イーサリアム,イーサリアム 取引所,ETH,手数料
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産の数は今や3,000を超える。時価総額が最も大きいビットコイン(BTC)に次いで、現在2位はイーサリアム(英: Ethereum/単位: ETH)だ。イーサリアムの特徴や暗号資産取引所・販売所の手数料体系とはどのようなものだろうか。

この記事に登場する専門家
※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら

イーサリアム(ETH)おすすめ取引所ランキング

イーサリアムは国内の多くの取引所で扱われている主要通貨の一つだ。

今回はその多くの取引所の中から厳選しておすすめランキングを作成した。

項目別でランキングを作成したので、この中からぜひ自分にあった取引所を見つけてほしい。

最低取引額の例
  • bitFlyerで購入する場合

    bitFlyerの最小発注数量は、0.00000001 ETHで、ここでは1 円から購入することができる。

もしイーサリアムの取引所で迷ってる方がいたら「bitFlyer」をおすすめする。

bitFlyerは、取引所の中でも最低取引金額が低く少額からでも始めやすい。

加えて、取り扱い通貨数・各種手数料など総合して考えると非常にバランスの良い取引所と言えるだろう。

上級者向けのアプリもあり、初級者から上級者まで迷ったらおすすめの取引所だ。

\初心者から上級者までおすすめのbitFlyer/

イーサリアム(ETH)取引所ランキング・各社詳細

1位 ビットコイン取引量国内No.1!(※)「bitFlyer(ビットフライヤー)」

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
ビットフライヤー
(画像=ビットフライヤー公式HPより)
出典:bitFlyer
ビットフライヤーの概要
取扱通貨数(販売所) 14通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK)
取扱通貨数(取引所) 6通貨
(BTC,ETH,BCH,MONA,XRP,XLM)
取引手数料(販売所) 無料
※別途スプレッドあり
取引手数料(取引所) 0.01~0.15%
最低取引単位(ETH) 0.00000001ETH(販売所)
0.01ETH(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:住信SBIネット銀行は無料
住信SBIネット銀行以外は330円
出金手数料 220円~770円
送金手数料(ETH) 0.005ETH

bitFlyerは、国内トップクラスの知名度と信頼性を誇る仮想通貨取引所だ。

仮想通貨の取扱数も13種類と多く、ビットコインやイーサリアムといった人気の通貨から、ステラルーメン、ベーシックアテンショントークンといった珍しいものまで揃っている。

biyFlyer

取引できる仮想通貨の選択肢の広さと、手数料のお得感から、おすすめの取引所と言えるだろう。

\初心者から上級者までおすすめのbitFlyer/

評価のポイント

① イーサリアム含め13通貨を扱っている

ビットフライヤーは販売所ではイーサリアム(ETH)を含む13のコインを扱っている。取扱通貨はBTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOTの13通貨だ。

取引所でも6通貨扱っており、複数の通貨に投資をしやすくなっている。

② レバレッジ取引が可能

ビットフライヤーは最大2倍のレバレッジ取引が可能だ。例えば5万円を担保として10万円の取引ができ、通常よりも多くの投資の利益を得ることができる。

③ 入金手数料が無料

ビットフライヤーは銀行振り込みの手数料が無料である。
さらに24時間365日いつでも入金ができる「クイック入金」も住信SBIネット銀行であれば手数料が無料(他社は330円)だ。

\初心者から上級者までおすすめのbitFlyer/

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人は?

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いている人は初めて口座開設をする人だ。取扱通貨数は13種類あり、レバレッジ取引ができるなど口座を開設しておけば幅広い投資ができる。

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人は?

bitFlyer(ビットフライヤー)が向いていない人は出金手数料が気になる人だ。出金手数料は220円~770円と幅があるが、最高手数料は他社に比べると高めになっている。

\初心者から上級者までおすすめのbitFlyer/

2位 アプリダウンロード数 NO.1!「Coincheck(コインチェック)」

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)
コインチェックの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
最低取引単位(ETH) 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
送金手数料(ETH) 0.005ETH
出典:Coincheck
biyFlyer

Coincheckは、初心者向けの取引所として人気がある。

公式サイトによると、2019年のアプリダウンロード数がNo.1とされており、多くの人が注目していることがわかる。

coincheck

取引手数料が一切かからないほか、日本円の入金も銀行からは無料である。初めて仮想通貨を買う人でも、余分な出費がかからない。

注文画面も見やすく、初めて仮想通貨を買う人にとってもわかり易い仕様となっている。まずはCoincheckで仮想通貨取引の雰囲気に慣れるのもよいだろう。

\アプリダウンロード数 NO.1!/

3位 LINEでのサポートが土日祝を含めて365日受けられる「DMM Bitcoin」

DMM bitcoin
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:6通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM)
レバレッジ:14通貨
(BTC,ETH,XRP,OMG,BAT,QTUM,XLM,MONA,XEM,LTC,ETC,BCH,XTZ,ENJ)
取引手数料(取引所) 無料
取引手数料(販売所)
最低取引単位(ETH) 0.001ETH(販売所)
ー (取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(ETH) 無料
出典 : DMM Bitcoin
biyFlyer

