「プラチナカードは使い切れないほど、たくさんのサービスが付いているのでは?」。そんなイメージを持っている人も多いかもしれません。特典や優待がたくさん付いているカードは高級感がありますが、すべてのサービスを有効活用している人は少ないでしょう。

今回紹介する「三井住友カード プラチナプリファード」は、サービスはシンプルですが、利用するほど恩恵を受けられるクレジットカードです。カードの特徴やメリット・デメリットのほか、新規入会特典、悪い評判などを、他のおすすめのカードと比較して徹底的に解説します。三井住友カードの「プラチナプリファード」について気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

三井住友カード プラチナプリファードを選ぶべき人はこんな人!

  • 普段のお買い物やサービス利用でポイントをお得に貯めたい方!
  • 家族カードを年会費無料で作りたい方!
  • コンビニやファストフードなど身近なお店で優待が受けたい方!

\初年度は年会費無料!/

三井住友カード プラチナプリファードの魅力

「三井住友カード プラチナプリファード」は、余分な装飾を排除したデザインからもわかるとおり、シンプルなサービスが特徴的なカードで、「ポイント特化型」といった魅力も併せ持っています。

ここでは、カードの基本的なスペックを、サービス面とポイント還元率に分けて紹介します。

\初年度は年会費無料!/

余分なサービスを削ぎ落としたプラチナカード

「三井住友カード プラチナプリファード」の概要をまとめると以下の表のようになります。

カード評価 ★★★★☆
 年会費  3万3000円(税込み)
 ブランド  VISA
 ポイント還元率  1%~10.0%
 貯まるポイント  Vポイント
 家族カード  あり(無料)
 付帯電子マネー  iD
 ETCカード  初年度無料/翌年550円(税込み)
※ただし2年目以降、1回以上ETCカード利用で翌年度の年会費が無料
 付帯保険  国内・海外自動付帯、ショッピング、紛失盗難
 スマホ決済  Apple Pay、Google Pay
 タッチ決済  Visaタッチ決済
 キャッシング機能  あり(最大100万円)

還元率のメリット・デメリット

メリット

  • ExpediaやHotel's.comなど特約店利用でポイント還元率が最大10%に
  • コンビニやマック利用でポイント還元率最大3%
  • プラチナステータスで基本還元率1%の高還元

デメリット

  • ポイント付与条件あり

プラチナプリファードのキャンペーン

最大50,000円相当プレゼント

  • 新規入会&ご利用+モバイル決済のご利用で最大50,000円相当プレゼント
  • ご入会月の3カ月後末までに40万円以上のご利用でプラス40,000ポイントプレゼント
  • 新規入会&利用で最大5,000円相当のVポイントプレゼント
  • 新規入会&Apple Pay・ Google Pay™ ご利用で最大5,000円分Vポイントギフトコードプレゼント
※キャンペーン期間:2022/5/1~2022/6/30

\最大16,000相当プレゼント!/

「三井住友カード プラチナプリファード」の最大の特徴は、付帯サービスは必要最低限に留め、ポイント還元率を高くしていることです。

プラチナカードには珍しいポイント常時1%

「三井住友カード プラチナプリファード」のポイント還元率は常時1%以上で、プラチナカードとしては珍しい、高還元率と言えます。またポイント還元率だけでなく、後ほど紹介する、キャッシュバックなどの特典も充実しています。

 
三井住友プラチナリファードカード
SPGアメックス
マイレージセゾンプラチナ
カード名 三井住友プラチナカード SPGアメックス マイレージセゾンプラチナ
年会費 33,000円 34,100円 55,000円
還元率 1.00%~ 1.00% 1.50%
ポイント種類 Vポイント MarriottBonvoyポイント マイレージプラス
付帯保険 海外旅行:最大5000万円 国内旅行:最大5000万円 ショッピング:最大500万円円 海外旅行:最大1億円 国内旅行:最大5000円 ショッピング:最大500万円 海外旅行:最大1億円 国内旅行:最大1億円 ショッピング:最大500万円
申込み条件 20歳以上&安定収入 20歳以上&社会的信用を有する人 安定収入 &社会的信用を有する人
交換マイル ANA ANA/JAL/スカイ ユナイテッド航空/ANA
特徴 手厚つい航空サービスが魅力 Marriott Bonvoyゴールド会員資格が手に入る マイルの還元率が1.5%
おすすめ利用シーン コンビニやマクドナルド利用で2%ポイント加算 Marriott Bonvoyプログラムでホテルや食事をお得に満喫 公共料金やショッピングで貯めたマイルで特典航空券をゲット
申し込み
 
