「ANAマイルがためられるゴールドカードがあるといいのだが、自分には無理だろう」とあきらめてはいないでしょうか。そうした人たちにとって、メリットが多く人気のあるANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは一つの選択肢になるでしょう。

この記事では、ゴールドカードを作ろうかどうか迷っている人に向けて、特徴や評判などを紹介します。

(画像=PIXTA)

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとは?

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 
年会費 3万4100円 家族カード 1万7050円
ポイント還元率 0.5%~1% ETC ETCカード
たまるポイント ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード 付帯電子マネー 楽天Edy
交換可能マイル ANA、JAL、スカイ 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
スマホ決済 Apple Pay タッチ決済

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、航空会社ANAとコラボしたカードです。また国際ブランドJCBと連携もしており、シェア率はそれほど高くはないものの国内外で利用できることから人気のカードを集めているカードです。

アメリカン・エキスプレスカードには「ノーマル」「ゴールド」「プレミアム」の、3つのグレードのカードがあり、ゴールドはミドルグレードにあたります。ポイントには有効期限がなく移行ポイントの制限がないのも、魅力の一つといえるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの良い評判

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの良い評判には以下のようなものがあります。

・ポイントの還元率が高いのでマイルもたまりやすい

・保険が自動付帯なので安心して使えた

・ANAマイルがたまりやすくお得に使えた

・ポイントの有効期限がないので好きなときに使えるのがよい

・スマホ決済が可能なのでコンビニ使いが便利

ポイントの還元率の高さや、マイルに関する声が多いようです。また保険が受けられるので安心して使えるとの声もあります。ポイントとマイルをダブルでためたいなら、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは非常に便利でしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの悪い評判

一方で、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの悪い評判については、以下のような声があります。

・年会費が高めなので旅行にあまりいかない人には向かない

・海外ではお得に使えないことがある

・中国では加盟店が少なく利用には向いていない

・付帯サービスを利用するにはある程度の年収がいる

年会費の高さや海外、とくに中国での使い道に困る声が多くあります。海外旅行でもアメックスの加盟店がたくさんある地域に頻繁に行く人でなければ恩恵を受けにくいのも、デメリットといえるでしょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリット

以上の評判から、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを使うことで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

メリット

  • ANAマイルがたまりやすい
  • ANAマイルへの移行が無料
  • 旅行保険が充実している
  • 空港関連の付帯サービスの充実
  • ANA関連のお店のショッピングがお得になる
  • ショッピング保険も付帯
  • プロテクションにより安心して買い物ができる
  • スマホ決済でも安心

ANAマイルがたまりやすい

ANAカードマイルプラス加盟店では、100円につき1ポイント+1マイルと、ポイントとマイルが同時にたまります。またANA航空券の購入では100円につき2.5マイルたまるなど、とにかくマイルがたまりやすいのも特徴です。

またANAグループの航空便を利用すると搭乗時にボーナスマイルもつくので、マイルをためるにはうってつけのカードでしょう。

ANAマイル移行が無料

一般的なANA アメックスカードの場合「ポイント移行コース」への登録がなければ、マイルへ移行はできません。また登録には6600円の費用がかかる点もデメリットです。

一方ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、付与されたポイントをマイルへ移行するときにも「ポイント移行コース」への登録は不要で、費用も発生しないのは大きなメリットでしょう。

■ポイント無期限

一般のANAアメックスカードで付与されたポイントには最大で3年間の有効期限がありますが、ANAアメックスのゴールドカードで獲得したポイントは有効期限がないのも特徴です。

無期限であることから、たまったポイントは好きなときにいつでも利用可能な点も魅力です。

充実の旅行保険・海外なら利用付帯で最高1億円

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、とくに海外旅行については利用付帯で最高1億円まで保証されるのは大きなメリットです。

また「賠償責任保険金」も最大で4000万円、「傷害治療費用保険金」なら最大で300万円が補償されるのもうれしいところです。ただし保険適用には事前に旅行代金などを、カードで支払うことが必要(自動付帯ではない)な点には注意するとよいでしょう。

■航空機遅延も補償される

海外旅行の際航空機遅延によって生じた、宿泊料金や飲食費が保証されるのも大きなメリットです。同時に手荷物到着遅延や紛失などでも、負担した衣類などの購入費も補償対象となります。

■キャンセル・プロテクションが10万円まで

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、キャンセル・プロテクションが適用されるため、旅行のキャンセル料金も補償対象となります。ただし年間10万円が上限となる点には注意が必要です。

空港関連の付帯サービスが豊富

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、空港関連の付帯サービスも充実しています。たとえば「ホノルル空港を無料で理由可能」「手荷物宅配サービス」なども利用できるのは、大きなメリットでしょう。

■国内28か所、海外はホノルルで空港ラウンジを利用できる

カードと搭乗券を呈示すれば、アメリカン・エキスプレスが提供する国内外29空港の空港ラウンジを、同伴者1名と共に無料で利用できるのもメリットです。

以下に利用可能な国内外の空港の一覧を紹介します。

地域 空港名
北海道・東北地方 新千歳空港
函館空港
青森空港
秋田空港
仙台国際空港
関東地方 羽田空港第1ターミナル
羽田空港第2ターミナル
羽田空港第3ターミナル
成田国際空港第1ターミナル
成田国際空港第2ターミナル
中部・北陸地方 新潟空港
富山空港
中部国際空港
小松空港
近畿地方 伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国・四国地方 岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
高松空港
松山空港
徳島空港
九州・沖縄地方 北九州空港
福岡空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
鹿児島空港
那覇空港
海外 旧ホノルル国際空港

