通貨ペア
米ドル/円 ユーロ/円
FXブロードネット 0.2銭 0.5銭 1万通貨 24種類
DMM FX 0.2銭 0.5銭 1万通貨 21通貨
GMOクリック証券 0.2銭 0.5銭 1万通貨 20種類

業界最狭水準のスプレッドを提供しているため、一日に何回も取引を行いたい積極的なトレーダーに向いてるといえるでしょう。

自動で資産運用 「トラッキングトレード」

FXブロードネットでは、初心者でも簡単に資産運用できるよう、自動でFX取引を行う「トラッキングトレード」という機能を用意してます。「トラッキングトレード」を利用すると、事前に決めた値幅内で自動売買してくれます。

また、自分でチャートをチェックしなくても自動で取引してくれるため、時間に余裕がない方にも人気の機能です。一回の利益額は少額ですが、何度か取引を繰り返しながら、結果的に大きな利益を積み重ねることができます。また米ドル/円、ユーロ/円などの主要な通貨は5000円から始められますので、少額からFX取引をスタートしたい!という方にも「トラッキングトレード」はおすすめの機能です。

FXブロードネットのトラッキングトレード

無料で体験 デモ取引

FXブロードネットには本番と全く同じ環境で、FX取引を行える「デモ取引」が利用できます。デモ取引で用意される金額は1000万円まで扱えるので、思う存分FXブロードネットの環境を体験することができます

また先に紹介した「トラッキングトレード」も体験できますので、自動売買を体験したい方にもおすすめです。登録料、利用料は完全無料ですので、試しに挑戦してみてはいかがでしょうか。

簡単口座開設方法

  1. FXブロードネットの口座開設の流れは大きく分けて4つのステップで進みます。
  2. Web上の申し込みフォームに入力する
  3. 本人確認書類をメールやFAX、郵送で送付する
  4. 郵送で届いたログインIDを専用フォームへ入力し、パスワードを入手する
  5. 取引開始のための資金を開設した口座に入金する
  6. この4ステップで口座を開設することができます。なお、口座のログイン情報が記載された書類は取引開始後も必要となるので、大切に保管しておきましょう。

申込みに必要な書類と組み合わせとは?

FXブロードネットの口座開設の手続きには、本人確認できる書類とマイナンバーが確認できる書類が必要です。必要な本人確認書類を事前にチェックしておくことで、よりスムーズな申し込みができます。

・本人確認ができる書類

FXブロードネットの口座開設で必要となる本人確認書類は、以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書個人番号カード(表面のみ)

用意に時間がかかる書類もあるので、あらかじめ必要書類を確認しておきましょう。

・マイナンバー(個人番号)が確認できる書類

FXブロードネットの口座開設には、マイナンバーの確認ができる書類が必要です。その種類は以下の3種類です。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • 住民票(マイナンバー記載のもの)

正しい組み合わせ・よくある不備に注意

提出書類として用意できる書類の種類によって、組み合わせが異なります。正しい組み合わせと、よくある不備の組み合わせを確認しておきましょう。

・正しい組み合わせ

正しい提出書類の組み合わせの例はいくつかあります。

「マイナンバーカードの表面と裏面」「通知カードと運転免許証」「マイナンバー記載の住民票とパスポート」「通知カードとマイナンバーなしの住民票、保険証」といった組み合わせであれば問題ありません。顔写真の入った書類と、マイナンバーを証明する書類があればOKです。

よくある不備

マイナンバーの記載がある住民票のコピーのみ提出した場合、マイナンバー確認の書類としては適正です。しかし顔写真が無いので、本人確認書類不足という扱いになります。もう1種類、本人確認できる書類の送付が必要です。

また、通知カードのコピーと健康保険証のコピーのみも不備扱いとなります。なぜなら本人確認の書類として顔写真無しの書類2つでは本人確認できる書類とならないからです。もう1種類本人確認書類を送付するようにしましょう。