三井住友プラチナリファードカード
SPGアメックス
マイレージセゾンプラチナ
カード名 三井住友プラチナカード SPGアメックス マイレージセゾンプラチナ
年会費 33,000円 34,100円 55,000円
還元率 1.00%~ 1.00% 1.50%
ポイント種類 Vポイント MarriottBonvoyポイント マイレージプラス
付帯保険 海外旅行:最大5000万円 国内旅行:最大5000万円 ショッピング:最大500万円円 海外旅行:最大1億円 国内旅行:最大5000円 ショッピング:最大500万円 海外旅行:最大1億円 国内旅行:最大1億円 ショッピング:最大500万円
申込み条件 20歳以上&安定収入 20歳以上&社会的信用を有する人 安定収入 &社会的信用を有する人
交換マイル ANA ANA/JAL/スカイ ユナイテッド航空/ANA
特徴 手厚つい航空サービスが魅力 Marriott Bonvoyゴールド会員資格が手に入る マイルの還元率が1.5%
おすすめ利用シーン コンビニやマクドナルド利用で2%ポイント加算 Marriott Bonvoyプログラムでホテルや食事をお得に満喫 公共料金やショッピングで貯めたマイルで特典航空券をゲット
申し込み

\特約店利用でポイント最大10%還元!/

三井住友カード プラチナプリファードのメリット 

「三井住友カード プラチナプリファード」の基本情報や悪い評価などを説明しました。これらを踏まえたうえで、利用するメリットを紹介します。

ポイント交換先

  • キャッシュバック:1ポイント=1円
  • vポイントで支払いに利用:1ポイント=1円
  • Amazonギフト券:1ポイント=1円
  • マイルへ交換:1ポイント=0.5マイル
  • 他社ポイントへ交換:1ポイント=0.7~1ポイント

「三井住友カード プラチナプリファード」には、カード保有者の家族が利用できる「家族カード」を年会費無料で発行できる特典がつきます。また各種保険は自動付帯で、利用枠が150万~500万円と高額な点もうれしいポイントです。

\コンビニやマックでポイント最大3%還元!/

さらなる還元率アップを目指せる特典が満載

「三井住友カード プラチナプリファード」は新規入会特典が充実しているカードでもあります。それぞれの特典について、以下で紹介します。

プリファードストア利用で+1~9%

「三井住友カード プラチナプリファード」は利用する店舗やサイト、アプリによって、さらなる還元率アップが期待できます。プリファードストアと呼ばれる特約店で買い物をすると、ポイントに最大9%が加算されます。特約店の一部は、以下のとおりです。

 9%加算  Expedia、Hotels.com
 6%加算  一休.com
 4%加算  「JapanTaxi」アプリ、「JapanTaxi」タブレット
 2%加算 セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなど、ETCカード利用 蔦屋書店、マクドナルド、阪急百貨店、阪神百貨店、大丸松坂屋

\特約店利用でポイント最大10%還元!/

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどといった身近なコンビニも特約店になっているので、日常的に利用するお店でも、お得にポイントを貯められます。

100万円ごとに1万円のキャッシュバックは実質1%還元と同じ(400万円まで)

継続特典として、100万円利用するごとに1万ポイント(1万円相当)がプレゼントされます。通常の利用で獲得できるポイント(1万ポイント)と合わせると、2万円相当のキャッシュバックが受けられることになり、還元率で表すと2%になります。還元率1%以上のクレジットカードが「高還元」といわれてることを考えると、かなり高い数字だと言えるでしょう。

海外での使用は+2%。キャッシュバックも入れて実質4%の高還元率

「三井住友カード プラチナプリファード」には「外貨ショッピング利用特典」もつきます。海外で使用すると利用料金100円(日本円換算)ごとにプラス2ポイントが付与されます。つまりポイント還元率が+2%となります。

