FX複数口座アイキャッチ
(画像=NET MONEY編集部)

FXトレードを始めたばかりの人は、取引口座を1つ開設してFXトレードを始めただけで大きな変化かもしれませんが、次のステップに移ってより効率的に利益を出してみましょう。

多くの現役トレーダーは、当たり前のように複数の口座を持っています。複数口座を持っていると、いいとこどりができるからです。とはいえ実際に複数口座を開設するには、少し不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、FX取引で複数の口座を持つべき理由やメリットとデメリットを紹介します。FXで複数口座を開設する意味を正しく知って、効率的な運用を始めましょう。

FXの基礎

FXとは

FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)のことで、外貨に投資する商品です。

外貨預金は外国の通貨に換えて預金した手持ちのお金の範囲でしか取引できませんが、FXは、証拠金として預けた資金の何倍もの取引が可能なことが魅力です。少ない資金で大きな額の取引ができることを、「てこ」の意味から「レバレッジ」と呼びます。

FXのはじめかた

FXをはじめるにはFX会社の口座開設が必要です。最初は初心者におすすめの関連記事から自分に合った口座を開設してみましょう。紹介しているFX会社は口座開設、取引手数料ともに0円です。

さらに、この記事では口座を複数持つメリット、FX会社選びのポイントを解説します。

FXで複数口座を開設するメリット5つ

FXトレーダーにとって、複数の口座を持つことは一般的です。複数の口座を使い分ける理由は、トレードを効率化させるためです。FX会社ごとに取引ツールや取り扱う通貨ペア、スプレッド、スワップポイントが異なるため、その中から自分に合うトレードの条件を選べる口座をいくつか選び、上手に運用しているのです。それではメリット5つを紹介します。

複数口座メリット5つ

  1. FX口座の強みを使い分けられる
  2. FXは複数口座を開設しても無料&キャンペーンでキャッシュバックも!
  3. リスクヘッジができる
  4. 短期取引と長期取引の取引口座を分けて管理
  5. FXに関する情報量が増える

メリット①FX口座の強みを使い分けられる

fx特徴
(画像:NET MONEY編集部)

FX会社にはそれぞれ特徴があり、複数口座を使用することで戦略ごとに強みを活かすことが出来ます。

FX業者ごとに異なる特徴

  • 短期取引向き or 長期取引向き
  • マイナー通貨の取り扱いが豊富
  • 情報提供の多さ
  • 自動売買が可能
  • スキャルピングが可能

これらの特徴をうまく使い分け、補い合うことで、思い通りの取引を行うことが出来ます。

メリット②FXは複数口座を開設しても無料&キャンペーンでキャッシュバックも!

LINEキャンペーン
引用元:LINE FX

FXで複数口座を持つことに 費用は一切かかりません。口座開設のハードルが低いことも、FXの大きな魅力の一つです。ただ、1つのFX会社で複数口座を開設することはできません。そのため、口座の資金を分けて管理したい場合は、別々の会社を利用することをおすすめしているのです。

むしろ、口座を作るだけでキャッシュバックを受け取ることができます。FX会社では、利用者を増やすために、さまざまなキャンペーンを実施しています。具体的には、新規で口座を開くときや友達を紹介するときなどに キャッシュバックされるキャンペーンがあります。 特にLINE FXなどの一部のFX会社では、口座開設後に 一回取引するだけで数千円のキャッシュバックが帰ってくるお得なキャンペーンを開催しており、キャッシュバック狙いなら外せないFX会社でしょう。

当サイト限定タイアップ!
初回取引で6,000円プレゼント

当サイト限定タイアップ!
初回取引で4,000円プレゼント

メリット③リスクヘッジができる

1つのFX会社だけで取引し続けるのは、ハイリスクです。なぜならどんなFX会社でも、相場が急変したときや何らかの障害が起きたときには、 取引ができなくなる可能性があるからです。

もしポジションを持ってなければ、取引ができずに機会損失するだけでしょう。またポジションを持っている場合、 決済ができず相場が変動して損失が出てしまう事もあります。

「ポジション」とは
ポジションとはFX取引において、「持ち高」という意味です。通貨を新しく買ったり、売ったりした分をポジションといいます。 買いポジションは「ロング」、売りは「ショート」といいます。FX取引では主にこの2つを使い分けて利益を狙います。

そんなときにサブの口座があれば、同じ通貨ペアの売りポジションを作ることが可能です。メイン口座が取引できなくなっても、サブの口座でポジションのリスクヘッジができます。

