2021年11月、三井住友カードから「三井住友カード ビジネスオーナーズ」の発行が開始されました。三井住友カード ビジネスオーナーズへの入会を検討している方も多いのではないでしょうか。

本記事では、三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴や評判について解説します。他のカードとの比較やメリット、デメリットを紹介しており、三井住友カード ビジネスオーナーズについての理解を深められる内容になっています。

  1. 三井住友カード ビジネスオーナーズってどんなカード?特徴をご紹介!
    1. 三井住友カード ビジネスオーナーズの基本情報
    2. 他のシリーズとの違い
  2. 実際どうなの?三井住友カード ビジネスオーナーズを利用している人の口コミや評判をご紹介!
    1. 年会費に関する評判
    2. 経費管理に関する評判
    3. 発行に関する評判
    4. ポイントに関する評判
  3. 三井住友カード ビジネスオーナーズの4つのメリット
    1. 1.年会費が無料
    2. 2.個人カードを持つと最大1.5%還元
    3. 3.利用可能枠が最大500万円
    4. 4.ナンバーレスでカード発行が簡単
  4. 三井住友カード ビジネスオーナーズのデメリット3つ
    1. 1.基本ポイント還元率が0.5%と平均的
    2. 2.ショッピング保険や国内旅行傷害保険が付帯しない
    3. 3.空港ラウンジサービスがない
  5. 三井住友カード ビジネスオーナーズのビジネスをサポートするサービス3つ
    1. 1.オフィス用品の注文ができる「アスクルサービス」
    2. 2.法人変更登記に必要な書類を自動で作成できる「GVA 法人登記サービス」が特別価格で
    3. 3.福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」にお得に加入できる
  6. 三井住友カード ビジネスオーナーズのビジネスをサポートするサービス3つ
    1. 1.オフィス用品の注文ができる「アスクルサービス」
    2. 2.法人変更登記に必要な書類を自動で作成できる「GVA 法人登記サービス」が特別価格で
    3. 3.福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」にお得に加入できる
  7. 三井住友カード ビジネスオーナーズを2枚持てばさらにお得!仕事用とプライベート用で使い分け
  8. 三井住友カード ビジネスオーナーズでお得にポイントを貯める!ポイントサービスのご紹介
    1. ポイント0.5%~9.5%追加で還元する「ポイントUPモール」
    2. 普段のお買い物でポイント還元が上がる「ココイコ!」
    3. 投資や積立をするなら「SBI証券」
  9. 三井住友カード ビジネスオーナーズを作ってみる!
    1. (1)ネットで申し込み内容を入力
    2. (2)支払い口座を設定
    3. (3)審査とカード発行
    4. (4)カード郵送
  10. 三井住友カード ビジネスオーナーズのQ&A

三井住友カード ビジネスオーナーズってどんなカード?特徴をご紹介!

三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人や個人事業主を対象にしたクレジットカードです。まずは、三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴や、他のシリーズとの違いを見ていきましょう。

三井住友カード ビジネスオーナーズの基本情報

年会費 永年無料
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(副業やフリーランスを含む)
還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイント
利用可能枠 ~500万円 ※所定の審査あり
電子マネー/スマホ決済 iD(専用)
PiTaPa
Apple Pay
Google Pay など
国際ブランド Visa
Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円 ※利用付帯)

他のシリーズとの違い

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」、「三井住友ビジネスカード(クラシック)」、「三井住友ビジネスカード(ゴールド)」の特徴を以下の表にまとめます。

概要 三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友ビジネスカード(クラシック)
三井住友ビジネスカード(クラシック)
三井住友ビジネスカード(ゴールド)
三井住友ビジネスカード(ゴールド)
年会費 永年無料 本会員:1,375円(税込) 本会員:11,000円(税込)
追加カードの年会費 永年無料 1名につき:440円(税込)
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主 法人のみ 法人のみ
(カード使用者は20名以下が目安)
還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイント(0.5%) なし なし
決済口座 申込者本人の法人名義口座または個人名義口座(屋号付含む) 法人名義口座 法人名義口座
利用可能枠 ~500万円(※1) ~150万円(※2) 20~150万円(※2)
電子マネー/スマホ決済 iD(専用)
PiTaPa
Apple Pay
Google Pay
なし なし
国際ブランド Visa
Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円 ※利用付帯) 海外旅行傷害保険
最高5,000万円
自動付帯:1,000万円
利用付帯:4,000万円

