貯金が少ないタイミングで、家賃の振り込みや結婚式のお祝儀等が必要になって、急にお金が必要になることがあります。この記事では、5万円程度のお金を借りたい人のために、金融機関やその他の方法を紹介します。

  1. 5万円だけ借りるなら大手消費者金融のカードローン
  2. 5万円借りる際に利用したいカードローン5選
    1. キャンペーンが魅力的 プロミス
    2. 5万まで180日間無利息 レイクALSA
    3. 楽天銀行口座ユーザーに最適 アイフル
  3. 5万程度ならカードローンを利用すべき理由
  4. 無職や専業主婦はどうすべきか?
    1. 生命保険の契約者貸付
    2. クレカのキャッシング
    3. 質屋などの利用
    4. 配偶者貸付の利用
    5. 審査無しで5万円借りることができるカードローンとは?
    6. 5万円借りたいときに消費者金融を利用するメリット
    7. 5万円借りたいときに消費者金融を利用するデメリット
    8. 消費者金融で5万円を3か月借りたときの金利は?
    9. 大手メガバンクで即日5万円借りるのは厳しい理由
    10. 5万円借りるのにおすすめの消費者金融
      1. プロミス
      2. SMBCモビット
      3. アイフル
      4. アコム
      5. レイクALSA

5万円だけ借りるなら大手消費者金融のカードローン

5万円程度の金額を借りたい人にはカードローンのキャッシングが最もおすすめです。 特に消費者金融の場合は即日融資に対応しており、急な出費ができた方には良いでしょう。

※ボタンを押してランキングを切り替えられます

5万円借りる際に利用したいカードローン5選

カードローンには無利息期間が設けられている場合があります。一定期間内に返済できれば、無利子で借り入れすることができます。

プロミスでは、初めての利用なら無利息期間が最大30日間あり、レイクALSAの場合、5万円以内の借り入れなら無利息期間が最大180日となります。

両社はWebで申込を完結させられるため、家族や友人に知られずにお金を借りることもできます。また、少額での融資なので、審査が通る可能性も高いです。

大手消費者金融カードローンおすすめランキング 大手消費者金融カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
最大30日間利息無料
3秒で借入れ診断可能
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短
60分融資も可能(※3)

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
30日間利息無料
土日祝も申込可
実質年率17.8%
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
勤務先への電話連絡をしないと公言 最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

30日以内に返済できる目処が立っている場合はプロミスを選び、30日以降に返済となる可能性が高いならばレイクALSAを選ぶのが良いでしょう。

以下で、おすすめのカードローン会社5社の中でも、特におすすめの3社を紹介します。

キャンペーンが魅力的 プロミス

土日祝日でも原則24時間借り入れ可能で、Web申し込みなら即日融資できます。また、初めてなら30日間の無利息期間があります。

初めてローンを利用する方・今すぐお金が欲しい方には、プロミスのキャッシングがおすすめです。

専門家のコメント

5万まで180日間無利息 レイクALSA

多くの消費者金融には、カードローンに初めて申し込んだ方には無利息期間がついています。レイクALSAの特徴は、選べる無利息サービスです。

30日間無利息

自動契約機や電話などWeb以外の方法で申し込んだ場合はこの「30日間」か「借入額5万円までなら180日間無利息」の2つの中から選ぶことができます。契約額が1万円~500万円の人が対象です。Web申込でも契約額200万円を超えた場合は、この「30日間無利息」か「借入額5万円までなら180日間無利息」(5万円超過分は通常金利適用)の2択となります。

Web申し込みなら60日間無利息

契約額が1~200万円の人でWeb経由で申し込んだ方が選ぶことが出来ます。

借入額5万円までなら180日間無利息

契約額が1~200万円の人が対象で、5万円を超過した分は通常金利が適用されます。 以上の無利息サービスは、併用することは出来ません。

楽天銀行口座ユーザーに最適 アイフル

アイフルの場合は、楽天銀行の口座があれば、受付後、最短1分で口座にお金を振り込んでもらえます。楽天銀行ユーザーの方は、ぜひアイフルから申し込みを検討するといいでしょう。公式スマホアプリを用いれば、お近くのセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借入・返済できる点も魅力です。

5万程度ならカードローンを利用すべき理由

改めて、消費者金融がおすすめな理由をまとめると、以下のようになります。

消費者金融で5万円借りるメリット

  • 申し込んだその日のうちに、無利息で借りられる場合がある
  • 家族や友人にバレずにお金を借りることができる
  • 社員でもアルバイトでも収入があれば審査に通りやすい
  • 様々なキャンペーンを行っている

