楽天銀行と三井住友銀行カードローンはどちらがおすすめ?

急な出費で持ち合わせがない・給料日前でピンチ、このような経験はありませんか。そういったときに重宝するのがカードローンです。銀行でもカードローンを提供しているところは意外と多くあります。

今回は楽天銀行と三井住友銀行のカードローンを比較していきましょう。いざというときどちらを利用すればよいか、判断材料にしてみてください。他のカードローンも気になる方はおすすめのカードローンをチェックしてみてください。

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」とは

楽天銀行では「楽天銀行スーパーローン」というカードローン商品をラインナップしています。銀行に口座を持っていない人でも、開設手続きなしで申し込みは可能です。ただし楽天銀行に口座を持っていると、24時間・365日いつでも即時借り入れができます。パソコンのほかにもスマホで手続きができるので、急な出費で手持ち資金が足りないときにも重宝するでしょう。

楽天グループではサービスの利用頻度などで、会員のランク分けを行っています。ランクによって審査が優遇される場合があるのも、特色の一つです。楽天会員に登録している人で、関連サービスをしばしば利用する人は、借入しやすくなる可能性があるでしょう。

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。

三井住友銀行の「三井住友銀行カードローン」とは

三井住友銀行でも個人向けのカードローンを用意しています。同行に普通預金口座のない人でも口座開設せずにすぐに申し込みできます。一方口座を持っている人の場合、申し込み時の入力内容が簡略化できるので、手間をかけずに手続きを進められます。また手持ちのキャッシュカードにローン機能を追加する形になるので、カードの数が増えずお財布がかさばる心配もありません。

Webによる手続きに対応しているのも特徴の一つです。銀行の営業している平日の日中、仕事をしていてなかなか訪れられないという人もいるでしょう。そのような人でも思い立ったときにスマートフォンやパソコンを使って、手続きできるのは魅力です。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローンの比較

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローンのカードローン、どちらの方がおすすめなのでしょうか。ここでは借り入れの際に重視したい金利や返済方法、借入限度額・内緒の借り入れ、審査スピードの5項目で比較していきましょう。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローン:金利で比較

楽天1.9~14.5%・三井住友銀行カードローン1.5~14.5%です。通常はじめて借り入れする際には、上限金利が 適用されることが多いです。上限金利は同じなので優劣はつけられません。借り入れと返済を繰り返してクレヒスを積み重ねると、借入可能枠が大きくなるかもしれません。借入枠が大きくなると、適用される金利も低くなります。

将来的には下限金利が適用される人も出てくるかもしれません。その場合楽天よりも三井住友銀行カードローンの方が、0.4%金利は低くなっています。将来何百万円単位のまとまった資金を融資してもらう可能性があれば、三井住友銀行カードローンに申し込んだ方がよいでしょう。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローン:借りられる上限金額は?

楽天銀行スーパーローンは1万~800万円、三井住友銀行カードローンは10万~800万円の融資に対応しています。ただしすべての人がこれだけのまとまった金額を、借り入れできるわけではありません。信用力に合わせて個別に限度額は決定されます。

銀行カードローンは貸金業者のそれと比較して、借入限度枠は大きい傾向です。将来的にまとまった金額の借り入れを検討しているのであれば、両方ともおすすめの商品といえるでしょう。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローン:返済方法は?

口座引き落としとATM、ネットバンキングまでは一緒です。これに加えて楽天では指定口座への振り込みも用意しています。口座引き落としの場合、両方とも4つの日付の選択肢のなかから任意で選ぶ形になります。ただし日付は異なり、楽天は毎月1日・12日。20日・27日です。ほかの銀行口座でも対応可能ですが、最後の27日は楽天銀行でないと適用されません。一方三井住友銀行カードローンは5日・15日・25日・月末のいずれかです。

返済は両方ともコンビニATMで取引可能です。楽天は加えてイオン銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などの金融機関とも提携しています。両者ともコンビニATMを利用する場合、時間帯関係なく利用手数料は無料です。

返済方式は残高スライドリボルビング方式を採用しています。その時々の残高に合わせて、月々の最低支払額が変わるスタイルです。最低支払額は両方とも2000円と低額なので、返済しやすいといえるでしょう。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローン:他人にバレない?

