「女性に優しいカードローン会社はあるのか?」「どこを利用すれば安心かわからない」と、悩んでいないでしょうか。カードローンを扱う業者はさまざまであるが、女性向けのサービスを展開するところもあります。

この記事では女性向けカードローンの特徴や、おすすめの会社を紹介していきます。お金を借りる必要が出てきたときのために、女性向けならではの特徴や申し込み方を学べるほか、自身にあった業者を選ぶヒントもわかるでしょう。

  1. 女性向けのカードローンとは?
    1. 女性がオペレーターや窓口担当
    2. 女性が借りやすいカードローンの種類はある?
  2. 女性向けカードローンのメリット
    1. 相談しやすい
    2. 家族や職場に怪しまれない
    3. 専業主婦でも借りられることも
    4. Webで申し込みが完結
  3. 女性向けカードローンのデメリット
    1. 審査が甘いわけではない
    2. 審査が甘いわけではない
    3. 女性向けでも金利は一般と同程度
  4. 女性専用のカードローンおすすめの会社8選
    1. 無利息30日間&女性が対応:アコム
    2. カードレスキャシング可能:プロミス
    3. 専業主婦でも:ベルーナノーティス
    4. 郵送不要でコンビニキャッシング:イオン銀行
    5. クレジットカード感覚で特典つき:オリコ
    6. クレジットカード感覚で特典つき:オリコ
    7. 10万円までで安心:アイフルSaLaLi
    8. 手軽で金利安め:楽天銀行
  5. カードローンの融資申し込みの流れ
  6. カードローンの金利・返済方法・シミュレーションなどを紹介
  7. まとめ

女性向けのカードローンとは?

(画像=PIXTA)

カードローンサービスの中には女性向けのサービスを用意している企業があります。オペレーターや窓口担当として女性を指名できたり、女性向けにローンを組みやすくなるプランが用意されている場合もあります。以下からは基本的な特徴を解説していきます。

女性がオペレーターや窓口担当

相談者の中には特別の事情を抱えている人もいるため、女性向けのカードローンに申請すると、オペレーターや窓口担当を努める側も女性であることが多いです。

アコムやプロミスなど、大手会社でも女性専用ダイヤルを使っており、申請者のさまざまな事情への配慮と安心感を重視しています。

女性が借りやすいカードローンの種類はある?

女性が借りやすいのはスマートフォンで申請が完結したり、専業主婦やパートなどでも借りやすかったりするカードローンでしょう。ほかにも一定条件で利息が0円だったり、借入や返済などをネットで完結できたりするなど手軽さがポイントになります。

女性向けのカードローンは銀行系から信販系、消費者金融系までさまざまなものがあります。どのジャンルでもお金を借りてから返すまでの、柔軟な対応が要点といえるでしょう。

女性向けカードローンのメリット

女性向けカードローンの利用には、相談しやすい環境というメリットがあります。プライバシーを尊重してもらえるので、家族や職場に怪しまれる心配もありません。シンプルな手続きで済ませられるのもポイントです。このようなメリットを以下4つにわけてより詳しく解説をします。

相談しやすい

女性向けのカードローンは、特別の事情を抱えている人でも相談しやすい環境が整えられています。アイフルやプロミスをはじめ、多くのローン業者が女性に配慮したサービスを展開しています。

女性専用のコールセンターを置いたり、申し込みやすいようにサービス内容を工夫したりしているのが大きなポイントとなります。とくにコールセンターでは女性スタッフが応対するので、男性にいいづらい内容があっても心配ありません。

近年のカードローンは、女性特有の悩みに配慮する動きが目立って来ております。

家族や職場に怪しまれない

健全なローン業者はプライバシーを尊重するので、他人に利用を知られてしまうリスクを抑えられます。カードローンは借金の一種なので、家族や職場に知られたくないという人も多く業者側もそうした事情に配慮しています。

多くの業者は、申請時に登録したメールアドレスや電話番号にしか連絡しません。こうした情報は申請者が個人で使っているものが多いので、家族や職場に借金の情報が届かない仕組みになっています。

専業主婦でも借りられることも

専業主婦のように自身での収入がなかったり、少なかったりする人でも借りられる可能性があります。夫や子どもなども含めた世帯収入がまとまっていれば、支払い能力があると判断されるからです。

