ECサイトAmazonでショッピングする機会が多い人の中には、Amazonマスターカードをつくるかどうか悩んでいるという人もいるでしょう。検討する際にあたっては、クラシックとゴールドの2種類のカードの違いも理解しておくことが大切です。

この記事では、Amazonマスターカードにどのような特徴があるのか表を交えて解説していきます。口コミやメリットデメリットについても紹介するので、入会を決めかねている方やカードの内容が気になる方はぜひ参考にしてください。

Amazonのクレジットカードとは

(画像=PIXTA)

Amazonのクレジットカードとは、ECサイト「Amazon」が発行するクレジットカードです。ブランドの種類を踏まえ、Amazon Mastercardと表現されることもあります。

即時審査サービスで承認されれば、申し込み当日からすぐに利用することが可能です。三井住友カード系列のカードなので、申し込み・審査手続きは三井住友カードを通じて進められます。

Amazonのクレジットカードは2種類

Aamzon-crediacard
引用元:Amazon Mastercard

Amazonのクレジットカードには、Amazon Mastercard クラシックとAmazon Mastercard ゴールドの2種類があります。年会費や補償内容が異なるのでそれぞれの違いを確認しておきましょう。

Amazon Mastercard クラシック

ブランド Mastercard
年会費 初年度年会費無料、翌年度以降1,375円(税込)
*前年度1回以上の利用で無料
ポイント還元率 1%~1.5%
Amazonでの買い物ポイント還元率 1.5%~2%
利用限度額 総利用枠10~80万円
カード利用枠(カードショッピング)10~80万円
リボ払い・分割払い利用枠0~80万円
キャッシング利用枠0~50万円
付帯保険 ショッピング
ETC 初年度年会費無料、翌年度以降550円(税込)
*ETC利用の請求があれば翌年度も無料になる
家族カード 年会費無料、本会員1名あたり3枚まで申し込み可能
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
その他の特典 新規入会で、7,000円分ポイントプレゼント
Amazon マスターカード クラシックの特徴
  • Amazonでショッピングする際に1.5%、プライム会員なら2%の高還元率
  • ポイントはアカウントに自動で加算される
  • 年間100万円まで買い物安心保険が付帯

Amazon Mastercard クラシックでは2年目以降に年会費が1,375円(税込)発生しますが、前年に1度でもカード利用があれば無料になります。また、Amazon利用時に1.5%、プライム会員であれば2%のポイント還元を受けることができます。

旅行傷害保険は付帯されていませんが、100万円まで買い物安心が付帯されています。

Amazon Mastercard ゴールド

ブランド Mastercard
年会費 [通常]11,000円(税込)
[申込時マイ・ペイすリボ選択した場合]初年度5,500円(税込)
翌年度以降4,400円(税込)
*WEB明細利用時
ポイント還元率 1%~1.5%
Amazonでの買い物ポイント還元率 2.5%
利用限度額 総利用枠50~200万円
カード利用枠(カードショッピング)50~200万円
リボ払い・分割払い利用枠0~200万円
キャッシング利用枠0~50万円
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)(最高5,000万円)
ショッピング補償(年間300万円まで)
ETC 初年度年会費無料、翌年度以降550円(税込)
*ETC利用の請求があれば翌年度も無料になる
家族カード 年会費無料、本会員1名あたり3枚まで申し込み可能
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
その他の特典 Amazonプライム特典が使い放題
国内主要空港のラウンジ利用が無料
Amazon マスターカード ゴールドの特徴
  • 年会費11,000円と高額だが、入会時にマイ・ペイすリボを選択すれば安くなる
  • クラシックにはない旅行傷害保険が付帯されている
  • 追加負担なしでAmazonプライム会員のサービスが受けられる

Amazon Mastercard クラシックの申し込み条件が「満18歳以上(高校生除く)」であるのに対し、Amazon Mastercard ゴールドでは「満20歳以上で、安定継続収入がある」という少し厳しめの条件が設定されています。年会費は11,000円(税込)とやや高めに設定されており、初年度無料や前年度カード利用による翌年度年会費無料の特典はありません。

ただし、申込時にマイ・ペイすリボをあわせて申し込むと翌年度以降の年会費を4,400円(税込)にまで下げることができます(WEB明細を利用した場合)。ちなみに、マイ・ペイすリボとは、事前に設定した金額を超えた際に利用額が自動的にリボ払いになるサービスです。

