『一日の半分にあたる約12時間を仕事に使っているサラリーマンが、仕事が終わった後の20時から24時までのたった4時間のトレードで、毎年のように数千万単位の利益をあげている--。』

にわかに信じがたい話かもしれないが、これはサラリーマンFXトレーダー“よいよい”氏が語る実話だ。FXを始めた2009年ごろから3年ほどの収支はとんとんくらいだったが、2012年からの収支は右肩上がりだという。

「トレーダー」といえば、モニターを多数置いた机に24時間常に張り付いてトレードしている“専業”のイメージが強いかもしれないが、実はサラリーマンとの“兼業”トレーダーも少なくない。特にFXは24時間取引ができるだけに、自分なりの戦い方を見つけたサラリーマンFXトレーダーの中には、年間数千万円を稼いでいるツワモノもいるのだ。

監修者

よいよい氏はどうやって毎年数千万円稼ぎ出しているのか

よいよい氏はどうやって毎年数千万円稼ぎ出しているのか

そんなよいよい氏、実は大手食品会社に勤務する40代の「普通のサラリーマン」であり、トレードをする上で「普通のサラリーマン」ならではのポリシーをいくつか持っている。

決まった時間帯だけトレードする

日々トレードをしながら値動きの癖を記憶し、経験値を積んでいるが、あくまでサラリーマンであるため、決して仕事中にはトレードをしない。利益を出せなくても「サラリーマンだから」と言い訳もしない。次の日にポジションを持ち越すこともなく、常に家族との時間を大切にしている。

安定しているFX会社を使う

よいよい氏が特に重視しているのが思いどおりのトレードができるFX会社を使うことだ。特にスプレッドが比較的安定している(広がらない)こと、サーバーが安定していること、チャートが見やすい事、約定スピードなどを重視している。

安定している会社とは

  • スプレッドが比較的安定している(広がらない)
  • サーバーが安定している
  • チャートが見やすい
  • 約定スピードが早い

サラリーマンにおすすめのFX会社

サラリーマンのように常にチャートに張り付いているわけではないトレーダーにとって、大事なのは以下の3点ということだ。

会社選びのポイント

  • 約定力が高い
  • ツールが使いやすい
  • 最低取引単位が小さい

サラリーマンにおすすめのFX会社5社を3つのポイントで比較した。

会社名 スプレッド 取引単位 PCツール スマホアプリ
米ドル
/円
ユーロ
/円
ポンド
/円
★★★★★ ヒロセ通商
0.2

0.4~0.7

1.0
1,000通貨 Mac専用アプリがあるから便利 1画面で売買→決済ができ便利
★★★★☆ MATSUI FX
0.2

0.5
1.1
1通貨
FXトレーダー・プラスの音声読み上げ機能が便利 LINE公式アカウントで最新ニュースや為替レートをLINEで手軽に確認・起動が便利
★★★★☆ DMM FX
0.2

0.5

1.0
10,000通貨 PC版取引ツールが2種類用意されているのでご自身の好きなスタイルで取引が可能 レートアラート通知や経済指標アラートなどのポップアップ機能が便利
★★★☆☆ GMOクリック証券
0.2

0.5

1.0
10,000通貨 ブラウザを使わずにPCから直接取引が便利 チャート上で注文ができる「Action」ボタンが便利
※2021年11月26日現在
引用元:ヒロセ通商松井証券 MATSUI FXDMM FXGMOクリック証券

ヒロセ通商

サラリーマン口コミ記事
引用元:ヒロセ通商
ヒロセ通商の評価
口コミ評価 ★★★★★
スプレッド
(手数料)
ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.4~0.7銭
ポンド/円 1銭
スワップ トルコリラ/円 36円
メキシコペソ/円 6円
取引通貨 通貨ペア 50通貨ペア
取引単位 1,000通貨~
口座開設数(2021年8月時点) 290,911口座

サラリーマンに最もおすすめしたいのがヒロセ通商だ。

ヒロセ通商の魅力は、相場のトレンドが一目でわかる「シグナルパネル」と、過去の為替レートから未来の相場を予測してくれる「さきよみチャート」を備えた高機能なチャートだ。

