スキャルピングアイキャッチ
(画像:NET MONEY編集部)

FXの取引手法の一つとして、数秒~数分の間に取引を行う「スキャルピング」という手法がある。 スキャルピングは忙しいサラリーマンにもおすすめの手法であり、コツと気を付けるべきポイントを守れば、他の手法より大きく利益を出せる可能性がある。

スキャルピング手法はFXトレーダーにも有名で、「羊飼いのFXブログ」にて毎日注目材料や戦略を執筆配信しているカリスマトレーダー、羊飼い氏もスキャルピングでトレードしている。そこで今回は、羊飼い氏のコメントを紹介しつつ、スキャルピングについて詳しく解説する。

羊飼い(ひつじかい)
羊飼い(ひつじかい)
FXトレーダー&ブロガー。「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

目次

  1. FXのスキャルピングとは?
    1. スキャルピング向きのFX会社とは
    2. スキャルピング公認&禁止のFX会社一覧
    3. スキャルピング公認のFX会社比較
  2. 他の取引手法との違いは?
  3. FXのスキャルピングのメリットは
    1. スキャルピングは禁止されている証券会社もある
  4. スキャルピングにおすすめのFX会社
  5. FXのスキャルピングで気をつけたい注意点
  6. FXのスキャルピングは、豊富な経験と知識が必要
  7. 実際にFXを始める

FXのスキャルピングとは?

FX, スキャルピング, デメリット
(画像=Thinkstock/GettyImages)

スキャルピングの語源は頭の皮を剥ぐというインディアンの行為からきており、短期間で薄い利益を積み重ねていくという取引手法のことである。数十秒から数分というスピード重視のスタイルで、ポジションを長く保有しないことでリスクの軽減につながるというFXにおける投資法だ。その瞬間の相場の状況にもよるが早い場合は数秒で利益を確定することもある。

長くても数分程度、短いと秒単位で取引をすることで、1回あたりの利益は少ないが、スキャルピングを繰り返すことで利益を積み上げていくことが可能となる。瞬間的に利益を確保できるスタイルが支持され、近年では個人投資家を中心としてスキャルピングによるFX取引を行う人が増えている。

スキャルピング向きのFX会社とは

ヒロセ通商トップ画面
引用元:ヒロセ通商

一日に何度も取引を繰り返すスキャルピングでは、
1.取引コスト(スプレッド)が低いこと
2.スキャルピングが公認であること
が重要となる。 それを満たすのはヒロセ通商松井証券FXだ。 スプレッドが業界最狭水準のため、スキャルピングであれば月に数千円から数万円分取引コストを節約できるのが嬉しい。

中にはスキャルピングが禁止なFX会社も存在するので、注意が必要である。禁止だと明言していない場合でも、違反行為として口座を凍結させられるケースもあるようだ。また、手動スキャルピングはOKで、ソフトウェア等のシステムを用いた手法を禁止していることも多い。

大手FX会社5社のスプレッドとスキャルピング公認かどうかをまとめた。

FX会社 米ドル/円
スプレッド
スキャルピング
公認/禁止
FXおすすめ口座1位1位
スキャルピング公認 ヒロセ通商
0.2銭
公認
FXおすすめ口座2位2位
1通貨から取引可能 松井証券FX
0.2銭
公認
FXおすすめ口座3位3位
DMM FX
0.2銭 禁止
4位
light fx
0.2銭 禁止
5位 YJFX 0.2銭
※原則固定
禁止
※2022年6月現在
FX会社 スプレッド スキャルピング
公認/禁止
公式サイト
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円
FXおすすめ口座1位1位
スキャルピング公認 ヒロセ通商
0.2銭 0.4銭 1.0銭
公認
FXおすすめ口座2位2位
スキャルピング公認
松井証券FX
0.2銭 0.5銭 1.1銭
公認
FXおすすめ口座3位3位
DMM FX
0.2銭 0.5銭 1.0銭 禁止
4位 light fx 0.2銭 0.4銭 0.9銭 禁止
5位 YJFX 0.2銭
※原則固定
0.5銭
​​​​​​​※原則固定
1.0銭
​​​​​​​※原則固定
禁止
※2022年6月現在
引用元: 松井証券MATSUI FXFXプライムbyGMODMM FXLIGHT FXYJFX!
専門家のコメント

他の取引手法との違いは?