国内旅行傷害保険
最高5,000万円利用付帯
※1所定の審査がございます。 ※2ご利用枠は弊社にて設定させていただきます。ご希望に沿えない場合もございます。
(参照::三井住友カード ビジネスオーナーズ カード概要三井住友ビジネスカード(クラシック) カード概要三井住友ビジネスカード カード概要)

三井住友カード ビジネスオーナーズは本会員や追加カードの年会費が無料であるのに対し、三井住友ビジネスカード(クラシック)と三井住友ビジネスカード(ゴールド)は有料です。また、利用可能枠にも大きな差があります。

実際どうなの?三井住友カード ビジネスオーナーズを利用している人の口コミや評判をご紹介!

三井住友カード ビジネスオーナーズを実際に利用している方の口コミや評判を紹介します。

年会費に関する評判

三井住友カード ビジネスオーナーズの年会費は永年無料のため、年会費に関しては良い評判が多く見られました。年会費に関する評判は以下の通りです。

三井住友カード ビジネスオーナーズの年会費に関する評判

  • 年会費を取られてしまう法人カードが非常に多い中、年会費無料にしてくれるだけでも非常に助かる
  • 年会費は無料だが、必要最小限の機能性も持っている
  • 年会費無料でここまで利用できれば十分
  • 年会費無料なのに海外出張の際も使える

経費管理に関する評判

経営管理に関する評判は以下の通りです。

三井住友カード ビジネスオーナーズの年会費に関する評判

  • 年会費を取られてしまう法人カードが非常に多い中、年会費無料にしてくれるだけでも非常に助かる
  • 一般カードと同じような使い方をしても大丈夫で、なおかつ経理管理がしっかりできる。細かいものの購入には便利なカード
  • 利用できる金額も一般カードに比べると多く、個人事業主の経理にも使いやすいカード
  • 月々の請求を把握しやすく、予算の管理がしやすい
  • プライベートな支払いと経費を分けられるため、確定申告での計上が楽

発行に関する評判

三井住友カード ビジネスオーナーズは、申し込みから入会審査、カード発行まで最短3営業日であり、自宅にカードが届くまで約1週間かかります。土日や祝日を含むとさらに期間を要するため、発行されるまでに少し時間がかかっていると感じる方がいるようです。

しかし、三井住友カード ビジネスオーナーズは申し込む際の必要書類が少なく、すべてオンライン上で完結するため、発行スピードは比較的早いといえます。

ポイントに関する評判

ポイントに関する評判は以下の通りです。

三井住友カード ビジネスオーナーズのポイントに関する評判

  • 常のポイント還元率が0.5%とあまり高くないため、キャンペーン等を利用してポイントを稼ぐべき
  • ポイント的には評価できる点が少ない

三井住友カード ビジネスオーナーズを単独で利用する場合はポイント還元率が低いため、評判としてはやや悪い印象です。しかし、ポイントの還元率を上げる方法がいくつかあるため、記事内で後述していきます。

三井住友カード ビジネスオーナーズの4つのメリット

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリットとして、年会費が無料であることや利用可能枠が多いことなどが挙げられます。ここでは、三井住友カード ビジネスオーナーズのメリットについて詳しく解説します。

1.年会費が無料

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリットは、一般カードの年会費が永年無料であることです。追加カードの年会費も永年無料のため、カードを保有するコストがかかりません。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの場合は、1年間に100万円以上利用すると、翌年以降の年会費が永年無料になります。なお、年間100万円の利用に含まれるのは、買い物や税金、家賃、公共料金の支払いの他、三井住友カード ビジネスオーナーズでチャージ可能な電子マネーへのチャージ利用分などです。年会費やキャッシング利用分、手数料などは利用枠に含まれません。

