5万円借りたい!今日中に現金を借りるための最適な方法5選

「今日中に5万円借りたい」
「どうしても5万円必要」
「無職なので、無審査で5万円借りたい」

冠婚葬祭や急な出費などでお金が足りなくなり、困っている人も多いのではないでしょうか。

5万円程度であれば、カードローンを利用することで、手軽に即日で借り入れすることができます。

ただし、カードローンの利用には、返済の負担が生じるため、違法な業者から借り入れすると返済に苦しむ可能性があります。

申し込む際は、闇雲に申し込みするのではなく正規の業者で申し込むようにしましょう。

今回は、5万円を借りたい人向けにおすすめの借入方法をわかりやすく解説します。

審査なしで借入れる方法についても紹介しますので、参考にしてください。

この記事でわかること
  • 5万円借りるのに最適な方法はカードローン
  • 消費者金融なら即日融資可能ですぐに5万円借りられる
  • 申し込み~借り入れまでスマホ一つで借入可能
  • ネット銀行カードローンなら5万円借りられる

5万円借りるのにおすすめな方法

今すぐ5万借りたい
迷ったらコレ!
 
アコムバナー
実質年利 最短融資時間 無利息期間
年3.0~18.0% 最短20分※1 30日間※2

アコムはとにかく融資スピードの速さが魅力。申し込みから借り入れまで最短20分(※1)!WEB完結手続きも可能です。

※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2 初めての契約の方のみ
※2 契約日の翌日からの適用となります。
  1. 5万円を借りたいならカードローンがおすすめ
    1. 今すぐ5万円借りたいなら消費者金融
    2. 少しでも金利を抑えたいならネット銀行に申し込む
    3. 今日中に5万円借りられる即日融資対応の消費者金融5選
      1. 【レイク】5万円借りるのに最適!無利息期間180日・審査結果最短15秒
      2. 【プロミス】審査通過率が最も高く、手続き後10秒で振り込まれる
      3. 【アコム】手数料無料、24時間365日最短10秒で振込完了
      4. 【アイフル】24時間365日最短10秒振込、急ぎの審査にも柔軟に対応
      5. 【SMBCモビット】最短3分で振込可能!郵送物無しでバレにくい
    4. ネット銀行カードローンなら5万円借りられる
      1. 【楽天銀行スーパーローン】1万円からの借入可能、楽天会員なら審査優遇あり
      2. 【イオン銀行カードローン】1000円で借入れできる!専業主婦も申込可能
    5. 無職でどうしても5万円が必要なとき審査なしで借り入れる方法!
      1. 【クレジットカードのキャッシング】審査なしで5万円借りられる
      2. 【配偶者貸付】収入がない専業主婦でも5万円借りられる
      3. 【生命保険の契約者貸付】金利2~6%、少額融資に対応
      4. 【質屋】物を担保にその場でお金を得ることができる
      5. 【生活費が足りない】生活福祉資金貸付制度
    6. 審査なしで5万円借りられる?注意点を解説
      1. 5万円でも審査に落ちてしまう理由と対策
      2. 5万円でも闇金やSNSでの個人融資の利用はやめよう
      3. 個人融資の利用もしてはいけない
  2. カードローンで5万円借りたときの返済シミュレーション

5万円を借りたいならカードローンがおすすめ

5万円を借りるのにおすすめな方法はカードローンを利用することです

カードローンは使用目的が自由で、5万円以下の少額からの場合も借り入れることが可能です。
また、その日のうちにお金を借りられることもあるため、今すぐお金が必要なときなどにも最適です。

カードローンには「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2つがあります。
以下で、それぞれ性能を比較してみました。

  消費者金融 銀行
カード ローン
最低借入額 1,000円 10,000円*
金利 約3.0~18.0% 約1.5~15.0%
融資
スピード
無利息
サービス
在籍確認の
電話連絡
原則なし あり
*ネット銀行カードローンの場合

まずはじめに最低借入可能額を見てみると、消費者金融は1,000円から借り入れ可能なのに対して銀行は10,000円からです。

一見どちらも少額から借り入れ可能と判断しがちですが、銀行カードローンはすべての銀行で10,000円から借り入れできるわけではなく、ネット銀行カードローンのみが5万円などの少額からの借り入れを受け付けています。

大手の銀行では最低借入額が10万円なことが一般的なため注意が必要です。

金利は、消費者金融と比べて銀行カードローンの方が低くなっていますが、5万円程度の少額であれば、無利息サービス期間を踏まえるとそれほど差はない可能性が高いです。

ただし、融資スピードについては大きな差があり、消費者金融であれば最短で当日中に借入れすることができます

銀行カードローンの場合は、申し込んだその日にお金を借りることはできないです。

今すぐ5万円を借りたい人は即日融資に対応している消費者金融カードローンを選びましょう。

今すぐ5万円借りたいなら消費者金融

消費者金融カードローンなら、最短20~30分で融資可能です

一方、銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳格なため、即日融資には対応していません。

国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。家族からの申し出で、新規貸し出しができないようにする「貸付自粛制度」の導入も検討する。これにより、拡大の続いたカードローン利用が縮小に向かう可能性もある。

