電子マネー「クイックペイ」とクレジットカードは、どちらもキャッシュレス決済です。しかし多くの人にとっては違いが分かりにくいのではないでしょうか。

この記事では、クレジットカードとクイックペイの違いを解説しつつ、クイックペイ機能付きのクレジットカードについても紹介します。

クレジットカードとクイックペイの違い

(画像=PIXTA)
 

クレジットカードと電子マネーの「クイックペイ」は、どちらもキャッシュレス決済の手段です。しかし異なる点もあります。まずは、クレジットカードとクイックペイの特徴を比較しながら、違いを確認してみましょう。

クレジットカードとは

「買い物をしてクレジットカードを出す」という行為は、その場でお金を払わずに後払いすることを意味します。買い物をした後にクレジットカード会社が代金を立て替え、決まった期日が来るとクレジットカード会社は、ユーザーに立て替えたお金を請求する仕組みです。利用者がこうした仕組みを利用するには、クレジットカード会社による審査にパスする必要があります。

クレジットカード会社は利用者の勤務先や年収などを基準に「信用度」を判断し、クレジットカードの上限利用額を決定します。またクレジットカードには、分割払いや現金を借りるキャッシングなどの機能を付帯できます。クレジットカードを店頭で利用する際は、読み取り端末にカードを挿入、暗証番号の入力またはレシートに署名をします。

もっとも近年は、端末にクレジットカードをかざすだけで完了する「タッチ決済」タイプも増えています。

クイックペイとは

クイックペイとは、JCBが運営する電子マネーです。電子マネーは「現金をデータ化してやりとりする仕組み」のことで、以下の3タイプに分かれます。

タイプ 詳細
プリペイド型 ・あらかじめお金をチャージして使うタイプ
例)プリペイドカード
リアルタイムペイ型 ・その場で支払うタイプ
例)銀行口座と連携して使うデビッドカード
ポストペイ型 ・後払いするタイプ
例)クレジットカードと紐づけて利用分はクレジットカードの利用代金として請求される

例)クレジットカードと紐づけて利用分はクレジットカードの利用代金として請求される

電子マネーには1つのタイプだけに対応しているものもあれば、複数のタイプを用意しているものもあります。クイックペイは、3つのタイプをラインナップしており、ポストペイ型のクイックペイもあるのが特徴です。この点がクイックペイとクレジットカードの違いを分かりづらくしている言えるでしょう。クイックペイを利用する際にクレジットカードのような審査は必要ありません。

ただし紐づけるクレジットカードをこれから作成する場合は、クレジットカードの審査が必要です。クレジットカードのように「信用」を前提としたやりとりがないため、分割払いやキャッシング機能はありません。またクイックペイを店頭で利用する際は、読み取り端末にカードをタッチするだけで暗証番号や署名は不要です。

クレジットカードとクイックペイの共通点

クレジットカードとクイックペイには、共通点もあります。具体的に見てみましょう。

キャッシュレス

クレジットカードとクイックペイのどちらもキャッシュレスで買い物ができる点は同じです。またどちらもスマートフォンに情報を読み取ることで、タッチ決済機能を使うことが可能です。クイックペイが読み取り端末にタッチするだけで決済できる一方、クレジットカードは決済時に読み取り端末で暗証番号を入力するものが多い傾向でした。

しかし近年は、読み取り端末にタッチするだけで決済できる方式のものが増えています。

ポイントが貯まる

クレジットカードは、利用額に応じてポイントが付与されますが、クイックペイ自体にポイントが貯まる仕組みがありません。ただクイックペイで決済をした際、クイックペイを搭載しているカードのポイントは貯まります。「クレジットカードは使えないけど、クイックペイは使える」というお店がある場合、クイックペイを搭載したクレジットカードを使えるケースはあるでしょう。

この場合にクイックペイで決済すると、クレジットカードのポイントが付与されるのでお得です。

後払いである

先述したようにクレジットカードは、後払い決済方式です。ポストペイ型のクイックペイも後払い方式でクレジットカード会社がいったん利用代金を立て替えます。

クレジットカードを利用するメリット

クレジットカードは、さまざまな場面で活躍します。そのメリットには、次のようなものがあります。

海外旅行やネットショップなど利用幅が広い

ネットショッピングをするうえで、クレジットカードは欠かせません。クレジットカード払いのほかにも銀行振り込みや後払い、コンビニ支払いなどがありますが、注文してすぐに決済が完了できれば商品をスピーディーに発送してもらえます。

またVISAやMastercardのような国際ブランドのクレジットカードを持っていると、海外旅行でも加盟店でショッピングが可能です。外貨に換金する手間や多額の現金を持ち歩くリスクを考えると、海外でのショッピングにはクレジットカード利用が便利です。

