オリックス銀行カードローンは土日も申し込み可?使えるサービスは?

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンでありながら、消費者金融のカードローンにも引けを取らない便利なサービスを提供していることで人気があります。

銀行カードローンの場合、その銀行の口座開設が必須なことが多いですが、オリックス銀行カードローンの場合は必須ではありません。口座がなければ融資を受けられないといった条件もないため、誰でも申し込むことができます。

そんなオリックス銀行カードローンですが、土日に申し込むことはできるのでしょうか。また、土日に利用できるサービスには何があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。他のカードローンも気になる方はおすすめのカードローンをチェックしてみてください。

  1. 土日・祝日・年末年始は審査不可
  2. 土日でも申し込みはできる
    1. 土日でも24時間申し込みができる
    2. 土日に申し込むメリット
    3. 申し込みの流れ
  3. 土日でも借り入れはできる
    1. オリックス銀行カードローンで土日に借り入れする方法
  4. 土日でも利用できるサービス
    1. 新規申し込み
    2. 借り入れ・返済
  5. まとめ

土日・祝日・年末年始は審査不可

オリックス,ローン,審査
(画像=オリックス銀行)

オリックス銀行カードローンの申し込みはインターネットの公式サイトからいつでも可能です。

ただし、土日と祝日、年末年始は審査を行っていません。申し込みの受付はしていますが、審査は行っていないので注意しましょう。

土日でも申し込みはできる

オリックス,ローン,、金利
(画像=オリックス銀行)

オリックス銀行カードローンは土日の審査は行っていませんが、申し込みはインターネットの公式サイトから土日や祝日でも受け付けています。

土日や祝日の時間に余裕のあるときに落ち着いて手続きをするとよいでしょう。

・土日でも24時間申し込みができる

オリックス銀行カードローンは、インターネットの公式サイトから365日24時間申し込みができます。

ただし申し込みから借り入れができるようになるまでには時間がかかります。早めに借り入れをしたい場合は、土日や祝日などに申し込んでおくと、スムーズに手続きが進むでしょう。

・土日に申し込むメリット

土日や祝日に審査は行われませんが、申し込みさえ済ませておけば、休み明けすぐに審査をしてもらえます。

カードローンの審査は、職場への在籍確認が必要です。土日や祝日に申し込みをしておくと、休み明けに審査手続きが早く進み、在籍確認の電話も早めにかかってくることが予想できます。

在籍確認の電話は不在でも問題ありませんが、早い時間帯に電話がかかってくると予想できると、自分で電話を取りやすくなるでしょう。

・申し込みの流れ

オリックス銀行カードローンを申し込む際の流れは以下のとおりです。

申込の流れ

  • オリックス銀行カードローンの公式サイトの申し込み画面を開く
  • 申し込みフォームに必要な情報を入力する
  • 入力したメールアドレスに、Eメールアドレス確認用のURLが送られてくるので、URLをクリックして確認する。
  • 審査が行われる
  • 職場に在籍確認の電話が来る
  • 申込者本人に確認の電話が来る
  • 必要書類をインターネットからアップロードする
  • オリックス銀行からローンカードが郵送されてくる
  • ローンカードを使って提携ATMで借り入れするか、オリックス銀行カードローンのサイトにログインして振り込みを依頼する。

前述のように、審査や職場への電話は土日や祝日には行われません。申し込み自体は土日や祝日でもできるので、休み明けすぐに審査などの手続きを進めてもらいたければ、土日や祝日に申し込んでおいたほうがよいでしょう。

銀行カードローンおすすめランキング 銀行カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
金利(年)
申込
王冠_gold1位
王冠_gold 1位
ガン保障特約付きプラン
借入限度額は最大800万円
1.7%~17.8%

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
一般的な銀行カードローンよりも
審査が早い可能性が高い
返済は1,000円~可能
1.8%~14.6%

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
年収が安定した方であれば安心のサポート
納得の金利の三井住友銀行カードローン
1.5%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

