(画像=PIXTA)

カードローンを利用する人にとって重要なポイントの一つに即日融資ができるどうかという点があります。アコムでは即日融資も可能ですが、正しい申し込み方法や利用時間を知っておかなければ、望んだタイミングで融資を受けられない可能性もあります。

今回は、アコムで即日融資を受けたいと思っている人に、実現する方法や注意点を紹介します。

 

アコムでは即日融資が可能

class="lazy"

アコムでは即日融資を受けることができます。最短30分で審査結果が分かるうえ、24時間365日いつでもお金を借りることができます。

最短30分で審査結果が分かる

アコムでは最短30分で審査結果が分かります。もともと消費者金融会社は審査結果が分かるまでの時間が短いところが多くなっています。アコムも1時間足らずで審査が終わるので、スピーディーな対応が期待できるでしょう。

スマートフォンの公式アプリ「myac」からも申し込めるので、審査終了後30分の間に自動契約機に移動し、借り入れが認められれば契約手続きに進めることもポイントです。

24時間365日いつでも融資を受けることができる

24時間365日いつでもお金を借りられるのもアコムの特徴です。振り込みの依頼はインターネットやフリーコールででき、連絡から最短1分でアコム側が「ACサービスセンター」という振込名義で入金してくれます。時間を問わず借り入れられるので、素早い対応が期待できます。

土日祝日も即日融資が可能

土日祝日でも即日融資を受けられる点もアコムのメリットです。最寄りの自動契約機「むじんくん」や店頭で契約を済ませられるほか、休日でも申込日にATMで借り入れられます。

他の金融機関では、休日に契約できないケースもありますが、アコムでは自動契約機を使えば休日でも契約を結ぶことができます。

アコムATMなら借り入れや返済手数料も無料

アコムでは、借り入れや返済にかかる手数料を無料にできる方法があります。手数料がないことで返済計画を進めるうえで余分な出費を防げるでしょう。

手数料が無料になるのは、アコム公式ATMを利用した場合です。自動契約機の近くにあるのが公式ATMなので、手数料を節約したい場合は利用するとよいでしょう。コンビニや銀行にある提携ATMだと、1万円以下の取引額で110円、1万円超では220円の手数料がかかります。

最も早く融資を受ける方法

アコムで即日融資を受ける最も早い方法は、インターネットから申し込みです。インターネットから申し込む場合、アコムではWEB完結で申し込みが可能です。

ネットから申し込みを済ませることで、自動契約機に足を運んだりコンビニのFAXを利用したりなど、足を運ぶ手間を省くことができるため最短で即日融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。

アコムの申し込みから借り入れまでの手順

  1. 申し込み
  2. 書類の提出
  3. 契約手続き
  4. 借入・振込依頼

アコムは申込から融資まで最短30分で完了すると言われています。審査がスムーズに進められれば、最短30分には現金を借りることが可能です。 しかしこれはあくまで最短の時間であるため、実際に申し込む際には30分以上かかる認識を持っておくことをおすすめします。

書類の提出に時間がかかってしまったり、申し込みが混み合ってしまっていたりすることもあるため、アコムで即日融資を受けるには、多めに見積もって1時間半はかかるとみておくと良いでしょう。

アコムが審査対応する時間は夜21時まで

すでに契約が完了している人の場合は、営業時間ギリギリにATMを利用してもお金を借りることができますが、これから申し込みを行う人は審査対応時間も確認しておく必要があります。

自動契約機(むじんくん)は営業時間が基本9時~21時となっていますが、審査対応時間は9時~21時となっています(※年中無休・年末年始は除く)。 そのため自動契約機(むじんくん)で夜の21時に申し込み手続きを開始しても、審査対応は翌日に持ち越しとなってしまうことに注意しましょう。

審査対応時間=各店舗の営業時間ではないため、即日融資を受ける際には審査対応時間も確認した上で申し込みを行うようにしましょう。

申し込み方法ごとの営業時間・休業日

自動契約機(むじんくん)

自動契約機(むじんくん)の基本的な営業時間は以下の通りです。

≪自動契約機(むじんくん)の営業時間≫
平日 9時~21時
土曜 9時~21時
日曜・祝日 9時~21時
休業日 年末年始

年末年始は利用できないものの、基本的には年中無休で活動しています。ただし一部地域では営業時間が8時30~21時などの場所もあるため、心配であれば利用する自動契約機(むじんくん)の営業時間を一度公式サイトで調べてみることをおすすめします。

