「楽天ビジネスカードとはどんなものだろうか?」「使ってみたいけど、評判は良いのか?」などの疑問を感じている人もいるでしょう。楽天カードは、ビジネスカードを展開しており、仕事の役に立つさまざまなサービスが用意されています。

この記事では楽天ビジネスカードに興味がある人のために、お得な使い方や、メリットなどをまとめました。記事の後半で評判も紹介するので、カードの全体像をイメージできるでしょう。

楽天ビジネスカードを選ぶべき人はこんな人!

  • 楽天プレミアムカードを持っている方!
  • 法人代表もしくは個人事業主の方!
  • 楽天プレミアムカードとの使い分けで経費処理の効率化をはかりたい方!
  1. 楽天ビジネスカードとは?
  2. 楽天ビジネスカードを使うメリット
  3. 楽天ビジネスカードを使うデメリット
  4. 楽天ビジネスカードの評判は?
  5. 楽天ビジネスカードはどんな人におすすめ?
  6. 楽天ビジネスカードを手に入れるまでの流れ
  7. ビジネスシーンを強力にバックアップする楽天ビジネスカード
  8. 楽天ビジネスカードを作る際のよくあるお問い合わせ

楽天ビジネスカードとは?

楽天ビジネスカードとは、法人向けの楽天カード。仕事のさまざまな場面で役に立つクレジットカードで、IT大手の楽天が発行しています。

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの子カードとして申し込むカードで、従業員も利用することができるカードです。

楽天ビジネスカード
  楽天ビジネスカード
カード評価 ★★★★☆
年会費 2,200円(税込)
ポイント還元率 1.0%~5.00%
利用可能額 300万円
付帯保険 国内・海外旅行:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
プライオリティ・パス
空港ラウンジ 主要国内空港ラウンジ無料
※ダニエル・K・イノウエ、仁川空港ラウンジ含む
申込み条件 20歳以上で一定の収入がある人

引用元:Rakuten Card

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 楽天市場で決済すればポイントが通常の5倍に
  • ETCカード利用でも100円につき1ポイントがたまる
  • 誕生月はポイントが+1倍に、楽天市場決済ボーナスと併用でポイントが6倍に

デメリット

  • ボーナスポイントは期間限定ポイントを含む

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 新規入会で3,000ポイントプレゼント

デメリット

  • 期間限定ポイントでの付与となる

そのため、楽天ビジネスカードの所有には楽天プレミアムカードの入会が必須です。

 
楽天カード
楽天プレミアムカード
年会費 無料 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%~5.00% 1.0%~5.00%
利用可能額 100万円 300万円
付帯保険 海外旅行(利用付帯):最高2,000万円 国内・海外旅行:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
プライオリティ・パス ×
空港ラウンジ - 主要国内空港ラウンジ無料
※ダニエル・K・イノウエ、仁川空港ラウンジ含む
申込み条件 18歳以上 20歳以上で一定の収入がある人
公式サイト
 
楽天カード
楽天プレミアムカード
年会費 無料 11,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%~5.00% 1.0%~5.00%
利用可能額 100万円 300万円
付帯保険 海外旅行(利用付帯):最高2,000万円 国内・海外旅行:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
プライオリティ・パス ×
空港ラウンジ - 主要国内空港ラウンジ無料
※ダニエル・K・イノウエ、仁川空港ラウンジ含む
申込み条件 18歳以上 20歳以上で一定の収入がある人
公式サイト

楽天ビジネスカードを使うメリット

楽天ビジネスカードにはさまざまなメリットがあります。楽天経済圏で使用すればポイントを貯めやすく、明細も分けられるので経費管理もしやすいでしょう。他にも複数枚のETCカード発行や「VISAビジネスオファー」など、独自のサービスが目白押しです。楽天ビジネスカードの4つのメリットをまとめてみました。

