(画像=PIXTA)

仮想通貨取引所に投資するにあたり、海外の取引所を利用したいと考える人も多いのではないでしょうか?取引所には、国内の業者と海外の業者があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

海外取引所は国内にはない豊富な仮想通貨や、高いレバレッジをかけられるのが魅力ですが、その分、国内よりもハイリスクになっています。

また、海外の取引所を利用するには、仮想通貨をよく熟知している必要があります。

ここでは、海外の仮想通貨取引所に関する情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

海外取引所

この記事の要点

  • 海外取引所では詐欺やハッキングの恐れがある。
  • 海外取引所では国内とは違う法律や規制が存在するので、トラブルに巻き込まれる可能性がある。
  • 海外取引所では無登録業者が多く、金融庁が警告をしている。
  • 海外取引所では日本円での取引がスムーズにできない。
  • 海外取引所はメリット・デメリットを踏まえ、投資経験を積んでから利用しよう。

仮想通貨を始めるならCoincheck(コインチェック)がおすすめ!
金融庁に登録されている交換業者であることはもちろん、国内最多の通貨数を誇り、アルトコインの種類も充実しているので、安心して取引することができます

これから仮想通貨を始めようと思っている初心者の方は特に、まずは国内での取引所でトレードに慣れておきましょう

\初心者から上級者まで使える!/

主要な海外仮想通貨取引所一覧

海外にも国内にもかなりの数の仮想通貨取引所が存在しています。
そこで主要な海外仮想通貨取引所を一覧で記載しました。

海外仮想通貨取引所一覧

  • Binance(バイナンス)
  • bybit(バイビット)
  • CryptoGT(クリプトジーティー)
  • FTX(エフティーエックス)
  • MEXC(MXC)
  • BaseFEX(ベースフェックス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • Gate.io(ゲート)
  • Bitstamp(ビットスタンプ)
  • Bittrex(ビットトレックス)
  • Poloniex(ポロニエックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • UPbit(アップビット)
  • Bithumb Global(ビッサムグローバル)
  • Bitforex(ビットフォレックス)
  • Bit-Z(ビットジー)

この中でもBinanceは取引量世界No.1を誇る中国系の仮想通貨取引所です。bybitは日本語完全対応で、日本国内でも一部で人気のあるシンガポールの仮想通貨取引所です。

CryptoGTはレバレッジ500倍でハイリスク・ハイリターンな投資ができるキプロスの仮想通貨取引所です。

仮想通貨海外取引所を利用するリスク

海外取引所,

海外の仮想通貨取引所には、手数料が安いことや高いレバレッジをかけられることなど、さまざまなメリットがあります。しかし、デメリットも多いのが事実です。

そこで、この章では海外取引所で取引する際に潜む6つのリスクについて紹介します。

詐欺やハッキングの被害

2016年に、当時最大規模だった海外の仮想通貨取引所Bitfinex(ビットフィネックス)がハッキングされ、70億円超のビットコインが流出しました。規模が大きいからといって、流出リスクと無縁ではないことがわかります。

また、国民生活センターには、海外の仮想通貨取引所のFXをすすめられ90万円分の仮想通貨を購入したものの、わずかしか出金できず、残りの資産を奪われた可能性が高いといった相談も寄せられています。

海外の仮想通貨取引所を利用するなら、詐欺やハッキングのリスクには十分注意しましょう。

dmmbitcoin

高すぎるレバレッジ

レバレッジ

レバレッジが高いと大きなリターンを狙える一方で、大きく損をしてしまうリスクがあります。仮に元手10万円をレバレッジ100倍で取引したとすると、1%マイナスになっただけで、元手が失われてしまいます。

初心者がハイレバレッジで取引すると、ロスカットルールによって強制決済され、損失が生じることになりかねません。海外の仮想通貨取引所でレバレッジの高い取引をすることは、ハイリスクだと十分理解しておきましょう。

biyFlyer

国内と異なる法制規制

海外では、日本と異なる法律や規制が存在します。国内の仮想通貨取引所と同じ感覚で利用していると、思わぬところでトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

