バイナリーオプションを攻略するための手順は?初心者向けに解説
(画像=NET MONEY編集部)

「バイナリーオプションを始めてみたいけど、やり方がわからない...」「デモトレードから始めればいいの?」というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

バイナリーオプションのやり方は「①基礎知識を学ぶ→②国内業者で口座開設する→③トレードの予算を決める④デモトレードをしながら相場分析の知識を身につける⑤少額でトレードを始める⑥トレードを記録して改善する」の6ステップで始めましょう!

この記事ではバイナリーオプションのやり方を解説するとともに、初心者におすすめの口座や失敗しないためのポイントなどを解説します。

  1. バイナリーオプションのやり方を初心者にもわかりやすく解説!
    1. STEP1:バイナリーオプションの基礎知識を学ぶ
    2. STEP2:国内業者で口座開設する
    3. STEP3:トレードの予算を決める
    4. STEP4:デモトレードをしながら相場分析の知識を身につける
    5. STEP5:少額でトレードを始める
    6. STEP6:トレードを記録して改善する
  2. バイナリーオプションで失敗しないための4つのポイント
    1. 負けているときほど冷静に取引する
    2. ポジポジ病にならないよう注意する
    3. マーチンゲール法やパーレー法は使わない
    4. 高額なツールには手を出さない
  3. バイナリーオプションのやり方に関するFAQ
    1. ネットや本のバイナリーオプション攻略法・必勝法は信じてもいい?
    2. バイナリーオプションはテクニカル分析をすれば絶対勝てる?
    3. バイナリーオプションはツールを使うと攻略できる?
    4. バイナリーオプションで勝てない原因は何?
    5. バイナリーオプションを攻略するには何から勉強するのがおすすめ?

バイナリーオプションのやり方を初心者にもわかりやすく解説!

バイナリーオプションは以下の6ステップで取り組めば、初心者でも一定の利益を狙えるようになります。

バイナリーオプションには必勝法がないため、着実にスキルアップを目指すことこそが攻略への近道となります。

STEP1:基礎知識を学ぶ

まずは、バイナリーオプションの仕組みなど基礎知識を学びましょう。メリット、デメリットも知っておくことで、相場の変化やリスクにも適切に対処できるようになるはずです。

バイナリーオプションの仕組み
バイナリーオプションとは
NET MONEY編集部作成

バイナリーオプションは、一定期間経過後のレートが指定したレートよりも高いか安いかを予想する取引です。予想が的中すれば払戻しを受けられますが、外れた場合は投資した資金を失うことになります。

例えば為替のバイナリーオプションでは、1ドル=130円を目標レートとした場合、2時間後の為替レートが1ドル=130円より円安になっているか、円高になっているかを予想します。

為替相場を対象としている点では、FXと似ているように感じるかもしれません。しかし、FXは購入時と売却時の通貨の価格差によって利益を得るのに対し、バイナリーオプションではあくまでも予想の結果によって利益を得られます。つまり、価格差が大きくても小さくても予想があたれば利益を得られる仕組みです。

知っておきたい用語

バイナリーオプションで頻繁に知っておきたい用語を紹介します。

  • チケット
    バイナリーオプションの取引を始める際に購入するもので、「枚」や「ロット」などの単位を用いて数えられます。チケットとは1枚あたり50円~950円程度で購入でき、価格は判定時刻が近づくにつれて安くなるのが一般的です。
     
  • 判定時刻
    予測の判定が行われるタイミングのことで、満期とも呼ばれます。
     
  • ペイアウト(倍率)
    ペイアウトとは、バイナリーオプションで予想が的中した際に払戻しを受けられる金額のことです。またペイアウト倍率は、投資した資金に対してどれだけのペイアウトが受け取れるのかを表す数値のことです。ペイアウト倍率はFX会社が予想のあてやすさを考慮して設定しています。そのため、判定時刻が近づくほどペイアウト倍率は低くなる傾向にあります。

  • 権利行使価格
    ペイアウトを受け取る基準となる価格のことです。バイナリーオプションは、この価格を上回るか、下回るかを予測する取引です。複数の選択肢の中から選べるようになっています。

  • ラダー取引
    判定時刻のレートが、事前に指定したレートを上回っているか下回っているかを予測する取引方法のことです。

  • レンジ取引
    判定時刻のレートが、事前に指定したレートの範囲内に収まっているかどうかを予測する取引方法のことです。
バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションの主なメリットは以下の通りです。