楽天経済圏で活用できる楽天ポイントが一気に貯まる

楽天経済圏を積極的に利用してポイントを貯めやすいのが、楽天ビジネスカードの特徴です。例えば出張のために楽天トラベルを利用したり、仕事に必要なものを買うために楽天市場を利用したりすると、金額の5%を還元してもらえます。

通常のポイント還元は1%なので、楽天ビジネスカードではその5倍の効果を望めるのです。普通の買い物では貯まらなかったポイントが、ビジネスカードでは貯めやすいので、ポイント自体も積極的に使いやすくなるでしょう。

 
楽天ビジネスカード
三井住友ビジネスゴールドカード
アメックスゴールド
カード名 楽天ビジネスカード 三井住友ビジネスゴールドカード アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
年会費
2,200円(税込)

11,000円(税込・初年度年会費無料)

36,300円(税込)
還元率
1.00%~5.00%

0.50%~2.50%

0.50%
締め日・支払日 月末締め・翌月27日払い 15日締め・翌月10日払い
月末締め・翌月26日払い
3日締め・当月21日払い
7日締め・当月26日払い
19日締め・翌月10日払い
付帯保険 国内・海外旅行:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
海外旅行:最大5,000万円
国内旅行:最大5,000万円
ショッピング:最大300万円
海外旅行:最大1億2千万円
国内旅行:最大1億万円
ショッピング:最大500万円
特徴 ビジネスカード最高峰のポイント還元率 ゴールドカードでは年会費が安く、ポイントもたまりやすい キャンセル代なども補填できるスマートなカード
おすすめ利用シーン オフィスに必要な物を楽天市場で購入すればポイント5倍! 急な国内出張や打ち合わせにはVJタクシーチケットを利用して迅速に移動 接待や会食も優待特典や無料サービスを利用してお得に
キャンペーン 新規入会で3000ポイントプレゼント 最大12,000円分ギフトカードプレゼント 最大30,000ポイントプレゼント
申し込み
 
楽天ビジネスカード
三井住友ビジネスゴールドカード
アメックスゴールド
カード名 楽天ビジネスカード 三井住友ビジネス
ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス
・ビジネス・ゴールドカード
年会費
2,200円(税込)

11,000円
(税込・初年度年会費無料)

36,300円(税込)
還元率
1.00%~5.00%

0.50%~2.50%

0.50%
締め日・支払日 月末締め・翌月27日払い 15日締め・翌月10日払い
月末締め・翌月26日払い
3日締め・当月21日払い
7日締め・当月26日払い
19日締め・翌月10日払い
付帯保険 国内・海外旅行:最高5,000万円
動産総合保険:最高300万円
海外旅行:最大5,000万円
国内旅行:最大5,000万円
ショッピング:最大300万円
海外旅行:最大1億2千万円
国内旅行:最大1億万円
ショッピング:最大500万円
特徴 ビジネスカード最高峰の
ポイント還元率
ゴールドカードでは年会費が安く
ポイントもたまりやすい
キャンセル代なども補填できる
スマートなカード
おすすめ利用シーン オフィスに必要な物を
楽天市場で購入すれば
ポイント5倍!
急な国内出張や打ち合わせには
VJタクシーチケットを
利用して迅速に移動
接待や会食も
優待特典や無料サービスを
利用してお得に
キャンペーン 新規入会で
3000ポイントプレゼント
最大12,000円分
ギフトカードプレゼント
最大30,000ポイント
プレゼント
申し込み

引用元:楽天ビジネスカード, 三井住友カードゴールド, アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

明細を分けられるので用途を問わずに使いやすい

楽天ビジネスカードを使えば、従来の方法と比べて、経費管理も簡単になります。というのも、カードを使わない経費精算は、事業主や従業員が費用を立て替えるたびに、領収書つきの精算書を作らなければなりません。これを経理が精算して記帳するという手作業が必要です。この一連の流れを面倒に感じる人もいるでしょう。