 

大手消費者金融カードローンおすすめランキング 大手消費者金融カードローンおすすめランキング
カードローン会社
おすすめ
ポイント
融資
時間
申込
王冠_gold1位
王冠_gold1位
最大30日間利息無料
3秒で借入れ診断可能
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

2位
2位
50万円以下なら
収入証明書原則不要(※1)
最短
1時間

申込はこちら

申込はこちら

3位
3位
30日間利息無料
土日祝も申込可
実質年率17.8%
最短
30分

申込はこちら

申込はこちら

4位
4位
5万円以内の借入なら
無利息期間は最大180日
Webで最短
60分融資も可能(※3)

申込はこちら

申込はこちら

5位
SMBCモビット,モビット
5位
勤務先への電話連絡をしないと公言 最短
即日(※2)

申込はこちら

申込はこちら

このランキングは弊社が独自に行ったカードローンのイメージ調査の結果とカードローンの公式サイトの情報、当サイトからの申込数を総合的に判断し、順位をつけています。
※1 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
参照元: プロミスレイクALSASMBCモビットアコムアイフル

無職や専業主婦はどうすべきか?

無職や専業主婦の場合は、カードローンの審査に通りにくいです。代替となる方法を紹介します。

生命保険の契約者貸付

終身保険や養老保険などの貯蓄性があったり積立型だったりする生命保険には「解約返戻金」と呼ばれる、保険解約時に契約者に払い戻されるお金があります。解約返戻金を担保にし、保険会社からお金を融資してもらえる制度が、契約者貸付制度で、カードローンより低金利である点が特徴です。

解約返戻金の7~9割を上限に借りられるため、利用を検討する場合はご自身が契約しているプランを確認してみてください。

クレカのキャッシング

クレジットカードを持っている場合、キャッシングサービスが役に立つ場合があります。ただし、クレジットカードを作成した際にキャッシングを申し込んでいた場合に限られます。

キャッシングを申し込んでいた場合、限度額枠内でサービスを受けられ、提携銀行やコンビニのATMで引き出すことができ便利です。お金を借りたい今から審査を受ける必要がない点が魅力でしょう。

返済方法は、一括払いやリボ払い等を選択できます。通常はショッピング利用のお支払い方法と同じで、例えば、ショッピング利用分の自動振替に指定している銀行口座がある場合、そこから引き落とされます。

ただし、金利が年15~18%くらいで高めなことや、クレジットカードを紛失して不正利用される可能性がある点には注意が必要です。金利は、無利息期間ではない消費者金融並みと考えてよいでしょう。

質屋などの利用

質屋では、貴金属やブランド品を預ける代わりに、お金を融資してもらえます。借りたお金と利息を返すことが出来なければ、質屋がその商品を販売してしまいます。ただ、返済できなくても預けた品物を失うだけであるのは、カードローンやキャッシングと比べてメリットとも言えます。

配偶者貸付の利用

配偶者貸付では、夫と妻のの合算年収の3分の1までお借入れが認められる契約です。 通常の貸金業者から借りる場合は、法律上、上限額は自身の年収の3分の1までです。主婦の場合は年収が低くなり、カードローンの審査に通りにくい場合があります。 しかし、配偶者貸付は例外的に、収入が少ない無職の方や専業主婦の方でも借り入れできる可能性があります。

配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。①配偶者の収入を証明する書類、②夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)、③配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書、④指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書を提出することが必要です。

引用元:貸金業法について |日本賃金業協会

審査無しで5万円借りることができるカードローンとは?

結論からいいますが、審査なしで5万円融資してくれるカードローンはありません。というのも融資をしたお金を返済してもらえなければ、会社の経営が立ちいかなくなってしまうからです。誰彼にでもお金を貸すのではなく、きちんと返済できるだけの経済力や信用力をもっているか、審査のうえで融資をします。

もし「審査なしでも融資可能」といっている業者があれば、要注意です。法外な利息を要求する、いわゆる闇金の可能性が高いからです。たとえ5万円でも審査を受ける必要があると考えてください。

クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。 そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。 そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

引用元:CICが保有する信用情報

5万円借りたいときに消費者金融を利用するメリット

もし5万円のような少額借入を希望するなら、消費者金融を利用するとよいでしょう。というのも少額融資に力を入れているところが多いからです。銀行と比較して18.0%の金利と高めに設定しています。よって少額の融資でも利息の支払いで効率的に収益を得られるわけです。