100万円の利用枠に含まれるものと含まれないものの詳細を以下の表にまとめました。

利用枠に含まれるもの 利用枠に含まれないもの
  • 家族カード
  • 税金、家賃、公共料金のお支払い
  • 楽天ペイ
  • ローソンスマホレジ
  • Amazonギフト券の購入 ・チャージ
  • Apple Pay
  • au Pay
  • d払い
  • ETC
  • Google Pay
  • iD
  • Kyash
  • LINE Pay
  • Mastercardコンタクトレス決済
  • PayPay
  • Revolut
  • Visaのタッチ決済
  • MIXI M
  • WebMoney
  • 年会費のお支払い
  • キャッシングご利用分
  • 手数料のお支払い
  • 保険料のお支払い
  • 三井住友カードつみたて投資(SBI証券)
  • PiTaPaご利用分
  • クレジットカードおよびApple PayでのモバイルSuicaへのチャージご利用分
  • クレジットカードおよびApple PayでのモバイルPASMOへのチャージご利用分
  • SMART ICOCAへのチャージご利用分
  • 楽天Edy、WAON、nanacoへのチャージご利用分
  • 三井住友カードが発行するプリペイドカードへのチャージご利用分

2.個人カードを持つと最大1.5%ポイント還元

三井住友カード ビジネスオーナーズに加えて、指定の個人カードを持つとポイント還元率が上昇します。指定の対象カードは以下の通りです。

三井住友カード 指定の対象カード

  • 三井住友カード プラチナプリファード
  • 三井住友カード プラチナ Visa/Mastercard
  • 三井住友カード プラチナ PA-TYPE Visa/Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド Visa/Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド PA-TYPE Visa/Mastercard
  • 三井住友カード ゴールド Visa/Mastercard(NL)
  • 三井住友カード プライムゴールドVisa/Mastercard
  • 三井住友カード エグゼクティブ Visa/Mastercard
  • 三井住友カード Visa/Mastercard(NL)
  • 三井住友カード Visa/Mastercard(CL)
  • 三井住友カード A Visa/Mastercard
  • 三井住友カード アミティエ Visa/Mastercard
  • 三井住友カードゴールドVisa(SMBC)/三井住友カードプライムゴールド・Visa(SMBC)/三井住友カードVisa(SMBC)(旧 三井住友Visa SMBC CARD)
  • 三井住友カード デビュープラス Visa エブリプラス(Visa)
  • 三井住友カード RevoStyle
  • 三井住友カード Tile
  • 三井住友ヤングゴールドカード(Visa/Mastercard)
  • 三井住友銀行キャッシュカード一体型カード

上記カードを持つことで、特定の加盟店での利用分のポイントが200円(税込)につき3ポイント還元されるようになります。
※具体的な加盟店の詳細は公式ページを確認してください。
※対象の三井住友カードと2枚持ち且つ対象のご利用をすることが条件です

3.利用可能枠が最大500万円

一般的に、クレジットカードには利用可能枠が設定されており、限度額が異なります。三井住友カード ビジネスオーナーズのショッピング利用可能枠は最大500万円であり、他社を含む類似カードと比較しても限度額が多いのが特徴です。
※所定の審査があります。

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」、「JCB CARD Biz」、「三菱UFJカードビジネス」と比較してみましょう。

概要 三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友カード ビジネスオーナーズ
JCB CARD Biz
JCB CARD Biz
三菱UFJカード
ビジネス

三井住友ビジネスカード(クラシック)
年会費 永年無料 1,375円(税込) ・Visa、Mastercardどちらか一方を申し込む場合:1名あたり1,375円(税込)
・Visa、Mastercard両方を申し込む場合1名あたり1,650円
申込条件 満20歳以上の法人代表者、個人事業主 満18歳以上の法人代表者、個人事業主 原則黒字決算の法人(個人事業主含む)
還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイント(0.5%) 毎月のご利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント
(買い物や商品との交換に利用可、1ポイント3円相当~)
1,000円(税込)で1ポイント
(商品への交換または提携先ポイントへの移行)
利用可能枠 ~500万円 10~100万円 40~80万円
電子マネー/スマホ決済 iD(専用)
PiTaPa
Apple Pay
Google Pay
ETC
QUICPay
Apple Pay
Google Pay
ETC
国際ブランド Visa
Mastercard
JCB Visa

