自動車税とは、車を持っている人が毎年5月に納付する税金のことです。現在は、クレジットカードを使用して、自動車税を納めることができるようになっています。

自動車税をクレジットカードで支払うことでポイントが貯まったり、実質的な支払いが先延ばしできるなどより利便性が高まることになります。一方で、納税証明書が自動的に発行されないなどの注意点もあります。

目次

  1. 自動車税がクレジットカードで納税できる?
  2. 自動車税をクレジットカードで納税するメリットとデメリット
  3. クレジットカードで自動車税を納税する際の手数料
  4. クレジットカード使用時の納税証明書は?
  5. 納税後3週間以内に車検ならコンビニか金融機関窓口で
  6. 東京都の自動車税クレジットカード納税について
  7. 千葉県の自動車税クレジットカード納税について
  8. 大阪府の自動車税クレジットカード納税について
  9. 兵庫県の自動車税クレジットカード納税について
  10. クレジットカードを利用して手軽に自動車税を納めよう
  11. 自動車税をクレジットカードで納税する際のよくあるお問い合わせ
  12. 実際にクレジットカードを作る
  13. 専門家コメント及びに記事の監修

自動車税がクレジットカードで納税できる?

自動車税,クレジットカード
(画像=PIXTA)

従来は金融機関やコンビニなどで納税されていた自動車税ですが、近年クレジットカードで納税できるようになりました。その経緯を簡単に紹介しておきます。

・税制改革により実現

自動車税をクレジットカードで支払えるようになったのは、2016年の税制改正が発端です。翌2017年からは自動車税を含む各種税金の納付にクレジットカードの使用が可能になりました。

実は以前にも地方税については一部の自治体でクレジットカード納税が可能でした。この改正によって、クレジットカードで支払える国税や地方税の範囲が格段に広がったのです。

クレジットカードでの自動車税納税方法
各都道府県特設サイト 岩手県、福島県、千葉県、東京都、福井県、山梨県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、大分県
モバイルレジ 秋田県、徳島県、沖縄県
Yahoo!公金払い 北海道、青森県、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、神奈川県、新潟県、富山県、静岡県、岐阜県、長野県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県
未対応 石川県、高知県

自動車税をクレジットカードで納税するメリットとデメリット

ここでは自動車税をクレジットカードで納税することのメリットとデメリットについて解説します。

自動車税をクレジットカードで納税するメリット

自動車税をクレジットカードで納税するメリットには、以下の3つが挙げられます。

クレジットカードで納税するメリット

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 納付期限内なら自宅でいつでも納税できる
  • 支払期日を繰り延べできる

これらのメリット3つを詳しく解説していきます。

本記事でおすすめするクレジットカード

 
JCBW
dカード
セブンプラスカード
カード名 JCB W dカード セブンカードプラス
年会費
無料

無料

無料
還元率
1.00%~10.0%

1.00%~4.00%

0.5%~1.50%
自動車税支払い時の
還元率
1.0% 1.0% 1.0%
※オートチャージ&nanaco払い使用時
ポイント種類 OkiDokiポイント dポイント nanacoポイント
おすすめ
利用シーン
Amazon・楽天市場利用で
最大10%ポイント還元
スタバやマツモトキヨシの利用で
ポイント最大4倍
セブンイレブンやイトー
ヨーカドーなどでの利用で
ポイント還元率2倍
キャンペーン Amazonプライムギフトコード
3ヶ月分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で
30%キャッシュバック
最大8,000ポイントプレゼント 最大5,200ポイントプレゼント
申し込み
 
JCBW
dカード
セブンプラスカード
カード名 JCB W dカード セブンカードプラス
年会費
無料

無料

無料
還元率
1.00%~10.0%

1.00%~4.00%

0.5%~1.50%
自動車税支払い時の
還元率
1.0% 1.0% 1.0%
※オートチャージ&nanaco払い使用時
ポイント種類 OkiDokiポイント dポイント nanacoポイント
おすすめ
利用シーン
Amazon・楽天市場利用で
最大10%ポイント還元
スタバやマツモトキヨシの利用で
ポイント最大4倍
セブンイレブンやイトー
ヨーカドーなどでの利用で
ポイント還元率2倍
キャンペーン Amazonプライムギフトコード
3ヶ月分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で
30%キャッシュバック
最大8,000ポイントプレゼント 最大5,200ポイントプレゼント
申し込み

支払いでポイントがたまる!