海外の仮想通貨取引所を利用するなら、安全性にかかわる法律や規制についても十分な情報収集をする必要があります。

GMOコイン

金融庁が注意を促している

掲載されている無登録業者は、警告書の発出を行った時点で資金決済に関する法律第63条の2の規定に違反し、無登録で暗号資産交換業を行っていることが確認できた者です。そのため、掲載されていない者であっても、無登録交換業に該当する行為を行っていることがあり得ますのでご注意ください。

引用元:無登録で暗号資産交換業を行う者の名称等について : 金融庁HP

日本向けにサービスを提供しているにも関わらず日本での仮想通貨交換業の登録をしていない業者に対して、金融庁は厳しく対処しています。

大手海外取引所として多数の日本人ユーザーが利用していたBitMEXでは、2020年5月1日から日本人の登録・利用が禁止されました。

他にも金融庁は、中国系大手取引所のバイナンスに対しても2018年3月に警告を行いました。
これを受けてバイナンスは一時日本語表示を停止しましたが、2020年夏頃から再び日本語対応されています。

しかし、金融庁の認可を受けたわけではないので、いつまた規制されるかは分かりません。

法に関わる部分や金融庁が注意を促していることを考慮すると、初心者の方が海外の取引所を利用するのは危険です。何かトラブルがあってからでは遅いので、まずは国内の取引所を利用することをおすすめします。

ここでは海外の取引所と比較して、金融庁に登録された、安心して取引がしやすい国内取引所のランキングを参考にしました。

※1.別途スプレッドあり
※2.BitMatch取引手数料を除く
2022年4月18日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT
※1.BitMatch取引手数料を除く
※2.別途スプレッドあり
2022年4月18日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT
※1.別途スプレッドあり
※2.BitMatch取引手数料を除く
2022年4月18日現在
引用元:CoincheckbitFlyerDMM BitcoinGMOコインSBI VC TradeLiquid by FTXBITPOINT

日本語対応の取引所が少ない

海外取引所の中では日本語に対応していない取引所がたくさんあります。

大抵の場合はGoogle翻訳を使うなどして対応できるのですが、どうしても心配という方は、あらかじめ日本語対応している取引所を利用することをお勧めします。

coincheck

日本円を直接入金できない、入出金がスムーズにできない

法定通貨である日本円を、直接海外取引所に入金することはできません。

ですので、国内取引所で購入したビットコインを、海外取引所に送金する必要があります。

おすすめの仮想通貨取引所3選

前章で海外の取引所にまつわる6つのリスクについて紹介しました。
続いて、国内でも特におすすめの、初心者にも安心して利用できる仮想通貨取引所を3つ紹介します。

スマホアプリダウンロード数ナンバーワン - コインチェック

コインチェック
(画像=コインチェック公式HPより)
Coincheckの概要
取扱通貨数(販売所) 16通貨
(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG)
取扱通貨数(取引所) 5通貨
(BTC,ETC,FCT,MONA,PLT)
最低取引数量 500円相当額(販売所)
500円相当額(取引所)
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 変動手数料制
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
レバレッジ取引 -

仮想通貨の取扱数が多く、アプリダウンロード数も国内No.1の人気の仮想通貨取引所です。「ビットコイン」や「イーサリアム」といった主要な仮想通貨に加え、「アイオーエスティー」や「エンジンコイン」といった将来性に期待できる草コインにも投資できます。積立投資やステーキング、貸仮想通貨など、幅広いサービスがあるのも人気の理由です。

コインチェックが向いている人

コインチェックが向いている人はいろいろな通貨の購入を考えている人だ。取扱い通貨数は国内最多の17種類で、マイナーなアルトコインまで揃っているので上級者も満足できるだろう。

コインチェックが向いていない人

コインチェックが向いていない人はレバレッジ取引をしたい人だ。コインチェックでは現在、レバレッジ取引に対応していないため、現物取引のみとなっている。

Coincheck(コインチェック)の評価ポイント

①国内取引所最多の17通貨を扱っている
②取引手数料が無料

販売手数料、取引手数料が無料の他、入金手数料も銀行振り込みからは無料になる。(コンビニ入金、クイック入金を利用する際には770円~の手数料が必要)