4.ナンバーレスでカード発行が簡単

三井住友カード ビジネスオーナーズは、カードの表面にクレジットカード番号が記載されていません。ナンバーレスであることにより、セキュリティ面で安心できるのもメリットです。

また、一般的にカードの発行には「登記簿謄本」や「決算書類」などが必要ですが、三井住友カード ビジネスオーナーズの場合はこれらの書類の提出が必要ありません。申し込み内容の入力や支払口座の設定、本人確認書類のアップロードなどを行うだけで発行できるため、発行スピードが比較的早いのもメリットです。

法人用クレジットカードを申し込むために必要な書類を、JCB法人カードと比較してみましょう。

概要 三井住友カード ビジネスオーナーズ JCB法人カード
年会費 永年無料 1,375円(税込)
利用可能枠 ~500万円 ※ 10~100万円
還元率 利用金額200円(税込)につき1ポイント(0.5%) 利用金額1,000円(税込)につき1ポイント
発行時に必要な書類 ・本人確認書類(免許証など)
・通帳やキャッシュカード
・通帳やキャッシュカード
・法人の本人確認書類
・現在事項全部証明書・履歴事項全部証明書の原本またはコピー
・法人の代表者の本人確認書類1点(個人事業主または人格なき社団・財団の代表者に該当する場合は2点)
※所定の審査がございます。

三井住友カード ビジネスオーナーズのデメリット3つ

三井住友カード ビジネスオーナーズにはメリットが多いのですが、単独での利用だとポイント還元率が平均的な点や、付帯保険が少ない点などがデメリットです。ここでは、三井住友カード ビジネスオーナーズのデメリットについて詳しく解説します。

1.基本ポイント還元率が0.5%と平均的

三井住友カード ビジネスオーナーズは通常のポイント還元率が0.5%と平均的であることがデメリットといえるでしょう。例えば、三井住友ビジネスカード(クラシック)は「対象のコンビニ、マクドナルドなどで最大7%ポイント還元(※)」の対象ですが、三井住友カード ビジネスオーナーズはこれらの対象ではありません。

ただし、個人カードと併用することでポイント還元率を最大1.5%までアップできる(※対象の個人カードとの2枚持ちが条件)ため、大きなデメリットにはならないでしょう。また、ゴールドカードで年間100万円を利用すると1万ポイントが還元されるため、工夫次第では実質的なポイント還元率を高められます。

※Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

2.ショッピング保険や国内旅行傷害保険が付帯しない

三井住友カード ビジネスオーナーズは海外旅行傷害保険が付帯されており、最高2,000万円までが補償(利用付帯)されます。しかし、ショッピング補償や国内旅行傷害保険が付帯されていないため、国内での旅行や出張、ショッピングが多い方にとってのメリットはありません。

ショッピング保険や国内旅行傷害保険に加入したい場合、自身で別途加入するか別のクレジットカードを選ぶことが必要です。

3.空港ラウンジサービスがない

国内外の主要な空港には、搭乗前の空き時間を快適に過ごすためのラウンジがあります。空港ラウンジでは、ドリンクや軽食などのさまざまなサービスが利用できますが、入室には条件があります。その一つがクレジットカードに付帯する特典です。

しかし、三井住友カード ビジネスオーナーズには空港ラウンジの利用特典が付いていません。国内出張時に飛行機を利用する方でクレジットカードの特典で空港ラウンジを利用したい場合、他のカードを選んだ方が良いでしょう。

三井住友カード ビジネスオーナーズのビジネスをサポートするサービス3つ

三井住友カード ビジネスオーナーズの会員は、オフィス用品を注文できる「アスクルサービス」や法人登記を素早く行える「GVA 法人登記サービス」、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」など、さまざまなビジネスサポートやサービスを利用できるのが特徴です。ここでは、各サービスについて詳しく解説します。

1.オフィス用品の注文ができる「アスクルサービス」

三井住友カード ビジネスオーナーズを保有していると、ビジネスサポートサービスとして「アスクルサービス」を利用できます

アスクルでは、コピー用紙やインクなどのプリンター回りの備品やパソコン周辺機器、オフィス家具、事務用品など、さまざまなオフィス用品を取り揃えています。ビジネスで必要な備品を簡単に注文できる、利便性の高いサービスです。また、三井住友カード ビジネスオーナーズ経由でオフィス用品を購入すれば、経費の管理を簡略化できるでしょう。