キャッシング機能が付いている

クレジットカードの利用枠には、キャッシング枠を設定できます。キャッシング枠があると急に現金が必要になったときにお金を借りてATMなどで引き出すことが可能です。

ステータスとして持つこともできる

1つのクレジットカード会社からさまざまなグレードのクレジットカードが発行されています。「プラチナカード」「ゴールドカード」と呼ばれるカードは、一定の収入と利用実績がある人だけが入会できるため、持っていること自体がステータスにつながります。

クイックペイを使うメリット

クイックペイのメリットには、以下のようなものがあります。

決済がスピーディー

クイックペイは、読み取り端末にカードやスマートフォンをタッチするだけで決済が完了します。サインや署名は不要です。

支払い方法が選べる

上述したようにクイックペイには、プリペイド型・リアルタイムペイ型・ポストペイ型の3タイプがあります。プリペイド型は、年齢制限も審査もないため、誰でも持つことが可能です。しかしチャージをする手間が発生します。一方、クレジットカードの審査に通過できる人は、ポストペイ型のクイックペイを選ぶと便利です。

このように使う人に合わせて支払方法を選べるのがクイックペイのメリットです。

財布を持ち歩く必要がない

クイックペイは、1回の支払金額に2万円の上限があるため、それを超える高額な買い物はできません(スマートフォンと連携させれば上限額なし)。そのためコンビニやスーパーなど、近所の買い物での利用に向いています。クイックペイを搭載したクレジットカードかカードの情報を読み取ったスマートフォンで買い物ができ、財布を持ち歩く必要がありません。

クイックペイの機能が付いたクレジットカードも存在する

上で述べたようにポストペイ型のクイックペイは、利用代金がクレジットカード会社によって立て替えられ、後日クレジットカードの利用代金と一緒に請求されます。ポスト型クイックペイに対応しているのは、175社(2020年12月時点)のクレジットカード会社が発行するクレジットカードです。しかし実は、対応しているクレジットカードには以下の2つのタイプがあります。

1.クレジットカードにクイックペイの機能が付いている。クイックペイで支払いをする際は、クイックペイで支払うことを店に伝え、カードを読み取り端末にタッチする

2.クレジットカードを読み取り端末にかざしてクイックペイで支払うことはできないが、スマートフォンのお財布アプリにカード情報を読み取ると、支払時にスマートフォンを使ってクイックペイで支払いができる

クレジットカードによって1、2の両方に対応しているものと、どちらか一方だけに対応しているものがあります。1のクイックペイの機能が付いたクレジットカードは、クイックペイ対応クレジットカード全体の中では少数派で、2だけに対応しているケースが多い傾向です。

クイックペイの機能が付いたクレジットカードの主な特徴

クイックペイの機能が付いたクレジットカードは、電子マネーをチャージする必要がありません。例えば「少額の買い物はクイックペイ」「高額の買い物はクレジットカードで支払う」といった使い分けが1枚のカードで可能になり、使い勝手がよくなります。もちろんクイックペイで支払ってもクレジットカードのポイントが付きます。

おすすめのクイックペイ付きクレジットカード一覧

クイックペイの機能が付いたクレジットカードでおすすめのものを紹介します。

・JCB一般カード
初年度の年会費が無料です。WEB明細サービスに登録し、年間50万円以上のショッピング利用をすると翌年の年会費も無料になります。2年目以降の年会費は1,375円(税込)です。

・オリコカードTHE POINT
年会費は永年無料です。入会後6ヵ月は、ポイント還元率が通常の倍である2%にアップします。クイックペイとiDを両方搭載したユニークなクレジットカードです。

・セディナカード
年会費が永年無料です。入会後3ヵ月はポイントが3倍になります。またセブン‐イレブンでの利用はポイントが3倍です。

・ミライノカード
初年度の年会費が無料。2年目以降の年会費は990円(税込)です。年間10万円以上の利用で翌年の年会費も無料になります。ポイント還元率は1.0%です。

・セゾンパール・アメリカンエキスプレス(R)カード
デジタルカードとナンバーレスカードの形式によってカードが発行されます。年会費は1,100円(税込)ですが、年1回1円以上のカード利用で、次年度年会費が無料になります。クイックペイで買い物をすると3%相当が還元されるためお得です。

まとめ

電子マネー「クイックペイ」の決済方法は、プリペイド型・リアルタイムペイ型・ポストペイ型の3タイプです。ポストペイ型のクイックペイは、クレジットカードと紐づけられて使われています。ポストペイ型クイックペイに対応しているクレジットカードをスマートフォンで読み込み、スマートフォンを使ってクイックペイを利用する使い方が主流です。

クレジットカードとクイックペイが一体になったカードもあるので、気になる人はチェックしてみましょう。