DMM Bitcoinは手数料がかからない状態で、さまざまな手続きを進めることができる。

仮想通貨の取引に加え、日本円の入金と出金はいずれも手数料無料だ。仮想通貨をほかの取引所に送るときも、手数料が無料な点も特徴である。
※BitMatch取引手数料を除く

大手FX会社のDMM.comのグループ会社だけあって、レバレッジ取引では14種類の暗号資産を取り扱っている。

一方、現物取引はBTC、ETH、XRP、BCH、LTC、XLMの6暗号資産のみとなっているが、イーサリアムはビットコインからでも購入できる。

DMM Bitcoin

取引所の使い方がわからないときは、LINEで気軽に問い合わせができるなど、サービスも充実しており、初心者がなじみやすい点がDMM Bitcoinの強みと言えるだろう。

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

※キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分

4位 取引手数料無料でアプリの評判も上々の「GMOコイン」

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 15通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM)
取扱通貨数(取引所) 9通貨
BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、XEM(現物取引)、XLM(現物取引)、XYM(現物取引)、MONA(現物取引)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
最低取引単位(ETH) 0.0001ETH(販売所)
0.01ETH(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料(ETH) 無料
出典 : GMOコイン
biyFlyer

GMOコインは取引手数料が無料の暗号資産販売所だ。日本円の入出金手数料が無料なので、準備に余分なコストがかからない。他の取引所で手数料に悩んでいる人も、GMOコインに切り替えれば、悩みから解放されるだろう。

配信しているアプリもFXや株取引などに近いチャートで、使い勝手が良いと評判だ。

GMOコイン

特筆すべきは取引手数料だ。取引所で希望価格を決める指値注文を行うと、手数料がマイナス(約定金額に応じた金額の日本円を受け取る)になる場合がある。破格の取引手数料をはじめ、こうした優れたサービス内容がGMOコインの特徴と言える。

5位 7通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード
(画像=SBI VCトレード公式HPより)
SBI VCトレードの概要
取扱通貨数 7通貨
(XRP,BTC,ETH,BCH,LTC,LINK,DOT)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
最低取引単位(ETH) 0.0001ETH(販売所)
0.0001ETH(取引所)
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外の金融機関:145円
送金手数料(ETH) 無料
biyFlyer

SBI VCトレードは、メガバンクのSBIグループに属する仮想通貨取引所だ。信頼性が高く、初心者でも安心して利用できるだろう

住信SBI銀行を使えば、日本円の入出金は無料だ。取引手数料もかからないので、余分な出費によるプレッシャーを感じることなく、気軽に仮想通貨の取引ができることもSBI VCトレードの特徴だ。

6位 独自の技術で流動性の高さを提供する「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine
(画像=Liquid by Quoine公式HPより)
Liquid by Quoineの概要
取扱通貨数 5通貨
(BTC、ETH、 BCH、QASH、XRP)
取引手数料(販売所)
取引手数料(取引所) ETHを含む通貨ペアは0.10%
最低取引単位(ETH) ー (販売所)
0.002ETH(取引所)
レバレッジ取引 2倍
入金手数料 無料
出金手数料 700円
送金手数料(ETH) 無料
biyFlyer

Liquid by Quoineでは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「キャッシュ(QASH)」の現物取引が可能。さらに、「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」でレバレッジ取引にもチャレンジできる。

Liquid by Quoine

「キャッシュ(QASH)」はLiquid by Quoineでしか取引できない通貨だ。Liquidのサービス内で利用できるトークンとなる。 さまざまな暗号資産取引に対応しているため、初心者から上級者まで利用しやすい取引所と言えるはずだ。

7位 ブロックチェーン技術の普及に邁進する「bitbank(ビットバンク)」

ビットバンク
(画像=ビットバンク公式HPより)
bitbankの概要
取扱通貨数 11通貨
(BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM)
取引手数料(販売所) 無料
(一部銘柄を除く)
取引手数料(取引所) Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)
最低取引単位(ETH) 0.00000001ETH(販売所)
0.0001ETH(取引所)
レバレッジ取引 取扱なし
入金手数料 無料
出金手数料 500円~770円
送金手数料(ETH) 0.005 ETH
biyFlyer

ビットバンクでは取引所と販売所からイーサリアムを取引できるため、自身の利用しやすい方を選択可能だ。

さらに、セキュリティの高さも魅力の1つ。外部ネットワークから隔離されたコールドウォレットだけでなく、ネットワークに接続されたホットウォレットも利用している。また、ビットバンクは国内におけるブロックチェーン技術の普及に尽力しており、ブロックチェーン大学株式会社も設立している。

8位 暗号資産貸出サービスが利用できる「LINE BITMAX(ラインビットマックス)」

line,bitmax
(画像=LINE BITMAX公式HPより)
LINE BITMAXの概要
取扱通貨数 6通貨
(LN,BTC,ETH,XRP,BCH,LTC)
最低取引数量(ETH) 0.01ETH(販売所)
-(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) -
送金手数料 0.001 BTC
0.005 ETH
0.15 XRP
0.001 BCH
0.001 LTC
入金手数料 無料
出金手数料 LINEPayの場合:110円(税込)
銀行口座の場合:400円(税込)
レバレッジ取引 -
出典 : LINE BITMAX
biyFlyer