さらに約定力という観点で優れているのはヒロセ通商だ。約定率が100%であるのはヒロセ通商だけであり、他の証券会社にない魅力である。

時間のないサラリーマンでもしっかりテクニカル分析ができるので、利益を狙っていきたいならヒロセ通商を検討してみるといいだろう。

専門家のコメント

松井証券FX

サラリーマン口コミ記事
引用元:松井証券FX
松井証券(MATUI FX)の評価
口コミ評価 ★★★★★
スプレッド
(手数料)
ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
ポンド/円 1.1銭
スワップ トルコリラ/円 40円
メキシコペソ/円 6円
取引通貨 通貨ペア 20通貨ペア
取引単位 1通貨~
口座開設数(2021年8月時点) 145,786口座

松井証券FXはスマホアプリツールが使いやすい上に他の証券会社と違い、取引を1通貨から行うことができる点が非常に魅力的である。取引を細かい単位で設定したい人や、まずは小額取引から始めようという人におすすめの会社である。

金融比較
金融比較

「思いどおりのトレード」ができることとは

よいよい氏に限らず、FXで実績を残しているトレーダーらは口をそろえて「思いどおりのトレードができること」が大事だという。

年間1億円超をFXで稼いだ、“近藤さん・まっちゃん”の2人も「思いどおりのトレードができることが大切だ」と話している。2人は四国在住、アルバイト先で知り合って一緒にトレードしているという。彼らが嫌うのは「すべる」ことだ。FX投資家ならご存じだろうが、これは「スリッページ」とも言い、発注価格とは大きく異なる意図しない価格で約定することだ。

たとえばドル円を114円で買い注文を出したとき、114円5銭で約定したとすると、5銭の「スべり(スリッページ)」が生まれたことになる。取引単位が大きくなると、「たかが5銭」ではない。1万通貨単位での取引なら500円、10万通貨、100万通貨であれば5000円、5万円スベったことになるからだ。FXの場合はレバレッジを効かせて、証拠金の何倍もの金額で売買することが多いだけに、スベることだけは避けたいところだ。

意図する価格で取引する、つまり思いどおりのトレードを実現するためには、FX業者選びが大切だ。2人は「スプレッドは多少広くても問題ない。兎にも角にも、『すべらないこと』。これが一番大事」と話す。

資金20万円からスタートし、20代で億単位の取引を行なっているイケポン氏は、レートの動きが早く、約定するのが早いことを重視し、FX会社を決めている。また毎月約300万円の利益を出した主婦トレーダーMさんの場合は、スマートフォンアプリの使い勝手に重点を置いている。外出先でも、家事をしながらでもスマホで快適に取引できることでチャンスが広がるというのだ。

【関連記事】
FX取引の重要ポイント!レバレッジで比較するFX会社とおすすめ5選

成功トレーダーたちが望む条件を満たすFX会社は?

成功トレーダーたちが望む条件を満たすFX会社は?

今回紹介したサラリーマントレーダーやプロの専業トレーダー、主婦トレーダーなど、様々な分野の勝ち組トレーダーらがそろって「思いどおりのトレードができる」として選んでいるのがヒロセ通商だ。

矢野経済研究所による外部調査結果で、ヒロセ通商は過去の約定実積は100%であり、発注したレートでしっかりと約定できる信頼度が売りのFX会社だ。

使いやすいことでも評判の取引ツールも魅力だ。プロと同じような環境で取引が可能なパソコン向け取引ツールの提供はもちろん、iPhone、Androidなどのスマートフォン向けや、iPad向けに提供されるアプリも充実している。

今回紹介した成功しているFXトレーダー達は、それぞれ細かな要望を持っている。たとえばスプレッドやサーバの安定性、約定スピード、すべらないこと、レートの配信速度、スマホアプリの使い勝手……これら、成功しているFXトレーダーの希望を叶えているのがヒロセ通商である。

これからFXを挑戦してみようという人だけでなく、既にFX取引をしているという人も、「思いどおりのトレードができる」FX会社を選んではどうだろうか。いいパートナーと、自分なり戦い方を見つけることが、稼げる兼業のサラリーマントレーダーになる第一歩だろう。

