イトーヨーカドーやセブンイレブンを展開する、セブン&アイグループのクレジットカード、セブンカード・プラス。流通最大手が展開するクレジットカードであることや、2020年1月から年会費が無料になったことから現在注目を集めているクレジットカードです。

株式会社ZUUが2021年4月にクレジットカード保有者500名を対象に行った調査では約70%の人がクレジットカードを複数枚持っていることがわかりました。(実査機関:クロス・マーケティング)

アンケート

実査機関:クロス・マーケティング

セブンカードプラスは用途がはっきりした2枚目以降のカードとしても非常におすすめのカードになっています。そんなセブンカード・プラスの特徴と、メリット・デメリットについて徹底解説していきます。

セブンカード・プラスを選ぶべき人は?

  • セブンイレブンをよく利用する方!
  • nanacoにチャージする煩わしさから解放されたい方!
  • イトーヨーカドーのハッピーデーでお得に買い物をしたい方!
  1. セブンカードプラスとは?
  2. セブンカード・プラス のメリット
  3. セブンカード・プラスのデメリット
  4. セブン系列の店をよく利用し、nanacoで支払うなら利用価値あり
  5. セブンカードプラスのよくあるお問い合わせ

セブンカード・プラス とは?

セブンイレブンやイトーヨーカドーといったセブン&アイグループを中心に、全国約64万店舗で使える電子マネーnanacoにオートチャージができるクレジットカードがセブンカード・プラスです。2020年1月から年会費無料となり、注目が高まっています。

セブンプラスカードの特徴

  • nanacoへのオートチャージが唯一できる
  • イトーヨーカドー系列店なら+0.5%
  • イトーヨーカドーで8のつく日の買い物は5%オフ

セブンカード・プラスの基本スペックは以下のとおりです。

【セブンカード・プラスの基本スペック】

カード評価
★★★☆☆
 年会費  無料  ETCカード  無料
 ブランド  Visa、JCB  タッチ決済  -
 ポイント還元率  0.5%~1.5%  付帯保険  海外ショッピング
 貯まるポイント  nanacoポイント  電子マネー機能  nanaco
 家族カード  無料  スマホ決済  Apple Pay・楽天ペイ

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • セブンカードプラスの対象店舗は還元率が2倍
  • nanacoへのオートチャージでポイント還元
  • オムニ7利用でポイント二重取りが可能

デメリット

  • 基本還元率は低く、セブン&アイ系列店や提携店以外の利用は向いていない

キャンペーンのメリット・デメリット

メリット

  • 入会するだけで1,000nanacoポイントがもらえる
  • オートチャージするだけで500nanacoポイントがもらえる

デメリット

  • 1,000ポイントの付与はカードが紐付け型に限られている

セブンカードプラスと他のカードの比較

セブンカードプラスの基本情報を確認したところで他のカードと比較してみましょう。

 
セブンプラスカード
JCBW
ライフカード
カード名 セブンプラスカード JCB W ライフカード
年会費
無料

無料

無料
還元率
0.5%~1.50%

1.00%~10.0%

0.30%~0.60%
ポイント種類 nanacoポイント OkiDokiポイント LIFEサンクスポイント
おすすめ利用シーン セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでの利用でポイント還元率2倍 Amazon・楽天市場利用で最大10%ポイント還元 L-Mallを経由して指定店舗での利用でポイント最大20倍
キャンペーン 最大5,200ポイントプレゼント Amazonプライムギフトコード3ヶ月分プレゼント
さらにAmazon.co.jpの利用で30%キャッシュバック
最大10,000円相当プレゼント
申し込み
 
セブンプラスカード
JCBW
ライフカード
カード名 セブンプラスカード JCB W ライフカード
年会費
無料

無料

無料
還元率
0.5%~1.50%

1.00%~10.0%

0.30%~0.60%
ポイント種類 nanacoポイント OkiDokiポイント LIFEサンクスポイント
おすすめ利用シーン セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの
利用でポイント還元率2倍
Amazon・楽天市場利用で
最大10%ポイント還元
L-Mallを経由して
指定店舗での利用で
ポイント最大20倍
キャンペーン 最大5,200ポイントプレゼント さらにAmazon.co.jpの利用で
30%キャッシュバック
最大10,000円相当プレゼント
申し込み
専門家のコメント