LINE BITMAXはLINEが運営する暗号資産取引のサービスだ。運営元であるLINEが発行する仮想通貨「リンクコイン」をトレードすることができる。

特徴に暗号資産貸出サービスが挙げられる。このサービスはLINE BITMAXへ保有している仮想通貨を貸し出すと、貸出期間中に賃借料を受け取ることができるというものだ。

9位 貸して増やせるサービスがある「BITPoint(ビットポイント)」

ビットポイント
(画像=ビットポイント公式HPより)
ビットポイントの概要
取扱通貨数(販売所) 10通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX,ADA,JMY,DOT)
取扱通貨数(取引所) 7通貨
(BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,BAT,TRX)
最低取引数量(ETH) 500円(販売所)
500円(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 最大2倍
biyFlyer

BITPointは日本国内の取引所として、いくつかのユニークなサービスに特徴があります。まず、イーサリアムの取引所として注目したいのは、イーサリアムを取引所形式で取引できるので、手数料を安く抑えることができます。また、500円以下の少額からでも取引可能なので、最初は少しずつ投資したいという方にもおすすめです。

BITPointがユニークだといえるのは「貸して増やす」サービスです。手持ちの仮想通貨のなかですぐに使う予定がない、売買する予定がないものについてはBITPointに貸し出すことで貸借料がもらえます。現金を預けておくと利息がもらえるのと同じ感覚で仮想通貨投資ができるので、値上がり益を期待する以外にも利益を狙えるチャンスがあります。

10位 世界170カ国の利用者がいる「Huobi Japan(フォビジャパン)」

Huobi Japan
(画像=Huobi Japan公式HPより)
Huobi Japanの概要
取扱通貨数 14通貨
(BTC、BCH、BAT、XRP、ETH、LTC、ETC、MONA、XEM、XLM、HT、ONT、TRX、QTUM)
最低取引数量(ETH) 0.01ETH(販売所)
0.001ETH(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:0.008~0.100%
Taker:0.024~0.100%
送金手数料 0.007 ETH
入金手数料 無料
出金手数料 330円(税込)
レバレッジ取引 2倍
biyFlyer

Huobi Japanは、世界的に高い知名度を有する仮想通貨取引所「Huobi」の日本版という位置づけです。本家にあたる「Huobi Global」は433種類もの仮想通貨を取り扱っており(2021年12月現在)、そのスケールメリットは圧倒的です。

その日本版にあたるHuobi Japanでは取引所形式でイーサリアムの取引が可能です。販売所形式よりも手数料を安く抑えることができるため、頻繁に売買をするという方におすすめです。

先ほども述べたようにHuobiは世界中に展開している大手の取引所なので、セキュリティ面での充実度にも定評があります。これからイーサリアムをはじめとする加藤通貨投資を始めたい方にとって、この「国際品質」は安心感があります。

イーサリアム(ETH)とスプレッド

イーサリアムを日本円で購入する場合、ランキング一覧にもある通り各取引所の取引手数料は「無料」またはかなり安い価格が設定されている。

しかし、実際に取引する際には「スプレッド(売値と買値の差)」という見えない手数料が加算されており、このスプレッドは各取引所で違い狭いほどお得になる。
スプレッドは「販売所形式」と「取引所形式」で異なり、通常「販売所形式」の方が大きくなっている。

特に短期トレードをメインに活用している場合にはこのスプレッドの積み重ねが大きな差となるため、よく比較してみることが大事だ。

イーサリアム(ETH)をビットコインで買う

イーサリアムを始めとするアルトコインは日本円だけでなく、ビットコインで購入することもできる。このことをビットコイン建て(BTC建て)という。 トレードに慣れてきた場合にビットコイン建てでアルトコインを購入すると、アルトコインのより正確な相場を知ることができるなどのメリットがある。

coincheck

イーサリアム(ETH)をビットコインで買うなら?

円建てではなく、ビットコインでイーサリアムを買うならDMM Bitcoinがおすすめ。
DMM Bitcoinでは現物取引のもちろん、レバレッジ取引にも対応。どちらも取引手数料は無料である。

DMM bitcoin
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

※キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分

イーサリアム(ETH)の送金手数料は?

各種ある手数料の中でも送金手数料に絞って考えてよう。

CoinCheck 0.01 ETH
bitFlyer 0.005 ETH
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料

取引手数料のみ比べると各社そんなに差はないが、送金手数料はアルトコインの種類によって差が出てくる。イーサリアムの場合、GMOコインとDMM Bitcoinでの取引がお得だ。

イーサリアム(ETH)のGas(ガス)とは?

biyFlyer

Gas(ガス)とは手数料の1種で、ウォレットから送金するときに発生する送金手数料だ。ガスはネットワーク内の過負荷を防ぐために作られ、サイバー攻撃の対策にもなっている。

ガスはガソリン(燃料)のようなもので、価格は決まっていない。取引実行依頼者(ユーザー)が自分で値段を決められるようになっており、価格が高いほど優先的に処理されるため、取引のスピードが速くなる。ガスはプログラムを処理する度に発生し、手数料はそれらを実行者するマイナーへ支払われる仕組みになっている。