店舗窓口

アコムは全国4店舗(2022年4月4日時点)の有人店舗窓口があり、店舗の営業時間は平日9時30分~18時までとなっています。土日祝日は休業日となっているため、土日祝日に申し込みをしたい場合は自動契約機(むじんくん)での申し込み、もしくはインターネットからの申し込みを行うようにしましょう。

専用ATM

アコムには有人店舗や自動契約機(むじんくん)に設置してある専用のATMがありますが、ATMの営業時間は「設置場所によって決まるタイプ」と「24時間営業しているタイプ」に分かれる点に注意が必要です。

自動契約機(むじんくん)に設置されている場合

  • 自動契約機(むじんくん)の営業時間に準ずるタイプ
  • 24時間営業のタイプ

店舗窓口に設置されている場合

  • 店舗営業時間に準ずるタイプ
  • 24時間営業のタイプ

自動契約機(むじんくん)の営業時間に準ずるタイプの場合、9時~21時まで年中無休(年末年始は除く)で利用可能。店舗営業時間に準ずるタイプの場合、平日9時30分~18時まで(土日祝日は休業)で利用可能となりますが、全ての専用ATMでは、毎週月曜日の1時~5時がアコムの定期点検となるため利用できません。

提携ATM

アコムでは、専用ATMの他にも銀行ATMやコンビニATMなど、アコムが提携しているATMからも借入や返済の利用が可能です。 アコムのおもな提携ATMの営業時間や休業日は、以下のようになります。

≪提携ATMごとの返済可能時間・借入可能時間≫
イオン銀行ATM 0時10分~23時45分
セブン銀行ATM 0時10分~23時50分
コンビニATM E-net 基本24時間利用可能
ローソン銀行ATM 基本24時間利用可能
※ただし午前3時~午前4時の間に15分程度のシステムメンテナンス時間あり
三菱UFJ銀行ATM 設置場所の営業時間に準ずる。
その他の地方銀行などのATM 設置場所の営業時間に準ずる。

また全ての提携ATMでも同様に、毎週月曜日の1時~5時にアコムの定期点検があるため、その時間帯はATMを利用できなくなることに注意する必要あります。

今すぐお金が必要な人には即日融資ができるカードローンがおすすめ

副業などでお金を稼ぐ暇がなく、とにかく一刻も早くお金が欲しい!という人は、安定した収入があるなら即日融資が可能なカードローンを利用するという選択肢もあります。使用用途の説明が不要で手軽に借りられるカードローンやキャッシングを利用し、翌月の給料が入ったらすぐに全額返済できる程度の金額を借りるのが望ましいでしょう。

※ボタンを押してランキングを切り替えられます

申し込みから即日融資までの流れ

アコムにおける申し込みから即日融資までの流れを解説します。

電話かインターネットで申し込む

アコムで即日融資を受けるなら、電話かインターネットから申し込みをしましょう。審査終了後、自動契約機(むじんくん)か店舗を訪れることで、契約までの時間を短くできます。

申し込み後、最短30分で審査が終わるので、その間に最寄りの「むじんくん」に移動すると、すぐに借り入れが可能です。

契約はインターネットで可能

審査通過後、アコムではインターネットで契約できます。審査通過のお知らせをメールで受け取れば、メールから手続きをすることで契約を結べる仕組みです。

しかしアコムでは必ずローン用カードを受け取らなければいけません。自動契約機か店頭で受け取るか、自宅への郵送かを選びましょう。

来店・自動契約機での契約の場合

自動契約機、店舗を訪れる場合は、審査通過のお知らせを受けたことを伝えれば契約手続きに進めます。その場でカードを受け取ることができるので、郵送を待つ必要もありません。

アコムでは休日は店舗での営業を行っていませんが、自動契約機は毎日営業しています。そのため土日祝日でも来店して契約を結べば、ATMで即日融資を受けることができます。来店することで、カードが届くまでの待ち時間を省略でき、即日融資が受けやすくなります。

アコムの店舗・自動契約機の営業時間は以下の通りです。

営業形態 営業時間
店舗 9:30~18:00(土日祝日除く)
自動契約機 9:00~21:00(年中無休/年末年始は除く)

アコムの即日融資に必要な準備は?