  • 少額からスタートできる
  • 取引できる時間が長い
  • 値動きの小さい相場でも利益を狙える
  • 損失を限定できる

基本的に、バイナリーオプションはチケット1枚あたり1,000円程度から購入可能です。他の金融商品と比べても比較的少ない金額で投資できるので、万が一失敗しても大きなダメージを負わずに済みます。

ほぼ24時間取引できるのもメリットの1つといえるでしょう。バイナリーオプションは夜間の取引も可能なため、ライフスタイルに合わせてトレードに取り組むことができます。

バイナリーオプションにおけるペイアウトは、予想があたったかどうかに対して支払われます。つまり、値動きが落ち着いている相場でも、全く同じ価格で推移しない限りは、利益を狙うチャンスがあるのです。

エントリーした後に、予想が大きく外れていると感じたときには、判定時刻を待たずに売却できるのもバイナリーオプションの特徴の1つです。売却した時点で損失を確定できるのです。バイナリーオプションでは、チケット購入金額以上の損失を出すことはありません。FXやCFD取引のように、投資した金額以上のマイナスが出ることはないので、見通しが立てやすいでしょう。

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションには以下のようなデメリットも存在します。

  • 元本保証はされていない
  • ギャンブル感覚になりやすい
  • 短期間で資産を大きく増やすのは難しい

バイナリーオプションは、銀行預金のような元本保証がされている商品ではありません。そのため、投資の結果によっては手元の資金を失うリスクがあります。

二者択一の予想を的中させるだけでペイアウトを受け取れるため、ギャンブル感覚に陥りやすいのもデメリットといえるでしょう。運任せにトレードしても利益を得られる可能性があるため、射幸心をあおられてしまい、中毒のようになってしまう人もいます。1回あたりの損失額は限定されているものの、負け続ければ損失額は大きく膨れ上がってしまうでしょう。

バイナリーオプションでは、エントリー時点でペイアウト額、すなわち利益は決まってしまいます。予想したレートを大きく上回った(下回った)としても得られる利益の額は変わらず、1日の取引回数も決まっているため、短期間で大金を稼ぐのには向いていません。

STEP2:国内業者で口座開設する

バイナリーオプションを始める際は、以下の国内業者で口座開設をするのがおすすめです。

これらの国内業者はいずれも金融商品取引業者として金融庁の認可を受けているため、信頼性が高いのが特徴です。また、法令に基づいて信託保全が義務付けられているため、万が一業者が倒産した場合も預けている投資家の資産は保護されます。取引時間やペイアウト倍率にも一定の規制が設けられており、リスクの高すぎる取引を避けられるため、初心者でも安心してトレードできるでしょう。

バイナリーオプションではいくつか有名な海外業者も存在していますが、基本的に金融庁の登録は受けていません。詐欺や出金拒否などのトラブル事例も報告されているため、基本的に利用するのは避けましょう

なお、一般的なバイナリーオプションの口座開設の流れは以下の通りです。

  1. バイナリーオプション業者の申込フォームで必要事項(住所・氏名・電話番号・勤務先・資産状況・取引経験など)を入力する
  2. 本人確認書類を提出する
  3. バイナリーオプションに関する知識確認テストを受ける
還元率が高い「GMOクリック証券」
GMOクリック証券
(画像引用:外為オプション

■GMOクリック証券の基本情報

運営会社 GMOクリック証券
還元率
(2023年
6月時点)
94.9%
取引方法 ラダー取引
取引手数料 無料
取引時間
(1回号あたり)
3時間
回号数 10回号
ペイアウト
金額
1枚あたり1,000円(固定)
取引銘柄 5種類(米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・豪ドル/円・ポンド/円)
デモトレード
対応
スマホ
対応
○(テクニカル指標の表示も可能)

還元率の高さで選ぶなら、GMOクリック証券がおすすめです。国内の業者の中で、ラダー取引の還元率は2番目に高くなっています

取引画面が見やすく、パソコン、スマホどちらからも、直感的な操作でスムーズに取引ができるのも特徴です。

細かくチャート分析をしたい場合には、複数のテクニカル指標や描画ツールを表示できる「プラチナチャート」も使用可能です。

\高い還元率が魅力!/

レンジ取引も可能な「GMO外貨」
GMO外貨
(画像引用:GMO外貨

■GMO外貨の基本情報

運営会社 GMO外貨
還元率
(2023年
7月時点)
ラダー取引:93.05%
レンジ取引:87.62%
取引方法 ラダー取引・レンジ取引
取引手数料 無料
取引時間
(1回号あたり)
2時間
回号数 11回号
ペイアウト
金額
1口あたり1,000円(固定)
取引銘柄 8種類(米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・豪ドル/円・ポンド/円・ニュージーランドドル/円・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル)
デモトレード
対応
スマホ
対応
○(テクニカル指標の表示は不可)