もしメイン口座だけしか持っていないとしたら、 万一に備えてサブの口座を開設しましょう。

メリット④長期と短期の取引口座を分けて管理できる

fx特徴
(画像:NET MONEY編集部)

FXで資産運用するなら、短期取引と長期取引の両方を戦略としてもっておきましょう。その際には、短期取引と長期取引を別口座で並行して行うことで、ポジションごとに管理ができるので資金管理がしやすくなります。1つの口座でデイトレードのような短期取引とスワップポイント狙いの長期取引のどちらも行うのは、資金管理の面でおすすめできません。

短期取引のポイント

  • スプレッドが狭い
  • 約定力が高い

短期取引用のFX口座は、スプレッドが狭く、約定力の高いFX会社を選びましょう。

短期といっても、数秒から数分の超短期取引をFX会社によっては禁止していますので注意が必要です。超短期取引をスキャルピングといいますが、スキャルピングを禁止すると明言していない場合でも、超短期間で繰り返される大口取引や、自動売買システムを使った取引は、FX会社のカバー取引が間に合わない、サーバーに負荷がかかることなどから、口座を凍結されてしまうこともあります。しかし、手動で行う一般的なスキャルピングで口座凍結はまずないと思っていただいて大丈夫です。

「スプレッド」とは
FXのスプレッドとは顧客が取引をする際の買値と売値の差のことです。スプレッドが狭いほうが低コストです。

「スキャルピング」とは
スキャルピングとは、数秒や数分単位で売買を繰り返し、小さな利益を積み重ねていくFXの手法の1つ。

「約定(やくじょう)」とは
約定とは、売買が成立すること。

「カバー取引」とは
カバー取引は「カバーディール」とも呼ばれます。FX会社が、顧客が行った取引量と同じ取引量を銀行や証券会社に行うことを指しています。例えば、顧客が1ドル=100円の為替レートのときに10万通貨を注文します。すると、FX会社は銀行や証券会社に対して顧客が注文した分と同じ10万通貨を注文します。この理由は関連記事を御覧ください。

長期取引のポイント

  • スワップポイントが高い

長期取引ではスワップポイントの高いFX口座がおすすめです。高金利の国の通貨を買って低金利の国の通貨を売り、その金利差分をスワップポイントとして受け取ることで利益を得ることができます。高金利通貨を長期的に保有することで受け取れる金額も大きくなるため、長期保有に適している稼ぎ方です。

「スワップポイント」とは
通貨ペアの金利差額から得られる利益のことです。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで利益を得ることができます。

短期取引と長期取引ではリスクのが異なるので、必ず口座を分けてリスク分散することを心がけましょう。

メリット⑤FXに関する情報量が増える

FXは情報収集が勝利の鍵とも言えます。経済情報はFX相場に大きく影響するのです。各FX会社から提供されている経済情報を活用するのは必須。 豊富な情報を得ることで、判断材料が増え、より精度の高いファンダメンタル分析に役立ちます。ファンダメンタル分析とは、世界経済に関する情報や各国の経済指標から相場の予測を行う分析方法です。

FX会社によって提供している情報は様々。独自のアナリストレポートや、ポジション保有量など、そのFX会社で取引している人にしか手に入らない情報など盛りだくさんです。

主要FX会社のキャンペーン内容と達成条件

具体的にどんなキャンペーンがあるのか、キャンペーンが魅力的なFX会社のキャンペーンの内容と達成条件を見てみましょう。

※1 新規FX口座開設&条件をすべて満たしたお客様

複数のFX口座を開設するならどこ?

ここからは、各社の特徴をもとにFXで複数口座を持つのにおすすめのFX会社を紹介します。現在持っている口座+以下のFX会社から自分の目的にふさわしいものを選んでみましょう。