アコムで即日融資を受けるには必要な書類を準備しなければなりません。本人確認書類だけでなく、条件により収入証明書も必要です。

本人確認として身分証明書が必要

アコムでは申込時に、本人確認として身分証明書が必要です。運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが該当します。

本人確認書類はスマートフォンからなら、1点だけで十分です。ただしインターネットや郵送の場合は2点必要です。「運転免許証+住民票のコピー」のように、1種類までなら顔写真がないものでも大丈夫です。

スマートフォンアプリやインターネットなど、申し込み方法により、身分証明書の点数が違うことに注意しましょう。

アコムでの限度額が50万円超なら収入証明書

アコムからの借入限度額が50万円を超える見通しなら、収入証明書も必要です。源泉徴収票や所得証明書、確定申告書などでも対応できます。

アコムでの利用限度額が50万円を超えなくても収入証明書が必要な場合があります。他社からの借入金と合わせて100万円を超えたり、最後に収入証明書を出してから3年以上過ぎていたりする場合も、改めて提出する必要があります。

引用元:アコム公式HP

即日融資を受けるなら振込実施時間をチェック

アコムで即日融資を受けるなら、振り込んでもらえる時間を事前にチェックしましょう。インターネットや電話など申し込んだ手段によって振込対応時間が異なるからです。メンテナンスでATMが使えない時間もあるので注意しましょう。

インターネットから申し込んだ場合

インターネットから申し込むと、自身が所有している銀行口座によりお金を受け取れる時間が異なります。以下の表より、口座を開設している銀行に合わせて時間をチェックしましょう。

楽天銀行は以下のとおりです。

 曜日  曜日別の受付時間  振込時間の目安
 毎日  0:10~23:49  受付完了から1分程度

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の場合は以下のようになります。

 曜日  曜日別の受付時間  振込時間の目安
 月曜  0:10~23:49  当日9:30ごろ
 月曜  9:00~23:49  受付完了から1分程度
 火曜~金曜  0:10~23:49  受付完了から1分程度
 土日・祝日  0:10~8:59  当日9:30ごろ
 土日・祝日  9:00~19:59  受付完了から1分程度
 土日・祝日  20:00~23:49  翌日9:30ごろ

このようにインターネット申し込みによる即日融資ができる時間帯は、自身の口座がある銀行によって異なります。

アコムプッシュホンサービスから申し込んだ場合

アコムではフリーコールを使ったプッシュホンサービスからも申し込めますが、連絡時間によって振り込んでもらえる時間が異なるので注意しましょう。対応時間は以下のとおりです。

 電話受付日時  振込実施の目安
 平日0:10~9:00  当日正午ごろ
 平日9:00~14:00  当日15:00まで
 平日14:00~23:50  翌営業日正午ごろ
 土日・祝日0:10~23:50  翌営業日正午ごろ

インターネット申し込みと違い、電話を使った場合は休日に即日融資を受けられません。アコムの電話申し込みで即日融資を希望するなら平日にしましょう。

フリーコールによる担当者受付の場合

フリーコールによる担当者受付で申し込んだ場合、振り込んでもらえるタイミングは以下のように変わります。

 電話受付日時  振込実施の目安
 平日9:00~14:00  当日15:00まで
 平日14:00~18:00  翌営業日正午ごろ
 土日・祝日9:00~18:00  翌営業日正午ごろ

こちらも平日の9時~14時に申し込まなければ、即日融資は望めません。アコムからの振り込みが終わる時間から逆算して、遅くとも13時までには申し込みが終わるようにしましょう。

メンテナンスで利用できない時間帯もある

アコムでは、定期的なメンテナンスで振込対応ができない時間帯があります。以下のとおりです。

 曜日  メンテナンス時間
 月曜日  1:00~5:00
 毎日  23:50~0:10

金融機関側のメンテナンスは、自身の口座がある銀行の公式ホームページで確認しましょう。即日融資を確実に受けたいなら、メンテナンス時間を避けながら対応することが重要です。

アコムで即日融資を受けやすくなるポイントは?

アコムではインターネットやアプリを使うことで、申し込みから借り入れまでの時間を短くできます。土日祝日は契約機から申し込み、在籍確認ができないときの対処法なども考えておきましょう。アコムで即日融資を受けやすくなるように、以下の4点を確認してください。

インターネットやアプリを使って契約までの時間を短縮

アコムで即日融資を受けるならインターネットやアプリを使いましょう。ネットなら自宅から申し込めるうえ、借り入れまでの流れもスムーズです。電話から申し込んだ場合は、休日の即日融資に対応してもらえません。休日の申し込み当日にお金を借りる予定なら、インターネットやアプリを使いましょう。