しかし楽天ビジネスカードを使えば、法人カード専用の利用明細書がついてきます。どこで誰が使ったかをチェックできるので、記帳のような手作業なしでも経費の記録をつかめます。経費に関する作業を効率化できれば、他の仕事の時間も確保しやすくなるでしょう。

このように経費管理を効率良くできるのも、楽天ビジネスカードならではのメリットとえいます。

複数枚のETCカードを発行できるので社員の移動費清算も簡単

従来の楽天カードでは1枚しかETCカードを発行してもらえませんが、楽天ビジネスカードでは、ETCカードを複数枚発行できます。2枚目以降は1枚ごとに年会費550円がかかりますが、社員の交通費の管理に便利です。

ETCを使用すると通行料金の割引があるので、社員が仕事で車移動する際に、高速道路などの有料道路をお得に利用できます。楽天ビジネスカードを使う個人事業主やビジネスオーナーにとっても、経費削減ができますし、ポイントもたまって、交通費管理も楽になるでしょう。営業が車を利用することが多い業種や運送業など、車の利用機会が多い企業にとっては有効でしょう。

ビジネスシーンに欠かせない「VISAビジネスオファー」が付帯

楽天ビジネスカードを使えば、「VISAビジネスオファー」も利用できます。

例えばグルメなら、「VISAビジネスグルメオファー」として全国のレストランを格安で利用できるので、接待や会食をよくする人には最適でしょう。他にもオフィス・事務用品の「オフィス・デポ」、オンライン翻訳依頼サービス「トランスマート」など、さまざまなサービスで割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを受けられます。

楽天ビジネスカードはVISAブランドしかありませんが、仕事に必要なサービスがお得に利用できるビジネスオファーが使えることは、かなりのメリットだといえるのではないでしょうか。

楽天ビジネスカードを使うデメリット

楽天ビジネスカードはメリットばかりではありません、キャッシング機能や分割払い、旅行保険など、他のビジネスカードにはあるものが利用できないというデメリットがあります。不便と感じやすい点を2つにまとめました。

キャッシング機能や分割払いが使えない

楽天ビジネスカードでは、キャッシング機能や分割払いは使えません。しかし、これらは法人カードでは採用されないのが普通です。カード会社にとっても、キャッシングや分割でなければ支払いを済ませられない法人は、資金管理に難があると判断しがちでしょう。

その観点から、楽天ビジネスカードでは、どれだけ多額の支払いになっても、一括払い以外では決済できません。個人カードでは資産状況に合わせてキャッシング機能を使ったり、分割やリボなどで払い方を工夫できます。しかし法人カードにはそうした機能はありません。

法人でも計画的な資金管理に自信がない場合は、楽天カードを使うべきではないでしょう。キャッシングや分割ができないという法人カード特有の制約に阻まれないために、適切なお金の使い方を心がけてください。

旅行保険が付帯していない

楽天ビジネスカードには旅行保険がありません。プレミアムカードに手厚い旅行保険が自動付帯していることも関係しているでしょう。

プレミアムカードの年会費は1万1000円と高いといえますが、手厚い旅行保険があるので、ビジネスでの出張回数が多い人には役に立ちます。一方でビジネスカードは2,200円の年会費で使えますが、出張先でのトラブルにより多大な損害を被ったときにも、保険でカバーできません。

たとえばプレミアムカードでは、国内旅行における傷害死亡保険として最大5000万円、傷害入院保険金として1日あたり5000円などの補償があります。しかしビジネスカードでは保険が一切付いていないので、以上のような損害はすべて自己負担です。

このようにビジネスカードとプレミアムカードでは、保険の有無が決定的な違いになります。

専門家のコメント

楽天ビジネスカードの評判は?

