三菱UFJ銀行カードローン,バンクイック,カードローン
(画像=三菱UFJ銀行)

「できるだけ早くお金を借りたい」と考えてはいるものの、消費者金融を利用するのは避けたいという人は、銀行カードローンを利用するとよいでしょう。三菱UFJ銀行のカードローンならば、迅速に融資を受けることができます。 今回は、三菱UFJ銀行のカードローンで即日融資は可能か否か、そして最短で手続きを進める方法などについて解説します。

バンクイックのサービス概要
金利(実質年率) 1.8~14.6.%
度額 500万円
担保・保証人の
要不要
不要
審査期間 最短翌日以降
融資スピード 審査状況により翌日以降になる場合がある
WEB完結可否 不可
学生の利用可否 可能
利用対象 ・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
・原則安定した収入がある人
返済方式 残高スライドリボルビング方式
遅延損害金 遅延損害金年率(保証会社の保証料を含む年率)により1年を365日とし、日割で計算
返済期間・回数 直近のご返済の翌日から数えて35日以内
必要書類 本人確認書類および
収入証明書類

三菱UFJ銀行のカードローンは即日融資不可

三菱銀行,ローン,審査
(画像=三菱銀行)

三菱UFJ銀行のカードローンは、即日融資に対応していません。その理由は、2018年1月以降から銀行カードローンすべてについて即日融資が停止されたことにあります。

三菱UFJ銀行では、カードローンの申し込み方法として「Web申込み」があります。手続きの都合上、即日融資はできませんが、Web申込みなら契約手続きをインターネット上で進められるので、スピーディーな融資が可能となります。

他の銀行カードローンは即日融資できる?

三菱銀行,ローン,バンクイック
(画像=三菱銀行)

即日融資ができなくなったのは、三菱UFJ銀行のカードローンだけではなく、すべての銀行カードローンも同様です。

法改正の影響を受けたのは、カードローンだけでなく、自動車ローンや住宅ローン、フリーローンなどのさまざまなローンサービスも同じです。

そのため、申込者の年収や信用情報にもよりますが、最短での融資は「翌営業日」となります。申し込み時間や曜日によっては、さらに日数が必要となると考えたほうが無難です。

三菱UFJ銀行の審査は他行と比べると早い

三菱銀行,ローン,カード
(画像=三菱銀行)

消費者金融に比べ、銀行カードローンの審査は遅いといわれています。なぜなら審査の基準が異なるからです。

消費者金融では、審査に「スコアリングシステム」を採用しているといわれます。スコアリングとは、独自のロジックに基づいて、個人や企業の信用度を点数化し、審査の可否を中立的に判断するシステムのことです。

審査自体はコンピュータによる自動審査なので、素早く審査が完了することもあり、融資までの時間については、消費者金融のほうが銀行カードローンより早くなっています。しかし、三菱UFJ銀行の審査は他の銀行カードローンに比べると、早いといわれています

「お金は借りたいけど、消費者金融は不安」という人には、銀行カードローンの中で審査時間がトップクラスに早い三菱UFJ銀行のカードローンがおすすめと言えるでしょう。

少しでも早く融資を受ける方法とは?

三菱UFJ銀行のカードローンは、即日融資はできないと説明しましたが、大きな問題なく審査が進めば、最短翌日での融資は可能です。

少しでも早く融資を受けるためには、警察庁のデータベースの照合以外にかかる時間を短縮しなければなりません。そこで、三菱UFJ銀行のカードローンで最短翌日に融資を受けるための方法について紹介します。

cardloan-bk-sameday.png

・パソコンやアプリからの申し込み

少しでも早く融資を受けるには、パソコンやアプリから申し込みを行いましょう。インターネットからの申し込みであれば、24時間365日受付可能でスピーディーに審査が完了します

審査結果は、申し込み時に登録したメールに送信されます。郵送や電話、テレビ窓口でも申し込めますが、審査結果の連絡は最短でも翌営業日となるので、インターネットからの申し込みのほうが断然早いでしょう。

テレビ窓口なら審査回答後(お申し込みから最短翌営業日)にカード発行が可能

三菱UFJ銀行のカードローンに審査に通れば、次はカード発行の手続きです。その方法には「テレビ窓口」と「郵送」の2種類があります。郵送の場合、約1週間程度で届きます。しかし、テレビ窓口なら審査回答後(お申し込みから最短翌営業日)にカード発行が可能です。

銀行カードローンは平日15時までの受け付けかつ土日祝は受け付けできない場合が多い中、三菱UFJ銀行は24時間365日受け付けており、融資を急いでいる人には、うれしいサービスと言えるでしょう。

・担当オペレーターとの電話相談で申し込む

インターネットが苦手な人は、電話で担当オペレーターに相談しながら申し込むことも可能です。電話もインターネットと同様に土日祝日でも申し込むことができます

しかし申し込みできる時間は限られているので事前に確認しておきましょう。

申込可能な時間

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日祝日 9:00~17:00

審査結果が出るのは、最短で翌営業日以降の9時~21時(土日祝日は9時~17時)となります。申し込みの受付時間や審査の混雑具合によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合もあるので注意が必要です。