スキャルピングは他のデイトレードやスイングトレード、ポジショントレードのどの手法よりも利益確定が早いのが特徴である。為替変動の周期が極端に短いので損切りでもリスクは少ないので、レバレッジを使い利益を大きくすることも可能だ。しかし、他の手法より1回の取引で得られる利益は非常に少ないので回数を多くこなすことが必要となる。サラリーマンなどが昼休憩などの短い時間で瞬時に利益を確定したい場合などはスキャルピングが向いている。

かつてはスキャルピングという手法はなかったが、ネットでFXの取引が可能になってから確立した。個人投資家でもネット上でのストリーミング注文が可能となり、プロのディーラーのようにリアルタイムで売買が行えるようになったから実現した手法と言える。

FXのスキャルピングのメリットは

スキャルピングのメリット

  • 相場変動に影響を受けない
  • 経験値が積める
  • ソフトウェア自動取引が可能な場合は楽に取引ができる

最近では上昇トレンドにある通貨ペアであっても、短期間で市場が変化することもある。つまり長期間ポジションを保有すること自体が大きなリスクなのである。そんな中、スキャルピングの最大のメリットはポジションを長時間保有しないため、相場の大きな変動やトレンドの発生などによる影響を殆ど受けないということである。もし間違った方向のポジションを保有してしまっても、短期間で躊躇なくロスカットすることでリスクを軽減できる。

またスイングトレードやポジショントレードなど、ポジションを翌日に持ち越すFX取引では、為替変動が気になり安眠できないということも多々ある。その点、スキャルピングであれば、ポジションを翌日まで保有することはなく比較的メンタルに優しい手法であると言える。

さらに、スキャルピングは一日に何度も取引を繰り返すので、短期間の間で失敗と成功を繰り返し、経験値を高めることができる。そのため、他のどの手法よりもより短期間で相場感を養うことができることもメリットと言える。

スキャルピングなら自動でFX取引を行うことができることもメリットの一つだ。一定の値幅を繰り返すレンジ相場なら、下降の始まりと上昇の始まりが分かれば自動取引も可能だ。自動取引のソフトウェアも販売されており、パソコンで設定すれば画面に張り付いて相場を観察する必要もなくなる。ただし、スキャルピングを禁止しているFX会社では、特に、ソフトウェアでシステム化された超高速取引を禁止していることが多いので、利用しているFX会社を確認しよう。

スキャルピングは禁止されている証券会社もある

このようなメリットのあるスキャルピングだが、証券会社によっては禁止をしていることもある。その理由として、カバー取引ができなくなることが挙げられる。カバー取引は、DD方式注文ともいう。これは、証券会社が個人の買い注文が入った時に、個人に売って市場から買うという取引をすることを指す。これによりリスクヘッジをするのだが、個人が短時間で大量の売買を繰り返すことで、証券会社のカバー取引がついていけない事態が発生する。そうなると証券会社がその分の損失を受けることとなるリスクが高まるため、もともとスキャルピングを禁止しているということだ。

また、短時間で何度も売り買いを行うことでサーバーへの負担がかかり約定率が下がるというデメリットもある。多くのトレーダーが被害を受けないために、もともとスキャルピングを禁止しているのだ。

スキャルピングの投資手法を禁止してはおりませんが、約款第7条1項9号の「短時間での注文を繰り返し行う行為」に 該当する可能性もあります。 DMMFX約款 当社が禁止事項に該当したお取引が行われたと判断した場合、事前の通知なく取引口座を凍結する場合があります。なお、短時間の定義につきましては、当社内で審査基準を設けており、お客様へは公表しておりません。、ご了承ください。

引用元:DMM FXの公式

スキャルピングにおすすめのFX会社

スキャルピングをトレード手法として選ぶ場合、どのFX会社で口座を開設するのがいいのだろうか?スキャルピングに向いているFX会社の特徴として、以下の3点があげられる。

スキャルピングに向いている特徴

  • スプレッドが狭い
  • 約定力が高い
  • 取引ツールが使いやすい

一日に何度も取引を繰り返すスキャルピングでは、1回ごとの取引コストを抑えることや注文成立までの時間が短いことが求められる。以下にスキャルピングに向いているFX会社を紹介する。FX会社選びの参考にしてみてはいかがだろうか。