■スーツケース無料配送サービスなど

海外旅行では大きなスーツケースが荷物となるが、ひとつまでなら無料で配送してくれるサービスもメリットといえるでしょう。また段ボールや自転車などの大型荷物も宅配してくれるサービスがありますが、こちらは公示価格よりも1000円割引までに留まります。

ANA関連のお店でショッピングがお得

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで、ANA関連のショップでさまざまな割引が利用できます。割引についての詳細は以下のとおりです。

・空港内免税店での5~10%OFFの割引が利用できる
・国内線・国際線の機内販売でも10%OFFとなる
・空港内店舗「ANA FESTA」で買い物をすれば10%OFFとなる
・パッケージツアーの利用でも5%OFFの割引がある
・ANAカードマイルプラス加盟店を利用すれば、さらに100円または200円ごとに1マイルがたまる

もし旅行の際にショッピングを楽しむのなら、カードの利用をおすすめします。

ショッピング保険も付帯している

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、ショッピング保険なども付帯しており、国内旅行でも海外旅行でも最高で500万円(購入日から90日以内)が保証されます。カードを利用してショッピングをすれば、より安心して旅行を楽しめるでしょう。

オンライン・プロテクションで安心ネットショッピング

オンライン・プロテクションが適用されれば、オンライン時の不正利用も全額が補償されます。またオンラインショップ「ANAショッピング A-style」の利用でカードを使えば、5%OFFとなりこちらもかなりお得といえるでしょう。

利用の際にもポイントが2倍になりマイルもたまるので、旅行前の準備にオンラインショップを利用するのもおすすめです。

スマホ料金支払いでスマートフォン・プロテクション付帯

旅先でスマートフォンが壊れたなどの場合、修理代金が最大で3万円まで保証されるのもうれしいサービスでしょう。購入後2年以内の新しいスマートフォンであれば、支払限度額まで保証される可能性も高くなります。

ただし家族会員カードは対象外となるため、注意したいところです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、以下のようなデメリットがあります。

デメリット

  • プライオリティパスが申し込めない
  • 中国では使えない可能性がある
  • 年会費が高い

■プライオリティパスが申し込めない

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットとして、プライオリティパスの無料利用や割引特典がつかない点はデメリットです。

もちろんプライオリティパスがなくても、アメックスの国内28の空港とハワイのラウンジは利用できます。ただ、ANAのクオリティの高いラウンジになると利用できません。たとえばANAラウンジでは、指定の条件を満たした方のみ使えるラウンジやプレミアムクラス以外の搭乗者のみ使えるラウンジがあります。

どちらも専用のカードや会員登録が必要なため、ゴールドカードの提示だけでは利用できないのはデメリットでしょう。

■中国などではやや不利か

海外旅行にカードを使う場合、中国の北京や上海、香港などで利用したい人も多いでしょう。

ただし結論からいってしまえば、ゴールドカードは中国では使えないと思ったほうがよいです。中国で利用できるカードは限られており、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも対象外となります。

■年会費が高い

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで一番のデメリットは、年会費が高いことです。同じ系列のANAカードが年会費2500円程度で利用できるのに対し、ゴールドカードは年会費が3万4100円と高く設定されています。

また他のゴールドカードと比較しても、年会費は高めです。ただ家族も旅行補償になるなどのメリットも多く、年会費はもちろん対象者によっても選ぶのがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの作り方

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに申し込むためには「定職についていること(パートやアルバイトは不可)」が基準となります。

もしオンライン上でカードを申し込むなら、以下の手順となるので参考にしてみてください。

オンラインでの申し込み手順

  1. ネット上でサイトから申し込み
  2. 申し込み完了後のメールを受信
  3. 審査が始まる
  4. 審査通過の連絡を待つ
  5. カードが発行されたら受け取り準備
  6. 口座振替の設定

オンライン上では申し込みフォームに記入が必要ですが、それさえ済んでしまえば後は結果を待つのみです。ゴールドカードなので審査は厳しめですが、全体の流れも知っておくとよいでしょう。

キャンペーンや入会特典は?

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会すると、まず入会ボーナスとして2000マイルが付与される。その後はANAカードマイルプラス店での利用や、ANAの搭乗で25%のボーナスマイルが付与されるなど、このカードならではの特典が多数あります。

またキャンペーンが開催されている時期はお得にマイルがたまる可能性もありますので、入会時には特典をチェックするのがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリットを享受しよう!

これからANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会しようと思っている方は、キャンペーンを利用すればポイントが2倍になるなどのお得な特典が受けられます。

ステータスシンボルとしてゴールドカードがほしい方は、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでさまざまなメリットを享受するとよいでしょう。年会費は多少高めですが、メリットの大きさを考えるとデメリットもさほど気にならないでしょう。