引用元:産経新聞「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ」

そのため今すぐお金を借りたい人は、消費者金融カードローンがおすすめです。

実際に、NET MONEY編集部が2023年6月にカードローンの借り入れ時間に関する調査を行ったところ、消費者金融で借り入れ軽々がある方のうち24%の人が30分以内に、30%の人が60分以内に借入れできていたことがわかりました。

カードローンの借り入れ時間に関する調査
(調査協力=Neutral Works)

また、消費者金融は1,000円~1万円程度の少額からのキャッシングが可能です。

借入れ最少額が低いため、少しだけ借りたい人にもおすすめです。
借入金額が少額であれば利息も少なくなるため、返済の負担も軽減され安心して借入れすることができます。

少しでも金利を抑えたいならネット銀行に申し込む

少しでも金利を抑えて借り入れしたい人は、ネット銀行のカードローンの利用を検討しましょう

基本的に銀行カードローンは、高額借入をしたい人をターゲットにしてるため少額借入に対応していません。

そのため、借入最少額を10万円に設定しているところが多く、10万円以下の融資を受けることは不可能です。

一方、楽天銀行などのネット銀行が提供するカードローンでは、借入最少額を消費者金融のように少額に設定しているところもあります

ネット銀行の場合、銀行カードローンならではの金利のままで5万円程度の少額を借入れすることができます。

そのため、できるだけ利息負担を軽減したいという人は、ネット銀行カードローンの利用がおすすめです。

ただし、5万円程度の少額であれば消費者金融の無利息サービスを活用することで、利息額を抑えることができます

ネット銀行カードローンと消費者金融の無利息期間を活用した場合、どちらがお得に借り入れできるのかを比較してから申し込むようにしましょう。

今日中に5万円借りられる即日融資対応の消費者金融5選

消費者金融の看板

今日中に5万円を借りるなら、大手消費者金融のカードローンの利用が最適です

即日融資に対応している大手消費者金融は、最短3分で融資が可能なため、その日のうちに5万円借りられます。
他の消費者金融は最短でも即日なため、借り入れが翌営業日になってしまうこともあります。

実際に、NET MONEY編集部で大手消費者金融で借入れした人を対象に、アンケートを実施したところ各社「借入れまでの早さ」を重視し選んだという人が一番多かったです。

大手消費者金融借入理由のアンケート調査
(画像=NET MONEY編集部)

また、Web完結での申し込みにより、スマホ1つで申し込みから借入、返済までを完結することができます。

さらに、Web完結申し込みでカードレスを選択すると郵送物を避けて、周りに知られずにお金を借りることも可能です。

お申込・お借入・ご返済まですべてWebで完結!郵送物もありません。

引用元:プロミス|Web完結のご紹介

大手消費者金融の中でも、プロミス、アコム、レイク、アイフルの4社は無利息期間サービスを提供しています。

無利息期間内に完済できれば、利息は一切かかりません

仮に期間が過ぎても、その後の利息負担を少なくすることが可能なため、短期間での返済を考えてる人は無利息期間を活用することをおすすめします。

以上の点から、今日中に5万円を借りたい人は、即日融資が可能で手軽でお得に借り入れが可能な大手消費者金融が最適です。

※1 新規ご入会後最大3ヵ月間、ご返済時のお利息が0円となります。詳細はリンク先の公式ページをご確認ください。
※1 最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※2 ご契約がはじめての方
※3 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

【レイク】5万円借りるのに最適!無利息期間180日・審査結果最短15秒

レイク
(画像=NET MONEY編集部)

消費者金融で即日に5万円借りるには、レイクがおすすめです。 レイクは借入金額5万円まで、180日間の無利息期間が適用されます。期間内なら何度でも無利息で追加の借入れが可能です。

レイクは審査結果が、最短15秒でわかります。例えばスマホで申し込んだら、そのまま画面で結果を確認できるわけです。審査申込~借入れまでは最短25分です。

参照:レイク公式「はじめてのレイク」

今すぐ5万円借りて余裕をもって返済したい」という方は、レイクが向いています。

レイクで利用できる無利息期間は3種類で、自由に選べます。(併用不可) しかし5万円~10万円借りたいときに最適なのは180日間です。

レイクの無利息期間は3種類
  • ・30日間無利息
  • ・60日間無利息(Web申込み限定)
  • ・5万円まで180日間無利息

注意点として無利息開始日は契約日の翌日からとなっています。また、無利息期間中も返済日があるので、忘れず返済するように注意してください。

なお、レイクは24時間申し込みを受け付けており、審査結果も最短15秒でわかるというスピードのはやさも魅力です。 審査結果をできるだけ早く知りたい方は、ぜひレイクをチェックしてください。