電話での申し込みが完了し、テレビ窓口でカードを受け取る場合、運転免許証が必要となります。もちろん郵送で受け取ることも可能です。

引用元:三菱UFJ銀行

最短でも翌営業日の融資となる

どんなに急いでいたとしても、最短の翌営業日より早く融資を受けることはできません。前述のように、申し込んだ情報と警察庁のデータベースを照合するには、どんなに早くても1日はかかるためです。

そもそもカードローンで即日融資ができる銀行は存在しません。どうしても融資を急ぐ場合には、早めに申し込みをすることをおすすめします。

月火水の申し込みが比較的スムーズ

三菱UFJ銀行のカードローンの審査には、勤務先への在籍確認が必要です。もし勤務先が休みの日に申し込みをした場合、在籍確認が取れず、審査結果は遅れてしまいます。

急ぎの場合は、平日の「Web申込み」がおすすめです。中でも月火水の申し込みが比較的スムーズとされており、その週のうちに融資を受けられる可能性もあります。

土日祝でも申し込みは可能ですが、本審査結果は月曜日以降となるので注意が必要です。申し込みが混雑していれば、審査の回答に数日かかってしまう場合もあるでしょう。しかしWebなら24時間申し込みが可能です。早く借りたい人は、平日の月水金かつ勤務先へ在籍確認ができる営業時間内に申し込むとよいでしょう。

テレビ窓口は平日の夕方以降が空いている

最短での融資を希望する場合はカードの受け取り時間についても意識しましょう。テレビ窓口はカードを受け取りできる時間が曜日によって異なります。中でも、平日の夕方以降は比較的空いている場合が多いでしょう。

特にサラリーマンのように、平日の日中にテレビ窓口に出向くのが難しい人には夕方の時間帯をおすすめします。土日であれば営業が始まる午前10時頃が空いているでしょう。

また「テレビ窓口の前で待つのはちょっと……」という人は、曜日や時間ごとに混雑する時間帯が公式ホームページにも掲載されているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

ローンの審査をスムーズに進めるコツとは?

ここからは、三菱UFJ銀行のカードローンの審査をスムーズに進めるためのポイントを紹介します。最も早く融資を受けるには、「Webで申し込み、テレビ窓口で必要書類を提出してローンカードを受け取る」流れになるでしょう。

ここからは、三菱UFJ銀行で最短融資を受ける方法を紹介します。

・本人確認書類の事前準備とチェック

申し込みに必要となる「本人確認書類」を事前に準備し、チェックしておきましょう。三菱UFJ銀行で契約に必要な本人確認書類(いずれか1点)は以下のとおりです。

申込に必要な本人確認書類

  • 運転免許証(変更事項がある人は裏面も)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類は申し込みの条件にかかわらず、必ず1点を提出しなければいけません。スムーズに審査を進めるためにも、信用力が最も高い「運転免許証」を提出するのがおすすめです。

・収入証明書類も住所と有効期限を確認

三菱UFJ銀行カードローンを契約するために必要な収入証明書類(50万円超の借り入れを希望する場合にのみ必要)は以下のとおりです。

契約に必要な収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書1.2(個人事業主)
  • 確定申告書第1表、第2表

これらの書類を提出する際の注意点は、「住所の記載と有効期限」です。申し込みの際に入力した住所と本人確認書類の住所が異なる場合、受け付けてもらえないので提出前に必ず確認しましょう。

また、書類の有効期限が切れていないかも確認が必要です。この場合も書類を提出したことにはならず、再度の提出が必要となり、最短での融資が難しくなります。

引用元:三菱UFJ銀行

最短での振込可能時間には制限がある?

最短での振込可能時間には制限があります。まず、振り込みで借り入れをする場合は、会員ページへログインし、「振込サービス」を選択して、画面の案内に従って入力します。電話受け付けも可能ですが、受付時間は平日9:00~21:00、土日祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)と制限があるので注意しましょう。

また最短での振込可能時間は、振り込みサービスを初めて利用する場合と2回目に利用する場合で異なります。振り込みサービスの「利用回数」によって振り込み実施のタイミングに違いがあることを認識しておきましょう。

審査スピードに定評がある三菱UFJ銀行

即日融資はできないとはいえ、三菱UFJ銀行でカードローンを申し込む最大のメリットは、「審査スピード」にあるといっても過言ではありません。

そのため消費者金融ではなく、銀行で融資を受けたい人や融資を急いでいる人には、おすすめのカードローンと言えるでしょう。また他の銀行よりも比較的低金利で融資を受けられることも魅力です。

提携ATMを無料で利用でき、借り入れや返済についても効率的な利用ができることもおすすめのポイントです。これから融資を受けようかと検討中の人は、三菱UFJ銀行のカードローンを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

金子賢司
監修者・金子賢司(ファイナンシャルプランナー)
立教大学法学部卒業後、東証一部上場企業に入社。その後、保険業界に転身し、ファイナンシャルプランナー(FP)として活動を開始。FPの最上級資格CFP資格を取得し、個人・法人のお金に関する相談を受けながら、北海道のテレビ番組のコメンテーターなどとしても活動している。

■保有資格:CFP、住宅ローンアドバイザー、損保マスタ