2.法人変更登記に必要な書類を自動で作成できる「GVA 法人登記サービス」が特別価格で

「GVA 法人登記サービス」は、法人変更登記に必要な書類を短時間で自動作成できるサービスです。郵送申請にも対応しているため、法務局へ行かなくても登記をすることができます。三井住友カード ビジネスオーナーズ経由で「GVA 法人登記サービス」を利用すると、すべての変更登記が2,000円引きとなり、通常に利用するよりもお得です。

GVA 法人登記サービスでは、本店移転や役員変更、商号変更などを含め、2022年6月21日時点で全11種類の変更登記に対応しています(順次追加予定)。書類の作成は24時間365日いつでも対応しており、最短7分で変更登記書類を作成できるのが特徴です。

GVA 法人登記サービスの対応登記や料金は以下の通りです(割引後)。

登記内容 割引後の料金(税別)
本店移転(管轄内移転・管轄外移転) 8,000円
新任(役員変更) 8,000円
辞任(役員変更) 8,000円
重任や退任(役員変更) 8,000円
役員の氏名や住所変更 3,000円
募集株式の発行 8,000円
商号変更 8,000円
目的変更 8,000円
株式分割 8,000円
剰余金等の資本組入れ 8,000円
ストックオプション 28,000円

3.福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」にお得に加入できる

三井住友カード ビジネスオーナーズの会員限定で、ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」にお得に加入できます。ベネフィット・ステーションでは、福利厚生支援や健康支援、利用促進支援などのサービスを受けられ、人材の確保や離職率の減少などの対策として有効です。

通常、ベネフィット・ステーションへの入会金は従業員数に応じて2~100万円必要ですが、三井住友カード ビジネスオーナーズ会員の入会金は無料です。また、1名あたりの月会費も特別価格で利用できるため、福利厚生に関するコストを抑えることができます。

ベネフィット・ステーションのプラン別料金や支援内容は以下の通りです

サービス内容 学トクプラン 得々プラン
入会金
(税別)
無料 (通常価格:従業員数に応じて20,000~1,000,000円)
月会費
(1名あたり、税別)
通常価格:1,200円
特別価格:1,000円
通常価格:1,000円
特別価格:900円
福利厚生支援
健康支援
教育・研修支援 -
利用促進支援
データ活用支援

三井住友カード ビジネスオーナーズを2枚持てばさらにお得!仕事用とプライベート用で使い分け

前述の通り、三井住友カード ビジネスオーナーズと合わせて対象の個人カードを持つことでポイント還元率が最大1.5%に上昇します。そこで、2枚目のカードとしておすすめのカードが「三井住友カード(NL)」です。

三井住友カード(NL)はナンバーレスでセキュリティに配慮されており、スマホ決済やタッチ決済にも対応しています。また、三井住友カード(NL)も年会費が永年無料なので、2枚持っていても維持費がかかりません。

三井住友カード(NL)は、対象のコンビニやマクドナルドなどでスマホのタッチ決済利用時に還元されるポイントが最大7%にもなります※。

ポイント

  • カード利用金額200円(税込)=1ポイント
  • 対象店舗でスマホのVisaのタッチ決済/Mastercard®タッチ決済を利用すると、6.5%追加でポイント還元(合計最大7%ポイント還元)※

加えて、入会した家族の人数に応じて加算される「家族ポイント」が最大で5%追加され、合計すると最大12%のポイント還元率となるのが特徴です。プライベートと仕事で上手く使い分け、家族カードも作成するとお得にポイントを貯められるでしょう。

※Visaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※通常のポイントを含みます。
※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード ビジネスオーナーズでお得にポイントを貯める!ポイントサービスのご紹介

三井住友カードはポイントサービスも充実しており、「ポイントUPモール」や「ココイコ!」などを活用するとお得にポイントを貯められます。また、SBI証券との連携でもポイントを貯められます