年会費が高い分、ゴールドはクラシックに比べてサービス内容が厚くなっています。Amazonで買い物した際には全て2.5%の高還元率な上、追加の費用なしにAmazonプライム会員の特典がある点がメリットです。

さらに、クラシックには付帯されていない「海外・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)」も付帯されています。

Amazonのクレジットカードの特徴

ここからは、Amazonカード全体の特徴をいくつかの項目に分けて説明していきます。

国際ブランド

クラシック、ゴールドいずれもMastercardのみです。そのため、JCBやVISAを利用したい方はメインではなく、あくまでAmazon利用のためのサブカードとしての利用を検討した方が良いかもしれません。

これらのカード以外にもAmazonでお得なクレジットカードはあります。Mastercardブランド以外を作成したい方は参考にしてみてください。

年会費について

すでに説明した通り、クラシックとゴールドで金額が異なります。クラシックであれば初年度無料、次年度以降年会費1,375円(税込)でゴールドは11,000円(税込)です。

ただし、前述の条件を満たせばクラシックは年会費無料、ゴールドは年会費を割引にすることができます。

ポイント還元率

Amazon以外でのショッピングでは、通常1%の還元率です。ただし、マイ・ペイすリボを設定していれば1.5%の還元があります。

Amazonでの買い物ポイント還元率

Aamzon-crediacard
引用元:Amazon Mastercard

クラシックとゴールドで還元率が異なります。クラシックであれば通常1.5%、ゴールドであれば2.5%と通常よりも高い還元率です。

なお、Amazonプライム会員であればクラシックの還元率は2%になります。

ただ、Amazon以外でもお得にポイントをためたい方は他のカードを検討してみても良いかもしれません。

Amazonでお得なクレジットカードランキング

利用限度額

こちらもクラシックかゴールドかによって扱いが異なります。クラシックは総利用枠が10~80万円であるのに対し、ゴールドは50~200万円の枠です。

付帯保険

ショッピング補償が付帯されており、海外での利用と国内でのリボ払い・分割払いが対象です(クラシックは100万円、ゴールドは300万円まで)。さらに、ゴールドには、国内・海外の旅行傷害保険が付帯されています。

ETCカードと家族カード

ETCカードを付けることができますが、カードの年会費とは別に550円(税込)の年会費が発生します。初年度は無料で、次年度以降も前年に利用があれば無料です。

家族カードは無料で発行することが可能です。1会員につき、最大3枚まで発行できます。

電子マネー

電子マネー「iD」を追加することができます。「iD」を追加すれば、端末がある店でカードをかざすだけでスムーズに決済可能です。

スマホ決済

Aamzon-crediacard
引用元:Amazon Mastercard

Apple Pay、Google Payいずれにも対応しています。そのため、iDマークのあるお店であれば、iPhoneの方もAndroidの方もAmazonマスターカードをスマホで決済することが可能です。

その他の特典

クラシックは入会特典として、一定額のポイントプレゼントがあり、ゴールドには追加の年会費不要でAmazonプライムのサービスを利用できるという特典があります。

 
カード名 Amazon Mastercard クラシック Amazon Mastercard ゴールド
ブランド Mastercard Mastercard
年会費 初年度年会費無料、翌年度以降1,375円(税込)
*前年度1回以上の利用で無料
[通常]11,000円(税込)
[申込時マイ・ペイすリボ選択した場合]初年度5,500円(税込)
翌年度以降4,400円(税込)
*WEB明細利用時
ポイント還元率 1%~1.5% 1%~1.5%
Amazonでの買い物ポイント還元率 1.5%~2% 2.5%
利用限度額 総利用枠10~80万円
カード利用枠(カードショッピング)10~80万円
リボ払い・分割払い利用枠0~80万円
キャッシング利用枠0~50万円
総利用枠50~200万円
カード利用枠(カードショッピング)50~200万円
リボ払い・分割払い利用枠0~200万円
キャッシング利用枠0~50万円
付帯保険 ショッピング補償(年間100万円まで) 旅行傷害保険(国内・海外)(最高5,000万円)
ショッピング補償(年間300万円まで)
ETC 初年度年会費無料、翌年度以降550円(税込)
*前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
初年度年会費無料、翌年度以降550円(税込)
*前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
家族カード 年会費無料、本会員1名あたり3枚まで申し込み可能 年会費無料、本会員1名あたり3枚まで申し込み可能
電子マネー iD iD
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay Apple Pay/Google Pay
その他の特典 新規入会で、一定額ポイントプレゼント Amazonプライム特典が使い放題
国内主要空港のラウンジ利用が無料
Amazonでお得なクレジットカードランキング

Amazon以外でも利用するならJCB CARD Wのほうがおすすめ?

