三井住友カードが法人代表者や個人事業主を対象に発行しているビジネスカードに「三井住友ビジネスカード for Owners クラシック」があります。比較的審査が通りやすいわりに、所持するメリットも大きいといわれていますが、具体的にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

三井住友forownersクラシック

ビジネスカードを作りたいと考えているが、どれがよいのか決めかねている方に向けて、三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの評判や特徴を詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

三井住友ビジネスカードfor Ownersクラシックを選ぶべき人はこんな人!

 
  • 小規模な法人代表や個人事業主の方!
  • 会社を設立して間もない方!
  • 飛行機での出張やタクシーでの移動が多い方!
  1. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックとは?
  2. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの特徴やメリット
  3. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの評判は?
  4. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを所有するまでの流れ
  5. 三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを作る際のよくあるお問い合わせ
  6. 経営者の心強い味方になる三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックとは?

三井住友カードが提供しているビジネスカードの中で、一番申し込みやすいといわれているのが「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

カードの評価
★★★★★
年会費 1,375円(税込・初年度無料)
※条件付無料
追加カード ETCカード・家族カード
ポイント還元率 0.50%~2.50% おすすめ利用シーン 出張だけでなく、コンビニなど日常生活で利用したい方
貯まるポイント Vポイント 付帯保険 海外旅行:最大2,000万円
ショッピング:年間100万円まで
発行スピード 最短7営業日 スマホ決済 iD
Google Pay
Apple Pay
締め日・支払日 15日締め/翌月10日払い
月末締め/翌月26日払い
経費精算 勘定奉行

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • ビジネスカードの中では高還元率
  • コンビニやマクドナルド利用で2%ポイント還元

デメリット

  • 基本還元率は一般的なカードと同じ

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 最大1万5000円分のVJAギフトカードがもらえる
  • コンビニやマクドナルド利用で2%ポイント還元
  • VJAギフトカードは全国50万店以上で利用可能

デメリット

  • 最大の1万円分のギフトカードをもらうには入会後1ヶ月後末までに5万円の利用が必要

三井住友ビジネスカード for Ownersは引落口座も代表者の個人口座を使用できるので、開業直後でも比較的申し込みやすいビジネスカードといわれており、チェックしておきたいところです。

専門家のコメント

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの特徴やメリット

キャンペーン

ここでは、三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの特徴をもう少し掘り下げ、メリットとともに紹介していきます。

まずは三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードの特徴です。三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードの主な特徴は以下の3点です。

ビジネスサポートサービスを利用できる

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードにはビジネスシーンで役立つサービスの提供がある。オフィス用品をアスクルサービスでスピーディーに揃えられ、全国で展開している日産レンタカーや、タイムズカーレンタルをお得な価格で営業車として手配できる

万が一の事態に備えた海外・国内旅行傷害保険の付帯

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックカードには海外・国内旅行傷害保険が付帯する。出張中の予期せぬアクシデントに備えられるので安心して仕事に集中できる。

対象コンビニやマクドナルドの支払いは2%還元

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンおよびマクドナルドでの支払いなら、利用金額200円につき2%の還元を受けられる。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックはどのような人におすすめ?

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックがおすすめな方
  • 小規模の法人
  • 個人事業主

この三井住友ビジネスカード for Owners クラシックは、規模が大きい企業の経営者よりは、小規模法人や法人化していない個人事業主にとっておすすめです。

なぜなら、一般的な法人向けカードの審査に必要になる登記簿謄本や決算書が不要なので、忙しい人でも手軽に手続きできるからです。そして申し込みもインターネットで簡単。必要な申し込み情報を入力するだけです。手続きの簡素さは、とりわけ多忙な個人事業主にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

 
三井住友ビジネスfor classic
jcb一般法人カード
アメックスビジネス
カード名 三井住友ビジネスカードfor owners classic JCB一般法人カード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
年会費
1,375円(税込)

1,375円(税込・初年度年会費無料)