金利
(実質年率)
4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査期間 最短15秒
融資スピード 最短25分(※)
WEB申込
※ 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

【プロミス】審査通過率が比較的高く、手続き後10秒で振り込まれる

プロミス
(画像=NET MONEY編集部)

プロミスは審査が最短3分※、インターネット振込みなら、PCやスマホの会員サービスで手続きを行ったのち最短10秒で振り込まれます(手数料無料)。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

参照:※参照:プロミス「会員サービスでできることインターネット振込」

プロミスの特徴は上限金利が低いこと。一般的に大手消費者金融の上限金利は年18.0%ですが、プロミスだけは年17.8%で、0.2%低くなっています

会社名 上限金利
プロミス 年17.8%
アコム  年18.0% 
レイク 年18.0%
アイフル 年18.0%
SMBCモビット 年18.0%

また、初回利用時に30日間の無利息サービスを受けられます。無利息期間のスタートが「契約日」でなく、「初回借入日」の翌日スタートとなっているので、無利息期間を無駄にせず利息を抑えたい方にも向いています。

金利
(実質年率)
4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査期間 最短3分※
融資スピード 最短3分※
Web申込
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

一般的に、初回の借入れの際は、どこのカードローン会社も上限金利が適用されるため、プロミスは他の会社と比べて金利を抑えられるという点がおすすめです。

\初めての方は30日間利息無料/

プロミスは土日祝日対応で24時間振込みにも対応しています。郵送物と来店なしで契約できるので、家族に借入れを知られたくない人にも向いています。

審査通過率が比較的高い点も、プロミスの特徴です。 各社が公表する新規成約率(審査通過率)に着目すると、プロミスは40%を超えており、比較的高いことがわかります

大手消費者金融の審査通過率参照元

プロミス(4月):42.3%  
アコム(5月):42.6%
アイフル(3月):29.6% 
レイク(3月):26.4%  

審査が不安な方は、プロミスを検討してみてはいかがでしょうか。なお、プロミスの公式アプリ「アプリローン」であれば、スマホで申込みから借入れまで完結します。 カードレスで利用できて、郵送物は一切ありません。 毎月の返済、アプリログインでVポイントが貯まる点も魅力でしょう。

\最短10秒で5万円を借りられる!/

【アコム】手数料無料、24時間365日最短10秒で振込完了

アコム
(画像=NET MONEY編集部)

アコムのアプリ「myac」なら、 24時間365日最短10秒で振込みが完了します(※金融機関により異なります)。手数料は無料です。申込み~借入れ~返済までスマホ1つで完結します。 myacは2020年に、生体認証でログインできるようになるなど、より使いやすくなりました。
参照:アコム「お客さま口座へ送金(振込で借りる)

カードローンを賢く使うための機能が充実しています。

アコムのアプリ「myac」の便利な機能
  • ・利用金額がひと目でわかる
  • ・返済期日の通知がくる

セブン銀行ATMで、QRコードを使って簡単に借入れや返済ができる点も魅力でしょう。

なお、アコムは、 カードローンランキングにおいて、 「即日欲しい人向けと思う」「契約・手続きが簡単と思う」「はじめてでも安心感があると思う」の3部門でNo.1を獲得しています。

参照:アコム 

また、無利息サービス「30日間金利0円サービス」を使えば、ご契約がはじめての方なら最大30日間金利0円でお金を借りることができます。追加で借入れるときも利息が発生しません。 ただし、プロミスと異なり、無利息期間は契約日の翌日からスタートします。

借入れが必要になったタイミングで申し込むのが賢明です。

\1円単位で借りられる!/

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短20分※
融資スピード 最短20分※
Web申込 可能
※ お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
引用元:アコム

【アイフル】24時間365日最短10秒振込、急ぎの審査にも柔軟に対応

アイフル
(画像=NET MONEY編集部)

アイフルは24時間365日最短10秒で振込みが完了します。
参照:アイフル「24時間365日即時振込サービス開始」

アイフルグループは大手消費者金融の中で唯一、銀行傘下とはならずに独立系企業として経営を続ける消費者金融です。

親会社をはさむ必要がないため、スピーディーな判断と対応が可能。 例えば、 オペレーターに急いでいることを伝えると優先的に審査を進めてもらえるなど、柔軟な対応が期待できます。

参照:アイフルグループの強み 

申し込みが完了後、【アイフル】カード申し込み・受付完了メールが届きましたら、お電話ください。 優先して審査を開始します。

引用元:アイフル公式
金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 最短20分
融資スピード 最短20分
Web申込

Web完結で郵送物は一切なし、最短20分で融資を受けられます。 また、アイフルの無利息サービスは、30日の期間内であれば再利用が可能です。 初回以降に追加で借りた分も、利息は0円になります。