現役FXトレーダーのコメント

FXのスキャルピングでの注意点

スキャルピングでは瞬時の判断力が必要である。自分独自の売買ルールで取引を行っていたとしても、一瞬の迷いやまごつきで決済することができず、利益を逃すこともあるので注意が必要だ。スピードの確保には環境を整えることも必要である。

デイトレードやスイングトレードなど比較的長時間かけるFX取引の場合は屋外のWi-Fiに接続して取引を行うこともある。しかし、スキャルピングではトレード中の回線の不具合は、数分であっても利益の損失に繋がることもある。そこで有線の安定した回線をメインとし、さらにWi-Fiで使用できるiPadなどで不具合にも対応できる環境を整えることをお薦めする。

また1回の取引での利益が少ないスキャルピングを行うにはできるだけスプレッドの狭い業者を選ぶことが必要だ。数pipsの利益を得るために0.3pipsが固定の業者であれば比較的利益は出しやすいが、スプレッドが高ければ高いほど利益は出しにくくなる。相場の値動きを読んで、スプレッド分のマイナスが薄まる相場で取引しなければスキャルピングの旨味は少ないと言える。

さらに一番気を付けないといけないは、 業者によってはスキャルピングによる取引は口座を凍結される恐れがあるということである。スキャルピングにも2種類あり、「分スキャルピング」と言われる決済までに数分かける取引の場合はあまり問題視されないが、「秒スキャルピング」と言われる60秒以内での決済を繰り返す取引の場合、毎月大きな利益を生み出しているとサーバーへの負担が大きすぎる等の理由で口座を凍結される恐れがある。

条件別でFX会社を比較

初心者は最低取引単位で選ぶ

FXの最低取引単位は会社によって異なり、取引単位が小さいと少額で取引することができます。

  • 1通貨(ドル/円)→資金100円
  • 10000通貨(ドル/円)→資金45000円
※ 1米ドル=112.5円、レバレッジ25倍で計算

少額取引ならリスクなく、FXの実践経験を積むことができます。

そこで、初心者の方にはMATUI FXをお勧めします。

MATUI FXは1通貨単位から取引することができるFX会社です。
手数料(スプレッド)も業界最狭水準に設定されていて、FXを始める方におすすめです。

FXのスキャルピングとは他手法との比較

FXのトレードスタイルはいくつかあるが、その中でも、スキャルピングは最も短時間でトレードを繰り返し、小さな利益を積み上げていく手法だ。続いては、スキャルピングと他のトレードスタイルを比較しながら違いを解説する。

トレードスタイルは、人によって向き不向きがあるものだ。誰もが利益を得られる万能なトレードスタイルというのは存在しない。他のトレードスタイルへの理解も深めた上で、自分に合った手法を選んでFX取引をするようにしたい。

スキャルピングの特徴

まず、スキャルピングの特徴を3つ解説する。

スキャルピングの特徴

  1. 数秒から数分という短時間でトレード
  2. ス小さな利益を積み重ねて稼ぐ手法
  3. リスクが低い

スキャルピングの1つ目の特徴は、数秒から数分という短時間でトレードを繰り返すことだ。スキャルピングをする場合、トレーダーは基本的に、席を立つことなくチャート画面に張り付いておく必要がある。張り付いていられない場合は、自動スキャルピングが認められているFX会社の場合のみ、システムを利用すると、勝手に取引してくれる。

スキャルピングの2つ目の特徴は、小さな利益を積み重ねて稼ぐ手法だという点だ。一度に大きな利益の獲得をねらうのではなく、小さな利益でトレードを繰り返し、最終的には一定の利益を稼ぐことを目指す。

スキャルピングの3つ目の特徴は、小さな利益をねらうことから、リスクも低いという点だ。一方で、損切りルールを守らず大きな損失を出してしまうと、せっかく積み重ねた利益が吹き飛んでしまう。損失を最小限に抑えることがスキャルピングのコツといえるだろう。

他手法との比較

他のトレードスタイルとの違いを下記の表にまとめた。

  スキャルピング デイトレード スイングトレード 長期トレード
取引の頻度 数秒から数分 1日のうち数時間 数日から一週間 数週間から数年
利益/リスクの大きさ 最小
利益の種類 為替差益 為替差益 為替差益
スワップポイント
為替差益
スワップポイント

FXのトレードスタイルは、取引の頻度によって4つに分類される。取引の頻度が高いほど、ねらう利益やリスクは小さくなる。また、中長期的なトレードといわれるスイングトレードや長期トレードでは、為替差益だけでなく、スワップポイントも重要な要素となる。