複数の取引方法に対応している業者で選ぶなら、レンジ取引にも対応している「GMO外貨」がおすすめです。還元率は比較的高水準で、特にレンジ取引の場合タイミングによっては100.0%を超えることもあります。通貨ペアの種類が多いため、時間帯によって取引する銘柄を変えることも可能です。

デモトレードやスマホ取引にも対応しており、取引ツールはどれも直感的に操作できます。初めて利用する場合でも、使い方に困る可能性は少ないでしょう。

\ラダー取引とレンジ取引の両方に対応!/

楽天ポイントで始められる「楽天証券」
楽天証券
(画像引用:楽天証券

■楽天証券の基本情報

運営会社 楽天証券
還元率
(2023年
6月時点)
85.1%
取引方法 ラダー取引
取引手数料 無料
取引時間
(1回号あたり)
2時間
回号数 10回号
ペイアウト
金額
1枚あたり1,000円(固定)
取引銘柄 5種類(米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・豪ドル/円・ポンド/円)
デモトレード
対応
スマホ
対応
○(テクニカル指標の表示は不可)

なるべく少額で取引をスタートしたい人には「楽天証券」がおすすめです。

楽天証券のバイナリーオプションでは、チケットの購入代金に楽天ポイントが利用できます。ポイントだけを使ったチケット購入も認められているので、普段から楽天関連のサービスを利用しておりポイントが貯まっている人は、現金を一切出さずにトレードをスタートすることも可能です。

\楽天ポイントでバイナリーオプションを始められる!/

STEP3:トレードの予算を決める

実際の取引に進む前に、トレードの予算をあらかじめ決めておきましょう。ここでの予算とは「自身の資産のうちトレードに回せる金額」「1回あたりの取引金額」のことです。

バイナリーオプションに限った話ではありませんが、投資は余剰資金の範囲で取り組むのが鉄則です。余剰資金とは手持ちの資産のうち、生活費や緊急時に備える費用を差し引いて残ったお金のことです。つまり、多少減ってしまっても生活に影響が出ない範囲でトレードをする必要があります。もしこれ以上のお金をトレードに費やしてしまうと、生活が苦しくなるだけではなく、借金する事態に陥る可能性もあるので注意しましょう。

また、1回あたりの取引金額は基本的に固定しておいたほうがいいでしょう。毎回取引金額を変えていると、1回の取引で大損してしまうリスクもあるからです。大金を投じて失敗した場合には、感情に流されてリスクの高い取引をしてしまうこともあるでしょう。

長期的に相場で生き残るためには、資金管理が重要となるのです。

初心者は2%ルールがおすすめ

バイナリーオプション初心者には、1回のトレードにおける最大損失額を口座資金の2%に抑える「2%ルール」をおすすめします。例えば10万円の資金でトレードする場合には、1回のトレードで2,000円以上の損失が出る取引はしないということです。このルールを採用すれば、理論上、50回連続で予想が外れない限りは資金がゼロになることはありません。

STEP4:デモトレードを通じて相場分析の知識を身につける

資金管理の方法について理解できたら、デモトレードを通じて相場分析の知識を身につけましょう。

デモトレードとは、本番と似た環境でトレードの練習ができるサービスです。トレードには仮想のお金を使うため、自己資金を失うリスクなく、安心して取引に慣れることができます。

デモトレードは取引の一連の流れを覚えるために使われることが多いですが、相場分析のスキルを向上させるのにもうってつけです。知識だけ身につけていても、実際の生きた相場で使えなければ意味がありません。デモトレードを活用すれば、身につけた知識をその場ですぐアウトプットできるので、効率よく学習を進められるでしょう。

いくら予想が外れても手元に資金が減ることはないので、安心してさまざまな手法を試してほしいです。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析とは?