アイフルは公式アプリも使いやすいと評判。原則24時間365日、最短10秒でお金が振り込まれます。 アプリアイコンを着せかえできるのがうれしいポイント。周りを気にせず利用できます

セブン銀行・ローソン銀行ATMで、カードレスで借入れ・返済が可能です。 利用残高・返済金額の確認、利用限度額の増額申請もスマホ1つで完了します。

\初めてのお借入は30日間利息0円!/

【SMBCモビット】最短3分で振込可能!郵送物無しでバレにくい

SMBCモビット
(画像=NET MONEY編集部)

SMBCモビットは、契約後、 振込みまでにかかる時間が最短3分とスピーディーなので、急ぎで5万円借りたいときも便利です。

また、周囲にバレたくない人にとって、郵送物なしで契約できる点は魅力といえます。 「契約の際に、入会申込書やカードが送られてきて家族に見られたら困る」そんな方も安心です。

ただし、郵送物なしにするには、次の条件を満たす必要があるので注意してください。

SMBCモビットで郵送物無しにするための条件
  • ①「オンライン本人確認」を行うこと
  • ②返済方法を口座振替で登録すること
  • ③三井住友銀行内ローン契約機へ顔写真付きの本人確認書類を持参し申し込むこと
※「オンライン本人確認」とは、スマホのカメラで指定の本人確認書類と顔を撮影することで、本人確認を行う手続きのこと ※口座振替については、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの本人様名義の口座をWebで登録する必要がある ※その他、審査内容によっては郵送物が発生する場合がある
参照:SMBCモビット公式

なお、契約後、利用開始したのちも、領収書や、利用明細書を送られたくない場合は、 会員専用サービス「Myモビ」で手続きしましょう。Myモビのログインしたのち、「お客様情報を変更する」を選択し、「領収書・ご利用明細書のお取扱い」の項目を「電子(ネット受取)」にすればスマホやPCで確認できるようになります。

SMBCモビット|よくある質問 

金利
(実質年率)
3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査期間 30分
融資スピード 最短即日(※)
Web申込
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ネット銀行カードローンなら5万円借りられる

ネット銀行カードローンなら5万円借りられるため、5万円借りたい人はネット銀行カードローンを利用しましょう。

一般的な銀行カードローンの多くは、貸付可能な最低限の額を10万円程度に設定しています。

なぜなら、金利が消費者金融と比べて低いため、5万円以下の融資では利益がほとんど出ないからです。

一方、ネット銀行カードローンは、メガバンクが対象としていない顧客を主なターゲットにしています。

借入可能額も1万円からと設定されているため、少額でも借入が可能です。

以下では、各金融機関について詳しく説明していきます。

【楽天銀行スーパーローン】1万円から借入可能、楽天会員なら審査優遇あり

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のスーパーローンは1万円からお金を借りられます。借入れや返済に楽天銀行のアプリを使えます。月々の返済は2,000円からとなっており、少額借りて少しずつ返したい方にも向いているでしょう。 楽天会員であればランクに応じて審査で優遇されるのが特徴。「普段よく楽天市場で買い物する」という方は、審査のハードルが低くなります。

会員ランクは「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」「ゴールド会員」「シルバー会員」「レギュラー会員」の5つです。 前月末日からさかのぼって6ヵ月間の獲得ポイント数などにより会員ランクが決まり会員特典が提供されます。 楽天銀行|会員ランクとは何か知りたい

楽天銀行で実施中のキャンペーンをアプリでチェックできる点も魅力でしょう。 楽天ポイントがプレゼントされるサービスもあり、特に楽天市場など楽天サービスを利用する方におすすめです。 楽天銀行アプリで楽天銀行スーパーローンを利用する手順は次のとおり。

楽天銀行アプリで楽天銀行スーパーローンを利用する手順
  1. 楽天銀行アプリをダウンロード
  2. 楽天銀行アプリを起動し、ログインする
  3. メンバーズデスクへアクセス 画面下部「かりる・備える」をタップ
  4. カードローン(新規申込・会員専用サービス)を選択

なお、楽天銀行スーパーローンは、専業主婦でも申し込めます。

最低借入額 1万円~
借入れの単位 1,000円単位
金利
(実質年率)
1.9%~14.5%
限度額 800万円
審査期間 最短翌日
融資スピード 最短翌日融資可能
Web完結可否 可能

参照:楽天銀行スーパーローン商品概要説明書 

【イオン銀行カードローン】1000円から借入れできる!専業主婦も申込可能

イオン銀行カードローン
(画像=イオン銀行カードローン)

イオン銀行カードローンでは年会費・入会金0円・コンビニATM手数料0円1,000円からお金を借りられます。新規申込時の1回限りとなりますが、イオン銀行普通預金口座があれば、審査完了後すぐに現金を振り込んでもらえます。