ただし配偶者の合意が必要な点には注意が必要です。家族に相談しないで借りると、発覚したときに関係が悪くなる恐れがあります。家族の合意さえ受けられれば配偶者などの信用を強みとして、ローンの審査に通過する可能性があるでしょう。

Webで申し込みが完結

インターネットで申し込みが完結するのもポイントです。現代社会ではほとんどのローン業者がWeb申請のシステムを設けていて、そこでは24時間いつでも利用できます。

これまで金融業者の実店舗は平日の決まった時間にしか営業しておらず、事前のスケジュール調整が必要でした。しかしパソコンやスマートフォンの普及に伴い、いつでも手続きをはじめられるようになりました。

Webが使えることによって、審査スピードや借入開始を早められる場所もあるため、申し込んだその日にお金を借りられる「即日融資」を認める業者もいます。

女性向けカードローンのデメリット

女性向けカードローンにはデメリットもあります。審査の難易度や金利が通常と変わらず、女性専用だからといって特別にお得というわけではありません。このようなネガティブな面について、以下の3つを解説します。

審査が甘いわけではない

女性専用のカードローンだからといって、通常より審査が甘くなるわけではありません。過去に延滞を繰り返すような金融事故があったり、他社からの借入額や借りている場所が多かったりすると、審査に通らない可能性があります。

融資希望額が多いほど審査が厳しくなることや、申請内容に虚偽や間違いがあると印象がよくないことにも気をつけましょう。

融資限度額が低いことがある

融資限度額が低い可能性にも注意が必要です。限度額が低ければ審査にも通りやすいといえますが、お金の使い道が限られる点ではデメリットかもしれません。一般と女性専用の限度額の違いについて、以下の表で解説をします。

  女性専用の融資限度額 一般の融資限度額
アイフル 500万円 10万円
プロミス 500万円 500万円
アコム 800万円 800万円

プロミスやアコムは女性向けでも限度額が変わりません。しかしアイフルだけは10万円と限定的です。

女性向けでも金利は一般と同程度

女性専用だからといって、カードローンの金利が低くなるわけではありません。アイフルのように、むしろ金利が柔軟でなくなっているケースさえあります。以下の表を参考にするとよいでしょう。なお表中の金利は年率表示となります。

  一般の金利 女性専用の金利
アイフル 3%~18% 18%
プロミス 4.5%~17.8% 4.5%~17.8%
アコム 3%~18% 3%~18%

プロミスとアコムは一般と女性専用で金利が変わりませんが、アイフルだけは最大値の18%に固定されます。こちらは限度額が10万円と借りやすくなっているぶん、利息分も揃えられるように計画性が必要です。

女性専用のカードローンおすすめの会社8選

女性専用が便利なカードローンとして、8社を紹介します。まずは各社の特徴をみていきましょう。

  アコム プロミス ベルーナノーティス イオン銀行 オリコ レイクALSA アイフルSuLaLi 楽天銀行
金利(実質年率) 3~18% 4.5~17.8% 4.5~18% 3.8~13.8% 7.8~18% 4.5~18% 18% 1.9~14.5%
利用限度額 1万円~800万円 500万円以下 300万円まで 10万円~800万円 100万円まで 1万円~500万円 10万円 800万円まで
融資スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短翌々日 最短即日 最短即日 最短即日 数日かかる場合あり
担保・保証人 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要 不要
Web完結
申し込み条件 20歳以上で、安定収入と返済能力あり 20歳以上69歳以下で本人に安定収入あり 20歳~80歳で安定収入あり(専業主婦は配偶者に安定収入があれば可能) 満20歳以上~65歳未満で、本人か配偶者に安定収入あり 満20歳以上で安定収入あり 満20歳以上70歳以下で安定収入あり 満20歳以上70歳未満で、安定収入と返済能力あり 20歳~62歳(専業主婦・パート・アルバイトは60歳まで)

無利息30日間&女性が対応:アコム

アコム公式

アコムはWebを使って柔軟な手続きができます。申し込みはパソコンやスマートフォンを通してできるうえに、借入や返済の方法もインターネットバンキングやATMなど多種多様です。女性専用ダイヤルもあるので、相談しやすい環境もメリットでしょう。