【関連記事】
迷ったらFXツールで選ぼう!|初心者にもおすすめできるFX会社9選

条件別でFX会社を比較

初心者は最低取引単位で選ぶ

FXの最低取引単位は会社によって異なり、取引単位が小さいと少額で取引することができます。

  • 1通貨(ドル/円)→資金100円
  • 10000通貨(ドル/円)→資金45000円

少額取引ならリスクなく、FXの実践経験を積むことができます。

そこで、初心者の方にはMATUI FXをお勧めします。

MATUI FXは1通貨単位から取引することができるFX会社です。
手数料(スプレッド)も業界最狭水準に設定されていて、FXを始める方におすすめです。

※当サイトのランキングは弊社が独自に行なったFX会社のイメージ調査の結果と対象となるFX会社の公式サイトの掲載情報を総合的に判断し、順位をつけています。
ランキングの根拠についてはこちら

松井証券

  • 取引単位は1通貨から

    松井証券FXでは最小取引単位が1通貨(約100円)で設定されているため、超少額投資が可能になっている。初心者や少額で着実に投資をしたい人にとっては申し分ない証券会社である。これは他の証券会社の追随を許さない松井証券の最大の長所と言える。

    業界最狭水準の取引コスト

    松井証券FXのスプレッド(取引にかかるコスト)は米ドル/円でたったの0.2銭であり、業界最狭水準といえる。それだけでなく他の通貨ペアのスプレッドも非常に狭い(取引のコストがかからない)ため、お得に取引を進めることができる。

    十分な取引ツール

    松井証券FXはPCだけでなく、スマートフォンのアプリで取引を行うことができる。取引したいタイミングで、タップするだけで即注文ができる「スピード注文」や複数の為替レートを一度にチェックできる「為替ボード」など出先や空き時間で取引を行う環境が整っている。
    日々忙しく、思うように取引の時間が取れないサラリーマンにとって非常に嬉しい機能が揃っている。

ヒロセ通商

  • 高機能なツールで取引をサポート

    24時間変動する外国為替マーケットを相手にするFX取引では、ツールの使い勝手が重要だ。ヒロセ通商ではPC、スマホの双方で高機能な取引ツールを完備。スピードや操作性が魅力の各ツールはプロのトレーダーからも高い評価を受けている。

    スリッページの心配がない高い約定力

    予期しないレートで約定するスリッページはトレーダーの悩みのタネだ。しかし、ヒロセ通商は高い約定力と強靭なサーバーでトレーダーをこうした悩みから開放している。システムが安定しているので、動きの激しい荒れ相場でも安心して取引できるFX業者だ。

    少額から始められ、通貨ペアも豊富

    ヒロセ通商は他のFX会社の10分の1の1,000通貨単位で取引できるため、必要資金も10分の1だ。 米ドル/円であれば4,000円程度から取引を始められるため、少額から始めてFXに慣れていくのにも最適だ。 また、ヒロセ通商の通貨ペアは50種類他のFX会社の倍程度もある。 FXに慣れてくるとトレードする通貨ペアの幅も広げていきたいところだが、ヒロセ通商なら他のFX会社の口座を何個も作ることなくほとんどの通貨ペアを取引できるのが嬉しい。

DMM FX

  • 低コストで取引できる

    ドル/円(USD/JPY)のスプレッドが0.2銭と業界でも最狭水準にあることに加えて、出勤手数料や口座維持手数料などの各種手数料が無料となっている。そのため、コストを気にせずにトレードができるFX業者といえる。

    嬉しい「取引応援ポイントサービス」

    DMM FXには、1ポイント=1円で交換できる「取引応援ポイントサービス」が用意されている。取引実績に応じて、3つのポイントランク「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」の3種類のポイントランクが設定されており、「ゴールド」には最大3倍の取引応援ポイントが付与される。

    充実のサポートはLINEでの問い合わせも可能

    営業日は24時間電話やメールでの問い合わせに対応していることに加えて、取引方法などについてLINEで問い合わせることもできる。AIチャットのやりとりで、気軽に疑問を解決できるだろう。

 

よいよい氏
大手企業で働きながら、FX取引で億を稼ぐ「サラリーマントレーダー」。入社直後に、将来、君がたとえ役職についたとしても、給料は上がらないと、上司に言われたことがきっかけで、副業として投資を始めた。