上限金利も13.8%と低めに設定されているため、金利を抑え少額借入をしたい人におすすめです。

1,000円以上、1,000円単位でお借入れいただけます。
なお、ATMには1日当たりのATM利用限度額が設定されています。
口座開設時の限度額が50万円、ご希望により10~100万円に変更いただくことができます。

引用:イオン銀行カードローン公式サイト

イオン銀行ATMでも、提携ATMでも、手数料無料で借入れ・返済が可能です。

提携銀行はゆうちょ銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行などとなっています。

最低借入額 1,000円~
借入れの単位 1,000円単位
金利
(実質年率)
3.8%~13.8%
限度額 800万円
審査期間 -
融資スピード 審査完了後
5日程度(※1)
Web完結可否 可能
(※1)返済時点でのお借入残高によって、毎月の約定返済金額が設定されます

\1000円からの少額融資可能!/

無職でどうしても5万円が必要なとき審査なしで借りる方法!

無職でも、担保や連帯保証人が必要な商品やクレジットカードのキャッシング、公的融資制度を利用することで、5万円借りることが可能です

  方法 必要な担保 限度額
審査なしで借りたい クレジットカード
キャッシング
なし ショッピング枠の
範囲内
専業主婦で
お金を借りたい
配偶者貸付制度 なし 配偶者と借り手の
年収合計の3分の1
生命保険に
加入している
生命保険の
契約者貸付
解約返戻金 解約返戻金の
7~9割
物を担保に
お金を借りたい
質屋 ・貴金属
・ブランド品
担保査定額の
7~8割
生活費が足りない 生活福祉資金
貸付制度
なし ~580万円

無職は返済能力が低く、担保や連帯保証人が不要な商品は貸し倒れのリスクが高くなるため融資を受けることはできません。

しかし、担保や連帯保証人が必要な商品であれば貸付側の損害を補うことができるため、無職でも借り入れできることがあります。

また、クレジットカードを持っている人ならキャッシング枠が利用可能であれば、その枠内であればお金を借りることができます。まずは、自分が持っているクレジットカードにキャッシング枠が設けられているか確認してみましょう。

生活費をまかなうことが困難なほど生活が厳しい状況にある人は、公的融資制度を利用するのも一つの手段となります。

以下では、それぞれの方法を詳細に説明していきます。

【クレジットカードのキャッシング】審査なしで5万円借りられる

キャッシング機能がついたクレジットカードであれば、審査なしで5万円を借りられます

クレジットカードには「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」があります。

手持ちのクレジットカードに「キャッシング枠」がすでに設定されている場合、審査なしで近くのATMでお金を借りられます

また、普段使っているクレジットカードで借入ができるため、利用明細書を見られない限り、親にバレることもありません。

2023年10月の貸金業協会の調査によると、実際に30.0%の人が借入れ検討先としてクレジットカードのキャッシングを検討しており、全体で2番目に多い結果でした。

キャッシング枠の利用の際には、現状のショッピング枠の利用額を確認してから利用するようにしましょう。

たとえば、三井住友カードのショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円のクレジットカードを持っているとします。

このとき、クレジットカードの総利用枠は50万円なため、10万円のキャッシングをした場合ショッピング枠は40万円になります。

すでにショッピング枠で上限の50万円を使っている場合、キャッシング枠は0円になります。
認識を間違えているとキャッシング枠が利用できないことに気付けないないため、注意しましょう。

なお、キャッシング枠が設定されていない場合、設定するにはクレジットカード会社の審査が必要になります。審査完了までに数日かかるという点にも注意が必要です。

【配偶者貸付】収入がない専業主婦でも5万円借りられる

収入がない専業主婦でも、配偶者貸付を利用すれば5万円借りることができます。

配偶者貸付とは、借入本人と配偶者の収入を合算しその3分の1までの借入れが可能で、総量規制の「例外」となる制度のことです。

例えば、夫の年収が300万円、妻の年収が30万円の場合、妻は夫(配偶者)の年収と合せて、330万円の3分の1、つまり上限110万円の借入れが可能です。
この場合、仮に妻が110万円の借り入れすると、夫は貸金業者からの借入れが制限されることになります。

ただし、配偶者貸付を利用するには配偶者の同意が必要で、以下の書類を提出しなければいけません。

  1. 配偶者の収入を証明する書類
  2. 夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など)
  3. 配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書
  4. 指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書

すべての業者で配偶者貸付を利用できるわけではなく、利用できるのは以下の業者などです。

消費者金融 ベルーナノーティス
銀行 SBI新生銀行
PayPay銀行
イオン銀行
セブン銀行

利用を検討している人は、事前に夫婦で話し合いお互い合意のもと契約を行いましょう。

【生命保険の契約者貸付】金利2~6%、少額融資に対応

働いていなくても生命保険に加入している場合、契約者貸付を利用して少額融資を受けられます

契約者貸付とは、資金が必要な時に解約返還金の一定範囲内で貸付する仕組みのことです。

銀行や消費者金融などではなく、保険会社からお金を借りられる制度を契約者貸付といいます

生命保険は、死亡保険料、生存保険料、付加保険料の3つで構成されています。
終身保険や養老保険などの保険料に生存保険料が含まれている積立型の生命保険を解約すると支払われるのが解約返戻金です。

