通常のエポスカードのワンランク上のサービスを受けられるエポスゴールドカード。エポスカードを持っていなくてもゴールドカードからスタートすることができ、すでにエポスカードを持っている場合は切り替えるだけで利用可能です。

この記事では、エポスゴールドカードの魅力や、エポスゴールドカードのよい評判と悪い評判、メリットとデメリットの双方を解説していきます。通常のエポスカードとの違いにも触れていますので参考にしてみてください。

エポスゴールドカードの魅力

エポスゴールド

エポスゴールドカードは、株式会社エポスカードが提供するクレジットカードです。ショッピングセンターマルイでの買い物が割引になるほか、提携店舗は1万店舗以上です。

エポスゴールドカードには、大きく分けて2つの特徴があります。

50万円以上の利用で年会費永年無料。 家族カードもゴールドで同じ機能をもつ。 海外旅行保険やラウンジの利用などのメリットもある

 年会費  5000円※条件つき無料
 ブランド  VISA
 ポイント還元率  0.50%~1.25%
 貯まるポイント  エポスポイント
 家族カード  〇無料
 電子マネー  -
 ETC  〇無料
 付帯保険  海外旅行
 スマホ決済  Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
 タッチ決済  -

引用元:エポスカードゴールド

エポスゴールドカードの登録には年会費5000円がかかりますが、年間50万円以上利用すると、翌年以降永年無料になります。このゴールドカード特典はカードを持つ家族全員にも適用され、ファミリーボーナスで最大3000ポイントが貯まる可能性もあり、たまったポイントは家族全員で共有することができます。

旅行した際、万が一傷害、死亡・後遺障害の事態が発生したときの補償金額も、通常のエポスカードでは上限500万円ですが、エポスゴールドカードでは上限が1000万円になります。数は限られますが、空港のラウンジを無料で利用できるという特典もあります。

エポスカードから30~50万円利用でアップグレード

通常のエポスカードを持っている場合、年間30~50万円利用するとアップグレードできるようになっています。通常のエポスカードは年会費無料で入会できるので、まずは年会費無料のエポスカードを作るところから始めてみてもいいでしょう。

エポスゴールドカードのよい評判

エポスゴールドカードのよい評判をまとめてみました。

● 還元率1%でもうれしいのに 「選べるポイントアップショップ」でポイントが3倍になる
● 50万円決済で年会費が永年無料
● 海外保険が自動で付帯され、22カ国の空港ラウンジを無料で使える

エポスゴールドカードは、通常のエポスカード同様にマルイでの買い物が常に還元率1%、セール期間は10%オフで利用できます。

ほかによく言及されているのが、「選べるポイントアップショップ」サービスです。好きなショップを3店舗まで登録し、この3店舗でカード決済すると200円ごとにつくポイントが3倍になるサービスです。

通常は200円ごとに1ポイントなので、一見すると還元率はさほど高くないように感じるかもしれません。しかし、「選べるポイントアップショップ」サービスでは、ポイント還元率は1.5%になります。イオンなどのスーパーや公共料金の支払い、モバイルSuicaといった日常的によく使う店舗を選ぶこともできるので、ポイントを貯めやすくなっています。

また、海外保険の付帯が自動付帯となっており、汎用性が幅広いのも特徴です。国は限られますが空港ラウンジを無料で利用できるので、旅行が好きな人にはうれしいカードと言えるでしょう。年間100万円の利用で1万ポイントが還元されるので、高額になりがちな海外旅行が好きな人には特に使いやすく感じられるようです。

エポスゴールドカードの悪い評判

エポスゴールドカードについての悪い評判は、比較的少ないようです。

● ポイント付与が200円ごとなのは使いづらい
● 国内旅行保険がない

ポイントアップショップに登録していない場所での買い物は200円で1ポイントなので、使いにくいという声もあります。保険も海外旅行向けは充実していますが、国内旅行向けの保険は付帯していないので、国内旅行をする際には心もとないところもあるでしょう。

またステータスに変化がなく、年間50万円の利用で年会費が無料になる以外はサービスも一律です。利用金額によってランクアップさせることを好む人には物足りなく感じるようです。

エポスゴールドカードのメリット

機能面で見た場合、エポスゴールドカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

年間50万円利用で年会費永年無料・ポイントも有効期限なし

年間50万円の利用で、5000円の年会費が永年無料になります。通常のエポスカードではポイントの有効期限は2年間ですが、エポスゴールドカードではポイントの有効期限がありません。しっかり貯めればポイントだけで高額な買い物も可能です。

3つのよく使う店を登録すれば、200円で3ポイント還元

エポスゴールドカードの人気の理由の一つが、200円の利用で3ポイント還元が狙える「ポイントアップショップ」サービスです。よく使う店を3つ登録すれば、その店でのカード利用で通常の3倍ポイントを貯めることができます。

ポイントアップショップに登録できる対象が幅広いことも特徴で、スーパーなどの日用品購入でよく利用する店舗や、モバイルSuica、Yahoo!、公共料金といった必要経費の支払いにも指定でき、ポイントをより貯めやすくなります。

貯まったポイントをVISAプリペイドに等価交換(使用時0.5%ポイントもつく)