テクニカル分析とは、過去の値動きをグラフ化した「チャート」の動きを分析して、将来の価格を予測する分析手法です。

一方、ファンダメンタルズ分析は経済指標、金融政策、要人発言などが市場に及ぼす影響を基に、将来価格を予測する分析手法のことを指します。

両方の分析手法を身につけるのが理想的ではあります。しかし、ファンダメンタルズ分析を活用するためには、投資、経済に関する深い知識が必要です。また、どちらかといえば長期的な値動きを掴むのに有効な手法とされています。

バイナリーオプションでは、2時間~3時間後の相場を予測することが大切になるので、短期的な値動きの傾向を掴むのに役立つテクニカル分析から身につけることをおすすめします

エントリールールを作ろう

デモトレードをしながらエントリールール、すなわち「どのタイミングでチケットを購入するか」について一定のルールを作っておきましょう。

相場分析をして大まかな値動きの方向性を掴めたとしても、エントリータイミングを誤ると利益をほとんど得られない可能性があるからです。例えば、テクニカル分析によって上昇トレンドであることがわかったとしても、トレンドの終わりかけにエントリーしてしまうと、ペイアウト倍率が低くなってしまい、思うような利益を得られません。

実際の取引で生かせるようにどのタイミングでエントリーするのか、事前に決めておくことをおすすめします。

取引時間帯ごとの傾向を知っておこう

デモトレードを通じて取引時間帯ごとの大まかな傾向を掴んでおきましょう。相場には値動きの激しい時間帯と落ち着いている時間帯があり、人によって取引しやすいと感じる相場は異なります。

為替相場の場合は、基本的に日本時間で9時~16時頃は比較的穏やかな値動きをする傾向があり、夕方以降はロンドン市場やニューヨーク市場などの開場に合わせて大きなトレンドが作られる傾向があります。相場の癖を掴むためにも、最初は1つの決まった時間帯に絞って取引を繰り返してみるのがおすすめです。

無料ツールも活用しよう

相場分析をする際は、FX会社が出している無料ツールも活用しましょう。

ツールには、GMOクリック証券の「プラチナチャート」のように細かいチャート分析をする際に役立つタイプと、ヒロセ通商の「さきよみLIONチャート」のように、過去のチャートを基に将来のチャートを予測してくれるタイプがあります。

どちらも有用ですが、複数のツールを使うとより正確な分析ができるようになるでしょう。

\高機能の
プラチナチャートが
利用可能!/

\初心者におすすめの
さきよみLIONチャートが
使える!/

STEP5:少額でトレードを始める

デモトレードで相場分析の手法を身につけたら、少額からトレードを始めてみましょう。

デモトレードは損失が発生するリスクがない代わりに、緊張感に欠けるのがデメリットです。その結果、感覚に頼ったトレードをしてしまったり、資金管理がおろそかになってしまったりする可能性があります。少額取引であれば実際に手元の資金が動く分、デモトレードとは違い緊張感のある状態で取引ができるでしょう。損失を出す痛みを味わってこそ、学ぶこともあります。

STEP6:トレードを記録して改善する

勝率が安定するまでは、毎回トレードの記録をつけ、結果を振り返るようにしましょう。

せっかく知識を身につけても、トレードをした後何もしなければスキルは向上しません。トレードに失敗したときも、なぜ失敗したのか原因が掴めれば次回以降の取引で改善でき、勝率も安定してくるでしょう。

最低限以下の項目については毎回記録しておくことをおすすめします。

  • 取引日時
  • 通貨ペア
  • エントリーの根拠
  • 投資金額
  • 損益結果
  • 取引をしたときの感情

バイナリーオプションで失敗しないための4つのポイント

バイナリーオプションでの失敗を防ぐためには、リスクの高い取引や手法を避け、着実に利益を積み重ねていくことが重要です。

特に初心者は以下の点について十分に注意してほしいです。

負けているときほど冷静に取引する

負けているときほど冷静に取引するように心がけましょう。

負けを取り戻そうと焦って取引をすると、勝てる見込みの薄いタイミングでエントリーしてしまったり、許容できるリスクを超える金額を投資してしまったりすることがあります。そこで取引に失敗するとさらに損失が拡大し、悪循環に陥ってしまうでしょう。

トレードにおいては、感情的になっても何もいいことはありません。どんなに経験が豊富なトレーダーであっても負けることはあります。最初に決めたルールに基づいて、淡々と取引をするのが成功のコツです。1回あたりの取引金額だけではなく、「1日の損失が○○円になったら取引をやめる」といった内容を決めておくのも有効かもしれません。