契約者貸付制度では、この解約返戻金を担保にして融資してもらえます。

自分自身がこれまで積み立ててきた保険料を元に借り入れを行うため、利用の際の審査はありません。

また、金利は年2.00~6.00%程度とカードローンよりも低いため利息負担を軽減することができます。

◼️解約返戻金を担保にできる保険会社
※2023年11月17日調査時点

ただし、利用できるのは保険契約者のみです。

例えば契約者が夫で、被保険者が妻、保険金の受取人が子であったとしても、利用できるのは契約者である夫だけになります。

そのため、生命保険の契約者貸付の利用を検討する人はまず契約者が誰なのかを確認してみましょう。

また、借りられる金額の上限は契約している生命保険の解約返戻金の8割前後が一般的です。

5万円を借りるためには、解約返戻金が6.5万円程度なければいけないため、自分の保険の解約返戻金がいくらかも合わせて確認しましょう。

【質屋】物を担保にその場でお金を得ることができる

質屋を利用すれば、物を担保にして即日お金を手に入れることが可能です。 質屋は、貴金属やブランド品など価値のある物を預けることで、その場で現金を借りられる仕組みです。質入れしたものは一定期間内に買い戻す(完済する)必要があり、買い戻せない場合はそのまま質屋で販売されます。 メリットは即日にお金を借りられる点と、返済できなくなっても預けた物を失うだけで済む点です。

なお最近では、自宅まで商品を回収してもらう買取サービスもあります。買取サービスなら、わざわざ店頭に行く手間がありません。

例えば「BRAND OFF」というサービスは、家にいながら買取を完了できるようになっています。

LINEでの査定にも対応しているので気軽に相談できます。宅配キッドを頼んで梱包すると、回収にきてくれます。

下記では、預かり期間延長サービスがある東京のおすすめ質屋を紹介しているので参考にしてください。

質屋でお金を借りる方法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【生活費が足りない】生活福祉資金貸付制度

最低生活費が足りない場合は、国の公的融資制度である生活福祉資金貸付制度を利用しましょう

この制度は、低所得者世帯、高齢者世帯、障害者世帯など、資金調達が困難な世帯を対象とした公的支援策です。つまり、無職の方でも一定の条件を満たせば利用できる場合もあります。

低所得者世帯 必要な資金を他から借入れするのが困難な世帯(住民税非課税程度)
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者がいる世帯
高齢者世帯 65歳以上の高齢者のいる世帯

低所得者が直面する急な出費や生活費不足を補うための一時的な援助として、生活福祉資金貸付制度は非常に役立つ存在と言えます。生活基盤の維持や改善を目指す事業として、必要な資金の貸し付けが行われます。

総合支援資金 生活再建までの生活費や住宅入居費用、生活再建のために一時的に必要な資金など
福祉資金 生業に必要な資金や住宅の増改築・補修の費用、災害で被害を受けた際に臨時で必要となる資金など
教育資金 高校や大学、高等専門学校に入学・修学するための資金
不動産担保型生活資金 不動産を担保に高齢者へ生活資金を貸付ける制度

また、具体的な事例を挙げると、無職の方が福祉費や緊急小口資金を借り入れているケースが存在します。これらの事例は、生活福祉資金貸付制度が実際に収入が不安定な方々の生活を支える役割を果たしていることを示しています。

A.福祉費
現在、働いているかについては「無職」が 40.1%と最も高く、次いで「働いている」が 38.3%、「無回答」を除くと「ときどき働いている」が 5.3%であった。

引用元:生活福祉資金ユーザー(借受人)による事業評価に関する調査研究事業報告書

したがって、収入が少なく生活費に困っている方は、生活福祉資金貸付制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。その援助策を用いることで、生活を立て直す第一歩を踏み出すことができるでしょう。

審査なしで5万円借りられる?注意点を解説

5万円以内の少額であっても、審査なしでお金を借りることはできません

少額融資でも、審査を受ける必要があるのです。それは、金融機関が、「申込者の返済能力を確認して貸倒れを防ぐ」という理由のほかに、「法律で定められている」という理由があります。

カードローンを提供するのは主に消費者金融と銀行ですが、消費者金融は賃金業法に、銀行は一般社団法人全国銀行協会の取り決めに即して審査を行う必要があるのです。

消費者金融は賃金業法により審査が義務付けられている
  • 貸金業法第13条第1項により、賃金業者は申込者の返済能力調査しなければならない
  • 貸金業法第13条の2「総量規制」により、賃金業者は年収の3分の1を超える貸付けを禁止されている