キャッシュバックのポイントと合わせると4%もの高還元率になるので、海外で利用するには最適なカードでしょう。

\最大16,000円相当プレゼント!/

ポイントはiD・各種ギフトカードに等価交換がお得

「三井住友カード プラチナプリファード」で貯まったポイントは、iDバリューや各種ギフトカードへ交換するのがおすすめです。どちらに交換しても、交換レートは1ポイント=1円。つまりポイントと現金を等価交換できます。

等価交換ができるギフトカードは以下のとおりです。

交換可能な商品の例

  • Amazonギフト券
  • google Playギフトコード
  • App Store、iTunesギフトコード
  • 自治体ポイント

AmazonやApp Storeなど、普段からよく利用するオンラインショップで使えるので、ポイントがもったいないからと不要な商品を無理に購入する必要がありません。

\初年度は年会費無料!/

キャッシュバック・マイレージなら0.5%

「三井住友カード プラチナプリファード」は、貯まったポイントを利用金額にキャッシュバックしたり、マイレージへ移行したりすることもできます。この場合の交換レートは「1ポイント=0.5円(マイル)」です。

また、他社のポイントへの移行も可能です。移行可能なポイントサービスと交換レートは以下のとおりです。

 楽天ポイント  1ポイント=0.7ポイント
 T-POINT  1ポイント=0.8ポイント
 dPOINT  1ポイント=1ポイント
 auポイント 1ポイント=1ポイント
 Pontaポイント  1ポイント=0.8ポイント
 nanakoポイント  1ポイント=0.8ポイント

国内・海外旅行傷害保険・ショッピング保険が自動付帯

「三井住友カード プラチナプリファード」は、国内外へ旅行をする際に安心できる保険も充実しています。最大5000万円まで補償する「海外旅行傷害保険」「国内旅行傷害保険」や年間500万円までの「お買物安心保険」が自動付帯しています。万が一のトラブル時にも心強いでしょう。

\最大16,000円相当プレゼント!/

三井住友カード プラチナプリファードの良い評判

ポイント還元率に特化したカードですが、ネット上ではどのような声が上がっているのでしょうか?以下で一部を紹介します。

アイコン

男性/20代

評価/★★★★

たくさん使えば通常の還元とは別にボーナスポイントが付与されるため、それを充てれば実質無料かそれ以上となる。高額決済が可能で1%還元以上を維持しつつ、ボーナスポイントによる年会費無料相当になるカードはそう多くはない

アイコン

男性/30代

評価/★★★★

通常1%還元から特約店では最大9%の還元率になり、日常使いでよいと思っている。オンラインショッピングもポイントUPモール経由で上乗せがあるので、少しの手間で還元率はよりよくなると思います。

アイコン

女性/50代

評価/★★★★★

毎月ホテルダイニングを利用すると毎回3000円引きなので年会費をカバー可能。そしてポイントがザクザクたまるので、いいカードだなと思います。

このように、利用方法を選ぶとさらなる高還元率を望める点1%還元を維持している点が評価されているようです。

\コンビニやマックでポイント最大3%還元!/

三井住友カード プラチナプリファードの悪い評判

ポイント還元率の高さが特徴的な「三井住友カード プラチナプリファード」ですが、利用者によっては満足できない点もあるようです。ここでは「悪い評判」をいくつか紹介します。

アイコン

女性/50代

評価/★★☆☆

国内だと最低でも200万円、できれば300万円以上の決済がないと、還元率が並みレベルになる。還元率UPのお店をちゃんと使えばいいのかな。

アイコン

男性/20代

評価/★★☆☆

初年度ボーナスが無い2年目以降はそこまで高い還元率にならないので、考えてしまいます。

アイコン

女性/50代

評価/★☆☆☆

初年度ボーナスが無い2年目以降はそこまで高い還元率にならないので、考えてしまいます。

アイコン

男性/20代

評価/★★★★

年会費払うには、ちょっと中途半端なポジションな気がする。付帯サービスがパッとしない。

海外での利用と比較すると、国内利用が劣る点や付帯サービスが少ない点などに不満を感じる人もいるようです。しかしポイント還元率においては、利用方法を工夫することでカバーできる点もあるので、還元率がアップする特約店をチェックしておくとよいでしょう。

\特約店利用でポイント最大10%還元!/

三井住友カード プラチナプリファードのデメリット

ポイント還元率アップが狙える特典が多数ついた「三井住友カード プラチナプリファード」ですが、もちろんデメリットもあります。ここでは3つのデメリットについて説明します。