まず、クレジットカードごとに設定されているポイントやマイルが付与されます。これは、クレジットカード納税ならではのメリットといってよいでしょう。ポイントが貯まることで、支払った自動車税が多少なりとも還元されることも、現金の支払いでは得られないものです。

例えば、ポイントがいつでも2倍のJCB CARD Wで5万円の自動車税を支払った場合、1.0%のポイント還元が得られるため500ポイントが還元されます。JCB CARD Wは現在、Amazon.co.jpで利用するとポイント30倍のキャンペーン中です。年会費も無料であり、今後メインカードとしても利用ができるおすすめのカードです。

JCB W
カードの評価
年会費 無料
ポイント還元率 1.0%~10.0%
貯まるポイント OkiDokiポイント
家族カード 無料
付帯電子マネー
ETCカード 無料
付帯保険 海外旅行(利用付帯):最高2,000万円
海外ショッピング:最高100万円
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
タッチ決済 QUICPayカード
注目ポイント ・いつでもポイントがJCB一般カードの2倍!
・スタバなど提携店利用でポイントが最大10倍に

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • 還元率は常にJCBの一般カードの2倍
  • 最大還元率はクレジットカードの中でも最高水準
  • スターバックスなど提携店利用でポイントが最大10倍に

デメリット

  • OkiDokiランドのポイント20倍対象の店舗数が少ない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • Amazon.co.jpを利用するだけでポイント30倍に
  • 友達紹介で4,000円分プレゼント

デメリット

  • 利用額は5万円まで

JCB CARD Wはスタバで利用するとポイントが10倍、セブンイレブンやAmazonの利用でポイントが3倍になる非常に使い道の広いお得なカードになっています。

期限内ならいつでも支払い可能

最後に、納付期限内なら自宅でいつでも納税できることもメリットと言えます。クレジットカードで支払う場合、24時間いつでも簡単に自宅から自動車税を納税することが可能です。インターネットでクレジットカード納税ができるなら、多忙な人でも安心でしょう。

支払い期限を繰延べできる

次に、実質的な納税期日を繰り延べできます。クレジットカードの利用代金が口座から引き落とされるまで、無利息で繰り延べされるのと同じことです。月末締め翌月27日払いのパターンなら、翌月27日までに納税額を口座に入れておけばよいので、ほぼひと月近い余裕が生まれます。納税期限間近でお金に余裕がない場合、非常に助かるでしょう。

JCB CARD W以外におすすめのクレジットカードは?

上記のJCB CARD Wに加え、自動車税の支払いにおすすめのクレジットカードはdカードとセブンカードプラスです。

dカードは自動車税の支払いで利用すると100円につき1ポイントがたまります。なので自動車税が5万円であれば500ポイントが貯まることになります。ただし、d払いでは支払いできず、あくまでクレジットカードを使用しての支払いであることに注意が必要です。

JCB W
カード評価
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 初年度無料(前年度に1度でも使っていれば2年目以降も無料)
国際ブランド VISA、Mastercard
保険・補償 お買い物あんしん保険、dカードケータイ補償
ポイント dポイント
電子マネー iD
キャッシング
利用枠:5~90万円、利率(実質年率):18.00%
入会条件 年齢18歳以上(高校生を除く)

引用元:dカード公式サイト

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • dカード特約店は常にポイント2倍
  • スタバやマツキヨ利用でポイント最大4倍
  • d曜日に買い物をするとポイント最大5倍

デメリット

  • ポイントアップ対象店は非常に限られている

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 新規入会するだけで1,000ポイントゲット
  • 条件を満たせば最大で8,000ポイントが付与

デメリット

  • ポイントは期間限定ポイントで付与

3つ目におすすめのカードがセブンカードプラスです。

セブンカードプラスは200円につき1ポイントたまるので、自動車税が3万円であれば150ポイントがたまることになります。さらにnanacoへのオートチャージで200円につき1ポイントたまるので、実質300ポイントが貯まることになります。

自動車税の支払いをnanacoにセブンカードプラスでオートチャージし、nanaco払いをすることで勝手にnanacoポイントがたまるのです。税金の支払いでポイントがたまるので利用する価値は高いと言えます。