13,200円(税込)
還元率
0.50%~2.50%

0.47%~1.49%

0.50%
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
月末締め・翌月26日払い
15日締め・翌月10日払い 3日締め・当月21日払い
7日締め・当月26日払い
19日締め・翌月10日払い
付帯保険 海外旅行:最高2,000万円
 ショッピング:最高100万円
海外旅行:最大3,000万円
国内旅行:最大3,000万円
ショッピング:最大100万円
海外旅行:最大5,000万円
国内旅行:最大5,000万円
ショッピング:最大500万円
経費精算 勘定奉行 会計freee & 弥生会計 会計freee
特徴 年会費が安く、ポイント還元率が高い freee、弥生会計との連携があるので会計処理が楽チン! 海外出張の際、24時間サポートセンター利用可能!
発行日数 最短7日 最短3日 2週間程度
キャンペーン 最大15,000円分ギフトカードプレゼント 最大30,000ポイントプレゼント 最大36,000ポイントプレゼント
申し込み
 
三井住友ビジネスfor classic
jcb一般法人カード
アメックスビジネス
カード名 三井住友ビジネスカード
for owners classic
JCB一般法人カード アメリカン・エキスプレス
・ビジネス・カード
年会費
1,375円(税込)

1,375円(税込・初年度年会費無料)

13,200円(税込)
還元率
0.50%~2.50%

0.47%~1.49%

0.50%
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
月末締め・翌月26日払い
15日締め・翌月10日払い 3日締め・当月21日払い
7日締め・当月26日払い
19日締め・翌月10日払い
付帯保険 海外旅行:最高2,000万円
 ショッピング:最高100万円
海外旅行:最大3,000万円
国内旅行:最大3,000万円
ショッピング:最大100万円
海外旅行:最大5,000万円
国内旅行:最大5,000万円
ショッピング:最大500万円
経費精算 勘定奉行 会計freee & 弥生会計 会計freee
特徴 年会費が安く、ポイント還元率が高い freee、弥生会計との連携があるので
会計処理が楽チン!
海外出張の際、
24時間サポートセンター利用可能!
発行日数 最短7日 最短3日 2週間程度
キャンペーン 最大15,000円分
ギフトカードプレゼント
最大30,000ポイントプレゼント 最大36,000ポイントプレゼント
申し込み

年会費の安さが人気のポイント

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックは、インターネット入会の特典で初年度の年会費は無料になります。

2年目以降の年会費は1,375円(税込)ですが、「マイ・ペイすリボ」の登録と前年のリボ払いの手数料支払いが1回以上あれば 、年会費が無料です。また、WEB明細書サービスを利用すると年会費から550円割引されます。

このように、三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの会費はかなり安く設定されているのです。

経営者に嬉しい特典も

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックは、経営者に嬉しい特典がいろいろと付いてきます。以下に代表的なビジネス優待をまとめてみました。

ビジネス優待一覧
  • ・ビジネスサポートサービス
     日産レンタカーなどビジネスシーンで役立つサービスを提供
  • ・福利厚生代行サービス
     国内外数1,000ヵ所の契約宿泊施設やスポーツクラブなどの幅広いサービスを割引料金で利用可能
  • ・三井住友カードiD
     電子マネーiDを利用可能
  • ・海外キャッシュサービス
     現地通貨の準備がその場のATM等で可能に
  • ・ビジネス用じゃらんnetホテル予約
     法人向けの特別価格プランを利用可能

リボ払いやキャッシングも完備

三井住友ビジネスカード for Ownersは「キャッシングリボ」も利用可能。これはfor Ownersのみのサービスとなります。for Owners クラシックのキャッシング限度額は50万円です。

この限度額であれば、急な支払いや少額の資金調達にも効率的に利用できます。ちなみに、for Owners ゴールドも同じく限度は50万円。これが三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナになると限度額が100万円になります。

いざというときに50万円の枠で足りないと想定する場合は、三井住友ビジネスカード for Owners プラチナを検討するのが良いでしょう。経営者の方々にとって、いざというときのキャッシュフロー改善の強い味方のなるのでおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの利用枠

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの利用可能枠は10~150万円。中小企業経営者や個人事業主であれば、この枠なら経費の支払いなどに利用できるでしょう。

もちろんビジネス上で多額の支払いが発生するケースもあります。150万円の限度額では心もとない方は、限度額が300万円のfor Ownersゴールド500万円のfor Owners プラチナを検討するのがよいでしょう。

キャッシュフローのサイズ感を考慮して、カードの種類を選択するのが妥当です。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの評判は?