国内32の空港ラウンジが使えるが、海外はホノルルのみ

クレジットカードというと、海外の空港でVIPラウンジが利用できる特典が付くイメージですが、「三井住友カード プラチナプリファード」にはその特典がありません。

国内では32カ所の空港ラウンジが利用できますが、海外はハワイのホノルル空港のみとなっています。搭乗時間まで、ラウンジでゆったりと過ごしたいという人には、デメリットになるでしょう。

\特約店利用でポイント最大10%還元!/

プライオリティ・パスはついていない

多くのプラチナカードに付帯する「プライオリティ・パス」。特典を利用することで、海外の空港ラウンジが使えたり、ラウンジ内で軽食やドリンクが楽しめたりと、フライトまでの時間を優雅に過ごせます。しかし「三井住友カード プラチナプリファード」には、このプライオリティ・パスが付いていません。

国内では32カ所の空港ラウンジを利用できますが、海外ではハワイのホノルル空港のラウンジしか利用できません。また空港ラウンジが提供している無料Wi-Fiも利用できないので、空港での作業などは難しいでしょう。

しかし最近は感染症対策のため海外へ行く機会も少なくなっているので、あまり大きなデメリットとは言えないかもしれません。

\初年度は年会費無料!/

年会費に見合った利用額がなければ損

「三井住友カード プラチナプリファード」は使えば使うほどにポイントが付与され、お得になるカードです。一方でカード決済をあまり利用しない人は、年会費の元をとるのが難しいかもしれません。

ポイント還元シミュレーションサイトで、シミュレーションをした結果、月21万円以上の利用で、新規入会特典などを含めてお得になることがわかりました。自身の月々のカード利用料金を入力して、シミュレーションしてみてください。

専門家のコメント

\初年度は年会費無料!/

年収はいくらぐらいで審査が通る?

ポイント還元率が高く、普段使いに最適な「三井住友カード プラチナプリファード」ですが、審査に通るためにはどの程度の年収が必要なのでしょうか?

具体的な数字は非公開ですが、推定では450万~500万円は必要とされています。もちろん会社の勤続年数など、年収以外の面も審査では考慮されます。口コミでは400万円でも通過したというコメントもありました。

年収が450万~500万円に達していなくても諦めず、トライしてみるのもおすすめです。

\コンビニやマックでポイント最大3%還元!/

普段使いでポイントを貯め、お得に買い物できる三井住友のプラチナプリファード

三井住友カードの「プラチナプリファード」について解説してきました。全体的なカードの特徴としては、ステータスとして持つよりも普段使いに便利という印象です。「三井住友カード プラチナプリファード」を手に入れて、ポイントで賢く買い物してみませんか?

\初年度は年会費無料!/

三井住友カード プラチナプリファードのよくあるお問い合わせ

ここでは、三井住友カード プラチナプリファードのよくある質問をQ&Aにしましたので、参考にしてみてください。

 

何歳から申し込みができますか?
原則、満20歳以上で本人に安定した収入のある方が対象です。独自の基準により審査されるため、年齢の条件を満たしていてもカードが発行されない場合もあります。
新規申し込みをしてからどれくらいでカードが届きますか?
インターネットで申し込み、支払い口座の設定が完了すると、最短3営業日でカードが発行され約1週間で自宅まで届きます。 ただし、申し込みの時間や内容によっては発送まで4営業日以上かかる場合もありますのでご了承ください。
三井住友カード プラチナプリファードはどんな人に向いていますか?
三井住友カード プラチナプリファードはポイント特化型で、基本還元率1%の高還元率なカードです。利用する店舗やサイトによっては最大9%が加算されます。 また、前年100万円のご利用ごとに10,000ポイント付与されるなどの特典もあります。およそ月21万円以上の利用でお得になるため、利用金額が多い人ほどおすすめです。

専門家コメント及びに記事の監修

新井智美
新井智美
CFP(R)認定者・一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)・DC(確定拠出年金)プランナー・住宅ローンアドバイザー・証券外務員。個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)の他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師を行う傍ら、これまでに1,000件以上の執筆・監修業務を手掛けている。 公式サイト:https://marron-financial.com/
新井智美の関連記事一覧

特徴から探す人気のポイントに絞って徹底比較