イーサリアム・ブロックチェーン上で処理されるため、ガス代はイーサリアム(ETH)の相場に影響を受ける。価格設定時にはイーサリアムの価格に気をつけよう。

ガスの手数料の計算方法

手数料 = Gaslimit(ガス量) × Gasprice(ガス価格)

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム概要
通貨名 イーサリアム(Ethereum)
略称 ETH
取り扱い取引所 Coincheck、bitFlyer、DMM Bitcoin、GMOコイン、SBI VC Trade、Liquid by Quoine、ビットバンク
現在の価格(11/16現在) 1ETH=496,554円
時価総額(11/16現在) 58,696,223,839,531円

イーサリアム(ETH)はビットコインに次ぐ時価総額2位の暗号資産(仮想通貨)だ。アルトコインの代表格とも言える不動の地位を築き、着々と価格を上昇させている。

独自の技術「スマートコントラクト」を持っていることが特徴で、これはブロックチェーン上にプログラミングを書き込み、特定の条件を満たした場合にのみ自動的に処理を実行させるというものである。

biyFlyer

ブロックチェーンという改ざん不可能な領域に、自動化によって取引コスト削減し、さまざまなものに応用されることを期待されている。

イーサリアム(ETH)の購入をおすすめする4つの理由

biyFlyer

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ2番目の時価総額を誇る「アルトコインの雄」だ。最大の特徴であるスマートコントラクトは契約や取引を自動化する技術のことで、すでにこのスマートコントラクトを利用したサービスがすでに登場し、多くのユーザーを集めていることからも成長余地は大きいと考えられる。

ここでは、そんなイーサリアムを購入すべき理由を将来性、投資メリットなど4つの視点で解説する。

イーサリアム(ETHEREUM)の将来性は?

イーサリアムの将来性を語るうえで外せないのが、スマートコントラクトのさらなる応用や発展だ。スマートコントラクトはイーサリアムの開発コンセプトでもあり、この技術を応用した分散型金融(DeFi)のサービスも登場し、実用化している。

今後さらにスマートコントラクトを応用したサービスが登場し、金融システムそのものに革命的な変化をもたらす可能性もあり、それが現実になったときにはイーサリアムが基軸通貨として大きくその地位を向上させるだろう。その地位向上に伴って価格も上昇するのは必至で、それは十分購入動機になりうる。

ICOで多くイーサリアムが使用されている

イーサリアムがもつ特徴であるスマートコントラクトを利用すると、ICOトークンの発行が可能だ。ICOトークンとは企業などが発行する独自の暗号資産のことで、いわばIPO(株式新規公開)のように発行した暗号資産を買ってもらうことで資金調達をするスキームだ。

イーサリアムではこのICOトークンの発行が可能なので、今後このスキームを活用した資金調達が行われる可能性が高く、そこでもイーサリアムの存在意義が高くなるだろう。

少額から始められる

イーサリアムの価格は、現在おおむね50万円台だ(2021年11月時点)。ビットコインが時折700万円を超えるほどの上昇をすることを考えると10分の1以下の価格で購入できるため、少額からの投資を考えている方にはイーサリアムが適しているといえるだろう。

もっとも1ETHが最低投資単位ではなく、0.1ETH、0.01ETHといったように少額の投資も可能だ。中長期的に安定的な右肩上がりの価格推移をしているので、これが続くと仮定するなら購入しておくメリットは大きいと考えられる。

スマートコントラクト普及の可能性がある

イーサリアムの最大の売りといってもよいほど画期的な技術であるスマートコントラクトは、今後の普及余地がとても大きい。リアル世界の商取引や契約においては多くの書類を揃える必要があり、それが時間的、人的なコストにつながっていることも多いが、スマートコントラクトであればそれを飛躍的に簡素化、迅速化できる。

しかもブロックチェーンを利用しているため改ざんなどの不正が困難で、契約など正確性が求められる場面での利用に十分活用可能だ。こうした特性からスマートコントラクトが普及すると、イーサリアムの地位向上につながる。

ビットコインにない、スマートコントラクトはNFTが注目される今、イーサリアムへの注目度も高まっている。実際に「NFTアート」と呼ばれる仮想通貨の技術を使ったデジタルアートが海外のオークションサイトで販売され、約75億円で落札された。

NFTの多くはイーサリアムのブロックチェーンを利用しており、今後NFTが注目されればされるほど、イーサリアムへの期待感も高まっていくと考えられる。

イーサリアムの買い方・購入方法

イーサリアムを購入する方法は、とても簡単だ。主に3つのステップで購入することができるので、順を追って解説しよう。

暗号資産取引所に口座を開設する

国内に有力な暗号資産取引所が多数あるので、それらの取引所に口座開設申込をして本人確認書類を提出し、口座を開設しよう。イーサリアムはとてもメジャーな暗号資産であり、取り扱っていない取引所は稀だ。数多くある取引所の中からサービス面やセキュリティ面などを比較して気に入ったところに口座を開設すればOKだ。

取引所の口座に日本円を必要額入金する

口座を開設した取引所に、日本円を入金する。イーサリアムを購入するために必要な資金なので、購入したいイーサリアムの金額から必要な日本円を計算して入金すれば無駄がない。ほとんどの取引所にはクイック入金といって銀行口座から即座に口座へ入金できるサービスがあるので、これを利用すると瞬時に入金を完了できる。