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの、ネット上での評判を抜粋して紹介しておきます。

アイコン

男性/40代

三井住友カードを銀行とのお付き合いから導入している。パートナー会員の枚数をかなり発行しているのだが、年会費の負担が軽いのは助かる。海外出張での保険やさまざまなサポート、紛失時のサポートなどもありがたい。
アイコン

男性/30代

念願のビジネスカードを持つことができてひとまず満足だ。入会後にクレジット利用などの条件を達成するとギフトカードのプレゼントがもらえるとのことなので、楽しみにしている。個人経営でも家族以外の社員がいるケースは、福利厚生のサービスが少額で受けられるシステムに加入できるところがいい。
アイコン

女性/50代

申込はネットで完結して手軽だった。ただし、他社のクレジットカードよりもポイント還元率が低い部分は、少し物足りないところではある。とはいえ、ETCカードがついてくるので、仕事で移動が多い私は助かっている。
アイコン

男性/50代

月々の請求も把握しやすく予算の管理がしやすいので気に入っている。どの分がどの程度割引され、請求がいつになるかが明確なので非常に助かる。
アイコン

男性/50代

ステータス感があるところは満足している。プライベートの支払いと社費がきちっと分けられるので、毎年の確定申告での計上が楽だ。カード利用の個人と会社の判別がつきにくい経営者には大変おすすめなカードだ。また、年会費も安いので負担があまりかからない。

おおむね、経営者の方々からの良好な評価が多いようです。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを所有するまでの流れ

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを申し込んでから所有するまでの流れを見ておきましょう。

公式サイトから申し込み

三井住友カードの公式サイトの三井住友ビジネスカード for Owners クラシック申し込みページにて『個人情報の取扱いに関する重要事項』および『会員規約・特約』を確認したうえで、下部の【同意のうえ、入力画面へ進む】ボタンから申し込みましょう。

必要な情報を打ち込む

必要情報を正確に入力していきましょう。項目は多数あるので、根気よく入力してください。

ひと通り入力が進んだら、支払い口座の設定となります。運転免許証や引き落としに使う金融機関の口座の通帳やキャッシュカードがあるとスムーズです。

収入を証明する書類を提出

個人事業主の場合は、借入希望枠と無担保借入残高の合算額などに関わらず、以下の2点の直近のもののコピーが必要となります。

収入を証明する書類

●以下のいずれか1点

  • 確定申告書B第一表(控え)
  • 青色申告決算書(控え1ページ目)
  • または【収支内訳書(控え1ページ目)】

発行まで最短で3日、1週間でお手元に

申し込みからカード発行まで「最短で3営業日」となっているので、特に問題がなければ1 週間程度で手元にカードが郵送されてくるでしょう。

発行

経営者の心強い味方になる三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

このビジネスカードは年会費の負担は低く、経営効率を上げて経費率を下げる効果があり、いざというときには資金繰りの助けになる頼もしいビジネス用クレジットカードです。

持っていれば経営者の心強い味方となってくれる三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを、個人事業主や企業オーナーの方は検討してみてはいかかでしょうか。

三井住友ビジネスカードfor Ownersクラシックのイメージはどうなのか?

株式会社ZUUが2021年6月に行ったアンケート調査では三井住友ビジネスカードfor Ownersクラシックが非常にイメージの良いカードであることがわかりました。

アンケート

実査機関:クロス・マーケティング

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを作る際のよくあるお問い合わせ

ここでは三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを作る際によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカードfor Ownersクラシックの申し込みにはどんな書類が必要ですか?
運転免許証など、法人代表者の本人確認資料が必要となります。
一般的に法人向けカードの審査に必要な登記簿謄本や決算書は不要です。
>>三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを所有するまでの流れを見る
三井住友ビジネスカードfor Ownersクラシックは何歳から申し込みができますか?
満20歳以上かつ会社経営者または個人事業者の方がお申し込みの対象です。パートナー会員の方は、満20歳以上の役員の方が対象になります。
ただし、クラシック(一般)カード、ゴールドカードとは異なり、プラチナカードのみ満30歳以上の会社経営者または個人事業者の方が対象となります。
三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersに追加できるカードはありますか?
以下のカードを追加可能です。
ETCカード、三井住友カードiD、三井住友カードWAON、PiTaPaカード、JR東海プラスEXサービス、Apple Pay、Google Pay 
これらの付帯カードは、お手元にクレジットカードが届いた後に追加で申し込むことも可能です。
>>三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの基本情報を見る

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。
公式サイト:https://marron-financial.com/
新井智美の関連記事一覧

調査概要

実査機関 クロス・マーケティング
 調査目的  クレジットカード保有者への満足度に関する調査
 調査対象  クレジットカードの利用または保持している方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  クレジットカードの利用または保持している、20歳~69歳の男女500名

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較