③初心者にも使いやすい作りのアプリ

Coincheckアプリは初心者にも使いやすいシンプルな作りとなっている。2021年7月に累計ダウンロード数が415万を突破し、2021年上半期のアプリダウンロード数でNo.1を獲得した。

\アプリダウンロード数 NO.1!/

安心・安全のセキュリティ体制 - DMM Bitcoin

DMM bitcoin
(画像=DMM Bitcoin公式HPより)
DMM Bitcoinの概要
取扱通貨数(販売所) 現物:13通貨
(BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM,ETC,OMG,ENJ,BAT,MONA,TRX,ZPG)
レバレッジ:20通貨
(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTUM,OMG,XTZ,ENJ,XYM,TRX,ADA,DOT,IOST,ZPG)
最低取引数量 ビットコイン0.0001BTC
イーサリアム0.01ETHなど
取引手数料(販売所) 無料(※)
取引手数料(取引所)
送金手数料 無料(※)
入金手数料 無料(※)
出金手数料 無料(※)
レバレッジ取引 2倍
※BitMatch取引手数料を除く

現物取引できる通貨は13種類と少ないですが、20種類の仮想通貨が仮想通貨FXに対応しています。スプレッドを気にせずミッド(仲値)で取引できる「BitMatch」という注文方法も人気です。また、画面を4分割したり、自在に拡大したりできるアプリも人気で、使い勝手には定評があります。

DMM Bitcoinが向いている人

DMM Bicoinが向いている人はアルトコインでレバレッジ取引をしたい人だ。20種類の銘柄を取扱い、通貨ペアは全28種類と豊富に用意されている。

DMM Bitcoinが向いていない人

DMM Bitcoinが向いていない人は取引所形式で取引したい人だ。DMM Bitcoinは販売所形式の取引所なので、自分が指定した価格で取引をするなど購入方法を選択することはできない。

DMM Bitcoinの評価ポイント

①各種手数料が無料

入金はクイック入金が5,000円から、銀行振込は下限なしでともに手数料無料。また、仮想通貨を他の取引所へ送金する場合の手数料も無料だ。

②豊富なレバレッジ可能通貨数

DMM Bitocoinは全20種類の通貨でレバレッジ取引が可能になっている。さらに仮想通貨同士のレバレッジも20種類できるため、通貨ペアは28種類となる。

③LINEでの問い合わせが可能

使い方がわからない場合やトラブルが起きた際、DMM Bitcoinでは24時間365日LINEでの問い合わせを受け付けている。

\新規申し込みで2,000円プレゼント/

※キャンペーン期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

顧客満足度が高い - GMOコイン

GMOコイン
(画像=GMOコイン公式HPより)
GMOコインの概要
取扱通貨数(販売所) 18通貨
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,ADA,MKR,DAI,LINK)
取扱通貨数(取引所) 11通貨
(レバレッジ・現物取引共:BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,
 現物取引のみ:XEM,XLM,BAT,QTUM,XYM,MONA)
最低取引数量 ビットコイン0.00001BTC
イーサリアム0.001ETHなど
取引手数料(販売所) 無料
取引手数料(取引所) Maker:-0.01%
Taker:0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
レバレッジ取引 2倍

レバレッジ取引やAPIを使った自動売買など、幅広い投資方法を選べます。また、仮想通貨の積立投資では14銘柄を選ぶことができます。取引所でのレバレッジ取引に特化したPC専用の高機能ツール「WebTrader」も人気です。

GMOコインが向いている人

GMOコインが向いている人はすぐに取引を始めたい人だ。口座開設には時間がかかる取引所も多いが、GMOコインでは最短10分で取引を開始することができる。

GMOコインが向いていない人

GMOコインが向いていない人は主に販売所形式で取引したい人だ。取引手数料は無料となっているが、実際にはレバレッジとして手数料が発生しており、広めに設定されている。