取引所内の操作で日本円をイーサリアムに交換する

取引所に日本円を入金したら、あとはそれをイーサリアムと交換するだけだ。相場が極端に高いと思うタイミングであればそれが下がるのを待ってもよいので、自分が納得できる金額で購入しよう。

イーサリアム(ETH)を購入できるおすすめの取引所を選ぶポイント

先ほども述べたようにイーサリアムはとてもメジャーな暗号資産なので、イーサリアムを取り扱っている取引所は多数ある。この数ある取引所の中からイーサリアムを購入するのに適した取引所を選ぶポイントは、主に4つある。4つめについては仕組みを知らない人には初見の内容になるので、詳しく解説しよう。

ポイント①手数料は安いか

イーサリアムに限らず、暗号資産の取引で重要になるのが手数料だ。頻繁に取引をする可能性がある人の場合、その都度かかってくる手数料が高いとコストに大きな差が生じてしまう。

口座への入金時やイーサリアムの取引時、さらには口座の維持など、さまざま局面で関わってくる手数料が安いか、もしくは無料であるかをチェックしよう。

ポイント②他の暗号資産の種類は豊富か

取り扱っている暗号資産の種類が多いか少ないかは、取引所の実力を示すバロメーターの1つだ。もちろん自分自身が知らない通貨、投資する可能性がない通貨ばかりが多くても意味がないが、主要な通貨はひと通り網羅していることが望ましい。

なぜなら、購入したイーサリアムを別の暗号資産に交換してさらなる投資や活用をする可能性があるからだ。他の暗号資産をどれだけ取り扱っているか、その点を数だけではなく内訳でも比較検討したい。

ポイント③最低注文金額はいくらか

先ほど少額から投資ができることがイーサリアムのメリットであると述べたが、小額投資を検討している人にとって取引所の最低注文金額は重要だ。

1ETHが最低投資金額の場合は2021年11月の時価で50万円以上の資金が必要になるが、01ETHであれば約5万円、0.01ETHであれば約5,000円といったようにハードルが低くなる。小さければ小さいほどハードルは低くなるが、これについては自身で考えている投資単位で購入可能かどうかをチェックすればよいだろう。

ポイント④FX取引・レバレッジ取引が可能か

暗号資産の現物取引は投資金額に対して等倍の金額を投資するだけだが、FX取引、レバレッジ取引が可能な取引所だと同じ資金であっても2倍、3倍規模の投資が可能になる。

こうした仕組みを利用して相場が思惑通りに推移すると利益も2倍、3倍と大きくなるため、少額投資派にとっては嬉しいメリットだ。こうした取引を希望するのであれば、取引所にFX取引やレバレッジ取引のサービスがあるかをチェックしよう。

イーサリアム(ETH)の販売所と取引所の違い

販売所と取引所の違い
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産(仮想通貨)の取引所には「販売所」と「取引所」が存在し、両者の違いを確認しておきたい。実は販売所と取引所では取引や手数料の仕組みが異なり、その違いを理解することは重要だ。

まず暗号資産販売所とは、顧客に対して暗号資産の売値と買値を提示し、顧客の相手方となって取引を成立させる業者のことだ。市場が突然大きく動かない限り、その業者が定める一定金額までなら顧客は提示された価格で暗号資産を購入、または売却することができる。

こうした販売所では取引手数料は無料としているが、実のところ手数料は価格の中に含まれている。スプレッドと呼ばれる売値と買値の差の中から、実質的な手数料が取られているのだ。このスプレッドは一定ではなく、市場環境によって変わる。

一方、取引所とは保有者同士の注文をつなぐ業者のことを指す。取引所の場合、顧客は約定金額に業者が定める料率をかけた金額を手数料として支払うことになる。

取引所の手数料率は業者によって異なるが、大体0.25%~0.5%程度だ。手数料率でいうと、販売所よりも取引所のほうが安い。ただし取引所では、望む数の暗号資産を望む価格で必ずしも買えるわけではない点には注意が必要だ。

「maker(メイカー)」と「taker(テイカー)」の違い

「maker(メイカー)」と「taker(テイカー)」の違い
(画像=NETMONEY編集部)

取引所では「メイカー」と「テイカー」で異なる取引手数料率を設定しているところが少なくない。取引所は受けた注文を、「板」というものに一覧で表示する。「メイカー」とは、この板に注文を乗せる人のことだ。

現在の気配値よりも安い価格での買い注文や、気配値よりも高い価格での売り注文(いわゆる「指値(さしね)注文」)が板に表示される。注文を出すことによって流動性を作り出しているので、「maker(作る人)」と呼ばれる。

一方、板に出ている注文を見て、それと取引しようとする人を「taker(取り去る人)」という。価格を指定しない「成行(なりゆき)注文」もテイカーだ。

買いの成行注文なら、板にある一番価格の安い売り注文と売買が成立する。売買が成立すると、板にあったその売り注文はテイカーによって取り去られる。取引所では、メイカーへの手数料をテイカーよりも高くしていることが多い

イーサリアム(ETH)を購入できる暗号資産交換業者

2021年11月12日現在で、金融庁からの登録を受けた暗号資産交換業者27社のうち、以下の21社がイーサリアムを取り扱っている。登録された業者ならば、顧客の資産は自社の資産と分けて保管している(分別管理)ため、信頼できる暗号資産交換業者といえるだろう。