ポイント+0.5%~9.5%追加で還元する「ポイントUPモール」

「ポイントUPモール」とは、三井住友カードが運営するECサイトのことです。楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの人気ネットショップでの買い物に利用でき、ポイントUPモールを経由することでポイント還元率が上昇します。

ポイントの還元率はショップによって異なり、0.5%~9.5%のポイントが加算されます。9.5%加算される具体例としては、セキュリティソフトを扱う「norton」や「McAfee」、「トレンドマイクロ」の他、「AOKI」や「ネスプレッソ」などです。その他にも還元率の高いショップが多く、ショップごとに0.5~9.5%が加算されるため、お得にポイントを貯められるでしょう。

還元率が高いショップを以下の表にまとめます。

ショップ名 還元率
AOKI公式オンラインショップポイント
アユーラ化粧品オンラインショップポイント
e87.com(千趣会 イイハナ)ポイント
イヴ・サンローラン公式オンラインブティックポイント
ウェブポ(年賀状総合サービス)ポイント
オージオ ネットポイント
貝印公式オンラインストアポイント
カタログギフトのリンベルポイント
キリン オンラインショップ DRINXポイント
キングソフトオンラインショップポイント
キールズ公式オンラインショップポイント
シャディ ギフトモールポイント
シュウ ウエムラ公式オンラインショップポイント
白鳩/京都発インナーショップポイント
ソースネクストポイント
たまひよSHOPポイント
ダイエーネットショッピングポイント
ダイレクトテレショップポイント
テンピュール公式ネットストアポイント
トレンドマイクロ・オンラインショップポイント
ドクターシーラボ公式オンラインショップポイント
ナチュラムポイント
ニチレイフーズダイレクトポイント
日経BPマーケティングポイント
日本直販オンラインポイント
ネスプレッソポイント
ノートンストアポイント
ひかりTVブックポイント
日比谷花壇ポイント
ファイテンオフィシャルストアポイント
フラコラドットコムポイント
Puma Online Storeポイント
THE BODY SHOPポイント
マカフィーストアポイント
山田養蜂場オンラインショップポイント
ラサーナ公式通販サイトポイント
ランコムポイント
9.5%
+5.0%
+6.5%
+5.0%
+9.5%
+5.0%
+7.0%
+5.0%
+7.5%
+9.5%
+5.0%
+7.5%
+5.0%
+5.0%
+7.5%
+6.0%
+5.0%
+9.5%
+5.0%
+9.5%
+5.0%
+5.0%
+5.0%
+5.0%
+5.0%
+9.5%
+9.5%
+5.0%
+6.0%
+5.0%
+9.5%
+5.0%
+5.0%
+9.5%
+7.5%
+5.0%
+5.0%
(参照:ポイントUPモール ショップ一覧) ※2024年1月現在
※ポイント還元率は予告なく変更となる場合がございます

普段のお買い物でポイント還元が上がる「ココイコ!」

「ココイコ!」とは、エントリー後に街のショップで買い物をすると、通常より多くのポイントやキャッシュバックを受け取れる無料サービスのことです。

対象のショップは「高島屋」や「ビッグカメラ」、「紀伊國屋書店」、「かっぱ寿司」など、常時100ショップ以上が掲載されています。ポイント還元率はショップによって異なり、例えば「高島屋」であれば追加で1.0%の還元率です。

また、通常よりもさらにポイントやキャッシュバックを受け取れる会員限定の特別なオファー「スペシャルオファー」が表示されることもあります。スペシャルオファーによって還元率が上昇する可能性もあるため、上手く活用すればポイント還元率が大幅に上がるでしょう。

利用の手順は簡単で、Vpassアカウントでログイン後、好きなショップにエントリーし、実際に店舗で買い物をするだけです。ショップごとにエントリーの有効期間が設定されているため、期限が切れた場合は再度エントリーしましょう。

投資や積立をするなら「SBI証券」

SBI証券では、投資信託の積み立てをする代金を三井住友カードで支払えます。毎月100円以上、最大5万円までの積み立てが可能です。加えて、「つみたてNISA」にも対応しており、年間40万円までの非課税枠を利用した積立投資ができます。