セブンカード・プラス のメリット

セブンカード・プラスの最大の特徴は、nanacoにオートチャージできることです。ほかにもセブン&アイ系列の圧倒的な店舗数で、利用できる店舗が多いことや、貯まったポイントの使いみちに困らないというメリットがあります。

電子マネーnanacoにチャージできる唯一のカード

電子マネーnanacoにチャージできるカードはセブンカード・プラスしかありません。nanacoにチャージをすることで、nanacoポイントは200円当たり1ポイント加算されます。

この場合の還元率は0.5%となり、nanacoを使って電子マネー決済すればさらに0.5%のポイントが加算されるので、チャージとnanacoの支払いポイントで合計1%の還元を受けられるのは魅力的です。

nanacoにオートチャージできて便利

nanacoのチャージ方法は、レジの支払いで残高が不足していると自動的にチャージされるオートチャージと、事前にチャージ額を申し込んでおき、セブン銀行ATMを利用するか、店舗の店員に残高確認をしてチャージをする2つの方法があります。

オートチャージをするためには事前にクレジットカードを登録が必要ですので、利用前に済ませておきましょう。オートチャージは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークプライス、ヨークフーズ、ヨークマートで取り扱っています。

nanacoポイントはそのままお店で電子マネーとして使いやすい

貯まったnanacoポイントは、電子マネーとして1ポイント1円で利用することができます。ここで紹介するのはごく一部ですが、ポイントが利用できる代表的な店舗はセブンイレブン、イトーヨーカドー、オムニ7(セブン&アイの通販部門)、デニーズ、西武・そごう、ロフト、アカチャンホンポ、ビックカメラ、ミスタードーナツなどです。

ここに挙げた店舗を見るだけでも、使い道に困ることはなさそうです。このようにnanacoポイントは非常に使いやすい電子マネーなのです。

セブン&アイグループ系列店利用ならポイントアップ 

セブンカード・プラスは、一部のセブン&アイグループの店舗で利用することでポイントがアップします。

一般のVisa、JCBの加盟店でセブンカード・プラスを使った場合は200円につき1ポイント付与されますが、以下の店舗では200円で2ポイントが加算され、還元率1%となります。

対象店舗

  • セブンイレブン
  • ヨークマート
  • ヨークフーズ
  • イトーヨーカドー
  • デニーズ
  • 西武・そごう
  • Ario
  • オムニ7
  • 7ネットショッピング

系列店の対象商品を買うと、ボーナスポイントがつくことも

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートでnanacoボーナスポイントの対象となる商品を購入すると、通常のポイントに加えてボーナスポイントが加算されます。

年間利用額でボーナスポイントがつく

当年4月~翌年3月末の間にセブンカード・プラスを一定額以上利用すると、累計ボーナスnanacoポイントが加算されます。

ボーナスポイントは、100万円以上の利用で3000ポイント、150万円以上の利用で1万ポイント。さらに150万円以上利用すると、その後は100万円ごとに1万ポイントが加算されます。

イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークフーズでの利用が対象で、累計金額の目標に達すると、達成した翌月の5日にボーナスポイントが自動的に加算されます。なお、累計ボーナスポイントは対象店利用時のレシートで確認できます。

系列店での優待がある

セブンカード・プラス利用者は、セブン&アイグループのグループ力を生かしたさまざまな優待も受けられます。

メリット

  • 1. イトーヨーカドーで毎月8のつく日(8日、18日、28日)にセブンカード・プラスで買い物をすると、食品や洋服、日用品など多くの商品が5%割引
  • 2. ビックカメラ、ENEOSでんき/ENEOS都市ガスの電気・ガス料金、ENEOSサービスステーションでセブンカード・プラスを利用した場合、通常200円で1ポイントが、200円で2ポイント
  • 3. セブン旅デスクでパッケージツアーの代金をセブンカード・プラスで支払った場合、5%オフ
  • 4. カラオケ館各店でセブンカード・プラスを利用すると、部屋代が30%オフ