参照:与信審査について(貸金業者等)

銀行は銀行法により審査態勢の整備を喚起されている
  • 各銀行は、消費者の過剰な借入れを防いで、健全な消費者金融市場を形成するため、審査態勢等を構築するよう努めなければならない。

参照:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

また、消費者金融に関しては、総量規制というルールに基づき審査を行う必要があります。

総量規制とは貸金業者がお金を貸す際に、契約者の年収の3分の1を超えて貸付けをしてはいけないという法律です。

総量規制についての図解
(画像=NET MONEY編集部)

融資総量規制にふれないかどうか、調査するためにも、消費者金融は審査を行います。

5万円でも審査に落ちてしまう理由と対策

5万円の少額であっても審査に落ちてしまう理由は次の3つです。

  • 返済能力に問題があると判断された
  • 信用情報に傷がある
  • 他社からの借入額が多い

1つ目は返済能力の問題です

貸金業法によって、お金を貸す際は返済能力の有無を調査することが義務づけられています。

全ての借入れについて、①借入れの際の返済能力の調査義務、②返済能力を超える貸付けの禁止

引用元:金融庁|貸金業法等の改正について

審査の中で「安定した収入が継続して得られない」と判断された場合、返済能力がないとみなされ、審査には通りません。
具体的には、開業したばかりの個人事業主や投資で収入を得ている人などがあげられます。

対策として、安定した収入がない人はアルバイトやパートなどをして、収入が安定してから申し込むようにしましょう

安定した収入がある人は、申し込み時に勤務先の情報を正確に記載すること。また、不安な場合は収入証明書を提出し、安定した収入があることを証明するようにしましょう。

2つ目の理由は信用情報に傷がある場合です

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報のことです。

審査時は、信用情報機関を通じて信用情報を照会できるようになっています。内容に過去に問題があったことが記録されていると、審査に通らないことがあります。

実際に信用情報の傷となるのは、携帯電話料金の滞納やクレジットカード支払いの長期延滞などがあります。

信用情報機関 得られる情報
JICC
(株式会社
日本信用情報機構)
消費者金融の情報など
CIC
(株式会社
シー・アイ・シー)
クレジットカードや携帯代の情報など
KSC
(全国銀行個人
信用情報センター)
銀行の情報など

不安な人は信用情報機関に自分の信用情報を確認し、問題がないかをチェックした上で申し込みましょう

最後の理由は他社からの借入額が多いことです

他社からの借入額と新たな借入での総額が年収の3分の1を超えている場合、総量規制の関係で審査に落ちてしまいます。

例えば、年収が100万円の人は総量規制によって30万円までしか借り入れできません。

しかし、既に他の金融機関30万円借入している場合、追加で5万円借り入れると総量規制をオーバーすることになるため、審査に通りません。

そのため、借入合計額を把握し、自分の年収の3分の1を超えないか確認してから申し込むことが重要です

5万円でも審査に通るか不安という人はこれらの対策をしてから借り入れるようにしましょう。

5万円でも闇金やSNSでの個人融資の利用はやめよう

SNSなどの個人融資の利用は、便利さから一見、魅力的に感じられるかもしれませんが、違法性と危険性が高く、決して利用すべきではありません

個人間融資とは、個人と個人のあいだでお金を貸し借りすることで、SNSやインターネットの掲示板などを通じて、面識のない他人とのあいだで行われることです。

やりとりはすべてインターネット上で行われ、相手がどのような人かわからないまま貸し借りされます。

個人であっても、反復継続して貸付けを行う場合やSNSなどで契約の締結を勧める場合、「貸金業」として国や都道府県の登録を受けなければなりません。

不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」「融資します」などを書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業の無登録営業及び無登録業者による勧誘は、いずれも罰則の対象となります。

また、個人融資を行った際には、以下の危険性が伴うことを認識しておきましょう。

1.高金利での貸付けが行われる
正規の金融機関の上限は、貸付額に応じて年利15.0~20.0%と定められています。
しかし、違法業者では10日で利息1割とする「トイチ(年利365%)」や10日で利息4割とする「トヨン(年利1,460%)」など、法外な金利を設定して来る場合があります。

2.個人情報が悪用される
貸付の際に提出した身分証のコピーや勤務先情報などを悪用されて、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

3.厳しく取り立てられる
貸金業法では、不適当な時間帯(午後9時から午前8時)に取立てを行ったり、勤務先等の居宅以外の場所に電話や訪問を禁止られています。
違法業者の場合一日に何度も連絡がきたり、家にまで押しかけてくるなどの悪質な取り立てをされる場合があります。