楽天ビジネスカードは、口コミでさまざまな評価が見られます。

良い口コミでは、ポイント還元率の高さを挙げる声が目立ちました。さらに経費で使ったものがポイントとして返ってくるので、買い物や遊びにも使えるのが良いという評価もあります。ビジネスカードでは、通常の楽天カードの5倍のポイントが還元されるので、有効活用しやすいことにユーザーが気づいているのでしょう。

しかし悪い口コミにも注意しなければなりません。たとえば、楽天ビジネスカード単体で限度額が設定されていないことをデメリットとして挙げるユーザーがいます。このユーザーによると、ビジネスカード自体の限度額の未設定により、共用として使っているプレミアムカードがすぐに限度額に達して決済に使えなくなるそうです。

楽天ビジネスカードへの入会を考えているなら、良い口コミだけでなく悪い方も見ながら、バランスよく判断しましょう。

楽天ビジネスカードはどんな人におすすめ?

楽天ビジネスカードは、法人向けに作られているので、会社を経営する人が使うことで、経費管理をはじめさまざまな場面に役立ちます。

たとえば自営業者なら、効率良く経費管理ができるだけでなく、キャッシュフローへのゆとりも期待できるでしょう。法人カードは後払いだからです。これにより口座から経費が落ちるまでは資金が残り続けるので、お金が足りなくなる事態を避けやすくなります。

法人のビジネスオーナーにとっても、さまざまなサービスを受けられる点で有利でしょう。接待が必要になったときは、レストランを予約し、食事代を格安にできます。またVISAビジネスオファーにより、仕事で必要なサービスを割引で受けられることもポイントです。

このように楽天ビジネスカードは、自営業者やビジネスオーナーが使えば、仕事のさまざまな場面で有効活用できるカードといえそうです。

楽天ビジネスカードを手に入れるまでの流れ

楽天ビジネスカードはインターネットから申し込むことがきます。ビジネスカードの紹介サイトの下部にある「カードを申し込む」ボタンから申し込むことができます。なお、楽天ビジネスカードは親カードにあたる楽天プレミアムカードを持っていないと申し込むことができません。楽天カードを持っている場合は、そのカード番号を入力し、申し込み内容として必要事項を入れてください。内容に問題がなければ、勤務先へ必要書類が届きます。書類に必要事項を記入し、返送しましょう。

書類が届き次第、審査が始まり、通過できればカード発送です。審査通過から約2週間以内の到着が多く、すでに楽天プレミアムカードを持っていれば最短3日で届くケースもあります。

以上のように楽天ビジネスカードは、法人ならシンプルな手続きで入会できるのです。

ビジネスシーンを強力にバックアップする楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードを使えば、ビジネスシーンが有意義になるでしょう。経費がポイントバックされるだけでなく、ポイント自体も通常の楽天カードより還元率が高いといえます。VISAビジネスオファーでさまざまなサービスをお得に利用できるので、経費削減にも役立つでしょう。

今回の記事を読んで楽天ビジネスカードに興味を持ったらならば是非申し込みを検討してみてください。

楽天ビジネスカードを作る際のよくあるお問い合わせ

ここでは楽天ビジネスカードを作る際によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

楽天ビジネスカードは何歳から申し込みができますか?
楽天ビジネスカードは、20歳以上かつ安定した収入のある法人代表者様、または個人事業主の方がお申し込み可能です。
>>カードの基本情報を見る
楽天ビジネスカードの申し込みにはどんな書類が必要ですか?
お申し込み時に入力した会社所在地まで、カードの発行に必要な書類が郵送されます。必要書類の返送が確認された後にカードの審査が行われます。
また、お支払い口座が法人名義の場合は発行から6ヶ月以内の商業登記簿謄本または発行から3ヶ月以内の法人登記印の印鑑証明書の提出が必要です
楽天ビジネスカードは、新規申し込みをしてからどれくらいでカードが届きますか?
楽天ビジネスカードは、必要書類が到着してから、約2週間でカードが届きます
ただし、審査の状況や書類の不備、また年末年始などの連休によりカードのお届けが遅れる場合もございますのでご注意ください。
>>楽天ビジネスカードを手に入れるまでの流れを見る
新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較