また一部無利息キャンペーンを実施しているところもあります。文字どおり一定期間内に完済できれば、一切利息の支払いが不要になります。必要最小限の返済負担になるので、利用者としてもお得です。

また今すぐに現金が必要という方にもおすすめです。銀行は規制が厳しくなっていて、即日融資には対応していません。どれほどに早くても翌営業日です。しかし消費者金融なら、即日融資にも対応しています。

しかもWeb完結できるようなところも少なくありません。わざわざ来店して手続きをする必要がないので、普段仕事が忙しくて外出できない人でもすぐ申し込めます。

申込について、審査は最短30分ほどで完了します。 ※結果のご案内は、お申込の曜日や時間帯によって翌日以降となる場合があります。 ※お借入に関しては受付状況により異なりますが、最短でお申込当日の利用が可能です。

引用元:カードローンについてのよくあるご質問|SMBCモビット

5万円借りたいときに消費者金融を利用するデメリット

消費者金融で借りる際のデメリットとして注意しなければならないのは、金利の高さです。銀行と比較して、全般的に高めです。返済総額はどうしても多くなります。もし負担を少しでも軽減したければ、少しでも金利が低いローンを選ぶ、できるだけ早く完済することを目指しましょう。通常利息は日割りで計算されるからです。

また基本的に本人名義の収入がないと、審査落ちしてしまうのもデメリットです。そのため無職はもちろん、専業主婦の方も申し込めません。ただし主婦の方でもパートなどをして、自分名義の所得があれば申し込みはできます。

消費者金融で5万円を3か月借りたときの金利は?

気になる利息の計算は通常日割りでなされます。表示されている金利は基本年利です。そのため利息額は、元金×金利÷365日×借入日数で算出できます。通常初回借入時、上限金利の適用されることが多いのです。

消費者金融はおおよそどこも18.0%がを上限金利なので、これで5万円借り入れて3か月後に返済した場合、5万円×18.0%÷365日×90日=約2219円です。ちなみに無利息機関のあるところで借りれば、その日数分を差し引きます。そうするとより安い利息で返済できるかもしれません。

大手メガバンクで即日5万円借りるのは厳しい理由

メガバンクも個人向けのカードローンを販売していますが、即日融資はまず無理です。それは業界内の規制が関係しています。2018年に融資しすぎが問題視され、反社への融資防止のために警察庁のデータベースの照会が義務づけられました。その結果即日審査が完了できなくなりました。

プラス銀行の審査は厳格化しつつあります。これも貸しすぎ問題の出たことが関係しています。審査を細かく行うことでより時間がかかるようになりました。このような背景もあってメガバンクでの即日審査は難しくなって、消費者金融の方がスピーディに借りられるようになりました。

5万円借りるのにおすすめの消費者金融

5万円をできるだけ早く借りたければ、消費者金融の方がおすすめです。しかし貸金業者で検索すると、大小合わせると無数の業者がヒットします。そのなかからどこを選んで申込めばよいのか、迷ってしまうという人もいるでしょう。そこで以下からはおすすめの業者を5つピックアップしてみました。もしこれからお金を借りなければならないというのであれば、以下の5社のなかから選ぶとよいでしょう。

アコム

アコム

消費者金融の中でも最大手のひとつのアコムは知名度も高く、はじめての方でも安心です。アコムの場合、事前に利用可能かチェックできるサービスがあります。「3秒診断」と呼ばれるものです。年齢と年収・他社借り入れ状況の3項目を入力すれば、借り入れできるか判断してくれます。

アコムでは在籍確認を原則電話で行っています。しかし「電話は避けたい」という人のために、書類による確認も実施しているのです。職場に連絡されるのは困る場合、相談してみましょう。ローンカードは自宅に届きますが、全国にある「自動契約機(むじんくん)」で契約手続きすればその場でカードが発行されるので、郵送物をなくせます。

アコムが向いている人

アコムが向いている人は月々の返済額を安く済ませたい人、借り入れ可能かどうかを、すぐに知りたい人です。月々の返済額が1000円~なので、非常に安く抑えることができます。 また、最短3秒で借り入れ可能かどうか知ることができるため、今すぐお金の悩みを解決したい人にもおすすめです。