FXの分析手法は、主にチャートを元に相場を予測するテクニカル分析と、経済状況や金融政策を元に相場を予測するファンダメンタルズ分析に分けられる。

スキャルピング・デイトレード・スイングトレードでは、通貨ペアを保有する期間が比較的短いことから、テクニカル分析が重要だ。一方、長期トレードでは、ファンダメンタルズ分析(ファンダメンタル分析)が重要視される。

fxのスキャルピングに向いている人

FXのスキャルピングは、次のような人に向いている。

スキャルピングに向いている人

  1. チャート画面を見続けることが苦にならない人
  2. ファンダメンタルズ分析よりテクニカル分析が好きな人
  3. 自分が決めた損切ルールを徹底して守れる人
  4. 自分の欲望をコントロールできる人
  5. 一定のFXの投資経験を持つ人

一瞬の値動きを読み、スピーディな投資判断を繰り返すスキャルピングは、FX初心者にとっては難易度の高いトレードスタイルだ。FX初心者向きといわれているデイトレードなどで一定の経験を積んでから、スキャルピングに挑戦するといいだろう。

FXのスキャルピングに向いていない人

FXのスキャルピングが向いていないのは、次のような人だ。

スキャルピングに向いていない人

  1. FXをこれから始める人、もしくは始めたばかりの初心者
  2. 仕事などが忙しく、チャート画面を見続けるのが難しい人
  3. テクニカル分析よりファンダメンタルズ分析が好きな人
  4. じっくり慎重に投資判断をしたい人

FX初心者なら、まずはデイトレードがおすすめだ。また、テクニカル分析よりファンダメンタルズ分析が好きな人や、じっくり慎重に投資判断をしたい人は、長期トレードを検討してみるといいだろう。

スキャルピングは、FXの4つのトレードスタイルの中でも特殊な手法だ。スキャルピングだけでなく、他のトレードスタイルにも目を向け、自分に合った手法を選ぶことが大切だ。

FXのスキャルピングが禁止の理由

FXのスキャルピングは、FX会社によっては禁止されている。スキャルピングをする時は、そもそもFX会社がスキャルピングを公認しているかどうかを確認することが何より大切だ。確認を怠ると、口座を凍結されてしまうリスクがある。

FX会社がスキャルピングを禁止する理由は主に2つだ。

まず、スキャルピングでは、短時間で大量のトレードをすることから、通常のトレードよりもサーバーに負荷がかかりやすい。約定率が下がると、ユーザー離れが起こる危険性がある。

また、スキャルピングで大量の注文が出されると、FX会社のカバー取引が追い付かず、結果的に損失をこうむるリスクがある。

このような理由から、スキャルピングを推奨しない立場をとっているFX会社が複数存在している。

FXのスキャルピングで勝てない理由・勝ち方

スキャルピングを始めるにあたり、勝ち方のポイントを知っておくことは重要だ。スキャルピングで勝てない理由別に、勝ち方のポイントを整理した。

勝ち方のポイント
スプレッドが広くコストがかかり過ぎているケース スプレッドが狭い時間帯に取引する
ポジポジ病のケース 待つ姿勢を身に着け、根拠を持って通貨ペアを保有する
損失によって利益が相殺されているケース 損切りルールを設定する
大きな利益を得ようとするケース 欲望をコントロールする

1つ目は、スプレッドが広くコストがかかり過ぎているケースだ。スプレッドとは売値と買値の差のことで、FX取引の実質的な手数料といわれている。スプレッドはFX会社や通貨ペア、時間帯によって変わるため、スプレッドが狭いタイミングをねらってトレードすることが大切だ。スプレッドが狭い時間=取引量が多い(流動性が高い)時間であることが多く、ロンドンやNY市場が開いている22時~翌2時の間はもっとも取引が多く流動性が高まる。一方で、NY市場が閉まり、アジア市場しか開いていない朝方はスプレッドが広がることが多い。

欧州・ロンドン市場やNY市場の時間帯は、一日の中でも取引参加者が多く流動性の高い時間帯です。 日本時間で16時~翌朝6時頃がその時間帯となり、中でもロンドン市場とNY市場の時間帯が重なる22時~翌2時の間はもっとも取引が多く流動性が高まります。 一方でNY時間が終わるとオーストラリアやニュージーランド市場が取引を開始しますが、世界中の大手金融機関が集まるロンドン・NYと比べると参加者は少なく、流動性は低下する時間帯です。 その為、NY市場が閉まるニューヨーク・クローズの日本時間で朝5時~8時までは、スプレッドが広がることがある時間です。