GMOコインの評価ポイント

①イーサリアム含め20通貨を扱っている
②積み立てが可能

GMOコインでは暗号資産を保有しているだけで暗号資産を得られる「つみたて暗号資産」のサービスを利用できる。最小1,000円か設定でき、毎月自動的に購入可能だ。

③大手GMOグループの高いセキュリティ

GMOコインでは2段階認証や24時間の監視、定期的な脆弱性診断や資産の分別管理など、厳重なサイバー攻撃対策が取られているため、安心して取引できる。

金融庁に登録されている仮想通貨交換業者登録一覧

国内の仮想通貨取引所だからといって、すべてが安心というわけではありません。金融庁の登録を受けている仮想通貨取引所で取引することが大切です。

biyFlyer

2021年11月現在、金融庁が公表する「暗号資産交換業者登録一覧」に記載されている仮想通貨交換業者は次の30社です。

仮想通貨交換業者

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • FTX JAPAN株式会社
  • ビットバンク株式会社
  • SBI VCトレード株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • フォビジャパン株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • TaoTao株式会社
  • Bitgate株式会社
  • 株式会社BITOCEAN
  • コインチェック株式会社
  • 楽天ウォレット株式会社
  • 株式会社ディーカレット
  • LVC株式会社
  • エクシア・デジタル・アセット株式会社
  • FXcoin株式会社
  • オーケーコイン・ジャパン株式会社
  • Payward Asia株式会社
  • CoinBest株式会社
  • 株式会社デジタルアセットマーケッツ
  • 株式会社マーキュリー
  • 株式会社coinbook
  • 東京ハッシュ株式会社
  • Coinbase株式会社
  • 株式会社Crypto Garage
  • 株式会社Zaif
  • 株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
  • 株式会社ガイア

仮想通貨海外取引所を使うメリット

海外取引所

続いて、海外の仮想通貨取引所を使うメリットを5つ紹介します。

安価な手数料

仮想通貨取引にかかる実質的な手数料として、スプレッドがあります。スプレッドとは、売値と買値の差のことです。海外の仮想通貨取引所は、国内の仮想通貨取引所と比べてスプレッドが狭い傾向があります。

取引量世界No.1を誇るBinanceには、スプレッドがありません。また、日本国内でも人気のあるbybitも、スプレッドが狭いといわれています。スプレッドは「見えない手数料」ともいわれ、仮想通貨取引の成果に影響します。

安価な手数料で取引できるのは、海外の仮想通貨取引所の大きなメリットです。

取扱通貨のバリエーションが豊富

仮想通貨

国内の仮想通貨取引所をみると、最も通貨の取扱数が多いコインチェックでも、17種類しか取引できません。一方海外では、100種類超、200種類超の取扱数を誇る仮想通貨取引所もたくさんあります。取扱通貨のバリエーションだけで比較すると、海外の仮想通貨取引所を利用するメリットは大きいでしょう。

一方、バリエーションが豊富だからこそ、自分で仮想通貨の将来性やリスクを見極めなければなりません。日本では情報収集が難しい通貨もあることから、投資先選定の難易度が上がります。

GMOコイン

高いレバレッジがかけられる

レバレッジ,暗号資産

国内の仮想通貨取引所のレバレッジは、一般的には2倍程度です。一方海外では、レバレッジ100倍で取引できる仮想通貨取引所も少なくありません。全取引所No.1のレバレッジを誇るCryptoGTでは、最大500倍ものレバレッジをかけられます。

10万円の元手があったとして、レバレッジ2倍なら20万円分、100倍なら1,000万円分、500倍なら5,000万円分の取引ができると考えると、違いがわかりやすいでしょう。

ハイリスク・ハイリターンで投資したいと考えているなら、高いレバレッジをかけられる海外の仮想通貨取引所を利用するメリットがあります。

ボーナスキャンペーンが豊富

海外の仮想通貨取引所では、さまざまなボーナスキャンペーンが実施されています。

新規登録や初回入金で通貨が付与されるものや、条件を満たせば抽選で仮想通貨がプレゼントされるもの、取引高に応じて通貨を受け取れるなど、さまざまなボーナスキャンペーンがあります。

海外の仮想通貨取引所で取引するなら、キャンペーン情報もしっかりチェックしましょう。

biyFlyer

ゼロカットシステム

ゼロカット(追加証拠金なし)システムとは、損失が一定以上になっても、業者がマイナス分を補てんしてくれるシステムのことです。日本では、ゼロカットシステムが禁止されています。そのため、ゼロカットシステムの恩恵を受けるなら、海外の業者を利用しなければなりません。