 
FX口座 通貨ペア 自動売買 手数料
\マイナー通貨ペア&スキャルピング/
ヒロセ通商

50
×
取引手数料:0円
スプレッド:0.2~3.8pips程度
\PayPayユーザーに/
外貨ex

24
×
取引手数料:0円
スプレッド:0.4~3pips
\情報目的なら/
外為どっとコム

30
×
取引手数料:0円
スプレッド:0.2~3pips程度
\スマホアプリなら/
DMM FX

21
×
取引手数料:0円
スプレッド:0.2~3.5pips程度
\自動売買取引なら/
トライオートFX

17

取引手数料:
<マニュアル注文>0円<自動売買注文>1万通貨未満2.0pips
スプレッド:0.3~5.8pips程度

引用元: ヒロセ通商外為どっとコムDMM FXインヴァスト証券

ヒロセ通商

ヒロセ通商トップ画面
引用元:ヒロセ通商

ヒロセ通商はキャンペーンが豊富な上、通貨ペアも50通貨ペアと業界No.1であるので、二つ目の口座として使いやすいFX会社です。

ヒロセ通商では現在新規口座開設と条件達成で最大50,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施している他、毎月取引量に応じて黒毛和牛などをもらえる各種キャンペーンを実施しています。

DMM FX

dmm fx トップ画面
引用元:DMM FX

DMM FXは、スマホアプリもPCツールも直感的な操作性ができることが強みであり、多くのユーザーに支持されています。

FX初心者はもちろん、以前FXを始めてみたものの、ツールの使い方が難しくて諦めてしまったという人にもおすすめのFX会社です。

DMM FXでは当サイト限定で、条件達成で最大204,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

インヴァスト証券

インヴァスト証券の「トライオートFX」は、1000通貨から取引することができ、自動売買機能を搭載している数少ないFX口座です。

トライオートFXの自動売買は初心者にも使いやすいように設定が簡単になっているので、自動売買取引に興味があるならインヴァスト証券のFX口座を試してみるといいでしょう。

現役FXトレーダーのコメント
金融比較
金融比較

初めてFXの複数口座を開設するポイント

初めてFXで複数口座を開設する際のポイントは、今の口座がベストか分からないことを前提に検討することです。最初に開設した口座を何となく使っているという人も多いでしょう。

しかし他の口座も使ってみなければ、今の口座が最適かどうかの判断はできません。まず新しい口座をもう一つ開設して、スプレッドの幅や約定力を検証してみましょう。スワップポイントや出金までの日数もFX会社によって異なり、どのFX会社もそれぞれ特徴があります。

今のFX会社で不満に感じている部分は、実は別のFX会社ではクリアできる場合もあるでしょう。実際に、最初に開設したFX会社より後から開設した口座のほうが良かったというトレーダーは多いようです。口座開設は無料なので、各社を比較し資産運用を最大限に効率化させられるFX会社の模索をしてみましょう。

FXで複数口座を開設するデメリット3つ

FXで複数口座を開設するのにコストは掛からないので、たいていの場合デメリットよりもメリットのほうが多いですが、デメリットもおさえておきましょう。ここではFXで複数口座を開設するデメリットをいくつか解説します。

FXで複数口座を開設するデメリット3つ

  1. 1つの口座で取引するよりも証拠金が増える
  2. 複数の会社からメールが来るので煩わしい
  3. 確定申告の際に損益確認の手間が増える

1つの口座で取引するよりも証拠金が増える

FX口座を複数開設すると、相場の状況に合わせた有利なトレードが可能です。しかし複数の口座で取引するには、それぞれの口座に十分な証拠金を入金しておく必要があります。証拠金とは口座に入れる現金のことなので、手数料と違って失うお金ではありませんが、それだけ準備資金が必要になるということです。

複数口座を開設すると、1つの口座で取引するよりも証拠金が増えてしまうのです。ただし、実際に取引を行う口座が1つであれば、取引しない口座に入金する必要はありません。

複数の会社からメールが来るので煩わしい

FXで複数口座を開設すると、さまざまな会社からFXに関するメールが届きます。トレードに必要な内容のメールも届く一方で、自分に必要のないメールも多く来るのが煩わしいと感じる人もいるでしょう。しかし、トレードに有益な情報も送られてくるので、すべてがデメリットとは言えないでしょう。

確定申告の際に損益確認の手間が増える

FXで年間20万円以上の利益を上げると、確定申告をする必要があります。その際、複数のFX会社で取引している場合は、損益を合計して申告しなければならないため、各社から年間の取引報告書を取り寄せ、それぞれ合算するという手間が増えます。実際にはそこまで大変な手続きではありませんが、ひと手間増えることは事実なので覚えておきましょう。

銀行や証券会社とFX専業会社の違いとは?