【サービス概要】
対象者 SBI証券の証券総合口座をお持ちの方
(一部の金融商品仲介業者は対象外)
預り区分 特定口座、一般口座、一般NISA、つみたてNISA
(ジュニアNISA、iDeCo、法人口座は対象外)
対象商品 積立買付が可能な投資信託
積立設定可能額 100~5万円
ご利用可能カード 三井住友カードが発行するクレジットカード (銀聯カード、ビジネスカード(除く三井住友ビジネスカード(クラシック)、三井住友カード ビジネスオーナーズ)、コーポレートカード、デビットカード、プリペイドカード、家族カード、ETC、iDなどは利用不可)
ポイント 積立額の0.5%のVポイントが毎月貯まる (つみたて投資ポイントアッププラン対象カードなら積立額の最大2.0%のポイントが貯まる)

三井住友カード ビジネスオーナーズを作ってみる!

三井住友カード ビジネスオーナーズの発行手順を見ていきましょう。カードの申し込みには、本人確認書類(免許証など)や金融機関の通帳またはキャッシュカードが必要です。

(1)ネットで申し込み内容を入力

まずは、インターネット上で申し込み内容を入力しましょう。氏名や住所、生年月日など、必要事項を入力していきます。入力内容に不備があった場合、カード発行までに時間がかかってしまうため、間違いのないように入力しましょう。

(2)支払い口座を設定

次に、支払い口座を設定します。あらかじめ準備しておいた通帳やキャッシュカードを基に、必要事項を入力しましょう。なお、三井住友銀行の法人口座を設定する場合は、三井住友銀行の法人顧客専用WEBサービス「ValueDoor」に登録後、手続きをしなければなりません。

支払い口座の設定時に、通信トラブルやメンテナンスなどで設定を完了できないケースがあります。メンテナンス時間については事前に確認しておきましょう。

支払い口座の設定が完了したら、本人確認書類(免許証など)のアップロードを行います。上手くアップロードできない場合はカードが発行できないため、通信環境や撮影環境が整っている場所で手続きを行いましょう。

(3)審査とカード発行

支払い口座の設定が完了し、本人確認書類をアップロードしたら入会審査が行われます。審査後にカードが発行されますが、ここまでで最短3営業日です。ただし、3営業日で発行できない場合もあるため、以下の注意点を把握しておきましょう。

最短3営業日発行とならない場合

  • お客さまがカード引落口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
  • 口座振替依頼の設定完了後、本人確認資料のアップロードができなかった場合
  • 各金融機関にて口座設定をする際に、通信トラブル・メンテナンスなどによって設定が完了できなかった場合
  • 個人事業主の方がキャッシングをお申し込みされ、年収証明書のアップロードをされていない場合
  • お客さまのお申し込みに不備などがあった場合
  • お客さまのカード発行のお申し込みの直前・直後に土日・祝日が連続する場合

(4)カード郵送

入会審査に通過し、カードが発行されると自宅に郵送されます。順調に手続きが進めば、カードが自宅に届くまで約1週間かかります。入力された申し込み内容や支払い口座に問題があった場合、土日や祝日が連続する場合はさらに時間が必要となるため、スケジュールに余裕を持って申し込みを行いましょう。

三井住友カード ビジネスオーナーズのQ&A

個人事業主でも発行できる?
申し込みの対象となるのは、満20歳以上の法人代表者もしくは個人事業主(副業やフリーランスを含む)です。なお、会社員は申し込みできません。
三井住友カード ビジネスオーナーズの追加カード(パートナーカード)は何枚まで発行できる?
三井住友カード ビジネスオーナーズの追加カード(パートナーカード)は、最大19枚まで発行可能です。なお、パートナー会員は満20歳以上の役職員に限ります。
三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード(クラシック) クラシックの違いは?
三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード(クラシック) クラシックの大きな違いは、「年会費」と「利用可能枠」です。年会費は三井住友カード ビジネスオーナーズでは無料、三井住友ビジネスカード(クラシック)では1,375円(税込)です。
三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード(クラシック)の違いは?
三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード(クラシック)の違いは、年会費や還元率、利用可能枠が主となっております。三井住友ビジネスカード(クラシック)では年会費が1,375円(税込)でかかり、還元率はありません。利用可能枠は20~150万円となっております。