海外の仮想通貨FX業者の多くは、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、マイナス残高になることを気にせず、高いレバレッジでハイリターンを狙えます。

ただし、損失が膨らんだら、ロスカットによって強制的に決済されてしまうことには変わりありません。ゼロカットシステムによって借金が発生せずとも、現在の資産が失われてしまうリスクはあるため、十分注意しましょう。

海外の仮想通貨取引所でリスクを抑えて取引する方法

詐欺やハッキング被害、レバレッジを高くし過ぎたことによる損失など、海外の仮想通貨取引所には多くのデメリットがあることがわかりました。リスクを抑えて海外の仮想通貨取引所で投資するには、どんな方法があるのでしょうか?

2段階認証の設定

2段階認証を設定すると、セキュリティを高めることができます。設定は任意ですが、使い方がわからないからと設定せず放置しておくのは危険です。不正ログインを防止するため、必ず2段階認証を設定しましょう。

coincheck

無茶なレバレッジは厳禁

ハイレバレッジで取引すると、損失が発生するリスクが高まります。最初はレバレッジ1倍からスタートし、徐々にレバレッジを上げていくようにしましょう。

ハードウェアウォレットによって通貨データを管理

ハードウェアウォレットとは、インターネットから切り離して仮想通貨を保管できるウォレットのことです。ハードウェアウォレットを利用することで、ウォレット内の仮想通貨を安全に保管できます。海外の仮想通貨取引所を利用するなら、こちらをしっかり活用しましょう。

仮想通貨海外取引所と仮想通貨国内取引所はどちらを利用すべき?

ここまで、海外の仮想通貨取引所のメリット・デメリットを解説してきました。結論から言うと、初めて仮想通貨に投資するのであれば、金融庁が登録している国内の仮想通貨取引所で取引を始めるのが安全です。

よほどの理由がない限り、原則として、海外の仮想通貨取引所は利用しないほうがよいでしょう。

海外仮想通貨取引所とは?

海外仮想通貨取引所とは、仮想通貨の売買を仲介する海外の仮想通貨取引所のことです。仮想通貨を売買するには、海外もしくは国内の仮想通貨取引所を通さなければなりません。まず、仮想通貨取引所の種類と、主要な海外仮想通貨取引所を紹介します。

CEX(中央集権取引所)

仮想通貨取引所には、CEXとDEXの2種類があります。CEXは「Centralized Exchange」の略で、日本語では中央集権取引所といいます。CEXでは、仮想通貨の売買をするユーザーは「秘密鍵」を 取引所に預けます。

日本円をはじめとした法定通貨を仮想通貨に換金できること、簡単に取引を始められることなどがメリットです。

一方、通貨が取引所に集中することや、秘密鍵の管理をゆだねることなどから、ハッキングなどで仮想通貨や情報が流出するリスクが高まります。運営会社が倒産するリスクも考慮しなければなりません。また、口座開設には本人確認手続きが必要で、取引を始めるまでに時間がかかります。

coincheck

DEX(分散型取引所)

DEXは「Decentralized Exchange」の略で、日本語では分散型取引所といいます。CEXの流出リスクなどの問題点を解決するために登場した、比較的新しい形態の取引所です。

DEXでは、仮想通貨を売買するユーザー自身が「秘密鍵」を管理します。また、仮想通貨はブロックチェーン上に分散して保管されるため、一ヵ所に集中することがありません。このことから、ハッキングによるリスクを限りなく下げられることがメリットです。また、本人確認等の手続きをせずとも口座を開設できるので始めやすいのも特徴です。

一方、「秘密鍵」はユーザー自身で責任もって保管しなければなりません。万一紛失したり忘れたりした場合、仮想通貨をすべて失ってしまうリスクがあります。

海外の仮想通貨取引所は投資経験を積んでから利用しよう

海外の仮想通貨取引所には、手数料が安いなどのメリットがある一方で、詐欺やハッキングリスクが高いといったデメリットがあります。

初めて仮想通貨に投資するなら、より安全性の高い、金融庁に登録されている国内の仮想通貨取引所を選びましょう。