個人間のため、「業者よりも早く借りられて融通がききそう」と思うかもしれません。

しかし、その多くが違法業者である可能性が高いことを理解し、SNSやインターネットの掲示板を介した個人間融資はしないようにしましょう。

個人融資の利用もしてはいけない

SNSなどの個人融資の利用は、便利さから一見、魅力的に感じられるかもしれませんが、違法性と危険性が高く、決して利用すべきではありません

個人間融資とは、個人と個人のあいだでお金を貸し借りすることで、SNSやインターネットの掲示板などを通じて、面識のない他人とのあいだで行われることです。

やりとりはすべてインターネット上で行われ、相手がどのような人かわからないまま貸し借りされます。

個人であっても、反復継続して貸付けを行う場合やSNSなどで契約の締結を勧める場合、「貸金業」として国や都道府県の登録を受けなければなりません。

不特定多数が閲覧可能なSNS等で「お金を貸します」「融資します」などを書き込んで、契約の締結を勧めることは、貸金業の無登録営業及び無登録業者による勧誘は、いずれも罰則の対象となります。

また、個人融資を行った際には、以下の危険性が伴うことを認識しておきましょう。

1.高金利での貸付けが行われる

正規の金融機関の上限は、貸付額に応じて年利15.0~20.0%と定められています。
しかし、違法業者では10日で利息1割とする「トイチ(年利365%)」や10日で利息4割とする「トヨン(年利1,460%)」など、法外な金利を設定して来る場合があります。

2.個人情報が悪用される

貸付の際に提出した身分証のコピーや勤務先情報などを悪用されて、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

3.厳しく取り立てられる

貸金業法では、不適当な時間帯(午後9時から午前8時)に取立てを行ったり、勤務先等の居宅以外の場所に電話や訪問を禁止られています。
違法業者の場合一日に何度も連絡がきたり、家にまで押しかけてくるなどの悪質な取り立てをされる場合があります。

個人間のため、「業者よりも早く借りられて融通がききそう」と思うかもしれません。

しかし、その多くが違法業者である可能性が高いことを理解し、SNSやインターネットの掲示板を介した個人間融資はしないようにしましょう。

カードローンに関するQ&A

5万円を審査なしで借りることはできますか?
5万円以内の少額であっても、審査なしでお金を借りることはできません。カードローンを提供するのは主に消費者金融と銀行ですが、消費者金融は賃金業法に、銀行は一般社団法人全国銀行協会の取り決め銀行法に即して審査を行う必要があるのです。
無職でも5万円借りられる?
無職の場合安定した収入がないため、カードローンなどで融資を受けることは難しいです。
ただ、質入れや生命保険の契約者貸付などの担保や保証人がある借入方法なら無職でも借り入れ可能な場合があります。
>>詳しくはこちら
パートの主婦でもお金を借りることはできますか?
配偶者の同意を得て、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度を利用することでお金を借りることができます。
5万円を借りるのにおすすめのカードローンは?
5万円借りるのにおすすめのカードローンはレイクです。レイクは初めての利用かつ5万円までの借入で無利息期間が最大180日間適用されます。最短25分で借入れも可能なため、今すぐ5万円借りたい方、お得に利用したい方におすすめです。
5万円借りる方法はなにがありますか?
・消費者金融カードローン
・ネット銀行カードローン
ただし、銀行カードローンは即日融資に対応していないため、今すぐ5万円借りたいという人は消費者金融カードローンを選びましょう。

カードローンの評価方法

NET MONEYでは、30を超える金融機関のカードローンの評価をしています。各カードローンのデータを収集し、同様な商品を提供する他社と比較しています。NET MONEY編集部は完全なファクトチェックと情報の更新を行っていますが、必要に応じて適宜更新を行い信頼性を保っています。

NET MONEY編集部は適切な金利の設定や無利息期間の設定、融資までのスピード、柔軟に選べる返済方法、本審査前の事前診断サービス、充実したカスタマーサポート、金融に関する知識の提供など、ユーザーに寄り添ったサービスを提供する金融機関に対して高評価をしています。
また、信用情報機関などから提出される規制措置も考慮して評価を行っています。

ユーザーにとって最も重要なものは何なのか、また商品がユーザーにどのような影響を与えるのかという2点に基づき、各項目を比較検討しています。

この評価方法は利息制限法出資法に基づき、金利を20%以下に制限しているカードローンにのみ適用しています。

また、NET MONEYは評価に対する報酬を受け取っていません。カードローンの評価方法編集方針について詳しくはこちらをご覧ください。

記事の監修者及びコメントいただいた専門家

金子賢司さん

監修者・金子賢司

ファイナンシャルプランナー

立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:
CFP資格(日本FP協会)・住宅ローンアドバイザー・損保マスタ・TLC損害保険トータルプランナー

■専門分野:
保険 生命保険 損害保険 資産運用 iDeCo NISA ローン カードローン 住宅ローン 介護 相続 ライフプラン

HP:ファイナンシャルプランナー(FP) 金子賢司
Twitter:@NICE4611
金子賢司の関連記事一覧