貯まったポイントは1ポイント1円でVISAプリペイドにチャージすることができます。VISAプリペイドにチャージすると、エポスカードの連携とは関係なくVISAの加盟店であれば支払いが可能となるため、利用できる店舗の幅が広がります。

さらに、利用すれば0.5%のポイント還元があります。通常のエポスカードと同様に200円の利用で1ポイント貯まるようになっています。

50万円利用で2500ポイント、100万円利用で1万ポイントもらえる(1%還元と同じ)

決済金額 ポイント
年間50万円以上 2500ポイント(還元率0.5%)
年間100万円以上 1万ポイント(還元率1.0%)

年間の利用金額が50万円で2500ポイント、100万円以上で1万ポイントが付与されます。還元率はそれぞれ0.5%と1%になります。旅行などで使う機会が多いほど、ポイントを多く貯めることができます。1ポイント1円で使えるので、ポイントだけで高価な買い物もできるでしょう。

家族カードもゴールドで合計使用額に合わせてポイントがもらえる

家族の1人がエポスゴールドカードを持てば、家族全員をエポスゴールドカードに年会費無料で招待できます。合計使用額にあわせてポイントがもらえて家族全員のポイントが共有できるので、各自でエポスゴールドカードを使えばポイントを多く貯めることが可能です。たまったポイントを家族旅行などに利用してもいいでしょう。

マルイのネットショップ、エポスポイントショップ経由の買い物で楽天などでもポイント1%

エポスカードは丸井グループが提供するカードなので、マルイのネットショップで買い物をするとポイントが1%たまります。マルイのネットショップでなくても、エポスポイントショップ「たまるマーケット」を経由すると、提携店舗での購入でもポイントが1%つきます。Amazonや楽天なども含めた400店舗以上のネットショップが利用可能です。

また、イオンのポイントモールを経由してほかのショップの買い物をすると、ショップのポイントとは別にイオンの「ときめきポイント」が付与されます。例えば、楽天市場で買い物すると、ときめきポイントと楽天ポイントの両方を得ることができます。

マルイの年4回の優待時は10%オフ

マルイでは年に4回、優待セールが行われます。期間中にマルイショップを利用すると、10%オフで購入できます。マルイの実店舗でもネットショップでも適用可能です。

旅行傷害保険が自動付帯

保険種類 補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高1000万円
傷害治療費用 300万円(1事故の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

海外旅行中にけがや病気をした場合や、持ち物を紛失した場合は、上限金額まで補償する傷害保険が自動で付帯されます。通常のエポスカードの場合、治療費は最大270万円、携行品は最大20万円までの補償となります。

エポスゴールドカードになると携行品補償の上限金額は20万円で変わりませんが、治療費の最大補償金額は300万円になります。傷害死亡・後遺障害の場合は最大1000万円、賠償責任の限度額は2000万円になり、海外でトラブルになった際は、24時間日本語でサポートしてくれます。

電子マネーチャージは35社に対応

電子マネーへのチャージはモバイルSuica、楽天Edy、Apple Payに対応しています。楽天Edyはチャージしたときにチャージ金額の0.5%、利用したときに決済金額の0.5%がそれぞれポイント還元されるので、さらにお得にポイントを貯めることができます。

電子マネー以外では、スターバックスカードとau PAYにもチャージが可能です。スターバックスカードにチャージすると1%ポイントがたまります。登録後は、オンラインでチャージできるのも魅力です。

エポスゴールドカードのデメリット

エポスゴールドカードでデメリットと感じられる部分は、主に2点です。

ベーシックな還元率は0.5%なので使い方を工夫する必要がある

通常は還元率が0.5%なので、200円の利用で1ポイントが貯まる計算になります。ポイントアップショップのサービスでスーパーなどの買い物に利用できるのは便利ですが、例えば590円の買い物だとポイントは400円分の2ポイントしかつきません。効率良くポイントを貯めるには、使い方を工夫する必要があります。

国内旅行保険がない

海外旅行に対する保険は充実していますが、エポスゴールドカードには国内旅行保険は付帯していません。国内旅行を好む人には、あまりメリットがないように感じるかもしれません。

ただし、日本国内で優待サービスが受けられる場合もあるので、チェックしてみるといいでしょう。

100万円使えば1.5%の還元率!一定額の支払いを集約してポイントを貯める人に最適のカード、海外旅行に行く人にも

エポスゴールドカードの魅力を、評判やメリット、デメリットからまとめてみました。通常のエポスカードを一定金額使用すると、自動的にゴールドカードへランクアップの招待がくるので、アップグレードするのがお得と言えるでしょう。エポスゴールドカードからスタートしても年間50万円の利用で年会費が永年無料になるので、損はありません。

海外旅行の保険が充実していて、空港ラウンジが無料で使えるなど、海外によく行く人にとっては恩恵を感じられるカードです。選べるポイントアップショップサービスに公共料金などを設定しておけば通常の3倍ポイントがたまり、約1.3%のポイント還元を得ることができ 、年間100万円利用すればさらに1%が還元されます。一定額を計画的に支払っている人にとってお得なカードと言えるでしょう。