ポジポジ病にならないよう注意する

バイナリーオプションは手軽に取引できる反面、ポジポジ病になるリスクも高いので注意しましょう。

ポジポジ病とは、主にFXや株式投資の世界で使われる言葉で、常にポジションを持っていないと落ち着かない状態のことです。トレードすること自体に快感を感じてしまう、いわばギャンブル中毒のような状態になってしまうと、相場の状況に関係なくエントリーを繰り返してしまいます。

ポジポジ病になると、長期的に利益を得ることは難しくなるでしょう。とくに初心者がなりやすいとされているため、注意が必要です。

マーチンゲール法やパーレー法は使わない

バイナリーオプションでは、マーチンゲール法やパーレー法などギャンブルで用いられる手法を使うのは避けましょう。

マーチンゲール法とは、賭け金を失ったときに次回の賭け金を2倍にして負けを取り戻す手法のことです。例えば、初めに1万円を投資して、負けたら2万円、4万円と投資資金を増やしていきます。一度でも勝てば負けた分を全て取り戻せるため、理論上は「負けない」手法とされています。

しかし、実際には投資できる金額には上限があるため、連続で負け続けた場合には破綻してしまう仕組みになっていることに注意してください。10回連続で負け続けた場合には、11回目の取引で必要になる金額は最初の投資金額の約1,000倍になってしまいます。

パーレー法は、賭けに勝ったときに、賭け金を2倍にしていく手法です。勝ち続けるほど資金が膨れ上がっていくため、短期間で大金を稼げるのがメリットではあります。しかし、一度の負けで投資資金全額を失ってしまうリスクがあるため、この手法もおすすめできません。

これらの手法はバイナリーオプションの「必勝法」として紹介されることもありますが、決して万能な手法ではなく、むしろリスクが高い手法であることを覚えておきましょう。

高額なツールには手を出さない

高額なツールは詐欺の可能性が高いので、安易に手を出さないようにしましょう。

「確実に儲かる」とうたっているものも多いですが、そもそもバイナリーオプションに必勝法はないので、実践しても期待通りの利益を得られる見込みは薄いです

バイナリーオプションのやり方に関するFAQ

バイナリーオプションの攻略に関するよくある質問に回答しています。疑問点を解消した上で、取引しましょう。

ネットや本のバイナリーオプション攻略法・必勝法は信じてもいい?
ちまたに出回っているバイナリーオプションの攻略法や必勝法は、うのみにしないようにしましょう。そもそも相場に絶対はないので、将来を完璧に予測できる攻略法、必勝法は存在しないからです。

もちろん、ある程度効果的な手法は存在するかもしれませんが、取引時間、取引回数、投資資金など前提条件が違えば、同じ方法を試したとしても異なる結果が出る可能性が高いです。参考程度に見ておくのが無難でしょう。
バイナリーオプションはテクニカル分析をすれば絶対勝てる?
テクニカル分析を極めたとしても必ず勝てるとは限りません。テクニカル分析で想定した結果と異なる値動きをすることは珍しくないからです。このような現象は「ダマシ」と呼ばれます。

ダマシを完全に避けることは難しいものの、複数のテクニカル指標を使って分析することで、予測の精度をあげることは可能です。
バイナリーオプションはツールを使うと攻略できる?
ツールを使ったからといって、必ずバイナリーオプションに勝てるとは限りません。突発的なイベントや経済指標の発表などがあると、結果が大きくぶれる可能性はあります。ツールはあくまで目安程度に活用しましょう。
バイナリーオプションで勝てない原因は何?
バイナリーオプションで勝てない大きな原因としてあげられるのは「根拠なく勘に頼った取引を繰り返していること」でしょう。

バイナリーオプションのペイアウト倍率は一般的に2倍以下となっているケースが多いため、勘頼みで勝率50%の取引をしていると、損益分岐点を下回ってしまうからです。損益分岐点を下回ると徐々に資金が減っていってしまいます。

日々の取引を振り返り、勝率を高める努力をすることが大切です。
バイナリーオプションを攻略するには何から勉強するのがおすすめ?
バイナリーオプションを攻略するためには、取引でよく使われる用語や取引の仕組みなど、最低限の基礎知識を勉強しましょう。その上で、実際にバイナリーオプション業者で口座開設し、デモトレードをしながら相場分析のスキルを磨いていくとよいです。

早く稼ぎたいからといって、有料のツールや情報商材などに手を出さないよう注意しましょう。