家族と同居しているなど、できれば家族に知られずにカードローンを利用したいと思っていませんか。両者を比較した場合は三井住友銀行カードローンの方がおすすめです。

家族バレで最もリスクが高いのは、金融機関からの郵送物です。自分以外のだれかが受け取ったことで知られる可能性があります。楽天の場合、ローンカードが自宅に郵送されてきます。「ローンカード在中」などと書かれてはいませんが、郵送以外の設定ができないので、もしかするとここで知られてしまうかもしれません。

三井住友銀行カードローンの場合、本支店内にあるローン契約機で契約手続きが可能です。こちらで手続きを完了させれば、ローンカードがその場で発行されます。申し込み時に郵送物が発生しないので、家族と同居していても知られずにお金を借りられるでしょう。

会社の同僚に知られずに申し込む場合、在籍確認がネックになるかもしれません。これは申請した勤務先で本当に働いているかどうかを確認するために、電話をかける手続きです。両方とも在籍確認は原則電話で行われますので避けられません。不安に思うかもしれませんが、電話に出た人に気づかれないようにオペレーターの個人名で連絡してくれるのは共通しています。知られる心配はほぼないといってよいでしょう。

楽天銀行スーパーローンと三井住友銀行カードローン:審査のスピードは?

審査回答についてですが、三井住友銀行カードローンの場合公式ホームページで「最短翌営業日には回答」(※)と随所に記載されています。一方楽天のWebサイトをみてみると「できるだけ速やかな審査」と書かれています。しかし翌営業日という文言は書かれていませんでした。もしできるだけ早く審査結果が出て、借り入れできる状況にしたければ「翌営業日」と明記している、三井住友銀行の方がよいでしょう。

銀行の場合、即日審査・即日融資には対応していません。少し前までは、即日対応していた金融機関が少なからずありました。しかし、より慎重かつ厳格に審査すべきという時勢になっているので、今では即日結果通知してくれるところはありません。もしその日のうちに結果を知りたい、お金を借りたいと思っているのなら、消費者金融系のローンを利用したほうがよいでしょう。

※ 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
 

楽天銀行スーパーローンの口コミからみるメリット

楽天グループというと、ポイントがもらえるというイメージをもっている人もいるでしょう。口コミをみると「ローン利用でポイントがもらえるのは魅力的」という意見がしばしば出ていました。たとえば入会した段階で1000ポイントを獲得できる可能性があります。楽天系のサービスをよく利用してポイントをためている人にはおすすめです。

また「Webで簡単に申し込めた」という意見もよく出ています。Web完結で店舗に来店する必要はないのです。スマホでも申し込みができるので、外出中のちょっとした時間を利用して手続き完了する利便性の高さは、ユーザーの間で高く評価されているようです。

「キャンペーンを利用すればお得に利用できる」というコメントも時折出ています。キャンペーンの中には金利半額といったものもあるようです。従来よりも利息が半額になれば、返済負担もかなり軽減できます。不定期で行っているので、こまめにホームページをチェックしてみましょう。

三井住友銀行カードローンの口コミからみるメリット

「使い勝手がよい」という口コミはしばしばみられます。対応が早く、口座を持っていると申込がWeb上で完結できるのでスムーズです。必要書類もスマートフォンなどで撮影して、指定されたところにアップロードするだけとなっています。

「オペレーターが親切だった」というのも、口コミでわかるメリットの一つです。電話連絡したときにも応対が丁寧で、例えば書類の作成の仕方が分からなかったときでも、親切に説明してくれたという体験談もありました。在籍確認の電話に自ら出た人もいて、「丁寧で好感が持てた」という意見でした。

「メガバンクという安心感がある」という意見もよくみられます。日本を代表する大手銀行なので、借金することに抵抗感のある人でも気軽に利用できるのが強みといえるでしょう。

まとめ

借入限度額・金利、返済方法などについては両者ともあまり大きな違いはありません。他人バレと審査スピードについては、若干三井住友銀行カードローンの方が有利といえます。とくに家族と同居していて知られずにお金を借りたい場合、楽天だとローンカードなどの郵送がどうしても来てしまいます。しかし三井住友銀行カードローンであれば、ローン契約機で手続きすれば郵送の心配がありません。審査スピードについても三井住友銀行カードローンは最短翌営業日(※)と明記されていて、一日の長があります。

※ 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。
 

一方楽天銀行はキャンペーンを開催しているときがあります。キャンペーンを利用すれば、金利が半額になるなどかなり思い切った企画もあるので、お得にお金を借りられるでしょう。またローンを利用すると楽天ポイントがたまりますので、楽天ユーザーなら利用を検討してみるのも一考です。自分の状況に合わせて、より有利な条件で借り入れできる金融機関を利用しましょう。