アコムが向いていない人

アコムが向いていない人はすぐに借り入れをする予定がない人です。 初めての利用なら30日間金利0で利用できますが、金利0円サービスは「契約日の翌日」から適用されます。そのため、すぐに借り入れをする予定がない場合には注意が必要です。

アコムの評判ポイント

アコムの評判ポイントは「初めての利用なら30日間金利0」「3秒で借り入れ診断が可能」です。初めての利用なら30日間金利0で利用できるため、初めてアコムを利用する場合にメリットが大きのが特徴の1つです。 また、最短3秒で借り入れ可能かどうかの診断を受けることができるので、すぐにお金を借りたいと考えている人にとっては魅了的な選択肢の1つです。

レイクALSA

レイクALSA

在籍確認は原則電話ですが、同僚に見つかりにくくしたい時は、コールセンターで相談しましょう。書類の提出などで代用してもらえる可能性があるからです。オペレーターの指示に従って手続きを進めてください。レイクは5万円までなら最長180日間無利息になります。これだけの長時間無利息になるところは、ほかにはありません。

レイクALSAが向いている人

レイクALSAが向いている人は初めての借入れで利息を抑えたい人、オンラインで申し込みから融資までを完結させたい人です。他社と比べて無利息期間が長いため、初めての借入れで利息を抑えたい人にとっておすすめです。 また、オンラインで申し込みから融資までを完結させることができるので、わざわざ店頭にまで足を運ぶ必要がありません。

レイクALSAが向いていない人

レイクALSAが向いていない人はとにかく早くお金を借りたい人、500万円以上の借入をしたい人です。融資スピードが最短で60分なので、今すぐにお金を借りたい場合は他の大手消費者金融を利用するのが良いでしょう。 また、借入限度額が500万円までしかないため、もし500万円以上の借入をしたい場合は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

レイクALSAの評判ポイント

レイクALSAの評判ポイントは「最も長い無利息期間(60~180日)」「オンラインで借入まで可能」です。レイクALSAは最大で約半年間、無利息で借入を受けることが大きな特徴です。 また、オンラインで申し込みから融資までを完結させることができるため、店頭まで申し込みにいく必要もありません。

プロミス

プロミス

プロミスはいつでもWeb申し込みができます。しかも振込にて融資してくれるので、ローンカードなどの郵送のやり取りの必要はありません。つまり家族と同居している方でも内緒で借り入れが可能です。振込もスピーディで、土日含め24時間いつでも原則最短10秒で融資を受けられます。しかも初回借入の翌日から30日間無利息で、1か月以内に返せば元金返済だけで済むのです。

プロミスでは在籍確認は原則行われます。しかし申し込みが終わった後でプロミスコールに電話をかけて、時間指定が可能です。確実に自分が出られる時間帯を指定すれば、会社にバレる心配もないでしょう。

プロミスが向いている人

プロミスが向いている人は金利上限を安く抑えたい人、借り入れで失敗したくない人です。金利が4.5%~17.8%と上限が低く設定されているのが強みです。 また、融資時間、金利、無利息期間のバランスが良く、顧客満足度も高いため、借入に不安のある人はプロミスを利用すると良いでしょう。

プロミスが向いていない人

プロミスが向いていない人は500万円以上の借入をしたい人です。 借入限度額が500万円までしかないため、もし500万円以上の借入をしたい場合は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

プロミスの評判ポイント

プロミスの評判ポイントは「オリコン顧客満足度1位」「融資時間、金利、無利息期間のバランスが取れている」です。プロミスは2020年2021年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得するなど、とても高い評価を受けています。 また、最短1時間で融資が可能なだけでなく、消費者金融の中でも上限金利が低く、無利息期間もあるなど、非常にバランスが取れているのが特徴です。

アイフル

アイフル

アイフルはカードレスでお金を借りられるのが大きな特色です。アプリをインストールすれば、そこからATMで取引できます。しかもコンビニのATMが利用できるので、近所で手軽に借入できます。スマホにATM画面に表示されるバーコードを読み込んで、金額を入力するだけで簡単です。1分以内で借り入れできるでしょう。

カードレスですから、郵送物が自宅に届く心配もありません。実家暮らしの方でも内緒でお金を借りられます。またアイフルは原則電話による在籍確認を行っていないところもおすすめポイントです。つまり職場にバレるリスクもありません。会社に電話をかけられるのは困る方はこちらに申し込みましょう。