書類の提出方法

口座開設にあたり、必要な書類や画像の送付が必要です。そこで4種類の送付方法について解説します。

Web上でアップロードする

必要書類はWeb上でアップロードすることができます。アップロードできる画像の保存形式は以下の4種類です。

  • PG
  • GIF
  • PNG
  • PDF

必要書類を自分で撮影してアップロードできるのはとても便利な方法と言えるでしょう。

郵送で送付する

郵送で必要書類を送付することも可能です。

郵送の場合、Web上から返信用封筒をダウンロードし、印刷して利用します。送付後は手続きが完了するまで待ちましょう。

FAXで送信する

FAXで必要書類を送信する場合は、明るめに拡大コピーを取り、内容が鮮明に写っていることを確認したうえで送信します。

このとき、FAXの画質を「高画質」にして送信するようにしましょう。

メールで送信する

必要書類をメールで送信する場合、スマートフォンやデジタルカメラで撮影するか、スキャナーで取り込み、データ化して送信します。その際、文字がしっかりと判別できるか事前チェックが必要です。

メールの件名 確認書類の送付
メールの本文 1.名前/フリガナ 2.生年月日 3.入力フォームで入力した電話番号

以上の方法で必要な書類や画像の送付ができます。送付に不備があると、開設時期に遅れが生じる場合があります。必ず送付前に内容を確認しましょう。

送付時の注意点は以下のとおりです。以下4点は最低でも確認するようにしましょう。。

  • 申し込み時の入力内容と、本人確認書類に記載された情報は一致しているか
  • マイナンバー確認書類や本人確認書類の記載内容や写真は不鮮明になっていないか
  • 確認書類に有効期限がある場合、その期限は切れていないか
  • 確認書類に本籍が記載されている場合、本籍の欄が黒く塗りつぶされているか

以上の4点は最低でも確認するようにしましょう

口座開設での注意点

FXブロードネットで口座開設する際の注意点がいくつかありますので、簡単にご説明いたします。事前にチェックしておくことで余計なトラブルなくFX取引を開始することができます。

2種類の申込みコースがある

FXブロードネットには2種類のコースがあります。最初の申し込み時に「ブロードコース」と「ブロードライトコース」のどちらかを必ず選択しなければなりません。

しかし、申し込みコースの変更や追加は後からでも可能です。どうしても決められない人は、少額から始められるブロードライトコースを選んでおけば間違いないでしょう。

審査がある

口座開設の申し込みをする際に注意する点は、簡単な審査があるということです。FX会社は基本的に、審査基準を公開していませんが、名前や住所、資産状況、収入、投資目的をもとに独自の審査をします。

ただ、キャッシングやローンの審査とは異なるので、20歳以上の人なら、審査に通らない可能性は低いでしょう。しかし、あまりにも金融資産が少なすぎると、審査に通らない場合もあります。ある程度資金をためてから申し込みましょう。

書面を自宅以外で受け取れる?

ログインIDやパスワードが記載してある書面は、自宅以外で受け取ることはできません。必ず本人確認書類へ記載された住所で受け取る必要があります。また、書類は手渡しでの受け取りです。不在で書面の受け取りができなかった場合は、郵便局の不在票が届き、郵便局で1週間ほど保管されます。

保管期間を過ぎた場合はFXブロードネットに返送されますので、注意しましょう。

今ならお得なキャンペーン実施中!

FXブロードネットキャンペーン

FXブロードネットでは現在、新規口座開設と条件達成で、最大20,000円キャッシュバックされるキャンペーンを開催中です。キャンペーンを利用してお得にFXデビューを始められる機会を是非利用しましょう。

まとめ

今回紹介したFXブロードネットは、トラッキングトレードなどの自動売買システムやデモ取引が利用できるだけではなく、少額から投資可能、業界トップレベルの低スプレッドなど魅力が多い証券会社です。少しでも魅力を感じたら、まずは口座開設してみましょう。

FX会社イメージ調査の概要

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各FX会社のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:各FX会社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:FX会社で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・実査機関:株式会社クロス・マーケテイング

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

鈴木拓也(すずきたくや)""
鈴木拓也(すずきたくや)
1987年生まれ。明治大学理工学部卒業、東京工業大学大学院修士課程修了後に、三井住友銀行に入行し、市場営業部門(東京本店)と香港支店にて為替ディーラー業務に従事。金融投資教育のWebメディア事業を運営する株式会社フィンテラスを設立し、代表取締役に就任。公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
公式サイト
・株式会社フィンテラス(https://finteras.co.jp
・元メガバンク為替ディーラーが教えるFX初心者講座(https://fx-megabank.com