4位
SMBCモビット,モビット
4位
楽天会員なら審査優遇あり※1
借入限度額は最大800万円
1.9%~14.5%

申込はこちら

申込はこちら

5位
5位
金利が低め
借入限度額は最大800万円
1.5%~14.0%

申込はこちら

申込はこちら

引用元: 三菱UFJ「バンクイック」三井住友銀行楽天銀行オリックス銀行みずほ銀行

※このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 必ずしもすべての楽天会員様が審査の優遇を受けられるとは限りません。
専門家のコメント

土日でも借り入れはできる

オリックス,ローン,、保証人
(画像=オリックス銀行)

オリックス銀行カードローンは、土日や祝日でも借り入れをすることができます。具体的な借り入れ方法を見ていきましょう。

・オリックス銀行カードローンで土日に借り入れする方法

無事に審査に通って、ローンカードを入手した後はどのように借り入れをすればよいのでしょうか。また、土日や祝日はどのように借り入れができるのでしょうか。

提携ATM

オリックス銀行カードローンは、ローンカードを使って、提携ATMで借り入れをすることができます。提携ATMには、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行のATMがあります。そのほかにも、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニATMでも借り入れが可能です。

提携ATMを利用すれば、土日や祝日に関係なく借り入れができます。それぞれ利用できない時間帯もあるので、事前に調べてから利用するとよいでしょう。

オリックス銀行カードローン提携ATM

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • コンビニATM

振り込み

オリックス銀行カードローンは、振り込みでも借り入れができます。多くの銀行で振り込みによる借り入れができますが、土日や祝日でも借り入れができる銀行は限られています。

オリックス銀行カードローンの場合、土日や祝日でも振り込みで借り入れができるのはPayPay銀行だけです。そのほかの銀行では、土日や祝日に振り込みによる借り入れはできません。

PayPay銀行の口座があれば、振込先に設定しておくことで、土日や祝日でも借り入れが可能です。

PayPay銀行以外の場合、8時40分から15時の間に依頼すると当日に振り込んでもらえます。それ以降の時間だと、翌営業日の振り込みになってしまうので、注意しましょう。

土日でも利用できるサービス

オリックス,ローン,、審査
(画像=オリックス銀行)

オリックス銀行カードローンのサービスのうち、土日や祝日でも利用できるものを確認してみましょう。

・新規申し込み

オリックス銀行カードローンの新規申し込みは、インターネットの公式サイトから、土日や祝日でも可能です。

・借り入れ・返済

ローンカードを入手した後であれば、提携ATMを利用して土日や祝日でも借り入れができます。また提携ATMで土日や祝日に返済をすることも可能です。

提携ATMは三菱UFJ銀行や三井住友銀行、ゆうちょ銀行をはじめ、西日本シティ銀行、イオン銀行を利用できます。また、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMも利用可能です。

提携ATMは、土日や祝日も手数料無料です。1,000円から借り入れができるのも便利でしょう。

ただし、土日や祝日に振り込みで借り入れができるのは、PayPay銀行だけです。その他の銀行の場合、翌営業日に振り込まれることになるので注意しましょう。

まとめ

オリックス銀行カードローンは、土日は審査を行っていません。申し込みはインターネットの公式サイトからいつでも可能です。時間に余裕のある土日に申し込みをして、休み明けに早く審査が始まるようにしておくとスムーズに借り入れができるでしょう。

ローンカードが届いたら、提携ATMで土日や祝日でも借り入れができます。提携ATMであれば借り入れにかかる手数料は無料なので、土日や祝日でも気軽に借り入れができるでしょう。

オリックス銀行

社名 オリックス銀行株式会社
社名(英文名) ORIX Bank Corporation
本社所在地 東京都港区芝3-22-8 オリックス乾ビル
電話番号 0120-89-0693
URL https://www.orixbank.co.jp/
設立 1993年
資本金 45,000,000千円
主要株主 オリックス株式会社
事業内容 銀行業
登録番号 関東財務局長(登金)第11号
加盟団体 -
個人信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー
お問い合わせ先 0120-89-0693

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP資格
住宅ローンアドバイザー
損保マスタ

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611


金子賢司の関連記事一覧