アイフルが向いている人

アイフルが向いている人はとにかく早くお金を借りたい人、収入証明書を用意するのが難しい方です。大手消費者金融の中でも最も早い融資スピードが特徴的で、最短25分で融資を受けることが可能です。 また、50万円以下なら収入証明書は原則不要のため、収入証明書を用意するのが難しい場合は、アイフルを利用すると良いでしょう。

アイフルが向いていない人

アイフルが向いていない人は月々の返済額を安く済ませたい人です。 月々の返済額が4000円~と、他の大手消費者金融と比較すると高く設定されています。そのため、月々の返済額を安く済ませたい人は、他の消費者金融を利用すると良いでしょう。

アイフルの評判ポイント

アイフルの評判ポイントは「最も早い融資スピード(25分)」「50万円以下なら収入証明書は原則不要」です。アイフルは最短25分で融資を受けることができるなど、大手消費者金融の中でも、最も早い融資スピードが特徴的です。 また、50万円以下なら収入証明書が原則不要なので、「周囲に借入がバレることなく、少額の借入を行いたい」という人にはおすすめです。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットはWeb完結を実施しているのでおすすめです。文字どおりすべての手続きがネットでできるので、郵送物もなく身内バレのリスクが低くなります。即日融資に対応していて、最短60分で入金反映されます。

さらに注目したいのは、勤務先の電話による在籍確認を省略できるところです。直近2か月分の収入証明書を提出すれば、電話連絡の代わりにしてもらえます。内緒でスピーディに5万円を借りたいと思っている人の、有力な選択肢になるでしょう。

SMBCモビットが向いている人

SMBCモビットが向いている人は周囲にバレずにお金を借りたい人です。勤務先への電話連絡や、郵送連絡が基本的にないため、周囲にバレずにお金を借りることが可能です。 また、電話連絡がどうしても必要な場合は事前に相談があるため、前もって電話連絡の有無を知ることができます。

SMBCモビットが向いていない人

SMBCモビットが向いていない人はとにかく早くお金を借りたい人です。融資スピードが最短で即日なので、大手消費者金融の中でも融資スピードは比較的遅いと言えます。 今すぐにお金を借りたい場合は他の大手消費者金融を利用するのが良いでしょう。

SMBCモビットの評判ポイント

SMBCモビットの評判ポイントは「唯一電話確認、郵送連絡をしないと公言」です。勤務先への電話連絡や、郵送連絡をしないと公言している唯一の消費者金融です。 職場や家族にバレるリスクが低いため、借入をする際に「できれば周囲に利用を知られたくない」という人にとっては有力な選択肢になります。

カードローンに関するQ&A

5万借りるのにおすすめのカードローン会社は?
おすすめのカードローンはプロミスです。おすすめ理由は、初めての利用なら無利息期間が最大30日間で借りることが可能で、最短30分で融資可能だからです。
在籍確認がないカードローンとは?
SMBCモビットです。
事前に相談することで、必要書類のご提出による代替確認に変更が可能です。
パートの主婦なのですが、年収の3分の1では貸金業者から希望の額の借入れができそうにありません。何か良い方法がありますか?
配偶者の同意を得て、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度を利用することでお金を借りることができます。
パート・アルバイト・派遣社員・契約社員でも契約は可能?
満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、カードローン会社の基準を満たす方であれば、一般的には契約できます。

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:
CFP資格(日本FP協会)・住宅ローンアドバイザー・損保マスタ・TLC損害保険トータルプランナー

■専門分野:
保険 生命保険 損害保険 資産運用 iDeCo NISA ローン カードローン 住宅ローン 介護 相続 ライフプラン

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611
金子賢司の関連記事一覧

大森隆一郎
コメントいただいた専門家
大森隆一郎

みずほ銀行執行役員
J.Score代表取締役社長CEO

大阪大学法学部卒業後、旧富士銀行入行。みずほ銀行の個人部門にて、金融マーケティングやコンサルティングビジネス、チャネル開発を中心に行う。2012年から4年間ローン業務開発部長をつとめ、2015年みずほ銀行執行役員に就任
2016年、みずほ銀行とソフトバンクが共同出資するFintech事業である「株式会社J.Score」代表取締役社長CEOに就任。日本初のAIスコアサービスをローンチ、「情報銀行」参入を整備するなど創業期としての事業基盤を構築し、2020年3月退任。
その後、株式会社みずほプライベートウエルスマネジメントの取締役副社長に就任。
2020年9月より株式会社ZUUに参画し、新たなスコアビジネスの立ち上げを推進。