カードレスキャシング可能:プロミス

プロミスではWeb申し込みなら郵送物がないので、連絡内容が他人に漏れるリスクが少ないです。そうした観点から女性向けも使いやすいといえるでしょう。

女性専用ダイヤルでは女性が丁寧に対応してくれるほか、主婦や学生などでも仕事による安定した収入さえあれば申し込みが可能で、柔軟な対応を受けやすいカードローンといえます。

専業主婦でも:ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは、専業主婦でも申し込めるなど女性に優しいサービスが特徴です。公式サイトによると2020年5月末時点で、24万人の女性会員がいるなどレディース専用ローンの信頼性は高いといえるでしょう。女性専用ダイヤルから気兼ねなく相談ができます。

郵送不要でコンビニキャッシング:イオン銀行

イオン銀行のカードローンも、女性が使いやすいといえます。Webから簡単に手続きができるほか、融資分の使い道も事業目的でなければ自由です。ネットを使って手軽に借入や返済ができる点もとても便利です。

クレジットカード感覚で特典つき:オリコ

オリコのカードローン「CREST JEWEL」はWeb完結で申し込めるため、連絡内容を他人につかまれるリスクが低いといえます。女性向けらしいおしゃれなカードデザインも魅力で、資格スクールやレジャー施設の優待など、独自のサービスも見逃せません。

無利息サービスあり:レイクALSA

レイクALSAは新生銀行グループに属しており、カードローンのクオリティが高いとえます。初利用時にWeb申請すれば60日間無利息であるなど、融資条件にも恵まれた業者です。場所を問わず手続きができるうえに、手軽なサービスが数多くあるのが特徴です。

10万円までで安心:アイフルSaLaLi

(画像=アイフル公式ページより)

アイフルの女性向けカードローン「SuLaLi」は、急にお金が足りなくなったときに対処できるサービスです。利用限度額は10万円と少ないといえるものの、即日融資ができるなどのメリットがあります。事情があっても女性専用ダイヤルにかけることができます。

手軽で金利安め:楽天銀行

楽天銀行のカードローンはWeb完結で申し込めるので、女性でも楽に利用ができます。パートやアルバイトでも審査に通過する可能性があり、お金が足りなくなったときもピンチをしのぎやすいでしょう。

楽天では期間限定で金利を割り引くなどのキャンペーンを開くことがあるので、特典がないか定期的にたしかめるのもおすすめです。

カードローンの融資申し込みの流れ

女性向けのカードローンを使いたいと思ったら、まずは申し込みの基本的な流れを理解しておきましょう。

まずはパソコンやスマートフォンから公式サイトに入り、専用ホームで個人情報や勤務先・収入などの必要情報を入力します。このとき本人確認書類のような、身分を示す資料の画像をWeb上にアップすることも必要です。

手続きが終われば審査に入り、結果はメールアドレスや電話で通知される。審査時に勤務先への在籍確認があるので、休日などで対応できない場合は審査前に知らせ対応を考えてもらうとよいでしょう。

審査通過なら契約手続きを終え、融資がスタートします。なおアコムやアイフルなどのように、申し込んだその日に融資を受けられるものもあるようです。

カードローンの金利・返済方法・シミュレーションなどを紹介

女性向けのカードローンを利用するなら、各社の金利や返済方法を把握しておきましょう。シミュレーションにもとづいた返済計画も非常に重要なポイントです。

女性専用のカードローンを展開する業者は消費者金融が多く、金利も最大値が18%やそれに近いというように、高めの設定になりがちです。しかし返済はインターネットバンキングやATMなど、店舗を訪れなくても手軽にできるやり方が認められています。

お金を借りる前は金融会社の公式サイトにある、シミュレーションを使うのがおすすめです。ここに希望借入額や金利などを入力と返済時期に加え、利息をあわせた総支払額を想定できます。以上の準備を整えたうえで、申し込みを進めるべきでしょう。

まとめ

カードローンには女性向けも多くあります。女性専用ダイヤルで応対時は配慮してもらえたり、Web完結で申し込みが可能なためプライバシーを守りやすいでしょう。

借入限度額や金利などの基本的な条件は、一般のカードローンとあまり変わりません。それでも女性に優しくなるように、サービス内容を工夫しているのが特徴です。お金に困ったときは女性向けのカードローンの利用も選択肢に入るでしょう。