海外ショッピング保険がついている

続いて、セブンカード・プラスで付帯している保険を紹介します。

セブンカード・プラスには、旅行保険は付帯していません。海外で病気やけがなどのトラブルにあった際にJCBコールセンターは利用できますが、あくまでもコールセンターであって、治療費や賠償責任を補償する保険ではないので注意しましょう。

ただセブンカード・プラスには、海外ショッピング保険が付帯しています。補償期間中に、カードを利用して「海外所在」の加盟店から直接または通信販売で購入した物品が、90日以内に偶然の事故によって損害を受けた場合、補償の対象になるというものです。

年間の補償限度額は100万円ですが、事故が発生した場合は免責額が1万円に設定されているため、免責額1万円を引いた金額が支払われるという点には注意が必要です。

年会費・家族カード・ETCカードは無料

セブンカード・プラスは、2020年1月から年会費が無料となりました。セブンカード・プラスの機能を本会員と同様に家族も利用できる家族カードの年会費も無料です。またETCカードも発行手数料、年会費とともに無料となっています。

セブンカード・プラス 評判のデメリット

セブンカード・プラスの評判の中で、よく言われるデメリットについて解説します。

還元率が低め

セブンカード・プラスは2019年7月にポイント還元率を見直し、セブン&アイグループの一部の店舗で還元率1%になっています。その他は0.5%です。nanacoにチャージをして0.5ポイントを付加して合計すれば、還元率が1.0%になります。

しかし、年会費無料で、より多くの店舗で還元率1%となるクレジットカードもあるため、セブンカード・プラスは還元率という点では少し低めのクレジットカードと言わざるを得ません。

旅行保険がない

旅行保険がない点も気になるところです。年会費無料でも、旅行保険を備えているクレジットカードはあります。またセブンカード・プラスに付帯しているショッピング保険も、特に珍しい内容ではないため、差別化できる内容とは言いにくいでしょう。

セブン系列の店をよく利用し、nanacoで支払うなら利用価値あり

セブンカード・プラスは、クレジットカードのポイント還元率という点では、決して高いとは言えません。そのため日頃から頻繁にセブン&アイ系列のお店を利用する人や、ハッピーデーや対象商品を購入するとポイントが加算される特典など、通常の還元率プラスその他の優待特典の恩恵を受けられる人にとって、メリットがあるカードと言えるでしょう。

海外旅行保険がついていないため、海外旅行や国内旅行に行く際は、損害保険に別途加入したり、旅行保険が付帯されているクレジットカードを用意したりして備えておくことが必要です。

セブンカードプラスのよくあるお問い合わせ

ここでは、セブンカードプラスのよくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

 

セブンカード・プラスはどんな人におすすめですか?
nanacoカードを使う方、セブン-イレブンやイトーヨーカドーで頻繁にお買い物をする方におすすめです。 セブンカード・プラスはnanacoカードにチャージできる唯一のクレジットカードで、nanacoにチャージしてから支払うと合計1%の還元を受けることができお得です。
セブンカード・プラスは何歳から申し込みができますか?
18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方は申し込みいただけます。
カードのデザインを選ぶことはできますか?
セブンカード・プラスはディズニー・デザインと一般デザインのどちらかをお選びいただけます。ただし、ディズニー・デザインはJCBブランドのみが対象です。

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。
公式サイト:https://marron-financial.com/
新井智美の関連記事一覧

調査概要

実査機関 株式会社クロス・マーケティング
 調査目的  クレシ゛ットカート゛保有者への満足度に関する調査
 調査対象  クレジットカードの利用または保持している方
 調査方法  インターネットリサーチ
 調査対象者数  500名
 調査実施期間  2021年4月
 調査対象地域  日本国内
 母集団  クレジットカードの利用または保持している、20歳~69歳の男女500名