引用元:FX ブロードネット

2つ目は、ポジポジ病に陥っているケースだ。通貨ペアを保有していないと落ち着かず、ついポジションを保有してしまう状態を「ポジポジ病」と呼ぶ。待つ姿勢を身に着け、根拠を持って通貨ペアを保有することが大切だ。

3つ目は、損切りルールを守れず損失によって利益が相殺されてしまっているケースだ。スキャルピングでは特に、大きな損失は命取りになる。損切りルールを設定してから通貨ペアを保有し、淡々と自分が決めたルールを守り抜くことが大切だ。

4つ目は、大きな利益を得ようとしているケースだ。欲望をコントロールし、小さな利益を積み重ねることを徹底することが大切だ。そのような性格の人は、スキャルピングよりも、スイングトレードや長期トレードの方が向いているかもしれない。

5つ目は、パソコンのスペックや通信環境のせいで、希望するタイミングでトレードできていないケースだ。スキャルピングでは特にタイミングが命なので、トレードするパソコンのスペックや通信環境には気を配りたい。

FXのスキャルピングは、豊富な経験と知識が必要

スキャルピングにもメリットとデメリットがあり、メリットを多く得るためには多くの経験が必要なようだ。相場感も経験も環境もない初心者では利益を出すのは困難と言える。まずは他の手法からスタートして、経済や国際ニュースに関心を持ち、相場感を養いつつ環境を整えてからスキャルピングに挑むというのが定石かもしれない。

ただ、ゲーム感覚で手軽にFXを楽しみたいという人にとっては、結果がすぐにでるスキャルピングは最適とも言える。いずれにしても目的を見失わず自分のスタイルにあった手法を見つけることが必要だ。

スキャルピングに関するQ&A

スキャルピングはどんな人に向いていますか?
スキャルピングは一日に何度も取引を行い利益を積み重ねていくスタイルなので、次のような人に向いています。
・少額でもコツコツ利益を積み重ねたい人
・判断力に自信がある人
・単純作業が得意な人
反対に、一度の取引で多額の利益を得たい人にはむいていません。
スキャルピングのメリットはなんですか?
スキャルピングには次のようなメリットがあります。
・ポジションを長時間保有しないためリスクを軽減できる
・数分で売買が完了するため、時間を効率的に使える
・1日に何度も取引をすることで、経験値を高めることができる
スキャルピングのデメリットはなんですか?
証券会社によってはスキャルピングが禁止されているので注意が必要です。短期間に何度も取引をするとサーバーに負担がかかるため、最悪の場合は口座を凍結される可能性があります。
また、一日に何度も取引をするとその分の手数料が蓄積するのもデメリットです。

記事にコメントいただいた専門家

コメントをいただいた専門家・鈴木 拓也(すずき たくや)

株式会社フィンテラス代表取締役
日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)

1987年生まれ。明治大学理工学部卒業、東京工業大学大学院修士課程修了後に、株式会社三井住友銀行に入行し、市場営業部門(東京本店)と香港支店にて為替ディーラー業務に従事。
金融投資教育のWebメディア事業を運営する株式会社フィンテラスを設立し、代表取締役に就任。公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
■保有資格: 日本証券アナリスト協会認定アナリスト
公式サイト:https://fx-megabank.com/
Twitter:https://twitter.com/Tya_FX_dealer

コメントいただいた専門家・田畑昇人

現役FXトレーダー

大学3年生からトレーディングを始め、わずか50万円を9か月で1000万円に。大学院在学中に刊行した『東大院生が考えたスマートフォンFX』が10万部を超えるベストセラーに。FXを始めとするトレードで生計をたてる。 最新刊「武器としてのFX」が、Amazonベストセラー(最高総合12位)になるなど、好評発売中。
■著書:『日東大院生が考えたスマートフォンFX
■ オフィシャルサイト田畑昇人公式FXブログ

コメントいただいた専門家・羊飼い

FXトレーダー&ブロガー

FXトレーダー&ブロガー。「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。


HP:「羊飼いのFXブログ」
Twitter:@hitsuzikai