実はAmazon以外の利用がある場合はJCB CARD Wというクレジットカードがおすすめです。

基本還元率は1%で、Amazonだけでなくセブンイレブンやスターバックスなどの優待店でポイント還元率が上がり、最大5.5%になります。

 
カード名 Amazon Mastercard クラシック JCB CARD W
ブランド Mastercard JCB
年会費 初年度年会費無料、翌年度以降1,375円(税込)
*前年度1回以上の利用で無料
永年無料
ポイント還元率 1%~1.5% 1%~10.0%
Amazonでの買い物ポイント還元率 1.5%~2% 2%
利用限度額 総利用枠10~80万円 総利用枠50~200万円
申し込み条件 18歳以上 18歳~39歳
付帯保険 ショッピング補償:年間100万円まで 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
ショッピング補償:年間100万円まで
ETC 初年度年会費無料、翌年度以降550円(税込)
*前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば翌年度無料
年会費無料
家族カード 年会費無料 年会費無料
電子マネー iD QUICPay
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay Apple Pay/Google Pay
その他の特典 新規入会で、一定額ポイントプレゼント Amazon.co.jp利用で30%キャッシュバック

Amazonマスターカード共通のメリット

ここまでの特徴を踏まえ、Amazonマスターカードのメリットを以下のように整理しました。

還元率が高い

還元率が0.5%というクレジットカードも少なくありません。その点、Amazonマスターカードを利用すれば通常の買い物でも1%~1.5%のポイント還元があります。

Amazonでの買い物で還元率が高い

Amazonプライム会員であればクラシックでもAmazon利用時に2%の還元率が得られるのが大きなメリットです。今までのクレジットカードが0.5%~1%の還元率だったとすると、Amazonユーザーは1%以上多くポイントを貯めることが可能になります。

Amazonマスターカード クラシックのメリットは年会費が無料

クラシックでは、2年目以降に年会費がかかりますが、前年に1度でも利用があれば無料になります。Amazonを日常から利用している方であれば、無料条件のハードルは簡単にクリアできるのではないでしょうか。

Amazonをよく利用する方であれば実質年会費無料でクレジットカードを持つことができるのです。

Amazonマスターカード ゴールドはプライム会員に自動でなれる

Aamzon-crediacard
引用元:Amazon Mastercard

クラシックと異なり、ゴールドでは年会費を無料にすることができません。しかし、一方でAmazonプライム会員のサービスを受けられることは大きなメリットです。

なお、2021年4月1日現在でAmazonプライム会費は年間4,900円、または月額500円(税込)に設定されています。ゴールドの年会費はマイ・ペイすリボ申し込みなどで4,400円(税込)まで下げることができるので、プライム会費と比べると充分に元が取れることがわかるのではないでしょうか。

たまったポイントはAmazonで買い物に使える ポイントはAmazonの買い物で使えるので、期限が切れる前にどの商品と交換するかで頭を悩ませる必要もありません。

対象商品のお急ぎ便・日時指定便を追加料金なしで何度もお使いいただけるだけでなく、人気映画やTV番組が見放題、音楽の聴き放題など、さまざまな特典がお楽しみいただける会員制プログラムです。

Amazon Mastercard

Amazonマスターカード クラシックのデメリット

一方でAmazonマスターカードには以下のデメリットが存在します。

旅行保険がついていない(クラシック)

旅行保険が付帯しているクレジットカードも少なくないですが、ショッピング保険しか付帯していません。旅行頻度が多い方は、サブとしてAmazonマスターカードとは別のクレジットカードも検討するか、ゴールドに入会することを考えた方が良いでしょう。

ショッピング補償が弱い(クラシック)

クラシックのショッピング補償は100万円ですが、他のクレジットカードには200万円や500万円補償するものも存在します。こちらも、補償額が気になる方はゴールドを視野に入れるようにしてください。

※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

Amazon Mastercard

Amazonマスターカードの口コミは?