会社 販売所 取引所
株式会社bitFlyer
コインチェック株式会社
株式会社DMM Bitcoin
GMOコイン株式会社
SBI VCトレード株式会社
QUOINE株式会社 (Liquid by Quoine運営)
ビットバンク株式会社
ビットポイントジャパン株式会社
フォビジャパン株式会社
BTCボックス株式会社
TaoTao株式会社
楽天ウォレット株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社
オーケーコイン・ジャパン株式会社
Payward Asia株式会社
CoinBest株式会社
株式会社マーキュリー (CoinTrade運営)
株式会社coinbook
株式会社Zaif
株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
関東財務局近畿財務局
2021年11月12日現在

イーサリアム(ETH)の将来性は?

2017年2月以降、イーサリアムはビジネス界での活用に向けた開発を推進するプロジェクトを立ち上げている。その理由は、イーサリアムのブロックチェーン上には取引記録だけでなく、契約内容まで残せるためだ。

「スマートコントラクト」と呼ばれるこの技術は、さまざまなビジネスでの活用も期待されており、マイクロソフトやJPモルガン、トヨタ自動車など、国内外のそうそうたる大手企業が参画したEEA(Enterprise Ethereum Alliance、イーサリアム企業連合)として既に発足している。

またイーサリアムは資金調達の新たな手段としても活用されており、数多の暗号資産の中でも、現実のビジネスシーンと関わりの深い暗号資産といえるだろう。(ZUU online編集部)

イーサリアム(ETH)取引所のまとめ

イーサリアムの取引が可能な取引所について、さまざまな角度から解説してきました。イーサリアムはビットコインと双璧と目されるほどメジャーな仮想通貨なので取引所を探すのに困ることはありませんが、だからこそしっかりと比較検討して最適な取引所を利用したいところです。

数あるイーサリアムの取引が可能な取引所のなかでも、日本国内では「Coincheck」が最も有力です。取扱通貨ペア数が17種類でとても多いことからイーサリアムと他の主要な仮想通貨との交換も容易ですし、今後も本格的な取引所としての成長が期待できます。過去にあったNEM流出事件の教訓から現在は強固なセキュリティが確保されていることも高い評価を得ています。

イーサリアムを500円相当の金額から取引できることや、取引所取引に対応しているので手数料コストを抑えながらイーサリアムの購入や売却ができるのもポイントが高いと思います。

専門家のコメント

イーサリアム(ETH)取引におすすめの取引所

取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引単位 レバレッジ取引
1位 1位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001ETH
取引所:0.01ETH
2倍
2位 2位 Coincheck 無料 17種類 円建てで500円相当額 なし
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
14種類 販売所:0.001ETH
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%, Taker 0.05%
15種類 販売所:0.0001ETH
取引所:0.01ETH
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001ETH
取引所:0.0001ETH
なし
取引所名 取引手数料 取扱通貨数 最低取引
単位
レバレッジ
取引
1位 1位 bitFlyer 販売所:無料(※1)
取引所:0.01~0.15%
14種類 販売所:0.00000001ETH
取引所:0.01ETH
2倍
2位 2位 Coincheck 無料 17種類 円建てで500円相当額 なし
3位 3位 DMM Bitcoin 販売所:無料(※2)
取引所:-
14種類 販売所:0.001ETH
取引所:-
2倍
4位 GMOcoin 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%
Taker 0.05%
15種類 販売所:0.0001ETH
取引所:0.01ETH
2倍
5位 SBIVCトレード 無料 7種類 販売所:0.0001ETH
取引所:0.0001ETH
なし
※1.別途スプレッドあり
※2.BitMatch取引手数料を除く
2021年12月17日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC Trade

暗号資産取引所のイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 手数料 スプレッド 取扱通貨数 セキュリティ サポート ツール アプリ 総合評価
bitFlyer

Coincheck

DMM Bitcoin

GMOコイン

SBI VCトレード

Liquid by Quoine

bitbank

暗号資産(仮想通貨)について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.暗号資産(仮想通貨)取引を始めた(始めようとしている)理由・目的は何ですか?

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.最も期待している暗号資産(仮想通貨)を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に暗号資産に投資している金額をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所について

(2021年10月株式会社ZUUが実施/暗号資産についてのアンケート調査結果より)

Q.口座開設を検討した暗号資産(仮想通貨)取引所を教えてください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.実際に口座を開設した暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.メインで利用している暗号資産(仮想通貨)取引所をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

Q.今利用している暗号資産(仮想通貨)取引所を選んだ理由をお知らせください。

2011年10月アンケート結果
(画像=NETMONEY編集部)

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所のアプリに関するイメージ調査結果 暗号資産取引所の総合的なイメージ調査結果
 