セブンカード・プラス
カード評価
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
ポイント名 nanacoポイント
家族カード 永年無料
ETCカード 永年無料
付帯保険 海外ショッピングガード保険(最大100万円)
国際ブランド VISA、JCB

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • セブンカードプラスの対象店舗は還元率が2倍
  • nanacoへのオートチャージでポイント還元
  • オムニ7利用でポイント二重取りが可能

デメリット

  • 基本還元率は低く、セブン&アイ系列店や提携店以外の利用は向いていない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 入会するだけで1,000nanacoポイントがもらえる
  • オートチャージするだけで500nanacoポイントがもらえる

デメリット

  • 1,000ポイントの付与はカードが紐付け型に限られている

クレジットカードで自動車税を納税する方法は各都道府県によって異なるため、一度お住まいの都道府県の納税方法をチェックするのが良いでしょう。

自動車税をクレジットカードで納税することのデメリット

自動車税をクレジットカードで支払うことで、このようなうれしいメリットを受けられる半面、以下のようなデメリットもあります。

●取り消しができない
●納付証明書が発行されない
●手数料がかかる

クレジットカードで自動車税を納税すると証明書が発行されません。そのため代わりとなる証明書が必要な場合は、カード会社の利用明細書か納税画面を印刷して保管しておくことをおすすめします。

・決済後は取り消しができないので注意

注意しておきたいのは、いったんインターネットで納税の手続きが完了すると、データが「納付済み」となって取り消しができなくなることです。

いったん納めてしまった税金は、後で納税猶予などの対象になることが分かっても、それを受けることは不可能になるので注意しましょう。

クレジットカードで自動車税を納税する際の手数料

自動車税をクレジットカードで納める際の手数料について、詳しく解説しましょう。

・自治体に支払うシステム手数料

通常のクレジットカードの利用は、支払う先が手数料を負担してくれるので、自分が支払うのは代金のみですが、自動車税の場合は納める側が負担しなければなりません。自治体によって違いがありますが、システム利用料としておおむね300円程度の負担金が上乗せされます。

例えば、兵庫県では1件(自動車税種別割納税通知書1枚)の納税につき、330円(税込)のシステム利用料が加算されます。例えば税額3万9500円の場合、クレジットカード決済の時点で支払金額は3万9830円となります。

クレジットカードのポイント還元率が1.0%以上なら、差し引きで多少プラスになってかろうじて損はしませんが、0.5%の還元率ならマイナスになってしまいます。また二重納付などで還付されることになったとしても、システム利用料は返金されません。

・クレジットの決済方法による手数料

一部の自治体やクレジットカード会社を除き、納税のための決済方法にリボ払いや分割払いを選ぶこともできます。

この場合、リボ払いや3回以上の分割払いにすると、ショッピングでの利用と同様に手数料がかかります。

クレジットカード使用時の納税証明書は?

自動車税をクレジットカードで納めると、その時点ですぐに納税証明書をもらうことができません。納税の履歴がコンピューターに反映されるまで2~3週間程度かかるためです。また申請しなければ納税証明書を送付しない自治体が多いので、注意しましょう。

・送付されないので必要なら申請を

納税証明書を送付してくれない自治体の場合、なにかの手続きで納税証明書が必要ならば、発行を申請しなければなりません。

・車検で納税証明書が不要に

自動車税の種別割納税情報をデータ上で確認する仕組みができているので、車検時の納税証明書の提示自体は不要です。しかし、前述したようにクレジット決済から2~3週間程度はデータとして反映されないので、車検を受けるタイミングには注意が必要です。

納税後3週間以内に車検ならコンビニか金融機関窓口で

クレジット決済で自動車税を納めてから2~3週間以内の車検は、データ上の納税確認もできず、納税証明書も発行されていないので不可能です。

そのような期間に車検を予約した場合は、コンビニか金融機関で納税しなければなりません。

以下では、それぞれの自治体ごとの納税方法について解説します。

東京都の自動車税クレジットカード納税について

東京都の自動車税クレジットカード納付は、パソコンやスマートフォンなどからインターネットを利用して納付する方法です。直接アクセスするやり方以外にも、スマートフォンやタブレットから「モバイルレジ」を利用して納税する方法もあります。