では、Amazonマスターカードについてどのような口コミが広がっているのでしょうか。良い評判は以下の通りです。

アイコン
年会費、入会費が無料なので大きな利点です。入会へのハードルが低く、持っていて維持費がいらないので長く愛用できます。ファミリーマート、ツタヤを利用する人ならかなりお得に使えると想います。クレジット支払い機能があるので、クレジット支払いにすれば、買い物ポイントとは別にクレジットポイントがもらえます。ツタヤの一般会員証を持っていると年会費がかかりますが、このカードを使用しれば、それも無料になります。
アイコン
通販といえば代表格のAmazonのマスターカードは買い物をしたときの還元率が高く、さらに獲得ポイントもまたAmazonで使うことができる優秀なカードです。ショッピング補償のついているのは通販で多く使うので何かあったときには安心します。審査も無料の即時審査なのでストレスなく発行まで行えるのでお勧めです。

やはり、Amazonを利用する際の高還元率に魅力を感じている人が多いようです。また、貯まるポイントもAmazonポイントなのがわかりやすいという人もいました。

一方、以下のような悪い評判もあります。

アイコン
d払いなら金・土曜日に+2%も還元されるので、Amazonマスターカードに魅力を感じない。
アイコン
旅行保険が付帯されておらず、全体的に付帯サービスが薄い

他の決済方法でもAmazonマスターカード並かそれ以上に貯められるようになってきたので、メリットが感じられなくなっている人もいるようです。また、デメリットでも説明した旅行保険が付帯されていない点について不満を感じている人もいました。

Amazonのクレジットカードの審査は?

Amazonマスターカードは即時審査がメリットです。しかし、審査が厳しいとの情報もあり、審査が通らなかったという声も多く聞かれます。

即時審査であっても、審査次第では当日利用できないこともある点に注意してください。

2021年現在やっている入会キャンペーンは?

新規入会で一定額のポイントがプレゼントされます。ポイント額は時期やユーザーによって異なるようです。

さらに、時期によっては、一定金額以上の利用でさらにポイントが追加されるキャンペーンを実施していることもあるので、注目してみてください。

Amazonでお得なクレジットカードランキング

Amazon利用者は一度検討してみる価値あり

Amazonマスターカードに入会すると、Amazonを利用する際に高いポイント還元を受けることができます。一方で、旅行保険が付帯していない点はデメリットです。

補償内容を厚くするためには、ゴールドに入会するのもひとつの手段ですが、年会費が数千円から1万円程度発生してしまいます。そこで、Amazonマスターカードに入会するかどうかはAmazonの利用頻度が高いかが基準になるのではないでしょうか。

ゴールドであれば、Amazonプライムも無料で利用することができます。Amazon利用者は一度はAmazonマスターカードを検討する価値があるはずです。

Amazonマスターカードを作る際のよくあるお問い合わせ

ここではAmazonマスターカードを作る前によくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

Q1. 何歳から申込みができますか?
Amazon Mastercard クラシックは高校生を除く満18歳以上である一方、Amazon Mastercard ゴールドは満20歳以上かつ、安定した継続収入があることが条件です。
Q2. Amazonで買い物するとどれくらい還元されるの?
Amazon Mastercard クラッシックはAmazon.co.jpでお買い物をすると1.5%ポイントの還元があり、Amazon Mastercard ゴールドは2.5%ポイントの還元があります。

Amazon.co.jpでのご利用金額に応じて還元されるAmazonポイントは、お買い物の際にご利用いただいたアマゾンアカウントに加算されます。必ずしも、カードの所有者のアカウントに還元されるものではございませんので、ご注意ください。

また、Amazon以外でご利用いただいた場合の、ご利用金額に応じて貯まるAmazonポイントは、Amazon Mastercardお申込み時にご使用いただいたAmazon.co.jpアカウントに加算されます。加算されたAmazonポイントを他のアカウントに移行することはできません。
Q3. 家族カードは申込みできますか?
Amazon Mastercard クラシック/ゴールド共に家族カードは本会員1名あたり3枚までお申込できます。家族カードは年会費無料につき本会員同様のサービス・機能をご利用できます。

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。
■保有資格

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較