銀行や証券会社、FX専業会社のどこで口座開設しても基本的なサービスに大きな違いはありませんが、取り扱っている通貨ペアの種類や手数料などは異なります。

例えば銀行の場合、FX口座の取引でも手数料がかかることが一般的です。しかしFX専業会社の場合、多くのサービスは手数料無料です。

また、証券会社とFX専業会社の取引ツールを比較すると、FX専業会社のツールのほうが利便性に優れている場合が多いでしょう。

複数口座は取引スタイルで組み合わせよう

fx取引スタイル組み合わせ
(画像:NET MONEY編集部)

FXを複数の口座で行う場合、取引スタイルによって利用する口座を切り替えることが重要です。ここでは、おすすめの組み合わせを紹介します。

取引スタイルで組み合わせ

  • スキャルピング狙いで選ぶ
  • デイトレードできる口座を選ぶ
  • 中長期的なスワップポイント重視で選ぶ

スキャルピング狙いで選ぶ

複数口座を開設する際はスキャルピング狙いがおすすめです。そもそもスキャルピングには、やり方によっては口座凍結のリスクもあるのでFX会社ごとの決まりを必ずチェックしましょう。スキャルピング禁止とはほとんどのFX会社で明記していませんし、口座が凍結される基準についても公開はされていません。しかし、スキャルピングOKな会社はしっかりアピールしています。スキャルピング公認のFX会社で安心してスキャルピングを行いましょう。

また、スキャルピングはチャート分析が肝です。利用できる分析ツールを十分比較して、利用するFX会社を決めましょう。

デイトレードできる口座を選ぶ

デイトレードができる口座を開設する場合は、スプレッドが低いFX会社を選びましょう。低コストで取引ができることも重要ですが、FX会社を選ぶ基準として、チャート画面の見やすさや操作性の検証が重要です。デイトレードの場合、分析のしやすさが決め手となります。

また毎日取引するデイトレーダーにとって、サポート体制が整っているかは重要なので、いつでも相談できるFX会社を選ぶようにしましょう。

中長期的なスワップポイント重視で選ぶ

FXで複数口座を開設する際は、スワップポイントも重要です。スワップポイントと為替差益のどちらでも稼ぎたいという人も多いでしょう。

スワップポイントは低いが、通貨種類も豊富で、スプレッドや手数料も少なく約定率も高いA社。一方、取引を開始できる金額やスプレッドは高いが、スワップポイントは高く、長期保有が有利になるB社。

このような場合は、メイン口座とは別に、スワップポイント用の口座を開設して組み合わせることをおすすめします。

FXに関するよくある質問

FXの口座開設にお金はかかりますか?
FXの口座開設や口座管理は無料です。そのため、複数の口座を持っても費用は一切かかりません。また、1つのFX会社で作れる口座は1つですが、別の会社の口座であれば一人で持てる口座の数に上限はありません。
複数の口座を持つメリットはなんですか?
複数の口座を持つメリットは、主に次の通りです。
・FX会社のシステム障害などによる損失を防ぐ
・得られる情報が増える
・取引手法に合わせて口座を使い分けできる
・各社のキャンペーンを利用できる
複数の口座を持つ場合の確定申告はどのように行いますか?
FXで年間20万円以上の利益を得た場合は確定申告をしなくてはなりません。複数のFX口座を持っている場合は、全ての取引の損益を合算してして申告します。口座を持つFX会社から年間の取引報告書を取り寄せ計算する必要があるので注意しましょう。
FXはいくつ(何歳)からできますか?
満18歳以上で口座開設基準を満たしている方はFXトレードが可能です。

ここまでFXで複数口座を持つメリットやデメリット、また意味や効率的な運用方法を紹介しました。

FXで複数の口座を効果的に組み合わせると、多くのメリットが得られることが分かったと思います。これまで複数の口座を作ると、管理が大変になるだけではないのかと思っていた人も多いでしょう。FX会社はたくさんありすぎて、どこを選べば良いのか分からないと思うかもしれません。

ぜひこの記事を参考にして、効果的な組み合わせで複数の口座を開設してみてください。

記事の監修者およびコメントいただいた専門家

金子賢司
監修者・金子賢司(ファイナンシャルプランナー)
立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP、住宅ローンアドバイザー、損保マスター
Twitter:@NICE4611
HP:ファイナンシャルプランナー(FP)金子賢司
金子賢司の関連記事一覧
羊飼い(ひつじかい)
羊飼い(ひつじかい)
FXトレーダー&ブロガー。「羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら→過去にはFXで2000万円損切りもー人気ブロガー・羊飼い氏がたどり着いたFXトレード手法