ビットフライヤーとコインチェックを比較
(画像=NETMONEY編集部)

2021年に入り大きく高騰したビットコインの値動きは、2017年のいわゆる「仮想通貨バブル」とは異なる様相を見せている。そのため、今回の価格上昇を機に、ビットコインに代表される暗号通貨への投資を検討する投資家も多いだろう。

仮想通貨の取引を行うためには、取引所に口座を開設する必要がある。今回は、国内の代表的な取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の特徴と各サービスの内容を比較しつつ紹介する。

※当サイトのランキングは弊社が独自に行なった暗号資産取引所のイメージ調査の結果と対象となる暗号資産取引所の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら

ビットフライヤーとコインチェックの比較

金融庁によると、暗号資産交換業者は現在国内に27社あるが、その中でも多くの投資家が利用しているのが、ビットフライヤー(bitFlyer)とCoincheck(コインチェック)の2社だ。

両社のサービスを表にまとめると以下のようになっている。

  bitFlyer Coincheck
取扱通貨数 13種類 17種類
現物取引手数料 無料(※) 無料
入金手数料 無料(銀行振込手数料は自己負担) 無料(銀行振込手数料は自己負担)
出金手数料 三井住友銀行
220~440円
他行
550~770円
407円
BTC送金手数料 0.0004 BTC 変動手数料制
BTC受金手数料 無料 無料
レバレッジ倍率 最大2倍 レバレッジ取引不可
最小注文数 0.00000001BTC 500円相当額
※別途スプレッドあり
※2021年6月28日現在
引用元:bitFlyerCoincheck

おすすめの暗号資産取引所ランキング

bitFlyer(ビットフライヤー)とCoincheck(コインチェック)の他にも暗号資産取引所は多数あり、birFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)と他の暗号資産取引所を比較してみましょう。

※1.BitMatch取引手数料を除く
※2.別途スプレッドあり
2021年7月9日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by Quoineビットバンク
※1.BitMatch取引手数料を除く
※2.別途スプレッドあり
2021年7月9日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by Quoineビットバンク
※1.BitMatch取引手数料を除く
※2.別途スプレッドあり
2021年7月9日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by Quoineビットバンク

ビットコイン取引量国内No1!ビットフライヤーの特徴

bitflyer
(画像=ビットフライヤー公式HPより)

bitFlyer(ビットフライヤー)は、みずほファイナンシャルグループを筆頭に国内のメガバンクなどから出資を受けている。また、ビットコイン取引量は、国内No1といわれる取引所である。(※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-4月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)。

ビットフライヤーの概要
取扱通貨数 13通貨
(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT)
最低取引数量(BTC) 0.00000001BTC(販売所)
0.001BTC(取引所)
販売所手数料 無料
別途スプレッドあり
取引所手数料 0.01~0.15%
送金手数料 BTC : 0.0004BTC
ETH : 0.005ETH
XRP : 無料
入金手数料 銀行振込 : 無料
クイック入金
住信SBIネット銀行 : 無料
住信SBIネット銀行以外 : 330円
出金手数料 220~770円
レバレッジ取引 最大2倍

ビットコインFXが利用可能!

「Lightning FX」では証拠金として、現金ではなくビットコインを預けることもできる。仮想通貨で資金効率のよい取引にチャレンジしたい場合には、適したプラットフォームといえる

セキュリティ対策や補填が明記

暗号資産(仮想通貨)に投資する際に気になるポイントの一つとして、取引所のセキュリティがある。bitFlyer(ビットフライヤー)では投資家の個人情報を保護するために、すべてのデータ通信を暗号化している。

biyFlyer

さらに、二段階認証を設定した投資家の情報が盗まれて、不正に出金された場合にも補填が用意されている。セキュリティ対策や補填がしっかりと明記されていることは、利用する際の安心感につながるだろう。

おとくにビットコインがもらえるサービスを展開

ネットショッピングや旅行予約などのサービスを利用する際に、bitFlyer(ビットフライヤー)を経由することで、ビットコインがもらえるサービスを展開している。

楽天やYahooショッッピングを筆頭に多くのサービスが対象になっているため、おとくにビットコインが得ることができる機会も多そうだ。

アプリダウンロード数No1!コインチェックの特徴

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)