取引所 暗号資産取引所の手数料に関するイメージ調査結果
かなり安いと思う 安いと思う 普通だと思う 高いと思う かなり高いと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.6% 13.6% 36.6% 7.0% 3.0% 34.2%
GMOコイン 8.2% 17.4% 32.8% 5.4% 1.2% 35.0%
bitFlyer 3.4% 14.4% 39.4% 7.4% 2.6% 32.8%
DMM Bitcoin 4.0% 13.0% 35.0% 5.6% 1.8% 40.6%
bitbank 3.4% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
BITPOINT 3.0% 10.0% 32.8% 3.6% 1.8% 48.8%
Liquid by Quoine 2.6% 7.6% 31.2% 5.2% 1.2% 52.2%
TAOTAO 2.4% 8.6% 30.0% 5.4% 2.0% 51.6%
FXcoin 2.0% 7.2% 33.0% 4.6% 1.4% 51.8%
SBI VCトレード 3.2% 8.8% 34.4% 5.0% 1.0% 47.6%
ディーカレット 2.6% 7.4% 34.0% 4.2% 1.0% 50.8%
LINE BITMAX 2.8% 9.0% 32.4% 5.0% 1.2% 49.6%
取引所 暗号資産取引所のスプレッドに関するイメージ調査結果
かなり使いやすい思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う 使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 6.8% 17.6% 36.0% 3.2% 1.8% 34.6%
GMOコイン 6.6% 20.2% 30.2% 3.2% 1.8% 38.0%
bitFlyer 4.4% 18.0% 35.4% 5.2% 2.8% 34.2%
DMM Bitcoin 3.6% 16.4% 30.6% 3.6% 2.0% 43.8%
bitbank 3.6% 14.8% 31.4% 3.0% 1.6% 45.6%
BITPOINT 3.8% 10.8% 28.0% 5.2% 1.6% 45.6%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 30.0% 3.8% 2.2% 53.0%
TAOTAO 2.4% 9.0% 28.8% 4.4% 2.0% 53.4%
FXcoin 3.0% 6.8% 30.4% 4.0% 1.6% 54.2%
SBI VCトレード 4.6% 11.2% 29.6% 4.0% 1.6% 48.6%
ディーカレット 2.8% 9.0% 29.6% 2.6% 2.0% 54.0%
LINE BITMAX 3.2% 9.2% 29.0% 4.0% 1.6% 53.0%
取引所 暗号資産取引所の取扱通貨数に関するイメージ調査結果
かなり充実していると思う 充実していると思う 普通だと思う 少ないと思う かなり少ないと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
GMOコイン 7.6% 21.4% 31.4% 4.0% 1.2% 34.4%
bitFlyer 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
DMM Bitcoin 3.8% 18.2% 30.8% 5.6% 1.6% 40.0%
bitbank 4.0% 12.6% 33.0% 3.6% 1.6% 45.2%
BITPOINT 2.8% 11.0% 29.4% 5.0% 2.8% 49.0%
Liquid by Quoine 2.8% 8.2% 29.8% 4.4% 2.8% 52.0%
TAOTAO 3.2% 9.0% 29.4% 3.8% 2.6% 52.0%
FXcoin 3.2% 8.2% 29.8% 4.6% 2.2% 53.0%
SBI VCトレード 3.4% 10.6% 29.8% 6.0% 3.2% 47.0%
ディーカレット 3.0% 9.2% 29.8% 4.6% 2.2% 51.2%
LINE BITMAX 2.4% 10.2% 30.4% 4.4% 1.6% 51.0%
取引所 暗号資産取引所のセキュリティに関するイメージ調査結果
かなり強いと思う 強いと思う 普通だと思う 弱いと思う かなり弱いと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 18.8% 35.6% 6.8% 3.0% 28.8%
GMOコイン 7.6% 18.4% 34.8% 4.2% 1.6% 33.4%
bitFlyer 6.6% 17.4% 38.2% 5.8% 1.6% 30.4%
DMM Bitcoin 4.6% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
bitbank 4.2% 15.0% 35.2% 3.8% 2.2% 39.2%
BITPOINT 4.6% 10.8% 29.6% 5.2% 1.8% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 8.2% 30.4% 4.8% 2.6% 50.6%
TAOTAO 3.0% 10.0% 29.0% 4.2% 3.2% 50.6%
FXcoin 3.8% 8.4% 29.0% 5.6% 2.0% 51.2%
SBI VCトレード 5.6% 10.4% 30.4% 5.8% 1.6% 46.2%
ディーカレット 3.8% 7.8% 30.2% 5.6% 2.0% 50.6%
LINE BITMAX 4.0% 8.6% 30.4% 4.8% 2.2% 50.0%
取引所 暗号資産取引所のサポートに関するイメージ調査結果
かなり手厚いと思う 手厚いと思う 普通だと思う 手厚くないと思う かなり手厚くないと思う 特にイメージはない
Coincheck 5.8% 15.0% 37.2% 7.4% 2.2% 32.4%
GMOコイン 5.6% 16.4% 35.6% 4.8% 1.2% 36.4%
bitFlyer 5.2% 14.4% 39.2% 6.2% 2.6% 32.4%
DMM Bitcoin 4.2% 13.0% 34.2% 5.2% 2.0% 41.4%
bitbank 3.6% 10.6% 35.0% 5.2% 2.0% 41.4
BITPOINT 3.4% 8.8% 32.2% 4.8% 1.6% 44.4%
Liquid by Quoine 3.8% 6.8% 30.2% 6.2% 1.4% 51.6%
TAOTAO 3.0% 7.2% 31.6% 5.0% 2.2% 51.0%
FXcoin 3.6% 8.6% 29.2% 5.2% 1.4% 52.0%
SBI VCトレード 4.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
ディーカレット 3.4% 8.2% 30.4% 5.4% 1.0% 51.6%
LINE BITMAX 3.4% 6.8% 33.0% 4.4% 1.2% 51.2%
取引所 暗号資産取引所の取引ツールに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
GMOコイン 6.6% 18.4% 32.4% 5.4% 1.6% 35.6%
bitFlyer 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
DMM Bitcoin 3.8% 14.6% 33.2% 4.2% 1.6% 42.6%
bitbank 4.4% 11.2% 33.8% 4.2% 1.6% 44.8%
BITPOINT 4.0% 9.0% 31.0% 4.6% 1.6% 44.8%
Liquid by Quoine 2.8% 6.8% 32.2% 4.2% 1.8% 52.2%
TAOTAO 3.4% 7.2% 30.2% 4.2% 2.6% 52.4%
FXcoin 3.4% 8.8% 29.4% 3.8% 1.8% 52.8%
SBI VCトレード 4.2% 10.8% 31.2% 3.0% 2.4% 48.4%
ディーカレット 3.2% 7.4% 30.6% 4.2% 1.6% 53.0%
LINE BITMAX 4.0% 8.0% 31.4% 3.6% 1.4% 51.6%
取引所 暗号資産取引所のスマホアプリに関するイメージ調査結果
かなり使いやすいと思う 使いやすいと思う 普通だと思う 使いにくいと思う かなり使いにくいと思う 特にイメージはない
Coincheck 8.0% 18.2% 31.0% 4.8% 1.8% 36.2%
GMOコイン 6.8% 16.0% 30.8% 3.8% 1.8% 40.8%
bitFlyer 5.2% 19.0% 32.0% 3.8% 1.8% 40.8%
DMM Bitcoin 3.8% 13.6% 30.6% 4.6% 2.0% 45.4%
bitbank 4.0% 10.4% 31.4% 4.8% 1.8% 47.6%
BITPOINT 3.0% 9.6% 29.4% 4.6% 1.8% 47.6%
Liquid by Quoine 3.4% 6.8% 27.6% 4.6% 3.6% 54.0%
TAOTAO 3.2% 7.0% 28.6% 4.0% 3.6% 54.0%
FXcoin 3.8% 6.4% 30.4% 3.6% 1.2% 54.6%
SBI VCトレード 4.4% 10.0% 27.0% 4.6% 1.8% 52.2%
ディーカレット 3.6% 8.0% 27.8% 4.0% 1.6% 55.0%
LINE BITMAX 2.6% 9.0% 29.4% 3.2% 2.2% 53.6%
取引所 暗号資産取引所の総合的なイメージ
かなり良いと思う 良いと思う 普通だと思う 悪いと思う かなり悪い思う 特にイメージはない
Coincheck 7.0% 21.0% 37.6% 4.0% 2.4% 28.0%
GMOコイン 6.6% 21.2% 33.6% 4.2% 1.4% 33.0%
bitFlyer 6.6% 22.0% 38.6% 4.2% 1.0% 27.6%
DMM Bitcoin 4.2% 16.6% 34.6% 4.6% 1.0% 39.0%
bitbank 4.4% 12.2% 35.2% 5.0% 1.2% 42.0%
BITPOINT 3.6% 11.2% 32.4% 3.2% 1.6% 48.0%
Liquid by Quoine 3.4% 7.8% 32.2% 4.2% 1.0% 51.4%
TAOTAO 3.4% 7.6% 32.0% 3.8% 1.4% 51.8%
FXcoin 3.6% 6.0% 32.4% 3.4% 2.4% 52.2%
SBI VCトレード 3.8% 12.0% 31.4% 3.8% 1.6% 47.4%
ディーカレット 3.2% 7.6% 33.2% 3.6% 1.4% 51.0%
LINE BITMAX 3.6% 8.8% 32.2% 3.6% 1.8% 50.0%