引用元:アコム公式HP

銀行振込がいちばん早く融資してもらえる

アコムでは銀行に振り込んでもらうことで、最も早く融資してもらえます。銀行なら振込依頼から最短1分で、アコムが融資分を振り込んでくれます。

アコムからの入金が済めば、コンビニのATMから引き出しが可能です。自動契約機に備わっているATMで取引すれば手数料もかかりません。

土日祝日は自動契約機から申し込もう

土日祝日に即日融資を受けたいなら、自動契約機を利用しましょう。このとき電話から申し込むと休日には即日融資ができないので、インターネットから申し込みを済ませるようにしましょう。

申し込みが終わったら審査結果が出るまでの間に自動契約機に移動し、審査に通ったらすぐに契約に入りましょう。借り入れや返済に必要なローンカードがその場で発行され、郵送で受け取る手間もかかりません。

土日や祝日はインターネットやアプリ、自動契約機を効率よく使うことが、即日融資のポイントです。

土日祝日に在籍確認ができなければアコムに相談しよう

アコムでのカードローンの新規申し込みには在籍確認が必要です。土日祝日に、勤務先が休みで在籍確認ができなければ、申し込んでからすぐにアコムへに相談しましょう。アコム側が在籍確認に代わる方法で対応してくれる場合があります。

勤務先が休みだからといって在籍確認をあきらめず、アコムに代わりの対応をとってもらえないか相談することも重要です。

アコムの即日融資を受ける前に注意すべきこと4つ

急いでいても返済計画は立てよう

すぐにお金を借りなければいけない用事があっても、返済計画は立てましょう。アコムからお金を借りれば、その分だけでなく利息も払わなければいけません。収入がなければ、アコムへの完済も叶わないでしょう。

アコムが公式ホームページで展開している返済シミュレーションを使うことで、計画が立てやすくなります。借入金を全額返すまでの時期や月々の返済額、利息の総額などが分かるので便利です。

書類の不備がないように気をつけよう

アコムで即日融資を受けたくても、書類に不備が見つかったら意味がありません。審査不通過で再度申し込むことになれば、タイムロスにつながります。早くお金を借りたいときだからこそ、申し込みは丁寧に進めましょう。

土日祝日は店舗が休業している

土日祝日は、アコムの実店舗は休業です。即日融資の契約をしたくても、休日は利用できません。しかしインターネットからなら24時間365日いつでも申し込めます。休日も、審査自体は行っており、自動契約機も曜日を問わず利用できるので安心です。土日祝日は店舗以外の利用方法で、即日融資までたどりつきましょう。

カードは契約機で受け取る必要がある

即日融資を受けるためには審査通過のメッセージが来たら、契約機に直行しましょう。契約機で契約手続きをすれば、ローンカードがその場で発行され、アコムのATMですぐに借り入れできるからです。さもないと、郵送でローンカードが届けられます。ということはどんなに早くても1~2日かかりますので、最寄りの自動契約機で手続きする必要があります。どこに契約機があるか前もって確かめておきましょう。

アコムに関するQ&A

アコムのメリット・デメリットは何?
メリット
1.利用者が多いため安心
2.初めての利用なら30日間金利0
3.振込キャッシングに対応している
デメリット
・銀行系カードローンと比較すると金利が高い
すぐに借り入れできる?
はい、スマホがあれば簡単に30分で審査を行ってくれて、最短30分で借り入れが可能である。
無利息期間はある?
はい、アコムは最大30日間無利息でお金を借りることができる。
アコムの審査時間は?
アコムの審査時間は最短30分である。急な出費に困っている人でも比較的早めに借り入れすることができるであろう。
アコム申し込みの流れは?
1.電話、webから申し込み
2.本人確認書類の提出
3.最短30分後に審査終了
4.借り入れ
アコムの月々の返済額は?
アコムは月々1,000円~の返済が可能です。少額借り入れ&少額返済が可能である。
アコムのコンビニ対応はどうなってる?
アコムはセブン-イレブン、ファミリーマート(E-net)、ローソン、ミニストップ(イオン銀行)など、ほぼ全てのコンビニでの借り入れ、振り込みが可能である。
アコムの限度額は?
アコムは最大800万円まで借り入れをを行うことが可能である。

まとめ

アコムでは即日融資を受けられるので、借り入れを急いでいる人でも便利です。ただしインターネットか公式アプリから申し込まなければ、休日の即日融資は望めません。自身の口座がある銀行の振込対応時間も含めて、事前のルールチェックが重要です。

アコムで初めてカードローンを使う場合、この記事を参考に即日融資までの手順をこなしましょう。