Coincheck(コインチェック)は、マネックス証券などで知られるマネックスグループが運営する仮想通貨取引所だ。取扱通貨の数が多く、アプリダウンロード数が多い(※)ことでも知られている。(※コインチェック公式HPより)

コインチェックの概要
取扱通貨数 17通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT)
最低取引数量(BTC) 500円(0.001BTC以上)(販売所)
500円以上かつ0.001BTC以上(取引所)
手数料 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込 : 無料
コンビニ入金 : 770円~
クイック入金 : 770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

アルトコインの取り扱いが多い

アルトコインとは、Alternative Coinの略称で暗号通貨の代名詞であるビットコイン以外の 暗号通貨の総称である。

coincheck

アルトコインの代表的なものとしては、リップルやイーサリアムなどがあるが、Coincheck(コインチェック)ではこれ以外にも多様なアルトコインを取り扱っており、その数は、2021年4月28時点で16種類と国内でもトップクラスだ。

様々な仮想通貨を取引したいという人におすすめといえるだろう。

初心者でも利用しやすい

コインチェックのサイトやアプリは、シンプルな設計で初心者も使いやすく、ユーザーからの支持を集めている。実際に、同社のアプリダウンロード数はNO.1だという(2019年1月~12月・コインチェック 公式サイトより)

また、ビットコインを手数料無料で購入できる点や最小で約500円から仮想通貨を購入できるなどが初心者にとっては魅力と言えるだろう。さらに、積立機能や電気やガスの料金に応じてビットコインを貯めるプランなども用意されている。

coincheck
 

マネックスグループによる運営という安心感

上述したようにCoincheck(コインチェック)は、東証一部上場企業であるマネックスグループ株式会社の子会社によって運営されている。

ネット証券大手のマネックス証券で知られる金融業界の中でも大手のマネックスグループが運営しているため、セキュリティ面などに関しても安心感があるだろう。

ビットフライヤーでの取引がおすすめなのは?

ビットフライヤーがおすすめの人

  • 暗号資産(仮想通貨)でアクティブに資産を増やしたい人
  • 気軽にビットコイン取引を始めたい人

1.暗号資産(仮想通貨)でアクティブに資産を増やしたい人

ビットフライヤーでは、レバレッジ取引が可能な「bitFlyer Lightning」を提供している。そのため少額から始めて、積極的に取引を行い暗号資産を増やしていきたいという人には魅力的だ。

biyFlyer
 

2.気軽にビットコイン取引を始めたい人

ビットフライヤーでは、サイトの利用を通じてビットコイン をもらうことができたり、Tポイントと交換できるサービスなどが用意されている。

そのため気軽にビットコインをもらい、取引をしたいと考えている人にもおすすめと言える。

コインチェックでの取引がおすすめなのは?

コインチェクがおすすめの人

  • 多くの種類の暗号資産(仮想通貨)を取引したい人
  • アプリで手軽に取引をしたい人

1.多くの種類の暗号資産(仮想通貨)を取引したい人

コインチェックは、取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類が国内でも最多となっている。そのため、BItcoinやイーサリアムといったメジャーどころ以外の暗号資産を取引したいという人におすすめと言えるだろう。

coincheck
 

2.アプリで手軽に取引をしたい人

コインチェックのスマホアプリは、インターフェースに優れ、スムーズに取引ができるように設計されている。そのため、「スマホアプリを使って手軽に取引をしたい」という人におすすめだ。

自分のスタイルにあった取引所で暗号資産取引を

初めて暗号資産(仮想通貨)ビットコインを購入する場合、取引所の信頼性と安全性を第一に考えるべきだろう。

その上で、重要なのは低コストで取引できる取引所を選ぶことだ。暗号資産(仮想通貨)には、取引手数料・日本円の入出金手数料・銀行振込手数料・仮想通貨送受金手数料・建玉管理料・ロールオーバー手数料など、さまざまな手数料がかかる。こうした手数料の額は取引所ごとに異なるため、各社の手数料を比較検討するべきだろう。