イーサリアム(ETH)の購入に関するQ&A

Q. イーサリアム(ETH)は販売所と取引所のどちらの方が安く購入できるか?

販売所では取引手数料が無料と書かれているが、実際にはスプレッドと呼ばれる手数料がかかっているため、取引所の方が安くなることが多い。

Q. ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は交換できるか?

bitFlyer Lightningではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の交換が可能となっている。他にも交換可能な取引所はあるため、気になった方は口座開設前に公式ページで確認してみてほしい。

Q. イーサリアム(ETH)はどこの暗号資産(仮想通貨)の取引所でも購入できるか?

取り扱っている暗号資産の種類は取引所により異なるが、イーサリアム(ETH)は流通量が多く、ほとんどの取引所で取り扱っている。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引きにおける、「maker(メイカー)」とは何か?

「maker(メイカー)」とは、取引板に新たな注文が並ぶことで、市場の流動性を作り出す取引および、当該取引となる指値注文を出していた人のこと。
なお、メイカー注文に対して発注した相手側は「Taker(テイカー)」という。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引きにおける、「taker(テイカー)」とは何か?

「taker(テイカー)」とは、取引板に並ぶ注文を約定し、市場から流動性を取り除く取引および、当該取引を発注した人のこと。

 
コメントしている専門家
※「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します。