以下のサイトから手続きが可能です。

都税クレジットカードお支払サイト

都税事務所や金融機関などの窓口およびコンビニでは、クレジットカードは利用できません。納付書発行当日は、クレジットカードでの納税が不可となっています。

千葉県の自動車税クレジットカード納税について

千葉県の自動車税クレジットカード納税の手続きは、以下のサイトから手続き可能です。

千葉県税クレジットカードお支払サイト

必要事項を入力して納税手続きが完了すると、指定代理納付者(三菱UFJニコス株式会社、ちばぎんジェーシービーカード株式会社)が納税者に代わって千葉県税を立替払する仕組みです。

このサイトでの納税は、継続的な支払いではありません。そのため、納税通知書ごとに手続きをしなければならないので注意が必要です。

サイトが利用できる期間は、納税通知書に記載されている納付期限内です。

大阪府の自動車税クレジットカード納税について

大阪府の自動車税クレジットカード納税については、パソコンやスマートフォンなどから行うことができます。

ただし、納付番号と確認番号が記載された「自動車税(種別割)の納付書」での納付に限られます。納付期限を過ぎると、このサービスは利用できません。

手続きは以下のサイトから行えます。

大阪府自動車税お支払サイト

税額とは別に1件(自動車1台)につき330円(税込)の決済手数料が必要です。また、領収証の発行は行われません。

兵庫県の自動車税クレジットカード納税について

兵庫県では、パソコンやスマートフォンおよびタブレット型端末を使って、インターネット経由でクレジットカードによる自動車税の納税ができます。

その際、自動車税種別割納税通知書記載の税額とは別に、1件の納税につき330円(税込)のシステム利用料が加算されます。

金融機関等の窓口やコンビニ、県税事務所では、クレジットカードによる納税はできません。

このサービスを利用できる期間は、納税通知書に記載されている納付期限内です。

また、自動車税種別割納税証明書は送付されません。納税手続きが完了してから納税確認が取れるまで約3週間かかるため、その間は自動車税種別割納税証明書の発行もできません。

自動車税種別割納税証明書が必要ならば、クレジットカードでの納税手続きが完了してから3週間後以降に、管轄の県税事務所に申請しなければなりません。

クレジットカードを利用して手軽に自動車税を納めよう

自動車税のクレジットカード納税について、詳細や注意点などを解説し、主な自治体のクレジットカード納税サービスについても紹介しました。

納税の履歴がコンピューターに反映されるタイミングが遅いなど、デメリットがないわけではありませんが、さまざまな点でメリットのほうが多いと考えられます。

次の納税時期には、自治体のサイトで詳細を確認したうえで、クレジットカード納税の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

自動車税をクレジットカードで納税する際のよくあるお問い合わせ

ここでは自動車税をクレジットカードで納税する際によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

自動車税のクレジットカード支払いは、コンビニでもできますか?
コンビニで自動車税を支払う場合、クレジットカードでの決済はできません。クレジットカードで支払う場合は、Webサイトを通して手続きをする必要があります。
また、自動車税の支払い方法は自治体によって異なりますのでご注意ください。
JCB CARD Wは、新規申し込みをしてからどれくらいでカードが届きますか?
申し込みから約1週間ほどでカードが届きます。申し込みはWebで完結するため、書類の提出や印鑑は不要です。
ただし、カードは審査の上発行されます。また、申し込みの内容によりカードが到着するまで1週間以上かかる場合もあるのでご注意ください。
>>自動車税の支払いにおすすめのクレジットカードを見る
dカードの締め日と支払日はいつですか?
締め日は毎月15日、支払日は翌月10日です。支払日が土・日・祝の場合、翌営業日となります。
支払いが不安な場合は、一括払いで購入した商品の支払い方法を「あとから分割」「あとからリボ」に変更することも可能です。
>>自動車税の支払いにおすすめのクレジットカードを見る

実際にクレジットカードを作る

ポイントが常に2倍!Amazonを利用する方なら持っておきたいカード!

コンビニやマクドナルドの利用で5%ポイント還元!年会費無料!

ドコモユーザーなら必ず持っておきたい一枚!スタバやマツモトキヨシでお得にお買い物!

楽天市場を利用するならこのカード!いつでもどこでも楽天ポイントが貯められる!

自動でキャッシュバックしてくれる唯一のカード!

常に1.2%以上のポイント還元率!ホットペーパービューティーやじゃらんなどリクルート系サービスを使う人におすすめ

auユーザーならお得にポイントが貯まる!

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/
新井智美の関連記事一覧

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較