これら加えて、取引所ごとの特徴を把握し、自分にあった取引所で取引を始めると良いだろう。

bitFlyerとCoincheckのイメージ調査結果

ZUU online編集部では当ページの作成にあたり、各暗号資産取引所のイメージに関して株式会社ZUUが独自調査を行い、客観的な統計データによる執筆を行っております。

取引所 手数料 スプレッド 取扱通貨数 セキュリティ サポート ツール アプリ 総合評価
bitFlyer

Coincheck

暗号資産取引所のイメージ調査の概要

・実施期間:2021年5月

・調査の概要:暗号資産取引所各社のイメージに関するアンケートの収集

・調査対象:暗号資産(仮想通貨)取引所で口座を有する国内の20歳以上の男女

・有効回答件数:500件

・調査会社:株式会社クロス・マーケテイング

イメージ調査の結果

bitflyerのイメージ調査
(画像=NETMONEY編集部)
Coincheckのイメージ調査
(画像=NETMONEY編集部)
bitFlyerのイメージ調査詳細
調査項目 大変満足している 満足している 普通だと思う 不満に思う 大変不満に思う 特にイメージはない
手数料 3.4% 14.4% 39.4% 7.4% 2.6% 32.8%
スプレッド 4.4% 20.2% 35.4% 5.2% 2.8% 34.2%
取扱通貨数 5.8% 20.4% 36.4% 4.2% 2.2% 31.0%
セキュリティ 6.6% 17.4% 38.2% 5.8% 1.6% 30.4%
サポート 5.2% 14.4% 39.2% 6.2% 2.6% 32.4%
取引ツール 5.2% 17.8% 39.0% 5.2% 1.2% 31.6%
スマホアプリ 5.2% 19.0% 32.0% 3.8% 1.8% 40.8%
総合評価 6.6% 22.0% 38.6% 4.2% 1.0% 27.6%
Coincheckのイメージ調査詳細
調査項目 大変満足している 満足している 普通だと思う 不満に思う 大変不満に思う 特にイメージはない
手数料 5.6% 13.6% 36.6% 7.0% 3.0% 34.2%
スプレッド 6.8% 17.6% 36.0% 3.2% 1.8% 34.6%
取扱通貨数 8.4% 24.2% 31.8% 2.0% 2.0% 31.6%
セキュリティ 7.0% 18.8% 35.6% 6.8% 3.0% 28.8%
サポート 5.8% 15.0% 37.2% 7.4% 2.2% 32.4%
取引ツール 7.6% 18.8% 34.4% 5.0% 1.8% 32.4%
スマホアプリ 8.0% 18.2% 31.0% 4.8% 1.8% 36.2%
総合評価 7.0% 21.0% 37.6% 4.0% 2.4% 28.0%

暗号資産(仮想通貨)の取引に関するQ&A

Q. 暗号資産(仮想通貨)の取引には、一般的な銀行口座とは別途、新たに口座開設が必要か?

暗号資産(仮想通貨)取引所に新たな口座開設が必要だ。

Q. アルトコインとは何か?

ビットコイン(BTC)以外の暗号資産(仮想通貨)の総称。
アルトコインは各暗号資産により、知名度や流通量に大きな差がある。

Q. 暗号資産(仮想通貨)取引所によって最低購入数量は異なるか?

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに異なる。また、暗号資産ごとにも違う場合がある。
最低購入数量は、例えば「0.001BTC」のように表される。

この記事の監修者

監修者

実際に暗号資産投資を始めてみる

ビットコイン取引量国内 No.1!国内最大級の仮想通貨取引所
>>bitFlyerの口座開設はこちら

国内仮想通貨取引アプリダウンロード数 NO.1
>>コインチェックの口座開設はこちら

東証一部上場企業のGMOインターネットグループ、金融業界で培った信頼と豊富な実績
>>GMOコインの口座開設はこちら

出入金と現物手数料が無料な(※BitMatch取引手数料を除く)
>>DMM Bitcoinの口座開設はこちら